寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】母娘陵辱(1)

2018/06/15 11:49




「康さん、やっと一緒に暮らせるのね。」
 「美佐、長かったけどやっと夫婦になれたんだよ。」
康と美佐はお互いバツいちであったが康が出入りする会社の事務員として働
いていた美佐にアプローチしたのだった。

美佐には20になる娘のめぐみがいたが人なつっこい性格の康に嫌悪感も抱かず、
母親の結婚に賛成してくれた。
 「これからはお父さんって呼ばなきゃね!」
めぐみは愛くるしい笑顔で康を見つめる。栗毛色の髪が光り、母である美佐
に負けない健康美にあふれたしなやかな身体が印象的だ。

 (これから楽しみだな…)
人を和ませる笑顔の裏に陵辱の一面があることをそのとき母娘は知る由もな
かった。

 「さあ、お祝いに乾杯しましょう!」美佐が二人をダイニングに招きワインを注ぐ。
 「じゃあ、三人の新しい人生に乾杯!」
康はにこやかに二人のグラスを合わせる。これまでの苦労話やめぐみの幼少
時代の話に花が咲き。三人はみんな顔を赤く染め、気がつくと23時を回って
いた。

 「ん?めぐみは明日学校だろ?そろそろお開きにしようか。」
康はグラスに残ったワインを一飲みし、席を立って宴の終了を促した。
 「そうね。めぐみもお風呂に入って早く寝ないとね。」
 「はーい。残念だけどこれからはいつも一緒だもんね!」
めぐみはスタスタと脱衣所に向かう。風呂場のドアが閉まるのを確認すると
康は美佐の背後に近づきそっと抱きつく。

 「美佐…、これからはずっと一緒だ…」
静かにささやきながらTシャツの裾から豊かな胸に手をしのばせる。ゆっくり
としかし力感を込めて揉みしだく。
 「あぁ…、康さん…まだめぐみが起きてる…」
 「今は風呂だよ。大丈夫。」
ゆっくりとブラを押し上げ直接乳首を摘む。

 「あ…こんなところでは…」
康の指が摘んだ乳首を扱き、そして指の腹でゆるゆると甘く転がす。
 「美佐、そんなことを言いながらここは反応してるじゃないか。」
甘美な刺激により美佐の乳首が固くしこってくる。
 「だって、康さんが…」
康の執拗ないたずらに美佐は次第に虜になってきた。美佐はゆっくりと康の
ほうを向き何度もしたであろうが今日という特別な日の芳醇なキスをねだ
る。

 「あなた…、康さん…」
二人の舌が絡み合い、ほのかにワインの味がするお互いの唾液を交換する。
美佐の下半身に康の硬いものが感じられる。
 「美佐…、しゃぶってくれないか。こんなになってしまったよ。」
わざと康は腰を突き出し美佐に苦悩を訴えかける。美佐はにっこり笑い静か
に腰を落とす。ファスナーを降ろし、熱く硬い康の分身を掴み外気に晒し
た。

 「あぁ、康さん…、もうこんなに…」
美佐は大切なもののように頬擦りしながら艶やかな吐息を漏らす。
 「美佐がこんなにしたんだよ…」
凛とした色白の美佐の顔に赤黒く血管の浮いた肉棒の対比が必要以上にいや
らしい。美佐はそのグロテスクな肉棒にゆっくりと舌を這わせる。美佐の唾
液が亀頭に絡み艶々と輝く。ちろちろと動く美佐の舌はまるで別の生き物の
ようだ。美佐が肉棒を頬張る。

 「うっ!」
低く康が喘ぐ。ゆっくりと美佐の顔が前後する。肉茎に絡む美佐の唾液が糸
を引き何とも言えない卑猥さを演出する。一気に射精感がこみ上げる。
 「美佐…、お前のはどうなってるんだ。」
こみ上げてくるそれに耐えるように康は美佐を抱き起こし白いロングのスカ
ートをたくし上げる。

 「恥ずかしい…、見ないで…」
美佐は股間を覆う布はなかった。いや布はおろか大人の証である黒い茂みも
すべて刈り取られていたのだった。
 「美佐、ちゃんと言いつけを守ってくれたんだね。」
 「だって、あなたが…。こんな姿…恥ずかしい…」
肩幅程度に開いた足の間にあるはみ出した二枚のラビアからねっとりとした
雫が今にも垂れそうだ。

 「ふふふ、美佐、こんなに濡らしてるのはどうしてなのかな?こんな恥ず
かしい姿だからじゃないのか?」
 「あぁ…、いじわるなこと言わないで…。娘が目の前にいるのにこんな姿
でいたから…、ああ、恥ずかしい…」
 「いやらしいんだな、美佐は。」
康は立ったまま美佐の潤みに満ちた股間に指を這わせる。
前後左右にゆっくりと動くその指はまるでお目当ての獲物を探っているようだ。

やがて康の指は獲物を捕らえた。
それは誰にも悟られないよう肉のベールを纏いひっそり
とたたずんでいたが、康はおもむろにそのベールを引き剥がす。
 「あぁ、やさしく…」
美佐は甘えたようにお願いをするもやや強い刺激に股間の潤みが更に増した
ようだった。こんこんと湧き出る粘液を指先ですくい、剥き出しの肉芽に塗
りつける。やさしく、丁寧に指の腹で撫でる。

 「そ、それ…、気持ちいい…」
時折コリコリと肉芽を転がし、ランダムな愛撫が太刀打ちできないほどの快
感を伴って美佐を襲う。
 「康さん…、もう…」
康は美佐を後ろ向きにさせソファに手をつかせる。まるで獣が生殖行為をす
るかのような下品な格好だった。既に天を向く己の分身を美佐の蜜壺にあて
がうとゆっくりと腰を沈めた。

 「あー、さっぱりしたー!早く梅雨が明けないかなあ」めぐみは風呂から
あがりパジャマに着替えるとゆっくりとリビングに向かった。
 「…あぁ…、…いや…」
めぐみは部屋のほうからか小さな声が聞こえたような気がした。
 (ん?何?)
めぐみは妙な胸騒ぎがした。足音をたてないよう、気配が感じられないよう
にしなければ、なぜかとっさにそう思った。忍び足でリビングのドアに立
つ。確か風呂に入るとききちんと閉めた気がするのに数センチだけ開いてい
る。

 (見てはいけない…。でも…)
葛藤するめぐみであったが背徳の情に理性が負け、静かに覗く。
 (!!!!)
スカートがめくれ上がり白く肉感のある尻が丸見えだ。そしてそこにはめぐ
みがこれまで見たこともないような太く長い康のものが美佐を貫いている。
打ち付けるストロークは美佐を破壊しそうなくらいだ。

 (す、すごい…)
めぐみは父となった康のあまりにも威厳のある肉棒に釘付けとなった。美佐
を貫くたびに白濁した愛液が康の肉棒に絡みつき卑猥な光景をさらに増長さ
せている。苦悶に満ちた美佐の顔もよく見るとそれは歓喜の表情に見える。
 (こんなのって…)
めぐみは気がつかない内に手を股間に忍ばせていた。既にあふれんばかりに
濡れためぐみのそこを白く華奢な指が踊る。いつしか康の腰の動きに合わせ
めぐみは指を挿入していた。

 「美佐、そろそろめぐみが風呂から上がるかもしれん…。いくぞ。」
康が小さく囁くと腰の動きが急加速した。パンパンと美佐の尻を叩く音だけ
がリビングに響く。
 (お父さん、出すんだわ…)
これまでめぐみも何人かの彼氏とそういうことがなかったわけではないので
康が最後の仕上げに入ったことはわかった。

 「おおぅ!出る!」
康の腰が大きく美佐に打ち込まれた状態のまましばらく重なり合う二人は止
まった。
めぐみの指も激しくクリトリスをいじめる。そして射精の瞬間めぐみは廊下で立
ったままブルブルと震え上り詰めた。
めぐみはうつむいたまま肩で息をしている。
その光景を康はドア越しにしっかりと捉えていたのだった。

愛の儀式を終えた康と美佐は手早く着衣の乱れを整え、何事もなかったかの
ように振舞う。めぐみは自ら分泌してしまった恥じらいの液でびしょ濡れに
なった下着を洗濯機に投げ込み、新しい下着をつけリビングに戻る。
 「さっぱりした!お父さんたちも早く入ったら?」
めぐみも何事もなかったようにリビングに戻る。
 
「そうだな、美佐、先に入るよ」
康はそういうと脱衣所に向かった。静かに鍵を掛け、洗濯機を漁る。すると
めぐみのものであろう下着が二枚出てきた。
一枚は汗にまみれ、アンモニア臭のするもの。もう一枚はメスの香りに満ち
たぐっしょりと股間の部分が濡れたもの。
康はにやりと笑い、一枚目を口に含む。

唾液で股間の部分に染み付いたものを溶かしゆっくりと味わう。白く固まっている
恥垢や尿が微妙に混じりあい康の味覚神経を刺激する。
そして二枚目を手に取り先ほど美佐の体内に放出したばかりだというのに既に回
復し、いや更に硬度を増した己の分身に巻きつけゆっくりと扱く。

 (めぐみ…、もうすぐ直接おれの体液とめぐみの体液の交換ができるから
な…)
じきに訪れるその光景を頭に描き康は肉棒を扱く腕のスピードを上げてい
く。あっという間に射精感がこみ上げ、股間を覆っていた部分に亀頭を当て
がう。

 (めぐみ、受け取れ!)
どくどくと背徳の欲望がめぐみの下着を汚していく。大量に吐き出されたそ
れを冷酷な微笑みを浮かべ眺める康。やがてさっと水洗いし洗濯機に二枚を
戻した。

 風呂から上がるとめぐみは少し前に自室に戻ったようだった。
 「おれも明日早いから先に寝るよ。」
 「康さん、わかったわ。おやすみなさい。」
康の後姿をまぶしそうに美佐が見つめる。康は静かに階段を上がると美佐の
部屋のドアに耳を近づけた。くぐもった嗚咽のような声がかすかに聞こえ
る。
 (ふふふ、意外と簡単だったな。早速次に移るか…)
康は静かに二人の寝室に入った。

 (お父さん…、すごく大きかった…)
少し前に廊下で覗き見しながらオナニーでイッてしまったのにめぐみは脳裏
に焼きつく父母の営みに再び一人遊戯にふけっていた。
 (あんなに大きかったなんて…。あれが私に入ってきたら…、いけない!
お父さんなのに…)
背徳の念と目撃してしまった情事にめぐみは揺れる。しかしそういう危うい
考え…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
単身赴任の間
2018/05/17 22:04
2018/05/17 22:04
3年前、わたしは単身赴任で妻を京都に残して東京にきていました。 そのときに職場の同僚と浮気していたのです。2年も・・・ そういう関係になったようです。私の妻はルックスは非常によく(のろけですが・・・)、いわゆるよくもてるほうです。 ただ家庭が非常に厳しかったので私と結ばれるまでは処女でした。セックスに対しては非常に奥手な感じで結婚前に7年つきあっていましたが、それでもいつまでも恥ずかしがることが 多かったものです。単身赴任して、月1程度で帰宅すると当然、夜の営みがありました。 半年くらいからでしょうか…・ 妻が非常に潤うようになってきて、かつては上にならせても非常に恥ずかしがってたのが、 積極…
不倫を軽蔑してた私が禁断の果実にハマっています【人妻不倫体験談】
2016/04/25 14:10
2016/04/25 14:10

私は、37歳になる主婦、
そして二人の子供を持つ子持ちママです。

主人とは仲が良く円満な家庭です。

主人の親と同居ですが
何の諍いもありません。

ただ、現在主人は単身赴任中で
月に一度くらいしか戻ってきません。

友人のE子はもう3年前から
W不倫をしています。

E子の相手のM君が
友達を連れてくるから一緒に飲もう!

と誘われたので
気が進みませんでしたが行く事にしました。


と言うのも 以前から「不倫」に
私は否定的でしたし軽蔑もしていました。

もちろん、不倫などした事はありません。

自分で言うのも何ですが
私は、貞淑な妻だっと思います。

しかし、何回も誘われ、
断り…
吹奏楽部で起こったドラマのような本当の話
2017/12/22 10:28
2017/12/22 10:28
文纏めるのが苦手なのと、所々フェイク入れているので分かりにくかったらごめんなさい。 Aさん…1つ先輩 B…1つ後輩、Aの妹 Cさん…AとBの母 佐藤先生…顧問 Dさん…2つ上の先輩、部長 まず中学時代の話。 出てくる人はみんな吹奏楽部員です。 私のいる町内に中学はいくつかあった。私が北中学校、A達は南中学校として。 町内の吹奏楽部の間で、南中の顧問とAさんが不倫関係という噂があった。 まあ自分の学校とは部門が違うので会う事もないし、へぇ?位に思っていました。 後に合同の演奏会で佐藤先生とAさんが二人で一緒にいる所を友達に教えてもらって、二人の事を知った。 数日後、その二人が町内のジャスコ…
社内でローター入れてたらバレてしまって…
2015/08/27 14:00
2015/08/27 14:00
26歳のマーケティング担当です。
自分で言うのも何ですが色白の美人系で背も高めでスタイルも良いので、
学生時代も会社でも男性からの視線を良く感じています。
ほとんどはちょっといやらしい視線ですが・・
普段はむしろいやらしい対象として見られるのは快感なので、悪い気はし
ないのですが、忙しくストレスも溜まっている時に、いやらしい目で見
られていると仕事に集中出来ないので、仕事中でもトイレや人の居ない
会社の実験室で自分でして、気分を落ち着ける事があります。
 
だからバッグにはいつも通販で買ったリモコンローターを、可愛いポーチに
入れています。

でも段々エスカレー…
人生で1度だけ6Pをした時のエッチ体験談
2015/11/08 06:50
2015/11/08 06:50

男の人ならそんなもんだろうと思って、気にしていませんでした。

お酒も入り、話もぽつぽつ尽きてきたころ、ふいに男の人がいいました。

「しかし、彼氏の目の前でいうのもなんだけど、智ちゃん(私の名前は智子です)きれいだよね~」「そうそう、よく見えないけど胸も大きそうだよね」私はちょっと嫌な予感がしたんですけど、ええ~、そんなことないですよ~とかいいながらテキトーにあしらいました。


 ところが話の中心がだんだん私のことになってきて、胸のサイズ(Fです)とか聞かれるようになってきました。
ヤバイかな~、そろそろ出たほうがいいかな~、と思って彼の方を見ても、すっかりお…
彼に下から・・・
2016/05/25 07:17
2016/05/25 07:17
最近凄く感じたセックスなのですが、私はクリでしかイケないので彼はいつも前戯の時に乳首を舐めてくれながら指クリでイカせてくれます、だいたいそれから正常位で入れて貰うというパターンが多いです、それから騎乗位、対面座位、バック、窓の月、撞木ぞり、正乗位・・・というパターンが多いですが、その日は騎乗位の時が凄く感じました、前戯の後の正乗位の後になるべく早めに私が上になる事が多いです、すでに前戯でイカせて貰ってますし、その後に彼が凄く頑張ったりすると体力的に持たなくなるので、挿れて貰ってからイキたい時は「上になっていい?」って聞いてから彼に跨って少し前傾して、彼に乳首を舐めて貰いながら彼のアレにクリを擦…
スパゲッティ屋の女の子と
2016/04/17 07:05
2016/04/17 07:05
昨夜、日暮里の駅近くで色黒な若い女の子を見掛け、テレクラに電話してきた娘と勘違いして声をかけた。違います。と言われたが夜遅く一人で居たのでナンパした。彼女は愛海と名乗っていたが、亀有にあるスパゲッティ屋のバイトが終わり遊びに来ていたの。と言っていた。年は高校生位にも 見えたがあえて聞かなかった。もしよければ1万位でホテル行く?と誘い 明るい性格の愛海はウン。と頷いてくれた。バイトの帰りで愛海の身体からはスパゲッティの様な匂いが微かにしていた。早速、近くのホテルへ入り 先にシャワーを浴びさせた。愛海が出てきて、おじさんは入らないの?と 聞いてきたが家で風呂に入ってきた。と嘯き、愛海をベットへ促し…
オナホールで逝きそうな後輩の男の子見てたら、我慢できなくなって…
2017/03/20 10:00
2017/03/20 10:00
私は120人くらいの職場で働いています。
一昨日、残業して帰る時に20才の後輩の男の子と一緒になり、駐車場まで一緒に歩いて行きました。私は後輩の車を見て「良い車乗ってるじゃん」って除き込みました。
そしたら後部座席に女の人の裸が描いてある大きな箱がありました。
「あれ何っ??」って聞くと後輩はすごく慌ててました。


後輩をどかして箱を開けたら、ゴムの塊みたいの物が入ってました。
どう考えても形は女のアソコ。
私は意地悪な気持ちになり後輩に言いました。
「これ何?」後輩は真っ赤な顔で言い訳してました。
私はさらに意地悪な気持ちになり「誰にも言わないから使ってみて」と…
彼女の妹にイラマチオ
2017/05/27 19:19
2017/05/27 19:19
当時付き合っている彼女の妹と関係を持ってしまった。 いわゆる姉妹丼ってやつ。 ちなみに彼女の妹は、処女で未経験。 どういう経緯でそうなったかは忘れてしまったが、大学時代に付き合っていた彼女に妹を紹介され、一緒に遊ぶ事になった。 妹はショートヘアでボーイッシュな感じで、陸上部だったからか色黒で、でも顔は目がパッチリしてて可愛いタイプ。 ちなみに自分は大のショートヘア好き。 姉(彼女)の方がロングヘアで、自分的にはショートヘアにして欲しかったが、嫌だと断られていた。 (テレビに以前良く出てた欽ちゃん球団の片岡あゆみに似てたので、以下『あゆみ』で) その時はカラオケして遊んだだけだっ…
出張中に呼び出した人妻にテクを堪能させられた
2016/10/26 21:00
2016/10/26 21:00
3人のグループ行動での出張中だったが、次の取引先まで空き時間ができ、1時間半の間自由行動に。休憩場所が相手の住んでいる場所に近い事&専業主婦で日中暇なのを思い出し「軽く会ってみない?」とメール。以前のメールでおおまかなスペックを伝えていた為か「分かった。暇だし行くね。」とすんなりOK。(前からTOKIO山口系の男がタイプと言っていた)


場所は複合型のアミューズメント施設。CDショップの「○○コーナーに居るから」と連絡し待つ事数分。左側から歩み寄る人の気配。キター!!と気配で感じるも、すぐには振り向かず自分の中で一呼吸をし左を向く。

すると、コンサバ風の女性と目…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・同じマンションに住んでいた女を無理やり・・エッチな体験談

・旦那に買ってもらった振袖を着て元カレと中出しエッチ

・カテキョの女子大生が、エロすぎてヤバかったです・・・

・仲悪かった弟に犯されかけたんだけど

・貧乳に悩む妹の相談中に発情して近親相姦したったwwwwwwwwwww

・高校時代 四

・中出しをせがんできた32歳のバツイチ

・おばちゃんにやらせて下さいと訴えた

・複数の男性に連続で中出しされるのが大好きな変態女です

・酔った勢いで処女の後輩に抱きつき弄りまくった結果wwwwwwwwwwww

・体験談:家族写真が飾られてる所でレイプされた [衝撃]

・【人妻体験談】試着室で水着に着替えていたら、床上手なおじさんにレイプされた巨乳主婦

・【熟女体験談】色白おっぱいの素人人妻が夫の目の前で公認中出しSEX

・井上和香似なキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

・【悲報】淫行でパクられたけど質問ある?

・世間は狭いデリヘル嬢がPTA役員

・エロい若妻(o^^o)

・母がヤクザに調教された

・浮気元妻の因果応報

・【Hな体験】エッチな下着姿で手コキしてくれた近所のお姉さん

・同僚を眠らせ車の中で犯した

・本気で妊娠させるつもりで犯して欲しいと思う変態な私

・仲のいいセフレ2

・高校時代 三

・ヌルンヌルンに濡らして感じてくれた26歳の美人妻

・【不倫】農作業の小屋で知った床上手な義父の指使い

・クラブでナンパしたビッチな巨乳女子大生

・高校時代 二

・処女だった元高校生バイトに何度も中出し

・犯されると勘違いした母を本当に犯した