寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】仕組まれた陵辱(1)

2018/06/15 08:44




「パソコンの電源と戸締り忘れるなよ」
あわただしく所長は背広に腕を通しながら大きなかばんを引きずるように出て行った。
こじんまりとした営業所で一人留守番をしている美幸。
所員は営業やら出張で今日は終日誰も帰ってこない。

「これから17:00までなにしようかな…」
ちょうど業務の閑散期でもあり美幸はいつもの業務を手早く片付けるといきなり暇になってしまった。
「たまには掃除でもするかな」
どうせ誰も来ない。

美幸はタンクトップにミニスカートという私服に着替えごそごそとロッカーの掃除を始める。
男女兼用だが入り口に鍵がかかり美幸が着替えるのにも不自由はしていない。
自分のロッカーをきれいにし、最後に所長のロッカーに手をかける。「あれ?鍵開いてるよー。所長ったらいつもそうなのかなあ」
いつも世話になっておりこういうときに中もきれいにしておこうという美幸の親切心といたずら心から美幸は扉を開ける。

「なにこれ!」
中には私物はほとんどなく積み上げられた大人の雑誌と紙袋。
「なにしに会社に来てるのかしら。いやらしいんだから!」
笑いながら美幸は雑誌を手に取った。いわゆる投稿雑誌といわれるもので野外露出やパートナーとの営みを写したものが数多く掲載されている。

「みんなこんなことしてるのかな…」
面白半分で見始めた美幸は次第に紙面で繰り広げられる非日常の世界へと吸い込まれていた。
薄く消されてはいるがアップで写された男性のたくましい柱や白くにじんだ可憐な花びらは手に取るようにわかる。

「すごい…」
エアコンが効いているのに美幸は顔を紅潮させゆっくりとページを進めた。
「ん?」
本の真ん中あたりに折り目がついたページがある。
「所長ったらわかりやすいなあ!お気に入りなんだあ」
淫靡な世界にはまり込んで緊張していた美幸に笑顔が戻る。
「所長のお気に入りってなーんだ!」
笑いながらページを開く。

「う、うそ…、これって…」
顔の部分は消されているが以前笑いながら見せてもらった腕のあざ、髪型…、まさしくそれは所長である。
スレンダーな女性を見覚えのある公園で一糸まとわぬ姿に晒してたたずんでいる。

次の写真では黒く太いモノを女性に奉仕させ、次の写真ではか細い女性の腰に手をかけ後ろから欲望の大木を打ち込んでいた。
「所長がこんなことを…」
驚きとともに美幸は股間からメスのエキスがにじむのを意識していた。
「所長…太すぎる…」
モザイクがかかっているとはいえ女性の細い指が必死につかんでいる様や大きく張り出したエラがその存在感をさらに誇示しているように見えた。

「こんなもので突かれたら…」
美幸は無意識のうちに快楽を淵へと向かおうとしていた。
見えざる糸に操られるようにストラップレスのブラを美幸ははずした。たわ
わな胸が自由になり生地を突き破るほどに旨の突起がタンクトップを浮かせる。
白く細い指先がその突起の周囲を円を描くようになぞる。

「はぁぁ…」
薄いピンクのルージュを引いた美幸の口元から甘美な吐息が漏れる。
ゆっくりとその突起を摘み、転がすようにいじる。布越しからも、美幸の身体に心地よい刺激を送る。
美幸の身体は更なる刺激を求めて左手をタンクトップの中へと誘う。
コリコリとした感触を捉えた瞬間親指と中指がその突起を摘み少し強く捻る。

「あうっ!」
ピリっという刺激が美幸を突き刺す。そして指は次第に強く左胸の突起をいたぶり始めた。
時にはしごき、時には転がし…。まるでライオンが仕留めた獲物をなぶる様に美幸の胸の固い突起はなされるがままであった。

