寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】娘の彼氏に、一番恥ずかしい姿まで、,,

2018/06/21 11:39




私の名前は奈津子、42才の主婦です。
きっかけや理由はどうであれ娘の恋人を奪ってしまったひどい母親です10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。
娘の名前は真奈美、都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏がいました。
外見だけで言えば、とても爽やかな感じの一流大学に通っている男の子で、正直に言えば、もしも私が若くて独身だったらこんな彼氏が欲しいと思うような子です。
真奈美には知られていませんが、今年の4月、私は真奈美の留守中に訪ねてきた村上君に犯されてしまい、それ以来泥沼のような不倫関係から抜け出せなくなっています。その日の朝、真奈美はサークルの春合宿に3泊4日の予定で出かけて行きました。
掃除と洗濯を済ませて、ありあわせの昼食を摂ったあとだったので、ちょうどお昼の1時を過ぎた頃に村上君が訪ねてきました。
私が不審に思ったのは、村上君は真奈美の彼氏なんだからこの日から合宿でいないことくらい知っているはず、それなのに家に来たことです。
私は玄関先でそのことを聞いてみましたが、合宿があることは聞いていたけど就職のことなどで忙しかったからすっかり忘れていたと言いました。
村上君は普段からとても律儀で真面目な子だったので、私もうっかり信じてしまいました。
そして、せっかく来たのだからお茶でもと言って私一人しかいない家の中に招き入れてしまったんです。
村上君を居間のソファーに案内し、私がお茶の支度をしているときに悪夢は始まりました。
私は村上君に背を向けてお茶やお菓子を用意していたので、彼が背後から近付いて来ていた事にまったく気付きませんでした。
ティーカップとお皿をお盆の上に置いた瞬間、村上君に後から羽交い絞めにされたんです。
私はパニックになり何が起こったのかしばらくの間理解できませんでした。
そしてそれに気付いた時、私は居間の隣にある和室に置いてあった干してベランダから取り込んだばかりの布団の上で村上君に組み敷かれていました。
【続きを閉じる】「お母さん、布団を出しておくなんて用意がいいじゃないですか」村上君はいつもとは違い、とても惨忍な顔つきでニヤニヤ笑いながら私を真上から見下ろして言いました。
「なっ・・何をする気なの!?・・乱暴なことは止めて・・」「乱暴なこと?お母さんさえ素直になってくれれば乱暴なんかしませんよ」「素直に?・・・どういう意味ですか!?・・バカなことは止めて!」「どういう意味も何も、真奈美の代わりにヤラセテくれりゃそれで良いんですよ」「真奈美の代わりって・・まさかあの子とこんなことを?」「もちろんセックスしてますよ。お母さんだって20才の頃は処女じゃなかったでしょう?」「セックスしてますって・・そんなっ!・・それに私は・・」「心配しなくても大丈夫ですよ。真奈美はセックス下手だから他に相手がいないときだけです」「あの子が下手って!?・・なんてひどいことを言うの!・・ひとでなしっ!・・早く離してっ!」「人でなしはひどいなぁ。お母さん、どっちにしろ人でなしの俺にヤラレちゃうんですよ・・逆らって痛い思いをしながらヤラレるのか?それとも俺の言うことをおとなしく聞いて気持ちよくヤラレるのか?どっちが良いんですか?」「そんなこと・・私には夫がいるし・・それにあなたよりも20才も年上なんですよ!バカな真似は止めてください!」「年なんか関係ないんですよ、お母さんは俺好みのイイ女だしね・・・」そう言うと私の着ている物を脱がそうとし始めました。
私は必死に抵抗しましたが若い男性の腕力に勝てるはずもなく、あっと言う間に着ていたものを剥ぎ取られてブラジャーとパンティーだけにされてしまいました。
村上君は私の上に馬乗りになったままニヤニヤしながら着ている物を脱ぎ始めました。
そしてトランクス一枚になると、私の手を掴んで股間を触らせました。
私の手には熱を帯びながら硬く大きくなったものの感触が伝わってきました。
その恐ろしさに慌てて手を引っ込めると、村上君は私の顔を覗き込んでニヤニヤしながらこう言いました。
「久しぶりの感触でしょう?これで少しは気が変わったんじゃないんですか?」私はあまりの恐ろしさに声も出せずに首を横に振るしかありませんでした。
「まぁ良いですよ、嫌だとかなんだとか言ったって女なんてちょっと弄ればすぐにその気になるんだから」村上君はそういってわたしの背中に手を回しました。
「あっ!いやっ!・・」ブラジャーのホックが外されました。
私は慌てて胸を両腕で隠しましたが、村上君に力ずくで腕を剥がされてブラジャーを取られてしまいました。
