寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】仕組まれた陵辱(2)

2018/06/15 09:39




「君がそんな人のプライバシーを盗み見するような下衆な人間だったとはねぇ。どうなの?」
勝ち誇ったように、しかし冷酷に所長は美幸をののしる。
「も、申し訳ありません…」
半べそで美幸はそれしか答えられなかった。

「謝られてもねぇ…。俺の恥ずかしいとここっそり見てすいませんで終わりって虫が良くない?」
返す言葉がなかった。確かにそうだ。所長の秘められた部分を興味本位で覗いたのは美幸本人であった。

「おかしいよね。やっぱり償ってもらわなきゃねぇ。どうだろう、僕の恥ずかしい部分を君は見た。だから僕も君の恥ずかしい部分を見せてもらおう。もちろん口外はしないよ。これでお互いおあいこだ。」

「そ、それは…」「おいおい、ずいぶんと都合がいいじゃないか!俺の恥部は見られて君のはだめですってなんだよ! なんならこの場でもっときついことした方がいいのか!」
所長はわざと凄みを利かせながらベルトに手をかけズボンを脱ぐ。犯される!
美幸はとっさに身構え、この状態を脱するには提案を飲む以外にないと思わされた。

「い、いやです!わかりました!でもどうすれば…」
両手の動きを必要以上に落とし所長はゆっくりと、しかし冷たく言い放つ。
「幸い今日は誰も帰ってこないから、ここで君の恥ずかしい事を見せてもらうよ。まずはこれをしゃぶってもらおうか…」
トランクスの股間を指差す。

「そ、そんな…」
怯えながらも、美幸は胸の高鳴りを感じた。
さっき雑誌で見た光景そのままにこの場で奉仕をするのだ。
「さ、出してしゃぶってみなさい。」
催眠術にかかったように美幸はトランクスに手をかけゆっくりと下げる。
「ふ、太いっ!」
圧倒的な威圧感に美幸は眩暈がした。

40に近いというのに腹を叩きそうなくらい天を向き、大きく張ったエラは膣壁のみならず内臓までえぐり出しそうだ。
紫色に光る亀頭は表面がぴんと張り鏡のように光っている。
くびれから茎の部分には太い血管が何本も浮きどくどくと血液を送り込んでいる様まで見えそうだ。

「ふふふ、早くしろよ」
所長は根元を掴み美幸の頬をその巨大な銛で叩く。
「ぶ、ぶたないでください…」
潤んだ声で拒みながらも太い茎に手を添えゆっくりと口に含む。
「うっ」
汗と尿が混じった酸味のある臭いにむせそうだ。
「今日は暑くて蒸れちゃったなあ。ほら、心をこめてしゃぶるんだ。」
美幸はねっとりと亀頭に舌を絡める。くびれた部分を丁寧に舐め、鈴口にちろちろと舌を入れ、大きく頬張り唾液をまぶしてしなやかに首を上下させる。

「ほう、なかなかうまいじゃないか。誰もいない職場でオナニーするとエンジンがかかるのが早いな」
美幸の動きが止まる。
「ど、どうしてそれを!」
そんなはずはない。だれもいないことを確認していたはずだ。美幸は狼狽する。

「ふふふ、最近はカメラの性能が上がってね。ほら、あそこと、そこと…。美幸を壊して!ってね。まさかここまで君が壊れるとは思わなかったよ。ほら、しっかりしゃぶらんか!」「あああ…」
絶望が美幸を包む。
しかし、所長の手が美幸の頭を抑え乱暴に上下させる。

「派手にイッたもんなあ。中はだめって…。ふふふ、まずは上の口の中に出してやるよ」
口の中で巨大なものが踊る。鈴口からはぬるぬるとした、唾液とは明らかに違う感触の粘液がとめどなく吐き出されていた。
「美幸、出すぞ!うおっ!」
「ううっ…」

巨大な茎が更に一瞬膨らんだと思った瞬間、口の中に濃厚な、オスの青臭い液が流れ込む。
肉棒がびくんびくんとリズムを刻みながら噴射は続く。
「飲むんだ!」口いっぱいに広がるスペルマを強引に飲まされる。
喉を通る感触に美幸はビクビクと身体が振るえ今日3回目のアクメに達した。

所長はゆっくりと己の分身を口から引き抜いた。
唾液に光るそれは硬度が多少弱くなっていたが次なる責めに備え既に血液を充填させているかのようだった。
肩で息をする美幸を見下すかのように仁王立ちする所長。
「こ、これで許してもらえますか…」
白濁した所長の体液が滲む唇から許しを乞う声がするが、それは歓びの感情がほのかに漂っていた。

「おいおい、ちょっと待ってくれよ。恥ずかしいことをしてもらおうとしてるのに何で君が盛り上がってイッてしまうのかね?それじゃおあいこになってないよ」
半ば呆れたような口調で美幸を追い込む所長。
「そ、それは…」
射精の瞬間にもかかわらず冷静に観察されていた、さらに次の試練が待っている。
普段何気なく働いている職場で上司を快楽に導いている。そんな思いが美幸の股間を潤ませていた。

「じゃあ、そこの机に腰掛けて足を広げて」
はっと我に返ると次なる指示がやってくる。
「こ、ここで、ですか…」
「早く…」
穏やかであるが決して拒否はできない雰囲気がそこにはあった。
うつむきながら、しかし高まる興奮を必死に隠しながら美幸は机に腰を下ろしゆっくりと足を広げる。

「ああ、見ないでください…」
足の間に割って入り、目線の高さに美幸の恥ずかしい秘所が来るように所長は腰を落とす。
「い、いや…」
恥ずかしさのあまり美幸は両手で顔を覆った。
「そうだ、それくらいおれも恥ずかしい思いをいたんだよ」
にやにやしながら心にもないことを言う。
「んー、よく見えないなあ。両手で開いて見えるようにするんだ」
所長は美幸の両手を静かに掴むと恥じらいの園へと導く。

「ああ、ゆるしてください…」
ぷっくりとした美幸の肉の合わせ目をゆっくりと開く。
「ほほう…」
値踏みするように開かれた割れ目と美幸の顔を交互にねっとりと見つめる。
「なかなかのものだな…」
冷静に言い放ったものの所長は美幸の秘所に感激を覚えた。二枚の女のトサカが外部からの侵入者を妨げるように密壷を隠す。白日の下に晒そうと摘み、ゆっくりと広げるとニチャっという音とともにピンクの肉穴が開いた。

中からはこんこんと湧き出る泉のごとくねっとりとした粘液が溢れている。
ひとしきり盛り上がったからであろうかメス特有の濃厚な匂いと恥垢の香ばしい匂いが混じり所長の肉棒は鋼のように熱くなり、血液の流動と同調するかのようにびくびくと首を振っている。

「あぁ、そんなに見られると…」
二枚のトサカの上の女の真珠が次第に隆起してくるのを所長は見逃さなかった。
「剥けてきたよ、美幸。ちゃんと自分から出てきてくれてるじゃないか!」
つるんとした表皮の突起が衣を脱ぎ捨て、ゆっくりとそのすべてを見せ付けるように全体が露となる。

「だ、だめ…、出ちゃいや…。」
「ははは、見事なクリトリスだな!毎日、ここを可愛がってやってるんだろ?ここで見せるんだ」
すでに拒否しても無駄と悟った美幸はしなやかな指先を真っ赤に充血し硬くしこった女の真珠にあてがった。
「むふぅ…」
指先の腹でゆっくりと撫でる。びりびりと弱い波が身体を包む。
剥けた包皮で突起をしごいてやるとさらに快楽のうねりが高まった。

「あう!」
「いつもこんないやらしい自慰をしてるのか?」
股間にあった所長の顔がいつの間にか美幸の快楽にゆがむ顔を見つめていた。
「い、いや!見ないで!」
視線をはずそうとしても絶えず美幸は見られ続けた。
こんないやらしい姿を見られるだけでも恥ずかしいのにそれに浸る悦びの表情を観察されるなんて。
異常な興奮が美幸を翻弄する。

「ああ、だめ!またイッてしまう…。イク…」
快楽の頂点が見えたその瞬間、指を止められ強制的に引きずりおろされる。
「あぁ、どうして…、イカせてください…。お願い…」
美幸は快楽のお預けをくらいなんともいえない違和感で気が狂いそうだ。
「誰もイッていいとは言ってないよ。ほら、四つんばいになるんだ」
所長は背後から無表情のまま美幸の愛液にまみれた秘所を見つめた。

「早く入れてください…。我慢できません…」
美幸の懇願に耳を傾けることなく所長は小さく遠慮がちに佇むアナルにゆっくりと指を進める。
「そ、そこは…」
真ん中に向かって刻む幾十ものヒダを1本1本確かめるようになぞる。
「ううっ…」
何周も何周も繰り返しなぞられ、じらされる。

「所長…、お願いです。気が狂いそうなんです…。早く入れてください…」
「君がなにを言ってるのかさっぱりわかんないよ。何をどこに入れるんだ?くくっ、入れるんじゃなくてハメるんじゃないのかな」
「あぁ、お願いです。所長の黒いペニスで美幸のおまんこにハメて下さい…。お願い早く入れてぇ!」
所長の肉棒の先からはすでに獲物を狙ってよだれをたらしているかのように透明な粘りのある体液があふれ滴っている。

「ふふふ、限界のようだな…」
言葉が終わらないうちに熱く硬い鋼が美幸を貫く。
「ダメ!」
最初の一突きで美幸は限界を越え、ガクガクと崩れ落ちた。
「おっと、これからなんだよ、美幸」
震える身体を起こし、所長はゆっくりと抽送を始める。
「あうっ!」
バイブよりも太くエラが張った肉棒が膣壁をえぐる。適度なしなりが美幸のGスポットを絶えず刺激する。

「だめ、強すぎる…。ああ、また!」
一度登りつめた身体はいつも以上に反応する。
ガクガクと全身が震えまたもアクメに達してしまった。
「こ、これ以上は…」
美幸の願いを全く気にも留めず所長は無機質な抽送を繰り返す。
白濁した美幸のメスの汁がアナルにまで流れ、女の茂みも雪化粧を施したようになっていた。

何度イカされただろうか。宴の終焉がやってきた。
「美幸、そろそろ仕上げだ。お望みどおり子宮にたっぷりとぶっかけてやるよ。」
ピストン運動が次第にスピードを上げる。
「お願い…、それだけはやめてください。」
美幸…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
サークル内のスワッピングを告白
2016/01/15 20:15
2016/01/15 20:15
初めてカキコします。20代の女で、九州のほうでOLやってます。私は、子供の頃から父から性的な虐待を受けていたせいか、性的なことに関心を持て始めて頃から虐待願望があり、ずっと私の趣味を理解してくれる恋人を求めていました。2年ほど前に、ネット上で私のような趣味を持つ人たちのサークルが九州にあることを知り、そこで紹介された人と付き合い始め、今も続いています。



そのサークルは、大体1月おきにオフ会があり、そこで同じような趣味をした人たちと知り合うことができます。私の彼は、そのサークルに所属して長いので、そのオフ会に参加したカップルに知り合いが多く、1年間で十数組のカ…
保育園でレイプされました
2018/01/07 00:19
2018/01/07 00:19
27の元保育士です。 前働いていた保育園でレイプされました。 1年前のあの日は私が最後まで園にいたんです。 そして夜の9時を過ぎていたのを覚えています。 私は自分の机で明日の準備をしている時急に職員室の電気が切れました。 廊下の電気も切れていたので周りの灯りは外灯だけになり私がビックリしている所へ人が職員室に入ってきたのが解りました。 そしてその人達は部屋に入るとすぐ私を捕まえようとしていました。 その後どうなったのか解りませんが私は必死に逃げようと暴れていましたが体の大きい男に押さえられれば逃げる事もできませんでした。 その後一瞬だけ沈黙があり私の周りには男が二人いて私の聞き覚ええのないの言…
【痴漢・レイプ】職場の事務員を複数で犯した【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/05 06:56
2017/07/05 06:56
とある山奥の工事現場での事。街からは相当離れており、皆車通勤です。そこの事務員をレイプした話です。前々から、若い清楚な事務員だったのでいつか犯そうと計画していました。その日は偶然天候も悪く作業員のいない日となっています。工事関係者を打ち合わせという名目で仲間に呼び出させ、街にて打ち合わせを実行です。僕ら数人はそのタイミングを見計らい、事務員が一人で執務中の山奥へ出向きました。もちろん顔は知っているので目出し帽着用です。声もバレるといけないので目的のみを実行です。初めて会う奴に会話の担当をさせました。遠目で、いる事を確認していきなり事務所へ進入です。もちろん目出し帽ですから事務員は慌てて逃げ出…
人妻の私が、パート先の社長の言いなりです(2)
2016/10/16 11:00
2016/10/16 11:00
自分の性器の感想を口にされ、まじまじと観察され、私は泣きたくなりました。
社長の指が私のあそこを開きました。
「ちょっと濡れてるやん、美緒さん?やっぱりほんまはスケベなんやろ?」
私自身、自覚はありません。社長は私のクリトリスを触り、膣に指を入れてきました。
「こっから2人子供出てきたんや。凄いな」
社長はベッドに仰向けになると、私に69の格好で覆い被さるように言いました。