ゆっくりと乳首への責めをスローダウンし美幸は次なるターゲットに移る。
スカートを下ろし、申し訳程度に股間を覆う薄いパープルの下着に手をかけ、ゆるゆると抜く。白く長い足を下りる時間が長く感じる。

「こんなに…」
美幸は自分から発する濃厚なメスの匂いに異様な高鳴りを覚えた。
ロッカーの片隅にある姿見に美幸の白く女性のカーブを描く裸体が映る。
恐る恐る脚を開く。そこには美幸の白い身体にはまるで不釣合いの黒い茂みがあり、さらに視線を下に移すとすでに赤く充血し、悦びの粘液に光るクレバスがあった。

「いや、こんなにいやらしいなんて…」
その言葉とは反対に美幸は両手でその割れ目を開く。
充血しきった二枚の小さな羽根、既に顔を見せ始めたクリトリスが見える。
男の欲望が出入りする女の入口は白く濁った愛液にまみれている。

「ここに所長の太いものが入ったら…」
想像するだけで美幸の女の泉からこんこんと愛液が溢れてくる。
カサッ
小さな音ではあるが美幸はその物音に心臓が止まる思いがした。
「誰!」
静まり返った事務所。ふと見ると所長のロッカーの紙袋が倒れたようであった。

「びっくりさせないでよ!」
紙袋の口が開いている。美幸はそれを手にして中を見る。
「こ、こんなものが…」
妖しく光るバイブレーター、しかも太い。
よく見るとかなり使い込んでいることが操作部分の汚れ具合からわかる。
「これであの女性を…」
雑誌の女性が所長により責められるシーンが頭によぎる。
そしてグロテスクな責め具が次第に写真に写る所長のたくましい男根に見えてくる。

「ああ、こんな太いものが美幸に刺さったら…」
いつの間にか写真の女性は自分に代わっていた。
背後から獣のような姿勢で太いオスの証を打ちつけられる。出入りするたびに赤黒いそれは白い粘液で化粧が施され、桃の二枚の花びらがさらに深い抽送をねだるように絡みつく。
美幸の理性は一気に崩れ、責め具に動きを与え、すでに準備の整った自らの股間にあてがい一気に沈めた。

「ああっ!いい!」
美幸の右手は恥じらいを忘れ快楽の頂点に突き進むように責め具を出し入れする。
ジュルジュルと官能の演奏が狭い部屋に響く。
「所長、もっと、もっと突いて下さい!美幸を壊して!」
左手はいつの間にか皮を根元まで剥き、露になったクリトリスをしごきたてている。

「こんなにいやらしく責められたかったんだろ?ケツを高く持ち上げて後ろからズボズボとハメられたかったんだろう。いやらしい女だ」
脳裏の所長が冷酷に言い放つ。
「そうなの!こんな風にされたいの!犯してほしかったの!いっぱい頂戴!ダメ、イキそうっ!」

肉棒のスピードが速まる。
突かれるたびに美幸の子宮から強烈な快感の波が全身に流れる。
「このままいくよ」
落ち着き払った声が美幸の脳裏に響く。

「ダメ、お願い中はだめです!あぁぁ!だめっ、イッてしまう!」
大きな波が美幸をさらっていく。
「おおぅ!出てるぞ、美幸!ドクドクと子宮に注いでるよ…」
「いやっ、出さないで…。またイクっ!」
美幸の全身が大きくしなり立て続けに二度も頂点を迎える。
ぶるぶると震えが止まらない。美幸はその場にぐったりと倒れ、乱れる呼吸の音が遠くなるのを感じた。

どれくらい時間がたっただろうか。美幸はけだるい身体を起こし周囲を見渡した。
下着が床に落ち、衣類は着用しているというより引っかかっているといった風情になっている。

ゆっくりと衣類を戻し、下着を手にした時、
「すまん、大切なものを忘れてたよ!」
流れる汗を拭きながら所長が戻ってきた。
「まずい…」
このままの格好で出る訳にはいかない。
しかし出ないと逆に怪しまれる。

「あれ、美幸くん?いないの?たまの留守番だから買い物に行ったのかな?それともトイレ?」
美幸の所在を確認するように言葉を続ける。
「あ、はい!ちょっとロッカーの掃除してます!なにか忘れ物ですかぁ!」
美幸は覚悟を決めて、胸の突起がわからない様、掃除道具を抱えて小走りに事務所へと向かった。

「なんだ、珍しいな。うっかり見積書を忘れてね。危ないとこだったよ」
「え、あぁ、そうなんですか…。所長のうっかり癖って治らないですよねー」
軽口を叩きながら美幸もはびくびくしていた。
気づかれないうちに早く出てほしい…、と。

「そうなんだよなあ。探すの面倒だしプリントアウトするかな」
不自然に揺れる美幸の胸をねっとりと見つめる。
股間に血液が集中し下着の中で怒りに満ちた状態になっているのがわかる。
「そ、そうですね…」
相槌を打ったものの美幸の視線は宙を泳いでおり、所長の横顔が一瞬にやっとしたのを見落としていた。

「そういえば掃除してくれてたんだよね。すまんな。で、きれいになったの?」
「え、ま、まあ…。あんまりすることもないから入念にしちゃいましたよ」
あまり触れてほしくない話題だ。
それにさっきからずっと道具を抱え腕が痛い。

「あ、おれ、鍵とかあんまりかけないんだけど開けちゃったかな?」
美幸は危うく持っていた道具を落としそうになった。
「い、いえ、私物が入ってるし勝手に開けないですよー」
胸が高鳴りが事務所に響きそうだった。
「だよな。そうそう、ロッカーの中にも忘れ物したんだよ。紙袋入ってるから持ってきてくれる?中身はみないでね、俺のだから。」

まずい…。
美幸の動悸はかつてないほどのスピードになっていた。
袋の中身はさっきまで自らの快楽のために使っていたあれだ。
「そんなあ、見るわけないじゃないですか。失礼して持ってきますね。」
ゆっくりとロッカー室に進む。

所長は美幸の後ろ姿を狙いを定めた肉食獣のような視線で見つめた。
「ど、どうしよう…」
美幸はまず愛液にまみれたバイブをきれいに拭き取り丁寧に紙袋に入れた。
そして欲望のスイッチを入れた忌まわしい雑誌を元通りロッカーに戻し下着を回収した。
「美幸くん、なにしてるのかな?」
いるはずのない所長がロッカーの入り口で仁王立ちしている…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【熟女体験談】金持ちでSな熟女にヒモとして生活費を稼いでいたが、生きた淫具としてかなりハードな奉仕を義務付けられていた
2018/09/17 12:02
2018/09/17 12:02
2018/09/17 (Mon) 学生時代、私は
金持ちなアラサー熟女の
若いツバメ、ヒモで生活費を稼いでいたんです

