寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】酔わせて野外プレイ

2018/06/15 10:25




 「うーん、今日も暇な一日だったな」
暇な営業所に定刻がきた。 自嘲気味に所長が呟く。
 「所長、ため息ついてもしょうがないですよ!たまにはお酒でも飲んでぱ
ぁっとしましょう!」
事務員の幸恵が明るく声をかける。

 「そうだな…。幸恵くんたまには羽目をはずして飲んでみようか。お礼
にご馳走するよ。」
幸恵としては月末でうまく所長におごってもらうだけの口実だったがあっ
けなく引っかかってくれて胸の中で舌を出す。近くの居酒屋では取り留めの
ない話で盛り上がり、幸恵も所長も早いペースでグラスを空けていく。

 「所長、ちょっとトイレに行ってきますね~」
酔いが回り足元がおぼつかない幸恵。席を立とうとしてもなかなか立ち上がれない。
 「おいおい、飲んでもいいって言ったけど飲みすぎじゃないか?」
笑いながら後ろから幸恵を立たせる。

 (ん…、こりゃでかい胸してるじゃないか。)
普段制服のベストに隠れて気に留めていなかったが抱き起こす時、所長の指
はブラをつけているとはいえ、幸恵の胸に沈み込む感覚を見逃さなかっ
た。

広く首周りの開いたカットソーの胸元から深い谷間が覗く。そして、ふらつ
く脚は白くすらりと伸び、時折見える太ももは程よく肉がつき所長を誘って
いるようだ。

 (こいつをなんとかしたいな…)
かねてから女性関係には何かと騒がしい所長は獲物を定め、捕らえた時の光
景を想像しながら股間を膨らましはじめた。
 「幸恵くん、一人でできるか?」
 「もう、所長ったら~、これくらい大丈夫れすよ~」

ろれつの回らない幸恵をトイレの個室に入れ一息つく。そしてトイレのド
アを開け閉めし、出て行ったように振舞い音を立てないように隣の個室に入
る。

壁の下の隙間から幸恵の個室を覗くとちょうど幸恵がしゃがむとこ
ろであり、すべてが丸見えだ。丁寧に伐採された逆三角の茂み、その頂点か
ら少し降りたところに隠れる突起。肉のベールから縮れながらはみ出る二枚
の花びら…。
幸恵は気づかないうちに恥ずかしい部分を詳細に観察されて
いた。やがてしょぼしょぼと放水が始まる。その勢いはなかなか収まらない。

 (ふふふ、この後は違う体液で濡れるんだな)
所長は既に人格が変わり、一匹の飢えた獣と化していた。放水の勢いが弱ま
ると音を立てずに席に戻る。
 「すいません、お待たせしちゃって」
 「いやいや、気にしなくて構わんよ。あ、最後にもう一杯頼んどいたから
もうちょっと付き合ってもらおうかな」
すでにテーブルにはグラスが置かれていた。
 
「ありがとうございます」
おしゃべりに夢中になって喉が渇いていたこともあり幸恵はごくごくと飲
んでしまった。

 (さあ、お楽しみの始まりだ…)
しばらくすると幸恵は身体が気だるく火照ってきた。酔っているはずなの
に全身の感覚が鋭くなっている。
 (あれ、本格的に酔っちゃったかな?)
鋭利な感覚は次第に幸恵の性感帯をじりじりと襲う。何もしていないのに
ふくよかな乳房に不釣合いな小さく可憐な乳首が隆起し、股間のメスの突起
に血液が集まりじりじりと包皮を押しのけていく。

 「ん、幸恵くんとうかしたのか?」
とまどう幸恵に気づいたふりをする所長が声をかける。
 「い、いや、なんか酔っちゃったみたいで…、ははは」
適当に答える幸恵を見て所長はにやりとした。数日前、知り合いから面白
半分にもらった催淫薬をアルコールに混ぜていたのだった。

 (まさか本物だったとはね。ふふふ)
幸恵は下半身に宿る不思議な感覚に戸惑っている。
 「幸恵くんらしくないなあ!」
所長はわざと幸恵の太ももの辺りを撫でながらおどけてみせる。
 (あぁ…)
たったそれだけのことなのに過剰な快感が幸恵を包む。膣の奥からねっと
りとした液が流れるのがわかる。

 (ど、どうして…、こんなに感じてしまうの…)
明らかに焦りはじめた幸恵を卑猥な笑顔で眺める所長。
 「仕事熱心だからですかね…」
軽口を叩くつもりなのに声が潤み熱い吐息が漏れそうになる。
 「そうかもしれんな。少し肩でも揉んでやろう」
幸恵の背後に回りすぅっと肩からうなじを撫でる。

