寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】酔わせて野外プレイ

2018/06/15 10:25




 「うーん、今日も暇な一日だったな」
暇な営業所に定刻がきた。 自嘲気味に所長が呟く。
 「所長、ため息ついてもしょうがないですよ!たまにはお酒でも飲んでぱ
ぁっとしましょう!」
事務員の幸恵が明るく声をかける。

 「そうだな…。幸恵くんたまには羽目をはずして飲んでみようか。お礼
にご馳走するよ。」
幸恵としては月末でうまく所長におごってもらうだけの口実だったがあっ
けなく引っかかってくれて胸の中で舌を出す。近くの居酒屋では取り留めの
ない話で盛り上がり、幸恵も所長も早いペースでグラスを空けていく。

 「所長、ちょっとトイレに行ってきますね~」
酔いが回り足元がおぼつかない幸恵。席を立とうとしてもなかなか立ち上がれない。
 「おいおい、飲んでもいいって言ったけど飲みすぎじゃないか?」
笑いながら後ろから幸恵を立たせる。

 (ん…、こりゃでかい胸してるじゃないか。)
普段制服のベストに隠れて気に留めていなかったが抱き起こす時、所長の指
はブラをつけているとはいえ、幸恵の胸に沈み込む感覚を見逃さなかっ
た。

広く首周りの開いたカットソーの胸元から深い谷間が覗く。そして、ふらつ
く脚は白くすらりと伸び、時折見える太ももは程よく肉がつき所長を誘って
いるようだ。

 (こいつをなんとかしたいな…)
かねてから女性関係には何かと騒がしい所長は獲物を定め、捕らえた時の光
景を想像しながら股間を膨らましはじめた。
 「幸恵くん、一人でできるか?」
 「もう、所長ったら~、これくらい大丈夫れすよ~」

ろれつの回らない幸恵をトイレの個室に入れ一息つく。そしてトイレのド
アを開け閉めし、出て行ったように振舞い音を立てないように隣の個室に入
る。

壁の下の隙間から幸恵の個室を覗くとちょうど幸恵がしゃがむとこ
ろであり、すべてが丸見えだ。丁寧に伐採された逆三角の茂み、その頂点か
ら少し降りたところに隠れる突起。肉のベールから縮れながらはみ出る二枚
の花びら…。
幸恵は気づかないうちに恥ずかしい部分を詳細に観察されて
いた。やがてしょぼしょぼと放水が始まる。その勢いはなかなか収まらない。

 (ふふふ、この後は違う体液で濡れるんだな)
所長は既に人格が変わり、一匹の飢えた獣と化していた。放水の勢いが弱ま
ると音を立てずに席に戻る。
 「すいません、お待たせしちゃって」
 「いやいや、気にしなくて構わんよ。あ、最後にもう一杯頼んどいたから
もうちょっと付き合ってもらおうかな」
すでにテーブルにはグラスが置かれていた。
 
「ありがとうございます」
おしゃべりに夢中になって喉が渇いていたこともあり幸恵はごくごくと飲
んでしまった。

 (さあ、お楽しみの始まりだ…)
しばらくすると幸恵は身体が気だるく火照ってきた。酔っているはずなの
に全身の感覚が鋭くなっている。
 (あれ、本格的に酔っちゃったかな?)
鋭利な感覚は次第に幸恵の性感帯をじりじりと襲う。何もしていないのに
ふくよかな乳房に不釣合いな小さく可憐な乳首が隆起し、股間のメスの突起
に血液が集まりじりじりと包皮を押しのけていく。

 「ん、幸恵くんとうかしたのか?」
とまどう幸恵に気づいたふりをする所長が声をかける。
 「い、いや、なんか酔っちゃったみたいで…、ははは」
適当に答える幸恵を見て所長はにやりとした。数日前、知り合いから面白
半分にもらった催淫薬をアルコールに混ぜていたのだった。

 (まさか本物だったとはね。ふふふ)
幸恵は下半身に宿る不思議な感覚に戸惑っている。
 「幸恵くんらしくないなあ!」
所長はわざと幸恵の太ももの辺りを撫でながらおどけてみせる。
 (あぁ…)
たったそれだけのことなのに過剰な快感が幸恵を包む。膣の奥からねっと
りとした液が流れるのがわかる。

 (ど、どうして…、こんなに感じてしまうの…)
明らかに焦りはじめた幸恵を卑猥な笑顔で眺める所長。
 「仕事熱心だからですかね…」
軽口を叩くつもりなのに声が潤み熱い吐息が漏れそうになる。
 「そうかもしれんな。少し肩でも揉んでやろう」
幸恵の背後に回りすぅっと肩からうなじを撫でる。

 「はぅ…」
うなじから首筋を刷毛でなぞるようにゆっくりと触れる。ときおり所長の息
が耳元にかかりなんともいえぬ痺れが幸恵の体を伝う。
 「幸恵くん、どうかな。なかなかのもんだろ」
背筋から腋を通り胸の膨らみの付け根を揉み込む。幸恵は足をもじもじし
ながら卑猥なマッサージに耐える。

 「所長…、気持ちいいけどなんか…」
上半身を好き勝手に触られ、全身が性感帯になっていた。ふらふらと所長に
もたれかかりそうになるのを必死にこらえている。
 「幸恵くん、ほんとに酔ったみたいだな。とりあえずここを出よう。」
このまま快楽の波に揺れる船に乗っていたかったのに所長はすっと手を引っ
込めた。

精算を済まし店を後にする。夏がすぐそこに来ているとはいえ夜になるとか
なり涼しく、薬によって火照った身体に心地よい。
 「単身赴任だとこうやって女性と歩く機会なんてないんだよ。酔った勢い
だと思って手をつないでくれないかな?」
 「ははは、所長、お安い御用ですよ!」
夜風に吹かれれば酔いが覚めると思い込んでいる幸恵は手をつなぐ。

 「いやー、なんかいい気分だよ。」
軽口を叩きながら所長は絡めた幸恵の指をなぞり、付け根をやさしく撫で
始めた。ねっとりとした指の動きはまるで股間を愛撫されているかのよう
だ。薬によって全身が過敏になり、卑猥なマッサージによりすべてが性感帯
になった幸恵は次第に息が荒くなる。クリトリスがじんじんと疼き、ねっ
とりとした愛液が下着を濡らしているのがわかる。

 「所長…、なんだか私…」
 「ん、どうした?まだ、酔いが覚めないのか?よかったら少し休んでいく
か?」
指への愛撫を続けながら夜の公園に向かう。人通りのないベンチに腰を下ろ
す。
 「しょ、所長…。指、やめてください…」
じわじわと込み上がってくる甘美な波に耐えながら幸恵は懇願する。

 「これが、いやなのか幸恵くん」
所長はやめるどころか空いた手も掴み両方の指先を愛撫する。
 「あぁ…、お願いです…。おかしくなりそうなんです…」
ねっとりと絡まった肉厚の所長の指がいやらしく幸恵を責める。全身に力
が入らない幸恵は隣に座る所長にしなだれかかった。

 「それ以上は…、あぁ、だめです…」
なんとか指の動きを止める幸恵。しかし所長はスカートの裾から覗く太も
もにターゲットを変える。指先が触れるか触れないかの微妙なタッチでする
すると幸恵の太ももの上を上下する。

 「あぁ、そんな…」
微妙なタッチから流れる快感の電流がすぐ傍にあるクリトリスに響く。歩い
ているときから尖っていたそれを幸恵は今すぐにでもいじりたい衝動にか
られる。我慢ができない。

 「所長…、もうだめです。触ってください」
幸恵は弱弱しく恥ずかしいおねだりをする。
 「さっきから俺は触っているけどな…。他のところを触ってほしいのか
な?どこだ?」
所長は幸恵の羞恥心を更にあおるように尋ねる。

 「いや…、我慢できないんです。お願いします。」
さわさわと触り続ける指先がうらめしい。
 「だからどこを触ったらいいのかわからんじゃないか。ちゃんと言いなさ
い、幸恵」
いままでの上司からハンターに変わった瞬間だった。