「性器の見せっこしよ」

社長は私にオチンチンを咥えるように言うと、自分は私の性器を舐め始めます。

私はイヤでもビクビク反応してしまう事を悔しく思いました。

社長のオチンチンを咥えようと…
【近親相姦】まあいいか【体験談】
2016/03/10 11:33
2016/03/10 11:33
会社に入社し早8年が経ちます。 元々仕事が遅い私は、職場の仲間からもドンくさいだの、ミスが多いと 馬鹿にされていました。 容姿も、カッコいいとは程遠い感じで、学生時代から目立たない存在だったかも 知れません。 そんな私も、先輩になる日が来ました。 初めは、後輩達に教える事も合ったのですが、アッと言う間に越され 何時しか、馬鹿にされる様になっていました。 そんな私にも神様はプレゼントをくれました。 今から2年前の27歳の時、こんな私も結婚する事が出来たんです。 妻とは、陶芸教室で知り合いました。 休日の暇潰しで、始めた趣味で、そこで妻と知り合い、色々話しをしている内に意気投合し お付き合いする事…
ヤンキーに犯された妻【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/01 21:36
2017/12/01 21:36
私はごく普通の会社員32歳、 妻は30歳。学生">中学生の息子が居ます。 私達夫婦は高校生の頃の先輩後輩の仲で、早くにいわゆる出来ちゃった婚をしました。 妻は三十路に突入したものの、まだ見た目は20代前半に間違われるほど若くて美人です。 つい先日、子供の中学校で体育祭がありました。 私はビデオカメラを持って息子の勇姿を撮影しようと気合充分です。 妻は体育祭だと言うのに動きやすい格好ではなく、短めのスカート穿いて気合充分です。 私がちょっと体育祭見学に行く格好じゃないだろうと指摘すると、親が若くて綺麗な方 が子供も自慢で嬉しいでしょ・・と。 まぁいいか・・と思いながら中学校へと向…
旦那のオナニー見ちゃったら発情した
2017/11/21 22:00
2017/11/21 22:00
私(ヒロミ 24歳)は、女子中・高と男子に縁が無く友人の紹介で夫(ヒロ 30歳)知り合いました。交際1年で結婚
しました。 ヒロが初体験の相手です。

 交際中は、毎日の様にSEXをしていましたが、妊娠はありませんでした。
 結婚直後に妊娠し今臨月を迎え、もうすぐ出産予定日が来ます。

 ヒロは、性欲が強いみたいで殆ど毎日(生理以外)SEXを...スゴイ時は、朝まだ私が寝ているのにアソコに挿入してきます。

 昼間もキッチンでバックからイキナリ挿入、朝の出社前でも玄関先でアソコに指を入れて行ってきますキス...もちろん夜も
毎日ラブラブでした。

 
 
 でも、妊娠が分かってから…
【Hな体験】無防備な友達のパンチラに興奮して
2017/07/24 06:00
2017/07/24 06:00
中学時代、仲の良かった女子、『理恵』がいた。自分と同じくややオタで、そういう趣味は合う。でもお互い気恥ずかしいため、友達として仲良くしていることを他人には見せなかった。3年のときは別のクラスだったけど、相変わらずたまに一緒に遊ぶ仲。 そんなある日、学年での行事のときだった。男友達と一緒にいたら、座り込んでいる理恵とその友達が目に入った。しかも、どういうわけか理恵は無防備にスカートを開いていてパンツが見えてしまっている。当然、男友達の目にも入っていて、そいつが一時足を止めて一緒に眺めることに。俺が見てることがバレたら理恵はどう思うのかとか、色々複雑に思いつつも視線を逸らせ…
【エッチ体験談】浮気している彼女のベットの下に隠れていた寝取られ体験談
2016/08/09 18:18
2016/08/09 18:18
大学生の時の話。

2週間位実家に帰ったんだけど、

彼女の電話での様子がいつもと違うのに気づき、

内緒で実家から戻る事にした。

夜21時頃自分の家に到着し、すぐ彼女に電話してみると

「これからバイト先から家に帰る」との事。

俺の家から彼女の家は自転車で20分位の距離なので、

何も言わず、急いで彼女の家まで行き、

合鍵使って部屋の中で待つ事にした。

万が一の事に備え、靴をベランダに隠し、

テレビだけつけて彼女の帰りを待った。
この時点で

「もし何かあったら…」と既に興奮しまくっていたが、

これまで浮気した形跡も掴んだ事も無いので、

どうせ取り越し苦労…
【近親相姦告白体験談】妹と温泉旅行・・・
2015/12/05 15:47
2015/12/05 15:47
大晦日に彼女と一緒に熱海の温泉へ行って、そこで初日の出と姫初めを・・の予定だったけど、俺はクリスマスの前に彼女と別れてしまった。そこで、妹の彼氏にプレゼントしてやろうと「妹と行ってこいよ」と電話したら、「実はもう別れたんです・・」と涙声なので、人生相談するはめに。妹に元彼の伝言を伝えたり、妹の気持ちを聞いたりしているうちに、けっきょく大晦日の温泉旅行は兄妹で行く事になった。妹とは仲も良く、バイト先も同じだし一緒に飲みに行ったりもする。兄妹で中免を持ってるのでツーリング旅行にも何度か行っている。旅先で一緒に混浴風呂に入った事もあったけど、別に近親相姦なんてした事もないし考えた事もなかった。も…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・中学生に寝取られた_終

・男性に綺麗と言われるって嬉しくエロへ

・一度のつもりが・・・

・中学生に寝取られた_10

・中学生に寝取られた_9

・王様ゲーム2

・中学生に寝取られた_8

・【熟女体験談】電動バイブが壊れんばかりにオマンコに高速ピストンしてガチイキ絶頂していた変態チビ巨乳熟女

・中学生に寝取られた_7

・熟女タレントN美E子さんの息子さんとの関係

・【オナニー】急な階段を上がる叔母のムチムチなお尻

・中学生に寝取られた_5

・中学生に寝取られた_4

・中学生に寝取られた_3

・夫からの肉体的見返りが少なくて

・【人妻体験談】失神した美人な母を無理やり近親相姦レイプ

・【熟女体験談】銀座で女帝と呼ばれている有名クラブの美人ママとゴルフ場で官能的な青姦SEX

・【不倫】大学生にも見えるバイトの人妻を自宅に連れ込んで

・私の娘の元カレとのお付き合いの話

・中学生に寝取られた_2

・本社のお局様と 7

・【SM・調教】行きつけのスナックで変態プレイ

・【人妻体験談】出張ホストに妻をナンパ痴漢させ、寝取らせて興奮する変態夫

・【熟女体験談】オナニーを邪魔してきたAカップの貧乳叔母に激怒してレイプした男子中学生

・中学生に寝取られた_1

・続1・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・【初体験】北海道行きのフェリーで知り合ったおじさんたちと

・ビデオテープを偶然に発見してしまった・・・

・【Hな体験】ボール遊びしてたら隣の家のお姉さんにフェラされた

・俺の奥さんと尊敬する先輩の満さんが