寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】千春

2018/06/20 13:57




同じ専門学校で同じクラスになったのがきっかけだ。
出会った頃の千春にはいわゆる”色気”というものを感じた事がなかった。
この頃の女性は高校時代には禁止されていたであろうあらゆる策を講じ色気を装う。
しかし千春にはそれが無かった。
活発でいつも明るく、化粧もしない。
そんな飾らない千春が私にはたまらなく魅力的だった。
私の他にも千春に想いを寄せる奴らはいたが、それを巧みに笑ってあしらうのも千春ならではの技だ。
千春とつきあう事になったのはそれから1年後の事だった。
付き合ってからも千春は変わらなかった。
いつも友達のような感覚。
でもそれが又嬉しかった。
千春とのSEXは週に一~二回程度。週末に私の家に泊まりに来る。
SEXの時の千春は普段と打って変って静かになり、恥じらいさえも見せる。
普段”性”を感じさせない千春が性を見せる瞬間。
この時だけは”女性”の表情なる。
私だけしか知らない表情だ。
そう思うとたまらなく愛しくなり、私自身、優越感にさえ浸ってしまう。
そして又、いつもの千春に戻ってゆく。
上京した私は都内にワンルームのアパートを借りていた。
狭い部屋だったが、千春と二人で過ごすには十分な広さだった。
千春といる時はいつまでもこんな日が続けばいいと思っていた。
他に何も望まなかった。
しばらくして千春が就職活動を行うようになった。
無論私も同様である。
交際してから初めて千春の化粧姿を見た。
驚く程綺麗だった。
スポーツで鍛えられた見事なプロポーションはリクルートスーツがよく似合っていた。
思えば、その頃から千春は普段から”性”を見せる”女性”になっていったのではないかと思う。
私はまた大きな優越感に浸りながら、その反面この頃から不安を感じるようになっていた。
そして事実この不安は的中する事になる。
「付き合ってどれ位?」 千春との交際期間を聞かれると私は迷わず「3年」と答える。
正確には”3年半”だ。
しかし私はその”半”を認めたくなかった。
この半年間は千春との交際期間には加えたくなかった。
一年半前に遡り、ここからの半年間は、私にとって絶えがたい苦痛の毎日だった。
千春との別れを考えたのはこの期間だけだった。
4月を迎え、二人は共に就職することになった。
4社目にしてようやく内定をもらった私に比べ、優秀だった千春は一発で第一志望の大手人材派遣会社に就職が決まった。
週に一度千春は泊まりに来る。
そのペースは就職しても変わらなかった。
変わったのは私の千春対する意識だ。
スーツ姿の千春を見るとどうしても欲情が湧いてきてしまう。
化粧した千春の表情にどうしても”性”を感じてしまう。
玄関で出迎え、そのままベッドに押し倒すこともあった。
しかし、会う度色気が増してくる来る千春に対して、私は益々不安になっていった。
こんな事を他人に話してもただの”のろけ話”にしか聞こえないだろう。
事実二人は愛し合っていたし、千春も男の気配など微塵も感じなかった。
無論私も浮気などしていない。
それでも恋人の事を不安に感じるのは至極自然な感情であると思う。
愛していればこそだ。
さらに時が過ぎ、お互い入社2年目に迎えた頃の事だ。
窓の外を見渡せば桜も散り始めた頃、その手紙は届いた。
差出人は不明、消印も無い。
ポストに無造作に投げ込まれたようなそれは、明らかに直接投函されたものだ。
茶封筒に若干のふくらみがあった。
中には一通の手紙とカセットテープが入っていた。
不思議に思い、すぐにその場で手紙を開いた。
「お前は何も知らない」 たった一行だけ記されていた。
しかしそのたった一行は、私を疑心暗鬼に陥らせるには十分過ぎた。
とっさに千春の事が頭に浮かんだのだ。
嫌な予感がした。