 「はぅ…」
うなじから首筋を刷毛でなぞるようにゆっくりと触れる。ときおり所長の息
が耳元にかかりなんともいえぬ痺れが幸恵の体を伝う。
 「幸恵くん、どうかな。なかなかのもんだろ」
背筋から腋を通り胸の膨らみの付け根を揉み込む。幸恵は足をもじもじし
ながら卑猥なマッサージに耐える。

 「所長…、気持ちいいけどなんか…」
上半身を好き勝手に触られ、全身が性感帯になっていた。ふらふらと所長に
もたれかかりそうになるのを必死にこらえている。
 「幸恵くん、ほんとに酔ったみたいだな。とりあえずここを出よう。」
このまま快楽の波に揺れる船に乗っていたかったのに所長はすっと手を引っ
込めた。

精算を済まし店を後にする。夏がすぐそこに来ているとはいえ夜になるとか
なり涼しく、薬によって火照った身体に心地よい。
 「単身赴任だとこうやって女性と歩く機会なんてないんだよ。酔った勢い
だと思って手をつないでくれないかな?」
 「ははは、所長、お安い御用ですよ!」
夜風に吹かれれば酔いが覚めると思い込んでいる幸恵は手をつなぐ。

 「いやー、なんかいい気分だよ。」
軽口を叩きながら所長は絡めた幸恵の指をなぞり、付け根をやさしく撫で
始めた。ねっとりとした指の動きはまるで股間を愛撫されているかのよう
だ。薬によって全身が過敏になり、卑猥なマッサージによりすべてが性感帯
になった幸恵は次第に息が荒くなる。クリトリスがじんじんと疼き、ねっ
とりとした愛液が下着を濡らしているのがわかる。

 「所長…、なんだか私…」
 「ん、どうした?まだ、酔いが覚めないのか?よかったら少し休んでいく
か?」
指への愛撫を続けながら夜の公園に向かう。人通りのないベンチに腰を下ろ
す。
 「しょ、所長…。指、やめてください…」
じわじわと込み上がってくる甘美な波に耐えながら幸恵は懇願する。

 「これが、いやなのか幸恵くん」
所長はやめるどころか空いた手も掴み両方の指先を愛撫する。
 「あぁ…、お願いです…。おかしくなりそうなんです…」
ねっとりと絡まった肉厚の所長の指がいやらしく幸恵を責める。全身に力
が入らない幸恵は隣に座る所長にしなだれかかった。

 「それ以上は…、あぁ、だめです…」
なんとか指の動きを止める幸恵。しかし所長はスカートの裾から覗く太も
もにターゲットを変える。指先が触れるか触れないかの微妙なタッチでする
すると幸恵の太ももの上を上下する。

 「あぁ、そんな…」
微妙なタッチから流れる快感の電流がすぐ傍にあるクリトリスに響く。歩い
ているときから尖っていたそれを幸恵は今すぐにでもいじりたい衝動にか
られる。我慢ができない。

 「所長…、もうだめです。触ってください」
幸恵は弱弱しく恥ずかしいおねだりをする。
 「さっきから俺は触っているけどな…。他のところを触ってほしいのか
な?どこだ?」
所長は幸恵の羞恥心を更にあおるように尋ねる。

 「いや…、我慢できないんです。お願いします。」
さわさわと触り続ける指先がうらめしい。
 「だからどこを触ったらいいのかわからんじゃないか。ちゃんと言いなさ
い、幸恵」
いままでの上司からハンターに変わった瞬間だった。

 「あ、あそこを…、幸恵のクリトリスをいじってください…。お願いし
ます…」
こんなところで破廉恥な懇願をする自分に被虐の昂ぶりを覚える。幸恵は
自らゆっくりと脚を開き、所長の指を招きいれようとする。

 「幸恵はこんなはしたない子だったんだな」
冷たく蔑むようにつぶやくと下着を乱暴に引き裂き、幸恵の下半身を露に
させる。所長は両足を掴みM字に開いて股間に身体を入れる。
 「幸恵のここはいったいどうなってるんだ?こんなにお漏らしして!ク
リも勃起してるじゃないか。おまけにぱっくり開いてビラビラが丸見えだ
よ。汁が滴ってきてるぜ。あー、アナルの方に流れるなあ、こりゃあ」
一向にいじる気配もなくじっくりと観察する所長。恥を忍んで懇願したのに
さらにじらされる幸恵の下半身がいやらしく前後に動く。

 「お、お願い…、早く触ってください…」
幸恵の潤んだ瞳が所長の攻撃性をさらに加速させる。
 「そう言われてもどうやったらいいのかわかんないなあ。ちょっとやって
みせてくれ」
所長はか細い幸恵の腕を掴むと濡れそぼる秘所へと導く。

