寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】仕組まれた陵辱(1)

2018/06/15 08:44




「パソコンの電源と戸締り忘れるなよ」
あわただしく所長は背広に腕を通しながら大きなかばんを引きずるように出て行った。
こじんまりとした営業所で一人留守番をしている美幸。
所員は営業やら出張で今日は終日誰も帰ってこない。

「これから17:00までなにしようかな…」
ちょうど業務の閑散期でもあり美幸はいつもの業務を手早く片付けるといきなり暇になってしまった。
「たまには掃除でもするかな」
どうせ誰も来ない。

美幸はタンクトップにミニスカートという私服に着替えごそごそとロッカーの掃除を始める。
男女兼用だが入り口に鍵がかかり美幸が着替えるのにも不自由はしていない。
自分のロッカーをきれいにし、最後に所長のロッカーに手をかける。「あれ?鍵開いてるよー。所長ったらいつもそうなのかなあ」
いつも世話になっておりこういうときに中もきれいにしておこうという美幸の親切心といたずら心から美幸は扉を開ける。

「なにこれ!」
中には私物はほとんどなく積み上げられた大人の雑誌と紙袋。
「なにしに会社に来てるのかしら。いやらしいんだから!」
笑いながら美幸は雑誌を手に取った。いわゆる投稿雑誌といわれるもので野外露出やパートナーとの営みを写したものが数多く掲載されている。

「みんなこんなことしてるのかな…」
面白半分で見始めた美幸は次第に紙面で繰り広げられる非日常の世界へと吸い込まれていた。
薄く消されてはいるがアップで写された男性のたくましい柱や白くにじんだ可憐な花びらは手に取るようにわかる。

「すごい…」
エアコンが効いているのに美幸は顔を紅潮させゆっくりとページを進めた。
「ん?」
本の真ん中あたりに折り目がついたページがある。
「所長ったらわかりやすいなあ!お気に入りなんだあ」
淫靡な世界にはまり込んで緊張していた美幸に笑顔が戻る。
「所長のお気に入りってなーんだ!」
笑いながらページを開く。

「う、うそ…、これって…」
顔の部分は消されているが以前笑いながら見せてもらった腕のあざ、髪型…、まさしくそれは所長である。
スレンダーな女性を見覚えのある公園で一糸まとわぬ姿に晒してたたずんでいる。

次の写真では黒く太いモノを女性に奉仕させ、次の写真ではか細い女性の腰に手をかけ後ろから欲望の大木を打ち込んでいた。
「所長がこんなことを…」
驚きとともに美幸は股間からメスのエキスがにじむのを意識していた。
「所長…太すぎる…」
モザイクがかかっているとはいえ女性の細い指が必死につかんでいる様や大きく張り出したエラがその存在感をさらに誇示しているように見えた。

「こんなもので突かれたら…」
美幸は無意識のうちに快楽を淵へと向かおうとしていた。
見えざる糸に操られるようにストラップレスのブラを美幸ははずした。たわ
わな胸が自由になり生地を突き破るほどに旨の突起がタンクトップを浮かせる。
白く細い指先がその突起の周囲を円を描くようになぞる。

「はぁぁ…」
薄いピンクのルージュを引いた美幸の口元から甘美な吐息が漏れる。
ゆっくりとその突起を摘み、転がすようにいじる。布越しからも、美幸の身体に心地よい刺激を送る。
美幸の身体は更なる刺激を求めて左手をタンクトップの中へと誘う。
コリコリとした感触を捉えた瞬間親指と中指がその突起を摘み少し強く捻る。

「あうっ!」
ピリっという刺激が美幸を突き刺す。そして指は次第に強く左胸の突起をいたぶり始めた。
時にはしごき、時には転がし…。まるでライオンが仕留めた獲物をなぶる様に美幸の胸の固い突起はなされるがままであった。