私は同封されていたカセットテープを手に取り、部屋へ入った。
部屋に入り、もう一度手紙を眺める。
しかし、やはりそれ以上の事は書いていない。
「何も知らない」とはどういう事なのだ。
千春の事だろうか? どうしても千春と結びつけてしまう自分がそこにいた。
そしてその真実がこのカセットの中にあるはずだった。
しかし、音楽を聴かない私はこれを再生する機器を持ち合わせていなかった。
そんなの千春に頼めば済む話だったが、なぜか頼めなかった。
自分でまず確認したかったのかもしれない。
私は近くのリサイクルショップまで出掛け3000円でヘッドフォンラジカセを購入した。
自宅までの帰り道が遠く感じられた。
不安でどうしようもない自分がいる。
自宅へ到着するなり飛びつくようにカセットを掴み、買ってきたばかりのヘッドフォンラジカセに挿入した。
ヘッドフォンを付け、高鳴る鼓動を抑えながら、静かに再生ボタンを押した。
突然激しい息遣いが耳に飛び込んできた。
明らかに男と女が入り混じった息遣いだ。
「・・・あぁ・・・もう・・きそう・・・あぁ・・いきそう・・」 雑音が入り混じり、男が何か話かけるがよく聞き取れない。
「・・さん・・しないで・・はあん」 「あぁん・・んん・・・・い・・いくううう!!」 急に女の声が高く大きくなった。
その後男がまた何やら話し掛けているようだが、よく聞き取る事が出来ない。
女も甘えた声で受け答えしているようだ。
およそ5分程の内容だったが、私はつかのまの安堵感を得たような気がした。
この女の声は断じて千春では無い。
千春の声はもっと低い、そしてこの様な甘えた声など出さなかった。
少なくとも私とのSEXでは。
しかし、なぜこれを私の所に送ってきたのか? 「何も知らない」とはどういう意味だ? 届け先を間違えたのでは無いか? さまざまな考えを巡らせながらも、一抹の不安は拭い去ることが出来なかった。
しかし、何の確証もなしに千春を責めることはできない。
いや聞くことすら許されないだろう。
きっと千春は傷つくはずだ。
わたしの知っている千春はそういう女性だ。
こうして不安は消えないまま、それでも忘れる事にした。
またしばらく時が経った。
千春との交際は相変わらず変わらない。
そして前の出来事を忘れかけていた時、再び一通の茶封筒が届いた。
そして今度はカセットテープだけが同封されていた。
また再び強い不安に襲われた。
そして部屋に戻るなり一目散に押し入れに向かう。
一度聞いただけで使わなくなった、ヘッドフォンラジカセがそこにあった。
イジェクトボタンを押すと、そこには見覚えのあるカセットテープが入っていた。
それを取り出し、今届いたばかりのテープと交換する。
聴かない方が良いかもしれない。
思い浮かべるのは千春の事ばかりだった。
それでも私はこの再生ボタンを押した。
また同じような激しい息遣いが聞こえてきた。
違うのはその音質だった。
以前のと比べ、驚く程鮮明に聴き取れた。
それは悲しい程に鮮明だった。
「なあ?どう?もうイキそう?」 「あぁん・・んん、はあ・・も、もう少し・・」 「千春はほんっとすけべな子だねえ・・見てみホラ、マンコがバイブ咥えちゃってるよ。
」 「はぁん・・そういう事言わないで・・・あぁ・・」 「ほらほらクリちゃんにも当たってるよ。
イキそう??」 「ん、はぁ・・うん・・・はぁ・・いきそう・・・」 「千春は悪い子だねえ・・彼氏が泣いちゃうよ?ホライク前に彼氏の名前言ってごらん。
い・つ・も・みたいに。
」 「はぁ・・りょ、りょーちゃん・・・ああいくう・・」 「”良ちゃんごめんね”だろ?ほらやめちゃうよ?」 「あぁぁぁ・・意地悪しないで・・ごめんね良ちゃん・・ごめんねえあぁぁぁぁぁ!」 男がわざと私に伝わる様に話しているのは火を見るより明らかだった。
それに比べ千春はまったく気づいていないようだ。
