寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】貞淑な妻を親友が強引に・・・・

2018/06/21 12:41




今から私がこの3ヶ月に及ぶ計画の末、人生で最も興奮し、熱くなった出来事をここに記します。
私は結婚10年目で今年42歳になる会社員です。
妻は「彩子」と言いまして、39歳になるまじめで貞淑な妻です。
私は今でも、結婚当時と変わらず彩子を心から愛していますが、結婚を3年が経過したあたりから愛する心とは裏腹に、妻に女としての魅力を感じることも少なくなりました。
時同じくして、私はある妄想を抱くようになりました。
それは愛する彩子が、他の男の硬くて大きなペニスを突っ込まれ、よがり狂う姿を見たい、というものでした。
その手のビデオや本を見たりして、その欲望を何とか抑えてきましたが、それもついに限界を超えました。私は心の中で決心し、その妄想を実現するべく、計画を錬り始めました。
それが3ヶ月前のことでした。
私がまず第一に取り掛かったのは、愛する妻のパンティーを剥ぎ取って、生い茂る陰毛を掻き分け、そそり立つペニスをぶち込み、白濁の体液を流し込む相手を決めることでした。
その際に注意したことは①既婚者は除外②私の知らない男は除外③私より全ての面で優れている男の3点でした。
①、②は無用なトラベルを避けるための措置で、③は私の嫉妬心を最大限に高め、究極の興奮を得る為でした。
その結果、思いのほか私の身近に、全ての条件を満たす男がただ一人いました。
大学の同窓生で、我が家にも何度か遊びに来たことのある上原という男でした。
上原と言う男を簡単に紹介すると、彼は大学時代ボート部の主将を務めたほどのスポーツマンで、かつ精悍なマスクの持ち主であり、卒業後は某一流企業で勤務している男です。
従って、女性にも私とは比較にならないくらいにモテるのですが、不思議なことに未だに独身でした。
余談ですが、大学の卒業旅行で彼を含めた5人で東北地方の温泉に行ったのですが、その時に偶然に目の当たりにした彼のペニスは通常時で私の2倍の大きさで、その当時の私は、男としてのやるせない劣等感を抱いたように記憶してます。
ピックアップが終わったら、あとは上原を口説くだけです。
今にして思えば、ここに一番労力が割かれました。
口説いた日の会話を簡潔に以下に記します。
あれは、上原の会社の最寄の駅前の居酒屋で飲んだ時のことでした。
「ところで、お前今彼女はいるのか?」「は?なんだ突然?以前お前と飲んだ時と状況は変わっていないよ。誰か紹介でもしてくれるのか?」「だったら友達として一生のお願いがある」「え?何だよ畏まって。怖いな。まさかここの酒代を奢れとか?」「彩子とセックスして欲しい」「は?馬鹿か、お前?なんで俺が彩ちゃんを抱かなきゃいけないんだよ?お前、飲みすぎで頭おかしくなったか?」「いや、本気だ。頼む。」「無理だよ!無理!そんなことできるか!」この後、延々と押し問答が続いた。
しかし、私が決して彩子を傷つける目的で話を持ちかけている訳ではないこと、むしろそうすることによって彩子に対する愛情がいっそう深めたいという素直な気持ち、いかなる結果に終わっても絶対に迷惑をかけないということを2時間に渡って訴え続けた結果、ようやく彼も了承してくれました。
第二に取り掛かったことは、結婚後家庭に入り、社会生活から10年も遠ざって主婦臭くなっている彩子に、女としての自覚を取り戻させることでした。
私は悩んだ末、ある計画を実行しました。
ある休日、彩子を某県にある山間の温泉に誘いました。
彩子は、普段は一日中テレビを見て漫然と過ごす私の突然の申し出に驚くと共に、とても嬉しそうな笑顔を浮かべていました。
温泉旅館に着くと、山菜づくしの昼食を食べ、すぐに温泉に向かいました。
彩子には内緒にしてましたが、この温泉は男女混浴の露天風呂を完備しています。
私は計画を実行するため必要不可欠である、混浴風呂に入ろうと彩子を口説きましたが、当初、恥ずかしいからと嫌がり、女性専用に入るといってききませんでした。
しかし、まだオープンしたてで知名度も低いから他の客はいないことと、せっかくだから夫婦仲良く湯船に浸かりたいという私の情熱に負け混浴に入ることになりました。
入ってみると、客は私達のほかに地元のおばあちゃん連中が三人いるだけでしたが、5分も立たないうちに湯船を去り、すぐに私達二人だけになりました。
「な、言っただろう。ここは客が少ないんだよ」「うん、安心した。こういう所って女の人の裸を見ることが目的で来る男の人がたくさん居るって想像してたから。思い切って入って良かった」「ちなみにタオルを持ってはいるのはマナー違反だから、脱衣所において来い。」「あ、そうなんだ。わかった。」そういって、脱衣所にタオルを置きに行った妻は、当然の如く、素っ裸で戻ってきました。
やや小振りだが形のいい乳房も、くびれのあるお尻も、何故かその日はとても魅力的に映りました。
家庭から抜け出して、開放的な場所に来たという精神的な面も大きく影響していたとは思いますが、計画の第一段階を控え、心の高ぶりを抑え切れなかったのが正直な気持ちでした。
15分くらい経過して、男性側の脱衣所がふいに開きました。
タオルを脱衣所に持っていって狼狽する妻は、必死に乳房を手で覆い隠します。
白い湯煙をかきわけ、私達夫婦の前に現れたのは、当然の如く上原です。
「あれ、なんでお前ここに居るの?驚いたな~。こういうこともあるんだね」「お前こそなんだよ?もしかして彼女と一緒か?」「そんな訳ないだろ。一人だよ、一人。会社の旅行の幹事を任されちゃって、その下見に後輩と来る予定だったんだけど、インフルエンザに罹ってドタキャンさ。」そんな猿芝居を打つ二人の横で、嫁が下を向いて、必死に体を隠していました。
まったく知らない男ならまだしも、家に泊まったこともある上原に全裸を晒すのがよっぽど恥ずかしかったのでしょう。
そんな妻の姿がとても新鮮に映り、私の興奮のボルテージは徐々に上がって行きました。
「彩ちゃん、久しぶり?本当に驚いたよ」そういって上原は、黒々とした大きなペニスを隠すこともなく、むしろ見せつけるように、私と彩子の隣に入ってきました。
彩子は見ないように見ないように、目を反らしながら口を開きます。
「上原さん、久しぶり。まさかこんな所でお会いするとは。こんな格好ですいません、本当・・・」相変わらず乳房は隠しています。
そう、自分が女で、夫以外の男に裸を晒しているという現実に遭遇し、必死に女としてのマナーを守ろうとしています。
しばらくどうでもいい話をした後、計画は第二段階に入りました。
「あ~、湯船の浸かりすぎで、頭がクラクラする。ちょっと俺、湯船から上がるよ」「え?だったら私も上がる」「あ、上がるといっても、体を洗うだけだよ。せっかくだから、もう少し入ってれば?」人に対して常に気を使う彩子は、上原という知人が居るにもかかわらず場を外すことを失礼と思ったのか、「う、うん・・・」と困惑の表情を見せながらも、その場に留まります。
私は湯船を上がり、一度は体を洗いに向かうそぶりを見せましたが、その場に残してきた遠くの彩子に向かって、私「やっぱりちょっと気分が悪いから、一旦出て、冷たいもの飲んでくる・・・」と言い放ち、脱衣所のドアを開け、妻の返事を待たず、強引にその場を跡にしました。
私がここの目的としたのは、まずは妻に、他の男と二人きりという状況を作り上げることで、女としての自分を認識し、女として立ち振る舞う妻の姿を見てみたいということと、お互い素っ裸と言う卑猥な状況の中でどういう会話をするのか聞いてみたい(勿論、上原にはこういう会話をして欲しいということを事前にお願いしてます)ということでした。
そのため、一旦出た後、妻が下を向いている間に、こっそりと二人の死角になる位置に戻り、見つからないように展開を見守ることとしました。
この時点で私のペニスは痛いくらいに固くなっていました。
以後は、盗み見た妻のしぐさと会話です。
「彩ちゃん、久しぶりだけど、相変わらず綺麗だね」妻は乳房を隠したままうつむき加減に、「え?そんなお世辞は私にじゃなくて、会社の若い子とかに言ったら。それより本当にこんな格好で恥ずかしいわ」「恥ずかしがることないよ。だって俺も裸だよ」「だから余計に恥ずかしいの!目のやり場に困るもん」「へえ~、彩ちゃん、俺を男として意識してるんだ」一瞬、顔を真っ赤にして、あわてた様子で「い、いや、そういうことじゃなくて」「さっきからオッパイずっと隠しっぱなしだけど、手疲れない?」「うん、大丈夫」そう妻が言うか言わないかの間に、上原はいたづらっぽく強引に手を払いのけた。
「キャッ!何するの」初めて上原の目の前で妻の乳房が露になる。
「彩ちゃん、オッパイ大きいじゃん。もう隠しても無駄だよ。ばっちり脳裏に焼き付けたから」時間もかなり経過し、慣れてきたのでしょう。
妻は乳房を隠すのを諦めました。
私は、他の男の前で乳房を隠そうとしない妻の態度に少し嫉妬する反面、自分の妻の乳房をペニスを剥き出しにした他の男に見られているという状況にかなり興奮しました。
会話はさらに続きます。
「彩ちゃんがオッパイ見せてくれたから、お礼におちんちん見せてあげよっか?」「見せたんじゃなくて、強引に見たんじゃん。後で旦那に言ってやるから。それと、別に見なくてもいいから」「え?何を?何を見なくていいの?はっきり言ったら。おちんちんって」「もう、上原さん、冗談が過ぎるよ。せっかく、かっこいい男性だって思っていたのに。イメージ台無し。」「え?旦那がいるのに俺のことかっこいいって言った?俺のほうこそ言いつけてやるから」二人の会話が弾ん…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【体験談】姫始めは処女の妹と、処女なのに騎乗位駅弁立ちバックでやりたい放題
2016/06/20 18:00
2016/06/20 18:00

処女の妹との中出しSEXした体験です

今年の正月、両親が初詣に行っていて
妹の葵と二人きりになった時、妹と姫初めをしました

お昼頃、小腹が空いたのでコンビニに何かを買いに行くので、葵にも何か買ってくるもんあるかと葵の部屋に入ると、葵は全裸でベットの上でオナニーの真っ最中・・・・
冗談のつもりで
「オナニーじゃなくて俺とSEXするかい?」
葵の返事は
「うん、する~お兄ちゃんとSEXする~。

葵、経験ないから優しくしてね。


冗談で言ったのに葵は本気にしたらしく、全裸のまま抱き着いてきてキスしました。

夫婦とも性欲旺盛なのに、風俗に通う旦那と、若い男と浮気する嫁って・・・
2017/08/15 22:02
2017/08/15 22:02
学生時代のバイト先に「風俗大王」の異名を持つ親父がいた。推定40歳。

小学生の子供がいるバリバリの既婚者だが、無類の好き者なんだこれが。

ソープだヘルスだ性感だと、どんだけ通ってんだよって感じ。

俺も何度か「帰りにヘルス連れてってやろうか」と誘われたが、

薄給のバイトに声を掛けられてもなあ。

というか浮気したいなら素人女を口説けば済むのに、手間が惜しいのか、

わざわざ高い金払って女と遊ぶってのが理解できなかった。

そんなある日、職場の人たちと飲みに行った席で、

若手社員(♂)が大王に無邪気な質問を投げ掛けたのが事の始まりだ。

「大王さん(仮名)、そんだけ絶倫だと奥さん身が…
お漏らし女●高生の処女を貰い、生発射しちゃったエッチ体験
2016/05/17 18:02
2016/05/17 18:02
俺は37歳既婚(妻25歳)、

ある会社で電気回路設計をしていてフレックス勤務

(AM9時~PM3時が規定時間)で

たまたま、気分が乗らなかったので早く帰宅した。

妻は職場結婚だが事務なので

普通勤務PM7時頃帰宅予定で不在の昨日の話です。

俺がPM3時半頃に仕事を終えて帰宅し車を駐車していると

JKが歩いて此方に寄って来て車の横で足を止めた。

何かな?と思っているとJKが恥ずかしそうに話しかけてきた。

JK「すみません、トイレ貸してもらえませんか?」

俺の住んでいるところは、

住宅街のアパートで近くにコンビニ等の店は無く

アパートの駐車場も俺の車のみで(ちょうど帰宅し…
女の告白、同僚女性の彼氏と濃厚セックス
2016/02/17 12:00
2016/02/17 12:00



店の同僚の西小野真由美ちゃんと彼氏K君は付き合っていて、最近仲がうまくいっていないと聞きK君の相談に乗ってあげました。職場の人達からは真由美ちゃんとK君は結婚するんじゃないかと噂されるくらい普段は仲が良いのですが。どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。職場も同じなので仕事のことも長々と話していました。
バーのようなところでお酒もすすみ、終電の時間に間に合わなくなりました。
タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話しているとK君が「ホテルで泊まるか・・・」
「えぇっ!?」と答えると「何もしないからさ」お酒に相当酔っていた私はK君に寄りかかりながら
歩いていたくらいで、…
【レイプ体験談】普段は地味な眼鏡娘
2015/10/20 00:17
2015/10/20 00:17
290:なまえを挿れて。:03/12/2715:23ID:+2yr4Cs3 昨日の仕事収めの帰り、会社の新卒眼鏡娘と酔ってラブホへ。 彼女も恥じらいながらもいろいろとしてくれて楽しい一夜をすごせた。 朝起きると彼女恥ずかしそうに 「おはようございます。私、彼以外の人とこんなことするの初めてです。 なんかすごい恥ずかしいです。会社の人にはだれにも言わないでくださいね。 でも後悔していません。私もてないからこんな経験絶対できないと思って いたからうれしかったです」と言ってきた。 「〇〇ちゃんだって可愛いよ」おれが言うとだきつきKISSをしてきた その後起きぬけの一発。大晦日か…
妻の友人に夜這い
2017/12/27 00:31
2017/12/27 00:31
自分は30代で結婚して3年目の妻がいます。
妻には友達が多く、よく家に呼んで飲み会をしています。
自分は飲めないので、料理出したり片付け専門です。
飲み会は朝まで続き、酔い潰れて皆そのへんに寝てしまうので、皆にタオルを掛けて自分は片付け…というのが普段の流れですが、その日は違いました。




その日は暑く、皆かなりの薄着でスカートなのでブラとかパンツがチラチラ見えていたので、何かいつにも増して楽しんでいました。

そしてその時は来ました。

皆酔い潰れ寝てしまい、揺すっても叩いても起きません。



メンバーは葵(26歳)。

バンドのボーカルで、噂じゃ処女?

美帆(…
【レイプ体験談】母と同級生
2016/07/31 22:14
2016/07/31 22:14
前編:母と同級生 「なんて事だ・・・」 思わずぽつりと呟いた元哉は、美母の淫行がかなり根深い物だとあらためて認識した。 酒宴が熟すと美奈子は少年達に寄ってたかって裸にされた。そして今度はストリッパーよろしく、 腰をくねらせて淫らに踊りだす。更衣室に積んであった体育用のマットが舞台代わりになり、 美母は淫靡な肢体を隠す事無くさらけ出す。 「美奈子ちゃん!オマンコ開いてよ!」 少年が叫ぶと美奈子はマットに座り込み、足を組替える素振りを見せながら、秘唇をあらわにしていく。 そしてついにはM字に両足を開いたかと思うと、指で逆Vサインを作って花弁を開いて見せたのだった。 「…
前後不覚
2015/10/27 03:05
2015/10/27 03:05
俺と彼女と友だち(女)とその彼で呑んでた。 俺と彼女は下戸。俺はなんとか起きてたが彼女はダウン。 友だちがこたつにもぐりこんでゴソゴソしてた。 中見てみると彼女のズボンずらして遊んでた。それでもぐっすり寝てた。 次に友だちは彼女に俺の下半身を触らせようとしてた。 最初俺も笑ってたけどいつのまにか寝てしまった。 目覚めると彼女が友だちの彼にまたがって動いてた。 俺も下半身裸だった。 友だちは俺が起きたのに気付くと「ここまでする気はなかった」 という表情でバツが悪そうだった。 ゆっくりと、懸命に腰をふる彼女を止める事ができず見てた。 少しして彼女と目が合った。何とも言えない目で俺を見てた。 俺を見…
★妻と行った秘境の温泉旅館の思い出
2017/04/29 11:37
2017/04/29 11:37
 地方公務員だつた私52才で早期退職。同期入庁や先輩をさしおいて管理職に登用されたが印を押したり会議ばかりに嫌気がさし早期退職をした。現在は広大な田畑山林の管理や野菜作りに熱中。妻43歳専業主婦。

 今年1月最後の有給休暇をとって妻と二人で秘境の温泉へスキーを兼ねて行きました。旅館は平日とあって宿泊客は私たち夫婦と男性ばかり6人のグループのみでした。囲炉裏をかこんででの夕食で私たちと6人はすぐに仲良くなり楽しくすごしました。

 そのうち私がグループの幹事と思われる人に「これから妻とふたりで露天風呂に行きますのでよかつたら10分後位に来て下さい」と耳打ちすると男性は思わずニヤリとしました…
私の婚家はど田舎。母屋ではヤギや軍鶏を飼ってるし、庭に鴨のいる池もある。
2018/05/10 15:01
2018/05/10 15:01
前スレの田舎の子ども放牧話に似てるんだけど、正月に知った出来事。 ちょっと残酷なシーンがあるから、いやな人は読み飛ばしてください。 私の婚家はど田舎。母屋ではヤギや軍鶏を飼ってるし、庭に鴨のいる池もある。 敷地内別宅住みで、生き物が苦手な私は、その辺には近づかないんだが。 一番驚いたのは、夏の子ども会のラジオ体操を家の庭でやること。 庭と言っても塀がある訳じゃなく、裏山や道と続いてる感じなんだけど それでも庭でラジオ体操???ってビックリだった。 旦那いわく、物心ついた時には庭でやってた、そうだ。 体操終わった子どもたちの中に、一人なかなか帰らない5歳くらいの子がいたそうだ。 (幼稚園に…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・内妻の友達を旦那の前で

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[後編]

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・【人妻体験談】痴漢にアナルまで弄られて感じる妻に興奮する夫

・【熟女体験談】還暦を迎えた母の黒の下着に興奮し、夜這いしてしまった

・お祭りに参加していやらし事されぱなしでした

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[前編]

・【人妻体験談】ちんぽが大好きで手コキマニアな変態女上司

・【Hな体験】有名なエロレイヤーの処女をいただいた話

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・

・【人妻体験談】お隣の奥さんと出会った日にいきなりホテルでセックス

・芽生えたころに

・星の綺麗なキャンプ場でフェラチオ大会

・黒ギャルのフェチ料金は破竹値

・女房が21年前に出ていた裏本

・【熟女体験談】営業のオバハンと飲みに行き、出来上がったオバハンと中出しSEX

・【人妻体験談】温泉ホテルで偶然知り合った同郷の熟女とSEXし、思いっきり果てた

・タダマンがビックリする程に楽勝