寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【風俗体験】店に入ったばっかりの美人の人妻をいっぱい可愛がってあげたwww

2018/08/12 02:02


先週思わぬ臨時収入があって、

非常に溜っていたこともあり大塚に遊びに行ってきました。

何時もは、大塚では○○○○○の×××さんという

28歳の人妻さんをよく指名していたのですが、生憎休みでした。

「じゃぁまたにします」と電話を切ろうとすると、店の人間が、

「今日入ったばかりの娘が居るんですがどうでしょうか?」

と聞くのです。

良く聞くと、何でも26歳の人妻で細身の美人だと云うのです。

まぁ泡銭だし店も「美人ですよ」と勧めるのでつい、「じゃぁ頼むわ」

と返事をしてしまいました。

ホテルに入って店に連絡して15分位すると、ドアをノックする音、

ドアを開けると髪をアップにまとめた好みの女性が立っていました。

少し緊張しているのか、少し震声が震えていました。

「千里です、よろしいでしょうか?」

僕は無言で彼女の肩を抱いて部屋に招き入れました。

案の定、少し震えていました。

「今日が初めてなんだって?」

「はい、すみません。」

「謝ることはないよ・・・、僕を夫か彼氏だと思えばいいんだから。」

「はい・・・」

心の中で「これはDCどころか、風俗未経験だぞ」と万歳しました。

そこで、ちょっといじめてやろうと、明るい場所に彼女を立たせて、改めて上から下まで良く品定をしてやりました。

足からずっと舐めるように視線をあげて彼女の顔までじっくり視姦してやりました。

・・・彼女の顔をまじまじとみると「あれっ?」記憶に呼び掛けるものがあるのです。

もう一度良く見ると、どこかで見たことのある顔だという事に気が付いたのです。

そうです、僕の自宅の階の一番端に住んでいる人妻さんにソックリなのです。

僕は現在の所に引っ越したばかりなので、1、2度挨拶を交わした程度ですが、僕好みだったのでつい彼女の姿を目で追っていました。

そういえば、背格好が同じくらいです。

でもまさかねー、漫画じゃあるまいし彼女も僕を見て、動揺した様子も無いし・・・、聞くわけにも行かないし。

まぁ、他人でも”近所の人妻”と思ってやろうと思ってニヤニヤしながら彼女を鑑賞していました。

そんな僕に、彼女はしばらくは目を閉じて立っていました。

が、イヤラシイ視線に耐え兼ねたのか、

「コースはどうなさいますか?」

とか細い声で訪ねてきました。

そんな彼女を一人占めしたくなってしまい、

「240分コースで」

と思わず言ってしまいました。

彼女は?とした顔をして、

「コースは120分までなのですが・・・。」

「0011番○○○さん240分ですと言ってご覧・・・大丈夫ちゃんとあるから。」

彼女は怪訝そうに店に電話しました。

実はこの店には常連にだけに教えてある会員番号があって会員だけのコースがあるのです。

さすがに新人には教えていなかったようです。

電話で店と話している彼女は

「聞いていません」「えっ?」「・・・でも」

と震える声で話していました。

最後には泣きそうな声で「解りました」と言って電話を切りました。

しばらくうつ向いていましたが、意を決したのかぎこちない笑顔をみせて、

「○○○様(僕の会員名、もちろん偽名)こういったお仕事初めてなので、色々教えてください」

「もちろん、今から4時間たっぷり抱いてあげるからね」

「・・・はい、お願いします」

いやぁ、人妻に”お願い”されるのはいいものです。

ましてや、知り合いににた人妻にです。

僕の股間はすでに痛いほどに固くなっていました。

もう辛抱溜らず「じゃぁ始めようか」と彼女に見せ付けるように服を脱ぎワザと固くそそり立ったチンポを彼女に向けました。

彼女は真っ赤になって背を向けましたが、

「君が脱ぐところが良く見えない」

と言ってこちらを向かせて、イヤラシイ目で彼女の行為を見つめ、さらにチンポをワザとしごいて見せました。

「これからこのチンポが君の中に何回も出し入れされるんだよ」

とでもいうような目で見つめながらです。

!思わず息を飲むほどスケベな体でした。

あの人妻が自分の前で全裸になっているような錯覚を覚えて、益々固くなるのが解りました。

恥ずかしがって涙目になっている彼女の手を引っ張って、風呂に入りました。

「まずは、互いに体を洗いっこするんだ」と普通ならまぁしない事をいって、先に彼女の体を洗ってやりました。

というか、洗う名目での愛撫ですね。

スポンジがあるのにワザと手にボディーソープをつけて身体中の隅々までボディーソープを塗り伸ばしていきました。

「あっ、いやっ・・・」

感じやすいみたいで、ちょっと触っただけでビクッビクッと反応します。

股間に手を伸ばすとさすがに、

「あっ、そこは自分でしますから」

と僕の手を拒もうとしましたが、無視をしてバスタブに腰掛けさせて、指で丁寧に広げて、奥の奥まで洗って(愛撫)してやりました。

一通りイタズラをしてやって、

「さあ、同じように僕のも洗ってくれ」と、風呂場にへたり込んで荒い息をしている彼女の目の前にチンポを突きつけました。

しばらく躊躇していましたが、覚悟を決めたのか手にボディーソープをつけ、僕の体を洗いだしました。

「背中やお腹を洗うときは、君の体で洗うんだ」

と何も知らない彼女に教えてやりました。

何のことか解らない彼女にジェスチャーを交えて教えると、見る見る真っ赤になって頭を振りましたが容赦為ず、

「もっとおっぱいを押し付けて全身を使って洗うんだ」

とやりたい放題です。

ついにチンポを洗わせる時が来ました。

恐る恐る触れてくる彼女にワザと過剰に反応してみせ、

「ウマイじゃないか、何時も旦那のしてやってるの」

「してません!」

「旦那とどちらが美味しそう」

「・・・わかりません」

「じゃぁ、最後に聞くからしっかり比べるんだよ」

「・・・。」

さらに追い討ちをかけるように、色々質問攻めにしてやりました。

普通の娘ならまぁ適当に応えるのでしょう。

が、最初から強烈なパンチを見舞ってやっていたので、頭が真っ白になっているようで、ぺらぺら喋ってくれました。

・・・旦那に内緒であること(当り前か)

・・・好奇心で来てしまったこと。

・・・子供は居ないこと。

・・・家は○○区にあること・・・等々。

そこまで聞いて確信しました。

間違いない、彼女は○○さんだ!

近所のあの人妻が目の前で全裸をさらして奉仕している!

僕は興奮しました、もちろん確証はありませんでした。

でも、同じ句に同じ年格好の人妻が何人も居る訳がありません。

僕はある計画を胸にして、彼女と風呂を出ました。

「時間はまだ3時間半もあるよ、何回出来るかなぁ」

と彼女にベットの上の時計を示しながら彼女を抱き寄せました。

「暗くしてください」の願いを無視をして、彼女にキスをしました。

少し抵抗しましたが、「するものだ」というと渋々受け入れました。

僕は彼女が○○さんだと確信していたので、彼女を虜にするくらい感じさせてやろうといつになく丹念に愛撫してやりました。

「うん・・・あっ、いや・・・はんっあああ」

最初は必死に声を圧し殺していました。

しかし、彼女のアソコに舌を這わす頃には、

「あぁ、そこぃぃ!、ああああん・・・ああ」

「いいよ、気持良いならいっぱい声をだしてごらん」

「はっはい・・・あぁあああっ、そこっ!」

女性の性感帯といわれるところは手や指でイヤらしく触り、舌でたっぷり舐めあげました。

それと同時に、固くなったチンポを彼女の体に押し付け、意識させました。

「そろそろこれが欲しくなったんじゃないか?」

いやいやと頸を振るのですが、体はチンポにグイグイ押し付けてきます。

僕は彼女の足の間に体を割入れると、一瞬チンポを彼女の中に入れ素早く抜いて反応を見ました。

一瞬でしたが、彼女の良さが解りました。

正直抜かないでそのままイってしまおうかと思いましたが、ぐっと我慢して彼女をトコトン辱めてやろうと我慢しました。

抜いたとき体は正直で、彼女の腰は私のチンポを追い掛けて来ました。

「素直になりなよ、入れてくださいってお願いすれば直ぐに入れてやる」

「あぁ・・・そんな言えません!」

「じゃあこのまま放っといてやろうか!」

「・・・・。」

彼女から、体を話すような仕草ををすると、

「あぁ、お願いします・・・・」

「何をお願いなんだ?」

「あぁ意地悪・・・、私とセックスしてください!」

「良く言えたね、たっぷりイカせてあげるからね」

僕は、朦朧とした彼女が何も言わないのをイイコとに”生チンポ”を入れてしまいました。

非常に溜っていたので見境無です!

僕は彼女の中に深くチンポを突き入れてしばらく彼女の感触を楽しみました。

「!」

彼女は大きく仰け反ると、軽くイッた様でした。

彼女の感触を十分楽しんだ後、腰を動かしました。

激しく腰を振り、何度も何度も彼女をイカせました。

「あっ、またっ・・・はうっっ!」

「・・・はぁはぁはぁ、あぁ・・・お願い少し・・・いやっ、はうっ!」

最後の方は殆んどイキっぱなし状態でした。

彼女のイヤラシイ表情と、イク度に絡み付く彼女の感触に限界が来てしまいました。

限界に来た自分のチンポを彼女の最奥に突っ込んで腰の動きを止ました。

今なら、風呂場で思い付いた計画を実行に移すチャンスだったからです。

僕は朦朧としている彼女の耳元で、

「そ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
愛妻の入院 その6
2016/10/08 18:17
2016/10/08 18:17
月曜日は海の日で休日だったので代理妻を犯してから、彼女を連れて妻の見舞いに行ってきた。妻は彼女に指定愛人以外の女性関係は無いか女の罠にはまって子供を作ってはいないか心配げに尋ねていた。彼女は嫉妬深い自分がついているから大丈夫と太鼓判を打った。後は女同士のお話が有ったので30分ほど席を外した。偶然主治医が当直だったので妻の様子を聞きに尋ねた。ちょうど急患の処置が終わったところで妻の容体は順調に推移している。私が手元に置いているのだから絶対に大丈夫だと言って貰えて嬉しかった。最近は救急病院のコンビニ受診が多いと思う。先生を先生とも思わない無礼な患者も増えた。先生には約束したイケメン+博士号+真面目…
【近親相姦】「離婚した原因」【体験談】
2016/06/01 19:05
2016/06/01 19:05
93: 名無しさん@おーぷん 2015/12/09(水)09:11:02 ID:WxE 兄嫁が指の腱鞘炎を起こしてになった。原因は、兄が妊娠した兄嫁に編み物を強制して鬼畜ノルマを設けたため。 他所様の手作りグッズに憧れた兄は、 「産まれてくる赤ん坊に手作りの帽子や靴下などを与えよう」と兄嫁に強制。 兄嫁は妊娠による休職中だったが、家事を全て押し付けられていた上に編み物までこなしていた。 ついでに言うと、兄のおやつ()まで手作り。兄嫁の話によれば、 「子供が可愛くないのか?」「母親失格」「同僚の所は双子。しっかりこなしてる」と、疲れを訴える兄嫁を叱ったらしい。そのくせ兄は、編み物や料理のひとつ…
【妹との告白体験談】 妹アコ
2016/05/10 10:47
2016/05/10 10:47
あれは僕が中1で、妹が小5の頃からでした。両親は共働きで、必然兄妹で過ごす時間が多かったのです。2人でいる時間が多いせいか結構仲のいい兄妹でした。中学に進学し、だんだんとHなことに興味を持ち始めていた僕。それに合わせるように体が発育していく妹、アコ。自然、興味がどんどんとわいてきていました。実際、小5くらいになると胸もふくらみはじめ、お尻やふとももの質感なども、子供から脱却してきはじめる時期です。アコはそのころは少しぽっちゃりした体型でしたので、よけいむっちり感がありまた。顔は普通でしたが、笑うとすごくかわいい女の子です。ただ、当時は「SEXしたい」なんて考えは毛頭もなく(ていうよりそうい…
【忘れられない体験】私を辱しめて【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/30 01:37
2017/01/30 01:37
久しぶりにここに来ました。私と同じような女性の方がたくさんいらっしゃるようで、安心しました。最近の私は、透けブラさせて勤務するのも平気になり、課長や同僚もあまり私を目で犯してくれません。ちょっと安心、でも残念複雑な私。昨日も白の薄いブラウスに黒の膝上センチほどのタイトで勤務しました。そしてブラはダークブルーのワンホックすべてストラップの細さと同じエッチな感じなもの、もちろん下はお揃いのバックです。スカイブルーのブラを着けるときほど透けてはいませんでしが、かなりくっきりと透けていたと思います。今までに白、ピンク、イエロー、メロン、グリーン、ダークレッド、ブラウン、黒といろんな色をわざと透けさせ…
【不倫】コアラ顔の変態巨乳妻
2016/06/06 12:00
2016/06/06 12:00
去年の夏、コミュニティサイトで人妻と出会った話を。そのサイトで人妻と会うのはそれが2回目。初めの1人が良かったから、かなり期待してた。メアド聞き出してメールし始めても、いつも以上に気を遣ってたし。 何やら旦那さんとは仲がよろしくなく、実家に帰ってきてる状態とか。別居したいけど旦那が認めてくれないと。理由は「旦那がアタシにベタ惚れなんだ~」って言ってた。 「似てる芸能人とかいる?」って聞いたら、「釈由美子に似てるって言われる」って。 そりゃーテンションも上がるよね~。155cmでちょっとちっちゃいけど、オッパイはDカップで痩せてるって言うし。 向こうも人妻だけあって、やっ…
朝から
2017/11/15 05:19
2017/11/15 05:19
朝から ローター入れて出勤させられて週間。毎日パンストまでグショグショに なっています。駅に着くとホームに待っているデブと一緒に改札を通る よう命令されています。店の近くのスタバのトイレで下着を全部取って 渡さないといけません。デブはトイレに行くのですが、席立つ時にテー ブルにその下着を置きっぱなしにしていきます。戻ってくるまで一人で 周りから変態と思われています。金曜はローターまで置いて行き、トイレと 思っていたら先に店を出てしまい、待っていても戻らないので結局遅刻して 店長から説教されました。でも店長も薄々しっているような言い方で、 そのうち何かされそうです。 お客さんに ブラウスのボタ…
職場の、まともに愛撫された経験がない人妻との体験談
2015/11/06 16:04
2015/11/06 16:04

病院事務をやっている芳絵さんといい仲になりました。
1m70もある大女ですが雰囲気が良いんです。

43歳と言っていました。そして1女の母です。旦那さんは大手コンピューター関係にお勤めです。

なに不自由ない家庭に見えますが、なかなか現代は複雑なんだなあと思います。
それぞれの自由とか不自由とかいいつつ、厄介らしいです。

でも、私もそんな旦那さんの会社の下請け関連で、旦那さんのストレスもわかります。

ありがたいのは旦那さんの夜の帰宅が遅いのと、休日でも出勤することもあることです。
ラブホでは、思いっきり声をあげる芳江さん。


最初にキッスをしただけで、もうメロメロです。口を吸わ…
金津園の姫
2017/08/10 23:28
2017/08/10 23:28
俺が金津園で経験した話 金津好きなら誰でも知ってる高給店、俺なんかだと本当にたまにしか行け ないような店なんだが、そこに新人が入って、ネットでけっこう評判良かっ たから入ってみた 評判どおり、可愛い娘で、とても礼儀正しい 即即した後、煙草を吸おうと自分のセカンドバックに手を伸ばすと、 「煙草持ってないんでしょ?ハイライトなら買い置きがあるよ」 と、姫が そんなはずは無い、朝新品を開けて、まだ5?6本しか吸ってないはず でもいくら探しても見つからない それより、何で俺がハイライトを吸ってることを知ってるんだ? 「さっきノワール(喫茶店:仮名)でコーヒー飲んだとき忘れて来たんでしょ、 はい、どうぞ…
ちびっちゃくてロリな新人OLは、そう見えても20歳だった(今では嫁ですw)
2016/10/05 22:30
2016/10/05 22:30
珍しく冬前の時期にちっこい娘が配属されてきて、高卒娘かと思ったら、もう20歳だと。
俺のフロアは小さなブース毎に仕切ってあって、周囲との関わりが薄い個人個人の独立性が高い部署だったのだが、その彼女は飲み物なんかはおろか、終いには昼食の手配にも気を配ってくれるようになって重宝してた。
けど、春前に挨拶もなく姿が見えなくなって、そこで初めてバイトちゃんだと知った。




・・・と思ったら4月になって正社員として再配属されてきた。
改めて見てみると、見た目は中学生みたいだが結構可愛いし、何より愛想がいいので可愛がるようになった。

ある時、休憩時間にこちらから訪ねていくと、今で言うB…
お客さんの子供に懐かれたら、母親とも深い仲になった
2016/08/02 06:00
2016/08/02 06:00
去年の話。俺は某不動産屋に勤めて5年目の29歳でした。
お客は大手の商社に勤める32歳の旦那さんと31歳のきれいな奥さんが来店されました。新築を探されていたのでいくつか物件を紹介し、何度か自宅にもお邪魔させていただいたりと、ご夫婦とも大変俺の事を信頼していただいてました。お子さんは男の子が2人いて、何度かご案内しているうちに子供も俺にだいぶなついてきました。


ようやく物件も決まり、間取りの打ち合わせや資金の相談などする為に自宅にお邪魔しているうちに、夕食もちょくちょくご馳走になるくらいの信頼関係でした。

 当時にしてはご主人さんは年収がとても多く、その反動…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・週末にクッソエロい体験したから話す

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・当時のいいオカズ