寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】仕組まれた陵辱(2)

2018/06/15 09:39




「君がそんな人のプライバシーを盗み見するような下衆な人間だったとはねぇ。どうなの?」
勝ち誇ったように、しかし冷酷に所長は美幸をののしる。
「も、申し訳ありません…」
半べそで美幸はそれしか答えられなかった。

「謝られてもねぇ…。俺の恥ずかしいとここっそり見てすいませんで終わりって虫が良くない?」
返す言葉がなかった。確かにそうだ。所長の秘められた部分を興味本位で覗いたのは美幸本人であった。

「おかしいよね。やっぱり償ってもらわなきゃねぇ。どうだろう、僕の恥ずかしい部分を君は見た。だから僕も君の恥ずかしい部分を見せてもらおう。もちろん口外はしないよ。これでお互いおあいこだ。」

「そ、それは…」「おいおい、ずいぶんと都合がいいじゃないか!俺の恥部は見られて君のはだめですってなんだよ! なんならこの場でもっときついことした方がいいのか!」
所長はわざと凄みを利かせながらベルトに手をかけズボンを脱ぐ。犯される!
美幸はとっさに身構え、この状態を脱するには提案を飲む以外にないと思わされた。

「い、いやです!わかりました!でもどうすれば…」
両手の動きを必要以上に落とし所長はゆっくりと、しかし冷たく言い放つ。
「幸い今日は誰も帰ってこないから、ここで君の恥ずかしい事を見せてもらうよ。まずはこれをしゃぶってもらおうか…」
トランクスの股間を指差す。

「そ、そんな…」
怯えながらも、美幸は胸の高鳴りを感じた。
さっき雑誌で見た光景そのままにこの場で奉仕をするのだ。
「さ、出してしゃぶってみなさい。」
催眠術にかかったように美幸はトランクスに手をかけゆっくりと下げる。
「ふ、太いっ!」
圧倒的な威圧感に美幸は眩暈がした。

40に近いというのに腹を叩きそうなくらい天を向き、大きく張ったエラは膣壁のみならず内臓までえぐり出しそうだ。
紫色に光る亀頭は表面がぴんと張り鏡のように光っている。
くびれから茎の部分には太い血管が何本も浮きどくどくと血液を送り込んでいる様まで見えそうだ。

「ふふふ、早くしろよ」
所長は根元を掴み美幸の頬をその巨大な銛で叩く。
「ぶ、ぶたないでください…」
潤んだ声で拒みながらも太い茎に手を添えゆっくりと口に含む。
「うっ」
汗と尿が混じった酸味のある臭いにむせそうだ。
「今日は暑くて蒸れちゃったなあ。ほら、心をこめてしゃぶるんだ。」
美幸はねっとりと亀頭に舌を絡める。くびれた部分を丁寧に舐め、鈴口にちろちろと舌を入れ、大きく頬張り唾液をまぶしてしなやかに首を上下させる。

「ほう、なかなかうまいじゃないか。誰もいない職場でオナニーするとエンジンがかかるのが早いな」
美幸の動きが止まる。
「ど、どうしてそれを!」
そんなはずはない。だれもいないことを確認していたはずだ。美幸は狼狽する。

「ふふふ、最近はカメラの性能が上がってね。ほら、あそこと、そこと…。美幸を壊して!ってね。まさかここまで君が壊れるとは思わなかったよ。ほら、しっかりしゃぶらんか!」「あああ…」
絶望が美幸を包む。
しかし、所長の手が美幸の頭を抑え乱暴に上下させる。

「派手にイッたもんなあ。中はだめって…。ふふふ、まずは上の口の中に出してやるよ」
口の中で巨大なものが踊る。鈴口からはぬるぬるとした、唾液とは明らかに違う感触の粘液がとめどなく吐き出されていた。
「美幸、出すぞ!うおっ!」
「ううっ…」

巨大な茎が更に一瞬膨らんだと思った瞬間、口の中に濃厚な、オスの青臭い液が流れ込む。
肉棒がびくんびくんとリズムを刻みながら噴射は続く。
「飲むんだ!」口いっぱいに広がるスペルマを強引に飲まされる。
喉を通る感触に美幸はビクビクと身体が振るえ今日3回目のアクメに達した。

所長はゆっくりと己の分身を口から引き抜いた。
唾液に光るそれは硬度が多少弱くなっていたが次なる責めに備え既に血液を充填させているかのようだった。
肩で息をする美幸を見下すかのように仁王立ちする所長。
「こ、これで許してもらえますか…」
白濁した所長の体液が滲む唇から許しを乞う声がするが、それは歓びの感情がほのかに漂っていた。

