寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】仕組まれた陵辱(1)

2018/06/15 08:44




「パソコンの電源と戸締り忘れるなよ」
あわただしく所長は背広に腕を通しながら大きなかばんを引きずるように出て行った。
こじんまりとした営業所で一人留守番をしている美幸。
所員は営業やら出張で今日は終日誰も帰ってこない。

「これから17:00までなにしようかな…」
ちょうど業務の閑散期でもあり美幸はいつもの業務を手早く片付けるといきなり暇になってしまった。
「たまには掃除でもするかな」
どうせ誰も来ない。

美幸はタンクトップにミニスカートという私服に着替えごそごそとロッカーの掃除を始める。
男女兼用だが入り口に鍵がかかり美幸が着替えるのにも不自由はしていない。
自分のロッカーをきれいにし、最後に所長のロッカーに手をかける。「あれ?鍵開いてるよー。所長ったらいつもそうなのかなあ」
いつも世話になっておりこういうときに中もきれいにしておこうという美幸の親切心といたずら心から美幸は扉を開ける。

「なにこれ!」
中には私物はほとんどなく積み上げられた大人の雑誌と紙袋。
「なにしに会社に来てるのかしら。いやらしいんだから!」
笑いながら美幸は雑誌を手に取った。いわゆる投稿雑誌といわれるもので野外露出やパートナーとの営みを写したものが数多く掲載されている。

「みんなこんなことしてるのかな…」
面白半分で見始めた美幸は次第に紙面で繰り広げられる非日常の世界へと吸い込まれていた。
薄く消されてはいるがアップで写された男性のたくましい柱や白くにじんだ可憐な花びらは手に取るようにわかる。

「すごい…」
エアコンが効いているのに美幸は顔を紅潮させゆっくりとページを進めた。
「ん?」
本の真ん中あたりに折り目がついたページがある。
「所長ったらわかりやすいなあ!お気に入りなんだあ」
淫靡な世界にはまり込んで緊張していた美幸に笑顔が戻る。
「所長のお気に入りってなーんだ!」
笑いながらページを開く。

「う、うそ…、これって…」
顔の部分は消されているが以前笑いながら見せてもらった腕のあざ、髪型…、まさしくそれは所長である。
スレンダーな女性を見覚えのある公園で一糸まとわぬ姿に晒してたたずんでいる。

次の写真では黒く太いモノを女性に奉仕させ、次の写真ではか細い女性の腰に手をかけ後ろから欲望の大木を打ち込んでいた。
「所長がこんなことを…」
驚きとともに美幸は股間からメスのエキスがにじむのを意識していた。
「所長…太すぎる…」
モザイクがかかっているとはいえ女性の細い指が必死につかんでいる様や大きく張り出したエラがその存在感をさらに誇示しているように見えた。

「こんなもので突かれたら…」
美幸は無意識のうちに快楽を淵へと向かおうとしていた。
見えざる糸に操られるようにストラップレスのブラを美幸ははずした。たわ
わな胸が自由になり生地を突き破るほどに旨の突起がタンクトップを浮かせる。
白く細い指先がその突起の周囲を円を描くようになぞる。

「はぁぁ…」
薄いピンクのルージュを引いた美幸の口元から甘美な吐息が漏れる。
ゆっくりとその突起を摘み、転がすようにいじる。布越しからも、美幸の身体に心地よい刺激を送る。
美幸の身体は更なる刺激を求めて左手をタンクトップの中へと誘う。
コリコリとした感触を捉えた瞬間親指と中指がその突起を摘み少し強く捻る。

「あうっ!」
ピリっという刺激が美幸を突き刺す。そして指は次第に強く左胸の突起をいたぶり始めた。
時にはしごき、時には転がし…。まるでライオンが仕留めた獲物をなぶる様に美幸の胸の固い突起はなされるがままであった。

