寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【初体験】夏祭りで出会った隣の学校の女子

2015/11/12 15:00


高校時代の話だが、地元の商店街の夏祭りがあった。商店街と言っても結構な規模で、近隣地域からも見物客が来るほど賑わっていた。俺は親の代わりに商店街の催し物に出なければならず、若い衆には焼きそばとか焼き鳥とか、火を使う重労働しか回ってこない。
とにかく焼く、水分補給が追いつかないくらい焼く。ツレが来ても気づかないくらいハイペースで焼く。
なんとか終わり、家でバテていると松本からの電話が鳴った。
松本「今日はおつかれー。俺が行ったの気づいた?」
俺「うるせーよ。あんな状態じゃ気づけるわけもねーよ。で、疲れてる俺に何の用だよ。ていうか親じゃなくてお前が手伝いに来いよ」
松本の家も自営業なので両親が手伝いにきていた。
松本「今日、隣の高校の子と仲良くなったんだけど、お前も一緒に遊ばないか?」
俺「・・・行かせて頂きます」
松本「じゃあ俺んちで待ってるぞ。すぐ来いよ」
急いでシャワーを浴び着替えて松本の家に直行した。
「おぅ、仲田(俺)。遅かったな」と、迎えられると女の子が四人。
若菜はショートカットが似合う元気のいい子でまあまあ可愛い。雅美はセミロングで大人っぽく、可愛いというより綺麗な感じで結構タイプ。由衣はぽっちゃり系であまり可愛くはない。T子は大きい、大きかった。
「あーっ、焼きそばの人だぁ」と若菜が笑う。
俺「おい、一体俺の事どういう風に紹介したんだ」
松本「ってか俺、この子たちとお前の所に行ったんだけど。本気で気づいてなかった?」
松本からツッコミが入る。
「あれだけ忙しそうじゃ気づかなくてもしょうがないんじゃない?」と由衣からフォローが入る。
若菜は笑い上戸のようでケタケタ笑っている。その後、俺のイベントでの苦労話や、松本の下らない話で盛り上がっていた。そんな状態で夜も更けていく。
「じゃあそろそろ帰るね」「あ、わたしもそろそろ・・・」
・・・と、由衣とT子が言った。
「うん、じゃあね。私たちもう少しのんびりしてくね?」と雅美が手を振る。
なぜか俺と若菜で玄関先まで見送って、部屋に戻ってくると松本と雅美がキスしていた。俺たちの姿に気付くと2人はサッと離れ、何事もなかったかのように振舞おうとしていた。
「あーっ、今キスしてたでしょ」
若菜からすかさずツッコミが入る。
雅美「・・・別にいいでしょー、松本くん格好いいし」
松本「若菜ちゃん、仲田の事いいって言ってなかった?だから誘ってあげたじゃん」
若菜「あーあーあーっ、本人がいる前でそういう事言わないでよー」
顔を真っ赤にして否定する若菜。突然のセリフにドキッとする俺。
松本「ほら、屋台で仲田が焼きそばやってた時、真っ先に『あの人いいね』って言ってたよね」
若菜「えーっ、知らないよー」
雅美「言ってた言ってた。若菜から今までそんなセリフ聞いた事なかったしね。若菜も、もう少し積極的になりなよ」
松本「そうそう、俺のようにね」
松本はそう言いながら雅美にキスをする。
「ぁんっ、いきなりなんだからー」
そう言いつつも雅美もまんざらではないようだ。
「というわけで俺たちはラブラブなので邪魔しないでくれ」
松本は雅美の胸を愛撫し始める。
「ゃんっ、ぁっ・・・」
吐息がこぼれる。呆然と立ちすくむ俺たち。