ゆっくりと乳首への責めをスローダウンし美幸は次なるターゲットに移る。
スカートを下ろし、申し訳程度に股間を覆う薄いパープルの下着に手をかけ、ゆるゆると抜く。白く長い足を下りる時間が長く感じる。

「こんなに…」
美幸は自分から発する濃厚なメスの匂いに異様な高鳴りを覚えた。
ロッカーの片隅にある姿見に美幸の白く女性のカーブを描く裸体が映る。
恐る恐る脚を開く。そこには美幸の白い身体にはまるで不釣合いの黒い茂みがあり、さらに視線を下に移すとすでに赤く充血し、悦びの粘液に光るクレバスがあった。

「いや、こんなにいやらしいなんて…」
その言葉とは反対に美幸は両手でその割れ目を開く。
充血しきった二枚の小さな羽根、既に顔を見せ始めたクリトリスが見える。
男の欲望が出入りする女の入口は白く濁った愛液にまみれている。

「ここに所長の太いものが入ったら…」
想像するだけで美幸の女の泉からこんこんと愛液が溢れてくる。
カサッ
小さな音ではあるが美幸はその物音に心臓が止まる思いがした。
「誰!」
静まり返った事務所。ふと見ると所長のロッカーの紙袋が倒れたようであった。

「びっくりさせないでよ!」
紙袋の口が開いている。美幸はそれを手にして中を見る。
「こ、こんなものが…」
妖しく光るバイブレーター、しかも太い。
よく見るとかなり使い込んでいることが操作部分の汚れ具合からわかる。
「これであの女性を…」
雑誌の女性が所長により責められるシーンが頭によぎる。
そしてグロテスクな責め具が次第に写真に写る所長のたくましい男根に見えてくる。

「ああ、こんな太いものが美幸に刺さったら…」
いつの間にか写真の女性は自分に代わっていた。
背後から獣のような姿勢で太いオスの証を打ちつけられる。出入りするたびに赤黒いそれは白い粘液で化粧が施され、桃の二枚の花びらがさらに深い抽送をねだるように絡みつく。
美幸の理性は一気に崩れ、責め具に動きを与え、すでに準備の整った自らの股間にあてがい一気に沈めた。

「ああっ!いい!」
美幸の右手は恥じらいを忘れ快楽の頂点に突き進むように責め具を出し入れする。
ジュルジュルと官能の演奏が狭い部屋に響く。
「所長、もっと、もっと突いて下さい!美幸を壊して!」
左手はいつの間にか皮を根元まで剥き、露になったクリトリスをしごきたてている。

「こんなにいやらしく責められたかったんだろ?ケツを高く持ち上げて後ろからズボズボとハメられたかったんだろう。いやらしい女だ」
脳裏の所長が冷酷に言い放つ。
「そうなの!こんな風にされたいの!犯してほしかったの!いっぱい頂戴!ダメ、イキそうっ!」

肉棒のスピードが速まる。
突かれるたびに美幸の子宮から強烈な快感の波が全身に流れる。
「このままいくよ」
落ち着き払った声が美幸の脳裏に響く。

「ダメ、お願い中はだめです!あぁぁ!だめっ、イッてしまう!」
大きな波が美幸をさらっていく。
「おおぅ!出てるぞ、美幸!ドクドクと子宮に注いでるよ…」
「いやっ、出さないで…。またイクっ!」
美幸の全身が大きくしなり立て続けに二度も頂点を迎える。
ぶるぶると震えが止まらない。美幸はその場にぐったりと倒れ、乱れる呼吸の音が遠くなるのを感じた。

どれくらい時間がたっただろうか。美幸はけだるい身体を起こし周囲を見渡した。
下着が床に落ち、衣類は着用しているというより引っかかっているといった風情になっている。

ゆっくりと衣類を戻し、下着を手にした時、
「すまん、大切なものを忘れてたよ!」
流れる汗を拭きながら所長が戻ってきた。
「まずい…」
このままの格好で出る訳にはいかない。
しかし出ないと逆に怪しまれる。

