寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【初体験】夏祭りで出会った隣の学校の女子

2015/11/12 15:00


高校時代の話だが、地元の商店街の夏祭りがあった。商店街と言っても結構な規模で、近隣地域からも見物客が来るほど賑わっていた。俺は親の代わりに商店街の催し物に出なければならず、若い衆には焼きそばとか焼き鳥とか、火を使う重労働しか回ってこない。
とにかく焼く、水分補給が追いつかないくらい焼く。ツレが来ても気づかないくらいハイペースで焼く。
なんとか終わり、家でバテていると松本からの電話が鳴った。
松本「今日はおつかれー。俺が行ったの気づいた?」
俺「うるせーよ。あんな状態じゃ気づけるわけもねーよ。で、疲れてる俺に何の用だよ。ていうか親じゃなくてお前が手伝いに来いよ」
松本の家も自営業なので両親が手伝いにきていた。
松本「今日、隣の高校の子と仲良くなったんだけど、お前も一緒に遊ばないか?」
俺「・・・行かせて頂きます」
松本「じゃあ俺んちで待ってるぞ。すぐ来いよ」
急いでシャワーを浴び着替えて松本の家に直行した。
「おぅ、仲田(俺)。遅かったな」と、迎えられると女の子が四人。
若菜はショートカットが似合う元気のいい子でまあまあ可愛い。雅美はセミロングで大人っぽく、可愛いというより綺麗な感じで結構タイプ。由衣はぽっちゃり系であまり可愛くはない。T子は大きい、大きかった。
「あーっ、焼きそばの人だぁ」と若菜が笑う。
俺「おい、一体俺の事どういう風に紹介したんだ」
松本「ってか俺、この子たちとお前の所に行ったんだけど。本気で気づいてなかった?」
松本からツッコミが入る。
「あれだけ忙しそうじゃ気づかなくてもしょうがないんじゃない?」と由衣からフォローが入る。
若菜は笑い上戸のようでケタケタ笑っている。その後、俺のイベントでの苦労話や、松本の下らない話で盛り上がっていた。そんな状態で夜も更けていく。
「じゃあそろそろ帰るね」「あ、わたしもそろそろ・・・」
・・・と、由衣とT子が言った。
「うん、じゃあね。私たちもう少しのんびりしてくね?」と雅美が手を振る。
なぜか俺と若菜で玄関先まで見送って、部屋に戻ってくると松本と雅美がキスしていた。俺たちの姿に気付くと2人はサッと離れ、何事もなかったかのように振舞おうとしていた。
「あーっ、今キスしてたでしょ」
若菜からすかさずツッコミが入る。
雅美「・・・別にいいでしょー、松本くん格好いいし」
松本「若菜ちゃん、仲田の事いいって言ってなかった?だから誘ってあげたじゃん」
若菜「あーあーあーっ、本人がいる前でそういう事言わないでよー」
顔を真っ赤にして否定する若菜。突然のセリフにドキッとする俺。
松本「ほら、屋台で仲田が焼きそばやってた時、真っ先に『あの人いいね』って言ってたよね」
若菜「えーっ、知らないよー」
雅美「言ってた言ってた。若菜から今までそんなセリフ聞いた事なかったしね。若菜も、もう少し積極的になりなよ」
松本「そうそう、俺のようにね」
松本はそう言いながら雅美にキスをする。
「ぁんっ、いきなりなんだからー」
そう言いつつも雅美もまんざらではないようだ。
「というわけで俺たちはラブラブなので邪魔しないでくれ」
松本は雅美の胸を愛撫し始める。
「ゃんっ、ぁっ・・・」
吐息がこぼれる。呆然と立ちすくむ俺たち。
松本「ちなみに見られていると恥ずかしいんだけど。隣の部屋貸してやるよ」
俺「あ、ああ。解った」
間抜けな返事をして隣の部屋へ若菜と移動した。さっそく隣の部屋からは艶かしい声がこぼれてくる。目の前にはちょこんと俯いて座る若菜。あんな告白を聞いた後ではまともに若菜を見る事が出来なかった。心臓はバクバクいっているし、正直どうしていいのか全然判らなかった。
「ぁん、隣に聞こぇちゃうぅ、ぁっ、んんっ」
雅美の喘ぎ声が漏れてくる。沈黙の中、向き合う2人。重苦しい空気を裂いたのは若菜だった。
若菜「・・・あの、仲田くん・・・私の事・・・どう思う?」
俺「あっ、かか、可愛いと思うよ」
若菜「あのね、最初はね、遠めに見て、いいかなって思っただけだったんだけど」
淡々と話し始める。
若菜「松本くんが知り合いだよって教えてくれて、それで誘ってくれて」
俺「ああ」
若菜「仲田くんと話してるうちに本当に好きになってきちゃって・・・でも」
俺「どうしたの?」
若菜「雅美みたいに経験もないし、会ってすぐだとそういう風にも見られるのかなって」
顔を真っ赤にしながら思いを伝える若菜。ぶっちゃけ俺も恋愛経験はゼロだった。
若菜「仲田くんモテそうだから・・・だけどいきなりっていうのもなんだか怖いし」
可愛い。さっきまでの元気な雰囲気もいいけど少ししおらしい表情がぐっとくる。
俺「いや、俺も彼女とか出来た事ないし、告白された事もないんで」
若菜「・・・本当に?」
俺「本当だよ。松本みたいに色んな事上手くリードできないし・・・。本当に俺でいいの?」
若菜「・・・うん。・・・ねぇ、キス・・・して」
そう言って目を閉じる。そして俺は若菜の肩を抱きキスをする。
「・・・ん」
柔らかい唇がふれる。その感触をしばらく味わってから口を離す。
「えへへ、キス・・・しちゃったね」
若菜は照れくさそうに笑う。
「もう一回しよっか」
ちゅっちゅと何度も口づけを交わす。さりげなく胸を揉もうと手を伸ばすと・・・。
「ダメ、お願い・・・」と柔らかく否定される。
隣からは激しい喘ぎ声が聞こえてくる。とても愛おしくなり若菜をぎゅっと抱き締め、横になろうとすると「おーっ、帰ったぞーっ!!」と玄関のほうから威勢のいい声が聞こえた。
松本の父母がご帰宅の模様。俺と若菜はさっと体を離し体勢を整えた。隣の部屋からはバタバタ激しい音が聞こえる。
「なんだよ、打ち上げから意外に早く帰ってきたな」
火照った表情の松本がこっちの部屋に来た。しばらくすると雅美も服を整え合流した。ちょうど4人揃ったくらいに松本の父母がやってきた。
「まあ、女の子もいらっしゃるのね。ゆっくりしていってね」
「おぅ、仲田くん今日はお疲れ。お前も見習って来年は手伝いに行けよ」
俺たちに声をかけると奥の部屋に入っていった。その後は俺と松本、若菜と雅美の部屋割りで寝る事となった。
若菜はその後付き合う事になった。セックスしたのはそれから数ヶ月先になる。
季節的にはもう冬になった頃だった。夏以降、若菜と付き合う事になり、高校は違ったけれどなんとか時間をやりくりして会う時間を作っていた。若菜は地元の2年制の調理の専門学校に進学する事が決まっていたが、俺は大学受験で最後の追いこみの季節だった。第一志望の大学にはちょっと学力が足りない状態だった。そんな状態だったけど若菜と会うと癒されたので、なんとか時間配分に気を使っていた記憶がある。
その日は若菜の家に行き、毎度の様にダラダラ過ごしていて、何となく話の流れから受験の話題になった。
若菜「伸司(俺ね)も受験で忙しいのに来てもらってごめんね」
俺「いいよ。若菜と会えると癒されるし」
若菜「あーあ、でもこれで本命受かっちゃうとなかなか会えなくなるね・・・」
そう言ってベッドにゴロンとなった。俺の本命校は県外のB・Cラン大学だった。
若菜「でも、受験に失敗もしてほしくないし」
俺「うーん、難しい所だけどなんとか時間作って会いに来るよ」
若菜「本当にー?なんか伸司って浮気しそう。そして私は捨てられるんだわ」
冗談で言っているのか本気で言っているのかよく解らない。
俺「何言ってんだよ。今までそんな事なかっただろ」
若菜「今まではなかったけど・・・きっと遠くに行けば、すぐに可愛い子に言い寄られたりして私の事とか忘れるようになって・・・」
ちょっと目を潤ませながら若菜は言う。この表情に俺は弱い。
俺「大丈夫だって。ていうかまだ受かったわけでもないんだし、心配しすぎだよ」
枕をぎゅっとしながら若菜はこっちを見る。
若菜「ううん、きっと受かると思う。・・・だから余計に心配」
俺はベッドに横たわる若菜を抱き締めて安心させるように言った。
俺「絶対浮気はしないし、忘れるなんて事もないから」
若菜「・・・本当に?私、最近すごい不安になるの」
気がつくと若菜は泣いていた。
若菜「今すごく大変そうだし、邪魔しちゃいけないって解ってるけど、もうじき会えなくなりそうだから今すっごい一緒にいたいし・・・でも邪魔できない・・・こんな事ばっかり考えちゃって・・・遠くに行って会えなくなって、私だけ一人になって・・・」
俺「大丈夫。俺の事信じて。愛してるよ」
そう言ってキスをする。そしてそのままベッドに倒れこむ。
俺「心配かけてごめんな。もうちょっとで受験終わるから。それまで待ってて」
そう言いつつ、さりげなく服の上から胸を愛撫する。
若菜「ぅんっ、わかった、信じる、んんっ」
性感帯が乳首の若菜は敏感に反応する。舌と舌とを絡めあうキスをする。ぴちゃぴちゃといやらしい音が響く。
「んっ、あっ、ぃぃ」
ショートカットの脇からのぞく耳も優しく撫でる。カーデガンを脱がし、するするとブラジャーを取っていく。少し小ぶりな胸を舌先でチロチロと舐めるとびくっびくっと体を震わせる。
「あぁん、あっ、あっ」
若菜はギュッとシーツを掴みながらも反対の手で俺のチンコを触ってくる。
若菜「伸司も脱いで・・・」
俺「ああ」
お互い全て脱ぐと優しくマンコに指を這わせた。
「っっ」
頬が上気してくる。若菜も不慣れな手つきでチンコをしごいてくる。俺はクリを丹念に愛撫してから指を入れようと試みた。
「あっ、あっ、っっ、うぅっ」
開発されていないので指1本入れるのもまだちょっときつい。乳首を積極的に攻めているとトロトロと愛液が溢れ出てくる。する…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦告白体験談】志穂、哭く
2015/11/05 22:48
2015/11/05 22:48
冷蔵庫を開け、志穂は中からよく冷えた牛乳を手に取った。そのまま扉を閉じようとして少し佇み、夫が帰宅した時のために用意してあるボトルワインを牛乳と一緒に取り出した。「はい等、牛乳」「うん。あ、ママいけないんだ。こんな明るいうちからお酒なんか飲んで」「ゴメンね……でもママ、たった今飲みたいの」「ふーん」志穂は等にミルクを注いであげたあと、自分もワイングラスに深紅の液体を注 いだ。自ら進んでアルコールを取る事など、あまりない。どちらかといえば酒 に弱い方の志穂は、外での食事の時や夫との晩酌の時に軽く口をつけるぐらい でしかアルコールを嗜まない。 テーブルの向かいで等が、志穂の方をじっと見ながら…
従兄に
2017/10/11 19:19
2017/10/11 19:19
私が小の時、従兄当時中学年生にされた忘れたい記憶です。 お盆の時期には毎年従兄の家に家族で泊まりに行ってました。 私はつ下の従妹と仲良しなので夕飯後に一緒にお風呂に入り、 従妹の部屋で一緒に寝ていました。 従妹が小さいせいもあり明かりを点けたまま寝ていると、もぞもぞと何か違和感を感じました。 パジャマのズボンの上を何かが動いているのです。 私は怖くなって目を開けることが出来ませんでした。 パジャマの上の手は、私のアソコの部分をゆっくりと撫でています。 小でしたので、ある程度羞恥心や知識もありましたので、 すごく怖かった記憶があります。 次第にその手はパジャマの上で私のアソコを縦になぞるようにな…
旦那は鉄道好き、私はバイク好きですが、うまくいっています
2016/05/10 09:00
2016/05/10 09:00
今の旦那と出会ったときのこと・・・。
今から2年前、23歳のとき、今の旦那と出会いました。
旦那は鉄道会社に勤務し、運転課というところでダイヤグラムを決める「スジ屋」という仕事をしてます。だから、鉄道が小さいころから好きで入社したようなものです。
ところが、私自身は同じ乗り物でもバイクが大好きで、それもそのはず、物心ついたときには一家そろってモトクロスをしていたのでした。


だから、高校1年生の時には中免(普通二輪)を取ったほどで、

高校2年生の時からは毎年、夏休みには欠かさず北海道ツーリングもしてます。

今まで付き合った人はみんなモトクロスライダー、 初体験…
清純派女子大生と合コンした結果
2015/10/03 11:00
2015/10/03 11:00
3ヵ月ぐらい前の7月半ば、同僚のgood jobで女子大生と合コンをした。20歳の子が2人に21歳の子が2人。そんな中、俺は20歳の子とメアド交換をした。ハッキリいうと4人の中で1番影の薄い子。要するにアブれた子がいて可哀想だから俺が・・・みたいな話。  ニコニコしながら周りを見てて、自分からは積極的に会話してこない。 結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました 質問したら答えるんだけど、答えたら終わりで話が続かない。服装も地味目で煙草も吸わず、チビチビとサワーを呑んでたみたい。俺以外のメンツはノリノリで楽しそうだったが、アブれちゃ可哀想だしね。カラオケ…
俺の巨根がママ友の間で噂になっていた
2017/11/10 21:46
2017/11/10 21:46
俺は夜の仕事が多い。


妻も働いていて、幼稚園の子供の行事やお迎えは俺の仕事になる事が多い。

そして、そこで人妻達と会う機会も多いと思う。


ある日、友達と飲みに行っていて、偶然隣の席に子供の母親達がいた。

向こうは4人で来ていて、結構飲んでいたみたいで、すぐに同席するように言われてしまった。

他の3人も同じ幼稚園の子供がいるみたいで、そう言われてみれば顔を見た事があるなと思っていた。

向こうは俺の事を知っていた。

男親が迎えに来たり、行事に出たりするのは目立つらしい。

その中で、Y子が俺にやたらとくっついてきたり、話に割り込んできていた。

今思うと俺を見る目も誘う…
義姉 その後
2015/12/27 22:05
2015/12/27 22:05
喜美枝が僕の赤ちゃんを産んで、産婦人科病院を退院するとき、義兄が仕事で迎えに来ないと喜美枝から聞いていたので、僕が迎えに行きました、喜美枝と僕達の愛のあかし友喜を(僕と喜美枝の赤ちゃんだから友喜と喜美枝が名付け)車に乗せて、病院を後にして、喜美枝が赤ちゃんを抱き抱え、喜美枝の家に向かいました、途中、友喜が泣き出し喜美枝が友喜に母乳を上げる為にオッパイを出し友喜に上げて居ます、(母乳が溜まっているためが、少々垂れいた、喜美枝のオッパイがぱんぱんに張っていて居ます)友喜が喜美枝の黒い乳首に小さい口を持って行き、一生懸命に飲んでいます、喜美枝は「パパ友喜ちゃん授けてくれて、有り難うね、私大切に育てる…
しぃしー☆
2017/07/18 13:28
2017/07/18 13:28
俺には2ヶ月付き合ってる彼女がいる。 彼女は結衣。身長147cm、19才、顔は相武紗希に似てるって良く言われてる。 今紹介した通り果てしなく小さい。一緒に歩いてると子供連れだと思う人 もいるだろう。そして顔は可愛い(欲目かもwすいませんw)。みんなに羨ましい って言われる事も良くある。そして性格は超真面目。2ヶ月付き合った今でも敬語 っぽく喋ってくる事もよくある。そしてエッチはまだ1回しかしていない。大事に しているからです。 そんな結衣とこの間、山に遊びに行った時のこと。 その日はすごく寒い日だった。 結衣は山登りにスカートできた。 俺 「ねぇ?スカート寒くない?登るの大変だしなん…
【近親相姦】俺のオカンはデリヘル嬢
2016/03/05 21:00
2016/03/05 21:00
今俺は21歳で、オカンは39歳です。18歳で俺を産んだオカンは現役デリヘル嬢です。俺が高1の時からデリで働いてる。 初めてオカンとセックスしたのは高2になる春休みでした。オカンはデリで働く前から夜の仕事しかしてなくて昼夜逆転の生活だったんで、デリも夜からラストまでして昼は寝る生活です。 俺とオカンはずっと母子家庭ってのもあって親子よりは友達みたいな関係で、友達がウソだろ~ってぐらい仲もいいし何でも話してました。オカンの過去の男経歴や初体験が中1だったとか、デリでチンポは入れさせないけど素股でも感じることがあるとか、男前の客なら本番したくなるとか・・・。変態の客に当たった…
会社の会議室でした卑猥なこと
2015/09/26 08:09
2015/09/26 08:09
426 :えっちな21禁さん:2006/05/23(火) 14:49:27 職場で「やった」エッチな体験はスレチかな… |ω・`)…  434 :426:2006/05/23(火) 17:21:243年前かな~、まだ大阪勤務だった頃の話。 当時合コンでしりあった北陸出身の娘がセフレでした。 喪男と思わせ、しょっちゅう直帰した営業車で夜ドライブしては ペッティング→ウチでセクロスをしてました。   436 :426:2006/05/23(火) 17:29:37 お互い勤務先が近所だったので、仕事帰りに待ち合わせ…
回春マッサージでNo1の子にたっぷり搾りとられてきました
2017/02/01 21:00
2017/02/01 21:00
以前から通っている風俗エステ(回春マッサージ店)で、先日ようやくNo.1の嬢に当たれたのでレポらしきものを書いてみる。
自分は風俗にあんまり深くハマってはいない人種です。ソープもピンサロも経験なし。
一月にいっぺんくらい、泊まり勤務が明けた日の夜とかにHなエステ店(またはデリヘル)に疲れを癒してもらいに行く程度でした。


普通のデリヘルも一通り経験したけど、オーラル系のサービスは病気が怖いので素直に楽しめず、もっぱら手コキ系のお店が主戦場。
というより、仕事仲間に教わって初めて行ったデリヘル形式の回春マッサージ店(今回紹介するところ)をリピートすることがほとんどだ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・エッチの為に遠征してきたメル友

・【人妻体験談】切ない両親のセックスを目撃し、泣いてしまった息子

・【熟女体験談】農家に婿に入り、老婆な義母とほぼ毎日SEX

・【初体験】3人の処女との体験を語る[後編]

・スイミングクラブの夜

・お互いの息子を交換して性処理

・【初体験】3人の処女との体験を語る[前編]

・【人妻体験談】念願のマイホームを新築し、隣の綺麗な奥様を盗撮していたら誘惑された

・セフレに頼まれて中出し放置プレイ

・単身赴任の夫を裏切り続けています

・人妻社員京子とのエッチ?

・【オナニー】「生で触ってみたい」と妹に頼まれて

・【近親相姦】息子のように若くて逞しい肉棒が欲しくて・・・。

・私の全てをさらけ出した

・マンションで朝から夜まで 最後の営み

・【不倫】小太りなオヤジの絶倫セックスにハマってしまった

・【人妻体験談】金切り声を上げ続ける母にイラつき、罵倒しながらレイプする鬼畜な社長

・家族でクリスマスを楽しんでいると後輩が訪れて来た

・義弟に強いピストンを促すいけない私

・【Hな体験】大雪の夜に成り行きで相部屋になった美人OLと

・ようこそ川越達也のレストランへ

・「平均13センチ」という都市伝説

・腰ロックされ何もできず奥にぶちまけた。

・妻と他人のセックスまで持ち込むのは難しいですね・・・

・出会い系の人妻女性で苦手意識を克服

・嫁の実家で失敗したかもしれない…

・【人妻体験談】引っ越した先で出会った夫婦にスワッピングをしないかと誘われた

・【熟女体験談】中途採用のツンデレな女課長をラブホでハメたら、ポルチオ性感に目覚めてハメ潮を吹きだすようになった

・泊まり宿の無い女の子達との交流

・【不倫】甲子園のマドンナと10年越しの中出しセックス