寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴女との体験談】恭子の金玉潰し

2018/07/17 20:52




私自身の体験から物語が始まる。
それは男にとってこの上ない恐ろしい話になる。
そう、私と智美(仮名・大学時代の友人)が行なった「男の金玉潰し」。
あれは私達がS医科大学5回生だったとき、智美の何気ない一言から全てが始まった。
「金玉ってどうしてそんなに痛いのかしら・・・」「何もしなければ痛くないじゃないの?」「違う、こう、握ったり叩いたりした時よ」智美は腕を組みながら呟いた。
「女にとっては気になるわよね。金玉って潰れると死ぬって聞いたことあるし」私は人づてに聞いた知識で答えた。
「潰してみたくない?」「何言ってるのよ。ホントに死んだらどうするの?」私は驚いて智美を見た。「私につきまとっている男がいるんだけどさ。そいつの、やっちゃおうかなって思って」智美は口元に笑みを浮かべながら言った。
冗談ぽく言っているが、目が本気だった。
「男にとっては大切なものよ。私達にはわからないけど、激痛らしいわよ」「だからどれくらい苦しいのか、この目で確かめたいのよ」智美は考え込むように呟いた。
大学のキャンパスは夏の夕陽を浴びながらひっそり閑としていた。
校舎側のベンチには私達二人が医学書を膝の上に置き、想像もつかない恐ろしい話題を展開していた。
「私達はいずれ医者になるわけだし、既に献体された人間も切った」智美はうつろな眼差しを私に向けた。
「そうだけど」「死んだ男の生殖器も解剖したし、今の彼氏のペニスや睾丸も知っている」「ええ・・・」私は恥ずかしかった。
「でも、生きた男の金玉を潰すと、どんなになるのか知らないでしょ」「そうだけど・・・」「潰してみたくない?金玉。この手で、指で金玉が潰れる瞬間を感じてみたくない?」智美の目の色が変わった。
「私達の手で潰すの?」私は恐る恐る聞いた。
「当たり前よ。男の金玉を潰したいのは私くらいなものよ。それで、恭子にも手伝って欲しいのよ」智美は懇願するように言った。
「・・・そうね。実は私も金玉については興味があるし・・・」私は正直に答えた。
「興味のない女なんていないわよ。周りの友達なんか、みんなセックスやってるし、彼氏のペニスを握って、シコシコ射精させてるし」智美は右手を上下させる仕草をした。
「智美は彼の金玉を握ったこと、あるの?」「あるある。いつもよ。半分まで潰すと、悲鳴を上げてる」「呆れた。そんなことしてるの?」私は溜息混じりに言った。
「最後まで潰したら、きっとやばいと思うわ」智美は考え込むように言った。
「女の私達にはわかるわけないものね。苦しみ方も普通じゃないもの」「そうそう。彼なんか、半分まで潰すでしょ。最初は暴れているんだけど、途中から動かなくなっちゃって、息が止まってる。で、吐き気まで催すらしいわ。凄い激痛なんだって」智美は長い髪に指を通しながら言った。
こんなに細い指先で、金玉を潰すなんて考えられない。
女に潰される男の気持ちはどんななのだろう。
少し興味が湧きだした。
「女が男の金玉を潰すか・・・考えてみると、面白そうね」私は智美を振り向いた。
「でしょ?私達の股間でも見せながら潰すなんて、ちょっと刺激的でしょ?」智美は小悪魔的に笑った。
智美から呼び出されたのは、前期試験が終わった午後だった。
携帯電話からの声は、妙に弾んで聞こえた。
どうやら例の男とホテルにいるらしかった。
私は大学から、指定されたホテルへとタクシーをとばした。
部屋のブザーを鳴らすと智美が嬉しそうな顔を覗かせた。
「ありがとう、恭子。来てくれると思っていた」私が入ると、智美は厳重に鍵を閉めた。
部屋へ案内されると、既に男はベッドに縛り付けられていた。
「どうやったの?」私は驚いて男を見下ろした。
ブリーフ一枚で、目隠しをされていた。
「ちょっとしたSMが好きだからって横になって縛らせてもらったの」「智美、そんな趣味あったの?」「そうでも言わないとこの男、おとなしくしないでしょ?」智美は腕を組み、男を横目で見下ろした。
男は身体をよじらせたが、ガッチリとベッドにくくりつけられ、ほとんど身動きが効かなかった。
「金玉を潰すと激痛で凄い声になるでしょ?」智美はベッドに腰掛けながら、男の股間に目をやった。
男は身体を強ばらせ、再び身体をよじらせた。
「そんなこと言われても、女の私にはわからないわよ」「だから声も出せないように、しっかり口も塞いだのよ」智美は細い指先で、ガムテープで塞がれた男の口元に触れた。
男は不安そうに首を動かし、懸命に足を閉じようとしていた。
しかし大きく開かれた両足は、その付け根にペニスと睾丸の形を無様なほどに残していた。
何を期待していたのか、ペニスはいささか勃起し、その先端を軽く濡らしていた。
「小指でつついてごらんよ」智美は長い小指の爪で、ペニスの先端を這うように滑らせた。
ペニスは別の生き物のように膨張し、ブリーフの上から濡れた先端を覗かせた。
先端の割れ目に小指の爪を押し込むと、男は腰を引いてうめき声を漏らした。
「射精しちゃうわよ」私はいたぶる智美の小指を見つめながら言った。
「ほら、爆発寸前」智美は嬉しそうにペニスの先端を指先で刺激した。
男は腰を震わせながら、ペニスに力を入れ、射精を我慢しているようだった。
智美の刺激に耐えきれないようなうめき声が、部屋に響いた。
「面白そうね。こんな指先だけで、男がこんなに悶えるなんてね」私はペニスへの刺激で、こんなに男が乱れるのを初めて見た。
そして、自分でも刺激してみたくなった。
「私にもやらせて・・・」「いいわよ。面白いよ」智美はベッドから立ち上がり、その席を私に譲ってくれた。
男の開かれた足の間に腰を下ろした。
ペニスが上を向き、我慢汁が下腹に流れていた。
「ふふふ・・・」私は含み笑いをしながら、ペニスの裏側から先端へと人差し指を這わせた。
ペニスが小刻みに震えるのが伝わった。
「恭子の指先って、いやらしい。男殺しの動きをしているわ」「智美だってそうよ」「恭子の指って、細くてしなやかでしょ?こんな手でペニスをシコシコしたら、どんな男だって、即射精よ」智美も指先でペニスを刺激した。
そして、我慢汁に糸を引かせ、何度もそれを繰り返した。
射精できないペニスは更に膨張し、その苦しさで狂わんばかりに震えていた。
「精液が漏れそうよ」智美は睾丸が微妙に動くのを確認して言った。
「金玉が上がってきたわね」私は指を止めた。
男は射精したかったらしく、再びうめき声を上げ、何度もペニスに力を込めた。
「射精させてあげない。フフフ、苦しいでしょ?」智美は苦しがっている男の耳元で囁いた。
「今回の目的は、あなたの金玉を潰すのよ」私ももう片方の耳元で囁いた。
軽く睾丸を指先ではじくと、男は身体を強ばらせ、苦痛の声を漏らした。
「あっ、これだけでも痛いんだ」私はブリーフの上からつついた睾丸に目をやった。
「でしょ。痛がるわよね、これだけでも。潰したら、死ぬかな?」智美はハサミを手にし、ブリーフを切り裂いた。
勃起したペニスは真上を向き、だらしなく睾丸が下へと垂れ下がっていた。
「これが男の急所ね」私は無造作に右の睾丸を握った。
少し力を込めて握ると、グリッと睾丸は逃げ、その端につながる副睾丸に指先がたどり着いた。
男は身体をよじらせ、冷や汗を流し始めた。
何度か睾丸をグリグリし、副睾丸に指先をたどり着かせる行為を繰り返すと、男は身体を震わせながら奇声を発した。
「すごいね。痛がってる、痛がってる。脂汗が出てる」智美は嬉しそうに男を見下ろし、睾丸を攻める私の指先に注目した。
「まだ勃起してる。こんなに痛がっているのに」私は小指の爪をペニスの穴に滑り込ませ、更に睾丸を握り直した。
「まだ金玉潰さないでよ」智美は腕を組み、笑いながら言った。
「私、女だからどれくらいで潰れちゃうかわかんないわよ」「私だってわからないわよ」智美は呆れたように私の横に腰掛けた。
そして、左の睾丸をつまみ、強弱をつけながら潰し始めた。
男の息が止まり、身体が硬直し始めた。
「おっ、究極の激痛。女性には決してわからない死ぬよりも辛い痛み」智美は含み笑いをしながら睾丸をコリコリと弄んだ。
「まだ潰れないね」私と智美は一度、睾丸とペニスから手を放した。
男は息をし始めたが、今までの痛みの継続で、内腿を軽く痙攣させていた。
「金玉の痛みって、かなり続くらしいのね。まだ苦しんでる」私は痙攣している内腿を見て言った。
「これ、金玉潰したら、ホントに死にそうね」智美は感心したように睾丸を見つめて言った。
ペニスの先からは我慢汁が糸を引きながらせり出していた。
睾丸の痛みが続いているらしく、ペニスをピクピク動かしながら身体をよじらせた。
「まだ痛いらしいわね。私達、そんなに強く握ったつもりはないのにね」智美は男の股間に顔を近づけ、小刻みに動くペニスに息を吹きかけた。
すると陰嚢が収縮し、睾丸をペニスの根本に引きつけた。
「おっ、金玉が上がっていく」私は別の生き物のように動く睾丸を見て笑った。
それを中指で軽くはじくと、男はビクンと身体を強ばらせた。
「ふふふ。男って不便ね。こんなことぐらいで身体が硬直するくらい痛がるんだから。女にはこんな金玉のような急所はないからね」智美ははじいた私の指を見て言った。
「女はたった指二本で、男を殺せるようになっているのね」私は勝ち誇ったようにもう一度睾丸を指ではじいた。
男は声なき雄叫びを挙げ、身体を硬直させた。
ペニスからは糸を引いた我慢汁が、下腹部へと流れ落ちた。
「この副睾丸の所に精液が溜まるのよね。ここに溜まりすぎると、男は悪さをするのよ」智美はしなやかな指で副睾丸をコリコリつまん…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
玉袋、竿、アナルが唾液でベトベトになった、仲良しの友達4人との乱交体験
2015/11/09 12:02
2015/11/09 12:02


その仲の良い4人で飲むことになり場所は比呂さんのアパートでと決定しました。

比呂さんのアパートは築20年ぐらいで表は鉄筋だったのですが

中は畳にボットン便所と昭和のニオイが残っている感じでした。

みんなで買出しに行き部屋に入りました。

12月だったので寒くみんなでコタツに入りました

僕の隣は友美、比呂さんの隣に藍と言う位置関係でした。

みんなでカクテルドリンクを飲み

ワイワイしているとだんだん酔いが回ってきたのか

みんなハイになってきました。

友美が口にポッキーを咥え僕の方を向きました。

僕は何のことかわからずキョトンとしてました

すると友美が「そっちから食べて」と…
農家の人妻で初体験
2016/06/30 06:00
2016/06/30 06:00
私の初体験は、縁も由もない農家の主婦です。
農学部だった僕は、大学生の時に、農業研修でとある地方の田舎に一週間の研修に行きました。ホームステイしたお宅には、おじいさんおばあさんと、息子さん夫婦と小学校の子供がいた。息子さんのお嫁さんの美香さんは、歳は38歳でショートヘアの垂れ目で、茶髪のムッチリしたグラマラスな可愛い人妻でした。


丁度若妻と呼ばれる年代からおばさんって年代にイク間際という感じで、熟れる寸前の熟女といった感じの奥さんでした。
ちょっと派手な感じもしましたが、見た目とは別に優しかったし、無防備というかタンクトップとか着てたんですが、ゆるゆるの胸元から…
予備校で童貞卒業してから女子大生とエッチするまでの体験談
2016/07/25 12:00
2016/07/25 12:00
これは僕が高校を卒業して間もない頃からのお話です。 高校3年生の時に大学受験に失敗してしまい、卒業後は予備校に通う事になり、1年間の浪人生活を送りました。 ちなみに高校の卒業式も童貞のまま迎えてしまって、普通女は浪人しないもんだし、予備校なんて男ばっかしだし、童貞喪失なんてまだ先になってしまうだろうなと思ってました。 最初の授業の前に全員の顔見せも兼ねてオリエンテーションがありました。 行ってみると、僕の私立文系クラスは約40人いましたが、案の定女性は僅かに5人だけ。 そして初めての授業の日、席が決められてたのですが、僕の隣の席の人は、背が普通くらいで髪はセミロングの細身、顔も綺麗…
股を広げてオナニーする私【エロ体験告白】
2017/11/25 09:40
2017/11/25 09:40
私、女なんですけど、友達(女の子)としてしまったことがあります。一度彼女がうちに泊まりに来てくれた時、夜通し話していたら、ふいにぎゅっと抱きしめられたことがあり
恥ずかしい仕事ですが、いいこともあります【体験談】
2015/12/19 14:10
2015/12/19 14:10

私の会社はあまり他人には話せない仕事をしています。
それは、AV、エッチな写真の撮影、その販売です。
もっとも、会社といっても零細企業で人員は10人もいない会社です。


この前、ある企画が出ました。
南の海の海岸で、素人の女の子をナンパしてヤッてしまう、というよくある企画です。

さて、撮影の台本、機材などは会社にありますが、撮影するAV女優は別なところから調達します。零細企業で専属女優など雇ってる余裕はないですから。
提携している風俗店から女の子を借りることが多いです。

今回もあるデリヘルから、由紀ちゃんと亜紀ちゃんという娘を撮影に借り出すことになりました。

さっそくロケ地で撮影開…
【近親相姦体験告白】大学病院での便秘診療
2016/01/02 11:36
2016/01/02 11:36
名前:さつき性別:女性年令:22メッセージ:最近、便秘がちのことで就職後のことを考えると気分が重くなってしまって… 体調がわるくなって仕事がきちんとつとまるのか、ちゃんと社会人としてやっていけるのか、気になりだすと考え込んでしまいます。 健康診断のつもりできちんとしっかりした病院でみてもらおうと以前から考えてはいました。 大学の講義も12月で終わりになったので、先日、ある大学病院へいってまいりました。 何科で診てもらえばよいかわかりませんでしたが、受け付けで相談にのってもらったところ、総合診療科というところに回されました。 最初、予診室という部屋に呼ばれ、若そうな先生に、いろいろと質問問を…
【エッチ体験談】職場の受付兼事務の女誘って中出しセックス
2016/08/23 17:58
2016/08/23 17:58
受付兼事務みないな感じで会社に入ってきた娘との話なんだけど、その娘は顔はそうだな安めぐみだっけ、あの子をセクシーしたような感じ



体はスレンダーだけど、出るとこは出てますって感じで、かなりそそる娘だった。






徐々に打ち解けていって、いろいろ話してると、かなりノリの良い娘であることが分かり、セクハラ話でも。




「○○ちゃん 今日パンツ何色?」



「う〜ん 今日は覚えてない 後で確認しとくね」って感じで



うまくあしらってくれてたりした。 さらに仲良くなってくる内に、彼女から夜はクラブで働いてる事を聞かされた。



んじゃまぁその店行ってみようって…
彼氏がいる女に筆下ろししてもらった
2017/05/28 22:46
2017/05/28 22:46
524 :元ヤン親父:2006/10/18(水) 13:47:52 それは高校2年のときの話。俺は中学時代からちょっとヤン入ってたんだけど 勉強はわりとできるっていう嫌なガキだったわけよ。 高校は進学校でそれでもヤンは何人かはいて、少ないながらもつるんでた。 で仲間内の一人がマンモスヤンキー校として悪名高いM工の奴ともめた。 学校に何度も数台のバイクで押しかけられるってな事態になって、流石に やばいってんで中学時代のツレにM工の奴いたんで仲裁頼んで紹介されたのが、 M工最強ヤンキーの呼び声高いS君。別に番とかそういうのないけどS君には多分 誰も逆らえないってんで。 それでS君…
リゾートホテルで現地人に妻を
2018/06/10 13:04
2018/06/10 13:04
インドネシアのリゾートホテルの部屋。ベッドで妻が現地人とプレーの最中。
きっかけを作ったのは私。
さんざん夫婦で酒を飲んだところで、男性のマッサージを呼び、ああだこうだとふざけながら妻をパンティ1枚にしうつ伏せの姿勢にした状態で、私は1時間の約束で部屋を出ました。妻は、多少私の意図を感じたようでした。
で、約束を守らずに20分ぐらいでこっそり戻って覗いたのです。はなから、これが目的です。

妻が白いガウンを着てしまっていたので、私の企てが失敗したと思いましたが、それもほんの一瞬で、直ぐに妻がうつ伏せの形でそのガウンを捲られ尻だけ出した格好で、黒い肉体から突き出た棒を尻の合間に出し入れさ…
息子のサッカー少年団の飲み会で美人の奥さんに誘われて不倫してしまったエッチ体験談
2015/09/19 11:22
2015/09/19 11:22

あれは4/9の土曜日でした。

子供が入れて貰っている、サッカー少年団の保護

者会で飲み会がありました。

私は酒が呑めず、又、車で来ていたため、一次

会だけ参加し帰ろうとした時、二人の奥さんが「私たちも帰るので送って頂

けませんか?」と聞いてきた。

その奥さんの一人、伊藤さんは美人でスタイ

ルもよく、そして朗らか。

この会のマドンナ的存在で私も以前から気に入っ

ていた。

私は快くOKした。

私は当然、もう一人の山口さんを先に送り届け

た。

二人っきりになり、何かを期待しながら伊藤さんの家に向かった。


途中、「すみません、コンビニに寄って頂いてもいい…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・騙して中出し!そのままホテルに放置w

・【熟女体験談】オナニーを止められたが、我慢できないでいたら手伝ってくれた母

・【人妻体験談】アナルにローターを入れられながら夫の父のチンポを咥えイチャイチャする妻

・中古妻エレジー

・お持ち帰りされる腰軽るなパート人妻です

・【SM・調教】スタイル抜群な女子にされた金玉いじめ

・毎日抱きたい年上妻

・さっきまで普通に仕事をしていた女性を僕が抱いている・・・

・羽振りの良い社長に紹介された女性

・【人妻体験談】嫌がる妻を説得して3P乱交を実行

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第4話(終)]

・股も心も開いたメンヘラ女w

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第3話]

・【人妻体験談】浮気三昧な妻を後輩に寝取らせ満足する夫

・【熟女体験談】妻が辱めを受けながら犯されるDVDを観ながら3Pをする最低な夫

・好きな人に彼氏のフリしてもらったらそのままやっちゃいました。

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第2話]

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第1話]

・非処女と結婚する男はボランティア

・【熟女体験談】訪問営業でスキ者奥さんに大量中出し

・【人妻体験談】女性実業家と旅館の離れでエッチなことをして一日を過ごす

・妻の妄想スワップ

・【不倫】元カレと大好きなバックで繋がった夜の田舎道

・旦那にばれるよりも数段マシ・・・

・SEXで体がトロけたいので男を探す私

・【人妻体験談】パートの美人なおばさんに素股でせめるサラリーマン

・【熟女体験談】息子を誘惑し、お風呂の中で手コキしてきた母親

・【Hな体験】私がこれまでに会った2人のエロいメル友

・エロ出来るセフレが欲しくてほしくて

・【レイプ】悲しい成人式