 「あ、あそこを…、幸恵のクリトリスをいじってください…。お願いし
ます…」
こんなところで破廉恥な懇願をする自分に被虐の昂ぶりを覚える。幸恵は
自らゆっくりと脚を開き、所長の指を招きいれようとする。

 「幸恵はこんなはしたない子だったんだな」
冷たく蔑むようにつぶやくと下着を乱暴に引き裂き、幸恵の下半身を露に
させる。所長は両足を掴みM字に開いて股間に身体を入れる。
 「幸恵のここはいったいどうなってるんだ?こんなにお漏らしして!ク
リも勃起してるじゃないか。おまけにぱっくり開いてビラビラが丸見えだ
よ。汁が滴ってきてるぜ。あー、アナルの方に流れるなあ、こりゃあ」
一向にいじる気配もなくじっくりと観察する所長。恥を忍んで懇願したのに
さらにじらされる幸恵の下半身がいやらしく前後に動く。

 「お、お願い…、早く触ってください…」
幸恵の潤んだ瞳が所長の攻撃性をさらに加速させる。
 「そう言われてもどうやったらいいのかわかんないなあ。ちょっとやって
みせてくれ」
所長はか細い幸恵の腕を掴むと濡れそぼる秘所へと導く。

 「いや…、意地悪しないで下さい…。こんなところでオナニーはいや…」
 「するんだ、幸恵!いつもやってることだろうが!」
ドスの効いた低い声が幸恵に飛ぶ。
 「あぁ、こんなところで…」
真冬のコートのような包皮を剥き、真っ赤に充血し尖りきった肉芽を晒す。
ドクドクと滴る愛液をすくうと指の腹でむき出しの肉芽になでつけた。

 「あぅ!強すぎる!」
ただでさえじらされ、お預け状態だった上、催淫薬で敏感にされたそれを普
段どおりにいじった幸恵はあまりの極度の刺激にイキそうになる。しかし
ここまで焦らされた幸恵の肉芽はいじってもらわんと包皮からさらにせり
出しひくひくと指を誘う。

 (こりゃ、すごいな…。野外でオナニーするとは思わなかったよ。しかし
こっちも限界だ…)
ベンチの上でM字開脚のまま目を閉じて一心不乱に自慰にふける幸恵を見
ながら所長はズボンと下着を脱ぐ。

勢いあまった肉棒が上下にしなりながら我慢のよだれを撒き散らす。
所長はそれを幸恵の顔に近づけ無言の指示をだす。
ムンとする男の匂…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【寝取られ】妻を巨根男に差し出した[中編]
2017/12/28 18:00
2017/12/28 18:00
待ち合わせはT市のシティホテル。我々夫婦が宿泊する部屋にS君に来てもらう形を取りました。自宅から100キロも離れているので大丈夫とは思ったのですが、知人に見られる可能性を極力減らしたかったのと、いかにもなラブホテルは妻が嫌がるのが目に見えてたので。さすがに緊張してきたのか、ホテルに入る頃には身を固くしていた妻ですが、部屋に入ると少し落ち着いたようです。 「あら、いい部屋」 「事前調査はバッチリだからね」 妻は、キングサイズのベッドが2つあることが引っ掛かったのか、「何でこの部屋にしたの?」と聞いてきました。ある可能性を考えてのことでしたが、「いや、この部屋って壁が厚いん…
【母】堕とされた母 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/22 12:32
2017/07/22 12:32
堕とされた母  ?11? ホックを外され、肩紐は二の腕にズリ落ちている。 窮屈な戒めから解放された豊かな双乳は、ともに達也の手に掴みしめられて、粘っこい愛撫を施されていた。 「気持ちいい? 佐知子さん」執拗な口吸いを中断して、達也が問いかける。 「……あぁ……達也く…ん……」 解放された口から、掣肘の言葉を吐くことも、佐知子は、もう出来なくなっている。 薄く開けた双眸に涙を光らせて、か弱く達也の名を呼ぶだけ。 揉みしだかれる乳房から伝わる感覚は、快美すぎた。 (……熱い……)直接、達也の手を感じる部分が、火のような熱を孕んで。 その熱に、肉が溶かされていく。ドロドロに。 「ほら、見て、佐知…
【逆レイプ】酔った勢いで男友達を女3人で
2015/12/18 18:00
2015/12/18 18:00
当時私は17歳。高校の女友達と3人で居酒屋で飲んでて、帰りのアシが無いから男友達のA男(21歳)を呼んで車で送ってもらうだけのはずでした。女3人はみんなベロベロに酔っ払っていて・・・。 「飲み足りないね~!どこか行こうか!」 もう明け方でどこの居酒屋も閉店していたので、お酒買ってラブホに4人で入りました。 A男とはたまに一緒に飲みに行ったりする仲で、そこそこ遊んでるような奴だったけど、どちらかというと大人しくて弄られキャラでした。下らない話で盛り上がってビール飲んで、そろそろお酒も進まなくなった頃、「ラブホのAV観てみよう!」と女の誰かがTVを付けました。 男優のわざと…
見られながらのカーSEXは痺れるような快感でした
2016/04/21 21:00
2016/04/21 21:00
初めてカーセックスしたのは17歳の時。6歳上の彼氏と。
それから何人かと交際して、何度となくカーセックスをしました。
 一番最近のカーセックスは不倫の彼と。
 彼とはいつも軽く飲んでから、ラブホテルでセックスするのですが、その日は少し、違いました。彼が会社の飲み会に出かけ、私は彼を迎えに行きました。
このパターンでも、いつもならラブホテルに行くのですが…