「おいおい、ちょっと待ってくれよ。恥ずかしいことをしてもらおうとしてるのに何で君が盛り上がってイッてしまうのかね?それじゃおあいこになってないよ」
半ば呆れたような口調で美幸を追い込む所長。
「そ、それは…」
射精の瞬間にもかかわらず冷静に観察されていた、さらに次の試練が待っている。
普段何気なく働いている職場で上司を快楽に導いている。そんな思いが美幸の股間を潤ませていた。

「じゃあ、そこの机に腰掛けて足を広げて」
はっと我に返ると次なる指示がやってくる。
「こ、ここで、ですか…」
「早く…」
穏やかであるが決して拒否はできない雰囲気がそこにはあった。
うつむきながら、しかし高まる興奮を必死に隠しながら美幸は机に腰を下ろしゆっくりと足を広げる。

「ああ、見ないでください…」
足の間に割って入り、目線の高さに美幸の恥ずかしい秘所が来るように所長は腰を落とす。
「い、いや…」
恥ずかしさのあまり美幸は両手で顔を覆った。
「そうだ、それくらいおれも恥ずかしい思いをいたんだよ」
にやにやしながら心にもないことを言う。
「んー、よく見えないなあ。両手で開いて見えるようにするんだ」
所長は美幸の両手を静かに掴むと恥じらいの園へと導く。

「ああ、ゆるしてください…」
ぷっくりとした美幸の肉の合わせ目をゆっくりと開く。
「ほほう…」
値踏みするように開かれた割れ目と美幸の顔を交互にねっとりと見つめる。
「なかなかのものだな…」
冷静に言い放ったものの所長は美幸の秘所に感激を覚えた。二枚の女のトサカが外部からの侵入者を妨げるように密壷を隠す。白日の下に晒そうと摘み、ゆっくりと広げるとニチャっという音とともにピンクの肉穴が開いた。

中からはこんこんと湧き出る泉のごとくねっとりとした粘液が溢れている。
ひとしきり盛り上がったからであろうかメス特有の濃厚な匂いと恥垢の香ばしい匂いが混じり所長の肉棒は鋼のように熱くなり、血液の流動と同調するかのようにびくびくと首を振っている。

「あぁ、そんなに見られると…」
二枚のトサカの上の女の真珠が次第に隆起してくるのを所長は見逃さなかった。
「剥けてきたよ、美幸。ちゃんと自分から出てきてくれてるじゃないか!」
つるんとした表皮の突起が衣を脱ぎ捨て、ゆっくりとそのすべてを見せ付けるように全体が露となる。

「だ、だめ…、出ちゃいや…。」
「ははは、見事なクリトリスだな!毎日、ここを可愛がってやってるんだろ?ここで見せるんだ」
すでに拒否しても無駄と悟った美幸はしなやかな指先を真っ赤に充血し硬くしこった女の真珠にあてがった。
「むふぅ…」
指先の腹でゆっくりと撫でる。びりびりと弱い波が身体を包む。
剥けた包皮で突起をしごいてやるとさらに快楽のうねりが高まった。

「あう!」
「いつもこんないやらしい自慰をしてるのか?」
股間にあった所長の顔がいつの間にか美幸の快楽にゆがむ顔を見つめていた。
「い、いや!見ないで!」
視線をはずそうとしても絶えず美幸は見られ続けた。
こんないやらしい姿を見られるだけでも恥ずかしいのにそれに浸る悦びの表情を観察されるなんて。
異常な興奮が美幸を翻弄する。

「ああ、だめ!またイッてしまう…。イク…」
快楽の頂点が見えたその瞬間、指を止められ強制的に引きずりおろされる。
「あぁ、どうして…、イカせてください…。お願い…」
美幸は快楽のお預けをくらいなんともいえない違和感で気が狂いそうだ。
「誰もイッていいとは言ってないよ。ほら、四つんばいになるんだ」
所長は背後から無表情のまま美幸の愛液にまみれた秘所を見つめた。

「早く入れてください…。我慢できません…」
美幸の懇願に耳を傾けることなく所長は小さく遠慮がちに佇むアナルにゆっくりと指を進める。
「そ、そこは…」
真ん中に向かって刻む幾十ものヒダを1本1本確かめるようになぞる。
「ううっ…」
何周も何周も繰り返しなぞられ、じらされる。

「所長…、お願いです。気が狂いそうなんです…。早く入れてください…」
「君がなにを言ってるのかさっぱりわかんないよ。何をどこに入れるんだ?くくっ、入れるんじゃなくてハメるんじゃないのかな」
「あぁ、お願いです。所長の黒いペニスで美幸のおまんこにハメて下さい…。お願い早く入れてぇ!」
所長の肉棒の先からはすでに獲物を狙ってよだれをたらしているかのように透明な粘りのある体液があふれ滴っている。