 「いや…、意地悪しないで下さい…。こんなところでオナニーはいや…」
 「するんだ、幸恵!いつもやってることだろうが!」
ドスの効いた低い声が幸恵に飛ぶ。
 「あぁ、こんなところで…」
真冬のコートのような包皮を剥き、真っ赤に充血し尖りきった肉芽を晒す。
ドクドクと滴る愛液をすくうと指の腹でむき出しの肉芽になでつけた。

 「あぅ!強すぎる!」
ただでさえじらされ、お預け状態だった上、催淫薬で敏感にされたそれを普
段どおりにいじった幸恵はあまりの極度の刺激にイキそうになる。しかし
ここまで焦らされた幸恵の肉芽はいじってもらわんと包皮からさらにせり
出しひくひくと指を誘う。

 (こりゃ、すごいな…。野外でオナニーするとは思わなかったよ。しかし
こっちも限界だ…)
ベンチの上でM字開脚のまま目を閉じて一心不乱に自慰にふける幸恵を見
ながら所長はズボンと下着を脱ぐ。

勢いあまった肉棒が上下にしなりながら我慢のよだれを撒き散らす。
所長はそれを幸恵の顔に近づけ無言の指示をだす。
ムンとする男の匂…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ナンパ即ハメ成功して、ぽっちゃり看護学生にアナルタッチ
2017/07/12 10:09
2017/07/12 10:09
地下街をフラフラと宛もなく歩いている素人女子を発見して
ナンパしてみた


「遊ぼうよ」

って声を掛けたら、口に手を当てて

「えっ? えっ?」

と言いながらも、ついてくるので、そのまま手を取ってラブホにしけ込んだ。

ベッドに腰掛けながら話を聞くと、春に田舎から出てきて看護学校に通っているらしい。

名前は、ミホ。

バイトでも探そうと、週末の朝早くから街を彷徨っていたらしい。

ややポッチャリ型だけど太っているわけではなく、胸もBカップといったところか。

綺麗な顔立ちをしているので、これからの精進次第でいくらでも光りそうな娘だった。




そのまま抱き寄せ…
【人妻体験談】妻とカナダ人交流員
2017/04/23 16:13
2017/04/23 16:13
皆さん凄いなと思いながら楽しみに読ませてもらっています。 私は40歳の自営業。 妻は34歳で専業主婦です。 子供は小2の男の子が一人です。  私が色んな団体の役員を兼任している関係で、いろんな方を家に招いては食事しながら飲み会になったりしています。 普通は小さい頃から知っている叔父さん達や年齢の近い役所関係の人間が多いのですが、去年から国際交流のNPOの代表をさせられていまして、JETの外国人や国際交流員の外国人等も頻繁に出入りするようになりました。 日本人は呼んだ時に訪ねて来るのが普通でしたが、外国人は男性も女性も遠慮なくちょくちょく遊びに来るようになりました。  子供がなついている…
友達グループで混浴温泉に行って、やれたあいつとやれなかった僕
2016/01/04 12:21
2016/01/04 12:21
高校の時、五人(男2人、女3人)で温泉に行った。

交通の便が結構悪い所にある露天風呂の温泉でした。

更衣室で別れ、それぞれ水着に着替え、露天風呂で落ち合いました。




混浴ですが、水着なので女の子達とも一緒に入ろうと言ってたので、女の子と付き合った事が無いボクは、同級生の水着を近くで見れるだけでドキドキして期待してました。

一応、水泳の時間にプールサイドの向こう岸からは学校の水着姿は見た事がありましたが、みんな普通の水着を着てて、

青春を謳歌しているってこういう事なのかな?とその時思いました。

でも、失敗しました。

水着とタオルは禁止の看板があり、先に入ってたおじ…
小児科に入院中の出来事
2015/10/23 05:01
2015/10/23 05:01
私の名前は李華。りーちゃんって呼ばれています。今は中3です。 小4のころの出来事です。 小4のころ喘息が酷く、入院していました。 そのころからHに少しずつ興味が出てきました。 担当医の先生が朝問診に来ました。担当の先生は小山先生でした、 先生「りーちゃんおはよう。」 李華「おはようございます」 先生「じゃぁ、胸の音聞くから、パジャマ脱いで、」 李華「脱ぐんですか?」 先生「うん、そうだよ。今日は特別」 と言って、先生は聴診器で乳首をコロコロしてきました。 そして、先生「あれ?りーちゃんどうした?どこかいたい?」 李華「なんか、、おっぱいが痛い」 先生「病気かもしれないなぁ、検査するからズボン脱…
【熟女体験談】美熟女の肉体はスベスベで気持ち良かった
2017/01/01 00:02
2017/01/01 00:02
2017/01/01 (Sun) 先日あるSNSで出会った美熟女と初めて会って、

その日にエッチしました。

彼女は30代後半で子持ちのシンママ、

当方は20代前半の学生です。

当日、駅に待ち合わせをして車に乗り込むと、

彼女は相当溜まっていたのか、いきなり熱いキスをしてきました。

激しくキスをすると、それだけで感じてしまうとても敏感な体質の方でした。

そして、速攻ホテルへ行きました。

部屋に入る途端に激しくキスをして、服を脱がせました。

胸は少し垂れ、乳首は微かにピンク色で、子供を母乳で育てたのか大きな乳首。

アソコは黒くて分厚いビラビラが出て、クリは大きい…
10年前の乱交パーティーでの綺麗な女性との体験談
2017/01/10 23:30
2017/01/10 23:30
もう10年も前の話。

ある掲示板に書いてあった乱交パーティの参加者募集、

思い切ってメールを出すとすぐに返事が来た。

指示通りの日と時間に会場のマンションに行くと、中から五十代の紳士が現われて「お待ちしていました。」と歓迎を受け

参加費を支払い、バスタオルを渡され、まずはシャワーを浴びる。


廊下の向こうからは妖しげな音がすでに聞こえてきていて、俺は急いで身体を洗い流すとタオルで拭きながら奥の部屋に向かう。


三十代の男二人が一戦終えたらしく、気だるそうにタバコをくゆらせて全裸で床に腰掛けていて、細身の女性が顔を手で隠して大の字になって部屋中に敷き詰められたマットの上で寝そべってい…
金持ちお嬢様系と知り合いエロビデオ鑑賞しながらのSEX【エッチな話告白】
2015/08/16 09:53
2015/08/16 09:53
昭和のポケベル全盛期、
俺は高校生だった

それで俺もポケベルを持っていたんだけど
ある日の夜中に

「ハジメマシテ」

「XXXーXXXXーXXXX」

とポケベルの番号らしきものが入ってきました。

次の日に早速ベルしてみると
すぐに返事があり、

「コウイチノオンナデス」

「ベルトモニナッテクダサイ」

と。


俺は友達か、その知り合いが
騙しているかもしれないと思ったけど、
差し障りなく返事をした。

1ヶ月くらいした頃に

「キョウアッテミマセンカ?」

と夜19時に来た。

今までのベルのやり取りで、
県で一番頭が良い学校に行っている事や、
3個隣の駅に住んでいる事は聞いてい…
下ネタ大好きガテン系のバイト仲間で性器露出の大乱交www
2018/03/20 20:02
2018/03/20 20:02
もう10年ぐらい前の出来事なんだけど、

バイト先の仲間で俺ともう1人の

男と女2人の4人でよくつるんでいた。

バイトっていっても華やかさとは無縁の、

どちらかといえばガテン系の職場で、

仕事は小汚くて、いつも金は無く、

自分で言うのもなんだけどまーあんまり

パッとしない4人組だった

ただそれだけに似たもん同士で壁が無いというか、

変に見栄を張ることも無い

男女の枠を超えた友情みたいなものが芽生えて、

給料が出るとよく4人で

安居酒屋に飲みに行ったりしていた。

わかりづらくなりそうなんで先に名前を振っとく。

俺=タケシ…
【不倫体験告白】別居中の人妻
2018/02/12 19:37
2018/02/12 19:37
2006/06/24 19:41┃登録者:えっちなブラさん┃作者:名無しの作者  42歳のバツイチですが、最近、先輩の会社の人妻との不倫をイタしてしまったので報告させていただきます。  離婚してから肌を合わせた女と言えば、ソープ嬢とテレクラで知り合った援助の女性ばかりでしたが、やはり、お金を払ってイタすのと、そうでないのとでは、淫靡さの度合いが違うなぁと思っていた今日この頃…願ってもないような話が舞い込みました。  以前勤めていた会社の先輩で、今は独立して小さな会社を経営している先輩から、久しぶりに電話がかかってきました。  「久しぶりだなぁ、お前バツイチになったんだって?」などと言い…
【近親相姦告白体験談】兄としちゃいました
2015/10/07 08:45
2015/10/07 08:45
誰もいないかな? 2年前の話だけど、兄としちゃった話書きます。 聞きたいので書いてもらえますか? 当時、私は高2(女子校育ち・処女)で、兄は大学2年でした。 その日は父方の親戚の不幸で、両親は不在でした。 夜、お風呂から上がって居間に行くと、兄がTシャツにトランクス姿でソファーに座り、テレビを見ていました。 大股を開いて座っていたので、トランクスの端から少しおちんちんが見えていることに気づき、すごくドキドキしました。 大人の男の人のおちんちんを生で見るのは初めてで、どうしようか迷いました。 普段両親がいる時は、そんなラフな格好をしていないので… 兄は特別かっこいいという訳ではないのですが、…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・週末にクッソエロい体験したから話す

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・中国マッサージ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス