寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】過去に女房がヤクザの奴隷

2018/06/21 03:44




俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。
だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。
数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレ と言うか奴隷なのかも知れんが・・・ もう8年くらい前の話なので、俺は結婚してから聞いたのでそんなに気にもして いないのだが、このスレを見つけたので参考までに書いておこう。
10年前にそのヤクザだかチンピラだかに知り合ったらしい。
(詳しいことは女房も知らんらしいが・・・) 女房は酒好きでだらしがない。
酔っ払うと、酔っ払い親父の逆バージョンって感じなので、外で一緒に飲んでると 一緒に居るのが恥ずかしいくらいだ。女房の話によると、10年前にとあるスナックで飲んでて、そこにヤクザも飲みに来ていた。
残念ながら女房の乳は、ここのスレに出てくる女性のようにIカップほどの爆乳ではないが、 そこそこ乳はでかくて今は太ったのでGカップ。
(10年前のピルと年のせいで太ったと思われる) 当時はFカップのスレンダー巨乳だった。
(T166、B100、アンダー75 今現在のサイズ) 昔から大酒くらいの女房だったが、顔もスタイルも悪くないために結構男からは人気があった。
ただし、ベロンベロンにならなければの話だ。
ひどく酔っ払うと大抵の男は引いてしまうくらいにだらしがない。
素面のときとは正反対になる。
(笑) 女房は何時もの様に居酒屋で女友達と飲んで、何時ものスナックに行くのがパターンだった。
ほろ酔い気分で飲んでいたら、カウンターの一つ空けて座っていた。
最初は関係のない人なので気にせずにカウンターのホステスやマスターと話をしていた。
2時間も飲んで酔ってハイテンションになってきた頃、ヤクザが話かけてきたそうだ。
ヤクザには見えなかったらしいのだが、今一苦手な顔だったのであまり話はしたく なかったそうなのだが、しつこく話しかけてくるので無視するのも何かと思って話に付き合ったのだ。
時間は深夜0時を過ぎていたので、帰ろうと思っていたらしいのだがなかなか話を切る切っ掛けが なく、( `.'メ)==C彡。
o)...ズルズル...と深夜の2時を過ぎてしまっていた。
幸い次の日は土曜日なので”まあ、いいか”って感じで話に付き合っていた。
女房は酒癖はよくはないせいか、それまでお持ち帰りをされた事はなかった。
2時を過ぎると客はパラパラと帰っていって、女房とヤクザと他の客の3組だけになった。
限がないので、女房は酔っ払いながらも店を出た。
ヤクザは女房と未だ飲みたかったらしく、”もう帰っちゃうの?”と引き止めていた。
女房は予定が在るからと強引に会計を済ませて店を出たのだが、ヤクザも会計をして 店を出た女房を追っかけてきた。
”私帰るから!”と言っても聞かず、強引に付いてきて”おごるからもう一軒行こう!”としつこかったらしい。
その日は女房は酔ってはいたが、何時もほど酷くはなかったらしいのだが、しつこいので 小さい小料理屋に行って飲むことにした。
おごりだから我慢しようと思ったらしいのだ。
その小料理屋は朝の6時くらいまでやってるらしく、そのヤクザの行き着けの店だったようだ。
そこで4時を過ぎた頃には女房もベロンベロンになっていた。
ヤクザがしつこく飲め飲めと進めるのでしかたなく飲まされたからだ。
下心がミエミエなので早く帰りたかったらしいのだが、なかなか返してくれず4時を回ってしまった。
女房はそろそろ帰ろうと告げ、最後の一杯だけって事になった。
長い時間飲んでいたのでトイレに行きたくなりトイレで用を済ませ、最後の一杯を飲んだ。
それから20分も過ぎた頃、帰ることになり二人は店を出た。
女房はやっと帰れるとホットしたらしいのだが、今度は家まで送っていくとしつこく付いてきた。
酔っ払いながらも、ヤバイと思った女房は逃げようとするが酔っていて走ることが出来ない。
”お願いだから付いてこないで下さい!”と言ったらしいのだが、そんな台詞は全く無視して付いてくる。
歩いて5分もすると近くには小さなラブホテルがあった。
そしたらいきなりヤクザが女房に抱きついてきた。
驚いた女房は固まってしまった。
声を出そうとしたが朝の5時近かったので、周りには誰も人が居ない。
当時の女房は彼氏が居たので、止めてくれを言ったがそんな事をヤクザは聞くはずもない。
誰も居ない外で声を出し助けを求めようと声を出し口をキスで塞がれてしまった。
ラブホの近くのブロックの壁に押し付けられて乳やアソコを弄られ始めた。
彼氏が居るので抵抗したが、直ぐに体が熱くなり始めた。
どうやらトイレに入ってる間に何か薬を入れられたらしい。
それと酒の酔いが効いてきたのだろう。
(薬と酒の酔いがブレンドしたのだと思われる) 乳とアソコを弄られ女房は直ぐに感じ始めたそうだ。
