寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【不倫】夫と別居中の女上司の家で激しいセックス[第2話]

2018/06/21 14:00


実はちょっとした人事異動で、京子とはフロアが別々になり、ますます平日はすれ違うようになった。ということで、週末とか休みの日の前日に泊まったり泊まらせたりすることが増えてきた。
ある日、京子の部屋に行くと、「久しぶりね」って言いながら俺に抱きついてきた。そして京子は俺の首に手を回し、キスをしてくる。何度キスしても京子の唇は美味しい。
「いい物を見つけた」って言ってたので、何かと思ったら入浴剤だった。
俺は京子と一緒にお風呂に入ることになった。風呂に行くと風呂の明かりは消えてて、バスキャンドルが浮かんでた。薄暗い中で体を簡単に洗い、浴室のボタンを押して京子を呼ぶ。ドアを少し開けて京子が言った。
「恥ずかしいから向こうを向いてて」
「暗いんだから大丈夫ですよ」
「だめよ。ほら、早く」
俺が後ろを向くと京子が入ってきて、シャワーを浴び始めた。この時点で俺のチンコはビンビン。京子も浴槽に入ってくると、俺は我慢できずに京子を引き寄せ、俺の足の間に座らせた。俺のチンコは京子の腰にぴったりくっついている。京子も俺にもたれかかるようにしている。入浴剤の香りもいい感じで、しばらく2人とも動かずにぼーっとしていたが、俺はいつ京子の胸に手を伸ばそうか、そればっかり考えていた。京子の脇の下からそっと手を伸ばし、AVのエロマッサージ師みたいにじんわり揉む。すると京子は俺の手を外して、こっちを向いた。
「今日は私がしてあげるわ」
京子は右手で俺のチンコを優しく握りながら言った。
「ちょっと腰を上げて」
京子に言われるがままに体勢を変えると、京子の目の前に俺のチンコがあった。
「これ、潜望鏡って言うのよ」
一体誰がこんなエロ単語を京子に教えたのか気になったが、何をされるか分かった俺はドキドキしながら京子の顔を見ていた。京子は俺のチンコを静かに咥え、我慢汁が出てくるのを待つかのように、舌先でチンコの先をチロチロ弄り始めた。明かりはキャンドルだけだったが、京子の仕草ははっきり見えた。
「ん・・・ぺちょ・・・くちゅ・・・くちゅ・・・はぁ・・・」
よだれがこぼれないように時々すするのがとても卑猥だった。口をすぼめた表情はちょっと不細工なんだが、吸引力がたまらない。我慢汁が出ると同時に舌で舐め取られてるようだった。少しすると、さすがに疲れたのか、手でしごき始めた。
「京子さん、気持ちいいです。いつもこんなに激しいんですか?」
「◯◯君が気持ちよさそうにしてるからよ。このままイッてもいいわよ」
「ちょっと疲れたんで腰下ろしていいですか?」
俺と京子は向かい合って座った。京子はずっとチンコを握っている。
「あの、口でイカせてもらってもいいですか?」
「ふふ・・・いいわよ」
「で、その後なんですけど、・・・」
俺はずっと妄想していたことがあったので、思い切って言ってみた。
「ちょっと、そんなこと考えてたの?」
「すみません。やっぱり駄目ですよね・・・」
「ほら、じゃ、そこに腰掛けて・・・」
俺は浴槽の縁に腰掛けると、京子はじゅるじゅると音を出しながら舐め始めた。俺はすぐに絶頂を迎えた。
「京子さん、イキますよ・・・たぶんいっぱい出ますよ・・・」
俺は京子の口の中に全部ぶちまけた。京子が少しむせそうになったが、それもまたエロかった。ゆっくりチンコを抜き、京子を見つめた。京子もこっちを見ている。
「じゃ、京子さん」
京子は俺をじっと見つめたまま口を少し開き、唇の端から白いものをこぼれさせた。最後は舌で押し出すように白いものを全部出した。顎、喉、胸元と流れた跡ができていた。AVとかでたまに見かけるシーンだが、1回やってみたくて、実際やってみたら超興奮した。京子の感想は、「子供がよだれを垂らしてるみたいで恥ずかしいわ」だった。
その後はベッドでヤったんだけど、前に書いたのとそんなに変わらない。ただ、その後の会話を掻い摘んで書くと・・・。
「京子さんって、お尻の形がすごくセクシーですよね。会社でもよく見てました(笑)」
「まあスーツの時はガードルを履いてるからね」
「パンツスタイルはしないんですか?」
「うーん、私はスカートの方がいいわね」
「パンツスタイルだと下着のラインが出ちゃうからですか?」
「あら、最近のは大丈夫なのよ。昔は駄目だったけど」
「じゃ、その頃ってラインが出るのを分かってて穿いてたんですか?」
「そういう時はTバックを穿いたりするのよ」
「Tバックを穿いて出勤してたんですか?」
「まさか。会社以外での話よ」
「ちなみにTバックってまだ持ってるんですか?」
「あるわよ」
ということで、京子のTバック姿を見せてもらった。俺の理想は“会社のスーツにTバック”だったんだが、それだと会社で京子を見かける度に俺の下半身がえらいことになるので、単に下着姿を見せてもらうことにした。
寝室で待っていると、少し丈の長いTシャツを着た京子が入ってきた。今回は、京子に言われない限り部屋を暗くしないつもりだったが、結果から言うと最後まで部屋は明るいままだった。
Tシャツの裾から京子の太腿がちらちら見える。ガリガリでもなくデブでもなく、膝を付けると少し太腿に隙間ができるぐらいの程よい肉付き。俺はベッドの端に座り、京子を俺の前に立たせた。俺は京子のシャツを掴み、ゆっくりと上げていく。京子の下着の色は白だった。そのままゆっくりと後ろを向かせ、少し垂れ気味なお尻を眺める。お尻の割れ目に沿って、白いレースが一本。
「ちょっとシャツを持っててもらえますか?」
京子にシャツを持たせ、下から支えるように京子の尻を掴む。掴んだ瞬間、京子の全身がビクンとなったが、その後はじっと我慢しているようだった。手のひらでお尻を持ち上げたり、指を食い込ませたり、まるで痴漢をしている感じで(実際やったことはないが)、京子の尻の感触を楽しんだ。
その後、まずは俺が裸になり、京子のシャツを脱がせてこちらを向かせた。京子がこっちを向いた時、京子が俺のチンコをちらっと見たのを俺は見逃さなかった。京子をベッドに上がらせ、四つん這いにさせた。京子は抱き枕にできそうなテンピュールの長い枕を持っていたので、それに跨がらせるように寝かせた。京子の隣に座って、とにかくお尻をフェザータッチ。
「・・・はぁぁ・・・」「・・・いやぁ・・・」「・・・そこは・・・だめぇ・・・」
駄目と言われたところを徹底的に撫でる。
「・・・はぅっ・・・」
ロデオの牛に乗ってるみたい悶える京子。まだ肝心なところを弄っていないのに、もう下半身に力が入らなくなってきた感じ。そばにあった枕を京子のおへその辺りに挟み込むと、お尻の位置が少し頭より高くなって超エロい姿勢になったが、京子はされるがまま。持ち上げたお尻の方に回り込み、両手で膝の裏から太腿の裏を撫でた後、右手の手のひらで京子の股間の膨らみをそっと揉んだ。
「気持ちいいですか?京子さん」
「・・・最高・・・」
京子のTバックはビショビショだったので、俺はこのままヤッてしまうことにした。
「京子さん、もうゴムだけ先に付けちゃいますね」
ベッドを下りてゴムを付けたら、すぐに京子の尻に戻る。お尻の割れ目に右手を乗せ、親指で股間をゆっくり揉む。京子は黙っているが吐息はかなり荒い。時々手のひら全体で揉むふりをしてTバックをずらすと、京子のアナルが見えた。俺の愛撫に耐えているのかヒクヒクしていて、それを見ているともう我慢できなくなってきた。京子のTバックを脱がせ、腰からお尻を撫でるように見せかけて京子の腰を掴み、ゆっくりと挿入していった。
「ちょっと、もう?待って、待って」
待つわけがない。京子の尻の感触を味わうように俺の腰をぶつける。
「待って・・・まって・・・ま・・・あぁん・・・あぁん・・・あぁん・・・」
最初から全力で腰を振っていたせいかすぐに疲れちゃったので、京子と繋がったままクリを弄る。
「いやぁ・・・だめぇ・・・」
京子はぶるぶる震えている。
「・・・ねぇ・・・イッちゃう・・・イッちゃう・・・イッちゃう・・・あぁ・・・」
大して弄ってないんだが、京子はあっさりイッてしまった。俺も出したくなったので突きを再開。京子はぐったりして枕を抱いて突っ伏している。バックで出すのは久しぶりだったので、俺もテンションが上がった。
「京子さん、出しますよ、出しますよ・・・ああっ・・・出る・・・」
ゴムを付けてるのに生でやってる感じになってしまった。ハメてる時間はいつもより短かったが、京子はよほど気持ち良かったのか、回復するのにいつもより少し時間が掛かった。
俺の誕生日の話。ただ誕生日当日は平日だったのと、週末の都合がなかなか合わなかったので、実際は結構遅めの誕生日祝いになった。会ったらヤリまくると思っていたので、京子の家に着いたらレイプでもするのかってぐらいのテンションで玄関でいきなり抱きついたりしてたんだが、京子が俺の耳元で囁いてきた。
「今日は◯◯君は何もしなくていいわ。私に全部任せて・・・」
いつもよりちょっと豪華な食事を済ませると、さすがに俺も少し落ち着き、コーヒーを飲みながらまったりしていると・・・。
「じゃ、シャワー行きましょ」
脱衣所で服を脱ごうとすると、なぜかそばにいた京子が言った。
「ちょっと、何もしなくていいって言ったでしょ?」
京子が俺の服に手を掛けると、俺の股間はあっさりMAXになった。パンパンに盛り上がったパンツに手を掛ける時に何か言われるかと思ったが、そこはスルーされた。京子も裸になると俺が先に風呂場に入った。京子は俺の背後で立ってシャワーのお湯を俺にかけ始めた。京子の右手が俺の背中を撫で回す。
「はい。じ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【画像あり】姉がパンツ出して寝てたから撮ったwwwwwwwww
2018/01/16 11:39
2018/01/16 11:39
ある意味、ゴージャスな初体験だったけど・・・。
2017/06/08 11:19
2017/06/08 11:19
俺が6年前の高1の時、夏休みに水泳部の練習を終え帰宅すると・・・。 「おっ、翔太!真っ黒に焼けて、部活頑張ってるな~!背もかなり伸びたんじゃない」 東京で一人暮らしをしている4歳年上の姉でした。 姉は昔から美人でしたが、久しぶりに見る姉はさらに美しさを増していた。 俺は目を合わせる事が出来ず、適当に挨拶をして自分の部屋に逃げ込んだ。 ベッドに転がりマンガを読んでいると、隣の姉の部屋が騒がしくなってきた。 「かんぱ~い!久しぶりだね~、みんな変わらないね~」 声を聞いただけで分かります。 姉の親友の、未来さんと由香里さんが来ている。 俺は小柄で可愛い未来さんが小学校の頃から大好…
【レイプ・痴漢】夜行バス【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/29 07:16
2017/05/29 07:16
地方へ夜行バスで帰った時の体験談です その夜行バスは座席が、2つ通路3つの様になっていました。 自分は、その3つの方の窓側の席に座りました。 出発を待っていると、隣の席に中学生ぐらいと小学校低学年ぐらいの姉妹らしき人が、自分のすぐ隣の2席に座りました。 乗ったら、携帯電話で母親に無事乗れた事を報告していました。どうやら、その姉妹2人だけで母親の実家に行くみたいでした。 姉はロングヘアでワンピース、白いブラジャーが透けており、 妹もロングヘア、こちらはTシャツとプリーツのついたミニスカートで、髪を三つ編みにしていました。r>バスが出発し数十分たった時、姉が具合悪そうにしていました。どうやら、酔…
酔ってホテルにつれこまれ処女を奪われた
2017/12/28 09:48
2017/12/28 09:48
1年程たったある日、突然、S君が言いました。「実は、仕事で大きなミスをして、今度遠くの都市に左遷されるなった。だが、君と離れるのがつらい。僕の心のよりどころとして、いつも君といたい。ついて来てくれないか?」それまで、キスどころか手もつながなかったS君からの告白に、私はびっくりしてまともな返事ができませんでした。「あまりに突然の事で返事ができない。そんな急に言われても困る」というような返事をしたと思います。実は私も悪い気はしなかったのですが、今までとの変化があまりにも急すぎて、優柔不断な私には決めかねたのです。(生活の安定しない職業というのも頭の中によぎったのも確かです)ところがS君はどうやら…
控えめな会社のOLをドMにしていったエロ話
2016/04/15 11:38
2016/04/15 11:38
「サツキ、飯、食って帰るか?」



真面目で勤勉ではあるが、仕事の遅いサツキが今日も残業をしていたので、俺は帰り際に声をかけた。




「え?私ですか?」



「他に残業してるヤツいないし、サツキはお前だけだろう?」



サツキは、顔を赤らめて俯いた。




「まだかかるのか?」



「いえ、この書類が終わったら帰れます」



「じゃあ、待ててやるから早く片付けろ」



「はい」



サツキはそれから更に30分もかかって、ようやくパソコンの電源を落とすと俺のところにやってきた。



肩から、大き目のバッグを提げている。




「お待たせしました」

細くてガリガ…
❤ローターの快感への魔力を知った
2018/01/04 11:31
2018/01/04 11:31
 交差点で右折しようとして、直進してくる車と衝突してしまった。夫に電話をしたけど通じない、いつもの車の担当者に携帯から電話をした。「もしもし、事故なんです、場所は○○通りの□□交差点です」「はい、すぐに行きます」

 パトカーが来るよりも、うちの車の担当Sさんが先に来てくれた。状況を説明すると「大丈夫ですか、お身体の方は」と私のことを心配してくれた。結局、双方の車とも、前輪の車軸が折れて全損、相手の方も負傷もなく物損事故だけとなった。

 うちの車の担当のSさんが手配したレッカーで、破損した車も片づけられた。「ご自宅まで送ります、あとはすべて僕が対応します」「今日は、ごめんなさいね」それか…
童貞処女同士でスリル満点の素股
2016/07/04 20:12
2016/07/04 20:12
103 :K:2007/09/22(土) 17:17:44 ID:wYS8Hwn50ちょっと長いけど書いて良いかな?中学2年の秋の話。 俺、クラスでちょっと浮いてて仲良い友だちいなくて、休み時間とか 授業サボっては体育館の屋根裏登ってゲームとかしてた。 誰もこんな所、登れるなんて知らないし、舞台袖の準備室を 部室(ブシツ)代わりにしていた女子剣道部の着替えを通気口から 眺められるという絶好の隠れ家だった。  ある日いつものように登って暇つぶししていたら後ろから 「えー!何ここ!」と知った女の子の声。同じクラスの和田だ。&…
【近親相姦体験告白】ソープで指名した娘が妹だったエッチ体験
2015/10/03 15:38
2015/10/03 15:38
先日の話、俺は競馬で稼いだ小銭(10万程)を持ってソープ街へと足を運んだ。 そこでとある店に入店…初めて入った店だが料金がお手頃で結構タイプの娘がいたので迷わず使命… 部屋で待っていると「お客様、申し訳御座いません。お客様の御指名頂いた娘が体調不良で先程帰ってしまいまして…」と店長らしき男が謝って来た。 「なにっ!」と、ちょっと厳つくと「申し訳御座いません!こちらのミスで大変ご迷惑をお掛けしました。別の娘なら直ぐに用意出来ますが…」と言ってきたので「どんな娘?」と聞き返すと「生憎写真がありませんので、直接本人に来させますので、お気に召さなければ代金をお返ししますので…」と言うので俺は承諾し…
人妻になった元会社の先輩は、テクニックが抜群だった
2016/07/15 06:00
2016/07/15 06:00
約10年ぶりに知り合いの女性から電話があった。
前の職場の先輩で、当時2コ上の24歳。とても綺麗な人だったが、その時の同じ職場の上司とできちゃった結婚をして、退職してしまった。私もその後、転職をしたこともあり、ほぼ音信不通だった。共通の友人を通じて、彼女が離婚した事は知っていた。電話で10年分の思い出話をしているうちに、今度飲みに行こうという流れに。


私は遠くに住んでいたが、丁度法事で地元に帰る為、その時にと約束。
そして、当日、彼女は待ち合わせ場所にやってきた。さすがに10年たつと、お互い年をとっていた。
しかし、プロポーションは変わらず、相変わらず綺麗だった…
普段の清楚な主婦という印象からは考えられないような変貌ぶりでした・・・
2015/08/30 08:01
2015/08/30 08:01
ボクは大学卒業後、地元の塾で講師をしています。小さな塾なのですが、合格率がよく、特にある大学への合格率がすごく高いんです。それで裏口入学のコネやルートがあると勘違いしてる保護者が結構いるんです。

ボクらのような下っ端はよくわかりませんが、いまどき、そんなのまだあるんでしょうか?それに頼むなら社長とか、塾長とかだと思うのですが、なぜか講師のボクにお願いしてきます。
もちろん、ほとんど丁寧に断るのですが、中には断らない時もあるんです。それも毎年、1人か2人。
断るか、断らないかの判断は頼みにきた人と子供の成績です。そう、ボク好みの母親で、合格しそうな子供の時だけです。
し…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・衣装選択でお客様と・・・

・【熟女体験談】母親のオナニーを見た息子が猛獣のように襲いかかり、激しく近親相姦SEX

・彼女がいるのに、家庭教師先のJKも食っちゃってました

・コンプレックスのある女性の相談に乗ってやったら、処女の体を堪能できた

・かみさんとセックスレスなのでヘルス嬢とやっている

・店の同僚の彼と汗だくでセックス

・パートの人妻さんに媚薬を飲ませた結果⇒アナルセックスできたwww

・不倫して離婚し、そして自殺してしまった元嫁に涙が・・

・1年前女VIPPERと会ってセクロスした時の話をする

・淫乱OL

・妻の妹に性感マッサージしてSEX寸前にwwwwwwwww

・出産後間もないツンデレ嫁の淫語手コキで大量発射

・vipperに彼女を寝取らせた話をする

・はじめて母乳風俗いってきた!!!!!

・大学時代に失恋の傷を癒してくれたパートナーとのおばちゃん

・ボストロールと満喫でセクロスした話

・友人の知合いの温泉

・ショートカットの可愛い素人主婦にスカートを捲って・・・

・私(女)のレズ恋体験です。。。

・放課後の教室で好きだった同級生とキスした青春時代の恋愛話

・【痴漢・レイプ】万引き発見し

・結婚して半年の頃、私の職場にDVDが1枚届きました・・・

・女上司と混浴して筆おろし

・【人妻体験談】スワッピングパーティで義妹にばったり遭遇し、過激な乱交SEX

・隣の家の女子高生のスクーターを直してあげたら

・【浮気】巨根の友カレを自慢のFカップ美乳で強奪

・【痴漢・レイプ】片思い 2

・意地で結婚しなかった俺だったが・・・

・酔っぱらった女友達に剥けチンの説明をしてたら

・スワッピングは、とてもよい妻孝行の一つだと思います