その日は深夜11時近かったこともあり、自動車の交通量も少なく、「ちょっと停めて……」と言われて、待避所のある路肩に車を停めました。

「少し休みたい……」というので、二人とも、シートを倒して休んでいたら、しばら…
【H体験談】他人の彼女を抱く快感
2017/01/01 21:00
2017/01/01 21:00
結構前から気になってた友人の彼女を含めて飲んでる時に肉体関係を持ちそれから友人には内緒で強引に関係を続けてます。


内容を書くと、友人、友人の彼女(名前は恵美と言う)、私、他二人で飲む予定でしたが、友人が仕事で来れなくなり、四人で飲む事になり。

酒が入り始めて話は過去の暴露話に突入。

で、友人の秘密話を暴露してると恵美ちゃんは「そんな事してたんだ」憤慨しながら酒を飲んでいました。

お開きにしようと店を出る時に恵美ちゃんが泥酔状態でした。

他二人は私に押し付けて帰ってしまったので私が送る事になりました。

 
送る電車の中、気持ち悪いと前屈みになった恵美ちゃんの胸の谷間が見え…
【乱交】残業の夜は、後輩の女の子と一緒に課長に奉仕
2016/09/20 12:00
2016/09/20 12:00
残業中に上司たちと・・・っていう展開。みんなの帰った会社で、40過ぎの上司と同僚の男の子、それから後輩の女の子。私はもう三十路だから、どっちかっていうと20代前半の後輩の方がメインだったんだけど、おばさんなりに楽しんじゃいました。 「ちょっと休憩しようか?」 いつも、この課長の一言を合図に始まります。 私は「失礼します」とか言って、席に座っている課長の前に跪きます。ズボンから柔らかいおちんちんを出すと少しすっぱい臭いがして、舌先でペロッと舐めるとしょっぱい味がするんです。最初の頃は、その臭いと味が苦手だったんですが、だんだん慣れてしまい、それがないと物足りなくなりました…
【熟女体験談】デカ尻で痴女なお局OLにチンコビンタして、思い切り強制イマラチオ
2018/05/13 00:02
2018/05/13 00:02
2018/05/13 (Sun) 会社のお局OLにミチコという
四十路のバツ一のデブおばさんがいる

小柄のデブ熟女だが

むっちりした大きなお尻は
デカ尻フェチの自分にとっては
たまらないものがある

いつもデカ尻おばさんの後ろ姿を
視姦しながら
こっそり勃起していた俺

ある日、飲み会の二次会で
同僚や先輩が帰ったり酔いつぶれたりした中

ミチコと俺はそいつ等を
タクシーに乗せたりした後
2人きりとなった

「俺たちも帰りましょうか」

「そうね。じゃあタクシー拾いますわ」

同じ方向の2人はタクシーに乗り込んだ

「息子のことでききたいことがあるんだけど
相談できるのあなたしかいなく…
【夜這いのエッチ体験談】彼女の寝てる横で巨乳の女友達に夜這いしてみた
2015/11/07 23:00
2015/11/07 23:00
女友達っていうか、彼女の友達。 2年位前のことですけど、彼女(E子)と彼女の友達(M美)と俺の3人で飲んでました。 最初居酒屋で飲んで、そのあと彼女の家でかなり飲みました。 その前にも、その3人+M美の彼氏の4人で何度か飲んだことはありましたが、 エロい雰囲気になったことは一度もなく、強いて言うならカップル同士でキスをして、 写真に取り合ったぐらいでした。 その日もホントは4人で飲む予定だったのですが、 M美の彼氏は、仕事の都合でこれなくなり、3人で飲むことになりました。 で、3人のうち、彼女のE子が一番先に寝始めました。 なぜか、最初からかなりのハイペースで飲んでた…
女の告白、姉が主人を誘惑して…
2016/04/23 21:00
2016/04/23 21:00
 

姉の部屋に主人が入ってた…。
実家の離れの二階に姉の部屋があり
隣が私の部屋でした。私が母屋に居てるのに離れで休んだりしてあまりこっちにきたがらないんです。
部屋を見に行くとゴロゴロしてるだけだから気にせずほっておいたのがダメでした。姉が帰って来て荷物を置きに部屋に行きました。
姉が母屋に来たのが1時間後でなんかしてたんだと気にせずにいました…
ある日、離れに入ると主人が隣の姉の部屋に入ってました。何してるのか聞いたら覗いただけだよ すっと出て来ました。
主人の近くにハンカチみたいなものが落ちたので拾い上げると
姉の履いてるパンツがなんで… &#…
【近親相姦】彼氏に捨てられた文庫本のタイトルが「別れ」だったwww【体験談】
2015/10/11 12:03
2015/10/11 12:03
75:おさかなくわえた名無しさん2011/01/02(日) 02:41:50 ID:+2XQOPeD 大好きだった年上の彼 車の中でケンカになった時に 私のバッグの中の文庫本を いきなり掴んで窓の外に捨てられた。 タイトルに「別れ」って言葉が入ってたのを 偶然目にして、嫌味に思ったらしい 活字中毒だから文庫本持ち歩いてただけで 題名が嫌味だって言われても困る。 何より本好きだから、 本をそんな扱いされたってのが凄くショックだった。 大好きだったのにこれをきっかけに どんどん冷めてお別れしてしまった。 言いなりに近いくらい夢中だったから 何してもいいって思われてたんだろうなぁ76: おさかなくわ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・仲悪かった弟に犯されかけたんだけど

・研修会で年上の女性と出会って人生が変わった

・貧乳に悩む妹の相談中に発情して近親相姦したったwwwwwwwwwww

・中出しをせがんできた32歳のバツイチ

・おばちゃんにやらせて下さいと訴えた

・【乱交】修学旅行中にギャルな同級生とサルのようにやりまくった

・あまり抵抗しなかった女

・酔った勢いで処女の後輩に抱きつき弄りまくった結果wwwwwwwwwwww

・体験談:家族写真が飾られてる所でレイプされた [衝撃]

・井上和香似なキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

・【悲報】淫行でパクられたけど質問ある?

・エロい若妻(o^^o)

・母がヤクザに調教された

・浮気元妻の因果応報

・妻が教え子に犯された 2

・元カノから、ハガキが届いて吃驚した

・【不倫】還暦まで独身を通してきましたが、実は淫乱熟女です

・同僚を眠らせ車の中で犯した

・仲のいいセフレ2

・同級生を奴隷にした話 2

・高校時代 三

・寝取られ体験談/OB4人に彼女がレイプされた 続編

・ヌルンヌルンに濡らして感じてくれた26歳の美人妻

・【不倫】農作業の小屋で知った床上手な義父の指使い

・クラブでナンパしたビッチな巨乳女子大生

・高校時代 二

・処女だった元高校生バイトに何度も中出し

・犯されると勘違いした母を本当に犯した

・初体験談withポニーテール

・犯されて虜になった不倫体験 2