寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴女との体験談】探偵事務所

2018/07/14 16:34




 私の勤め先は表向き【痴女との体験談】探偵事務所となっている。
所長を筆頭に女性しかおらず、仕事は三十台から四十台の女性から依頼される浮気調査や蒸発した夫の捜索が殆どだった。
しかしそれだけでは収入が少なく、試行錯誤して仕事を増やそうとした。
陰陽ブームに乗ってお祓いの真似事もしてみたが、上手くいかなかった。
苦しくなった私達はある仕事を始めた、声高に宣伝できないのがもどかしいが、最近では人伝に噂が広がり月に決して少なくない数の仕事をこなしている。
その仕事の内容から、私達は去勢屋と呼ばれるようになった。
「大丈夫ですよ。男性は臆病なくせにプライドの高い生き物です。特に女好きの人は自分が男であることにとても自信を持っています。そう言う人は、男という拠り所を無くすと情けないくらい無力になるのです。我々がこの仕事を始めて今まで揉め事にならなかったのは、そう言った男のプライドを逆手にとっているからでもあるのです」 所長の言葉はゆっくりであり淑やかで相手を包み込む力があった。今回のクライアントは四十二歳の女性で、痩せた首と細い鎖骨が印象的なおとなしそうな人だった。
「でも、あの、本当にそんなことをして大丈夫でしょうか?」「ええ。万が一ご主人が訴えようとしても、奥様にご迷惑がかかるようなことには絶対になりません。実際奥様が手を下すわけではありませんし、我々のエージェントがその責任をしっかりと取らせていただきます。ただ非合法のサービスですから、お金はご存知の通り高めです。前金として半分頂きますし、領収書や記録も一切お渡しできません。あくまでこの場限りの奥様と私達の口約束だけで行われます」 半額だけでも何百万円という大金だ。
こう言って信用されなければ、無理に引き止めることもしない。
この方法はクライアントを守るためでもあるのだから。
 仕事が始まれば、私達エージェントと対象者の一騎打ち。
それ以外の人間は関係ない。
 中年女性は「どうか宜しくお願いします」と言って、現金の入った封筒をバックから出した。
 彼女の旦那は上場企業の課長でしっかりとした社会的地位を持っていた。
子供も二人いて、長男はもうすぐ中学生だそうだ。
子供が小さいうちは優しかった旦那も、最近になって冷たくなり、暴力も振るうようになったと言う。
そんな旦那に女がいると気づいたのは半年も前のことだそうだ。
 クライアントは自分のことよりも感受性が豊かな時期である子供の成長を気にしてここに来た。
両親が不仲になり、しかも父親に女ができていると知った思春期の子供がどうなるか、どんな母親でも心配だろう。
 自分の夫を去勢してしまおうと考えるぐらいだから、嫉妬や恨みと言った心もどこかであったのかもしれない。
だけどそういった事情は私達には関係ない。
私達はただ仕事をこなすだけ。
男を女に従属する生き物に変える。
このクライアントに一生頭が上がらないよう身も心も完全に改造するのが私達の使命だ。
「ミクちゃんが担当です。極力自重させておりますが、少しの間、旦那さんと関係をもつこともご了承ください。ただ最終的に旦那様は奥様しか頼る女性がいなくなりますので、その時は優しくお迎えになってください」「こんな綺麗な方だと、嫉妬も沸きません。モデルさんのよう」「よろしくお願いします。と言ってもこれっきりお会いすることは無いとおもいますけどね」 私はそう言って笑いかけた。
 今回の仕事は簡単な部類に入った。
典型的なサラリーマンで生活スタイルも読みやすい。
彼が付き合っていた女性と言うのもキャバクラ勤めの女の子だった。
私は先ずその子と同じ店に入り彼女から男の性癖などを探った。
男はほぼ毎日お店に顔を出し、その子を指名したが、指名される側はしつこい客にうんざりしていた。
管理職と言っても羽振りの悪いサラリーマン。
そんな人に毎日べったりされては彼女も迷惑だっただろう。
 私が彼女の代わりに同席するようになると、男はころっと私に乗り換えた。
 ホテルへ行き何度かセックスする。
 たいていの男はペニスを咥えさせることで女を支配しているような気分になるらしい。
彼もそれに漏れなく、私の頭を抱えてペニスを喉の奥に押し込んできた。
「出してやるぞ。飲みこむんだ」 遂にはそんなことも言い出す。
好きな体位もバックで精力的に私のことを後ろから突き犯した。
 セックスを重ね男の責め方を覚える。
先ず口につっこまれて精液を飲まされる。
それから指でねっちこく股間を責められ、私が感じてくるとバックで挿入しそのままフィニッシュすると言ったパターンだった。
 そろそろお互いの体にも慣れてきたし、男の方も同じセックスに飽きてきたころを見計らい私は仕事に移ることにした。
 いつものように口淫からスタートした彼だったが、私は彼が射精しそうになったとろこで、睾丸をぎゅっと掴み顎を引いて亀頭をあま噛みしてやった。
 男は「うっ……」と言って固まる。
「まだダメ。今日は私が出したげる」 そう言って私は男をベットに倒すと男の股間に馬乗りになった。
腰を沈めると陰茎が子宮を突くのが分かる。
もどかしい所までしか達しない男本位の責めより、こっちのほうが気持ち良い。
ぎゅっぎゅっと締め付けると、男は気持ちよさそうにうんうんと呻いた。
 すぐにイカせてはダメだ。
私は睾丸を掴んで少し力を入れて手の中で転がす。
男は苦しそうに悶えた。
男の両手を掴み枕の上へ押し付けて、万歳の格好させる。
そして乳首へ舌を這わして舐めまわす。
吸ったり噛んだりを繰り返しならが、男のペニス咥えこんだ腰をグラインドさせた。
すると男は「あううっ」と情けない声を出しながら射精した。
 それから私は男のペニスを口に含み再度勃起させ、手と口を使って二度目の射精をさせる。
その夜、何度も射精をさせた男はふらふらになって帰っていった。
 思いっきり責めた次の日に、『次に会うまで“だしちゃ”ダメだよ』とメールを打った。
こうやってセックスの主導権は私に移った。
 男は私とのセックス以外射精しなくなった。
三日に一度はホテルでセックスをせがまれるようなったが、もう彼の思う通りにさせない。
男もされるほうに興奮し、私と会うだけでペニスを固くするようになった。
 次に私は徐々に彼と会う間隔をあけて行った。
三日から五日、そして一週間へ。
ただその分、会った時はしつこく責めて何度も射精させてあげた。
 クライアントとの約束は三ヶ月で去勢すること。
私は最後のステップへと移る。
 一週間ぶりに会った男の股間はすでに大きくなっていた。
「ふふ。みっともないよ? いい大人がこんな街中で勃起しちゃ」 エスプレッソメーカーが放つコーヒーの香りが漂う店内。
夜十一時近いというのに席の七割が埋まっている。
私は彼を窓際のカウンター席に座らせ、横から股間の上に手を置いた。
「ミクちゃん。早く行こうよ」 男が甘えた声を出す。
 私は大きく盛り上がった股間のファスナーに手をかけた。
「ちょ、ちょっと」 男が慌てて私の手首を掴んだ。
「手をはなして。ほら、早くテーブルの上」 犬を躾けるように彼の手を掴むとテーブルの上に置いた。
 男はスーツの上にコートを着ていたが前は開いている。
店内に背を向け、窓に向かって座っているので、他の客には私達が何をしているのか分からない。
同じ席も観葉植物で二人分に区切られているから、後ろから覗き込まれない限り私が彼のペニスに悪戯しているなどバレない。
ただ、外からは明るい店内が丸見えだった。
店は二階にあるし机の下は逆光で見辛いはず。
だからと言って、外を歩く人に気づかれないというわけではない。
 男はぎゅっと股を閉じたが、勃起したペニスは抑えることはできなかった。
私はチャックを下ろし、ビンビンに勃った男のペニスを取り出した。
 窓の外にはスクランブル交差点を歩くたくさんの人が見える。
「ほらビンビンのペニス。そんなにイキたいならここで出してあげる」「だ、だめだよ。ほんとバレちゃうよ」 ぎゅっと竿を握り扱き揚げると、透明の粘液が溢れ出た。
私は親指で亀頭全体に粘液を伸ばして、カリ首から上を扱いた。
「ううっ!」 男はびくっと体を硬直させたと同時に、膝でテーブルの下を打った。
ソーサーに乗ったコーヒーカップが大きな音を立てる。
「こらっ。静かにしないとみんなにばれちゃうよ」「や、やめて。ほんとに」 男は情けないほど小さな声で訴えた。
「静かに静かに。ふふ、でもこんなとこで射精できないよね。もし見つかったら警察につきだされて、一生、変態あつかいだよ」 私はそう言って一週間射精を我慢させた男のペニスを扱いた。
ぬるぬると粘液を噴出するペニス。
男はテーブルの上で手を握り締め、必死に射精を我慢しているようだ。
私は最後まで責めないように気を配りながら、男のペニスを刺激した。
 あと一歩でイクというのが、男の反応から分かる。
扱いては止め、亀頭をぎゅっぎゅっと擦っては止め。
たっぷり三十分は男を責め続けた。
「悪いんだけど、今日はここまでね」「ええ?」「これから用事があるの。ごめんね」「そんな、もう我慢できないよ」「ふふ。ごめんね。じゃあ次会ったら凄いのしてあげる。だから出しちゃだめだよ。出したらもう会ってあげないんだから」 私はペニスをビンビンに勃起させズボンまでびしょ濡れにした男を置いて店をでた。
 男は次の日から何度もメールを送ってきた。
もう我慢の限界らしい。
日に日にメールの数が増えていく。
私は二日後に会う約束をして、それをキャンセルして三日後、さらに徐々に延ばし一週間ほど男を焦らした。
 …


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
複数の宙学生に妻を玩具にさせる
2017/11/13 23:28
2017/11/13 23:28
私と妻の目的は複数の宙学生に妻を玩具にさせることです。 妻の言葉を借りると、道具にされたいという事なんですねこの道具という言葉 や玩具という表現に興奮します。 ま、確かに年端のいかない子供にと思うかもしれないけど自分がその年齢 のころは大人になっていく過程で色んな不確定なモノの中から自分を成長 させる時期だったように記憶してますからこれもひとつの経験だと思って います。そう悪いことではないでしょう。本人が拒否するのにやったら事件 になるけど完全に同意なら多分大丈夫です。 本文に戻りますが、2人の宙学生に2人+2人で私の計算上6人になるはず だったんですが丁度乗りの良い連中だったようで4人+5…
新婚なのに、オレに高速フェラしてきた奧さん
2016/10/24 06:00
2016/10/24 06:00
友達の松本が結婚したので、お祝いをしようと皆で集まることになった。
松本夫婦(新婚)、佐藤夫婦(結婚5年目、妻は俺のファン)、俺の5人。
みんなでスナックで飲んでいると徐々に盛り上がってきた。
「今度、隆(俺)の嫁とスワッピングしようぜー」なんて佐藤は俺に言っている。
「おお、いいねー」なんて俺は話を合わせていた。


酒癖の悪い佐藤の妻はその間、俺に絡んでくる。
「ねえ隆ちゃんー見てー」とブラジャーを見せて俺に持たれかかってくる。

佐藤の妻は、あややを細くした感じ。
俺は旦那の前でどう対応していいか分からず、「ああ、可愛いねーピンクじゃん」と適当に盛り上げてた。…
【罰ゲーム】彼を縛って遊んでたらエッチな2人の先輩が登場[後編]
2017/03/01 22:00
2017/03/01 22:00
第7ゲームは健二の指を使って3人がパンティーの上からオナニーをするゲームでした。3人とも服を脱ぎパンティーだけになり、健二の右手の紐だけを解いてあげます。一番目は私で、健二の右手の指をパンティーの上からクリちゃんや、オマンコに這わせたりしていると、もう耐えられなくなってきます。 実は、さっき健二にフェラをしている時から濡れているのが自分でもわかっていました。パンティーをずらして、大きくなったクリちゃんを突いたり、濡れてきたオマンコに出し入れさせたりしました。その間、先輩達は私の乳首を指や舌で刺激して、私のオナニーの手伝いをしたの。 2番目は加奈先輩、3番目は直美先輩です。…
息子の嫁は実は、風俗嬢だった。
2018/07/20 22:04
2018/07/20 22:04
私は55歳になる、真人といいます。妻とは5年前に離婚し、バツイチとなりました。自営業を営んでおり、1人でゆっくり時間が過ぎていく生活をしていました。そして、半年前に30歳になる一人息子隆はまだ23歳と若いお嬢さんと結婚することとなりました。 お嬢さんは真由美さんといい、二十歳で専門学校卒業後、派遣の仕事をしていたそうです。そのときに息子と仕事の関係で出会い、結婚にいたったそうです。でも、真由美さんと私とは、息子と出会う前に出会っていたのでした。もちろん真由美さんはそんなことまったく覚えていない様子でしたが、、、。 それは2年前にさかのぼります。私も、1人になったので、男としてやはり、女性がほし…
となりの部屋から喘ぎ声が聞こえてきて女友達とエロい展開が発生した
2015/10/25 20:46
2015/10/25 20:46

カップルの部屋と俺と女友達の部屋は隣合わせで、女友達が寝てる方のベッドがカップルの部屋側の壁に沿って置いてあった。


12時を回った頃だったと思う。

ガタッという音で少し目が覚めた。

隣の部屋からヤラシイ声が漏れてきた。

「あ…ヤッテル」完璧に目が覚めドキドキしてた。


その時ガサッと女友達が少し顔を上げて俺の方を見た。

別に、やましい事をした訳も無いのに咄嗟に目を瞑り、寝てるフリをした。
目を閉じてても視線を感じる。

片目だけ薄目気味に目を開けると、女友達が俺が寝てるか確認して壁に耳を付けてた。


「うわっ聞き耳立ててる」女友達の見ては行けない部…
先生の指はもう大洪水な私のアソコを……
2016/04/23 19:35
2016/04/23 19:35
○○は今主婦兼たまにお仕事って生活のせいか…。
ヒマで…。だからこんなHな人になったのかも…(いや結婚前からなんですけどね…)
なんて思いながらちぇみーさんのHPを眺めてます。
今日かなかなさんのを見てて私もまた…と思いメールしました。
これもまた、なかなか回りの人には言えずにいたので、聞いてやってください。




去年の5月くらいでした。○○は多趣味なおかげで、ほんとたくさんの人と知り合うことが多いんですが、あまり色気のあるキャラではないので、結婚してるステキな人と出会っても、なかなかそれ以上になることはなかったんです…(独身の人と出会っても何もないですけどね…)。
ただそん…
【姉との告白体験談】3/4)小6の初オナニーサポートから中2の初エッチまで・・・姉とのエッチ体験談
2017/12/24 12:43
2017/12/24 12:43
2/4)小6の初オナニーサポートから中2の初エッチまで・・・姉とのエッチ体験談の続き姉が中3で僕が中2の頃、僕がふと女性の性欲について好奇心が湧いて「お姉ちゃんは、ムラムラくることはないの?」と聞きました。 「ムラムラは無いけど、体がモゾモゾっとすることはあるかな」と姉が答えました「そんな時はどうするの?」「なんかよくわかんないけど、下半身を捻って力を入れると、あそこのへんがぎゅっとなって、それで終わる」たぶん、後で考えればクリトリスを圧迫させる様な感じで、若干の性的快感を味わっていた様です。 「おねえちゃんも、モゾモゾして勉強出来ん時は下半身出していいからね」と言うと「う~ん、でもいいや…
【レイプ・痴漢】炊き出しボランティア(2)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/25 23:41
2017/05/25 23:41
クチュッ…触れた…シゲさんのおちんちんの先が、私のアソコに…触れたの。そして醜い容姿の性器は、徐々に私の女性器の入り口を押し開けていきます。と同時に…激しい感覚の波が私の中に襲ってきたのです! 「あぁぁぁ!!あ…あぁ…」な、何?これ…この感じ…前の違います、東君の時と…全然違うわ!それはズブズブと奥に入り込む度に、大きな波になっていく…私は驚愕してました、だって…痛みを覚悟してたのに、あんまり感じないのだから…あぁ!! 「おぉ!若菜ちゃんの中に…シゲさんのが本当に入ってるぞ」 「んあぁぁ!!!あ…あぁ…苦しい…」 「我慢しろって、私らを喜ばせたいのだろ?んっ…」 「は、はい…あぁぁ!!」 苦…
【痴漢・レイプ】男なのに高校1年生の時に知らない男に犯されたエッチな体験談【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/03 12:47
2017/08/03 12:47
男なのに高校1年生の時に知らない男に犯されたエッチな体験談。高校1年生の時、僕は犯されました。2学期もまもなく終わろうとする、12月の寒い夜のことでした。駅から僕の家までの間には、少し大きめの児童公園がありました。小学生の頃までは、日が暮れるまで遊んだ、慣れ親しんだ公園です。塾の帰り、公園を迂回することなくいつものように公園を横切って、もうちょっとで公園を出るといった場所でした。突然後ろから口を塞がれた状態で、後ろへ引き倒されたのです。反射的に起き上がろうとした時、男はそのまま頭の方(上の方)へ引き摺ったのです。身体が伸び、仰向けになった時、お腹の上に勢いをつけて飛び乗ってきたのです。足を着…
国際恋愛真っ最中です…【エッチ体験談】
2016/10/05 10:10
2016/10/05 10:10
僕には英語力も文章力もないです・・。

そんな僕が、この前新宿に友人といった時に外人と話すはめになったんです。
友人と2人で駅近くの路地裏をペチャクチャと話していると2人の外人の女の子がなにやら困った様子で話していました。

金髪のスラッとした髪の女の子と茶髪でショートヘアの女の子でした。歳はその時は18歳位に見えました。

「やっぱ外人の若い子は可愛いなぁ」と友人とボーッと見とれていました。
こんなかわいい子はアジア人なんか恋愛対象にもならないんだろうなと憂鬱になっていると突然話しかけてきたんです。

もちろん思いっきり英語で聞き取れなかったです。この時ほど英語を勉強しなかったことを後悔した…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・偶然の出会い^ ^

・【不倫】巨乳な妻の姉と生エッチ[後編]

・高2の時、私の処女を奪ったのはモテモテな彼氏でした

・主人の同僚に主人の浮気を相談した結果・・

・【完】脳性麻痺の子に向けた優しい笑顔に魅入られた

・【人妻体験談】騎乗位で母と筆下ろし近親相姦したママショタ体験

・【不倫】巨乳な妻の姉と生エッチ[前編]

・□名家に生まれたばかりに、妻が一族に種付けされることになりました(転載禁止)

・女子アナ志望でしたが女子穴で使われています

・【Hな体験】2連続でごっくんしてくれたバイト先のお姉さん

・【人妻体験談】妻の実家にあった秘密のビデオテープの中身は見たこともない淫乱な妻のオナニー姿だった・・・

・同僚のご夫婦と温泉にいきましたが

・単身赴任先で出会った愛くるしい人妻

・冴えない私の唯一の武器は20センチ砲です

・【Hな体験】頼んでないのにディープスロートしてくる店員さん

・最近嫁がエロくなったと思ったら2

・僕の一言から妻が激変してしまいました

・クラスの女王様気取りのB子

・【乱交】2年ぶりに再会したセフレの家でウハウハの3P

・メンヘラ糞ビッチに惚れたら地獄が待っていた話

・洗いっこ

・ネットで遠距離女をやった

・【人妻体験談】甥の目の前でマンコを見せつけオナニーする変態叔母

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 5

・自治会の役員が縁で不倫SEXし放題

・【近親相姦】離婚して戻ってきた娘と生で毎日・・・。

・まあいいか

・寝取った人妻の耳元でダンナの名前を囁きながらハメハメ

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 4

・さっき手コキ風俗に行った話をはじめようと思う