寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】メグミの場合

2018/07/14 04:37




 わたしはメグミといいます。
苗字は…申し訳ありませんが、 勘弁してください。
 自分の生き方を捻じ曲げられる出来事に遭遇してから、も う6年も経ちました…いえ、過去形で言うのは間違っていま すね。
それは、今でも続いているのですから… 当時のわたしは12歳。
地元の市立小学校に通うごく普通 の小学校六年生でした。
わたしには、この時大学3年になる 兄がいるのですが、年が離れている割には仲よしでした。
ど ちらかというとわたしが一方的に甘えてわがままに振舞って いた、という方が正しかったですけど。
  その年、A大学の教養学部を春に修了して本校に通う様に なった兄は、松岡(仮名)という経済学教授のゼミを選択し、 程なく松岡ゼミの友達を家に連れてくるようになりました。 人見知りをしない方だったわたしは、すぐにその人たちとな かよくなり、まるでわたし自身が松岡ゼミの一員である様な 顔をして輪の中に入る様になりました。
A大学の経済学部の 男女比率は五十対一くらいで、松岡ゼミのゼミ生も全員男の 人でしたが、それだけにわたしは何だか王女様のような気分 になっていて、彼らにチヤホヤされる事に有頂天になってい たのだと思います。
  夏休みも近づいたある日、そのうちの一人から、大学が夏 期休暇に入るとすぐに松岡ゼミの合宿があり日本アルプスに あるT高原の貸し別荘で一週間、勉強会をすると聞かされま した。
  T高原といえば有名な観光地で、わたしは以前から行って みたいな、と思っていたので、聞いてすぐ、自分も合宿に連 れて行け、と兄に言いました。
 「おい、無理言うなメグミ。遊びじゃないんだぞ」  日頃はわたしに甘い兄も、流石に首を縦にはふりませんで したが、意地になったわたしは、なんとしても行きたくなっ て、その後に家に来た人たちにも頼み込みました。
日頃はわ たしと仲が良かったゼミの人たちも、あきらかに迷惑そうな 様子でしたが、意外にも、そんなに口を利くほうじゃなかっ た人たちが賛成してくれたのです。
 「いいじゃないか。別に邪魔をする訳じゃないし。メグミち ゃんがいた方が楽しいよ」  それは兄の先輩にあたる四年生の三人で、松岡ゼミの幹部 にあたる人たちでした。
発言力のある三人が賛成した事で他 の人たちも反対しなくなりました。
数日後、兄から松岡先生 も参加していいよ、と言ったと聞かされ、わたしは大喜びで した。
 8月に入ってすぐ、わたし達は夏季合宿に向かいました。
 参加者は松岡先生の他、兄を含めて十名の三年生と三名の四 年生、そしてわたしでした。
狭いマイクロバスに揺られなが らも、T高原に行けるという喜びにワクワクしていました。
 しかし、マイクロ・バスが到着したのは、T高原の奥も奥、 まるで人跡未踏の様な山麓にポツンと建っている、古ぼけた 貸し別荘でした。
 「さあみんな降りろ。いい別荘だろう。ここなら何の邪魔も 無しに講義に没頭出来るぞ」 張りのある教授の声に、わたしは心からガッカリしました が、それでもカプセル型のシャワー・ルームが付いた一人用 の寝室を特別に割り当てて貰え、ホッとしました。
いくら小 学生とは言え、大学生の男の人たちと同じ部屋に寝るのはい やだったからです。
 初日は荷物や部屋の片付けで終了し、遅い時刻になって、 ようやく夕食の時刻になりました。
配送センターから届けら れていた夕食が広間に並べられていましたが、さめ切ってい て、あまり美味しくはありませんでした。
ただ何故か、初日 からビールや日本酒が出て、夕食は早くも宴会と化しました。
 わたし自身はもちろんお酒なんか飲めませんが、実は常々、 美味しそうだな、とは思っていました。
