寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

~亜美との出会い~

2018/07/17 22:04


大学のバイト時代の話をしよう。当時バイトしていたのは、湯島のダイニングバーで名前を「星座」と言った。2フロアあって、2階フロアはグランドピアノのあるオープンでゴージャスな感じ、
一方3階は、黒い壁と黒い天井、そしてテーブルとテーブルを区切る厚くてダークなビロードのカーテン。
そして天井にはミニランプで疑似プラネタリウムをモチーフにしていた。ゆえに3階フロアはほぼ真っ暗にしてあり、お客様が入るたびに小さなアルコールランプを持って行き、
ムーディーな雰囲気をかもしだしていた。俺は3階フロアの統括責任者かつ、バーテンをやっていた。基本的に暗い3階フロアの利用客は、それなりに出来上がったカップルばかりで、
あまりの暗さとカーテンで仕切られたパーティション席に恐怖を感じるのか、
付き合い始めの初々しいカップルなどは「キャ!」と悲鳴を上げ、2階フロアに降りていくのが常だった。
ある時、中国人のカップルがやってきた。男性はチビ、デブ、ハゲで眼鏡を掛けた厚顔無恥で横柄なタイプ。
女性は30歳前後のホステスだろう。ハッキリ言って美人ではなかったが、
ワンピースの深くえぐれた胸元からはDかEはありそうな巨乳がこぼれそうなぐらいにハミ出していた。俺はファースト接客の為、暗闇を静かに近づいてひざまずくとアルコールランプの光で、
女性のトライアングルゾーンが丸見えだった。暗いながらもハッキリとレース模様が見えたので、白のパンティだったろうが
俺はそれだけでドッキドキだった。ドリンクオーダを聞いてバーカウンター内に戻るが、実は店内の造りとしては、
バーカウンターを中心に扇状にホールが広がっており、各テーブルの横方向こそ
厚いカーテンで仕切られており、お客様同士の視線は絡まない様に設計してある。しかし、その一方で扇状、つまり劇場の様に作ってあるので、
バーカウンターからは全てのテーブルが見渡せる構造になっているのである。よって、お客様の一挙手一投足がバーカウンターから把握でき、
その中国人カップルは、次第に身体の密着度合を高めていった。俺はカクテルを作り、平静を装い、持って行った。
すると、女性客は見せつける様に男性客にキスを求め、男性客はそれに応じた。見せつける事で興奮する客なのだろう。
俺は無言でカクテルを置いた。ただ、中国人カップルはキス以上の事はせず、カクテルを一杯だけ飲んで帰って行った。
またとある日は、不倫中と思われるカップルが来た。
男性客は50代、女性は20代半ばで、ビックリするくらい美しい女性だった。その不倫カップルは、たった2席しかないスポットライトの当たる席に座った。女性がとっても美しいというのは、そのスポットライトの明かりによって判明したものだった。髪はセミロング、長い睫は化粧のマスカラによるものではなく、地毛と思えるくらい自然で、
細い卵型の輪郭に、綺麗な二重の瞳、鼻、口唇が美しく配置されたその顔は、ナチュラルな美人顔で、
会社にこんな女性が居たら間違いなく男どもはギャーギャーと騒ぎまくる事間違いないであろう。芸能人で言えば矢部美穂に似ていたと思う。
真っ白なスベスベに光る肌と、キラキラ輝くパンストに包まれた脚は細く長くまっすぐだった。
俺は当たり前の様にファースト接客にゆく。不倫カップルの前でひざまずき、いつもどおり顔を上げれば、女性のトライアングルゾーンが目に入る。この女性客はスケスケの赤いパンティを履いていた。
瞳を凝らせば、うっすらと陰毛らしきものが見える。俺は心臓バクバクになった。それに気づいてか、女性客は微笑みつつ、脚を組んだ。
その結果、パンティは隠れてしまったが、組み換えの瞬間にパンティの全容が見えてしまい、その幸運に感謝した。一方、男性客は全く動じず、バリトンヴォイスでカクテルの王様マティーニをオーダし、
女性客はカクテルの女王アレキサンダーを。カクテルを作っている間、あまりに美しいその女性を俺はチラチラと盗み見ていた。
するとその美穂様は男性の肩に頭を乗せ、男性と手を握って幸せそうに微笑んでいた。俺はカクテルをトレンチに乗せ、運んでゆくと、
その美穂様美穂様でほおずえを付き、小さくて形良い顔をの手のひらに乗せ、俺に話しかけてきた。美穂様:「お兄さんバイト?」
俺:「はい。バイトです。(ドギマギ)」まっすぐ座り直した事で、せり上がったタイトミニスカートが、マイクロミニ状態になり、
再び赤いレースのパンティが見える様になっている。俺のパンティへのチラチラという視線をわかっているのに、それを隠さず、むしろ微笑んいるところが小悪魔っぽい。美穂様:「このあたりでおいしいお鮨屋さん知りませんか?ニッコリ」
俺:「申し訳ありませんが、存じ上げません…」
美穂様:「本当にバイトさん?すごくしっかりしてらっしゃるのね♪微笑み♪」
俺:「あ、ありがとうございます。。」俺はひょんな事から超美人の矢部美穂様に褒められ、照れまくってしまった。
そんなシーンを男性客が怒るかと思っていたら、バリトンヴォイスで
男性客:「ハハハ!」
と大人の男の懐の深さを見せていた。後日、この美穂様と驚く様な出来事が起こるのだが、それはまた今度書くことにしよう。
そして、またまたとある某日、合コンで6名の大学生っぽい男女が来た。大学生と書いたが、実は高校生だったかもしれない。つまりそれほど言動が幼いものだったからだ。その団体は階段を上ってる時はギャーギャー騒いでいたが、3階にあがってくるとその怪しい雰囲気にのまれ、すっかり静かになってしまった。
席に案内してもなお、静かで誰も口を開こうとはしない。そんな静けさを破ったのが、亜美と呼ばれる女の子だった。
その女の子は女子三名の中で一番背が小さいものの、フェロモン溢れるファッション、
黒のスェードのピンヒールロングブーツに、ピンクとホワイトの超ミニのプリーツスカート、
上はラメの入ったYシャツを第三ボタンまで開け、その上に薄手のパーカーと紺ブレを重ね着していた。言い換えると、ド派手になった女子高生ルックと言っても良ファッションだった。
幼い顔立ちとそのファッションでどう見ても高校生が夜遊びしている様に見えてしまう。その一方、ヘアスタイルや化粧は高校生離れしたものだった。
髪は一際艶やかでゆるいパーマで前髪にウェーブをかけ横に流し、メイクはつけまや濃い目のアイシャドウ、頬紅、
お決まりのカラコンで決めていて、まぁ言うならばキャバ嬢っぽい派手な雰囲気の持ち主だった。ただ実際に顔自体もかなりの可愛さ、男どもはその娘がいるおかげか、妙にソワソワしているのが傍目から見てもわかった。
亜美の名を具現化した様な可愛さ、つまりタレントで言えば全盛期の鈴木亜美にそっくりだった。「みんな何静かになってるの?今日はじゃんじゃん盛り上がるわよ!」亜美のその一声で、皆我に返ったのか、再び声を出し始めた。彼女らは飲み放題付きのパーティプランだった為、ピッチャでビールを持って行った。
皆、それぞれの杯にビールを注ぎ「乾杯!」の掛け声でビールを口に含んだものの、
決して美味そうな顔はせず、しかめっ面になるのを我慢している様な感じだった。やはり高校生なのか?と思っていたら、亜美が早速ゲームをしようと言い出し、
合コン慣れしている感を醸し出していた。

ゲームはいわゆる山手線ゲームだったが、負けた人が罰ゲームとして、ビールを一気飲みするというもので、
皆均等に負け、すぐに全員酔っ払った様な言動になっていった。男どもは声を荒げ、行動もだんだんアクションの大きいものになっていったが、
3階には他の客もおらず、その合コン客で貸し切り状態だったので、特に注意はしないでおいた。すると、盛り上がりがピークになったころ、亜美が王様ゲームをしようと言い出し、
皆、一瞬で静かになった。どうやら誰も王様ゲームをしたことがなかったらしい。亜美がすっと立ち、俺のところに来て、「バーテンさん、お箸ください♪」と。その時、亜美をまじかで見ることになったのだが、高校生にしてはかなりの極上娘だった。
パッチリ二重で大きな瞳がくるくる動く感じは、まるで子猫の様。
残念ながら少々地黒だったが、大きい瞳の白眼が際立つ感じで悪くない。背も小さい上に、顔もとても小さく、男に媚を売る様なアヒル口がたまらなかった。
瞳のクリクリ感と、アヒル口、それに小さくて華奢な体がまるでロングヘアにした鈴木亜美の様だった。
俺は亜美に箸を3セット渡すと、カバンからペンを出し、慣れた手つきで王様マーク、番号を箸に書いていた。「せーの!」皆で箸を選び、亜美の手の中から、箸を一斉に引き抜いた。「王様!やったー!」まだニキビが消えていない赤ら顔の男が嬉しがる。「1番が3番を20秒間ハグする!」
「えー!男同士じゃんよー!」
「キャハハ!」盛り上がってはいるものの、当然だがバーテンとしての自分は全く楽しくなかった。
そんな雰囲気を亜美が突然一蹴した。「子供っぽくてつまんない!もっと大人っぽいのにしてよ!」皆、一瞬で何が始まるかを理解した。
しかし誰もそれに異を唱える者はいなかった。その瞬間、ゴクリと生唾を飲む音が聞こえた様な気がした。何が始まるか俺もドキドキしだしたが、次の王様はなんと亜美になった。「6番が4番とディープキスをする。時間は1分間ね♪」亜美はニカニカ笑っているが、他のメンバーは真顔で、6番と4番が誰なのか名乗り出るのを固唾を飲んで待っている様だった。亜美の思惑通りか不明だが、見事男女のペアとなった。女の子は顔は普通であるものの、Eカップはありそうな巨乳だった。
男が席を立ち、女の子の座っているソファに近づく。女の子は顔を上…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦】ブラコンの妹と生でやりまくった
2016/04/13 09:00
2016/04/13 09:00
高校は工業高校で、女子がめっちゃ少ない上にブスばっかだったし、学校が家から近くて電車で女子を見かけたりすることもなかったから、中学生の妹をすごい性的な目で見てた。隙あらば太ももとか尻とか触ってた。 性的な感じの触り方じゃなくて、じゃれ合いの中でペチン!と叩く感じの触り方だけどね。 性的な目で見てしまうぐらいだから、妹は結構可愛い。中学生なのにすでに彼氏がいるっぽくて、(どんなエロいことしてんだろう?!)と妄想してた。 それである時、エロいメールや写メとか彼氏に送ってないかなと思って、妹が風呂入ってる隙にこっそり部屋に忍び込んで携帯を見たら、彼氏のことを『お兄ちゃん』って呼…
【母親との告白体験談】 マコチャンのお母さん
2016/05/23 05:22
2016/05/23 05:22
僕が高校まで父の会社の社宅に住んでいた。そこで住まれてた、おかあさんは色々な人でした元ソープ嬢やホステスさんとか俗に言う水商売系の人が多かったです。僕が中2の時に友人だった誠君(マコチャン)の家に遊びに行きましたら、おばちゃんが出てきてマコはお父さんと親戚の家に行って四日間は居ないよと言われ帰ろうとしたら、おばちゃんが「遊びにきたんでしょ、遊んでいきなさいよ」僕が「マコチャン居ないのならツマラナイよ」「じゃおばちゃんと遊んでくれる」母から聞いた話ではおばちゃんは以前クラブのホステスをしていたそうで妖艶でいつもスカートか和服で僕は好きな人でしたし当時のオナペットでもありました。僕は「うん、じ…
ロケットおっぱいをもった人妻とバックからハメまくっている
2017/01/05 06:45
2017/01/05 06:45
仕事の関係で1年前からロス郊外にきてます。
ついこないだ知り合いの女の人が遊びにきてやってしまったことなんですけど。

その人とは、日本に居るとき行きつけの飲み屋で知り合いました。
ねこ目で結構エロそうな目つき、そしてロケットのような形のいいバストが印象的でした。
既婚で2児の母、上の子はもう中学1年です。
相手は私の3つ上、37歳です。
 
  私がアメリカにいるあいだに、アメリカに行ってみたいということで、
時間を作って来るとのことでした。
日本に居るときはこんな女と一発できたらいいなぁ、
なんて思ってましたが、飲み屋で知り合って、
しかも知り合いの友人ということもあり…
★風俗レビューの告白・・1/2
2015/09/19 18:21
2015/09/19 18:21
 就職して3年ぐらいの少し余裕が出来た頃、先輩に誘われて初風俗デビューした。正直俺はモテなかったし、女の経験だって1人しかいなかった。そんなレベルで行くとハマるぞ!とよく言われてたから、自ら行こうとはしなかった。金曜だったかな、飲んでる時に「風俗行くか!」となり、そのまま連行された。

 初めての風俗だからそれはもう究極に緊張してた。池袋の細長いビルで、ケバケバしい外観の入り口を今でも思い出します。週末だったから店は混雑してて、選べる女の子は3人しかいなかった。ぶっちゃけ俺はどの子でも良いかなって思いだったのに、先輩が「この子はどのくらい待つ?」「じゃこの子は?」と選び出してた。
 強く発…
モデル体型の新婚の契約社員をデカチンでセフレに…
2017/06/19 12:00
2017/06/19 12:00
 

  俺の会社で寿退社したのだが、すぐに出戻りで働き始めた里佳子という女がいる。結婚して寿退社したはいいが、どうやら旦那の給料が下がったみたいで退社してわずか1年で契約社員としてまた働き始めたのだ。年齢は31才で身長168㌢のモデル体型?バストはさほど大きくはないが、ヒップは丸みを帯びていて、タイトスカートから伸びる脚はまさに美脚だった。髪はロングで毛先が緩やかにパーマがかかっている。顔も目もパッチリしていて控えめに見ても美人の部類に入るだろう。 ところがこの女、元々働いていたので勝手がわかっているせいか何かと上から目線で生意気な…
革ジャンの男達にまわされながら、歓喜に震える妻
2016/07/23 13:00
2016/07/23 13:00
私41歳、妻38歳。東京近郊の住宅街に住んでいる。
6年と2年の子供がいる。11月の土曜日、子供達だけ大阪の妻の両親の家に帰して、週末は、私たち夫婦二人だけになった。妻は子供達の世話と同時に、町内会の役員や学校の世話役などを積極的にこなす社交的なタイプである。普段は子供達で騒々しい我が家も怖いほど静かだった。


日曜日の夕方、近くの寿司屋に二人で出かけ、子供がいない開放感も手伝ってお酒も進み、色白でかわいい妻の顔もピンクに染まり、二人ともほろ酔い気分で帰ってきた。
寝床に着いたのが12時をまわっていた。

夜中、寝室に何か異常な気配を感じ、ふと眼をさました。
する…
5年ぶりのエッチの相手は年下の部下
2017/02/23 00:00
2017/02/23 00:00
子犬みたいに背中を丸め、パンティーだけにされた私はベッドにうずくまっていました。
そんな私の前で彼は着ている服を脱ぎ、トランクスも脱ぎ捨て、裸で私の横に来ました。

彼「マキさん恥ずかしいの?こっち向きなよ」

私の肩に触れる彼の手。

私「いや、やめる。やっぱりダメ、帰りたい。あっち向いてて、服着るから」

彼「何言ってるの、ここまで来ておいて」

固まってる私を力づくで自分の方に向けて、胸を隠している手を無理やり力づくで引き剥がしてきた。
一瞬の隙に彼は私の胸に顔を埋めると、私の乳首に吸いつき始めて舌で乳首を転がすように愛撫してきた。
私「ダメ離して、ダメ、やめてお願…
妻の入院
2015/12/06 10:05
2015/12/06 10:05
夏に起きた出来事を書きます。子供も夏休みになったある日、妻が事故にあったんです。 近くのスーパーの駐車場でバックしてきた車と接触し、転倒と同時に足の骨を 折ったんです。 両足を痛め、歩く事も出来ない妻は、近くの病院に入院する事になったんです。 子供達は、夏休みと言う事もあり実家に預ける事にしました。妻の入院した病院は古く、入院患者と言っても数人で、お年寄りばかりでした。 ベットに横になる妻は、1人では何も出来ずトイレや体を拭くのも手伝って貰うという 感じでした。初めの数日は私も妻に付き添ったんですが、仕事もあるので看護師に 頼むしかなかったんです。 数日が過ぎ、私は仕事を早く切り上げ妻の元に向…
彼と露出プレイを楽しんでたら何人もの男たちが
2017/03/04 18:49
2017/03/04 18:49
少し前のお話です。 当時付き合っていた彼と、時々公園や人気のない場所で露出撮影をしていました。 その日は「海を見ながらしたい」と彼にお願いされ、仕方なくOKしました。 いつもは夜に撮影をするのですが、「港の方なら立ち入り禁止区域の場所なら昼間でも人はいないから」と言われ、明るい時は嫌だったけど何度もお願いされたので、人に見られない場所でならとお願いし、一緒に向かいました。 明るいと言ってもお昼ご飯を食べてから向かったので、港に到着したのは多分15時位だったと思います。 到着した場所は、大きな船が何隻か停泊している埠頭で、入り口の金網には『関係者以外立ち入り禁止』と書かれた看板が何枚も…
レズのお友達が見つけてくれた私のGスポット【エロ体験談】
2017/11/13 22:10
2017/11/13 22:10
ルリちゃんは、お肌が白くてきれいな、レズっ気のあるお友だち。
レズに誘われたので、ルリちゃんの部屋に行きました。
ルリちゃんの家に着くと、2人でシャワーを浴びました。
立って、軽くキスをしながら割れ目を指でなぞり合いました。

ルリ「今日はユイちゃんに、女同士の気持ちよさを教えてあげるね」

バスルームを出て、ベッドに行きました。
甘い香りのするキスをしながら、お互いの柔らかいおっぱいやお尻を揉んだり、乳首を吸ったりしてると、気持ち良くなって声が出ちゃいます。
おっぱいを押し付けあいながら、互いの乳首を触れ合わせます。

ルリちゃんがベッドサイドの引き出しからローションを取り出しました。

「…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【レイプ】昼寝をしていたら知らない男にクンニされていました

・初めてピンサロ行ったったっwwww

・部下の人妻社員とエレベーターの中でハメました

・年上好きな男の初体験

・膣内射精を叶えてくれた熟女

・恋人達

・【Hな体験】体育館の裏で告白したらそのままイカされた

・視察団物語

・お尻むっちりの53歳の熟女と中出しセックスを楽しんでいます

・幼馴染でセフレとの思い出を語る

・レ〇プの妄想でオナってしまう私

・新入生の度胸試し

・こんな私は変態なのでしょうか・・・

・【熟女体験談】夫の実家に帰省した時に、複数の男達に押し入り集団レイプをされてしまった人妻

・たまらない豊満な体の生保の熟女支店長

・一回り年下の子供の水泳教室の先生と浮気しようとした私への天罰

・【熟女体験談】給食のおばさんとお餅のように太った少年と買い物に出かけた帰り道に偶然出会って自宅でSEX

・お泊まりに来た嫁のママ友に息を殺して中出し姦

・育児ノイローゼになった主婦がEDのカウンセラーで悩み解決

・【痴漢】満員電車でクラスメイトに擬似手コキ

・痴漢さんからセフレさんに

・【熟女体験談】息子に妻を奪われて、やり場のない怒りを何の罪もない女子大生に向け中出しレイプ

・元風俗嬢の嫁と寝取られ生活39

・エロいお姉さん^ ^

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 2

・【混浴】混浴で男性全員にアソコを視姦された彼女

・メンヘラな彼女がビッチすぎるんだけど誰か・・・

・私が墓場まで持って行く秘密の告白

・【初体験】こっそり筆下ろししてくれた友達の彼女

・友達にレズられたこと