ヒモというと羨ましいと思う方もいるでしょうが

そのアラサー熟女はS女で
私の若い下半身を徹底的に虐められ
アナルを無理やり開発されたりと
生きた淫具としてかなりハードな奉仕を
義務付けられていました

そして私のご主人様であるドS熟女が
満たされている時は

私の3学年先輩の
彼女の娘さんの相手をしたり

彼女の行きつけのバーのママや
従業員などに有償貸し出しされて
私はせっせと女性に奉仕してきたんです

女性との性体験は異常なほど豊富でしたが
ご主人様である人妻からの…
【母親との告白体験談】母校に教師として戻る=学生とセックスしたいだけ
2016/03/10 00:15
2016/03/10 00:15
383 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/06/17(木) 01:36:46 ID:0OZY6T790 [1/9]5年前、自分の母校へ部活の指導に行った俺に、当時15歳の中学生だった女の子が告白してきた。 でも、その時俺は33歳、子供なんかには全く興味がなかったし彼女も居た俺はそんなの相手にはせず歳の差がありすぎるし・・・とやんわり丁寧にお断りをした。 それからの5年間、年に数回程度近況のメールはやりとりするものの特に気になることも何ともなく時は過ぎて、その子はこの春、専門学校を卒業し就職した。 卒業後、地元に帰ってきたその子から、数年ぶりに逢いたいと連絡があった。 …
【近親相姦】いじめられっ子で心を病んでしまった結果【体験談】
2017/05/17 00:11
2017/05/17 00:11
984:可愛い奥様2012/06/29(金) 11:45:23.49 ID:pSGNVW7F0 よく自殺しなかったよなと改めて思ういじめられっこ時代 いつかいじめる奴らに投げつけてやると、近所の小学校のバラのトゲをちぎって 集めていた(学校は遠くの私立) もいでいるときは、触ると痛いものをいたくないものに変えてやるのが 楽しかったんだと思う。このバラはこれで私に痛い思いさせられないぞ ざまあみろ、みたいな 同じような理由でアホみたいにたくさん食べてた きれいなパッケージの食べものがただの醜いゴミになるのが楽しかった 醜いゴミクズみたいな私に食べられてさぞ悔しいだろうと思った やりかえしたくても…
変態癖があだとなりヤクザ風な男達に廻されました
2018/04/06 01:30
2018/04/06 01:30
深夜、人通りの少ない通りを選んですごく短いスカートに上は、シースルーのキャミソールとノーブラであるきました。


ところがだんだんエスカレート(少しお酒に酔っていました)してきてミニスカートをたくし上げて、持っていた鍵つき手錠を後ろ手にかけて歩き始めました。


ところが前の方から女の子(20歳前後)の話声が聞こえ、だんだん近づいてきました。

女の子達が10メートルくらいに近づいてきたとき私に気づいたみたいで、女の子達の会話がなくなり、私の方をジロジロ見て通り過ぎました。


その後女の子達は歓声を上げゲラゲラ笑ったかとおもうと「エーウソー。今の見たー」などと話している声がきこえました。

【体験談】風俗で本番したらトラブルに巻き込まれた、ちょっと怖い話
2016/06/17 08:30
2016/06/17 08:30

風俗で本番したことから巻き込まれた体験談です。



私は数年前、なぜか狂ったように風俗へ行っていました。


もともと風俗に行くような生活をしていたわけではありません。


なのに毎週のように通っていました。



通っていた地域は都内からちょっとの某県。


都内との県境みたいなエリアです。


風俗好きな人は知っていると思いますが
今から数年前に、風俗店の多くは警察からの指導が入りました。


それが始まるかどうかという時期です。



まだ各店舗の中でプレイを楽しめた時代。


通っていた3店舗のイメクラ…
ほろ酔いの元同僚をお持ち帰りしてグイグイくる彼女の積極的なエッチを堪能した体験談
2016/04/11 07:00
2016/04/11 07:00
ほろ酔いの元同僚をお持ち帰りしてグイグイくる彼女の積極的なエッチを堪能した体験談 前)ほろ酔いの元同僚をお持ち帰りしてグイグイくる彼女の積極的なエッチを堪能した体験談 締め付けられているから、指を自由に動かすことができなかったけど、ここでやめても、場が白けると思ったし、何よりカナーリ感じてくれているのも 感動したので、なんとか我慢しつつ、動かせる範囲で刺激を続けた。 「あ・・・、あぁ・・・・い・・・いっ・・・いっ、くぅ・・・」 たいして刺激していないにもかかわらず、股を閉じて、快感を高めていたのでしょう。 ここでもすぐに絶頂をお迎えになられました。 ピクンピクンと上半身を痙攣させながら、漏れ…
JSに睡眠薬飲ませて中出し鬼畜エッチ
2015/11/26 22:00
2015/11/26 22:00
お昼過ぎ近所の翔学五年の美紀ちゃんが、『頭が痛くて風邪を引いたみたいなの、お兄ちゃん風邪薬ちょうだいと』家に訪ねていた。 『どうして?』 『家の人に貰ったら』と聞いたら、『夕方まで出掛けて居ないの、薬も無くなっているみたい』と言ったので、『じゃ、家に入って』と家に入れ、『ちょっと待ってて今、薬探してくるから』と言いリビングで待たせました。 美紀ちゃんとは小さい頃から遊んであげたり、ちょっと勉強なんかも教えていたりしていたので、何の疑いも無く家に入って来ました。 俺は薬を探していると、ふとイケナイ事を頭がよぎり、このまま睡眠薬を混ぜて眠らせれば、俺のモノになると考えた。 俺はちょっと不…
結愛の蜜2
2016/01/18 20:05
2016/01/18 20:05
結愛、イキそうなんだね…、思いっきりイカせて上げるからね。。。 (頭を両手で挟まれ、顔いっぱいに蜜だらけにしながら、 子宮が、伸縮して膣もうごめき…、イキそうな結愛の膣奥を 激しくかき混ぜる様に、ジュプ…ジュプ…、ニチャニチャ… 激しく音を立てながら、舐め回し、、鼻先でクリトリスを、 グイグイと押しつぶしていく…)貴文さん…っ…イカせてぇっ! 結愛のおまんこイカせてぇっ! はぁっあぅぅんっ…音やらし…にちゃにちゃって…あうっいいっいいっ! おまんこの中舌いっぱいっ…はぁんっクリもビラビラも擦れて気持ちいいっ…! だめぇーーーーっ…おまんこいくっ…はぅぅううっいくっいくっいくっ…あぅうんっ……
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】上品な人妻を犯す・・【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/17 21:17
2017/04/17 21:17
このあいだ商店街を歩いていると、25才前後の上品な若奥さんが子供を連れて歩いていた。俺はちょっと溜まっていたこともありむらむらしていたので、後をつけて、自宅をつきとめてそれから1週間くらい調べ上げた。旦那と子供の3人暮らしで、仕事をしていなく専業主婦で、旦那の帰りは夜の8時位だということを。その奥さんの感じは、俺の好きな水○真紀に似ていて上品で、こんな人を俺の言う事を何でも聞く、俺の女にできたら最高だと思い、レイプするチャンスを静かに狙っていた。そしてある日、朝7時半ごろ旦那を送り出してしばらくした頃、掃除をしていたときに宅配便のふりをしてチャイムを押した。バッグの中に、ガムテープ・ナイフ・…
震災で心を痛めた従妹とのH
2017/03/01 23:01
2017/03/01 23:01
480 えっちな18禁さん 2012/01/29(日) 03:06:11.15 ID:xb+gj7TZ0 俺、28歳。従妹、26歳。 震災をきっかけに関係を持つようになりました。 需要ありますか? 482 えっちな18禁さん 2012/01/29(日) 03:25:37.22 ID:xb+gj7TZ0 震災で職を失い、某県の避難所で職を探しながら過ごしていた従妹。 諸々のストレス発散を兼ねて、都内の私のもとを訪ねてきました。 従妹は身内の私が言うのもなんですが、ものすごい美人。 いつかそういう関係が持てたらと妄想はしておりましたが、 でも本気でそう考えたことはありませんでした。 483 …
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・おまけ

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・中国マッサージ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・FXで嵌められた慶応卒の女先輩

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・やっぱり違う私を女にしてくれた人

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・可憐の女店主が全裸で土下座した

・40代兄妹の性交

・俺は聖人君子じゃないからなあ・・・

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【人妻体験談】上司が妻に会いたいと言ったので上がってもらうことにしたら、妻を寝取られ、妻は知らないうちに上司の恋人になっていた

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした