寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

アパートの隣人の娘、莉亜ちゃんとの純愛

2018/08/12 12:00


大学時代、俺は地方から出てきて、一人暮らしをしていた。アパートは四畳半と六畳の2K、トイレと風呂は別々のアパートだった。学生の一人暮らしにしては贅沢だったと思うが、まあ実家がそれなりに裕福だったためだ。
 隣には、母子家庭の家族が住んでいた。母親は三十過ぎくらいでちょっと綺麗な人だった。子どもは莉亜ちゃんという女の子だった。俺がアパートに入ったときはまだ十歳くらいで、大人になったら美人さんになるんだろうな、と言う感じの可愛い子だった。なぜか俺に「おにいちゃん、おにいちゃん」と懐いてくれて、たまに休みの日に部屋に遊びに来たりもしていた。目当てはマンガ本とWiiだったようだが。俺も年の離れた妹が出来たような気がして嬉しかったものだ。
 俺はロリコンではなかったし、お隣の可愛い子、というだけだった。そう、あの日までは。



 
 大学二年になった四月なかば。花冷えと言うのだろうか、やけに寒い日曜日だった。近くのコンビニへ行って帰ろうとしたとき、急に雨が降って来た。真っ白に煙るような土砂降りの雨だった。まいったなあ、と思いつつ、直ぐ止むだろうとしばらく雑誌の立ち読みなどしていたが止む気配はない。今までにも、急に雨に降られて買ったビニール傘が、部屋には五、六本転がっている。これ以上傘を買うのももったいない、走っていけばいいか、と店から出た。
 アパートまでは三、四分ほどだったが、それでも下着までびしょ濡れになってしまった。
「くっそ、ついてねえなあ……」
 ぶつくさ独り言を言いながら階段を上がると、隣の部屋のドア前で、子どもが座り込んでいる。莉亜ちゃんだ。
「あれ、どうしたの?」
「あ、おにいちゃん」
 莉亜ちゃんが安心したような声をあげた。
「なんだ、びしょ濡れじゃないか」
 莉亜ちゃんのショートカットの髪は濡れて、華奢な首筋に張り付いている。白地に赤のボーダー柄パーカーや、デニムのミニスカートも濡れて色が変わっている。
「鍵をどっかに落としちゃったみたいで……探したけど見つからないの」
「お母さんは?」
「今日は休日出勤で夜まで帰ってこないの」
 莉亜ちゃんのお母さんは、デザイン事務所でイラストレーターをやっている。休日出勤もよくあることだという。時刻はまだ一時を過ぎたところだった。
「おにいちゃんの部屋で待たせてもらおうと思ったけど、おにいちゃんもいなかったからどうしようかと思ってた」
「ああ、コンビニへ行ってたんだよ、ごめんね……雨の中、鍵を探してたの?」
「うん……」
 頷くと、莉亜ちゃんは寒そうに体を震わせた。まずったな、こんなことなら、すぐに走って帰ってくるんだった。とにかくこのままだと風邪をひいてしまう。
「とにかく部屋へ入ろう、寒かったろう」
「ん、ありがと」
 莉亜ちゃんは、ほっとしたような笑顔を浮かべた。

 部屋に入り、大きめのタオルを渡してやると、莉亜ちゃんはがしがしと髪を拭った。
 押し入れにしまい込んであった、布団乾燥器を出す。俺は布団がふかふかじゃないと嫌な質なので、バイトで買ったものだ。
「とりあえず、上着脱ぎな、風邪引くよ」
「うん」
 莉亜ちゃんが、パーカーを脱ぐ。スツールを使って、乾燥機の前に広げて干す。
 パーカーの下は薄手の長袖Tシャツだった。雨に濡れて、キャミソールが透けて見える。莉亜ちゃんは小学六年生になっていた。以前はぺったんこだったはずの胸が僅かに盛り上がっている。ちょっとどきりとしてしまった。
「Tシャツもスカートもびしょびしょだよう……」
「そ、そうだなあ、俺のTシャツでも着るか、大きいけど」
「うん……全部乾かしたい、濡れて気持ち悪くって……」
 プラスチックのカラーボックスから長袖の黒いトレーナーを引っ張り出し、振り返ると、莉亜ちゃんはTシャツとスカートを脱いで乾燥機の前に広げているところで、着ているのはブルーのキャミソールとショーツだけだった。
「あ、ごめん、こ、これ着て」
 思わず目を逸らし、できるだけ近づかないようにして腕を伸ばして渡す。
「あ、うん……」
 莉亜ちゃんも恥ずかしそうにタオルで体を隠しながら、トレーナーを受け取る。
「あの……全部乾かしていい? 下着も濡れちゃってて」
「あ、構わないよ」
 ドギマギしながら答える。なに焦ってんだよ、俺は。相手は莉亜ちゃんだぞ、まだ子どもだぞ、なに意識してんだ。
 しかし……俺も濡れた服のままでは風邪をひいてしまう。体は冷えきっている。莉亜ちゃんもそうだろうな、まずいな、このままじゃ。
「あ、そうだ、お風呂入るか? 体、冷えちゃってるだろ」
 俺は背を向けたまま、言った。
「うん……寒い」
 下着を脱いでいるのか、くぐもったような声で莉亜ちゃんが答える。
「じゃ、お湯溜めてくるね」
 莉亜ちゃんのほうを見ないようにして、風呂場へ向かう。
 浴室に入り、湯を溜める。40度くらいにしておくかな、あまり熱いのもあれだろうし。
 溜まってくる湯を眺めながら、しばらく時間を潰して部屋に戻った。
 莉亜ちゃんは俺の貸したトレーナーを着ている。袖が長過ぎて、当然手は出てない。トレーナーの裾は太腿をギリギリ覆うくらいだった。
「おにいちゃんの服、大き過ぎるよー」
 裾を袖越しに握って引っぱり、太腿を隠しながら莉亜ちゃんが笑った。なんだこの萌え要素満載の姿は。
「当たり前じゃないか」
 平静を装って笑って答える。細い、大人の女ではない、すらりと細い脚。大きく開いたトレーナーの首元からは胸元が……。ああ、いかんいかん、俺はロリコンじゃない、断じて。
 ふと見ると、パーカーやスカートと共にキャミソールとショーツまで干してある。横にちょこんと置いてあるのはニーソってやつか? このトレーナーの下は全裸……なんだな。
「あったかい飲み物でも作ろうか」
 とはいうものの、女の子が喜びそうなものはなにもない。そういえば、今年のバレンタインに貰った義理チョコが冷蔵庫に放りこんだままだったな。俺は甘いものは苦手なのだ。
 牛乳を温め、チョコレートを溶かしてホットチョコレートを作ってやる。
「あ、おいしーい」
 莉亜ちゃんが、ひとくち飲んでにこりと笑う。飲み終えた頃、湯が溜まったことを知らせる電子音が鳴った。
「あ、お湯溜まったよ、入っておいで。風邪ひくといけないから」
「うん……」
 莉亜ちゃんは浴室へ向かいかけたが、足を止め、俺を振り返った。ちょっと恥ずかしそうにもじもじしている。
「どうかした?」
「ん……ねえ、おにいちゃん、一緒にはいろ……」
 はい? 俺の聞き間違いか?
「え? 莉亜ちゃん?」
「一緒にお風呂にはいろうよ……」
 ええええ? 嘘だろおい。
「り、莉亜ちゃん、なに言ってるの? 恥ずかしいだろ、そんなの」
「あたしは大丈夫だよ、あー、もしかしておにいちゃん恥ずかしいんだ?」
 莉亜ちゃんは意地悪そうに笑った。
 なんなんだ、一体。まだ子どもだから、恥じらいとかないのか? 小学校六年生ってそんなものなのか? いや、でも胸は膨らみかけてるんだし、十分性的にも意識しはじめる頃だろうに……。
「友達はちっちゃいころ、お父さんとお風呂入ってた、っていうんだけど……あたし、覚えてない」
 寂しそうな顔で呟く。ああ、そうか。莉亜ちゃんの両親は、莉亜ちゃんが二歳になるかならないかの頃に離婚したと聞いていた。多分お父さんが莉亜ちゃんをお風呂に入れてあげたことはあるに違いない。だけど、莉亜ちゃんは小さすぎて覚えてないんだろうな……。思わず惻隠の情をもよおした。
「わかった、入ろうか」
「うん!」
 莉亜ちゃんは嬉しそうな表情になる。
「先に入ってて」
「わかった」
 莉亜ちゃんは、跳ねるような足どりで風呂場へと消える。しばらくしてシャワーを使う音が聞こえてきた。
 脱衣所へいくと、曇り硝子越しに、莉亜ちゃんが見えた。タオルを体に巻いている様子はなかった。濡れて体に張り付いたシャツとジーンズを苦労して脱ぐ。トランクスも脱ぎ、すべて脱衣カゴに放り込む。さて、自然な流れで、小学校六年生の女の子の裸を見られるわけだ、ラッキー……じゃねえ、大丈夫大丈夫、おかしなことするわけじゃないんだから。自分の下半身を見下ろす。変化なし。当然だ、俺はロリコンではないのだから。とりあえずタオルを腰に巻いて、一度深呼吸をし、ドアを開けた。