「ふふふ、限界のようだな…」
言葉が終わらないうちに熱く硬い鋼が美幸を貫く。
「ダメ!」
最初の一突きで美幸は限界を越え、ガクガクと崩れ落ちた。
「おっと、これからなんだよ、美幸」
震える身体を起こし、所長はゆっくりと抽送を始める。
「あうっ!」
バイブよりも太くエラが張った肉棒が膣壁をえぐる。適度なしなりが美幸のGスポットを絶えず刺激する。

「だめ、強すぎる…。ああ、また!」
一度登りつめた身体はいつも以上に反応する。
ガクガクと全身が震えまたもアクメに達してしまった。
「こ、これ以上は…」
美幸の願いを全く気にも留めず所長は無機質な抽送を繰り返す。
白濁した美幸のメスの汁がアナルにまで流れ、女の茂みも雪化粧を施したようになっていた。

何度イカされただろうか。宴の終焉がやってきた。
「美幸、そろそろ仕上げだ。お望みどおり子宮にたっぷりとぶっかけてやるよ。」
ピストン運動が次第にスピードを上げる。
「お願い…、それだけはやめてください。」
美幸…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
折れ曲がったチンコ
2018/09/16 00:01
2018/09/16 00:01
俺が中3の時。 下着を買いに行くという習慣がなかった俺は 母親が買ってくるブリーフを愛用していた。 俺のチンコはいつもその中で柔らかい布に包まれいい具合に納まっていた。 学校から近かった俺の家は両親が共稼ぎということもあり クラスの連中の溜まり場になっていた。 最初は野郎ばっかりだったのだが 次第にそのメンバーに女子も入るようになり いつの間にか女子が3?4人で俺の部屋でくつろぐこともあった。(ホント) その日まではそいつらを異性として意識したこともなかったし そいつらも俺を意識したこともなかったと思う。 何やってるかと言えば俺の部屋でしゃべりながら足の爪にマニキュア塗ったり 芸能人の…
大学の憧れの女子が友達にヤられてマジショック【体験談】
2017/01/10 20:10
2017/01/10 20:10
うちの大学にサオリちゃんって娘がいるんだけど、その娘が友達にヤられちゃった話をします。

サオリちゃんは俺が入学当初から憧れている娘で、顔は童顔っぽいけど綺麗な顔立ちで色白。小柄だけどDカップらしい。実際はサイズ以上のボリュームがあって、ゆったりした服の上からでも豊かな膨らみが分かるほどです。ちなみに21歳。

おっとり系ですが、ガードがめちゃくちゃ固いらしく、入学してから3年経っても男との噂が無いくらいです。

しかし、最近友達が「サオリちゃんとヤっちゃった!」と興奮した様子で俺に言ってきたのです。まさか…と思いつつもめまいがしそうな程ショックを受けたことを思い出します。


俺はそいつに「…
出会い系で出会った変態ポチャ女でフルボッキしてしまった
2017/10/12 07:19
2017/10/12 07:19
468:えっちな18禁さん[sage]:2012/09/16(日)12:56:28.34ID:YxinhPWD0 エロ系SNSでまんま渡辺直美と変態プレイしてしまった件 顔写メ送らないしもっと警戒すればよかった・・・ メッセと電話でノリノリになりすぎたのが不味かった・・・ ブスなのに痴女系で予約してた個室居酒屋とかで積極的に股間触ってくるし M気のある俺には耐えられなかったよお前ら・・・ スペック 俺社畜26歳でそれなりにM 渡辺直美20のJDメッセでは変態プレイがなんでも好きと言っていた で昨日の話 夜10時位に飲み屋の前で待ち合わせしていた FC2 Blog Ranking ←押し…
キャリア・ウーマンのキャリーバッグ【エロ体験談】
2016/12/21 00:30
2016/12/21 00:30
今日、日帰りで大阪に出張でした。

帰りの新幹線が少し混んでて、いつものE席(2人がけの窓側)ではなくD席(2人がけの通路側)に座ってたら、京都駅で30歳ぐらいの「ツン」とした小生意気そうなキャリア・ウーマン風の女性が隣に座りました。

結構むっちりとしたいやらしい体つきで、ストレッチ・パンツが食い込んだお尻がたまりませんでした。

彼女も出張のようで、小さなキャリーバッグを持ってて網棚の上に置いたんです。
ちょうど私の頭の上の方にあるキャリーバッグの中には1日中履いてたパンティが入ってんのかな~なんて考えてました。
ビールの酔いも重なって、何とか持ち出せないかナ?って考えてたんです。


そ…
【羞恥】レオタードを茶色に染めた屈辱の液体
2018/09/02 06:00
2018/09/02 06:00
あるダンススクールで先生の補佐をしているSさん。ダンスをしている時はあんなに激しいのに普段は大人しく可愛くて、僕は半分Sさん目当てで来ていました。 練習場の受付でタバコを吸っているとSさんが来ました。でも少し様子が変で・・・走ってトイレに駆け込みました。 「どうしたの?」という問いに答える間もなく、またトイレへ。 しかもその日は先生も身体を壊して休むということで、Sさんが皆を指導することになっていました。 顔色のさえないSさんに「大丈夫?」と聞くと、「う~ん、やばいかも・・・」という答え。どうやら夕方に食べたものにあたったらしく、極度の下痢らしい。 「とりあえず動きだけ…
Hな体験談。。嫁を後輩に寝取らせました 続30編
2016/07/15 17:39
2016/07/15 17:39
前編は以下のとおり嫁を後輩に寝取らせました 続27編嫁を後輩に寝取らせました 続28編嫁を後輩に寝取らせました 続29編辛抱たまらなそうな後輩が再び嫁を押し倒す
【出会い系】車内割り体験談 【ヤリマン】
2015/12/25 19:23
2015/12/25 19:23
このサイトに入るとポイントが増えるからと 友達に薦められて入会したサイト即アポ小悪魔掲示板。援助ばっかりという売春の巣窟で 無料ポイント分だけ遊んで辞めようと思った。そして全くその掲示板に手をつけてなかったのだが ある日仕事が終わって、やけにムラムラしてきたので デリヘル呼ぼうと思ったがお気に入りの子が予約 いっぱいだったので暇つぶしに検索してみた。最近の相場は高い二万や三万と素人を売りにしているのか 以前は一万〜一万五千円が相場だったのに…そんな中、最新の投稿で「車内割イチで今から」 という投稿を見つけた。 車で来てもらえば車内でゴム付という内容だ。 年齢が18という時点で怪しいなと思ってた…
★イッちゃだめとせがむピンサロ嬢
2016/10/05 20:29
2016/10/05 20:29
 大学3年のとき。しばらく女性と接する機会もなく、ある夜、湘南のF市の繁華街へ。目指したのは駅南口のピンサロです。お相手は当時29歳のスレンダーな人。なぜか話で盛り上がって肝心のヌキがないままタイム・リミット。

「後で会える?」そんなことを聞かれ、夜中の0時半に待ち合わせました。一緒にコンビニで買い物をして、私のアパートへ。なんだかカノジョとのデート気分で、とても楽しかったのを覚えています。部屋で飲んで、話題も盛り上がって…その夜はそのまま寝てしまいました。
 翌日、もう昼ごろ彼女のキスで目覚める私。すでに全裸でこちらの全身に舌を這わせてきます。やがてトランクスを脱がされて咥えられた瞬間…
【体験談】合コンで会った大学の先輩にM男だと知られしまい、そのまま攻められた
2016/07/16 07:30
2016/07/16 07:30

大学時代に同じ高校だった奴らと
合コンした


相手の女の子の1人が
大学のサークルの先輩がきた


挨拶する程度の仲だったが、これを機にアドレスを交換してメールするようになった。



連絡しているうちに2人で一緒に飲む事になった。



俺はセックス出来たらやっちゃおっみたいな感覚はあった。



ちょっとした個室の居酒屋で2人で飲み始めたけど、緊張で会話はあまり覚えてない。



事前のメールでお互い恋人がいないことは知っていた。



どんな人がタイプだとかって話したり、今だから言える昔の話とかだったと思…
2歳年下の妹とお互い処女童貞同士で
2017/02/28 21:31
2017/02/28 21:31
388 えっちな18禁さん[sage] 2013/01/27(日) 11:12:50.77 ID:x0Gr9Ndt0 俺も妹(2才下)も、彼女いない、彼氏居ない歴年齢の童貞と処女でコンプレックス持ってた 兄妹仲は良いから、妹が30になったとき二人で処女童貞を卒業しようということでセックスした 家に二人きりで居れる時、俺の部屋で裸になって抱き合った 妹はスレンダーというと聞こえは良いがかなりガリガリの体型で薄っぺらな身体がちょっと病的で色気がないが その割りに胸が結構あるのだけは良かった。妹は色白だから乳輪の色も薄かったがちょっと盛り上がってた お互い異性の性器を直に見るのは初めてだからよく観察…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス