寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

ドМな先輩を犯してしまった

2018/08/12 02:28


2013/05/02 03:09┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者


まずスペック。


身長:175センチ
年齢:27歳
彼女あり
フツメンと信じたい

女(仮名:さやとする)
身長:165センチくらい
年齢:28歳
容姿:AKB48の横山由依をさらに美白にした感じ
   Gカップのデカパイの持ち主

俺と先輩の出会いは大学のサークルだった。

俺は女性にあまり免疫なかったけど、
出身地が同じだった事もあってすぐに仲良くなれた。

先輩はすごく社交的で、さばさばした性格をしていた
男女の友達も多く、性格とスタイルのせいかすげえモテる女性だった。

一方、俺は入学して初めての彼女が出来てその娘に夢中だった。在学中はずっと付き合っていたので、先輩とは酒は飲むけど恋愛感情はまったくなかった。

そのまま月日が経ち、先輩は卒業して地元に帰って行った。

俺も大学を卒業して無事に就職できた。
東京勤務を希望していたけど、地元での勤務が決まった。

地元に帰り、先輩とは2,3回飲んだり合コンを行ったが、
お互い忙しかったので、頻繁には連絡を取り合わなかった。

その間に遠距離恋愛していた彼女とは別れてしまっていた。

そして先月、先輩から一通のメールが来た。

どうやら職場で急に転勤が決まったらしく、
二人で飲みに行かないか、というお誘いだった。

断る理由も無いので俺は二つ返事でOKした。
先輩はかなりの酒飲みなので、俺は酒の品揃えが
良い店を探し予約して当日を迎えた

店の近くの駅前で待ち合わせの約束をした。

早く着いた俺は先輩の到着を待った。
会うのは3年ぶりくらいなので、俺は変に緊張しており
心臓がやけに高鳴っていた。

突然、背中を軽く叩かれた。振り向くと先輩が笑顔で立っていた。
肩の長さで揃えた黒髪と、ベージュのワンピースを着た先輩は
凄く大人びて見えた。

先輩:「俺、久しぶり!大学の時から全く変わらんね?。」
 俺:「お久しぶりです。さやさんも変わらないですねww」
先輩:「お互いあの時のままってww じゃあ早く飲みたいからお店いこう。」

元気に笑う先輩は大学の時から変わらないなと思い、
お店までの道のりを俺達は談笑しながら歩いた。

予約していた店に到着して、俺たちはカウンターに座った。
酒のメニューを見ると100種類以上の焼酎が揃えられており、
それを見た先輩は歓喜の声をあげた。

一杯目はビールだったが、その後の酒は全て焼酎のロックを頼んだ。
お互い酒豪だったので酒のナースは全く変わらずに飲んでいた。

酒の量に比例するように話は盛り上がった。
お互い恋人がいない事、東京へ行く事の不安、一度先輩の胸を揉んでみたい
と言う事までカミングアウトした。

店内は薄暗いが、先輩の白い肌にほんのりと赤みが浮いているのが
妙に艶っぽくて一人で興奮していた。

お互いに焼酎ロックを11?12杯位飲んだ頃にお勘定をしてもらった。
俺が払おうとしたが、先輩が私が奢ると言い張ったので出してもらった。
(大学時代はよく奢ってもらっていました。)

店を出るとPM:23:30になっており2件目に行くと確実に終電がない。
もう少し飲みたかった俺は先輩を誘うと、あっさりとOKしてくれた。

二件目は先輩の希望でキャバクラに。

キャバクラ孃は先輩を見て可愛い!、美人!と誉めまくっていた。
俺もイケメンとか言われた。

そこでもウィスキーロックを5杯くらい飲んだ。
二時間くらい飲んで先輩が眠そうにしてたので店を
出ることに。

お会計\35000だった。高すぎww

店を出ると先輩もさすがに飲み過ぎたのか、
ふらふらと千鳥足で歩いていた。

さすがに危ないと思って俺は先輩の肩を抱いた。
先輩は特に抵抗もせずにただ笑ってた。

さすがにもう眠かったのでタクシー拾って
ラブホテルへ向かった。

ラブホテルに着いて部屋に入った

いわゆるシングルルームというやつで、
部屋にはダブルベッドが置かれている
だけだ。

先輩はそのままベッドに倒れこんだ。

さすがにこの状態の女性とやるのも
気が引けたし先輩を襲う事を全く
考えてなかったので俺は先輩の隣で
眠った。

目覚めると朝の5時くらいで
僅かに頭痛がした。

先輩を見ると俺の方を向いて
横向けにまだ寝ていた。

俺も先輩の方へ寝返りをうつ。
服の隙間から見える胸の谷間が
色っぽかった。

好奇心で先輩の柔らかい胸や
綺麗な黒髪を指で撫でていると
先輩が起きたのですぐに手を
引っ込めた

先輩は起きると俺の顔を
三秒ほど凝視して、自分の顔を
両手で隠してはずかしそうに
笑ってた。

先輩:「俺と一緒に寝ちゃったww」
 俺:「いや、大丈夫です。
   やってないしww」
先輩:「めっちゃ恥ずかしいって!」

こんな感じで二人とも笑いあってた。

先輩は昨日の事はあまり覚えて
ないらしく、ホテルに来た記憶も
なかった。

俺は昨日の事を説明すると、
先輩はうーうー、と唸りながら照れた。
普段見てた先輩とのギャップに俺は
かなりドキドキしてた。

一通り説明すると、先輩は俺を上目遣いで見た。
そして、左手で俺の頭を撫でてにこっと笑った。

先輩:「俺、ありがとね。」

その瞬間、俺は頭に置かれた先輩の左手首を掴んで
そのまま先輩を仰向けにした。

そして驚く先輩の白い首筋にむしゃぶりついた。

先輩の首は少しだけ汗の味がした。
首筋から耳まで舌を這わすと、吐息と共に
普段からは想像出来ないほど色っぽい声が漏れた。

先輩は残った右手で俺を押し退けるように
胸を押してきた。

先輩:「こんな事したらあかんって・・・」

先輩が潤んだ瞳で俺を見てくる。
先輩の右手は俺を押し退けようとしたが
俺はその手も掴んで先輩の頭の横に置いて
先輩の顔を真正面に見据えた

 俺:「さやさん、嫌ですか?」
先輩:「えっ、嫌ではないけど・・」

そう言って顔を反らした先輩に
俺は無理やりキスをした。

俺は先輩の唇を貪るようにキスをした。
先輩は両手を抑えつけられているため、
体をよじって抵抗していた。

先輩はキスをされている間も、「駄目やって・・・」とか
「もう辞めよ・・・」と言っていたが俺が舌を入れると
先輩も舌を絡ませ、音を立てて吸ってきた。

キスが終わった後の先輩の眼はトロンとしていた。
歯止めの効かなくなった俺はそのまま先輩が着ていた
ワンピースを脱がす。

先輩の大きな胸がベージュ色のブラジャーに包まれていて、
それを脱がすしか考えられない状態の俺は直ぐにブラジャーを
外してベッドの脇に放り投げた

「あかん、もう恥ずかしい・・・」

そう言うと先輩は自分の胸を両手で抑えて
俺と反対側に寝返りをうった。

俺は先輩を後ろから抱きしめたんだが、
その拍子に俺の口が先輩の首の後ろに当たった瞬間、
先輩の肩がゾクッと震えながら跳ねた。

先輩:「そこほんまに弱いから・・・駄目・・・」

俺は先輩の言葉を無視して髪を掻き分けて
首の裏にキスをしたり舐めあげたりと、
集中的に攻めた。

顔は見えないが、先輩のと息交じりのあえぎ声が聞こえてくる。
俺はそのまま先輩の胸に手を伸ばして、柔らかい胸を揉みしだいた。
先輩の乳首がすぐに硬くなるのが判った。

先輩:「嫌・・・、もう、辞めて・・・」

先輩の言葉を聞いて俺は口と手の動きを止めて
先輩の耳元で囁いた。

 俺:「じゃあ辞めますか?」
先輩:「え・・・」
 俺:「ほんまに辞めていいですか?」
先輩:「・・・」
 俺:「どうですか?」
先輩:「もっとして・・・」
 俺:「何をですか?」
先輩:「もっと・・・首の後ろ、舐めて。」

そのまま俺は先ほどの体制に戻って先輩の首を貪った。

それから十分くらい続けた後、俺も服を脱いで下着だけの状態に。
ぐったりとしている先輩を俺の方に向けると、息を荒くした先輩の
顔と先ほどまで俺が揉みしだいていた胸が見えた。

先輩は全く日焼けをしておらず、肌はとても美しい白さを保っていた。
右胸だけにあるホクロが凄くエロく見えて、あまりに綺麗だったので
なぜか俺は笑ってしまった。

先輩:「どうしたん?」
 俺:「いや、なんか綺麗過ぎて笑いが出ました。」
先輩:「綺麗ちゃうし、普通やでwww」

そう言って照れ笑いをする先輩は余計に綺麗に見えた。

そのまま俺は先輩の乳首を舌で転がした。
口の中でさらに硬くなっていくのを感じた。

すると急に先輩は俺を抱きしめてきた。
そして、俺のパンツに手をいれてしごき始めた。

先輩:「凄く欲しい・・・、もう入れたい・・。」
俺の顔を真正面に見ながら先輩は俺に懇願した。

先輩の言葉を聞いた俺は、入れたい気持ちを押し殺して先輩にわざとらしく聞いた。
「なにをどこに入れて欲しいんですか?」
「えっ?」
「言わないとわかりません。」
「おちん●ん…」
「…で、どこにですか?」
「アソコに…」
「アソコって?」

「俺君のいじわる…」
「ちゃんと言わないと入れませんよ?」
「…俺君のおちん●んを私のおま●こに入れて!」
「先輩。人にお願いする時は言葉使いを気をつけて下さい。」
「俺君のおちん●んを私のおま●こに入れ下さい!!」
先輩は顔を真っ赤にしながらも俺の目を真っ直ぐに見て言った。
「んじゃ、ゆっくり入れますね…」

俺は先輩のおま●この入り口にちん●んの先をあてがうと、ゆっくり先っちょだけ入れていった。
先輩は背中をエビぞりにして俺を受け入れていった。
そのまましばらく先っちょだけをゆっくり出し…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
一晩で3人に
2018/01/12 03:56
2018/01/12 03:56
18歳で就職し、19歳で1人暮らしを始めました。 親には秘密(ばれていたと思いますが)でしたが、初体験した2歳年上の彼が週1~2回泊まりに来ていました。 彼が泊まった番は朝までHしていましたが、イクっていう感覚を覚えた事は1度もなく、彼が疲れ果てて眠るその真横で、それまで経験のなかったオナニーをする事が常になりました。 彼はHがあまり上手ではなかったかもしれませんが、私は心から彼を愛し、言われるがままに全てを受け入れ、ナマフェラもし、彼の精子も飲みましたし、お尻の穴への挿入も許しました。 でも、ナマだけは絶対に拒み続けていました。  仕事は主に毎日午前・午後と2回来社される取引先の方の対応を…
そのまま抱き合ってキスしていたら【SEX体験】
2017/07/20 11:37
2017/07/20 11:37
俺は前の職場のすぐそばにある知人の事務所を間借りして独立してるので、たまに前の会社の人とバッタリでくわすんだわ。前の会社は2000人位の規模で、在職中も顔だけ知って
【人妻】犯された母【他人の嫁】
2015/11/06 06:44
2015/11/06 06:44
僕は、大学1年生です。 ちょうど2年前、高2の時に母が犯されるのを見てしまいました。 母は、真由美その時41歳です。 元スチュワーデスで僕が言うのも変ですが松坂慶子に似ていて美人です。 父は、海外赴任をしています。 当時僕は、学校の不良たちからいじめを毎日のように遭っていました。 ある日、母と買い物の途中、2つ上の不良のリーダー弘樹に会ってしまいま した。 弘樹は、母に丁寧に挨拶をすると僕に「困ったことがあったら電話して来い よ」と 携帯の電話番号を書いた紙を渡しました。 母は、僕がいじめに遭っているのを知っていたので、弘樹のことをいろいろ と聞いてきました。 数日後、弘樹にばったり会った…
取引先の事務員が結婚退職したがばったり再会
2017/07/05 00:22
2017/07/05 00:22
取引先の事務員の佳代…………私より2才年上でロングヘアの綺麗なお姉さんでした。


ちょくちょく話をするようになったんですが………佳代が年上な事も有り、姉上目線でしたが。


憧れていた女性なんで話するだけでも楽しかったものです。



しばらくして佳代が結婚退職したんで数年間会う事も無かったんですが……ある日バッタリ会いました。



懐かしさもあり、しばらく話をした後に連絡先を交換し、別れました。
何度か電話やお茶したりしてるうちに……佳代から

佳代「アルバイト手伝ってくれない?」

正直、面倒だし、やりたくなかったんですが、惚れた弱みで手伝う事に…………一緒にい…
オフ会で泥酔した女の子と一回限りのエッチ
2018/03/11 10:47
2018/03/11 10:47
グラビアやってる色白女子大生とのH体験
2015/11/07 13:38
2015/11/07 13:38

カメラマンをしています。

カメラマンといってもピンキリで、大抵は食うためにつまらない仕事をしているのが現実です。

私もそんな一人で、小さな仕事を数こなして何とかやりくりしています。

最近は、グラビアサイトの撮影がメインです。

この手のサイトは多数あり、ほとんどが素人同然の子を使って低予算で運営されています。

カメラマンのギャラも安く、当然、一流のカメラマンなど使えません。

とりあえず仕事があるだけマシという私のような者が使われるわけですが、ギャラはともかく、仕事自体は楽しんでいます。

若い子の制服、ブルマ、水着姿などが撮影の中心なので、ついつい仕事であることを忘…
義母の透けた水着
2016/12/28 17:49
2016/12/28 17:49
先週から予定していたプールだが、妻が風邪をひき、寝込んでしまった。 中止しようかと思っていたら、妻の母親が話を聞き「私がついて行ってあげる」と言った。 3歳と5歳の子供を私一人でプールへ連れて行くのは無理だと思っていたので、内心ラッキーと思った。 妻の母親は45歳なのにすごいナイスバディーで、胸はFカップでお尻もとても大きい。 しかし、ついて来るだけで水着姿は見れないだろうと思っていたら、プールへ行く途中「私、水着持ってないからどっか寄って」と言ったので店を探した。 でも、なかなか見つからず、やっと小さい衣料品店を見つけた。 義母は「ちょっと待ってて、すぐ買ってくるから」と言って、…
学習塾の同僚が完全なドMだった
2015/12/25 18:00
2015/12/25 18:00
場所は都内某所の学習塾。そこで講師として働き始めて3年目の春、悠子(仮)がアルバイトとして入ってきた。  悠子は当時、大学2年生。系列の別の校舎で働いていたんだけど、彼女の引っ越しの都合で、こちらに移籍してきた。  麹町界隈の有名女子大生で、アルバイトとはいえ、仕事内容を意識してか、必ずスーツを着てくるきちんとした子だった。  身長は165cmくらい。緩くウェーブが掛かった肩より長い黒髪の、少し細面ではっきり言って美人。  スーツのせいも有るけど、腰が無理なくくびれていて、胸はCカップ。 【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だから…
育児サークルで知り合った旦那さんと潮吹きカーセックス
2016/04/18 21:00
2016/04/18 21:00
49歳になる中年のおばさん主婦です。主人、息子2人の4人家族でそこそこ幸せな毎日をおくっています。主人とは学生時代にアルバイトしていたファミリーレストランで知合い、出来ちゃった婚でした。
そのため、男性経験は主人だけ。そして、次男が誕生した際に、近所の育児サークルに入り、その中で何人かと知合いになり、家族ぐるみのお付き合いをしてきました。


かれこれ、10年以上になります。その中で、ある知人のご主人(2歳下)と肉体関係を持ってしまったのです。

そのご主人とは、育児サークルからのときから、顔見知りであり、よく子供も遊ばせてくれていました。
その時は、そのご主人と…
【母親との告白体験談】45歳、寮母の乳首はきれいなピンク色
2017/12/13 22:57
2017/12/13 22:57
ほとんどの奴は土曜の夜は外泊し、日曜の夜に、これから収監される犯人のような顔で寮に帰ってくる。 しかし、俺だけはいつも寮に残っている。 俺は世間でいうところの「テツ」で日本全国の路線を制覇するための金を貯めているからだ。 寮には塩崎さんという寮母がいる。 塩崎さんは45歳、ほっそりしていて、顔は普通のおばちゃん顔。 強いて言えば余貴美子に似てる。 寮母と言っても住み込みではなく近くから通って、食事の用意と寮の掃除をしてくれる。 土曜と日曜は寮の欠食日で食事は作らなくてよいが、土曜日は掃除だけをすることになっている。 俺は金曜日の夜はよく上司に誘われて(もちろん上司のおごり)、うらぶれた飲み…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・競パンについて2

・【熟女体験談】スケベで下品なおじさんに犯される変態プレイに何度も絶頂してまた犯されたくなる変態女子

・合唱部の後輩

・競パンについて

・不動産のお客さんできれいな奥さんとの話

・【乱交】妹がデビューだから3Pでしてもらえない?

・2対2でスキー場のコテージで

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再々補足と再々修正)

・妻を奴隷の様に扱って他人棒をいっぱい差し込んでみたいんです・・・

・【人妻体験談】ガータベルトに網タイツという娼婦のような格好の息子の嫁とバイアグラ義父の寝取り近親相姦SEX

・【不倫】借金を抱えた幼馴染に「抱いて」と言われて

・病気で入院したときのこと

・女性の脅し用の画像や動画を撮られ

・おばさんでも女としての用は足せる

・【露出】見たがる女友達と見せたがりの俺

・【人妻体験談】フェラさえしたことがないウブな人妻とザーメンをごっくんさせて不倫SEX

・【熟女体験談】母がパシリにしていたデカチンな同級生と中出しSEXしていた

・こんなこと初めてなんだよ、誤解しないでね

・人妻なのに可愛い男の子にナンパされて、乱交しちゃった

・小学生チアスクール

・【初体験】自分の手でしごくのとは全然違った叔母さんのアソコ

・じゃあここで降りてもらおうか

・【痴漢】プラネタリウムで口の中に出されました

・いっぱいでたー。赤ちゃん出きるかもね・・・

・【Hな体験】昨日まで友達だった彼とドキドキ初エッチ

・俺が負けたので、彼女が手コキした2

・【熟女体験談】従兄弟を挑発した結果、近親相姦レイプされてしまった花嫁

・寝ている時に嫁に手コキされた

・【人妻体験談】エロ動画やエッチな体験談サイトが好きな主婦が元同級生と人生初の不倫

・【盗撮・覗き】憧れの先輩と鬼畜教師が保健室で