寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】メグミの場合

2018/07/14 04:37




 わたしはメグミといいます。
苗字は…申し訳ありませんが、 勘弁してください。
 自分の生き方を捻じ曲げられる出来事に遭遇してから、も う6年も経ちました…いえ、過去形で言うのは間違っていま すね。
それは、今でも続いているのですから… 当時のわたしは12歳。
地元の市立小学校に通うごく普通 の小学校六年生でした。
わたしには、この時大学3年になる 兄がいるのですが、年が離れている割には仲よしでした。
ど ちらかというとわたしが一方的に甘えてわがままに振舞って いた、という方が正しかったですけど。
  その年、A大学の教養学部を春に修了して本校に通う様に なった兄は、松岡(仮名)という経済学教授のゼミを選択し、 程なく松岡ゼミの友達を家に連れてくるようになりました。 人見知りをしない方だったわたしは、すぐにその人たちとな かよくなり、まるでわたし自身が松岡ゼミの一員である様な 顔をして輪の中に入る様になりました。
A大学の経済学部の 男女比率は五十対一くらいで、松岡ゼミのゼミ生も全員男の 人でしたが、それだけにわたしは何だか王女様のような気分 になっていて、彼らにチヤホヤされる事に有頂天になってい たのだと思います。
  夏休みも近づいたある日、そのうちの一人から、大学が夏 期休暇に入るとすぐに松岡ゼミの合宿があり日本アルプスに あるT高原の貸し別荘で一週間、勉強会をすると聞かされま した。
  T高原といえば有名な観光地で、わたしは以前から行って みたいな、と思っていたので、聞いてすぐ、自分も合宿に連 れて行け、と兄に言いました。
 「おい、無理言うなメグミ。遊びじゃないんだぞ」  日頃はわたしに甘い兄も、流石に首を縦にはふりませんで したが、意地になったわたしは、なんとしても行きたくなっ て、その後に家に来た人たちにも頼み込みました。
日頃はわ たしと仲が良かったゼミの人たちも、あきらかに迷惑そうな 様子でしたが、意外にも、そんなに口を利くほうじゃなかっ た人たちが賛成してくれたのです。
 「いいじゃないか。別に邪魔をする訳じゃないし。メグミち ゃんがいた方が楽しいよ」  それは兄の先輩にあたる四年生の三人で、松岡ゼミの幹部 にあたる人たちでした。
発言力のある三人が賛成した事で他 の人たちも反対しなくなりました。
数日後、兄から松岡先生 も参加していいよ、と言ったと聞かされ、わたしは大喜びで した。
 8月に入ってすぐ、わたし達は夏季合宿に向かいました。
 参加者は松岡先生の他、兄を含めて十名の三年生と三名の四 年生、そしてわたしでした。
狭いマイクロバスに揺られなが らも、T高原に行けるという喜びにワクワクしていました。
 しかし、マイクロ・バスが到着したのは、T高原の奥も奥、 まるで人跡未踏の様な山麓にポツンと建っている、古ぼけた 貸し別荘でした。
 「さあみんな降りろ。いい別荘だろう。ここなら何の邪魔も 無しに講義に没頭出来るぞ」 張りのある教授の声に、わたしは心からガッカリしました が、それでもカプセル型のシャワー・ルームが付いた一人用 の寝室を特別に割り当てて貰え、ホッとしました。
いくら小 学生とは言え、大学生の男の人たちと同じ部屋に寝るのはい やだったからです。
 初日は荷物や部屋の片付けで終了し、遅い時刻になって、 ようやく夕食の時刻になりました。
配送センターから届けら れていた夕食が広間に並べられていましたが、さめ切ってい て、あまり美味しくはありませんでした。
ただ何故か、初日 からビールや日本酒が出て、夕食は早くも宴会と化しました。
 わたし自身はもちろんお酒なんか飲めませんが、実は常々、 美味しそうだな、とは思っていました。
隣に座った四年生の 一人が、オチョコに入った日本酒を差し出して、ちょっと舐 めてみるか、と言って来たのはその時でした。
わたしは興味 深々で受け取って舌先でペロッと舐めてみました。
今までに 体験した事の無い味でしたが、意外に甘く感じられて、どち らかと言えば好きな味でした。
つい悪のりしてオチョコの酒 を飲み干すと、おーすごいと言って褒め称えてくれました。
  その後、どうも記憶が確かでないのですが、どうも何杯か おかわりした様な気がします。
やがて夕食も終わり、お酒く さいため息を突きながら個室に戻ったわたしは、鍵とチェー ンを施錠して服を脱ぎ、シャワー・ルームに入りました。
  ぬるめに設定したシャワーを浴びていると、飲んだお酒の せいでしょうか、めまい、というより景色がぐるぐる回る様 な感覚になりました。
やがて立っている事も出来なくなった わたしは、カプセルの床にペタンと座り込んでしまいました。
 「おかしいなあ、お酒ってこんなになるのかなあ…」 独り言を呟きながら、プラスチックの壁にもたれかかって 雨の様なシャワーを浴びている内に、次第に眠くなっていく 事に気が付きました。
夏とはいえ、こんな状態で眠ったら大 変だという事は分かっていましたが、身体がいう事を利いて くれないのです。
思考もまとまらなくなったわたしは、やが て吸い込まれる様に意識を失って行きました。
 手首が痛い…目覚めた時、わたしが最初に感じたのがそれ でした。
何故手首が痛いかが分かったのは、それから数秒程 経ってからの事です。
 シャワーの床に座り込んでいた筈のわたしは、今は寝室の 中央で直立していました。
頭の上に両手首を持ち上げさせら れ、天井の照明を支えている鎖から垂れ下がったロープで縛 られているのです。
シャワーを浴びていた時そのままの、下 着ひとつ身につけていない姿で、わたしは身体の自由を奪わ れていたのです。
 「気が付いたらしいな」 「!」 自分の置かれた状況がようやく呑み込めたのは、裸で縛り 上げられたわたしの目の前に立っている、やはり何も着てい ない松岡先生の姿を見た時でした。
二王立ちでわたしと対峙 する先生は、腕を組みながらにやにやとした笑みを浮かべ、 わたしの身体を舐めまわす様に視線をゆっくりと動かしてい ました。
股間に突き出した赤黒い男性自身が、やや上向きの 姿でわたしを指し示しているのを見た時、わたしは全身が凍 り着いた様な恐怖を感じました。
 「ん、んー」 ほんの僅か茫然とした後、我にかえったわたしは逃げ出そ うともがきながら声をあげました。
しかしこもった様なうめ き声しかあげられません。
タオル地の布で口を塞がれていた のです。
 「残念だったな。このドアのチェーンも鍵も、実は全部外か ら外せるのさ。俺と、この貸し別荘を経営してる俺の友達だ けしか方法を知らないけどな」 「………」 あざ笑う様な松岡先生の言葉を聞いた時、わたしは、自分 が罠に陥ちた事を知りました。
この貸し別荘で合宿を催した のも、わたしが参加するのを認めてくれたのも、すべてこの 為だった… 「んん!」 松岡先生の腕が、身長143センチしかないわたしの裸身 にのびてきました。
まだ膨らみと呼べるものが無い胸元が、 先生の節くれだった手の平に交互に撫でさすられ、わたしは 全身に鳥肌を立てました。
ゴリゴリした指先で、米粒くらい しか無い乳首をこすり上げられると、ズキズキとした感覚が 生じるのです。
 「ふふふ、ガキにしちゃいい感度してるな。たまらない」 ケラケラと笑いながら、さらに松岡先生はわたしの胸元を 手の平でこするのです。
少し固くなっていた乳首が激しくさ すり上げられ、より一層しこり始めました。
 「ん、んん」 その恥ずかしさに顔から火が噴き出しそうな気分でしたが、 固くしこった両の乳首を指で同時に摘みあげられると、今度 は全身から血の気が引く様な気分になりました。
 「うう!」 「ふふ、かなり敏感だな。これからの成長が楽しみだ」 楽しそうにつぶやきながら、先生はそのしこり具合を確か める様に、摘まんだ指先で乳首をクニュクニュと揉みほぐし 続けました。
 「う、んん、ん…」 悲しみや屈辱感で、頭の中がグチャグチャになっているわ たしでした。
ただ不思議な事に、好きでも無い先生に乳首を 揉まれていると、そこから嫌じゃない感覚が生じていた事は 事実でした。
電流の様な、ジンジンとしたしびれの様な、そ んな感覚が、乳首から全身に広がっていくのです。
 「ふふ、まるっきり子どもなのに、結構スケベな反応だな」 そう呟きながら、先生はわたしに近づき、斜め左に立って、 まだ女のふくらみが全然無いわたしの身体に、絡み付く様に 両腕を廻しました。
 「ん。んん」 膝立ちになった先生は、わたしの左のお乳を吸いはじめまし た。
揉みほぐされて固くなっていた乳首を唇で強く吸引された り、舌先でペロペロと舐められたりしていると、指先で揉まれ ているのとは違う、うずく様な感覚が生じました。
同時に、背 中に廻された右手が、わたしの右脇の下から右の乳首をさすり、 もう片方の手が、おヘソの下のあたり…まだツルツルのアソコ を撫で始めました。
 「く、んん………」 最初の内こそ、先生の手や口から逃れようと、必死に全身を くねらせていましたが、それが無駄な努力である事が序々にわ かりはじめたわたしは、いつしか抵抗しなくなりました。
縛り 上げられた全身を、尚もオモチャにされながら、わたしはじっ としてひたすら耐えていました。
 ところが、わたしが抵抗しなくなった事に気が付いた先生は、 吸っていた乳首から顔を上げてわたしの顔を見ると、意地悪そ うな笑顔を浮かべました。
 「ふふ、どこまで我慢出来るかな」 そう言うと、先生は再びわたしの…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
高1の夏休み、男友達みんなに裸を見られました
2018/01/02 22:28
2018/01/02 22:28
高校に入学して、同じクラスに超格好いい人がいました。背が高くて、スポーツ万能、やさしくて、勉強も出来て、顔もきりっと整っていて格好いいんです。もちろん、中学校の頃からモテモテだったようですが、高校に入ってさらに磨きをかけてモテていました。 当然、私も好意を抱いていました。 実は私もよく告白される方で、高校に入ってからすぐに何人かの人に「付き合ってくれ」って言われました。その度に「好きな人がいるから」と断ってきました。 もちろん、好きな人とはその彼です。彼とは同じクラスだったので、知らず知らずのうちに仲良くなっていました。いつのまにか下の名前で呼び合うようになり、友達以上の関係になっていまし…
夫の会社の重役達に撮影されて濡れてきちゃいました・・・
2018/05/04 22:02
2018/05/04 22:02
当時37歳の専業主婦でした、

突然主人が今度の休み専務の家に呼ばれた、

お前も一緒にと言うんです、

なんで私もと聞くと、

話を濁しはっきりと言わないんです。

変だなと思いながらも付いて行く事になりました。

約束の時間に専務宅に着くと他に二人、

会社の重役達が来ていました。

何もわからず団らんに加わり話をしてると、

奥さんご主人から聞いてますかと言うんです。

エエッ何をですかと聞き返すと、

モデルですよモデル奥さんにモデルになってくれるように、

ご主人にお願いしてたんですよ。

来てくれたのは承諾してくれたからですよね?

と信じられないような話が進んでいたのです。
友人の彼女と1度だけの過ち
2017/02/26 05:31
2017/02/26 05:31
153 えっちな18禁さん 2009/07/29(水) 15:26:32 ID:f7MkQYkLO 一昨日、友人(男)の家に泊まったんだが、友人の彼女も一緒にいた。 まあ結構いつも3人でつるんでるからそこまでは普通なんだが、一昨日はその彼女が俺に異常にベタベタしてきた。 友人は全く気にしない人なので(というか、彼女が俺にボデータッチするのなんて日常茶飯事なので)、1人でドラクエをやってた。 俺はレポートを書いてたんだが、彼女は俺の上に座って自重でマッサージしてくれながら寝てしまった。 友人もドラクエが一段落ついたのか寝てしまっていたので、俺は彼女を起こし友人のベッドに行くよう促した。 彼女が友…
最高の彼女※但しセックスに限る
2018/03/08 15:01
2018/03/08 15:01
俺が23歳の時のこと。 社会人になって始めて彼女が出来た。 彼女の名はアキ(仮名) アキは顔こそ十人並みだがスタイルは抜群だった。 そして付き合い始めると俺はアキの体に溺れた。 発想は単純だった。 「同棲すれば毎日セックス出来る」 アキに同棲を持ちかけると彼女は喜び、すぐに同棲生活が始まった。 最初のうちは順調そのものだった。 当時の俺は、出社7:30・退社22:00、休みは1ヶ月に2日という少しブラック系企業に勤めていた。 毎日毎日帰りは遅いし休みも少ない。 そんな生活でも毎日のようにセックスをしていた。 俺は帰宅すると簡単に食事を済ませ風呂に入って布団に入る。 アキは攻め好きだった…
自分にとっての武勇伝
2017/02/25 06:19
2017/02/25 06:19
高校のころの話です。 ある日の放課後、同じクラスの女子(以下S子とします)から手紙で呼び出されました。 自分の顔はすごくブサイクで、女子達からは『キモ夫』とか影で呼ばれてるらしくて、まさか告白はないだろう、と思いましたが、やっぱりちょっとは期待していたのでニヤニヤしながら指定の場所に行きました。 そこにはもうS子がいて、「前から好きだった、付き合って欲しい」と言われました。 もう天にも昇る気持ちですごく嬉しくなってしまい、「僕でよければよろしくお願いします」と返事をしました。 (カミカミでした。) その後、すごくテンパってしまい、とりあえず一緒に帰ろうかとS子の手を繋いだら「ぎゃっ…
思い出すたび、ペニスが疼き、震えるのだった・・・
2016/09/30 20:01
2016/09/30 20:01
あれは26,7の頃だったか。
仕事にもヨユーで慣れ、合コン三昧の日々を過ごしていた。
そんな酒池肉林の中で出会った女。
それがY子だった。
鈴木杏(杏樹ではない)に似てややぽっちゃりのビミョーなルックスだったが
合コンの席で甲斐甲斐しく世話を焼いていたので気に入った。
あとFカップの巨乳ももちろん気に入った。

オレは合コンで電話番号を交換して、ちまちまと連絡を取り合って後日デートなんて・・・
まどろっこしいことはしない。
普段は一次会の最中で獲物を見定め、とっととフケる。

オレんちで飲みなおそう

そうY子に耳打ちすると、多少戸惑いを見せたものの黙ってオレに付いて来た。
ま、やや強…
そのままコップに射精してしまいました【エッチな話】
2017/09/17 10:42
2017/09/17 10:42
大学時代の時のこと書きます。
当時は少しトラウマになりそうだったけど、今はもう大丈夫なんで
思い出しつつ書きます。

大学から一人暮らしを始めた僕は、入学して落ち着いた後にコンビニで
バイトを始めました。
そのバイト先には同じ大学の二年先輩がいて、名前は奈美さんといいました。
奈美さんは黒髪の似合う落ち着いたお姉さんという感じでしたが、
美術学科ということもあり、僕がいつも話す周りの友達とは少し
感覚が違う点が見られ、
その新鮮で楽しい会話は、僕の楽しみでもありました。

同じ大学ということもあり、次第に仲が良くなっていった僕たちは
秋から冬に変わろうとしてる頃に初めて一緒にバイト先から帰り…
【人妻体験談】私は恥ずかしい姿を見られる事で快感を感じる、いわゆる露出狂なんです
2017/07/02 22:02
2017/07/02 22:02
ナツミと言います。 私は今、30歳の専業主婦です。 身長は155cmですが、スタイルには自信があり、バストはEカップです。 私は恥ずかしい姿を見られる事で快感を感じる、いわゆる露出狂なんです。 自分自身その事に気付いたのは中学の時です。 学校で友達と話している時に、ふと視線を感じて周囲を見ると、数人の男子が私のスカートの中を見ていたんです。 その時は机に座っていたのですが、知らず知らずのうちに足が開いていたようで、パンツが丸見えになっていました。 恥ずかしくて慌てて隠したのですが、見られた恥ずかしさと男子に注目された高揚感で、とてもエッチな気持ちになりました。 それ以来、常に見られる事を意識…
【妹との告白体験談】俺が10歳の時、両親が離婚した  ~近親相姦体験告白~
2015/11/25 22:58
2015/11/25 22:58
401名前:えっちな21禁さん投稿日:2006/01/24(火)19:00:21ID:R12QSb+80ここからはその後、見たいな物で特にえちーな場面はないため軽くでいきます。 風呂からあがり、消毒を終える。 ベッドのシーツはもはや使い物にならない為捨ててしまった。 そして2人とも腹が減っていたので近くのファミレスで食事し、それからその日1日はデートに費やした。 帰りに駅まで見送った時、普通にキスが出来た。 402名前:えっちな21禁さん投稿日:2006/01/24(火)19:08:17ID:R12QSb+80それから約1年、この関係が続く。 アズサの来るペースも月1から月2に…
【衝撃】兄の友達とヤってしまった結果wwwwwwwwwww
2018/06/14 21:20
2018/06/14 21:20
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・衣装選択でお客様と・・・

・【熟女体験談】母親のオナニーを見た息子が猛獣のように襲いかかり、激しく近親相姦SEX

・彼女がいるのに、家庭教師先のJKも食っちゃってました

・コンプレックスのある女性の相談に乗ってやったら、処女の体を堪能できた

・かみさんとセックスレスなのでヘルス嬢とやっている

・【痴女との体験談】ヤンキーに拉致られ

・品不足で品が必要な人妻がエロ降臨

・不倫して離婚し、そして自殺してしまった元嫁に涙が・・

・【人妻体験談】弟が目の前で兄嫁を寝取りレイプしているにも関わらず、何もできなかった兄

・淫乱OL

・妻の妹に性感マッサージしてSEX寸前にwwwwwwwww

・出産後間もないツンデレ嫁の淫語手コキで大量発射

・【不倫】すんごいフェラチオをしてくれる美人な兄嫁

・はじめて母乳風俗いってきた!!!!!

・自分でアナル拡張してるくらい変態な私の初レズ体験

・マッサージは偶然と意図的の線引きが

・大学時代に失恋の傷を癒してくれたパートナーとのおばちゃん

・友人の知合いの温泉

・ショートカットの可愛い素人主婦にスカートを捲って・・・

・放課後の教室で好きだった同級生とキスした青春時代の恋愛話

・結婚して半年の頃、私の職場にDVDが1枚届きました・・・

・女上司と混浴して筆おろし

・【人妻体験談】スワッピングパーティで義妹にばったり遭遇し、過激な乱交SEX

・彼女に逆プロポーズされた話

・【熟女体験談】ミミズ千匹の名器マンコな美熟女泡姫に勝手に中出しして、妊娠しているか不安になったサラリーマン

・隣の家の女子高生のスクーターを直してあげたら

・【浮気】巨根の友カレを自慢のFカップ美乳で強奪

・【痴漢・レイプ】片思い 2

・酔っぱらった女友達に剥けチンの説明をしてたら

・スワッピングは、とてもよい妻孝行の一つだと思います