ゆっくりと乳首への責めをスローダウンし美幸は次なるターゲットに移る。
スカートを下ろし、申し訳程度に股間を覆う薄いパープルの下着に手をかけ、ゆるゆると抜く。白く長い足を下りる時間が長く感じる。

「こんなに…」
美幸は自分から発する濃厚なメスの匂いに異様な高鳴りを覚えた。
ロッカーの片隅にある姿見に美幸の白く女性のカーブを描く裸体が映る。
恐る恐る脚を開く。そこには美幸の白い身体にはまるで不釣合いの黒い茂みがあり、さらに視線を下に移すとすでに赤く充血し、悦びの粘液に光るクレバスがあった。

「いや、こんなにいやらしいなんて…」
その言葉とは反対に美幸は両手でその割れ目を開く。
充血しきった二枚の小さな羽根、既に顔を見せ始めたクリトリスが見える。
男の欲望が出入りする女の入口は白く濁った愛液にまみれている。

「ここに所長の太いものが入ったら…」
想像するだけで美幸の女の泉からこんこんと愛液が溢れてくる。
カサッ
小さな音ではあるが美幸はその物音に心臓が止まる思いがした。
「誰!」
静まり返った事務所。ふと見ると所長のロッカーの紙袋が倒れたようであった。

「びっくりさせないでよ!」
紙袋の口が開いている。美幸はそれを手にして中を見る。
「こ、こんなものが…」
妖しく光るバイブレーター、しかも太い。
よく見るとかなり使い込んでいることが操作部分の汚れ具合からわかる。
「これであの女性を…」
雑誌の女性が所長により責められるシーンが頭によぎる。
そしてグロテスクな責め具が次第に写真に写る所長のたくましい男根に見えてくる。

「ああ、こんな太いものが美幸に刺さったら…」
いつの間にか写真の女性は自分に代わっていた。
背後から獣のような姿勢で太いオスの証を打ちつけられる。出入りするたびに赤黒いそれは白い粘液で化粧が施され、桃の二枚の花びらがさらに深い抽送をねだるように絡みつく。
美幸の理性は一気に崩れ、責め具に動きを与え、すでに準備の整った自らの股間にあてがい一気に沈めた。

「ああっ!いい!」
美幸の右手は恥じらいを忘れ快楽の頂点に突き進むように責め具を出し入れする。
ジュルジュルと官能の演奏が狭い部屋に響く。
「所長、もっと、もっと突いて下さい!美幸を壊して!」
左手はいつの間にか皮を根元まで剥き、露になったクリトリスをしごきたてている。

「こんなにいやらしく責められたかったんだろ?ケツを高く持ち上げて後ろからズボズボとハメられたかったんだろう。いやらしい女だ」
脳裏の所長が冷酷に言い放つ。
「そうなの!こんな風にされたいの!犯してほしかったの!いっぱい頂戴!ダメ、イキそうっ!」

肉棒のスピードが速まる。
突かれるたびに美幸の子宮から強烈な快感の波が全身に流れる。
「このままいくよ」
落ち着き払った声が美幸の脳裏に響く。

「ダメ、お願い中はだめです!あぁぁ!だめっ、イッてしまう!」
大きな波が美幸をさらっていく。
「おおぅ!出てるぞ、美幸!ドクドクと子宮に注いでるよ…」
「いやっ、出さないで…。またイクっ!」
美幸の全身が大きくしなり立て続けに二度も頂点を迎える。
ぶるぶると震えが止まらない。美幸はその場にぐったりと倒れ、乱れる呼吸の音が遠くなるのを感じた。

どれくらい時間がたっただろうか。美幸はけだるい身体を起こし周囲を見渡した。
下着が床に落ち、衣類は着用しているというより引っかかっているといった風情になっている。

ゆっくりと衣類を戻し、下着を手にした時、
「すまん、大切なものを忘れてたよ!」
流れる汗を拭きながら所長が戻ってきた。
「まずい…」
このままの格好で出る訳にはいかない。
しかし出ないと逆に怪しまれる。

「あれ、美幸くん?いないの?たまの留守番だから買い物に行ったのかな?それともトイレ?」
美幸の所在を確認するように言葉を続ける。
「あ、はい!ちょっとロッカーの掃除してます!なにか忘れ物ですかぁ!」
美幸は覚悟を決めて、胸の突起がわからない様、掃除道具を抱えて小走りに事務所へと向かった。

「なんだ、珍しいな。うっかり見積書を忘れてね。危ないとこだったよ」
「え、あぁ、そうなんですか…。所長のうっかり癖って治らないですよねー」
軽口を叩きながら美幸もはびくびくしていた。
気づかれないうちに早く出てほしい…、と。

「そうなんだよなあ。探すの面倒だしプリントアウトするかな」
不自然に揺れる美幸の胸をねっとりと見つめる。
股間に血液が集中し下着の中で怒りに満ちた状態になっているのがわかる。
「そ、そうですね…」
相槌を打ったものの美幸の視線は宙を泳いでおり、所長の横顔が一瞬にやっとしたのを見落としていた。

「そういえば掃除してくれてたんだよね。すまんな。で、きれいになったの?」
「え、ま、まあ…。あんまりすることもないから入念にしちゃいましたよ」
あまり触れてほしくない話題だ。
それにさっきからずっと道具を抱え腕が痛い。

「あ、おれ、鍵とかあんまりかけないんだけど開けちゃったかな?」
美幸は危うく持っていた道具を落としそうになった。
「い、いえ、私物が入ってるし勝手に開けないですよー」
胸が高鳴りが事務所に響きそうだった。
「だよな。そうそう、ロッカーの中にも忘れ物したんだよ。紙袋入ってるから持ってきてくれる?中身はみないでね、俺のだから。」

まずい…。
美幸の動悸はかつてないほどのスピードになっていた。
袋の中身はさっきまで自らの快楽のために使っていたあれだ。
「そんなあ、見るわけないじゃないですか。失礼して持ってきますね。」
ゆっくりとロッカー室に進む。

所長は美幸の後ろ姿を狙いを定めた肉食獣のような視線で見つめた。
「ど、どうしよう…」
美幸はまず愛液にまみれたバイブをきれいに拭き取り丁寧に紙袋に入れた。
そして欲望のスイッチを入れた忌まわしい雑誌を元通りロッカーに戻し下着を回収した。
「美幸くん、なにしてるのかな?」
いるはずのない所長がロッカーの入り口で仁王立ちしている…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★社員旅行はHチャンス大ですね
2017/05/09 21:59
2017/05/09 21:59
 38歳のKと言います。それは、今から2年前の社員旅行の時でした。宴会終了後、各自の部屋でそれぞれ飲んで盛り上がっていました。俺はちょっと酔いが回ってきたので、人のいない押入れに入り込み一眠りさせてもらいました。

 しばらくして人の気配がなくなりました、どうやら皆で外にラーメンでも食べに行ったようです。俺も皆の後を追うかどうか考えていると、一人の女性が部屋に入ってきました。

 今年は入ったばかりのMさん(21歳)でした。Mさんは特にかわいくも無く、普通の子でした。かわいい子でも入ってきたなら、俺も押入れから出て話しかけるところですが、なんせMさんなんで、そのままスルー、押入れで又うとう…
炉利天国4
2015/11/09 22:05
2015/11/09 22:05
俺は、グッタリとしてヒクヒクと痙攣しているさやのクリから口を離さず、 そのままゆっくりとジュルジュル音を立てて吸い付きながら、少しだけ口を開 きかけた蕾に舌先を当ててみた。 舌先を尖らせる様にしながらジワジワと蕾を開くように小刻みに回しながら、 涎をうまく使いながら押し分けていく・・・さや 「いやぁ?ん、ねえお願い、もういいよぉ?、また変になっちゃうよ」「大丈夫、女の子は何度でもイケるんだよ。沢山気持ち良くなりたいでしょ? いっぱい感じてくれたらうれしいよ」さや 「でも、でも、あぁ?ああ、変なの、なんだか奥が熱い感じがするの」「さやのオマンコから恥ずかしいくらいにジュースが溢れてきてるよ。 い…
【女子高生とのエッチ体験談】彼女の友達の処女いただきました
2016/01/16 22:00
2016/01/16 22:00
高校の時の後輩。その時付き合っていた彼女の友達だった。 カワイイとか綺麗とかではなく、カッコイイ女だった。 男嫌いで通っていて、どうして俺が近寄れたのか今でも不思議だ。 ある時、冗談半分で彼女の胸を触った。どうしてそうなったのか、未だに覚えていない。 付き合っていた彼女と、そんなにHをしていなかった俺は、胸への愛撫が上手くなかった。 興奮しきっていた俺は、力一杯揉んだ。 翌日、珍しく笑顔で近づいてきた彼女が、俺の側で耳打ちした。 「・・・もう少し力を弱めてくれたら・・・」 次の約束を取り付けるのに、俺は必死になった。その彼女と、Hするための。 後輩との約束を取り付けた俺は、…
田舎娘の肉付きのいいアソコ
2017/07/02 00:19
2017/07/02 00:19
今日の朝は寝覚めも悪く、いっそのこと会社を休んでしまおうか?なんて考えていたのですが、どうしても行かなきゃマズい仕事があるので、重い体を押していつもより若干遅れ気味に家を出ました。改札に着き、女子高生や一般の人達でごった返している中をすり抜けてホームへと降り立つと、そこにはあまり人はいませんでした。 いつもと違う時間、しかも遅い時間なので、学生はいないだろうなぁと思いつつ電車が来る前に周りを見渡してみると、見慣れない女子高生が一人。 ちょっとぽっちゃり目。 発育のいい女子高生体型。 顔は決して可愛くないし、どちらかというと田舎娘の様な素朴な感じかな。 何となく周りをちょっと意識してい…
ローションマッサージが最高に気持がよくてアソコはヌレヌレ
2016/01/02 21:24
2016/01/02 21:24
若くて下手くそな男の人って、

AVの見すぎで経験が少ないのにぶっつけ本番で実行する奴ばっか。

そして、たいがい早漏っ!



若い子のみなさんはくれぐれも注意してください。


大人の男性との体験談です。


会社の取引先の39歳紳士の方と

仕事の絡みで食事を何度かしている内にどんどん引かれて

プライベートで食事をしてこちらから大胆にホテル誘うも

今の関係が崩したくないから・・・

でも女性に恥をかかしては、申し訳ないので

ホテルでマッサージしてあげますよって・・・(マッサージが得意らしく)

ホテルでマッサージを受けたが

今までに経験したことのない…
職場の飲み会での酒池肉林体験
2018/05/09 00:09
2018/05/09 00:09
【姉との告白体験談】暇つぶしに姉との体験談  ▲近親相姦体験談▲
2015/12/02 00:22
2015/12/02 00:22
268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/10(火)03:04:26.93ID:AYD4nXPB0 暇つぶしに俺が姉との体験談書こうか? 272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/10(火)03:08:38.51ID:AYD4nXPB0 かきためてるってわけじゃないんだがwwwwww  姉ちゃんが16、俺が14の頃の話だけど、興味本位で関係持ったことあるよ お互い見せあいっこから触りあいになって、最後はセックスしてって感じで… 何かドロドロでメチャクチャだった 2…
【泥酔】隣にいた女
2016/01/26 18:41
2016/01/26 18:41
とにかく、あの日は飲んだ飲んだ。 ワインに始まってウイスキー、ウオツカ、テキーラ… 泥酔以上、酩酊未満。最後は何が何だか分からなくなった。 潰れてこそいないが、ほとんど意識がぶっ飛んだ状態。 これから話すのは、飛び飛びの記憶を無理やりつなげて、 状況証拠と関係者証言と俺の妄想をたっぷり加えた話だ。 気がつくとあたりは真っ暗。どこかは分からんが、 とりあえず俺の部屋ではなさそうだ。 俺はカーペットに胡坐をかき、低いテーブルに 突っ伏すような格好で、酒瓶から直接飲んでいた。 隣に女がいる。意識があるのかないのか、 俺に絡みつくようにしなだれかかっていた。 …
高校時代の色白美人な先輩に、「チューしよっか」と言われてセックスした話
2015/11/23 10:00
2015/11/23 10:00


1コ上で、高校時から他の人より大人びていた。




身長も160ちょっとくらいあって、スレンダーなスタイル。




顔立ちもはっきりしていて、モデルっぽい雰囲気もだしていた。




それでいて、飾らない性格で、よく笑い、ノリも良いため、


男子にはもちろん、後輩女子からの人気も結構高かったのを覚えている。




俺との関係は、仲良くさせてもらってた先輩の友達でもあったので、


その先輩を経由してではあったが、


わりとよく遊んだりして仲もそこそこ良かった。




当時は高嶺の花というか、


恋…
【Hな体験】ノーブラで寝てしまったバイト先の後輩
2017/07/21 06:00
2017/07/21 06:00
バイト先の忘年会で2次会も終わって解散後、後輩のY子と同じ方角だったので2人で一緒に帰った。Y子は明るく、誰とでも仲良くなれるタイプ。普段からかなりテンション高いのに、酔っているせいか「寒いから」と言って腕を組んできて、彼女のアパートの前までずっと話しながら歩いた。 Y子は社会人の姉と2人で住んでるんだが、今日姉は会社の人と旅行だと言う。なので冗談半分で、「寒いし、ここから家まで1人で帰りたくないから泊めてくれ」って言うとあっさりOKしてくれた。近くのコンビニで酒とお菓子と朝ご飯用のパンを買い、Y子の部屋でもう少し飲むことになった。 部屋に入るとY子はトレーナーに着替え…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・仲悪かった弟に犯されかけたんだけど

・研修会で年上の女性と出会って人生が変わった

・貧乳に悩む妹の相談中に発情して近親相姦したったwwwwwwwwwww

・高校時代 四

・中出しをせがんできた32歳のバツイチ

・おばちゃんにやらせて下さいと訴えた

・【乱交】修学旅行中にギャルな同級生とサルのようにやりまくった

・複数の男性に連続で中出しされるのが大好きな変態女です

・体験談:家族写真が飾られてる所でレイプされた [衝撃]

・【人妻体験談】試着室で水着に着替えていたら、床上手なおじさんにレイプされた巨乳主婦

・井上和香似なキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

・駅ホームの待合室で露出してたらフェラさせられた

・【悲報】淫行でパクられたけど質問ある?

・エロい若妻(o^^o)

・母がヤクザに調教された

・浮気元妻の因果応報

・【Hな体験】エッチな下着姿で手コキしてくれた近所のお姉さん

・元カノから、ハガキが届いて吃驚した

・【不倫】還暦まで独身を通してきましたが、実は淫乱熟女です

・本気で妊娠させるつもりで犯して欲しいと思う変態な私

・仲のいいセフレ2

・高校時代 三

・寝取られ体験談/OB4人に彼女がレイプされた 続編

・ヌルンヌルンに濡らして感じてくれた26歳の美人妻

・【不倫】農作業の小屋で知った床上手な義父の指使い

・高校時代 二

・【熟女体験談】出会い系が趣味の専業主婦が4P乱交の耐久セックス

・処女だった元高校生バイトに何度も中出し

・犯されると勘違いした母を本当に犯した

・巨乳の女友達は生ハメも気持いいが、パイズリはもっと気持いいんだ