寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【熟女体験談】海辺の旅館の家族風呂でマッサージをしながら義母と近親相姦

2018/07/14 12:02


2018/07/14 (Sat) 夏休みの妻の両親を誘い
家族旅行に出かけました

妻の母は66歳、妻の父は68歳で
僕ら夫婦はともに41歳で
小学生の子供二人がいます

海水浴と温泉が楽しめる海辺の旅館に
宿泊しました

実は俺は六十路を超えた
義母に色気を感じていて

たまに義母が孫と遊びに
家に泊まりにくると

夜中にこっそりと起き出し
必ず洗濯物を漁って

還暦義母のシミ付きパンティを手に取り
クロッチの黄ばんだ部分をオナネタに
マスターベーションしていました

義父母は久しぶりに見た
孫の姿に夢中だった

家族風呂は俺と義父とで
はしゃぎ回る子供と一緒に風呂に入った

女房は両親に子供を
預けることができて、のんびりとくつろいでいた

子供を風呂場まで義母が迎えにきた時
全裸の俺とばったりあってしまった

俺はそ知らぬ振りで
孫の体を拭いていたが

義母は俺のチンコを見ていたのがわかった

女房が風呂に入った後
夕食の時間になった

結局義母は温泉につかる前に
夕食となってしまった

夕食は豪華な刺身の
盛り合わせ等盛りだくさん

食後は義父と女房は子供と
ホテル内のゲームセンターにいった

俺は今度はゆっくり温泉に入りたいからと
部屋に残ることに

還暦義母も温泉に入っていなかったからか
女房は無責任にも

「○○(俺)お母さんと
一緒に入って肩でも揉んであげてよ」

だと

一瞬戸惑ったが

「いいよ、でもお義母さんは?」

義母は

「今日は疲れて肩が凝ってるから
マッサージお願いしようかしら」

とまんざらでもなさそう

女房はじゃあお願いね
と言って部屋を出て行った

そのとき俺と義母との間に
お互いにピンっとくる何かを感じた

「お義母さん入りましょうか
僕は肩もみうまいですよ」

「そうしましょうか
でもちょっとはずかしいわね」

「家族ですから
気にしないでください。お義母さん
先に入っていてください」

「そうさせてもらうわ」

義母が入って1~2分で
待ちきれずに俺も浴室に行った

俺のチンコはすでにギンギンに
勃起していたが悟られないように
タオルで隠して入った

家族風呂は部屋の
ベランダに露天風呂のような状態であり
そこから海が一望できるようになってる

還暦義母はこちらを
見ないように外をみていた

二人で並んで湯船につかっていたが
会話がなかなか続かない

仕方なく俺が

「お義母さん、背中流しましょうか」

と言うと

「いえっそんな」

と義母は恥ずかしそう

「お義母さん
遠慮しないでください」

「そ、そうね
お願いしようかしら」

義母はかなり動揺しているようだが
決していやがっていない

さっき俺のチンコを見た目は
必ず何かを期待しているだろうと思えた

感情を悟られまいと無言で
背中を流していたが

義母の妖艶な垂れた大きな乳房と
大きな乳首にどうしても目が行ってしまう

背中を流す動きが止まってしまい
それに気づいたのか義母が

「こんなお婆さんのじゃあね
ごめんなさいね」

と言い出した

「お義母さん、そんなことないですよ
とても素敵でお義母さんの裸見てると
悩殺されてクラクラしちゃいましたよ」

「まあ、うまいこと言うのね」

と、そのとき義母は
俺の勃起したちんこを
一瞬見たのが分かった

背中を流し終わり
また湯船につかった

「お義母さん
肩もみましょう」

「お願いするわ」

湯船の中で俺の前に背を向けて並んだ

勃起したチンコが
義母に触れないように
気を付けながらマッサージをした

しかし一瞬義母の腰に
俺のチンコが触れてしまった

義母は「あっ」と言って腰を離した

義母は確かに俺の勃起したチンコを
意識している

だんだん俺も大胆になってきて
肩をもみながら少しづつチンコを
押し付けていった

義母の息使いが荒くなり
だんだん自分でも腰を押し
付けてくるのがわかった

「お義母さん。どうですか?」

「とってもいい気持ちよ」

俺はゆっくりと両手を
肩から垂れたおっぱいへ下ろした

大きくなった乳首に触れたとたん
ビクっと反応し

「だめよ」

と言ったがほとんど抵抗はしてこない

ゆっくり垂れ父と
乳首をまさぐると更に
還暦義母が息が荒くなってきた

そして次の瞬間
義母の手が俺のチンコを
触ってきた

俺は後ろから義母のほほをそっと
後ろに向けさせキスをした

驚くほど義母は俺の口を吸ってきた

右手で秘部を触れたら湯船の中でも
はっきりわかるほど濡れていた

たったそれだけなのに
義母の興奮は頂点に達しそうだったので
そのまま湯船のなかで、
無言で後ろから義母に挿入し
義母相姦をした

義母は必死に声を殺し
激しいキスと乳房、乳首を
刺激しただけで絶頂してしまう

「○○さん、ありがとう
ずーと前からあなたに抱かれたかったの
恥ずかしいけどいつもあなたのことを
思って一人でしてるの」

「お義母さん、ぼくも同じです
お義母さんとSEXしたかったんです
お義母さん、気づいていませんでしたか?」

「知っていたわ
あなたが私の汚れた下着で
恥ずかしいわ」

「お義母さん。ごめんなさい
ぼくまだイッていないんです」

「ごめんなさい。ちょっと立ってくれる?」

俺は湯船から出て立ち上がった

義母は跪いて俺のチンコを
両手で包みこみ

「素敵だわ。これがほしかった」

激しく口で吸い上げた

その後、義母の秘部
乳首を舐め上げ正常位で
激しいキスを繰り返しながら
膣内射精して義母相姦したんです

そして義母とお風呂から上がり
火照った体に
部屋のクーラーが気持ちよかった

携帯を見ると子供が
夢中なようなのでもうちょっと遊んでくるね
と妻からのメールが入っていた

浴衣に着替えたものの
義父や女房子供が帰ってくるまでの
30分間にもう一回義母とSEXしてしまった

浴衣姿の還暦義母も色気たっぷりで
俺はすっかり悩殺され
射精したばかりなのに
激しく義母を抱きました



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
私しか男を知らない妻を大学生に寝取られて[前編]
2017/05/24 22:49
2017/05/24 22:49
私の妻・有希(36才)は、日曜の10時から夕方5時まで近くのコンビニにアルバイトに出ています。 あれは半年ほど過ぎた夏のことでした。 前日の晩、友人と飲みすぎて、朝起きたのが11時頃。 妻はもうアルバイトに出掛けており、小学3年の息子も近くの友達の所へ遊びに行ってしまった後でした。 しばらくゴロゴロしていましたが、切れたタバコでも買おうかと久しぶりに妻のバイト先へ行きました。 歩いて5分くらいのその店は、近くに高校や大学があり結構お客さんが入っているようで、外から覗くと妻がレジでかいがいしく接客している様子が見えました。 丸顔にショートカット、ちょっとふっくらしていますが、ブルーと…
人妻^ ^
2018/02/20 14:08
2018/02/20 14:08
奥様の自宅に呼ばれた。「誰も居ないの、一人で暇してるの」と、 電話越しに強めの口調で呼び出された。 家にお邪魔して、しばらく他愛のない会話してる時、彼女を後ろから何気に抱きしめた^ ^ FullSizeRender 抵抗することなく俺に「今日は、私をめちゃめちゃにして欲しいの。」と言う。 俺はそんなやる気満々な奥さんを後ろから互い締めしたまま抱きしめ身体を弄り…
【悲報】人生で初めての彼女のセックススがエグいWWWWWWWWWWWWWWWW
2018/05/21 21:25
2018/05/21 21:25
 昨日の夜ゆで卵(殻付き)を肛門に詰めさせてくれた……
4つ入れた時点で「あぁ、ごめんさい、無理…!」とか言って4つ連続で産み出した

「う~ん、最高記録は5個だったんだけどね……なんかごめんね、期待裏切っちゃって……」って申し訳なさそうに言われたわ



ワイはどうすればいいんや……  興奮すればええやん
6:  彼女としては悪気はないというか「男の子ってこういうプレイ好きなんでしょ?」みたいな雰囲気だったんだけど
いい娘なんだけど
それまでドーテイだったワイには荷が勝ちすぎてるんだよ

正直怖い
11: …
埼京線の先頭車両の女子大生にいたずらしたという妄想
2016/01/20 00:00
2016/01/20 00:00
埼京線の先頭車両の女子大生にいたずらしたという妄想 最強夜の先頭にて、車内はほどほど混んでる状況。芯から池まではOLに押し付けしていて、赤過ぎたあたりから車内は自然に押し付け出来ない混み具合になってきた。まあこんなもんかと思っていたが、先程のOLとは別の女子大生くらいの女が自分の目の前にやってきた。 身長は160くらい。最初は揺れに合わせて手の甲をお尻に当てていた。じきに先頭車両もスカスカになっていき、自分とその女はかべぎわにもたれかかっていた。混み具合から考えて、嫌ならすぐ逃げられるのに全く移動しようとしない。ただただ下を向いて顔を赤らめている。 これはイケるなと判断し、手の甲から…
クリスマス当日に彼女に振られ、失意の中デリヘルを呼んだ【SEX体験談】
2016/01/05 09:36
2016/01/05 09:36

だいぶ前の話にはなるが、学生時代のクリスマスの事である。

当時付き合っていた彼女とクリスマスイブに約束をした。

彼女は当日バイトが夜まであり、

当時2人共実家暮らしだったので近場で外泊して翌日どこかに出かけようと算段していたのだ。

宿泊は、お互いの家からほど近い神奈川のブティックホテル。

予約が出来なかったので、スイートルームを確保するため19時から前入りした。

私の胸は高鳴っている、付き合って2ヶ月ほどだが、ここ1ヶ月はお互い忙しく全く会えていないからだ。

ケーキも用意したし、プレゼントも抜かりはない。

準備は完璧だ。

しかし、待てど暮らせど彼女から連絡がない。

続きを読む
久しぶりの女の唇にキスだけで射精
2017/04/10 05:49
2017/04/10 05:49
私が29歳になったばかりの頃、東北でフリーターをやってまして、そのころ2年ほど女っけが無く、頭がどうにかなりそうなほど欲求不満でした。 ちょうどそんな時に、とあるリゾートホテルでのマッサージのアルバイトを見つけ、下心いっぱいで働き始めました。 そこの理事長はとてもいかがわしい人で、私への研修と称しては従業員の女のコを取っ替え引っ替え診療台にうつ伏せにして、私に色んなところを触らせてくれました。 ほとんどの女のコは理事長に逆らえず、ただじっと身を固くしているだけでした。 私としては内心ウハウハだったのですが、あまりにもあからさまだったので、ちょっと遠慮するようにしてました。 そんな私を…
超のつく巨根で、ナースを虜にした友人
2016/06/18 06:00
2016/06/18 06:00
大学一年の頃、ボロボロの学生寮の隣の部屋に吉村という奴がいた。
四国の山奥から出てきた、身長185センチ体重85キロ、村の相撲大会で無敵を誇った男だったが、中学から一番近くの町にある全寮制の男子校に放り込まれ、親族以外の女性と話すと顔が真っ赤になってしまうかわいい奴でもあった。
そんな吉村がある日、BMWに吹っ飛ばされて右手と右足骨折の大けがをした。


運転していたのはお金持ちのおばさんで、後で状況を聞いたら吉村じゃなきゃ死んでたんじゃね?という感じだった。

おばさんはもう半泣きで、連絡を受けて上京してきた吉村の両親に、ご主人と2人でもう土下座して謝っていた。
快感を教えてくれた竿付きの巨乳ニューハーフ【エッチな話告白】
2015/09/26 10:45
2015/09/26 10:45
名古屋でニューハーフのお姉さんと、
SEXした訳だが

ニューハーフの女性と、この日人生初めてHした

ニューハーフの女性は竿付きで
自分は初アナル、初フェラ体験でした


ある時、エキサイトフレンドに
ニューハーフの方が書き込みされていたので、
なんとなくメールを送った。

当然ニューハーフとの経験なし。

何回かメール交換したあと、
セックスしてみる?

との誘いに、
つい怖いもの見たさで会うことに。

とある駅で待ち合わせした。

先に着いてまっている間、
怖いお兄さんが来たらどうしよう、
とマイナスイメージばかり考えていた。


ドキドキ。

と、むこうから、背がめちゃ高く、
真黒の…
【熟女体験談】エッチ話にも寛容なおばさんにお誘いメールを送り・・・
2016/09/02 18:02
2016/09/02 18:02
2016/09/02 (Fri) 夏季休暇中余りにも暇で、夜サイトをしてた。
25のそこそこいい会社のサラリーマンだけど
興味津々で歳上のおばさまに片っ端からメールを送ると
何通か返事が来ました。ついエッチな話をすると、何人かは返事が来なくなり
仕方なく一人残った49のおばさんとメールをしてた。
結構、エッチ話にも寛容で人妻であるらしい。

夜寝るまでやり取りした翌朝、お誘いメールをすると以外にあっさりと了承してくれた。
待ち合わせ場所のスーパーの立体駐車場に現れたのは、
意外と綺麗な熟女でさっそく助手席に乗り込んで来た。

膝下スカートから締まった足首のパンスト脚がエロい。

顔は年相応…
女房とセックスレスだった俺がお店の屋上駐車場でシコった結果⇒セフレができました!【SEX話】
2016/10/14 09:22
2016/10/14 09:22
子育てに忙しい女房とはセックスレスだったから、

欲望の捌け口の最初は風俗だった。

だけどヘソクリも使い果たし、もっぱら自家発電で処理してた。

それもほぼ毎日、車の中で。

ところがその頃やたらと仕事が忙しくて、1ヶ月くらいはオナる暇もない程。