寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

私たちのED  ver.2

2018/07/13 22:04


 妻のK子とは中学以来の付き合いである。
私大付属の中高一貫の学校で1学年下の妻
と知り合ったのは中2のとき、ブラスバンド
部であった。高校卒業後は推薦で系列の大学
へ進み、大学でも仲の良いカップルであった。
初体験は私が高3の時であるから、経過から
考えれば、相当に遅い方である。大学に入って
からは、親元を離れてアパート生活になった
私達は、どうかすると毎日のようにセックス
していた。避妊には注意していたが、たまに
我慢できずに中に出してしまい、K子の生理
が遅れると、ハラハラするときもあった。
二人は当然のように、卒業後すぐに結婚する
予定であった。卒業後は私は親の経営する
不動産会社に勤めるつもりであったし、経済的な
不安も無かったのである。
 
悲劇が訪れたのは大学4年の10月である。
就職の決まった友人の祝いに夜遅くまで酒
を飲み歩き、酩酊状態でアパートにたどり着いた
私は、アパートの4階の自室まで階段を上っていた。
運悪く季節外れの台風のせいで土砂降りの雨が降っていて、
階段が滑りやすくなっていた。
階段で足を滑らせて私は転落したのである。
しばらく気を失っていたらしい私は、2階の中間階に倒れて
いた。体を見ると、あちこち痛みはあるが、
どこにも目立った出血はしていなかった。そこで立ち上
がろうとしたが足が動かない。両足ともまったく
動かせないのである。すぐに足先に感覚がない
ことに気づき、これはヤバイことになったと
思った。携帯で救急車を呼んだ。救急病院
に運ばれて、レントゲンやMRI検査を受けて
分かったことは、脊椎骨折、全治3か月、しかも
両足の麻痺の回復は、経過をみないとわからない
ということだった。それから地獄が始まった。
卒論が書けていない私は自動的に留年。懸命の
リハビリで、一本の杖で歩行できるまでには
なったが、排尿が回復するのに半年かかった。
さらに心配なことがあった。怪我をしてから、
一度も勃起しないのである。退院後、K子に
そのことを告白した。夜K子が確かめるように
色々してくれるのだが、私のアソコは萎えたまま
だった。翌朝病院に行き、ED治療薬を処方して
もらった。しかし1錠薬を服用しても効果がなく、
しかたなく2錠服用すると、多少の反応はあったが、
行為の途中で中折れしてしまった。泌尿器科や
神経専門医も受診したが、検査をしても異常が
見つからぬので、時間をかけて治すしかないという
返事であった。それを理由に婚約を破棄されても
しかたのない私だったが、中学以来の付き合いである
K子は私を見捨てなかった。二人そろって大学を卒業
後、K子と私は結婚した。私の男性能力はなかなか回復しなかったが、ある場合
には少し良いようだった。
それは、寝取られることがテーマのアダルト動画
を見たときであった。夫が被害者となって、妻を犯される
ような切羽詰まったシーンで、私の下半身は反応する
ことが分かったのである。悩んだ挙句、K子にそのこと
を告白し、一度試してみないかと話を持ちかけた。
私も当時、相当に焦っていたのである。
最初は驚いていたが、私の真剣な表情で何度も頼むと、
治療として望むなら試しても良いと、K子はしぶしぶ承諾してくれた。
ネットで相手を選ぶことにした。友人に依頼することも考えたが、
話を切り出す度胸がなかった。ネットで相手はすぐに
見つかった。経験豊富な中年男性が良いだろうと思い、
40代の自営業の男性とコンタクトをとった。ラブホテル
で私たちは落ち合うことになった。
週末の夜、私たちはホテルの一室で男と出会った。
遊び人風の、背は高いがやせ形の、顔の小さな男だった。
ある程度、私の性的傾向について知らせて
いたこともあり、男性は私を縛るためのロープを用意していた。
私はロープで縛られることにためらったが、男の
雰囲気作りのためで、嫌ならいつでも解きますから、
とうい言葉に促されて、手足をロープで縛られる
ことを私は受け入れた。その状態で私はベッド
横の椅子に座らされた。男はベッドに妻を座らせると、
横に座っていきなりキスを始めた。
「あ、ちょっと、待って」
私はたまらず口にだしてしまった。
「いえ、すみません。どうぞ続けてください」
と謝る私。度胸の定まらぬ私に、男は用意していた
口枷を私の口に装着した。用意の良さには
あきれるばかりだが、私は受け入れるより仕方がなかった。
男と目を合わさぬように黙ったままうつむいていた
妻だったが、男が舌を妻の口に入れたころから、
妻の表情が一変した。さっきまで他人であったことも
忘れて、男との性の快楽を受け入れるに態度に
変わったようだった。服を脱がされ、下着をとられ、
乳首を吸われると、妻はおおきくのけぞって、初めて
歓びの声をもらした。無理もなかった。23才の
健康な女性である。それまで、会うたびに性交をしていたK子は、
もう1年以上もまともに満足を与えられていないのである。
どちらかと言えば内向的でまじめなK子は、
秘密にセフレをつくるような女性ではなかった。
男がクンニを始めると、K子の声はさらに大きく、
艶やかになった。K子は男の頭を両手で持ち、
大きく腰を持ちあげていた。時々息苦しくならながらも、
わざと男は音をたててK子の淫汁をすすり、舌を突き出して
K子を攻めていた。
男がパンツを脱ぐと、K子が初めて経験する他人棒が
現れた。それは私より小さめであったが、陰嚢は
ふてぶてしいほど太かった。男はK子にフェラを求めると、
仰向けになって大の字になった。K子がフェラを始めると、男は
私の方を向いた。私はたぶん青ざめた顔で、瞬きもせずに
成り行きを凝視していたに違いない。男はちらりと私の
股間に目をやった。そしてすぐに視線をそらした。
私は勃起していなかったのである。
「奥さん、旦那さん立ってないから、助っ人呼ぶね」
突然の想定外の展開に驚く妻と私を無視して、男は誰かに電話を
始めた。5分も経たぬうちに30代の背の低い男が現れた。
どうやら最初から、示し合わせて近くで待機していたようだった。
慌てて、脱ぎ捨てた衣類でからだを隠そうとする妻に、
「これ、おれの友達、悪い奴じゃないから安心して、大丈夫だから、ね」
子供をあやすように妻に言い聞かせて、背の低い男を紹介した。、
背の低い男はズボンを下ろし、パンツを脱ぐと、自分の一物
を妻の顔の前に出した。背の高い男と違い立派なペニスである。
見たことのない大きさのせいかもしれない。
「い、いやよ」
妻は拒否し顔をそむけた。
「ほら、旦那さんのためなんでしょ。さ、がんばろうよ」
そう言うと背の高い男は拒否する妻の顔を後ろから両手で挟んで、背の低い男の
方に向けた。妻は目も口も閉ざしたままである。まるで見なければ
怖いものが過ぎ去って行くと信じる子供のようであった。
「さっき俺にしてくれたみたいに、こいつにもしてやってよ」
そう言うと背の高い男はニヤニヤしながら妻の鼻をつまんで
息をできなくさせた。しばらくすると苦しくなった妻は、
潜水後の海女が海面でそうするように、口を開け肩で大きな呼吸をした。
すかさず、男がペニスをK子の開いた口に入れてきた。
背の低い男は腰を前後させた。肉棒で男に口を犯されて
、妻はなすがままの状態であったが、
背の高い男が背後から妻の乳房を揉み始めると、諦めたのか妻の
方から頭を動かして男のペニスをしゃぶり始めた。
背の低い男のペニスはみるみる
そそり立ち、20センチはあろうかという立派さになった。
妻の乳首が刺激に反応して硬く立っているのがわかった。
そのとき、私は自分の股間が硬く隆起するのを感じた。
やがて二人の男もそれに気づくと、
「ほら、旦那さんも興奮しているよ」
妻は潤んだ瞳で私を一瞥すると、今度は積極的に背の低い男の
男性自身を舐め挙げた。背の高い男もしてほしくなったのか、
立ち上がるとK子に自分の小さめのペニスを差し出して、
二人の男はかわるがわるK子に自分のペニスしゃぶらせた。
妻は強い酒を飲んだ時のように、目はトロンとして、耳を
赤くさせていた。二人の男は平等に妻のフェラを愉しんで
いたが、その均衡を破ったのは背の高い男の方だった。
二人の男の間で暗黙の序列ができていたのかもしれない。
背の高い男が妻を押し倒すと、妻は小さな悲鳴をあげた。
背の低い男は脇に退き、傍観者になった。
両脚を左右に拡げると、背の高い男は陰毛の濃い妻の陰部に分け入ってきた。
私からは見えぬ角度だが、妻は相当に濡れていたに違いない。
私は妻が水気の多いタイプであることを知っている。
男は生で妻に挿入した。
「だめ、ゴムを付けて」
妻は拒否したが、言い終わらぬうちに男は深く腰を押しつけた。
十分に準備ができていた妻の女性器は、もはや男を拒否できなかった。
男が腰を深く前後させ、速度を速めて行くと、妻は首を
左右させ、のけぞって快感をあらわにした。
背の高い男の腰の動きは長くは続かなかった。
だめだ、いく、という言葉とともにペニスを引き抜くと、
腹部か胸にかけて精液を勢いよく飛ばして、男は果てた。
この時点で妻が達していないのは明らかだった。
今度は背の低い男が妻を犯した。
妻をうつぶせにさせ、ヒップを持ち上げると、男はバックから
挿入した。長いペニスは最初半分くらいしか妻の中に入らぬ
ように見えたが、ゆっくりと腰を前後させると、徐々に深くまで
入ってしまった。ただ、奥のほうで妻の最も深い壁にあたるらしく、
ある所まで男が進むと、「うっ」という奥底から出るようなうめき
声を妻は出していた。それは苦痛のようであって…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【スワッピング乱交体験談】妻の友達に誘われてスワッピング
2015/12/02 22:47
2015/12/02 22:47
妻の友達に誘われてSWをしました。 私も妻も41歳です。 妻の友人は近くでスナックを経営している女性で34歳のとてもいい女です。 私もよく飲みに行くので顔見知りでしたが、その女性から私に日曜日にSWをしないかと誘われました。 私は内心、ママを抱けると思うと嬉しくなり妻を口説きました。妻は私の知る限りでは、結婚してから私以外の男性を知りません。 妻は私から見ても、いい身体をしていて顔も40歳を過ぎて特に色っぽくなったように思います。 日曜日に彼女と彼女の彼氏?旦那?と思われる50歳くらいの男性と4人でホテムルに行きました。 女性同士の話し合いで別室プレイとなりました。 お互い相手を交代…
挿入したまま寝てしまった友人の代役でJKに中出し
2018/03/18 16:22
2018/03/18 16:22
趣味で知り合った友人宅で飲み会をした時の話。
数人で飲んでいたんだけど、最後まで残ったのが俺と友人とその彼女の3人。
みんな帰ってしまってて、仕方なく3人で飲んでいたんだけど、友人と彼女はかなり出来上がってて(ちなみに俺は酒豪)、2人でいい雰囲気になってきた!
面白そうだから2人のセックスを酒の摘みに見ていると、いきなり友人が彼女のマンコにズボズボと入れてピストンを始めた!

「いや~ん・・・いい~っ!」

彼女の声が部屋に響く。
俺も「すげえ!すげえ!」と声に出して、2人が繋がってるところをじっくり見てた。
が、しかし、だんだんと動きが鈍くなり、友人がピクリとも動かなくなった。
(…
ADは見た!有名カメラマンとアイドルの一夜!
2017/06/08 12:01
2017/06/08 12:01
俺が某極小プロダクションで仕事していた頃の話。 とある駆け出しアイドルの写真集を撮るという ことで、南国の某リゾートホテルに来てた。 アイドル以外で、 スタッフは、俺と衣装&メイク、現地コーディネーターの女性3人と カメラマンのA氏。 このA氏、歳は50くらいで、何でもグラビア界では、そこそこ有名だそうな。 撮影初日から、スゲー威張ってた。 経費削減で、俺が撮影のアシスタントもしないといけないから、 いろいろ注文されて大変だった。 しかも、このアイドルB子がまだデビュー仕立てで、 何も分からず、A氏の機嫌を損ねてしまい、この日は撮影終了。 A氏は、「俺はもっとセクスィィーに撮りたいんダっ…
覗き体験談。。黒島結菜似の友達がお父さんとセックスしてた
2016/06/25 16:31
2016/06/25 16:31
エロビデオみたいだけど高3の時、
同じ部活の女友達がうちのお父さんとセックスしてた。

見てて最初はキモかったけどちょっと萌えた。

普通に土曜日うちのお父さんが非番で休みの日で、
お母さんは妹の小学校のバレーの練習に行ってて、
私は部活も休みだったから美容室に行ってた。

本当はそのあとに他の友達と会う予定だったけど、
ドタキャンされて、家に帰ったらセックス現場にって感じ

友達と会う予定をドタキャンされたから、
お父さんに伝えた帰る時間より早く帰っちゃった。
私がまだ帰ってこないと思ってたんだろうね。

父とKちゃん(相手の子です)に聞いたときは、お互い、
1回しかしてないって言…
医療機関の新人研修でペアになった女子の恥ずかしい姿を目撃
2017/03/23 06:46
2017/03/23 06:46
249 えっちな18禁さん[sage] 2013/03/20(水) 02:17:12.05 ID:euHg3la0i俺は内視鏡検索室などにいる医療職。何か知りたかったら自分で調べてくれ。 新人は男はおれ1人、女3人だった。最初の一週間はガイダンスみたいなもんで2人組でペアを変えずに一週間すごした。 その一週間の話をするわ。 就職後1番最初に触れた医療機器は人工呼吸器だった。 呼吸モードの説明を受け、実際にマスクをお互いに付けて会って体験した。モードによっては結構苦しくて 同じマスクを付け同じ呼吸モードで辛そうに呼吸している彼女見て俺は興奮した。 特に経鼻マスクをお互いに装着するときは何つうプ…
×1になった昔の女上司と10年ぶりの再会でエッチしちゃった 【SEX話】
2016/05/27 09:37
2016/05/27 09:37

昔の職場の知人の女性から10年ぶりに電話が来た。

その女性は二個上の先輩で当時24歳。

とても綺麗な人だったが、

その時の同じ職場の上司とできちゃった結婚をして、

退職してしまった。