松本「ちなみに見られていると恥ずかしいんだけど。隣の部屋貸してやるよ」
俺「あ、ああ。解った」
間抜けな返事をして隣の部屋へ若菜と移動した。さっそく隣の部屋からは艶かしい声がこぼれてくる。目の前にはちょこんと俯いて座る若菜。あんな告白を聞いた後ではまともに若菜を見る事が出来なかった。心臓はバクバクいっているし、正直どうしていいのか全然判らなかった。
「ぁん、隣に聞こぇちゃうぅ、ぁっ、んんっ」
雅美の喘ぎ声が漏れてくる。沈黙の中、向き合う2人。重苦しい空気を裂いたのは若菜だった。
若菜「・・・あの、仲田くん・・・私の事・・・どう思う?」
俺「あっ、かか、可愛いと思うよ」
若菜「あのね、最初はね、遠めに見て、いいかなって思っただけだったんだけど」
淡々と話し始める。
若菜「松本くんが知り合いだよって教えてくれて、それで誘ってくれて」
俺「ああ」
若菜「仲田くんと話してるうちに本当に好きになってきちゃって・・・でも」
俺「どうしたの?」
若菜「雅美みたいに経験もないし、会ってすぐだとそういう風にも見られるのかなって」
顔を真っ赤にしながら思いを伝える若菜。ぶっちゃけ俺も恋愛経験はゼロだった。
若菜「仲田くんモテそうだから・・・だけどいきなりっていうのもなんだか怖いし」
可愛い。さっきまでの元気な雰囲気もいいけど少ししおらしい表情がぐっとくる。
俺「いや、俺も彼女とか出来た事ないし、告白された事もないんで」
若菜「・・・本当に?」
俺「本当だよ。松本みたいに色んな事上手くリードできないし・・・。本当に俺でいいの?」
若菜「・・・うん。・・・ねぇ、キス・・・して」
そう言って目を閉じる。そして俺は若菜の肩を抱きキスをする。
「・・・ん」
柔らかい唇がふれる。その感触をしばらく味わってから口を離す。
「えへへ、キス・・・しちゃったね」
若菜は照れくさそうに笑う。
「もう一回しよっか」
ちゅっちゅと何度も口づけを交わす。さりげなく胸を揉もうと手を伸ばすと・・・。
「ダメ、お願い・・・」と柔らかく否定される。
隣からは激しい喘ぎ声が聞こえてくる。とても愛おしくなり若菜をぎゅっと抱き締め、横になろうとすると「おーっ、帰ったぞーっ!!」と玄関のほうから威勢のいい声が聞こえた。
松本の父母がご帰宅の模様。俺と若菜はさっと体を離し体勢を整えた。隣の部屋からはバタバタ激しい音が聞こえる。
「なんだよ、打ち上げから意外に早く帰ってきたな」
火照った表情の松本がこっちの部屋に来た。しばらくすると雅美も服を整え合流した。ちょうど4人揃ったくらいに松本の父母がやってきた。
「まあ、女の子もいらっしゃるのね。ゆっくりしていってね」
「おぅ、仲田くん今日はお疲れ。お前も見習って来年は手伝いに行けよ」
俺たちに声をかけると奥の部屋に入っていった。その後は俺と松本、若菜と雅美の部屋割りで寝る事となった。
若菜はその後付き合う事になった。セックスしたのはそれから数ヶ月先になる。
季節的にはもう冬になった頃だった。夏以降、若菜と付き合う事になり、高校は違ったけれどなんとか時間をやりくりして会う時間を作っていた。若菜は地元の2年制の調理の専門学校に進学する事が決まっていたが、俺は大学受験で最後の追いこみの季節だった。第一志望の大学にはちょっと学力が足りない状態だった。そんな状態だったけど若菜と会うと癒されたので、なんとか時間配分に気を使っていた記憶がある。
その日は若菜の家に行き、毎度の様にダラダラ過ごしていて、何となく話の流れから受験の話題になった。
若菜「伸司(俺ね)も受験で忙しいのに来てもらってごめんね」
俺「いいよ。若菜と会えると癒されるし」
若菜「あーあ、でもこれで本命受かっちゃうとなかなか会えなくなるね・・・」
そう言ってベッドにゴロンとなった。俺の本命校は県外のB・Cラン大学だった。
若菜「でも、受験に失敗もしてほしくないし」
俺「うーん、難しい所だけどなんとか時間作って会いに来るよ」
若菜「本当にー?なんか伸司って浮気しそう。そして私は捨てられるんだわ」
冗談で言っているのか本気で言っているのかよく解らない。
俺「何言ってんだよ。今までそんな事なかっただろ」
若菜「今まではなかったけど・・・きっと遠くに行けば、すぐに可愛い子に言い寄られたりして私の事とか忘れるようになって・・・」
ちょっと目を潤ませながら若菜は言う。この表情に俺は弱い。
俺「大丈夫だって。ていうかまだ受かったわけでもないんだし、心配しすぎだよ」
枕をぎゅっとしながら若菜はこっちを見る。
若菜「ううん、きっと受かると思う。・・・だから余計に心配」
俺はベッドに横たわる若菜を抱き締めて安心させるように言った。
俺「絶対浮気はしないし、忘れるなんて事もないから」
若菜「・・・本当に?私、最近すごい不安になるの」
気がつくと若菜は泣いていた。
若菜「今すごく大変そうだし、邪魔しちゃいけないって解ってるけど、もうじき会えなくなりそうだから今すっごい一緒にいたいし・・・でも邪魔できない・・・こんな事ばっかり考えちゃって・・・遠くに行って会えなくなって、私だけ一人になって・・・」
俺「大丈夫。俺の事信じて。愛してるよ」
そう言ってキスをする。そしてそのままベッドに倒れこむ。
俺「心配かけてごめんな。もうちょっとで受験終わるから。それまで待ってて」
そう言いつつ、さりげなく服の上から胸を愛撫する。
若菜「ぅんっ、わかった、信じる、んんっ」
性感帯が乳首の若菜は敏感に反応する。舌と舌とを絡めあうキスをする。ぴちゃぴちゃといやらしい音が響く。
「んっ、あっ、ぃぃ」
ショートカットの脇からのぞく耳も優しく撫でる。カーデガンを脱がし、するするとブラジャーを取っていく。少し小ぶりな胸を舌先でチロチロと舐めるとびくっびくっと体を震わせる。
「あぁん、あっ、あっ」
若菜はギュッとシーツを掴みながらも反対の手で俺のチンコを触ってくる。
若菜「伸司も脱いで・・・」
俺「ああ」
お互い全て脱ぐと優しくマンコに指を這わせた。
「っっ」
頬が上気してくる。若菜も不慣れな手つきでチンコをしごいてくる。俺はクリを丹念に愛撫してから指を入れようと試みた。
「あっ、あっ、っっ、うぅっ」
開発されていないので指1本入れるのもまだちょっときつい。乳首を積極的に攻めているとトロトロと愛液が溢れ出てくる。する…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ホームレスに見られてしまった不倫現場
2016/03/15 21:00
2016/03/15 21:00
私39歳、主人と子供二人います。6月12日の午前中、梅雨に入っても雨の降らないのが心配で車で畑に水をやりにいったんです。
畑の隣に、専業で野菜を作っている人(一年前から不倫相手)の広い畑があります。
その時は、家に帰る準備をしていたらしく、私を見つけ近寄ってきて
「朝早くから畑にやってるから、一旦家に帰って又来る?」
と話しかけてきたんです。


普段、私は主人と休日に一緒に来るくらいで、私人だけで来ることはめったにないんですが、今回のように空梅雨になると心配する主人に言われて畑に来ることはあります。

そのたまに来た時などに、隣の畑と云うことで色々教えてもらってる…
妻には申し訳ない事をしたと後悔
2018/09/18 18:04
2018/09/18 18:04
 僕の妻は幼なじみで24歳。結婚して2年目になる。先月、取引先の真壁さん(50歳ぐらい)を自宅に招待した時、僕の妻をえらく気に入ってくれたみたいで 「一度でいいからこんな美人の奥さんに相手をしてほしい」 と、言われた。酒も入った接待だった為その場では軽く受け流した。

 だが後日、真壁さんにその事を何度もお願いされた。取引先との商談、出世も深く関わっていた為、どうとも返事出来なかった。家に帰り妻にその事を話すと良い顔はしなかった。
可愛い看護婦さんのエロい口がオチンチンにしゃぶりついてくるー
2017/06/03 12:07
2017/06/03 12:07
入院といえば看護婦とのエロい事を想像する


これが健全な男性だと思う



暇な病院生活

そんな時に可愛い看護婦さんに

ベッドに横たわりながら、

フェラで抜いてもらったり、

騎乗位でイカせてもらうような妄想を誰もが抱くはずだ。

実際、脚の骨折などで動けなくともチンポはビンビンな若者が、

男日照りのナースと入院中だけデキるという話はよく聞く。

オレも、入院中ではないが、それに近いことを敢行したことはあった。

オレは都内の大学に通っていたので東京近郊に一人暮らしをしていた。

そして夏休みや年末年始に時々帰省するという、

ごく普通の大学生活を送っていた。

それは大学2…
取引先の凄く美人の社長夫人との体験談
2015/11/11 14:10
2015/11/11 14:10

先週、以前から気になっていたA子さんをゲットした。

そのA子さんは、私の会社の下請けの社長の美人妻。

以前から、私(29歳)の事を見る視線も気になっていた。

年齢は42だが、ぱっと見は30代半ばと言う所にしか見えない。

子供も3人産んでいるがスタイルはとてもいい。


その日の午前中、書類を届けるためその下請け会社の事務所兼自宅へ出かけた。

その社長は朝、仕事に出かけたら夕方か夜までは必ず帰ってこないのは社長本人が自ら話していた事があって知っていた。

チャイムを鳴らすと奥から聞きなれたA子さんの声が聞こえドアが開く。前もって連絡はしていたので待っていたかのように家のリビングに招…
花見で酔いつぶれた人妻達を公園内で犯しまくる
2017/10/04 21:00
2017/10/04 21:00
 
何年か前の話だが近くに緑地公園があり、たまに運動しに行ったりジョギングコースに利用している。
花見の季節になるとBBQの良い匂いに堪らなくなる。
夜になるとライトアップして花見する人達もいるが、そんなグループの女性が酔っぱらいフラフラと歩いていたのを見ていた。
その女性は、グループから離れて人気の無いベンチに倒れ込むように横になっていた。
近寄って見ているとグッタリとしていて、心配になったので女性の肩を揺すって大丈夫ですか?と声を掛けたが女性は無反応だった。
かなり飲んだのか、酒に弱いのか。
心配もあったが、女性が俺好みの和風美人的な感じの人だった。
ベンチに横になっている女性…
中出しセフレ関係の外国人
2017/06/28 00:44
2017/06/28 00:44
私は冷凍倉庫の事務員をしている44才の主婦です。

会社のパソコンのインターネットで嬉しい体験をお送りします。

倉庫に日系三世のブラジル人の男の子がアルバイトで来ました。

小さな倉庫なので、男性社員は配送とかでいなくなり彼と2人きりになることがよくあります。

彼は黒人50%白人25%日系25%のタイガー・ウッズに少し似た21才の子です。

事務所にいるとカタコトでよく話しかけてくれ、仲良くなりました。

私には子どもがなく主人とは別居中なので、仕事の帰りに一度私の家に夕食に誘いました。 私の家はバスルームとキッチンが隣り合わせになっていて、私が食事の支度をしている間に…
【レイプ体験談】娘の彼氏に
2015/10/30 23:42
2015/10/30 23:42
私の名前は奈津子、42才の主婦です。 きっかけや理由はどうであれ娘の恋人を奪ってしまったひどい母親です 10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。 娘の名前は真奈美、都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏がいました。 外見だけで言えば、とても爽やかな感じの一流大学に通っている男の子で、正直に言えば、もしも私が若くて独身だったらこんな彼氏が欲しいと思うような子です。 真奈美には知られていませんが、今年の4月、私は真奈美の留守中に訪ねてきた村上君に犯されてしまい、それ以来泥沼のような不倫関係から抜け出せな…
高慢な女の上司(9)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/23 11:52
2017/10/23 11:52
「頼めばなんでも許してもらえると思うのが、そもそも思いあがりなんだよ」 「脱がしてほしいのか、誰のなにを見て欲しいのか、はっきり言うんだよ」 「まあいい、言わないなら、お望みどおり、朝までこいつで楽しませてやるよ」 「どうせ、もっともっとローターでいかせてもらいたくて、わざと言わないんだろ」 ピンクのおもちゃのスイッチをいれると、ジイーと振動音がします。 「ううう・・・ひっく、うう・・ひどい」 「お願いです、パンティーを脱がせて、Sのお○んこを見てください」 搾り出すような声で羞恥をこらえてやっと言い切りました。 「ああん? よく聞こえなかったな、何を見てほしいんだって?」 低い音の鳴るピ…
【人妻体験談】人妻×2の3P乱交で濃厚な熟女SEXをしています
2018/05/11 18:02
2018/05/11 18:02
結婚式で、セックスフレンドだった遥と再会した 遥は結婚し、人妻になっていたがまだ子供いないんだと 俺も遥も少し遠いところからの結婚式の参加なので結婚式→二次会→ホテルって同じ流れでした なので二次会後宿泊しているホテルの部屋に人妻になった遥を連れ込んだ 遥とエッチするのは3年ぶり 遥とは2年程のセフレだったが 目隠しや縛りのソフトSMでマン汁垂れながすM女で それに撮影やコスプレ好きの痴女でビッチなセフレでした 久しぶりなので、ストールで目隠ししネクタイで手をしばり携帯で写真をとりながらの人妻になった遥とセックスを楽しみました セックスの後話をしてると 旦那の夫婦の営みに不満があって欲求不満…
彼氏のオチンチンをジュポジュポしゃぶったら、口の中で大爆発wwwwwwwwwww
2016/12/12 10:02
2016/12/12 10:02
彼氏から電話があって飲みにいく事になりました。

私の家の近所でって。

彼はお母さんと一緒に住んでるので帰らなきゃいけないし、

土日以外で私の家に来る事はないんです。

なので、ちょっとびっくり。

でも私の家の近所で飲んでたら、

盛り上がっちゃって23時過ぎになっちゃったんです。

店を出て、彼がすっごい熱いキスをしてくれました。

私の家の前に来たので、

「明日、何時にする?」

「何で?家に入れてくれへんの?」

「だって…帰らなきゃでしょ?」

って聞いたら、

「今日は帰らんって言うてきたから泊まる」

って。


びっくり!だってそんな事今までな…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【女×女】お隣の奥様に覗かれてレズに目覚めた私[後編]

・□子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました

・【人妻体験談】人妻専門サイトに参加し、近所の綺麗な人妻を見つけSEXを楽しんだのだが・・・

・ストレス発散したくて出会い系に登録

・双子の甥達と 2

・【女×女】お隣の奥様に覗かれてレズに目覚めた私[前編]

・【Hな体験】私のビッチ生活はこの夜から始まった

・#妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた

・妻の秘密を発見!

・【人妻体験談】素人専門の出会いコミュニティで童貞を捧げた同級生と再会し、セフレとなった

・セフレをスワップしてみた

・私の全裸をサイトに投稿するバカ主人

・双子の甥達と

・【人妻体験談】旦那が単身赴任中に隣の変態夫婦に中出しレイプされてしまった

・【熟女体験談】嫌がる友人の奥さんとエロ動画撮影会

・【羞恥】俺のイキ顔を見ながら抜いてくれた陸上部の貧乳先輩

・偶然見かけた人を思い出してドキドキ

・妻の母と淫靡な毎日

・【人妻体験談】淫乱人妻を白昼堂々調教中

・【熟女体験談】簡単にヤラせてくれるエロい人妻に誘われ、バックで挿入し、中でイッてしまった

・口説かれて体を許すまでの道のりが好き

・部長の奥さんと関係を持つことになった。

・エロいお姉さん(^^)①

・【Hな体験】30年ぶりに再会した元カノはバイブが恋人だった

・騙して中出し!そのままホテルに放置w

・【乱交】北海道行きの寝台特急の中で2人の男と

・先週初のハプニングバー体験 興奮と後悔と驚愕!

・【熟女体験談】オナニーを止められたが、我慢できないでいたら手伝ってくれた母

・#嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました【転載禁止】

・【人妻体験談】アナルにローターを入れられながら夫の父のチンポを咥えイチャイチャする妻