「あれ、美幸くん?いないの?たまの留守番だから買い物に行ったのかな?それともトイレ?」
美幸の所在を確認するように言葉を続ける。
「あ、はい!ちょっとロッカーの掃除してます!なにか忘れ物ですかぁ!」
美幸は覚悟を決めて、胸の突起がわからない様、掃除道具を抱えて小走りに事務所へと向かった。

「なんだ、珍しいな。うっかり見積書を忘れてね。危ないとこだったよ」
「え、あぁ、そうなんですか…。所長のうっかり癖って治らないですよねー」
軽口を叩きながら美幸もはびくびくしていた。
気づかれないうちに早く出てほしい…、と。

「そうなんだよなあ。探すの面倒だしプリントアウトするかな」
不自然に揺れる美幸の胸をねっとりと見つめる。
股間に血液が集中し下着の中で怒りに満ちた状態になっているのがわかる。
「そ、そうですね…」
相槌を打ったものの美幸の視線は宙を泳いでおり、所長の横顔が一瞬にやっとしたのを見落としていた。

「そういえば掃除してくれてたんだよね。すまんな。で、きれいになったの?」
「え、ま、まあ…。あんまりすることもないから入念にしちゃいましたよ」
あまり触れてほしくない話題だ。
それにさっきからずっと道具を抱え腕が痛い。

「あ、おれ、鍵とかあんまりかけないんだけど開けちゃったかな?」
美幸は危うく持っていた道具を落としそうになった。
「い、いえ、私物が入ってるし勝手に開けないですよー」
胸が高鳴りが事務所に響きそうだった。
「だよな。そうそう、ロッカーの中にも忘れ物したんだよ。紙袋入ってるから持ってきてくれる?中身はみないでね、俺のだから。」

まずい…。
美幸の動悸はかつてないほどのスピードになっていた。
袋の中身はさっきまで自らの快楽のために使っていたあれだ。
「そんなあ、見るわけないじゃないですか。失礼して持ってきますね。」
ゆっくりとロッカー室に進む。