あっと言う間にパンツはぐしょ濡れになってしまい、抵抗が弱まってしまった。
更に指を入れられるともう抵抗をする事が不可能になってしまった。
5分ほど指入れをされてアソコは洪水状態になり、女房は抵抗を諦めた。
そして、近くのラブホに連れ込まれてしまった。
体がセックスをしたくて堪らなくなったのだ。
ヤクザは素早く部屋を選択し金を払い女房は部屋に連れ込まれた。
あっと言う間に服を脱がされ、ねちっこくセックスされてしまった。
口では嫌々言ってはいるが、薬と酒で感じまくって体は全く抵抗していなかった。
後で知ったらしいのだが、最後の一杯には女房がトイレに入ってる間に強力な催淫剤を 入れていたのだ。
挿入してから30分もしてヤクザは果てた。
ビストン運動が激しくなり、フィニッシュが近いと知った女房は”中には出さないでー!!" と言ったらしいのだが、そんな台詞は無視し足をがっちりと掴み中出しされてしまった。
果てて、2回戦をしようと思っていたヤクザはその間にホテルに売ってる玩具のバイブ やローターで女房の体を玩具にしていた。
10分もして復活したのか2回戦に突入。
感じて、疲れまくっていた女房は体の力が抜けてしまい、されるがままになっていた。
そして2回戦が終わり、疲れと睡魔の為に二人とも寝てしまった。
午後3時頃に女房は左腕のチクッとした傷みに目覚めた。
うっすらと目は覚めたが、体が動かない。
チクッとした痛みは注射でこれも暫く後で知ったらしいのだが、シャブらしかった。
そして、ヤクザは女房を愛撫していて徐々に体が目覚めてきた。
感じ方が寝る前とは段違いでたちまちの内に洪水状態。
セックスがしたくて堪らなくなった女房は自らチ○ポを求めた。
そしてヤクザの焦らしが始まった。
「入れて欲しければ、じゃぶれ!」と命令され素直にフェラを始めた。
10分もじゃぶった頃、入れて欲しくて堪らなくなった女房は懇願したが、入れてくれない。
ヤクザは入れて欲しければ、嫌らしい台詞を言うようにと命令された。
正確な台詞は覚えていないらしいが、”あなたのチ○ポを私のグチュグチュの万個に入れてください!!」 と大きな声で3回言わされた。
そして、自分から騎乗位で挿入するよう言われた女房は自らヤクザを跨ぎ腰を沈めた。
挿入してからは今まで経験したセックスとは比べ物にならず、女房は水から舌を絡めてキスをし、 激しく腰を振って何度も逝った。
それから二人で風呂に入ってお互いの体を洗い、風呂場でセックス。
ヤクザは幾らしても限がなく、女房も幾らでもしたくなってしまっていた。
ホテルの延長料金を支払って夜まで何度も及んだそうだ。
今までの自分と違い、自ら激しくフェラをしてあらゆる体位でセックスしまくったそうだ。
自分がこんなに大胆になれるとは今まで夢にも思ってなかったらしい。
夜の6時くらいまで延長してやりまくった。
それからホテルを出たヤクザは未だセックスしかたったので続きは女房の部屋でやる事になってしまった。
その日の夜は彼氏と会う予定だったので、部屋は不味いと思ったらしいのだが、ヤクザが強引に部屋に着いて きたので仕方なく彼氏には会えないと断りの電話を入れた。
それから部屋で夜中までセックスしまくりだった。
やりながら彼氏への罪悪感は在ったが、体の火照りが収まらず部屋でセックスしまくってしまった。
ヤクザはベッドでの寝物語で初めてヤクザであることを打ち明けた。
ヤバイって思ったそうだが、とき既に遅し。
そして土曜日の深夜も明けた頃にヤクザは部屋を出ていった。
もちろん、また来ると告げて帰っていった。
彼氏が居るから困ると言ったが、また抱かせてもらうと強引に約束させられてしまった。
部屋まで来てしまえば、住所も自宅電話番号も会…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【黒髪が可愛い女子高生のフェラ】童貞の僕に優しくエッチを教えてくれた
2016/06/03 08:00
2016/06/03 08:00
僕が大学時代に住んでいたのは地方の政令指定都市。当時僕は20歳で童貞だった。 当時PCの掲示板で知り合った女子高校生と、しばらくはPCや携帯のメールで3ヶ月くらいやりとりをしていた。 名前はアイ、高2だという。最初は他愛もないメールをしていましたがそこは若い男女、だんだんと「彼女はいるの?」からはじまって「Hしたことある?」といった話題になった。 どうやらアイは半年ほど前に数回ほどHをしたことがあるそうで、相手はすでに分かれた高校の先輩らしい。 H自体はあまり気持ちよくなかったとか、フェラも少しだけしたことあるとか、そんなことを告白してきた。 「Hはオトコの方が気持ちよさそうだよね…
★花火で気持ちが高揚した女同僚を
2017/01/11 20:49
2017/01/11 20:49
 一年前の事ですが、会社に佐知子と言う短大卒でその年に入社したかわいい子がいた。試用期間も取れ仕事も慣れてきてみんなサッチャンと呼んでいた、丈は160位で顔は今時の子と言った小顔、スタイルも割といいので皆も色々と声をかけていた。課は違うが俺も用事が有るのでちょくちょく行っては要件の話をしていた。

 そんな関係で顔を会わせることも多く、自然に色々な話もする様になって二度ほどデートもした。そんなある日、今度花火見に行かないかと言って誘ってみたら、ワ~いいわね、きれいでしょうね。どこの花火なの、ほら今度の土曜日隣町のやつ、ああ良いわね。と言う事で花火見物兼デートに誘った。
 当日車で向かうがす…
【近親相姦】ありがとう、お父さん【体験談】
2016/08/21 19:04
2016/08/21 19:04
■30:名無し 2007/04/2118:11:00 4年前に亡くなった父のこと。元気だった頃は喧嘩ばかりしていた父と私。 怒鳴られたりぶたれたりが日常茶飯事で、とても嫌いで恐怖の対象だった。 私の前に立ちはだかる壁そのものだった。 そんな父が肺がんに倒れ、脳に転移が始まった頃。 買い物をするために車を運転していた父が突然、足の痙攣のために運転ができず、路肩に車を止めて冷や汗をかきながら足の痙攣を止めようとしていた。 私に「すぐ止まるから、心配するな」と言って。 そのとき、父のために運転免許を取ろうと思った。もし、再び痙攣が起きてもすぐに病院に連れてゆけるように。化学療法も放射線も効き目が薄く…
★隣に住んでいるOLのお姉さんとの事
2016/03/06 16:35
2016/03/06 16:35
 関東から東海地方に来て2年になった四十男です。今年になって初めて隣に住む住人と挨拶を交わした。それまで生活の気配は有るものの、表札も無く、男か女か、生活の時間帯も違って誰が住んでいるのか判らなかった。それが今年の3月、偶然にも隣人と初めて出合い、挨拶を交わしたのだった。

 吉瀬美智子似の女性だった。「おはようございます」その容姿に見とれて、挨拶がしどろもどろになっていた。こんな娘が隣にいたとは!それから吉瀬美智子似の彼女とは挨拶を交わすようになり、普通の会話が出来るようになっていた。最初に誘われたのは5月連休明けだった。
 連休を家族と過ごし、帰省先で買った、有り触れた土産を彼女に手渡…
痔の診察の為に四つん這いになったら、美人女医にアナルを刺激されて完全勃起した体験談
2016/01/04 16:02
2016/01/04 16:02
実は、痔になってしまいまして、

それも結構深刻な痔でして・・・

自然治癒はしないだろうと診療所へ行きました

その時に受けた恥辱体験です。

私は中学生時代に入っていた部活は剣道部です。

入部当初はあまり練習をしてなくて、

そういう意味では楽な部活でしたが

夏の合宿以降は、なぜか部内試合形式の練習が多く、

2、3年の先輩によくしごかれる様になりました。

試合に負けると、

罰として竹刀浣腸の刑が待っています。

私はお尻の肉が薄く

普通にしていてもアナルが少し見えるくらいなので、

まともに竹刀浣腸が突き刺さることが多く、

とうとう痔になってしまったようです。
気持ちよすぎて意識も飛んだ、カレとの思い出のセックス話です
2015/11/26 10:00
2015/11/26 10:00


数年前に知り合った2歳年下の男友達の家で。




彼は一人暮らし。




数ヶ月に一度遊びに行く位のつきあい。




でもあの日はなんだかいつもと違ってた。




二人で並んでソファにもたれてビデオを見てた。




二人とも夢中になって観ていたのだけれどふとした拍子に、


彼の手が私の太ももに触れた。




「あ、ごめん…」と彼。




それまでは何とも思わなかったけれど随分ふたりの距離が近い。




彼は私の左側にいて、顔をそちらに向ければすぐそばに彼の肩がある。





くっ付き過ぎ…
【痴漢・レイプ】妻のアルバイト【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/05 22:13
2017/07/05 22:13
俺(29歳) 妻(若菜・30歳)の夫婦です。俺は地方の工業団地にある工場に勤めている。工場は大半が同年代の男性で、話の合う仲間がいて楽しい職場だ。妻も勤めていて、子供を作る予定はまだない。妻はスタイルもルックスもなかなかで、俺の友達の中にもファンが多いのが自慢だ。そんなファンの友達に、若菜のHな写真を見せて俺の寝取られ願望を満足させていた。写真はセックスの前後に撮ったもので、若菜に下着姿でポーズをとらせた写真が多く、まだ全裸やマ〇コの写真は見せた事がない小心者だ。ある日、若菜がバックを買いたいと珍しくおねだりしてきた。友達と一緒にバックを買う約束をしたのだが20万足りないらしい。それで、俺に…
私は自分から大きく硬い棒を咥えました【SEX話】
2017/08/01 08:43
2017/08/01 08:43
GW明けの平日ですが、初めて外でやっちゃいました。それも初めて会った男と2時間半もやりっぱなし。Hなサイトで会ったんだけど、もちろん最初はポイント稼ぎのアルバイ
夜の出来事
2017/11/12 11:31
2017/11/12 11:31
これは僕が小5の話です 僕のお父さんとお母さんは再婚同士で僕が小4の時に結婚してそれぞれ僕はお父さんの連れ子で高2のおねえちゃんはお母さんの連れ子でした はじめは慣れない生活で戸惑いましたがお母さんやお姉ちゃんがとはつながっていなくても優しくしてくれた そのおかげでお父さんはもちろんお母さんやお姉ちゃんも好きになりました その1年ぐらいたった時のこと僕がお姉ちゃんの横で寝ていると何か違和感があり目を覚ますと僕のズボンとパンツが下ろされていた その僕のチンコが何かに触れてることに気づき上体を起こしてみるとお姉ちゃんが僕のチンコを握っていた 僕はお姉ちゃんに「何してるの?」と聞くと 「起きちゃった…
喪女とゴリラに襲われた話
2017/12/26 09:49
2017/12/26 09:49
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/17(水)21:51:49.55ID:sHUJVXtu0 俺普通の会社員 ブサメンだけど幼なじみが彼女になってくれたお陰で フツメンの彼女がいるある日突然大学時代の唯一の女友達である喪女とゴリラが 近くにいるから一緒に飲もうといってきた二人ともブサいくだから 楽しくないから断ったんだけど たまたま町で遭遇した そんで俺の家で飲むことになったぶさいくだからほんとに家にあげたくなかったけど ゴリラの腹パンでしぶしぶ了解したしょうがないからしぶしぶ 飲むのに付き合ってあげてた 二人とも酒癖が悪い上にぶさいくという最悪な奴らだったその…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】アパートの隣人の金髪デカパイギャルママと不倫SEXしたら滅茶苦茶嫉妬してくる恋愛体質になった

・【熟女体験談】キチガイ痴女な母二人という異常な三人暮らしが始まり、騎乗位で逆レイプされてしまった・・・

・美人もイケメンは3日で飽きると聞いたことがある

・まだ若いので

・【Hな体験】愛人希望の19歳は最高の締まり具合だった

・居酒屋で店員さんにバレないように足をのばして足コキされた

・ちょいポチャとセクロスしたったwwwww

・【不倫】熟女記録を更新しようと釣り糸を垂らした結果・・・。

・妻にお金持ちの愛人がいた

・【Hな体験】留学先でトルコ人男性とラブラブセックス

・【熟女体験談】事務所のカギを閉め、誘惑してきた女上司と残業中に中出しSEX

・幼なじみの恋人と友人カップルで3

・ワタミ社長大好きな奴

・【人妻体験談】竹薮で露出オナニーを見せつけ、男たちに性処理道具にされる童顔妻

・出張先で田舎娘を出会い系で募集した

・夫婦交換で妻が緊縛調教されるアブノーマルなSEXビデオ

・【不倫】巨乳な妻の姉と生エッチ[後編]

・主人の同僚に主人の浮気を相談した結果・・

・妻もそんな彼が可愛いく思え・・・

・大学のサークルになんと乱交が

・【完】脳性麻痺の子に向けた優しい笑顔に魅入られた

・【熟女体験談】玄人女とばかりSEXしていた板前が新しく入った仲居の声に惚れた結果

・大工さんと純粋にセックスしたいだけ

・【不倫】巨乳な妻の姉と生エッチ[前編]

・女子アナ志望でしたが女子穴で使われています

・【人妻体験談】妻の実家にあった秘密のビデオテープの中身は見たこともない淫乱な妻のオナニー姿だった・・・

・【熟女体験談】露天風呂で離婚後もSEXはしている元夫婦に誘われてはじめての3p乱交

・全裸でお化粧をしていたパイパン女性と

・同僚のご夫婦と温泉にいきましたが

・冴えない私の唯一の武器は20センチ砲です