寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴女との体験談】商売繁盛の置物

2018/07/13 03:53




とある西洋の城下町。
ここにはある風習があり、賑わっている店の軒先には、よく奴隷少年が全裸で吊るされていた。
いわゆる商売のお守りのようなものなのだが、隠語として宝石にたとえられることもある睾丸は金運を招くとされており、陰嚢を模した飾りを吊るすようになったのだという。
しかし、やがて国が富み奴隷文化がさかんになると、裕福な店は労働力として未熟な、比較的安価な少年奴隷を購入して、本物を吊るすのが流行した。
とある酒場ここは大通り沿いのとある酒場。
店の奥から、面倒そうに重い台車を押してくるのは、この店の看板娘だ。
昨夜転んだはずみに、女戦士にワインをぶっかけてしまい、危なく八つ裂きにされるところだったが、マスターの機転で軒先に吊るしていた縁起物の少年の金玉をバーベキューにして提供して店とともに事なきを得たのだった。女戦士の横暴ぶりには釈然としないものを感じつつも、彼女はこの縁起物に救われたこと間違いはない。
「今度も何かあったら頼むわよ、新しい守り神くん」今朝の市場で買って来たばかりの奴隷だ。
異国で捕らえられた、もしくは売られてきた少年にはまだ、この国の言葉はわからないだろうが、昨日のことを思い出して、つい新しい少年奴隷にそう語りかけずにはいられなかった。
たいした労働力にもならないであろう華奢な肉体を持つ奴隷は、せいぜい軒先に吊るされるくらいしか仕事はない二束三文の存在だ。
そういった奴隷は吊るし専門に販売されており、溶接されてはずすことのできない金属の拘束具に固定されている。
すべての着衣を奪われ、用を足す幼児がそうされるように、大きく足を開いて、性器を隠すことも出来ない姿で拘束されている生きたオブジェだ。
台車に乗せられているのは、そういった拘束具に縛り付けられた、そこそこの美貌を持つ少年だった。
吊るすのは睾丸が大きく、顔立ちのよいものが好まれる。
娘は朝早くから市場に出向き、この少年を買ってきたのだ。
店先に着いて台車を止めた女は、少年奴隷の手かせの部分にフックをかけ、壁につけられたクランクを回す。
金属が擦れ合うチャリチャリという音ともに鎖が巻き上げられていく。
少年の股間の高さを確認しながらクランクを巻いていた看板娘の手が止まる。
立ち上がると、ちょうど胸元に少年の股間がある。
これからの『作業』にちょうどよい高さだ。
「さあ、人生で一番気持ちいい時間の始まりよ。こっちは面倒なのにしてあげるんだから感謝なさい」一番気持ちのいい時間少年と一緒に台車に載せられていた水桶で少年の股間を洗うと、ハーブオイルをたっぷりと手につけて股間をこねくり始める。
これは消毒、臭い消しのためでもあるのだが、それ以外にももうひとつの目的がある。
娘の手の中の、小さな肉がすぐに硬くなり始める。
不規則に動いていた指が、まっすぐになったそれに沿って、リズミカルに上下する動きに変わる。
喉をつぶされた少年の、ひゅー、ひゅーという声にならない声が聞こえる。
どうせ喋れたところで異国の言葉、わかるわけもないのだが。
間もなく、少年の固くなったそれが震え、白い液体が勢いよく飛び出す。
鼓動でそれを予期していた娘は、その先に手を添えて液体を受け止める。
「ふふ、気持ちいいでしょ?」ひとしきり出尽くしたのを確認した娘が手を返すと、その手には大量の精液がためられていた。
「タマが大きいからいっぱい出るわね。これは大変そう」2度ほど手を払って液体を床に飛ばすと、役割を終えて柔らかくなり始めた少年のペニスを再び撫で始める。
ハーブオイルには男性器を敏感にさせる成分が含まれている。
すぐに少年は復活して、さっきよりも早く、2発目を発射した。
看板娘が手を払う。
床に落ちた液体の量はさっきより少なかった。
「ほらほら、もっとどんどん出しちゃってよね」少年は息を荒げ、嗚咽とつぶれた声をしきりに発していたが、娘はおかまいなしに、オイルを足しながら少年の性器をいじり続ける。
この行為は10分ほど続き、その間に少年は11回の絶頂を体験した。
5回目からは勢いよく飛ぶこともなくなり、手は添えられず鈴口からにじみ出る少量の液体を拭い取られていたが、最後の絶頂はただビクビクと脈打つのみで、一滴の精液も出なかった。
「ふう……これでよし、と」少年の精液を出し切ったことを確認し、一仕事を終えた看板娘がため息をつく。
そして最後にハーブオイルを多めに塗りこめると、手を拭いて次の作業に移る。
一番痛い時間看板娘が台車から取り出したのは、金属の桶と包丁だった。
桶には炭が入っており、そこに突き刺した金属の棒を赤く熱している。
桶を足元に置くと、娘は右手に包丁を握り、刃を少年の性器に当てる。
「うふふ……これは言葉がわからなくてもどういうことか理解できるわよね?」少年は精一杯悲鳴を上げようとするが、つぶされた喉はひゅー、ひゅーという力ない音を出すばかりだ。
「あはは、ごめんねー。でも飾るのはタマだけでいいから、こっちはストンと切り落としておくことになってるの」そうなのだ。
店先に本物の睾丸を飾る風習とともに生まれた暗黙のルールで、奴隷少年を吊るすときには、必ずペニスを切断することになっている。
これにはさまざまな理由があるとされ、飲食店で不浄な排泄器をさらすことを嫌うから、垂れ下がったペニスが睾丸を隠すと金運が下がるというジンクスから、生殖器をまるごと展示することに対して抵抗があるからなどがあるが、特に大きな理由は、そもそも他の奴隷はすべて睾丸を潰して去勢しているのに対し、見世物として睾丸を残す必要のあるこれらの少年奴隷から生殖能力を奪うこと、それにペニスを残しておくと女性客の一部が面白半分にいじるなどして、店先を汚すことがあるためだ。
「さあ、今度は人生で一番痛い時間のはじまりよ。もっとも、こっちは一瞬じゃなくてしばらく続くだろうけどね」看板娘がペニスをつまみ上げ、根元に包丁を当てる。
ツツッ、とわずかに刃先をずらして狙いを定めると、ゆっくりと大きな動きで包丁をスライドさせる。
少年が髪を振り乱しながら悲鳴をあげるが、その声はひゅー、というむなしい風の音にしか聞こえない。
刃がギリッ、ギリッと筋を切る音を立てながら少しずつペニスを横断していく。
看板娘は包丁から伝わるその感触を楽しむように、あまり力は入れずに、ゆっくりと刃を往復させる。
そして、刃が3度目の往復を終わる頃、少年のペニスは完全に切断された。
彼女は、この瞬間がこの作業の最大の役得だと思っていた。
異国の地で手足の自由を奪われ、見知らぬ女におそらく初めてであろう射精を強制され、その挙句こうしてペニスを切断される少年の気分とはどんなものだろうか。
「なんで僕がこんなことされるの!?」なんて考えているのかな。
それとも「おちんちん切られちゃった!」ってショックでいっぱいなのかな?わからないけど「お母さーん!」なんて叫んでたりしてね!絶頂の連続と切断の激痛にすっかり消耗して、ただ涙をあふれさせながらうつろな瞳でこちらを見る少年を見ながら、娘は有無を言わさず少年の性を摘み取った自分の行為にしばし心酔した。
しかし、そう長くこのままにしておくわけにはいかない。
人間のペニス、特に臭みも少なく柔らかい少年の新鮮なそれは、そこそこの値の取れる人気メニューになる。
先端からギュッと握って血抜きをして、酒の入った小瓶に移す。
あとは少年の止血だ。
鉄の桶に刺さっていた鉄棒を取り出す。
先端に真っ赤に焼けた小さな板のついた、焼き鏝だった。
ぽたぽたと血を滴らせる股間にそれを近づけると、ただならぬ熱さを感じたのか、奴隷の少年が我を取り戻し、狂ったように暴れようとする。
「大丈夫、今度は止血よ。といってもすごくつらいのはかわらないけどね」少年の泣き叫ぶ姿をじっくり楽しむように、ゆっくり、ゆっくりと焼き鏝が傷口に近づいていく。
じゅぶぶぶぶぅぅぅ……血液の蒸発する音を合図に、少年の股間に焼き鏝が押し付けられる。
全身を拘束された少年は、灼熱の鉄の塊が自分に与える苦痛に耐えるしかない。
睾丸や内臓が熱で煮えてしまわないよう、ほんの数秒で焼き鏝は離される。
そして焼き鏝を置き、別のものを手にして、少年の股間を注意深く見つめる。
「私もうまくなったものね。最初はタマまで焼いちゃって3日で腐らせちゃって、店長に大目玉くらったものだけど。……さあ、つぎはおしっこしちゃいなさい」そういって間もなく、少年の股間から小便が噴き出す。
傷口を焼かれた際に組織が癒着してしまった尿道を突き破って出たため、最初は破裂したかのような勢いになる。
「よしよし。ここね」入り口を塞がれていた尿道の位置がわかると、尿の勢いが落ちたところで娘は手にしていたコルク栓をねじ込む。
このコルク栓には、外側にギザギザが掘られており、一度差し込まれればもう抜くことは難しい。
栓の中心には穴があけられており、そこから続く長い管の先は床に置いた酒瓶に達していた。
これから少年の尿は、この瓶に垂れ流されることになる。
「はい、これでひとまず終わりよ。ふふ。おちんちんにひどいことしてゴメンね」続いて、尻には太いコルク栓を詰められた。
こちらは閉店後にのみはずされることになる。
ひとしきりの作業が終わったらしく、看板娘は道具を片付け、鼻歌混じりに店の中へと戻っていく。
切断され、焼かれた少年の『証』のあった場所は、時折、意識を奪うほどの苦痛をこの奴隷少年に与える。
自らの手でいたわることもできず、夕方になるまで少年は嗚咽と悲鳴、そして気絶を繰り返した。
開店準備?日々の地獄?夜になる。
いよいよ酒場の開店だ。
看板娘が…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ体験談】海岸で人妻レイプ
2016/03/18 05:24
2016/03/18 05:24
それは、会社が夏休みで静岡県の某海水浴場に三人で行ったときのこと。 昼間は海岸でゴロゴロして、女の子に声をかけたりして過ごしていた三人だったが、 夕食後、やっぱりレイプツアーに出かけることにした。 こういうときは凄いもので、夕食でもビールは一滴も飲まない。 若い男が三人でお酒を飲まないものだから、民宿のおばちゃんたちも変な連中だと思ったかもしれない。 民宿からいつものワゴンで出かけたはいいが、海水浴場の夜はそれなりに人通りが多い。しかも女の子はカップルかグループ。一人で歩いている女なんていないことに気がついた。 海岸でチュ-----ッチュしているカップルを襲うか、という話しもでたが、さすがに…
出会い系で知り合った大学1年の男の子に、遊園地でエッチなイタズラをされて我慢できなくなった人妻の私
2016/04/08 21:54
2016/04/08 21:54
私は32歳になる美咲と言います。
長く主人とは別居状態が続いていました。
そんなとき、妹が使ったことがあるという出会い系サイトを利用して知り合った、
大学1年生の男の子とメール交換を始めました。
最初は堅苦しいことしか書けませんでしたが、少しずつ馴れてきて色々な話をするようになり、少しエッチな話をしたり主人の愚痴を話したりしました。




そんなメール交換が1ヶ月続いた頃、彼から会いたいと言うメールが来ました。
私は戸惑っていましたが主人がすでに他の女と同棲をしている話を聞き、私はメールの相手である大学生の男の子と会うことを決断しました。
彼の名前は圭太君と言い、まだ19歳なの…
デリ初日の短大生に口からでまかせ言って中出しした
2016/05/15 09:00
2016/05/15 09:00
俺にとっては、もう気持ちよかったってもんじゃないくらい最高の体験だった。
良心に背く時に感じるスリルで、あそこがムズムズして夢精しそうな感覚と、本来の体の気持ちよさとで、最高に気持ちよかった経験を紹介しよう。
去年の夏、世間が夏休みに入ったころ、不倫で付き合っていた若い女に振られたばかりの俺は、久しぶりにデリヘルで若い肌をむさぼろうと、ネットで検索した。


すると、「今日から体験入店」「18歳のスレンダー」「もちろん業界初体験!」という娘がいる店を発見。ピンときた俺は、早速電話して、その娘を指名。すぐに大丈夫だとのことで、近所の安いラブホに移動し、到着を待った。
子供と二人でテレクラに電話をし、子供の前で見ず知らずの男に抱かれたこともあります【SEX体験】
2017/01/04 09:45
2017/01/04 09:45
結婚しています、主人は結構やさしく、

これといって問題は有りません。

結婚前からお付き合いしている彼氏がいます。

別れようと決心はするのですが、

会って彼に抱かれると言い出せなくなり今日に至っています。

彼にとっては、都合のいい女と解っています、

でもどうにもまりません。