隣に座った四年生の 一人が、オチョコに入った日本酒を差し出して、ちょっと舐 めてみるか、と言って来たのはその時でした。
わたしは興味 深々で受け取って舌先でペロッと舐めてみました。
今までに 体験した事の無い味でしたが、意外に甘く感じられて、どち らかと言えば好きな味でした。
つい悪のりしてオチョコの酒 を飲み干すと、おーすごいと言って褒め称えてくれました。
  その後、どうも記憶が確かでないのですが、どうも何杯か おかわりした様な気がします。
やがて夕食も終わり、お酒く さいため息を突きながら個室に戻ったわたしは、鍵とチェー ンを施錠して服を脱ぎ、シャワー・ルームに入りました。
  ぬるめに設定したシャワーを浴びていると、飲んだお酒の せいでしょうか、めまい、というより景色がぐるぐる回る様 な感覚になりました。
やがて立っている事も出来なくなった わたしは、カプセルの床にペタンと座り込んでしまいました。
 「おかしいなあ、お酒ってこんなになるのかなあ…」 独り言を呟きながら、プラスチックの壁にもたれかかって 雨の様なシャワーを浴びている内に、次第に眠くなっていく 事に気が付きました。
夏とはいえ、こんな状態で眠ったら大 変だという事は分かっていましたが、身体がいう事を利いて くれないのです。
思考もまとまらなくなったわたしは、やが て吸い込まれる様に意識を失って行きました。
 手首が痛い…目覚めた時、わたしが最初に感じたのがそれ でした。
何故手首が痛いかが分かったのは、それから数秒程 経ってからの事です。
 シャワーの床に座り込んでいた筈のわたしは、今は寝室の 中央で直立していました。
頭の上に両手首を持ち上げさせら れ、天井の照明を支えている鎖から垂れ下がったロープで縛 られているのです。
シャワーを浴びていた時そのままの、下 着ひとつ身につけていない姿で、わたしは身体の自由を奪わ れていたのです。
 「気が付いたらしいな」 「!」 自分の置かれた状況がようやく呑み込めたのは、裸で縛り 上げられたわたしの目の前に立っている、やはり何も着てい ない松岡先生の姿を見た時でした。
二王立ちでわたしと対峙 する先生は、腕を組みながらにやにやとした笑みを浮かべ、 わたしの身体を舐めまわす様に視線をゆっくりと動かしてい ました。
股間に突き出した赤黒い男性自身が、やや上向きの 姿でわたしを指し示しているのを見た時、わたしは全身が凍 り着いた様な恐怖を感じました。
 「ん、んー」 ほんの僅か茫然とした後、我にかえったわたしは逃げ出そ うともがきながら声をあげました。
しかしこもった様なうめ き声しかあげられません。
タオル地の布で口を塞がれていた のです。
 「残念だったな。このドアのチェーンも鍵も、実は全部外か ら外せるのさ。俺と、この貸し別荘を経営してる俺の友達だ けしか方法を知らないけどな」 「………」 あざ笑う様な松岡先生の言葉を聞いた時、わたしは、自分 が罠に陥ちた事を知りました。
この貸し別荘で合宿を催した のも、わたしが参加するのを認めてくれたのも、すべてこの 為だった… 「んん!」 松岡先生の腕が、身長143センチしかないわたしの裸身 にのびてきました。
まだ膨らみと呼べるものが無い胸元が、 先生の節くれだった手の平に交互に撫でさすられ、わたしは 全身に鳥肌を立てました。
ゴリゴリした指先で、米粒くらい しか無い乳首をこすり上げられると、ズキズキとした感覚が 生じるのです。
 「ふふふ、ガキにしちゃいい感度してるな。たまらない」 ケラケラと笑いながら、さらに松岡先生はわたしの胸元を 手の平でこするのです。
少し固くなっていた乳首が激しくさ すり上げられ、より一層しこり始めました。
 「ん、んん」 その恥ずかしさに顔から火が噴き出しそうな気分でしたが、 固くしこった両の乳首を指で同時に摘みあげられると、今度 は全身から血の気が引く様な気分になりました。
 「うう!」 「ふふ、かなり敏感だな。これからの成長が楽しみだ」 楽しそうにつぶやきながら、先生はそのしこり具合を確か める様に、摘まんだ指先で乳首をクニュクニュと揉みほぐし 続けました。
 「う、んん、ん…」 悲しみや屈辱感で、頭の中がグチャグチャになっているわ たしでした。
ただ不思議な事に、好きでも無い先生に乳首を 揉まれていると、そこから嫌じゃない感覚が生じていた事は 事実でした。
電流の様な、ジンジンとしたしびれの様な、そ んな感覚が、乳首から全身に広がっていくのです。
 「ふふ、まるっきり子どもなのに、結構スケベな反応だな」 そう呟きながら、先生はわたしに近づき、斜め左に立って、 まだ女のふくらみが全然無いわたしの身体に、絡み付く様に 両腕を廻しました。
 「ん。んん」 膝立ちになった先生は、わたしの左のお乳を吸いはじめまし た。
揉みほぐされて固くなっていた乳首を唇で強く吸引された り、舌先でペロペロと舐められたりしていると、指先で揉まれ ているのとは違う、うずく様な感覚が生じました。
同時に、背 中に廻された右手が、わたしの右脇の下から右の乳首をさすり、 もう片方の手が、おヘソの下のあたり…まだツルツルのアソコ を撫で始めました。
 「く、んん………」 最初の内こそ、先生の手や口から逃れようと、必死に全身を くねらせていましたが、それが無駄な努力である事が序々にわ かりはじめたわたしは、いつしか抵抗しなくなりました。
縛り 上げられた全身を、尚もオモチャにされながら、わたしはじっ としてひたすら耐えていました。
 ところが、わたしが抵抗しなくなった事に気が付いた先生は、 吸っていた乳首から顔を上げてわたしの顔を見ると、意地悪そ うな笑顔を浮かべました。
 「ふふ、どこまで我慢出来るかな」 そう言うと、先生は再びわたしの…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦】妹のまゆみ、フェラにはまっちゃってて【体験談】
2015/11/09 12:16
2015/11/09 12:16
俺、小学校5年の妹(安藤希に似てるかな?)がいるんだけど、今困ってるんだ。 妹のまゆみ、フェラにはまっちゃってて…… 最初は冗談で咥えさせただけだったんだけど、まゆみ、大きくなる俺のちんぽを面白がって…… 小さい口でどんどん大きくしていって、嬉しそうに笑うんだ。 その時は、まずいと思ってイかずにやめたんだけど、その後が大変だったんだ。 ある日の夜寝てると、なんか下半身がむずむずしてきて目を開いたらまゆみが、 俺のパンツをずらしてちんぽをさすってたんだ。 小さくて、柔らかい指が刺激して…… 少しずつ大きくなってきたんだ。まゆみ、男がイクって事知らない。 ただ大きくなるのをおもしろがってるんだ………
【近親相姦体験告白】もどってきた姉
2016/02/27 02:35
2016/02/27 02:35
俺は単身赴任してこの地で2年目になった。 真夏の夕方、もう一踏ん張りすれば冷たいビールが待っている、そう自分に言い聞かせ仕事に集中した時だった胸ポケットに放り込んであった携帯が鳴った。 東京で留守を守る妻からであった。 お疲れ様コールにはまだ早いしなんだろうと思いながら受話器ボタンを押した。 「あなた大変よ義姉さんから電話が!!」「姉貴が!?よく家の電話番号知ってたなぁ」「そんなのんきな事言っている状況じゃないみたいよ」「姉貴元気なのか?何かあったのか」「元気は元気らしいんだけどとにかく早く 貴方に会いたいって。。貴方の携帯の番号 教えておいたけど良いわよね。」「ああ、良いよ。しか…
★女友人のパソコンの中身に勃起
2017/08/25 20:00
2017/08/25 20:00
 仕事柄、よく友人たちにPCの修理を頼まれる俺。先日も、友人であるレイコの自宅で使っているノートパソコンが壊れてOSが起動しなくなったので直してほしい。と言われ、会社まで持ってきてもらい俺の自宅で修理することに。

 OSが起動していない状態のため、最悪の場合はデータはすべて無くなるかもしれないことを
了承してもらい、このPCの修理を託された。レイコは、俺より1つ年下の28歳だが顔はロリ系でかわいいし、身長も150cmくらいと低い。

 太ってもいないし、極端に痩せてもいない。しゃべり方も甘えるような口調で社内でもかなり人気が高いが、俺は社内で接するうちに小悪魔系の女だと確信していた。

泥酔したバイト先のGカップの巨乳と・・・
2018/09/03 12:01
2018/09/03 12:01
大学3年の夏、バイト先に新しい女の子が入ってきた。 名前は千鶴。 タメだったけど1浪しているらしくその時大学2年生。 マネージャーが連れてきた瞬間、バイトの男たちは「おぉ??」という歓声。 小柄で幼い顔立ちだったけど凄い可愛い女の子だったから。 女の子だからウェイトレスが仕事で、調理場に入ってた俺や他の男たちとはほぼ接点なし。 料理取りに来たり注文聞いたりする時だけ接点があるから、それはもう男どもがワザとらしく寄って行ってた。 そんな子供染みた行動が幼く見えた俺は、いつも通りのバイトをこなしてた。 彼女が働き始めて2週間ぐらいして、やっとマネージャーが歓迎会をやった。 別にやらなくてもイイ…
職場のパートさんと倉庫でエッチしています
2018/05/10 17:58
2018/05/10 17:58
臭いマンコでも女性に恥をかかせない為にHするのが男の勤めだ
2017/01/29 00:07
2017/01/29 00:07
中途入社で、蝶可愛い
新人女性事務員が入社してきあ

例えるならば「成海璃子」を大人女子にした感じ。

こちらは家庭持ちだったんだけど、そんな事も気にせず、日々アプローチの毎日・・・。

「夕食だけなら…」

と、念願叶ってデートに連れ出す事に成功。



でも、夕食だけの筈が・・お互いに大人なので、そこはやっぱりホテルへ直行。

彼女が洋服を1枚1枚と脱ぎ始めると、こちらも感激で大興奮・・(生きてりゃ良い事もあるなぁ)。

全部脱ぎ終わったところ……体のバランスと言うか、スタイルがちょっとガッカリ。

胸はまな板に干しぶどうがちょこんとくっついている感じ。

で、腰から太も…
【姉との告白体験談】ヤリコンに行ってみたら姉が4Pしてた
2016/01/28 14:41
2016/01/28 14:41
2007/05/17 17:31┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者178 名前: 不老長寿(コネチカット州)[] 投稿日:2007/04/10(火) 11:01:06.44 ID:0kMxRPJxO 出会い系で合う約束して行ってみたら姉貴が来た俺よりマシだろ…常識的に考えて… 181 名前: 別府でやれ(大阪府)[] 投稿日:2007/04/10(火) 11:02:09.08 ID:vkGODtD10 >>178 おれもヤリコン行ったら姉がいた事があった。 …
保健室で一目を忍んで・・[エロな話]
2015/08/22 09:27
2015/08/22 09:27
先週の話なんですけど、午後の授業が嫌いな教科で出たくなくて
先生に「保健室行ってきます。」って言って、教室を出ようとしたら
彼氏(同じクラス)が「じゃあ俺も。」って言ってついてきたんです。
クラスの男子の何人かが「お前らヤるの?」的なことを言って
「は!?」って思ったんですけど、彼氏がめっちゃ笑顔で
「俺はイイけど?」って言うから思わず蹴り入れちゃったんです。
だって先生も教室にいたし、口より足が出たっていう感じです。

保健室に着いたら、先生は出張で不在で、鍵をもらって入ったんです。
私が先に入って、その後に彼氏が入って鍵を閉めました。


睡眠不足ということもあり、眠かった私はすぐベッド…
淡泊な旦那と、名器を持つ人妻[前編]
2017/02/13 14:19
2017/02/13 14:19
ちょっと前、職場の先輩の家で夕飯を呼ばれたんだ。 奥さんや子供さんに迷惑だろうなと思いつつ、酒が入ると話も弾む。 奥さんも娘さんを寝かせた後、しばらく付き合ってくれたが、酔って先に部屋へ戻ったんで、俺と先輩の2人で深夜まで飲み明かした。 男2人だと話題も下ネタに広がる。 俺、半年くらい前に彼女と別れたんだが、給料が安いから風俗にも行けない。 「右手が恋人だとやっぱ溜まりますよ~」みたいなこと言ったんだ。 すると先輩が「10年もしたら性欲を持て余してた頃が懐かしくなるよ」と笑う。 先輩は40過ぎだが、子供が生まれてから奥さんとレスになったそうだ。 隠れてたまに通ってた抜きサロも、…
妄想の擬似SEXで、オナニーばっかりしていた女がようやくバージン喪失
2015/12/06 10:02
2015/12/06 10:02
卒業式にバージン喪失

なんてお話だと知ったら、

みなさんはいったいどの学校の卒業式だと思いますか?

わたし的にいえば、高校かなあ。

中学生だっておかしくないし、

なかには小学校なんて強者がいるかも知れない。

もっとも、それで女の喜びが感じられるとは思えないけれど。

わたし?

きっと違う意味で強者よね。

だって、大学卒業の時だもの。

全くもてないどうしようもないヤツ、ならともかく、

そこそこ彼氏とかいう存在もありながら、

よくぞ守りきったと我ながら思う。

別に守ろうとしていたわけじゃなくて、

ああこの人に抱かれたいと思ったことは何度でもあるんだ。
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・妻もそんな彼が可愛いく思え・・・

・大学のサークルになんと乱交が

・【人妻体験談】騎乗位で母と筆下ろし近親相姦したママショタ体験

・大工さんと純粋にセックスしたいだけ

・□名家に生まれたばかりに、妻が一族に種付けされることになりました(転載禁止)

・女子アナ志望でしたが女子穴で使われています

・【人妻体験談】妻の実家にあった秘密のビデオテープの中身は見たこともない淫乱な妻のオナニー姿だった・・・

・【熟女体験談】露天風呂で離婚後もSEXはしている元夫婦に誘われてはじめての3p乱交

・全裸でお化粧をしていたパイパン女性と

・同僚のご夫婦と温泉にいきましたが

・単身赴任先で出会った愛くるしい人妻

・冴えない私の唯一の武器は20センチ砲です

・【Hな体験】頼んでないのにディープスロートしてくる店員さん

・最近嫁がエロくなったと思ったら2

・僕の一言から妻が激変してしまいました

・【乱交】2年ぶりに再会したセフレの家でウハウハの3P

・メンヘラ糞ビッチに惚れたら地獄が待っていた話

・【熟女体験談】セフレの淫乱痴女でドスケベなおばさんと残業中に会社でガチイキ絶頂SEX

・洗いっこ

・ネットで遠距離女をやった

・【人妻体験談】甥の目の前でマンコを見せつけオナニーする変態叔母

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 5

・【近親相姦】離婚して戻ってきた娘と生で毎日・・・。

・まあいいか

・寝取った人妻の耳元でダンナの名前を囁きながらハメハメ

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 4

・彼女は少し呼吸を荒くしながらだまって言うとおりに・・・

・JKに言い寄られて処女をもらっちゃいました

・会社の誰もいない給湯室はエロ室

・男性の生殖器への魅力