寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【風俗体験】店に入ったばっかりの美人の人妻をいっぱい可愛がってあげたwww

2018/08/12 02:02


先週思わぬ臨時収入があって、

非常に溜っていたこともあり大塚に遊びに行ってきました。

何時もは、大塚では○○○○○の×××さんという

28歳の人妻さんをよく指名していたのですが、生憎休みでした。

「じゃぁまたにします」と電話を切ろうとすると、店の人間が、

「今日入ったばかりの娘が居るんですがどうでしょうか?」

と聞くのです。

良く聞くと、何でも26歳の人妻で細身の美人だと云うのです。

まぁ泡銭だし店も「美人ですよ」と勧めるのでつい、「じゃぁ頼むわ」

と返事をしてしまいました。

ホテルに入って店に連絡して15分位すると、ドアをノックする音、

ドアを開けると髪をアップにまとめた好みの女性が立っていました。

少し緊張しているのか、少し震声が震えていました。

「千里です、よろしいでしょうか?」

僕は無言で彼女の肩を抱いて部屋に招き入れました。

案の定、少し震えていました。

「今日が初めてなんだって?」

「はい、すみません。」

「謝ることはないよ・・・、僕を夫か彼氏だと思えばいいんだから。」

「はい・・・」

心の中で「これはDCどころか、風俗未経験だぞ」と万歳しました。

そこで、ちょっといじめてやろうと、明るい場所に彼女を立たせて、改めて上から下まで良く品定をしてやりました。

足からずっと舐めるように視線をあげて彼女の顔までじっくり視姦してやりました。

・・・彼女の顔をまじまじとみると「あれっ?」記憶に呼び掛けるものがあるのです。

もう一度良く見ると、どこかで見たことのある顔だという事に気が付いたのです。

そうです、僕の自宅の階の一番端に住んでいる人妻さんにソックリなのです。

僕は現在の所に引っ越したばかりなので、1、2度挨拶を交わした程度ですが、僕好みだったのでつい彼女の姿を目で追っていました。

そういえば、背格好が同じくらいです。

でもまさかねー、漫画じゃあるまいし彼女も僕を見て、動揺した様子も無いし・・・、聞くわけにも行かないし。

まぁ、他人でも”近所の人妻”と思ってやろうと思ってニヤニヤしながら彼女を鑑賞していました。

そんな僕に、彼女はしばらくは目を閉じて立っていました。

が、イヤラシイ視線に耐え兼ねたのか、

「コースはどうなさいますか?」

とか細い声で訪ねてきました。

そんな彼女を一人占めしたくなってしまい、

「240分コースで」

と思わず言ってしまいました。

彼女は?とした顔をして、

「コースは120分までなのですが・・・。」

「0011番○○○さん240分ですと言ってご覧・・・大丈夫ちゃんとあるから。」

彼女は怪訝そうに店に電話しました。

実はこの店には常連にだけに教えてある会員番号があって会員だけのコースがあるのです。

さすがに新人には教えていなかったようです。

電話で店と話している彼女は

「聞いていません」「えっ?」「・・・でも」

と震える声で話していました。

最後には泣きそうな声で「解りました」と言って電話を切りました。

しばらくうつ向いていましたが、意を決したのかぎこちない笑顔をみせて、

「○○○様(僕の会員名、もちろん偽名)こういったお仕事初めてなので、色々教えてください」

「もちろん、今から4時間たっぷり抱いてあげるからね」

「・・・はい、お願いします」

いやぁ、人妻に”お願い”されるのはいいものです。

ましてや、知り合いににた人妻にです。

僕の股間はすでに痛いほどに固くなっていました。

もう辛抱溜らず「じゃぁ始めようか」と彼女に見せ付けるように服を脱ぎワザと固くそそり立ったチンポを彼女に向けました。

彼女は真っ赤になって背を向けましたが、

「君が脱ぐところが良く見えない」

と言ってこちらを向かせて、イヤラシイ目で彼女の行為を見つめ、さらにチンポをワザとしごいて見せました。

「これからこのチンポが君の中に何回も出し入れされるんだよ」

とでもいうような目で見つめながらです。

!思わず息を飲むほどスケベな体でした。

あの人妻が自分の前で全裸になっているような錯覚を覚えて、益々固くなるのが解りました。

恥ずかしがって涙目になっている彼女の手を引っ張って、風呂に入りました。

「まずは、互いに体を洗いっこするんだ」と普通ならまぁしない事をいって、先に彼女の体を洗ってやりました。

というか、洗う名目での愛撫ですね。

スポンジがあるのにワザと手にボディーソープをつけて身体中の隅々までボディーソープを塗り伸ばしていきました。

「あっ、いやっ・・・」

感じやすいみたいで、ちょっと触っただけでビクッビクッと反応します。

股間に手を伸ばすとさすがに、

「あっ、そこは自分でしますから」

と僕の手を拒もうとしましたが、無視をしてバスタブに腰掛けさせて、指で丁寧に広げて、奥の奥まで洗って(愛撫)してやりました。

一通りイタズラをしてやって、

「さあ、同じように僕のも洗ってくれ」と、風呂場にへたり込んで荒い息をしている彼女の目の前にチンポを突きつけました。

しばらく躊躇していましたが、覚悟を決めたのか手にボディーソープをつけ、僕の体を洗いだしました。

「背中やお腹を洗うときは、君の体で洗うんだ」

と何も知らない彼女に教えてやりました。

何のことか解らない彼女にジェスチャーを交えて教えると、見る見る真っ赤になって頭を振りましたが容赦為ず、

「もっとおっぱいを押し付けて全身を使って洗うんだ」

とやりたい放題です。

ついにチンポを洗わせる時が来ました。

恐る恐る触れてくる彼女にワザと過剰に反応してみせ、

「ウマイじゃないか、何時も旦那のしてやってるの」

「してません!」

「旦那とどちらが美味しそう」

「・・・わかりません」

「じゃぁ、最後に聞くからしっかり比べるんだよ」

「・・・。」

さらに追い討ちをかけるように、色々質問攻めにしてやりました。

普通の娘ならまぁ適当に応えるのでしょう。

が、最初から強烈なパンチを見舞ってやっていたので、頭が真っ白になっているようで、ぺらぺら喋ってくれました。

・・・旦那に内緒であること(当り前か)

・・・好奇心で来てしまったこと。

・・・子供は居ないこと。

・・・家は○○区にあること・・・等々。

そこまで聞いて確信しました。

間違いない、彼女は○○さんだ!

近所のあの人妻が目の前で全裸をさらして奉仕している!

僕は興奮しました、もちろん確証はありませんでした。

でも、同じ句に同じ年格好の人妻が何人も居る訳がありません。

僕はある計画を胸にして、彼女と風呂を出ました。

「時間はまだ3時間半もあるよ、何回出来るかなぁ」

と彼女にベットの上の時計を示しながら彼女を抱き寄せました。

「暗くしてください」の願いを無視をして、彼女にキスをしました。

少し抵抗しましたが、「するものだ」というと渋々受け入れました。

僕は彼女が○○さんだと確信していたので、彼女を虜にするくらい感じさせてやろうといつになく丹念に愛撫してやりました。

「うん・・・あっ、いや・・・はんっあああ」

最初は必死に声を圧し殺していました。

しかし、彼女のアソコに舌を這わす頃には、

「あぁ、そこぃぃ!、ああああん・・・ああ」

「いいよ、気持良いならいっぱい声をだしてごらん」

「はっはい・・・あぁあああっ、そこっ!」

女性の性感帯といわれるところは手や指でイヤらしく触り、舌でたっぷり舐めあげました。

それと同時に、固くなったチンポを彼女の体に押し付け、意識させました。

「そろそろこれが欲しくなったんじゃないか?」

いやいやと頸を振るのですが、体はチンポにグイグイ押し付けてきます。

僕は彼女の足の間に体を割入れると、一瞬チンポを彼女の中に入れ素早く抜いて反応を見ました。

一瞬でしたが、彼女の良さが解りました。

正直抜かないでそのままイってしまおうかと思いましたが、ぐっと我慢して彼女をトコトン辱めてやろうと我慢しました。

抜いたとき体は正直で、彼女の腰は私のチンポを追い掛けて来ました。

「素直になりなよ、入れてくださいってお願いすれば直ぐに入れてやる」

「あぁ・・・そんな言えません!」

「じゃあこのまま放っといてやろうか!」

「・・・・。」

彼女から、体を話すような仕草ををすると、

「あぁ、お願いします・・・・」

「何をお願いなんだ?」

「あぁ意地悪・・・、私とセックスしてください!」

「良く言えたね、たっぷりイカせてあげるからね」

僕は、朦朧とした彼女が何も言わないのをイイコとに”生チンポ”を入れてしまいました。

非常に溜っていたので見境無です!

僕は彼女の中に深くチンポを突き入れてしばらく彼女の感触を楽しみました。

「!」

彼女は大きく仰け反ると、軽くイッた様でした。

彼女の感触を十分楽しんだ後、腰を動かしました。

激しく腰を振り、何度も何度も彼女をイカせました。

「あっ、またっ・・・はうっっ!」

「・・・はぁはぁはぁ、あぁ・・・お願い少し・・・いやっ、はうっ!」

最後の方は殆んどイキっぱなし状態でした。

彼女のイヤラシイ表情と、イク度に絡み付く彼女の感触に限界が来てしまいました。

限界に来た自分のチンポを彼女の最奥に突っ込んで腰の動きを止ました。

今なら、風呂場で思い付いた計画を実行に移すチャンスだったからです。

僕は朦朧としている彼女の耳元で、

「そ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
従妹「そういうことは彼女じゃないとしちゃダメなんだよ」 その1
2016/01/01 19:59
2016/01/01 19:59
従妹「そういうことは彼女じゃないとしちゃダメなんだよ」 小さな田舎町に住んでて、田舎じゃよくあるけど近所に親戚がいっぱいいる 隣にも叔父さんの家があって、一人娘が受験の年のこと 田舎だから近くに塾とかなくて、叔父さんたちに頼まれて俺が勉強をみてやってた もし県立に落ちたら、バスで30分先にある町の私立に行かなきゃならないから親も娘も必死に思えた 隣に住んでるとは言え、従兄妹と俺は年が10歳違って、しかも異性だし今まで二人で話すことなんかなかった でも勉強を教えてるうちに仲良くなって、勉強以外の話しも友達のような感じでするようになった ある日、いつものように俺の部屋で勉強してたら、「眠い」って…
【近親相姦体験告白】 母の手ほどき  
2016/08/09 03:56
2016/08/09 03:56
僕の母子相姦に至る過程は少々凝ったものだったように思う。それは、小学校高学年、たしか5年生の時に精通を迎えてから 1年位掛かって達成できたからだ。 この塾での精通も、退屈な授業で眠くなり、 母のことを考えちんちんが大きくなってきたのを感じ、気持ち良いので椅子を前後にゆらゆらし、ちんちんを机の引き出しに押し付ける格好になって体験したものだ。 ちんちんがじーんとする感覚と共にどくんどくんと脈打つちんちんに快感というより驚いてしまい眠気が吹き飛んだのを覚えています。当時信頼していた女性の担任に相談したところ、かなり戸惑った ようでしたが、僕のズボンとパンツを膝まで下ろしてくれ、白く てひんやりし…
下校中に処女な妹と林の中でパンツを脱ぎ、陰毛生えかけのおまんこに挿入SEX
2015/12/04 00:06
2015/12/04 00:06
俺の妹は背は高く、顔も可愛いモデル系の美少女でした

その上、学校の成績も良くて、
兄の俺とは違ってパーフェクトな妹


友達から

「妹、可愛いくて良いよな」と
言われ、兄としては自慢でした。

そんな妹と一緒に風呂にも入り
一緒の布団に寝ていたのだから、女の子の身体に興味を
持ち始めた男の子としては
妹と言えども当然気になりますよね。

小○生と言ってもおっぱいが少し出ている
裸を目の前にしたりとか寝て抱きつかれたりして直接
感触を感じたりしていたら私だからじゃなくて
誰でも必然的な行動だったと今でも思っています。

最初の頃は深夜に目を覚まし、
横の布団で寝ている両親を横目に妹に…
彼氏との相性がよくなっていく
2016/06/28 16:55
2016/06/28 16:55
付き合って半年の彼が出張から帰ってきたので、1ヶ月ぶりにえっちしました。ラブホに入って、最初は雑談しながらベッドの上でゴロゴロ。冗談言い合ってじゃれ合っているうちに彼氏からキス。キスしておしゃべりして、またキスして…だんだんキスが止まらなくなってきて…彼の手が私の耳や胸、腰をさする。1ヶ月ぶりの彼のぬくもりが愛しくて、私は彼を強く抱き締める。彼から「服脱ぐ?」と聞かれ、私は素早く全裸に(笑)彼も服を脱いでくれて、私は全身で彼の体温を感じました。出張から帰ってきて少したくましくなった彼の手が私の胸をもみしだき、クリトリスを探り当て、液があふれる膣の中を撫でていく。1ヶ月分の精液…
【熟女体験談】職場のお局OLをスケベで男をチングリ返しさせアナル舐めする淫乱おばさんに調教
2018/02/02 18:02
2018/02/02 18:02
2018/02/02 (Fri) 私が熟女フェチになったのは
職場のお局OLとエロい事してからです

お局OLはKと言い
結婚していたようですが
離婚しバツイチに

ただ離婚の経緯がちょっと変わっていて
旦那さんに

「子供が20歳になったら離婚して、
お互いにその後の人生を好きなように楽しもう」

と冗談みたいに言われていたそうですが、
四十路を過ぎ、子供が20歳になった時、
旦那さんから離婚届を渡され、離婚宣告されたと

そして、仕事と住処が見つかるまでが
同居期限と宣言

しかも猶予はたった1年

とにかく旦那は頑として撤回せず、
仕方なく仕事を探し家を出て行く
決心をしたそうです。…
【レイプ体験談】熟妻が回された  その後
2015/10/11 16:28
2015/10/11 16:28
妻が私に全てを話してから6カ月が過ぎた。 今も木材工場に通い続けている・・・と言うより木材工場で働いている。 今から2か月前、妻がリストラされた。私1人の収入では生活が苦しい為、妻には働いてもらう必要があった。数日して妻が 木材工場で働くと言いだした。もちろん会社の目的は分かっていたので、「あの工場はダメだよ!他にないの?」と言うと 「今は、バイトしかないし収入が低く生活に影響がでるよ」と言われた。しかも木材工場の条件はかなり良かった。 私は条件を付け、了承した。それは、1.残業は出来るだけしない。2.土日祝日出勤はしない。3.会社での出来事を隠さず報告する事。もともと工場の人に…
【近親相姦】運転中に息子が【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/08/14 10:49
2017/08/14 10:49
私38歳、夫46歳、子供高1の男の子16歳の3人家族です。 夫は仕事の為、一足先にお盆に私の実家に子供と2人で帰省しました。 車で三時間位かかります私が運転、息子(哲哉)は助手席に乗って出発しました 息子は、夫とは日頃から余り話しません。 私には友達、学校の事など何でも話してくれます。 車の中で哲哉が友達の話しを始めました。 「お母さん、同級生の〇〇知ってるでしょ、母親見たことあるよね」 「喋った事ないけど顔なら知ってるわよ」 「あいつのお母さん、ちょっとケバいと思わない、この前遊びに行ったんだよね、そしたらさ、ジュース持って来てくれたの、胸元の開いたTシャツ着てさ、俺の前で…
【近親相姦体験告白】 母最高 !
2016/08/09 20:15
2016/08/09 20:15
オレ21歳の大学生、母は45歳で看護婦をしてます。半年前からだいたい2日に1回は母とHしてます。1年前から父が単身赴任をしており、普段家には母とオレと妹だけです。 もともと仲がいい家族で、母のお尻を軽く触ったりするのはOKな関係で、その日も台所で料理している母の後ろから、腰をつかんでコカンをお尻に押し付けて「つっこみ~!」なんていってふざけてました。 いつもなら「こ~ら~!やめなさい~!いい年して~」なんていって笑って終わるのですが、このときは何回腰を振っても何も言いません。「?」と思いながらも、母のお尻に擦り付けているうちにオレのコカンが 大きくなってしまい、なんだか止まらなくなってしま…
妻が複数プレイに興味を持っているようなので興奮しつつも寝取られ体験した 2
2015/10/18 23:59
2015/10/18 23:59
妻が複数プレイに興味を持っているようなので興奮しつつも寝取られ体験した 2 前)妻が複数プレイに興味を持っているようなので興奮しつつも寝取られ体験した 居酒屋で待ち合わせをして三人で食事をして妻が選んだ和風旅館に入りました。 Sさんと男湯に入り、私はどんな話をして良いか戸惑っているとSさんが 「私も自分の妻が他の男性に抱かれている所が見たくて何度も誘いましたけど絶対にダメだって言うんです。あなたたちがうらやましいです。自分以外の男性に抱かれながら悶える妻を見ながら嫉妬に狂ったらきっと妻をもっと大切に思えるはずなのに...」 とこぼしました。 私はそんなSさんに親近感を感じ、打ち解けられ…
【近親相姦体験告白】腹違いの姉貴と一線越えてしまった話
2016/02/24 18:27
2016/02/24 18:27
880 名前:878[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 04:48:22 ID:SVFqfPAk0 [1/5]お袋が先夫と死に別れて、2歳の娘を爺さまの「女の子を連れて再婚すると義父と関係し易いから実家で預かる」と言われ、実家に預けて再婚。  姉とは7歳違って俺が生まれた。 お袋は俺の父親とも離婚して兄と俺(当時9歳)を連れて実家へ戻った。  姉は父親違いとは言え姉弟のできたことで嬉しいのか俺を凄く可愛いがってくれた。  父親違いの姉だと知ったのは中学生ころだったな。  その後高校生のころ、姉は実家のくそ真面目な長男と結婚(従姉妹同志)。  俺は高卒で東京へ就職。…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・競パンについて2

・ねえ?ちょっと見せてよ

・【人妻体験談】先輩の奥さんと秘密厳守の公認寝取り中出しSEX

・競パンについて

・不動産のお客さんできれいな奥さんとの話

・【乱交】妹がデビューだから3Pでしてもらえない?

・2対2でスキー場のコテージで

・元ホスト兄貴と18才Gカプ子ちゃんのエ口い話

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再々補足と再々修正)

・【人妻体験談】ガータベルトに網タイツという娼婦のような格好の息子の嫁とバイアグラ義父の寝取り近親相姦SEX

・【熟女体験談】甥のオナニーを見てしまった叔母が手コキでオナニーの手伝いをさせられることに・・・

・【不倫】借金を抱えた幼馴染に「抱いて」と言われて

・病気で入院したときのこと

・女性の脅し用の画像や動画を撮られ

・【露出】見たがる女友達と見せたがりの俺

・【熟女体験談】母がパシリにしていたデカチンな同級生と中出しSEXしていた

・こんなこと初めてなんだよ、誤解しないでね

・人妻なのに可愛い男の子にナンパされて、乱交しちゃった

・知らない先輩からの誘いは危険

・小学生チアスクール

・【初体験】自分の手でしごくのとは全然違った叔母さんのアソコ

・じゃあここで降りてもらおうか

・【痴漢】プラネタリウムで口の中に出されました

・続2・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・▲嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した完(転載禁止)

・俺が負けたので、彼女が手コキした2

・【熟女体験談】従兄弟を挑発した結果、近親相姦レイプされてしまった花嫁

・寝ている時に嫁に手コキされた

・【人妻体験談】エロ動画やエッチな体験談サイトが好きな主婦が元同級生と人生初の不倫

・【盗撮・覗き】憧れの先輩と鬼畜教師が保健室で