それでも必死に隠そうとする私の手を何度も払い除けると「想像していた通り嫌らしい体付きだぜ・・とても40過ぎの体には見えないですねぇ・・」そんなことを言いながら汗ばんだ大きな手で私の乳房を撫で回したり揉んだりし始めました。
最初のうちはただ恐ろしくて何も感じませんでしたが、村上君に乳房をもまれ乳首を弄ばれたりしているうちに自分でも信じられないことですが、それがとても感じるようになって来ました。
でもそんな素振りを見せてしまえば村上君を増徴させるだけだと思って、私は声を出さないように唇を噛みながら必死に耐えました。
しかし、そんなことはすぐに見破られてしまいました。
「けっこう感じてるみたいじゃないですか。無理せずに素直に声を出してくださいよ」と私の気持ちを見透かしたように言いました。
「ほら・・乳首だってこんなにコリコリになってきましたよ」と、乳首を嫌らしい指使いで責めるように刺激し続けられると、悔しくて悲しくてたまらないはずなのに自分でも信じられないような淫らな声を上げてしまいました。
村上君はしてやったりと言う顔をしながら私の乳首に吸い付きました。
そしてわざと私の顔を見ながらチュウチュウと大きな音を立てて吸ったり、舌先で転がすように舐め回したり、時々歯を立てて優しく噛んだりしました。
主人が単身赴任中と言うことで、ただでさえ欲求不満気味の体にこんなことをされたら叶いません、私は自分の意思とは反対に胸を突き上げるようにして村上君の愛撫を求めてしまいました。
村上君はそれを待っていたかのように、更に激しく執拗に私の体を責め始めました。
「ずいぶん嫌らしい顔をするんだね・・ひょっとして真奈美よりもお母さんのほうがスキモノなんじゃないの?」「えっ!?・・・」まさか私がそんな表情をしているとは・・それ以上に自分の娘と比較されながら犯されるなんて、これは悪夢以外の何ものでもありません。
村上君はそんな言葉を吐きながら胸だけでなく首筋やうなじにまで舌や唇を這わせてきました。
私は心では強い恐怖と屈辱を感じながら体はその逆・・・村上君に刺激を与えられた体からは自然と力が抜けて行きました。
「真奈美よりもお母さんのほうが全然良いね・・・こうなったらお母さんに乗換えちゃおうかな」私の耳元に口を寄せて嫌らしい口調で言うとそのまま唇を重ねてくる村上君、私はそれを拒むことさえできなくなっていました。
村上君の舌が入ってきて私の口の中を舐め回すように動き回り、唾液を啜られたかと思えば彼の唾液を飲まされ、そして舌を絡めとられてしまうと、私は抵抗することを完全に諦めてしまいました。
すると村上君は私が諦めた事を感じ取ったのか、唇や舌を弄ぶようなキスをしながら手を私の下半身に伸ばしてきました。
村上君は私のパンティーの中に手を入れると、迷うことなくアソコに指先を滑り込ませてきました。
そして指を動かすと、私のアソコは聞くに堪えない淫らな音がするほど濡れていました「あれっ?・・・すげえ濡れてるなぁ・・」村上君は私のアソコを指でいじりながら呟きました。
言葉遣いも何時の間にか私よりも優位に立ったように変わっています。
そして私のおつゆがたっぷり付いた人差指と中指を私の目の前に翳して「ほら、糸を引くほど濡れ濡れだぜ」と言って指をチョキチョキさせて指の間に糸を引かせて見せました。
無理矢理犯されているにもかかわらずこんなに感じてしまっていることに、私は酷い絶望感と羞恥心に苛まれました。
村上君はそんな私の胸の内を見透かしたようにニヤニヤ笑いながら、私のおつゆでヌルヌルに濡れ光る指を口に含んで味わうようにしゃぶって見せました。
「美味い!・・お母さんのほうが真奈美よりも良い味してるぜ」こんなことまで娘と比べるなんて・・・私は死んでしまいたいほど恥ずかしくて悔しくて涙すら出ませんでした。
もう呆然とするしかない私・・・とうとうパンティーまでも脱がされてしまい、村上君の目の前にすべてを曝してしまいました。
「毛の生え方・・・親子でそっくりじゃん」村上君は嬉しそうに言いながら、私の脚をぐいっと広げさせました。
私はすべてを諦め、目を瞑って時が流れるのを遣り過ごそうとしましたが、彼が私の股間を覗き込みながら言った言葉を聞いて現実に引き戻されました。
「やっぱり親子だねえ、毛の生え方だけじゃなくて色や形までそっくりじゃねえか」「この穴から真奈美が生まれてきたんだろう?」そして「でも濡れ加減はお母さんのほうが凄いね。真奈美はこんなに濡れねえし・・」そこまで言われると、さすがに我慢できなくなり「お願いだから・・もうこれ以上あの子のことは言わないで」と言ってみましたが「良いじゃねえか、真奈美のほうが良いとは言ってねえだろう」と取り合ってもくれません。
村上君は広げた脚を閉じることができないように押さえつけると、嫌らしい指使いで私のアソコを弄り始めました。
あんなに真面目そうな子だっ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
セックス体験、残業中女先輩と会社でセックス(続編)
2016/04/12 21:00
2016/04/12 21:00
 



