寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

出会い系で知り合った人妻美沙さん

2018/08/12 00:00


3年ほど前ですが、出会い系で美沙さん(33歳)と知り合いました。
旦那さんとは親の知り合いの紹介で知り合い、結婚したそうです。
旦那さんは実家が会社を経営しており、旦那さんも次期社長なのは
間違いなく、毎日仕事が忙しいとのことでした。
その分、すれ違いが多く、寂しくて出会い系に手を出したそうです。
最初の3ヶ月ほどはメールのみで会うことはなく、これはもう実際
会うことはないのかな~と半ば諦めていたところ、たまたま僕の仕事が
美沙さんの家の方であり、夕方時間が作れたのでメールしてみました。
僕「今近くに仕事できてますよ!何してますか?」
美沙「家でテレビ見てます。仕事は順調?」
僕「そろそろ終わるので今日は直帰ですよ。」
美沙「まだ15時なのに早いね~。会社戻らないの?」




僕「今から戻っても定時過ぎちゃうし、上司も一緒で直帰するって
 いうから、便乗しちゃおうと(笑)」
美沙「そうなんだ~、こちらは旦那さんが接待で遅いって言うから
 夕飯は惣菜で済まそうと、ダラダラしてます」
僕「へ~、惣菜は寂しいですね。といっても僕も帰ってスーパーの
 惣菜コーナーへ直行だけど(笑)」
美沙「そうなの?それはお互い寂しいね(笑)」
僕「もし良かったら一緒に夕飯はどうですか?」
美沙「え~、どうしようかな…。ちょっと怖いし。」
僕「それは僕も一緒ですよ~!ファミレスとかでだったらどうですか?」
美沙「う~ん…。」
彼女は迷っているようでしたが、これ以上時間がかかると帰るのも
遅くなりそうでしたので、
僕「迷ってるうちは無理しないほうがいいですよ。今上司と一緒に
 電車に乗りました。またの機会にしましょう!」
とメールをすると、
美沙「せっかく近くまで来てるんだし、夕食一緒します!」
と決心したようでした。上司に適当に理由を話し、電車を降り、
逆戻りしました。でも美沙さん最寄駅はまずいと言うことで、
3駅くらい離れた駅で待ち合わせしました。

僕「美沙さんですか?」
美沙「はい、○○君(僕の名前)?」
僕「そうです。はじめまして!」
美沙「はじめまして~。」
写メの交換は嫌だと言うことで、初めて顔を見たのですが、
だいたひかる似の割と可愛い方でした。当時はだいたひかるは、
メジャーではなかったので、適当に芸能人に似てますね、とか
言って、その日はホントに夕食のみで初対面を済ませました。

それから月1,2回ペースでお茶やら食事をするようになり、
5,6回会った頃でしょうか。旦那さんが帰りが遅い日にまたまた
たまたま近くで仕事になり、その日は居酒屋でお酒を飲むことになりました。
僕「美沙さんはお酒強いの?」
美沙「そうでもないよ、すぐ赤くなっちゃうし」
といってるそばからビールをゴクゴク飲んでました。
いい具合にお互い酔ってきて、時間も21時を過ぎたので、
僕「そろそろ帰りましょうか?旦那さん帰ってたらまずいでしょ?」
美沙「まだ大丈夫だよ。帰りは多分0時過ぎるし。」
僕「僕の帰りが遅くなるし、これ以上酔うと美沙さんに抱きついちゃい
 そうだからさ(笑)」
美沙「そんなこといってもう帰りたいんでしょ~?」
僕「そんなことないですよ!」
美沙「ホントに~?じゃもうちょっと付き合ってよ。」
僕「いいけど、抱きついても知りませんよ(笑)」
美沙「いいよ~、抱きついても平気だもん!」
僕「じゃホントに抱きついちゃお~♪」
といってちょっとずつボディタッチを始めました。
美沙「あ~、ホントに抱きついてくるの~!」
といいつつ、そんなに嫌な顔はされませんでした。
僕は調子に乗り、二の腕の裏側をつまみながら、
僕「ここっておっぱいと同じやわらかさっていいますよね」
美沙「そうなの?う~んどうかな~(自分で触りながら)」
僕「美沙さんのおっぱい触ってるのと同じだね(笑)超柔らかい!」
美沙「実際おっぱいはそんなに柔らかくないかもよ。」
僕「そんなことないでしょ~!」
美沙「触ってみる?」
その居酒屋は個室タイプに近く、テレホンセンターみたいに左右が
パネルで区切られていましたので、ある程度は目隠しされていて
他の客からは見えない状態でした。
僕「ホントに触ってもいいの?触っては見たいけど…。」
美沙「いいよ、ちょっとなら。」
ということでちょっとだけってことでおっぱいに触らせてもらいました。
僕「おっぱいの方が柔らかいよ~!弾力もあるし大きいね!」
指で上から突付いたり、下から持ち上げてみたりしました。
美沙「そんなに大きくないよ。ブラのおかげで大きく見えるだけ」
僕「そうなの?」
美沙「そうだよ、最近のブラはスゴイ偽乳作りが上手なんだから(笑)」
僕「へ~、でも肌も白いし、綺麗なんだろうね!」
美沙「そんなことないよ。もう垂れてきてるもん。だからブラは重要!」
なんてくだらないことを言いながら、ボディタッチを楽しみました。
僕「さて22時近いし、そろそろ出ますか!」
美沙「もう?まだ大丈夫だよ。」
僕「もう結構飲んだし、お店も混んできたしさ」
ってことで美沙さんはまだ飲み足りないようでしたが、僕の帰りの時間も
あるのでその店は出ることにしました。

駅に向かい歩きながら、
僕「おっぱい触らせてくれちゃうからちょっと興奮しちゃった(笑)」
美沙「またまた。33歳過ぎたオバサンの胸触っても楽しくないでしょ。」
僕「そんなことないよ、柔らかいし、生で見てみたいもん(笑)」
美沙「え~、全然綺麗じゃないから、見たら幻滅するよ!」
なんて歩きながら話していると、駅前には定番のラブホが…。
僕「ここで、スーって入ったら怒る?(笑)」
美沙「え~、だって33だよ、身体もたるんでるし、引くって!」
僕「そんなことないでしょ~、肌も白くて綺麗だし、見てみたいよ。」
美沙「本気で言ってる?絶対見たら幻滅だって(笑)」
僕「見てみたいな。入っていい?」
美沙「ホントに…?」
美沙さんはちょっと僕の気持ちを伺うように見ていました。
拒否反応を示す様子はないので、思い切って手を引いてラブホに入りました。

美沙「うわ~、ホントに入っちゃった…。」
僕「嫌なら拒否してもよかったのに。いいの?」
美沙「いや、その暇もなく連れ込まれちゃったから(笑)」
僕「もう遅いね(笑)さて、綺麗なおっぱい見せてもらおうかな!」
美沙「え~、ホントに~?」
僕「いやいや、ここまで来て、そのまま帰るのなんて無理!」
といいながら抱きしめキスをしました。抵抗もなく、舌を入れると
絡めて来ました。服を脱がすと、色の白い、綺麗な胸があらわれました。
僕「やっぱり綺麗じゃん。乳首もピンクでカワイイ!」
美沙「そうかな~?垂れてきちゃってるよ。」
と美沙さんが言い終わる前に乳首にしゃぶりつきました。
僕「綺麗な乳首だね。気持ちいい?」
美沙「うん…。気持ちいい…。」
そのまま全部服を脱がし、アソコに手を伸ばしました。
美沙「ちょっと、まだシャワー浴びてないから汚いよ。」
僕「大丈夫だよ。もう濡れてるよ」
美沙さんはすでに濡れてヌルヌルでした。
美沙「だってあんなに乳首舐めるから。気持ちよくて…。」
僕は美沙さんのアソコを舐めて指で愛撫し、更にビショビショにしました。
美沙「ちょっと、シャワー浴びさせてよ…。」
僕「大丈夫、もうヌレヌレだもん(笑)」
美沙「でも…。」
僕「俺のも舐めてくれる?」
美沙「初めてのHでもう?」
僕「嫌ならいいけどさ。」
美沙「嫌じゃないけど…。」
といいながら僕がパンツを脱ぐと、手で握ってきました。
僕「シャワー浴びたほうがいい?」
美沙「私のも舐められちゃったし、いいよ。」
といい、僕のチンチンを咥えてくれました。
自然と69の体勢になり、僕のチンチンも最高潮に大きくなったので
僕「すごい気持ちいい。もう挿れたくなっちゃった。」
美沙「うん、私も挿れてほしい…。」

男のマナーでゴムはしっかり着け、美沙さんの中に深々と挿入しました。
美沙「あ~、すごい、入ってきた…。」
僕「気持ちいい?」
美沙「う~、すごい…。」
僕「美沙さんの中、ヌレヌレだよ」
美沙「…。」
もう美沙さんは返事もなく、声を出さないように堪えているだけでした。
僕「声出しても大丈夫だよ?」
美沙「うん…。」(でも堪えている)
美沙さんはアエギ声を堪えるタイプのようでした。

僕「やばい、もうイキそう。」
美沙「…。」
僕「イってもいい?」
美沙「うん…。」
ほとんど聞こえない声でうなずきながら返事をしていました。
初めてのセックスということで、目まぐるしい体位変更はなく、
正上位のまま、フィニッシュを迎えました。
僕「あ~、気持ちいい、もうそろそろイクよ。」
美沙「ん~…。」
最後の最後でちょっとだけ声がでてしまったようです。

僕はゴムをつけてはいましたが、一応外で放出しました。
しばらくお互い放心状態でしたが、
僕「Hしちゃったね。気持ちよかった?」
美沙「うん、しちゃったね。すごい良かった(笑)」
美沙「なんでイク時外に出したの?」
僕「一応、外のほうがいいかなと思って。」
美沙「やさしいね、ありがとう」
といってキスをしてきました。

その日は僕の帰りの電車の時間もあり、1回だけの1時間30分ほどで
ホテルを後にしました。
その後も何度も身体を交わしました、その後、中で出させてもらえる程に
なるのですが、その話はまた次回で。
レスが批判が多かったら止めておきますが(笑)


想像とは反して以外にも好評?だったので続き書いてみます。
書いた途端に調子乗りやがってとか言わないでくださいね(笑)
ちなみに言うとウソ臭いけ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
親友の位牌の前で未亡人のマンコに白い精液を放出
2018/05/30 09:15
2018/05/30 09:15
2年前、親友が心筋梗塞で亡くなった。

それも会社の出張中で海外だった。

残された奥さん38歳と子供8歳は急に駆けつけることが出来ず、

無言の帰宅だった。

俺は毎月の命日に親友の仏壇に手を合わせ親子の様子を見に行っている。

1周忌が過ぎた頃、奥さんが、

「1周忌のとき、主人の会社の人がたくさん来てくださったのよ。

そのとき耳にしたんだけれど、

主人ね現地の未亡人のお宅のベッドで心臓の発作が来たみたいなの。
救急車が来たとき、主人はもうすでに亡くなっていて、裸だったそうなの。

未亡人の人が発作が起こってすぐに救急車を呼んでくれたら助かったみたいだけれ…
一夜限りのアバンチュール【浮気体験談】
2016/10/23 14:10
2016/10/23 14:10
私は地方銀行に勤務する25歳です。
私の悩みは、今、つきあっている彼が典型的な草食系男子で、ヘタレ系なことです。

もう27歳になるのですが、親の家に同居していて、デートもあまり積極的に誘ってくれず、セックスもほんのたまにしかしてくれないことです。

一人息子のためか、どうも甘やかされて育ったようで、特に母親は彼を溺愛しているようなんです。

彼の仕事はシステムエンジニアで、通常ならとても激務の仕事のはずですが、そんな仕事もそこそここなし、あまり残業もしていないそうです。出世欲など皆無で、職場のつきあいもあまりせず、上司の査定も一切気に留めていないようです。

趣味は自宅の部屋で一人でキーボー…
【近親相姦体験告白】姉夫妻と3Pしてきた
2015/09/30 20:52
2015/09/30 20:52
なんかもう開き直りムードだからちょっと聞いてくれよ 高校の頃の部活の先輩が家に遊びに来た時姉に惚れて6年前結婚 先輩とは気が合って高校卒業後もずっと仲良くしる 兄貴というか親友というか、そんなかんじのポジション そんで親友が親族になるって最高じゃん!って思った俺は 姉ちゃんと先輩の結婚を全力でバックアップして結婚に結びつけたわけだ まあ俺が何もしなくてもバカップルだったから 結婚しただろうけどそこら辺はおいて置く。 結婚した後も前と変わらず 先輩夫妻の家に結構頻繁に遊びに行ってるわけだけど 土曜の夕方遊びに行ったら、 「話があるから夕飯食っていけ」と先輩と姉に言われたんだ…
女子社員を昏睡凌辱【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/29 01:19
2017/10/29 01:19
ウチの会社の社員で、誰が見てもイイ女がいる。 年は23歳、大きい瞳と長い髪が印象的な色白美人。 身長は160cmくらいで男好きするプロポーションの持ち主、注目すべきは胸の大きさで、推定バストは90cm弱くらい、男なら誰もが『揉みたい!』と思うような柔らかそうなバスト。 そんな堪らなくイイ女、朋子をこっそり楽しませてもらった話。 朋子には、非常に残念だが彼氏がいるので、色恋関係について何の期待もできないのが現実。 それでも、屈んだ時に見える胸の谷間や、お尻のラインにはいつも興奮させてもらっていた。 そんな朋子を『何とかしたい!』と、思うのは男なら当たり前の事。 女と姦るには正攻法と、非正攻法の…
【浮気】後輩の彼女がエロ過ぎてまいった
2015/10/16 03:00
2015/10/16 03:00
サークルの後輩の彼女とやった。他人の彼女とやるのって最高だな。 その後輩の彼女が可愛いって有名で、確かに蛯原友里系のかなり可愛い子。 スタイルもいいし(乳がデカい)、そいつは自慢のつもりなのか、たまに飲み会に連れてきてた。そこで彼女の方はうちのサークルの女の子と親しくなって、後輩いなくてもサークルに遊びに来たりしていた。 その日も例によって後輩の方はバイトとかで来てなかったんだが、彼女の方だけ飲み会に参加していた。 その日の飲み会は人数少なかったんだが、盛り上がって、結局3時ぐらいに解散ということになった。他の子たちはタクシーやら始発待ちやらで、意外な程あっさり居なくなっ…
★初体験は恥ずかしいですね
2016/01/25 22:21
2016/01/25 22:21
 私は歩といいます。今日憧れの先輩に処女を捧げました。今日、先輩に告白したら、結果はダメでした、でも先輩の弱みを握っていた
のでそれをばらすと言ったら、一つだけ望みを聞くって言ってくれたので、Hしてくださいと頼んだの、

 そしたら先輩は「いいよ」っていってくれたの。それからラブホテルに行った、お互いにお風呂に入ってから、そしてベットイン、先輩の唇が唇が近づいてきて、私は目を閉じた、初めてのキスだった、その瞬間、舌が入ってきてびっくりして「やぁだ」って言ったら、先輩やさしく
「大丈夫だよ」って言ってくれて、めろめろになっちゃった。そのあと、首、耳と舐められていくうちに感じてきた、そして胸を…
【風俗エッチ体験談】90分のロングコースで出会った姫は同じアパートの住人(中編)
2015/11/10 23:00
2015/11/10 23:00
食事しながら話したんだが、アキさんは本物の主婦。 勤務も平日昼間だけだそうだ。 プロフの年齢は31歳だが実際は34歳で、安リーマンの旦那と子供が1人。 旦那とは「ほとんどレス」 …と、とりあえず彼女は言ってた。 一回、電源を切り忘れたらしく、プレー前のトークタイム中に小学生の娘さんから私用携帯に電話がかかってきた。 むちゃくちゃ焦ってたな。 当たり前か。 3サイズはスタッフに聞かれたんで、適当に言ったらそのまま載ったそうだ。 風俗初体験ってのも嘘で、今の店に入る前、短期間だが別の店にいたという。 俺は基本、嬢に仕事を始めたきっかけとか聞かないことにしてるんだが、アキさんは…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】友情が性欲に負けた時【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/08 23:51
2017/03/08 23:51
2013/03/23 01:41┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者友情が性欲に負けた時の話です。 俺は23歳で看護学校を卒業して看護師になった。 同期で一つ下の俊二、啓介も同じ病院の看護師として働いてて俺達は仲が良かった。 そして朋美ちゃんと直子ちゃんと美恵ちゃんも同期で仲が良かった。 女は他にも何人かいたが、この3人とは意気投合してよく飲みに行ったりしてた。 俺達3人は男性なので、寮は院外の普通のワンルームマンションだったが、朋美ちゃんの部屋には何回か上がりこんで、飲んで愚痴等を話してストレス発散していた。 ちなみに…
会社の先輩を誘惑してハッスルエッチ体験談
2016/02/29 16:02
2016/02/29 16:02
会社の先輩で素敵な人がいます。仕事もまじめでみんなにやさしくて、実は狙ってました。でも奥さんも子供もいて真面目だったので、全然そういうふうにならなかったのですが。。。忘年会があって一次会は会社でやりました。ななめ前の席をキープしてアピールするも、特にこっちを見てる感じもなし。
* みんなが酔っ払い始めたときにとなりの席に移ってがんがん飲ませました。「俺、そんなに飲めないよー」といいつつ、缶ビールを6本空けてました。みんなが二次会にカラオケ行くと会社をでたときに「Kさん、私もう飲めないし(←うそ)、歌うのも好きじゃないし(←うそ)いやじゃなければ2人で別のお店行きませんか?」と誘ってみま…
41歳 処女 つづき
2018/10/28 21:01
2018/10/28 21:01
 つづき その日、私は会社を休んだ。 とても行く気にはなれなかった。 午後7時には達也たちが来ることになっていた。 4P・・・ アゴのしゃくれた伊藤の顔と長門の出っ歯が頭に浮かんで サアーッと鳥肌が立った。 この私が彼らに抱かれるなんて・・・想像さえできなかった。 『俺らみたいな”若い奴”は皆やってることだからw』 しかし、達也と約束してしまった。 達也も仲間と約束してしまってるはず 今更、できないなんて絶対に言うことはできない。 今の私は達也なしでは生きられない。 彼のことを愛していた。自分自身以上に愛していた。 彼のメンツが保たれるならば・・・ とにかく、久しぶりに達也が私の部屋に…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・週末にクッソエロい体験したから話す

・おまけ

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・当時のいいオカズ