所長は美幸の後ろ姿を狙いを定めた肉食獣のような視線で見つめた。
「ど、どうしよう…」
美幸はまず愛液にまみれたバイブをきれいに拭き取り丁寧に紙袋に入れた。
そして欲望のスイッチを入れた忌まわしい雑誌を元通りロッカーに戻し下着を回収した。
「美幸くん、なにしてるのかな?」
いるはずのない所長がロッカーの入り口で仁王立ちしている…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
Kくんと大晦日も
2015/10/26 23:47
2015/10/26 23:47
586 えっちな21禁さん sage 04/01/02 18:09 ID:W6Xvl+Dh あけましておめでとうございます。>>546です。 さっき帰宅して今年初Hしてきましたw 途中私の自分語りにまでレス下さった方ありがとです! 今からちょっとお風呂入ってくるんで上がってからカキコさせて下さい。 とりあえず今超幸せですww 587 586 sage 04/01/02 18:58 ID:W6Xvl+Dh さっきシャワーを済ませましたが、勢いでオナーニしてきました。 人がいないようですが>>585さんがレスくれたので書かせて下さい。 大晦日も彼の家に集まる事になってたんですが私はちょっ…
そんな事彼氏に言われたことなかったから・・・
2017/03/05 06:01
2017/03/05 06:01
ゆうは今主婦兼たまにお仕事って生活のせいか…。
ヒマで…。だからこんなHな人になったのかも…(いや結婚前からなんですけどね…)
なんて思いながらちぇみーさんのHPを眺めてます。
今日かなかなさんのを見てて私もまた…と思いメールしました。
これもまた、なかなか回りの人には言えずにいたので、聞いてやってください。
去年の5月くらいでした。ゆうは多趣味なおかげで、ほんとたくさんの人と知り合うことが多いんですが、あまり色気のあるキャラではないので、結婚してるステキな人と出会っても、なかなかそれ以上になることはなかったんです…(独身の人と出会っても何もないですけどね…)。
ただそんな中でも音楽関…
構造改革の余波 (風俗での体験談)
2015/12/18 00:30
2015/12/18 00:30
57 :えっちな18禁さん:2008/01/07(月) 06:45:44 ID:ee/sGDK90 俺んところは田舎なんだけどさ、田舎に住んでる人はわかると思うけど、 5年前くらいは、ほんとにまったく仕事がないほど酷い不況で ろ倒産なんて日常だったんだけど、近所の会社が潰れたんだよ。 しかも金の借り方が悪かったのか、その前に、すでに自殺とかもでて、 周囲に恨まれちゃうような感じだったわけ。自分で経営とか自営の仕事してる人はわかると思うけど、 たぶん、自分都合で簡単に自己破産とか債務整理もできないような シビアな借金が残ったんだと思…
イケメンの甥を理想の男に育てる[前編]
2017/04/19 14:19
2017/04/19 14:19
これは私のツバメとの馴れ初めです。 私と兄は年が離れていて、私は両親が40代になってからの恥かきっ子でした。 兄にはリュウイチという息子がいて、私とは10歳ほどしか年が違わず、リュウイチが小学生くらいの頃までは、私がよく面倒を見ていました。 私と兄はあまりパッとしないのですが、リュウイチの母親は美人で、リュウイチは幸運にも父親ではなく母親の遺伝子を受け継いでいました。 ですから、リュウイチが小学校の高学年になった頃には、正直なところ買い物などに連れて歩くのがちょっとした楽しみでした。 身内の欲目もあるかもしれませんが、リュウイチは本当に綺麗な顔立ちをしていて、手なんかも凄く綺麗で、冗…
【レイプ】エログの『女神』だった大学サークルの後輩[前編]
2015/10/29 18:00
2015/10/29 18:00
当時の俺は素人の自画撮りエロ写メにハマっていて、女が自分で裸をUPしている掲示板やブログばかり見ていた。 何件もブックマークして巡回してたんだけど、その中のあるエロブログの女神が、大学のサークルの後輩の様な気がして毎日ROMるようになった。 そのブログは普通の雑談がメインなんだけど、たまに常連のリクエストに応じてエロ画像が貼られる感じ。段々と要求もエスカレートしていって、女神のオナ音声がUPされる事もあった。押しに弱い女神みたいで、常連に言われるがまま撮影やUPをしてた。 画像は顔無し写メだから最初は気付かなかったけど、バレンタインの前日に「この義理チョコを明日配る!」っ…
【Hな体験】ヤンキー系の女性トラック運転手と中出しカーセックス
2017/09/25 22:00
2017/09/25 22:00
信号で停まってたら、車道側に一台の大型トレーラーがプシュッとエアーをひと拭きして停まった。なかなか変わらない信号を渡ろうとすると、ブッとクラクションが鳴り、雨の中窓から顔を出して「乗ってく?」と声を掛けられた。振り向くと女性ドライバーで、茶髪のヤンキー系。俺はヤンキー系は嫌いだったんだけれど、この雨の中15キロも歩くのと比べたら妥協範囲だった。 「どこまで?」「次の街までです」 「いいよ!乗りなよ!」「ありがとう!」 はしごを登るみたいにして助手席にお邪魔。小さい身体でタバコ片手にギアを変える女。俺よりも少し年上みたいだけれど、顔は幼いのにわざわざヤンキー系の服装や容姿…
純情そうな同級生は実は経験豊富だった童貞卒業体験談
2018/01/03 14:02
2018/01/03 14:02
彼氏がいるのにバイトの先輩に抱かれて浮気をし始めた話 2
2016/03/31 11:59
2016/03/31 11:59
彼氏がいるのにバイトの先輩に抱かれて浮気をし始めた話 2 前)彼氏がいるのにバイトの先輩に抱かれて浮気をし始めた話 で、2回目ですがやっぱり罪悪感が凄くて、馬鹿だったなって思ったのは本当。 先輩がニヤニヤしながら誘ってきたり電話掛けてきたりしたのを断ってたのも結構本気だったんですけど。 でも本当にもう一回話そう。絶対襲わないから。 って言われて、その時は信じるの半分、怪しいの半分位で会ったんです。 レスにあった様に下半身が求めたとかいうとなんかあからさま過ぎですが、襲われたらどうしよう。(まずいし駄目だし、でも凄かったな・・・)っていう曖昧な印象でしたね。 で、結構本心ではもう無…
【近親相姦】彼氏の携帯から女がメールして来て二股発覚【体験談】
2017/04/04 06:13
2017/04/04 06:13
百年の恋も冷めた瞬間! 54年目 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1192867901/103 :おさかなくわえた名無しさん:2007/10/23(火) 00:13:13 ID:uIenCcxT 彼氏の携帯から女がメールして来て二股発覚 女は彼氏の携帯に有る私の番号とアドレスに拒否設定までしていた そんな事を勝手に操作する女に惚れてる彼氏にドン引きしたで今日また女は自分の写メ付きメールを彼氏の携帯を使って送って来た 見掛けは可愛いが人としてやってる事がオカシイ 相手を信じて自分も自信を持ってるならそんなに必死にならなくても良いのになぁと、思っ…
【義家族との体験】 今年の正月休みに・・・
2016/07/05 07:36
2016/07/05 07:36
昨年の大晦日、妻の実家に帰省し、年末年始を過ごしてきた。 妻の姉夫婦も同じ時期に帰省していて、久しぶりの再会に家族皆が大いに盛り上がっていた。 義父や義兄とともに私は、テーブルに座り、好きな焼酎を飲みTVを見ながら家族や仕事のことを話すなどして、久しぶりの再会を楽しんでいた。 妻を含めた女性陣は、年越しそばやおせち料理の準備で、忙しく立ち振る舞っていた。 そんななか、ムッチリしたお尻が強調されたスパッツを着た義姉が、俺の隣に料理を運んできた。 そんな義姉の魅力的なヒップが、俺の左肩に触れた。 俺の心臓が急にバクバクし始めた。以前から憧れていた義姉の熟れたお尻が俺の手の届くところにあるのだか…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・【痴漢・レイプ】やらせてくれる姉 -きっかけ編-

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・痴漢専用車

・【熟女体験談】夫が病気で入院した時に義父に恋をして濃厚なSEXをする不貞主婦

・彼女の裸

・■エロの中出しが好きな主婦です

・昔おじさんに女装メス調教されていた私と、それを知った上で結婚した妻

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・拾った女子高生7

・ママチャリ乗ったムッチリ巨乳若妻ナンパしたら簡単にやらせてくれた

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[後編]

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・JKの露出14

・嫁が妊娠中だから仕方なく超スローセクロスしたら結果wwwwwww

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・【痴漢・レイプ】彼氏のこと犯したった その3

・私っておかしいですか?

・憧れの先輩の唇は男の人とは違う柔らかさだった

・彼女の友人女が逝ったこと無いって言うので・・・

・営業に来た女性を口説き落として生ハメ

・【人妻体験談】密着状態の花火大会でヒップアタック責めの逆痴漢をしてきた子持ち淫乱痴女な他人妻

・【熟女体験談】寝ているところに自宅侵入され、輪姦レイプされた妻が何度も絶頂し快感の世界に酔いしれていた

・すごくビックだった英会話教室の白人の先生

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[前編]

・■温泉旅館でマッサージは気持ちよかった

・友達の彼女が穿いていた白いパンスト

・部屋の鍵を抜き忘れて出掛けた隣のOL

・人妻の家で旦那の留守にHするのは興奮するけど緊張もハンパない