少し間が空いて、聞き覚えのある音が聴こえてきた。
千春が男のそれを咥えている音だ。
男はわざと聴こえるように近くでやらせている。
そして音を立てさせている。
再び男が喋りはじめた。
「ああ・・千春・・今度ビデオ撮ろうぜ・・」 「んん・・んんん・・」 「いいだろ?千春と会えない時にそれでオナニーするんだよ。
」 男は千春に咥えさせたまま喋っているようだ。
「よし・・いいぞ・・上にまたがってくれ・・・自分で入れるんだぞ。
」 男は明らかに私を挑発している。
しかも私の事をすべて見抜かれているようだった。
テープの中で繰り広げられる様々な淫らな行為は、私と千春の間では経験した事が無い事ばかりだった。
それを知ってて男はやっているのだ。
気が付くと涙がこぼれていた。
これは間違いなく千春だった。
そして私の知らない千春だった。
私の名を叫び絶頂に達した千春の声は悲しい程鮮明で、激しく、そしてヘッドフォンを通し悲しい程興奮している自分がそこにいた。
カセットテープを2度に渡り、私の自宅に届けたのはこの男に間違いなかった。
無論前回のテープに出てきた女も千春だったのは言うまでもない。
しかし、なぜ私の家を知っているのか? そして千春はあんな甘えた声を出す女だったのか? すぐに千春に問い詰めるべきだった。
そうしなければならなかった。
私は携帯電話を手に取った。
言うまでも無く千春を呼び出す為だ。
アドレス帳の一番上に千春の名前がある。
しかし、なぜか発信ボタンを押す事が出来なかった。
最後に男が発した”ビデオ”という言葉が頭に残っていた・・ おそらく男はこれも届けるだろう。
その為にわざ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【Hな体験】私たち夫婦が倦怠期を乗り越えた方法
2016/10/06 06:00
2016/10/06 06:00
夫婦の身体の関係って、ちょっとしたきっかけで、途切れたり、復活したりするものです。実際、私たち夫婦もそうです。長い間関係がないからといっても、夫婦を続けている以上は、少なからず愛し合っているからで、そうであればそういったこともキッカケさえあれば復活するという、私たち夫婦の出来事を投稿してみようと思います。 ちなみに私は52歳になります。妻は46歳です。結婚して25年になります。子供は3人いまして、長女(21歳)、次女(19歳)、長男(12歳)の3人です。女の子2人の時点で一旦子作りをストップしたのですが、どうしても男の子が欲しいと思い頑張った結果、3人目は少し歳の離れた…
【露出】露出狂だった先輩OL
2017/08/02 22:00
2017/08/02 22:00
彼女にふられた。中学のときの地元の友達が飲み会を開いてくれた。自分は今都内で一人暮らしだが、実家は首都圏だ。つまり、わざわざ飲み会で地元に帰ってきたわけだ。 その居酒屋のトイレは男女共同トイレで、さっき女の人が入ってから随分経つ。中には個室と小があるので、もういいか、と思ってトイレへ向かった。膀胱が破裂しそうだった。個室は当たり前だが閉まっていて、さっきの女の人は酔って吐いてるんだろうと思ったら、中からおしっこの音がした。まずい、早くおしっこしなきゃと思い、し始めたとき、個室から水が流れる音がして女の人が出てきた。 「あれー?たまき君(仮名)じゃないの?」 横を見たら、…
初体験は兄貴の嫁さんだった
2015/09/14 10:00
2015/09/14 10:00
男3人だけの家族で少し年の離れた兄貴が居て
当時、俺は15歳で兄貴が26歳の時に年上の27歳の人と結婚し
同居となった訳ですがむさ苦しい男所帯に兄貴の嫁さん
(加奈子さん)は専業主婦となり家事の殆どをするようになった。
美人で胸が大きくスタイルの良い加奈子さんですが
いつしか俺の性の対象となっていきました。
 
我が家では風呂上りは必ずと言っていいほど裸で

家の中をウロウロしてました。

それが我が家での習慣であり仕来りでもありました。

裸のまま親父は晩酌したり、みんな寝るまで殆ど裸でいます。

嫁いで来たばかりの加奈子さんはそんな光景に驚いてました。

男…
38歳子持ちの主婦がバイト先の大学生と不倫【人妻体験談】
2016/06/24 20:10
2016/06/24 20:10

38歳の二人の子持ちの主婦です。今年5月から久しぶりに働きはじめました。学生時代はファミレスでバイトしていたので、バイト先もファミレスを選びました。働くのは本当に久しぶりで、正直主人以外の男性としゃべるのも久しぶりな感じだったので、


バイトは本当に楽しく主人からも「最近いきいきしてきたね」と言われました。バイト仲間はたくさんいるんですが、その中でもOJTトレーナーで、よくシフトのかぶる大学生のO君と親しくなりました。

ある日、O君とバイトが終わるのが一緒になり、子供を迎えにいくまで少し時間があったので、O君と一緒にお茶を飲みました。

最初はもしママ友に見られたらまずいと思って断った…
【近親相姦体験告白】 妹とリゾートへ
2016/06/06 09:15
2016/06/06 09:15
一昨年の夏休みの事、俺はバイト先の慶子ちゃんをリゾートホテルのプールへ誘おうと、必死で稼いだバイト代を注ぎ込んで、某旅行会社のネット販売の格安チケットを購入した。格安とはいえリゾートホテルの宿泊チケット二人合わせて5万円程…慶子ちゃんとは友達以上、恋人未満な関係で、2人だけでデートはするものの、キスすらしたことなく、せいぜい手を繋いで歩くくらいで、それ以上の関係にはなってなく、それは俺がはっきり慶子ちゃんに告白していないのが原因であるのが分かっていた。だからこそ、勇気を振り絞って告白して、リゾートホテルのプールへ誘うつもりだった…が、彼女の予定も聞かず、期間限定特別料金、早い者勝ち!の文字…
思い焦がれた同期一の美女の貧乳【エッチ体験談】
2016/06/15 15:10
2016/06/15 15:10

その女、由紀に出会ったのは某アパレル企業の入社式だった。


同期100人程が一堂に会した室内で、由紀が立ちあがって自己紹介した時、隣に座る貞森から「おぉ~」という歓声が聞こえた。

貞森は慌てて自分の口を押さえて真っ赤になっていたが、気持ちは俺も同じだった。


他の同期や研修の担当者までもが皆、声までは漏らさないまでも、ぼうっと由紀の美貌に見惚れているようだった。


可憐という表現がぴったりの、間違いなく同期で1番の美女だった。

いや、俺のそれまでの人生の中で、これほど魅力的な女に出会ったことはなかった。

気品あるノーブルな顔立ちと柔らかそうな髪がとても印象的で、スリムな体型には…
【レイプ体験談】ブルガリアの致命女達
2015/10/09 08:28
2015/10/09 08:28
不特定多数の白人女性とSEXしたくなり、 出稼ぎの東欧系女性が集まりやすいドイツにSEXツアーに行って参りました。 そこで、相場の数倍のサービス料を支払った3名の東欧出身の女の子は、 なんと初対面である私に禁断の膣内射精を許してくれました! (ありえない位の美人で全員が現役女子学生!) その3名の東欧女性を口説き落としたテクニックはこういったものでした。 要するに彼女たちの祖国である「小国の歴史」を自分なりに学んで、 相手が現役女子大生の場合には「君の勉強のために多めにお金をあげる用意があること」を 誠意をもって伝えるのです。 そうすれば、日本国内では考えられない楽し…
【レイプ・痴漢】露出症の私 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/12/27 22:35
2016/12/27 22:35
私は ある出来事をきっかけに露出症になりましたそれは私が24歳の頃の事です東京のある場所でお友達と待ち合わせをしていました待ち合わせの場所で待っていると携帯電話が鳴り都合が悪くなったから来られないと言った電話だったのですこのまま帰るのも惨めのような気がした私は近くに映画館を見つけて中に入る事にしました入場券を買って中に入った私は 通路の反対側から歩いてくる一人の人に気が付きましたどうしてこんな人がここに居るのと目を疑ったくらい汚い不労者のような人だったのですなるべく遠くを通るようにしながら扉を開けて中に入り後ろの方の席に腰掛けました私の座った席から見える人影はまばらで10人位だったと思います…
初体験後、嗚咽して泣いた闘病中の美少女
2017/11/16 22:44
2017/11/16 22:44
俺が大学生の時の話。

高校の同級生の女の子がALSを発症した。

そう親しくもない子だったし、

ALSってどんな病気かも知らなくて、

軽い気持ちで大学の近くにあったその病院に、

ひまつぶしで見舞いに行っていた。

そんなある日、彼女が病室で、

「私、処女のまま死ぬのってイヤだなぁ、

ねぇ今度夜這いに来てくれない?」と言った。 その晩、

実際に夜這いに行った俺を迎えた彼女は、

病院の寝巻姿ではあったが、

髪はちゃんと整えてあり、うっすら化粧をして、

下着も可愛いTバックだった。

しかし行為そのものは少々やっかいで、

彼女は自分で脚を開くこともで…
【不倫】汗臭い肉体労働者との激しいセックスがやめられません
2018/03/05 02:00
2018/03/05 02:00
私には15歳も年下の彼がいます。3年前に自宅を増築したときに頼んだ工務店の大工さんです。肌は日に焼けて浅黒く、身長は低いのですが体は筋肉質、髪型は短髪、話し方は知性の欠片もないような粗野な感じです。夫とは正反対な彼になぜか惹かれてしまい、工事期間中に私から声を掛けて連絡先を聞いて誘ったんです。 ただ彼とは純粋にセックスだけの関係です。夫とは正反対の男性がどんなセックスをするのか、それが知りたかっただけです。だから、そこに恋とか愛とかは一切ありません。 ただ彼と寝てみて、夫よりもすべてが良かったので、定期的にホテルで密会するようになりました。彼とは私が指定するシティホテル…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・衣装選択でお客様と・・・

・【熟女体験談】母親のオナニーを見た息子が猛獣のように襲いかかり、激しく近親相姦SEX

・彼女がいるのに、家庭教師先のJKも食っちゃってました

・コンプレックスのある女性の相談に乗ってやったら、処女の体を堪能できた

・かみさんとセックスレスなのでヘルス嬢とやっている

・夫とのSEXを拒否する40代妻に寝取られプレイを提案したが最悪の結末にw

・店の同僚の彼と汗だくでセックス

・1年前女VIPPERと会ってセクロスした時の話をする

・淫乱OL

・【不倫】すんごいフェラチオをしてくれる美人な兄嫁

・はじめて母乳風俗いってきた!!!!!

・自分でアナル拡張してるくらい変態な私の初レズ体験

・大学時代に失恋の傷を癒してくれたパートナーとのおばちゃん

・ボストロールと満喫でセクロスした話

・友人の知合いの温泉

・ショートカットの可愛い素人主婦にスカートを捲って・・・

・私(女)のレズ恋体験です。。。

・放課後の教室で好きだった同級生とキスした青春時代の恋愛話

・【痴漢・レイプ】万引き発見し

・結婚して半年の頃、私の職場にDVDが1枚届きました・・・

・女上司と混浴して筆おろし

・【人妻体験談】スワッピングパーティで義妹にばったり遭遇し、過激な乱交SEX

・【熟女体験談】ミミズ千匹の名器マンコな美熟女泡姫に勝手に中出しして、妊娠しているか不安になったサラリーマン

・隣の家の女子高生のスクーターを直してあげたら

・【浮気】巨根の友カレを自慢のFカップ美乳で強奪

・【痴漢・レイプ】片思い 2

・意地で結婚しなかった俺だったが・・・

・酔っぱらった女友達に剥けチンの説明をしてたら

・スワッピングは、とてもよい妻孝行の一つだと思います

・【痴女との体験談】すげえセクロスモンスターがいたww