 莉亜ちゃんの後ろ姿が目に飛び込んでくる。シャワーから出るお湯が小さな背中、小さなお尻、細い脚を伝って流れている。
「あ、おにいちゃん、おそいよー」
 そう言って振り向いた莉亜ちゃんの膨らみかけた胸は、幼女のものではなく、大人になり始めた少女のものだ。凝視なんてとてもできなかったが、あそこはツルツルでまだ毛は生えてなかった。いきなりシャワーのお湯を浴びせかけられた。
「うわ! やめてやめて」
 大袈裟に俺が声を上げると、あはは、と莉亜ちゃんが笑う。その無邪気な笑顔は、ネットなんかで『ロリ画像貼ってけ』などのスレを見るともなしに見ることがあったが、そこに貼られてある「ジュニアアイドル」にもひけを取らないくらい可愛い。ちょっとロリコンどもの気持ちがわかった。
 莉亜ちゃんを抱きかかえるような姿勢で湯に浸かった。当然小さな湯船なので、ぴったりと体が密着する。
「あー、あっかかくて気持ちい~」
 莉亜ちゃんは俺の両脚の間に体を入れ、もたれかかってくる。莉亜ちゃんの肌はとてもスベスベしていて、今までつき合ったことがあるどの彼女よりも綺麗だった。学校や、マンガの話しなんかをして、時間を潰した。
「のぼせちゃった、体洗おっと」
 莉亜ちゃんは大胆に立ち上がる。ちょうど目の…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同窓会で覚えたセックスの味を旦那にご奉仕したHな体験談
2015/12/25 12:05
2015/12/25 12:05
私、真理と言います今32歳、夫婦と娘の3人で都会のマンション暮らしです。




主人は優しく穏やかな人で日々の生活も平和な普通の家庭だと思い満足して居ました。




ある日、親友の知子が話していた高校の同窓会の通知が来ました、今までも数回開催されていましたが都合が悪く出席したことはありませんでした。




今回は障りになる理由も無いので出席しました、高校時代淡い恋心を抱いた真君も出席して居ました。




宴も酣になり男性陣も女性陣もそれぞれ塊りになって思い出話や近況を伝える雑談に花が咲き、あっという間に予定の時間が過ぎました。




お酒の飲み足りない人、思い出話に興奮して…
パンツの上からクリを触られたらビクビクしちゃった【パンツ・JK】
2015/11/23 21:05
2015/11/23 21:05
従兄弟・近所のお兄ちゃん・友達にされたちょっとえっちな体験談ってここに書いて良いの? 子どもだったから最後まではしてないんですが。 書くよろしあんまりよく覚えてないことも多いけど、はじめての時は今でも鮮明に覚えてる。 さきに謝っときますので悪しからず連休になると祖母の家に親戚が集まる。 1つ年上の従兄弟に構われるのが大好きだった私。 ファミコンばっかりやってないで遊んでよぉ!っていうと「セーブしたらね」とか言ってしばらくしたら渋々付き合ってくれる。 あれは私が小1くらい頃だったかな。 その日もいつものように廊下の隅にある古いソファベッドで遊んでいた。 座布団やら服やらが無造作…
図書室で女子のFカップ巨乳を揉みまくってしまった
2017/04/10 22:16
2017/04/10 22:16
273 :えっちな18禁さん :2014/07/11(金) 17:52:15.83 おっぱい大きい子にもみもみさせてもらったときは興奮したなあ 275 :えっちな18禁さん :2014/07/11(金) 22:57:09.56 ノゾミ(仮名)当時中3 身長は150くらい? 痩せてはいないが、太ってるわけでもない体型 サイズは推定Fカップ 顔は良く言えば佐々木希っぽい感じ わりと可愛いけど、地味でおとなしい子だった 俺も地味なオタクだったから、同族意識みたいなのがあった クラスは違うけど、同じ図書委員で、放課後の図書室の受け付けを 一緒にすることがあった 正直、俺はノゾミ…
【熟女体験談】嫌がる小柄な熟女体型の奥さんをラブホに連れ込み・・・
2017/01/09 12:02
2017/01/09 12:02
2017/01/09 (Mon) 以前の派遣先でお世話になった奥さんなんですが、隣街へ勤務となったので、

だめもとで連絡すると食事でもということになりまして・・(ニヤリ)

当然、食事だけで終わるはずもなく食後の相談を・・

「それはない!」

「ないない絶対にない!」

と渋る奥さんを乗せラブホへ着くと、辺りをキョロキョロ

「早くいきましょ」

っと急かされ部屋へ到着。(笑)

お互いソファーにかけタバコを数本吸いエッチの前の沈黙?状態で緊張のひと時であった。(爆)

黒のニット黒のパンツルックからのぞくブラウンのパンスト足をまじまじと視姦していると、一瞬目が合い念を押すように

「…
【寝取られ】酔うと淫乱になる妻とバイアグラを飲んだ男2人
2016/06/27 15:00
2016/06/27 15:00
結婚記念日に妻と二人で長野の温泉に旅行しました。かなり広い露天風呂で、身体が火照った私は岩にあがって涼んでいました。すると、私の岩の裏側から男の声が聞こえてきました。 「おいっ、たまんねーなー、すげーいい身体てしるよ。あんな人妻抱けたらいいよな」 「すごいよ、色は白いしおっぱいデカいし・・・ああっ、あの奥さんの中に出したいよな」 向こうを見ると女湯が丸見えでした。しかも、そこで惜しげもなく裸体を見せているのは我が妻でした。41歳にしては、まだプロポーションは良いし、ヘアーは薄く、乳首はピンと上を向いていて、私が見てもゾクゾクする光景でした。 男たちは地元の遊び人風で、一…
同級生とセフレになってた母【人妻・中出し】
2016/05/26 00:05
2016/05/26 00:05
クラスメイトのサトルに彼女ができたらしい、しかも毎日セックスをしていると周りに自慢しているみたいだ。 僕は高1になるが女子と付き合ったことはないし、ましてやセックスなんて 自分とは程遠い世界の様な気がしていた・・・ 放課後の教室、噂の主はもう教室には居なかった。 僕は体調が悪かったので今日は部活を休むことにし、いつもより早く帰宅をすることにした。 家に帰れば何時もの様にママが迎えてくれ、体調の悪い僕のことを心配してくれる筈だった。 帰りの電車の中、僕はママのことを考える・・・ ママの名前は寿恵、今年42歳になる専業主婦です。 姉が二人とも関東の大学に入学し、父も昨年から単身…
【レイプ】津田沼カントリー
2015/12/13 12:21
2015/12/13 12:21
GW中に・・・ 義姉(29) 俺(27)  義姉は原田知世似の痩せ型。胸はAかBくらいの小さめです 連休初め、友達に誘われて合コンに行った。4:4の これといった当たりもない合コンでした 飲み始めて30分くらいして、この面子じゃ一次会で撤収だな。。と思い 店内をキョロキョロ見ていました。 よく見ると 自分達の席と対角のテーブル(少し離れてる)に義姉が3:3で飲んでいた。その席には義兄は居なく 俺と同じくらいか、もっと若い男が3人いてあきらかに合コンをやってるようだった。 義姉は普段 あまり肌をみせない格好が多いのだが。。その日はデニムのスカートに胸元が少し開いた服(名前が…
媚薬を飲まされてレイプされた彼女
2018/01/07 01:31
2018/01/07 01:31
最初は面白く読んでいたが、最近はあまり面白く無くなって来てる気がする。 あまりにも長過ぎて飽き出来た、いつになったら完結するんだろう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・………………………………………………………………………………………………………………?
彼女とその友達を巻き込んで生ハメ3Pしたエッチ体験
2015/12/02 20:02
2015/12/02 20:02


彼女と彼女の友達で3Pした話。

その友達とは彼女を交えて何回か一緒に遊んだ事があった。

で、その子がモロオレのタイプだった。

ある日、オレが仕事終わって

車で家に帰ったら彼女の車が家の前に止まってた。

車から降りて彼女の車のところに行ったら

助手席に友達の子も乗ってた。

で、暇だから遊びに行こうと・・・。

夜中の1時くらいの事でした。

でも夜中なんで遊ぶとこなんてない。

そこで、ダメ元で

「ホテル行ってパーティーしよーかー!!」

と言ってみた。

一瞬「えぇー?」

なんて言いながらもなんとかOKが出た。

あっ、年は2人とも22歳くらいでした。友達は看護婦さん。…
出会い系でセックスレスの不満を解消
2015/09/13 14:00
2015/09/13 14:00
結婚して6年経つ主婦です。
子供が出来てから主人とセックスの回数が減り、ここ1年まったくセックスをしておらず、完全にセックスレスになりってしまいました。
淋しくなった私は、勇気を出して出会い系サイトに登録してみました。
その時に出会った男の子の体験談をします。
私が出会い系サイトにプロフィールを載せるとすぐにものすごい反応がありました…。
 
いろいろ迷ったのですがメールの内容が誠実そうだったので、5才年下でしたが25才のサラリーマンをしている方と会うことにしました。

主人には久々に昔の友達と会うということにして子供は実家に預けました。

待ち合わせ場所で待っ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【オナニー】妹の下手くそな手コキで発射しちゃいました

・驚愕!人間の女と交尾する海亀 2

・【痴漢】通学途中に満員電車で痴女にしごかれた僕のトラウマ

・驚愕!人間の女と交尾する海亀

・【熟女体験談】厚化粧の口うるさい義母にキレて中出しレイプ

・つづきのつづき

・【人妻体験談】世話焼き女房のように尽くしてくれる母とドライブに出かけて屋外露出

・俺氏・・・遂に卒業に成功

・乱交クラブと言う未知の体験をしてみた

・チエちゃんのハードな人生

・嫁から衝撃カミングアウトがあった・・・

・人助けしておいしい思いをした体験です

・主人があまりSEXしてくれないので

・【人妻体験談】妻が妊婦になってからSEXを控えクリを愛撫して失禁絶頂させる夫

・【熟女体験談】単身赴任中にセックスレスな近所のおばさんを寝取りSEX

・一回500円 1

・会社でエロエロな動作で男を誘うOL

・妹とずっと一緒 (妹の成人式)

・【人妻体験談】超淫乱で痴女な人妻歯科衛生士と診察台の上で寝取り中出しSEX

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・俺の彼女はカウガール?

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・身長体重測定

・お堅い女上司の意外な趣味

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた