寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴女との体験談】探偵事務所

2018/07/14 16:34




 私の勤め先は表向き【痴女との体験談】探偵事務所となっている。
所長を筆頭に女性しかおらず、仕事は三十台から四十台の女性から依頼される浮気調査や蒸発した夫の捜索が殆どだった。
しかしそれだけでは収入が少なく、試行錯誤して仕事を増やそうとした。
陰陽ブームに乗ってお祓いの真似事もしてみたが、上手くいかなかった。
苦しくなった私達はある仕事を始めた、声高に宣伝できないのがもどかしいが、最近では人伝に噂が広がり月に決して少なくない数の仕事をこなしている。
その仕事の内容から、私達は去勢屋と呼ばれるようになった。
「大丈夫ですよ。男性は臆病なくせにプライドの高い生き物です。特に女好きの人は自分が男であることにとても自信を持っています。そう言う人は、男という拠り所を無くすと情けないくらい無力になるのです。我々がこの仕事を始めて今まで揉め事にならなかったのは、そう言った男のプライドを逆手にとっているからでもあるのです」 所長の言葉はゆっくりであり淑やかで相手を包み込む力があった。今回のクライアントは四十二歳の女性で、痩せた首と細い鎖骨が印象的なおとなしそうな人だった。
「でも、あの、本当にそんなことをして大丈夫でしょうか?」「ええ。万が一ご主人が訴えようとしても、奥様にご迷惑がかかるようなことには絶対になりません。実際奥様が手を下すわけではありませんし、我々のエージェントがその責任をしっかりと取らせていただきます。ただ非合法のサービスですから、お金はご存知の通り高めです。前金として半分頂きますし、領収書や記録も一切お渡しできません。あくまでこの場限りの奥様と私達の口約束だけで行われます」 半額だけでも何百万円という大金だ。
こう言って信用されなければ、無理に引き止めることもしない。
この方法はクライアントを守るためでもあるのだから。
 仕事が始まれば、私達エージェントと対象者の一騎打ち。
それ以外の人間は関係ない。
 中年女性は「どうか宜しくお願いします」と言って、現金の入った封筒をバックから出した。
 彼女の旦那は上場企業の課長でしっかりとした社会的地位を持っていた。
子供も二人いて、長男はもうすぐ中学生だそうだ。
子供が小さいうちは優しかった旦那も、最近になって冷たくなり、暴力も振るうようになったと言う。
そんな旦那に女がいると気づいたのは半年も前のことだそうだ。
 クライアントは自分のことよりも感受性が豊かな時期である子供の成長を気にしてここに来た。
両親が不仲になり、しかも父親に女ができていると知った思春期の子供がどうなるか、どんな母親でも心配だろう。
 自分の夫を去勢してしまおうと考えるぐらいだから、嫉妬や恨みと言った心もどこかであったのかもしれない。
だけどそういった事情は私達には関係ない。
私達はただ仕事をこなすだけ。
男を女に従属する生き物に変える。
このクライアントに一生頭が上がらないよう身も心も完全に改造するのが私達の使命だ。
「ミクちゃんが担当です。極力自重させておりますが、少しの間、旦那さんと関係をもつこともご了承ください。ただ最終的に旦那様は奥様しか頼る女性がいなくなりますので、その時は優しくお迎えになってください」「こんな綺麗な方だと、嫉妬も沸きません。モデルさんのよう」「よろしくお願いします。と言ってもこれっきりお会いすることは無いとおもいますけどね」 私はそう言って笑いかけた。
 今回の仕事は簡単な部類に入った。
典型的なサラリーマンで生活スタイルも読みやすい。
彼が付き合っていた女性と言うのもキャバクラ勤めの女の子だった。
私は先ずその子と同じ店に入り彼女から男の性癖などを探った。
男はほぼ毎日お店に顔を出し、その子を指名したが、指名される側はしつこい客にうんざりしていた。
管理職と言っても羽振りの悪いサラリーマン。
そんな人に毎日べったりされては彼女も迷惑だっただろう。
 私が彼女の代わりに同席するようになると、男はころっと私に乗り換えた。
 ホテルへ行き何度かセックスする。
 たいていの男はペニスを咥えさせることで女を支配しているような気分になるらしい。
彼もそれに漏れなく、私の頭を抱えてペニスを喉の奥に押し込んできた。
「出してやるぞ。飲みこむんだ」 遂にはそんなことも言い出す。
好きな体位もバックで精力的に私のことを後ろから突き犯した。
 セックスを重ね男の責め方を覚える。
先ず口につっこまれて精液を飲まされる。
それから指でねっちこく股間を責められ、私が感じてくるとバックで挿入しそのままフィニッシュすると言ったパターンだった。
 そろそろお互いの体にも慣れてきたし、男の方も同じセックスに飽きてきたころを見計らい私は仕事に移ることにした。
 いつものように口淫からスタートした彼だったが、私は彼が射精しそうになったとろこで、睾丸をぎゅっと掴み顎を引いて亀頭をあま噛みしてやった。
 男は「うっ……」と言って固まる。
「まだダメ。今日は私が出したげる」 そう言って私は男をベットに倒すと男の股間に馬乗りになった。
腰を沈めると陰茎が子宮を突くのが分かる。
もどかしい所までしか達しない男本位の責めより、こっちのほうが気持ち良い。
ぎゅっぎゅっと締め付けると、男は気持ちよさそうにうんうんと呻いた。
 すぐにイカせてはダメだ。
私は睾丸を掴んで少し力を入れて手の中で転がす。
男は苦しそうに悶えた。
男の両手を掴み枕の上へ押し付けて、万歳の格好させる。
そして乳首へ舌を這わして舐めまわす。
吸ったり噛んだりを繰り返しならが、男のペニス咥えこんだ腰をグラインドさせた。
すると男は「あううっ」と情けない声を出しながら射精した。
 それから私は男のペニスを口に含み再度勃起させ、手と口を使って二度目の射精をさせる。
その夜、何度も射精をさせた男はふらふらになって帰っていった。
 思いっきり責めた次の日に、『次に会うまで“だしちゃ”ダメだよ』とメールを打った。
こうやってセックスの主導権は私に移った。
 男は私とのセックス以外射精しなくなった。
三日に一度はホテルでセックスをせがまれるようなったが、もう彼の思う通りにさせない。
男もされるほうに興奮し、私と会うだけでペニスを固くするようになった。
 次に私は徐々に彼と会う間隔をあけて行った。
三日から五日、そして一週間へ。
ただその分、会った時はしつこく責めて何度も射精させてあげた。
 クライアントとの約束は三ヶ月で去勢すること。
私は最後のステップへと移る。
 一週間ぶりに会った男の股間はすでに大きくなっていた。
「ふふ。みっともないよ? いい大人がこんな街中で勃起しちゃ」 エスプレッソメーカーが放つコーヒーの香りが漂う店内。
夜十一時近いというのに席の七割が埋まっている。
私は彼を窓際のカウンター席に座らせ、横から股間の上に手を置いた。
「ミクちゃん。早く行こうよ」 男が甘えた声を出す。
 私は大きく盛り上がった股間のファスナーに手をかけた。
「ちょ、ちょっと」 男が慌てて私の手首を掴んだ。
「手をはなして。ほら、早くテーブルの上」 犬を躾けるように彼の手を掴むとテーブルの上に置いた。
 男はスーツの上にコートを着ていたが前は開いている。
店内に背を向け、窓に向かって座っているので、他の客には私達が何をしているのか分からない。
同じ席も観葉植物で二人分に区切られているから、後ろから覗き込まれない限り私が彼のペニスに悪戯しているなどバレない。
ただ、外からは明るい店内が丸見えだった。
店は二階にあるし机の下は逆光で見辛いはず。
だからと言って、外を歩く人に気づかれないというわけではない。
 男はぎゅっと股を閉じたが、勃起したペニスは抑えることはできなかった。
私はチャックを下ろし、ビンビンに勃った男のペニスを取り出した。
 窓の外にはスクランブル交差点を歩くたくさんの人が見える。
「ほらビンビンのペニス。そんなにイキたいならここで出してあげる」「だ、だめだよ。ほんとバレちゃうよ」 ぎゅっと竿を握り扱き揚げると、透明の粘液が溢れ出た。
私は親指で亀頭全体に粘液を伸ばして、カリ首から上を扱いた。
「ううっ!」 男はびくっと体を硬直させたと同時に、膝でテーブルの下を打った。
ソーサーに乗ったコーヒーカップが大きな音を立てる。
「こらっ。静かにしないとみんなにばれちゃうよ」「や、やめて。ほんとに」 男は情けないほど小さな声で訴えた。
「静かに静かに。ふふ、でもこんなとこで射精できないよね。もし見つかったら警察につきだされて、一生、変態あつかいだよ」 私はそう言って一週間射精を我慢させた男のペニスを扱いた。
ぬるぬると粘液を噴出するペニス。
男はテーブルの上で手を握り締め、必死に射精を我慢しているようだ。
私は最後まで責めないように気を配りながら、男のペニスを刺激した。
 あと一歩でイクというのが、男の反応から分かる。
扱いては止め、亀頭をぎゅっぎゅっと擦っては止め。
たっぷり三十分は男を責め続けた。
「悪いんだけど、今日はここまでね」「ええ?」「これから用事があるの。ごめんね」「そんな、もう我慢できないよ」「ふふ。ごめんね。じゃあ次会ったら凄いのしてあげる。だから出しちゃだめだよ。出したらもう会ってあげないんだから」 私はペニスをビンビンに勃起させズボンまでびしょ濡れにした男を置いて店をでた。
 男は次の日から何度もメールを送ってきた。
もう我慢の限界らしい。
日に日にメールの数が増えていく。
私は二日後に会う約束をして、それをキャンセルして三日後、さらに徐々に延ばし一週間ほど男を焦らした。
 …


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
全員全裸でコックリさんをやった思い出
2016/09/01 21:32
2016/09/01 21:32
61 :えっちな18禁さん:2007/04/23(月) 21:09:49 小学六年のとき、巷ではコックリさんが流行っていた。 ただコックリさんという名前はわかるが、正確に内容をわかっている人間はいなかった。 そんな中、クラス一頭のよかった健史がコックリさんに詳しい、と聞いたので 健史に「コックリさんとはなんぞや?」ということを聞いてみた。 健史は通常のコックリさんの説明にそれのやり方、 そしてその他蘊蓄を語りだし、 クラスはみんな健史の話に耳を傾けた。  そして興味を持った我がクラスは二週間後に差し迫った修学旅…
メル友から中出しできるセフレになった人妻との体験談
2018/01/11 21:10
2018/01/11 21:10
あるメル友募集の掲示板で知り合った人妻(38歳)との事です。
彼女が最初、私の募集記事を見てメールしてきた事から、毎日他愛の無いメールをし合うようになりました。

もともと純粋なメル友募集だったので、お互いの事を色々と話したり、趣味の話をしたりしていました。

話をして分かった事は、二人は同い年である事、それに一駅先の街に暮らしている事、彼女には小学校高学年の娘がいる事、旦那の両親と同居している事などでした。


すっかり打ち解けて、お互いに携帯メールのアドレスを教え合い、メールが生活の一部になった半年後。
あるサークルの集まりに一緒に行く事になりました。

この時、初めて彼女と会いました。少…
彼氏との中出しカーセックス【エッチ体験談】
2016/09/04 21:10
2016/09/04 21:10
彼と初めてカーセックスしました。

いつもは車の中ではキスだけなんだけど、彼がいきなり自分のモノを取り出したんです!

既に彼のモノは天を向いて硬くなっていました。

私は思わず彼のモノに手を添え、顔を近づけて頬ずりしてしまいました。

そして先端に軽くキスをし、根元から上へ上から根元へと舌を突き出し、舐めあげました。

カリの部分と先端は丹念に舐め舐めして、舌を挿し入れてチロチロ舐める。

彼は満足そうな顔をして

「美味しいか?」

「うん、美味しい。シュウ君の大きくって美味しいから大好き。もっといっぱい食べてあげる」

私はそう言うと先端から徐々に口に含んでいき顔を上下させ、唇で擦りあげ…
南国の島で黒人と乱交するキチガイ家族
2017/10/31 21:06
2017/10/31 21:06
私が高○生の時に家族旅行したんだが
その時、付き合っている彼女がいて
彼女も一緒に連れていける事になった



私と彼女と両親と中○生の妹の5人で旅行に行った。場所は海外の南国リゾートで飛行機に乗って現地に入り空港からバスに乗ってホテルへ。フロントでチェックインすると宿泊の施設は無人島の中にあるコテージ風の家。船で向かった。南側はビーチで北側岩場の無人島。コテージに到着すると2・3で分かれて宿泊。他に白人のカップルと黒人カップルと黒人男性2人組の4組が宿泊。食事場所は大広間のような所でバイキング。2泊3日間の無人島での生活が始まった。
早速妹を連れてビーチへ。Fカップの彼女は青い花…
普段ドSな担任の女教師はベットの上ではくっそドMだった件www
2017/08/24 22:02
2017/08/24 22:02
中2の頃友達のタクヤと休み時間に

教室の隅でエロ本を読んでいた。

肩をポンと叩かれて振り返ると

担任の久仁先生が立っていた。

「学校でこんなのよんで没収よ」

女子がチクったらしい。

エロ本5冊持って行かれた。

久仁先生はよくAVの女教師役のような感じで、

メガネをかけて胸はボインだったが、

低い背と低い声と、男子にはドSなので、

男子の間では「久仁先生の胸揉んだら1億円」と言われていた。

しかしグラマラスな体はいつも視線を集めていた。

放課後「二人とも挨拶が終わったら来なさい」と言われ、

他の男子からは冷やかされ、

女子からは白い目で見られた。

フェラ上手なエロ妻に焦らしプレイをされながら
2018/01/27 10:09
2018/01/27 10:09
セフレが欲しかったので出会い系サイトを使ってみました。
自分はフェラをされるのが好きだったので、掲示板には『フェラの上手い方いませんか?』と書き込みました。
最初に登録したサイトはサクラばかりでどうしようもなかったのですぐに退会し、他のサイトに登録して同じように書き込んでみました。

登録して2日ほど経った頃、自称32歳の主婦という方から、『顔写真とあそこの写メ送ってもらえますか?』というメールが来ました。
早速、自分の顔とちんこを写メに撮って送ったところ、『私で良ければ会いませんか?』と向こうも写メを撮って送ってくれました。
エロそうな顔の人妻さんでした。 (この…
【人妻体験談】12時間近く男達に責められた私
2016/09/16 22:02
2016/09/16 22:02
しばらく車で走ると、少し大きめの居酒屋に到着しました。先を走っていた車から、男性が2人降りてきて軽くご挨拶され主人も含めて4人で店内に入りました。案内された個室には既に2人の男性がいらっしゃいましたので、主人と私と男性4人の計6人で一緒に飲むことになりました。主人の横で手を握り緊張でいっぱいでした。 男性の方々は同年代で、みなさん楽しく優しく接していただき、お酒を飲んだこともあり次第に緊張もほぐれ、楽しい食事になりました。少しずつ皆さんの色々な体験談から、下ネタ話にも花が咲き、席を替わりながら飲んだりしていると軽くボディタッチをされたりしましたが、それはそれで楽しい席でした。 それなりに時間…
人妻が好きすぎて授乳中の人妻をレイプして中出しした体験談
2015/10/10 16:02
2015/10/10 16:02
僕は人妻の乳が大好きで、

買い物中は人妻を乳を物色して歩いている。

夏場はシーズンとして最高だ。

特に乳児を持つ人妻の薄着姿での巨乳ぶりは最高のご馳走だ。

30代くらいの人妻が子供を抱えて歩いている。

巨乳を震わせながら。

ちんぽがフル勃起する。

僕はトイレへ駆け込み

即オナニーして精子を出す。

最高の瞬間だ。

なにせ人妻というのは本当にエロいオーラが出ていて、

後ろから乳を揉みたくなる衝動に駆られる。

特に巨乳の妻はいやらしく感じる。

ある日、買い物を済ませ駐車場で授乳している人妻がいた。

僕はこのチャンスを見て犯罪覚悟でドアを開けて

人妻を犯してしまった。 …
去年までの8年間【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/29 05:19
2017/11/29 05:19
去年までのあたしは子供も主人も裏切っていました。 えと、最初に言い訳からさせて欲しいです。 いまから10年前、主人の二回目の浮気が発覚したんです。離婚も考えての修羅場になりました。 主人は逆ぎれして、わたしに週三回以上えっちさせないからって言いだしたんです。 あたしは下の子を産んでから、生理的に主人とえっちしたくなくなっていたのはたしかでした。 性欲がなくなったわけじゃなくて、いいえむしろ性欲は強くなってしまってました。 ただ、主人とはしたくなかったんです。 -----その事については反省もして、主人も浮気相手とは 別れたみたいだった事と、子供達の事を考えて離婚は思いとどまりました。 いえ正…
親父と妹のすさまじいセックス
2017/03/21 06:19
2017/03/21 06:19
自身の体験ではありませんが、近親相姦を目撃してしまいました。 こう書くと余計嘘っぽくなるかもしれませんが、全部事実なんです。 俺は高校2年です。 これは半年ぐらい前の話で、夏から秋の季節の変わり目でした。 いつものように学校に行ったのですが、だるかったのでサボって帰ってきました。 すると、親父の車が停まっていました。 41歳の親父は警察官ですが、その日は非番だったようです。 バレるといつものように口うるさく怒られるので、物音を立てないようにそっと玄関を開け家の中に入って行きました。 するとちょうど風呂に入っていたみたいで安心して自分の部屋に行こうとしました。 でも玄関には妹の…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・企画物AVに出まくることになった妻 4(ビーチでおっぱい盗撮編2)

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・【Hな体験】19歳の美容師の卵と人生初の中出しセックス

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・人間万事塞翁が馬

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・【人妻体験談】金に困ってる女を紹介してもらい、スレンダーな援交マダムと種付けSEXモードで子宮責め

・【熟女体験談】名器な独身OLの機関銃の様な早打ち振りのエロさに超興奮

・美人女医の恥ずかしい姿 完成版

・刺激を求めてる専業主婦で出会い系デビュー

・「母がやくざ風の男から息子2」の続きが読みたいです

・【Hな体験】ハーフ姉妹のエッチな身体検査

・どこか孤高な雰囲気だった彼女

・【男×男】小さいヤツに気配りのできる女顔のデカチン

・幼馴染に睡眠薬飲まされてレイプされた

・長澤まさみの顔にかけてみたい

・義母、義祖母

・【露出】人前でも平気で授乳する嫁の的はずれな羞恥ポイント

・保育園からの幼馴染と8年ぶりに再会して彼氏から奪った

・超若い

・【熟女体験談】隣のベランダにいる短いスカートを履いたおばさんの綺麗な足にムラムラし、見られながらペニスをしごいたら尺八してもらった

・夜中にコンビニ行ったら青姦発見!もしかしたらレイプだったかも...

・【人妻体験談】信じていた嫁からヤクザの肉便器になって調教されていたことを暴露された

・SEX好きな主婦との出会い物語