俺は肩から徐々に腕に揉み場所を移動すると、隙を見て一気に後ろからかおるさんの乳を鷲づかみにした。

まぁ一種の賭けに出た訳だ。「うひゃぁ!!」かおるさんが素っ頓狂な声を上げる。
「ちょっ、やだっ、やめろって!」暴れるかおるさん。しかし男の力で後ろから押さえつけられてるから自由は利かない。ここで本気で激怒されたらエライことになるし、その時は全力で謝ろうと思っていたんだけど、幸いなことにかおるさんの抵抗は徐々に弱まり、ついにはされるがままの状態に落ち着いた。無抵抗のまま俺に胸を揉まれるかおるさん。
俺は戸惑いながらもかおるさんを押さえつけたまま胸を揉み続ける。「もーこうい…
和風美人のマグロ女と汗だくセックス
2017/02/28 22:52
2017/02/28 22:52
大学生の時にある事がきっかけで精神的に参ってしまい、心療内科に通っていた。
引き篭もりがちになり、授業にも出れなくなり、家でPCの前でカタカタと毎日過ごしていた。
そのとき夢中になったのがインターネットの無料の出会い系サイトw
本当にメンタル病んでたのかと言われそうだが、実際大学に行くと気分が悪くなり、パニック状態になってしまっていた。 俺は総ての人に服の趣味を聞いた。
その内容で大体の雰囲気がわかる。
あとはスカート派かパンツ派か?
スカート派ならさすがにデブではないだろ、とか。
プロファイリングごっこも楽しかったからこんなにハマったんだと思う。

何日かかけて何度か電話…
ごめんね、我慢できなくなっちゃって…
2017/01/05 12:05
2017/01/05 12:05
二十歳の夏に、東京に出てきてる中学の同級生だけで、 プチ同窓会をやった。 男女合わせて15人くらいだし、学年が同じってゆうだけで、 しゃべったこともない奴もいたから、 盛り上がりには欠けてた。 店を出た後、2次会をどうするかみんなで話していたが、 どうせ2次会も盛り上がらないと思った俺は、密かにみんなから 離れて駅に向かった。 切符を買って振り返ると、ゆかり(仮名)がとなりの 券売機に並んでた。ゆかりとは2年の時に同じクラスだったが、 あまり仲良くなかったこともあって、同窓会でも全然会話はしなかったのだが、 一応声をかけた。 「帰るの?」 「うん。明日予定があるから」 「何処で降りるの?」 …
職場の飲み会でなんだんかんだ乱交っぽくなって若い社員に口内射精
2016/06/03 15:41
2016/06/03 15:41
先日あった職場の飲み会での事です。




職場といっても全体ではなく、



気心の知れた者だけに声を掛けて都合のついた者だけで行われた居酒屋での飲み会です。




20歳前後から男は30代半ばまでの5名、



女は22歳から40歳ちょい過ぎくらいまでの4名が参加しました。




仕切りは30代半ばの高橋さんで、酔うと勃起すると豪語する人物。




一番若い女が由佳里、22歳。




半年近く前に元同級生と付き合い始めた遅咲きエロモード女。




今回の飲み会で弾けて有名になった女、弥生38歳。




その他大勢・・・。




場所は町内の宴会も出来る居酒屋、17時…
パンティ越しにクンニされてシミができちゃった
2018/01/15 09:17
2018/01/15 09:17
文化祭の日。終った後にみんなでこっそり教室に残ってバカ騒ぎをしました。 その時初めてお酒も飲みました。男子5人、女子3人。 最初は全然おいしくなかったけど、だんだんフワフワしてきて、気持ち良くなって、みんなも同じだったらしく、すごくテンションが高くなりました。 そのうちいつも女子の胸を触ったりスカートをめくったりするエロ男の1人(石田)が、調子に乗って私の友達(ゆみ)を押し倒して、もちろん2人とも制服なんですが、両足を両手で持って思いきり広げたり、腰を振ったりしていました。 ちなみに制服の下にジャージを履いていたので、みんなただ笑ってました。 やられてる女の子も、「やめてよー」と…
ミニスカ女子の可愛いアナル【ナンパエッチ・中出し】
2015/10/03 21:05
2015/10/03 21:05
GW地元を離れ散歩がてらにウロウロしていたら女の子の二人組みに道を聞かれた。 二人とも白のミニスカにピンクのキャミ上着はまあ違っていたが胸の谷間がちらっと見えるなんともソソル格好だ。 聞かれた場所まで教えるにはチト距離があったので一緒に付いていく事に。 道中話を聞くと甲壱で最近仲良くなり友情を深める旅行だそうだ。 で、良かったらヒマだしナビしてあげるという事で仲良くなり目的地に着きいろいろ話して、ご飯でも食べようとなり、その時片方の娘が財布が無いのに気づき大慌て。 ホテルに忘れたらしい。 半泣き状態だったため「いいよ、僕がご馳走したげる」といい人をアピった。 他の名所を回り薄暗…
俺が本気で好きだった由希の日記に書かれていた衝撃の真実。寝取られ調教されたビッチだったとは・・・
2015/11/12 21:59
2015/11/12 21:59

俺が本気で好きだった由希の日記に書かれていた衝撃の真実。寝取られ調教されたビッチだったとは・・・【イメージ画像1】


女(由希:仮名)とはバイト先で知り合いました。
僕より1つ上の大学2年生で、僕から告白して付き合い始めました。
あまり派手なタイプではなく、おっとりした感じ。

構可愛いほうで、学…
【レイプ体験談】友達にレズられたこと
2015/10/02 00:14
2015/10/02 00:14
先月の話。 学校の側に、サキという私の大学での一番の親友が一人暮らしをしていた。 サキの家は大学の近くでとっても便利が良く、実家住まいの私は 試験前やレポート提出前は何度も泊まらせてもらったりした。 サキの見た目は可愛く、サークルの男の子も何人か告ったりしていたが、 振られたり、付き合っても1カ月ぐらいで別れたり、全然彼氏らしい彼氏ができなかった。 で、先月の話に戻るわけだけど、 私(裕子)はテスト勉強のため、サキの家で一緒にすることになった。 適当にしゃべりながら、勉強もそこそこやり、ご飯を食べて、お酒も飲んだ。 (私の)彼氏の話とか、誰と誰が付き合…
とある書店の共同トイレ
2016/02/10 14:05
2016/02/10 14:05
高校の私は、電車通学をしていました。 高校と駅の間に書店があり書店に立ち寄り、雑誌を読んだり、DVDやCDを借りていました。 そんなある日、トイレに行きたくなりました。 トイレは、書店の入り口の裏側にあり、共同トイレでした。 共同トイレの側には、男子中学生が数人座ってました。顔がまだ高校生にしては幼かった。私と目が合うと、男子中学生はどこかに行きました。 駅まで我慢しようかと思ったのですが、我慢出来なくて、ここの共同トイレを使うことにしました。 個室に入ると、何人かがトイレの中に入ってきました。私は(あの男子中学生だ。覗きに来たんだ)と思いました。 個室トイレは、隅にあり段になっていました。 …
忘れられない職場にいた熟女
2018/01/02 11:31
2018/01/02 11:31
もう10年以上前に別れたことになりますかね。別れる前に1年半ほど関係を持った女性が居ました。彼女はKといいます。 Kとは職場で知り合いました。何でも結婚していたのですが、旦那からは「子供が20歳になったら離婚して、お互いにその後の人生を好きなように楽しもう。」と冗談みたいに言われていたそうですが、40歳も過ぎて43か44の時に子供が20歳になったらホントに離婚届を突きつけられ、仕事と住処が見つかるまでが同居期限と宣言されたそうです。しかも猶予は1年。 とにかく旦那は頑として撤回せず、仕方なく仕事を探し家を出て行く決心をしたそうです。 職場に入ってきた時のKはオバサンだけど、物凄いセクシーでした…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・衣装選択でお客様と・・・

・彼女がいるのに、家庭教師先のJKも食っちゃってました

・コンプレックスのある女性の相談に乗ってやったら、処女の体を堪能できた

・かみさんとセックスレスなのでヘルス嬢とやっている

・夫とのSEXを拒否する40代妻に寝取られプレイを提案したが最悪の結末にw

・【痴女との体験談】ヤンキーに拉致られ

・店の同僚の彼と汗だくでセックス

・パートの人妻さんに媚薬を飲ませた結果⇒アナルセックスできたwww

・品不足で品が必要な人妻がエロ降臨

・不倫して離婚し、そして自殺してしまった元嫁に涙が・・

・1年前女VIPPERと会ってセクロスした時の話をする

・【人妻体験談】弟が目の前で兄嫁を寝取りレイプしているにも関わらず、何もできなかった兄

・淫乱OL

・vipperに彼女を寝取らせた話をする

・マッサージは偶然と意図的の線引きが

・大学時代に失恋の傷を癒してくれたパートナーとのおばちゃん

・ボストロールと満喫でセクロスした話

・友人の知合いの温泉

・ショートカットの可愛い素人主婦にスカートを捲って・・・

・放課後の教室で好きだった同級生とキスした青春時代の恋愛話

・【痴漢・レイプ】万引き発見し

・結婚して半年の頃、私の職場にDVDが1枚届きました・・・

・女上司と混浴して筆おろし

・【人妻体験談】スワッピングパーティで義妹にばったり遭遇し、過激な乱交SEX

・【熟女体験談】ミミズ千匹の名器マンコな美熟女泡姫に勝手に中出しして、妊娠しているか不安になったサラリーマン

・隣の家の女子高生のスクーターを直してあげたら

・【浮気】巨根の友カレを自慢のFカップ美乳で強奪

・【痴漢・レイプ】片思い 2

・酔っぱらった女友達に剥けチンの説明をしてたら

・【痴女との体験談】すげえセクロスモンスターがいたww