寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】欲望に勝てなかった俺(1)

2018/06/15 05:57




俺、中学校の3年生である。
おれの学校は地域では有名な私立中学校で、いわゆるお金持ち学校と言われているところだ。

親は、政治家、医者、一流企業役員などで、成績優秀で活発な感じの生徒が多い。
最近の女子中学生は身体の発育がよく、制服のスカートも短いため、学校内のどこにいても、むっちりした太ももが目に飛び込んでくる。

毎日目の保養にはなるのだが、ただ見ているだけでは我慢できなくなってくる。
(思う存分撫で回してみたい、あの匂うような股間に顔をうずめてみたい…)
そんな淫らな欲求に勝てなくなってくるのだ。

ある日の夕方、俺は理科の教師の指令で化学準備室にいた。
余談になるが、俺は理科の学力ならばこの学校のみならず全国でもトップクラスだ。鼻歌を歌いながら一人で翌日の授業の実験の準備をしていると俺の親友の一人、黒崎佳織が入ってきた。

彼女と知り合ったのは中学に上がってからだが、今ではどんな友人よりも親しい間柄になっている。
ショートボブの黒髪に、中学生にしては大人びた顔つきをしており、身体つきも男を誘惑するような雰囲気をもっている。

性格も冷静沈着でめったなことでは表情を崩さなし、学業も常に学年トップだ。(再び余談になるが、彼女が唯一トップを勝ち取れなかったのは理科だけである。)
まさにパーフェクトな存在だ。
多少ミステリアス(普通の女子生徒にはない変わったしゃべり方をする)で、とっつきにくいところがあるが、それでもそんな彼女に憧れている生徒は学内にも大勢いる。
かく言う俺もその一人だ。 

「佳織じゃないか。こんな時間にどうしたんだ?」
「秋紀君、先週の実験のことで質問したいことがあるんだけど」
森の中の泉の様に静かで、それでいてよく通る声だった
彼女の質問に答えることができる生徒は学年中探しても俺くらいだろう。 もっとも得意の理科だけだが・・・

「この本には、先生に教えてもらったこととは違うことが書いてあるん・・・」
佳織は1冊の本を開きながら俺に近づくと、机の上に広げた。
それは一般には読まれることの少ない専門書だった。

「相変わらずすごいな、おまえは・・・。こんな難しい本を読んでいるのか」
「それほどでもないよ」
「この本は俺も持ってるけど、特に難しい内容なんだ」
「そうなんだ」
「で、どこだ?」
「うん。ここなんだが・・・」
彼女に顔を近づけるように本を覗き込むと、女性特有の甘い匂いが男の脳を刺激する。

「これは最近の化学者の研究でわかってきたことなんだ」
「なるほど、だから教科書にも載っていなかったのか・・・」
「先生が教えたことも間違いじゃないんだ」
「うん・・・」
佳織が顔を少し俺のほうに向けると、サラサラの黒髪が俺の顔にかかるようだった。

「この内容は難しすぎて授業では教えないことになっているんだ」
「うん・・・」
「それに、先生が授業で説明した内容で十分だろうしな」
「なるほど、わかったよ」
教えを受けるときの佳織は、どこまでも素直である。
覗き込むような形になっている佳織のセーラー服の胸の間から、わずかに佳織の胸のふくらみが見えそうだった。

俺の中で抑えていた欲望がはじけた。
俺はこの可憐な女生徒に黒い想いを抱いていた。
「ちょっとコーヒーでも飲まないか?」
「いや、私は・・・」
「いいからいいから、こんなときのためにこそっと冷蔵庫の中にコーヒー入れといたんだ」
俺は冷蔵庫から缶コーヒーを2本取り出し、フタを開けた1本を佳織に渡した。

「さっ、遠慮するなよ」
「それじゃあ、ありがたく頂くよ」
佳織はコーヒーを飲んでいる。その度に彼女の白いのどが艶かしく動く。
全部飲み終わるころには、彼女は身体がけだるそうになっていた。
「秋紀君。私なんだか・・・」
そう言いながら、佳織は飲み終えた缶をなんとか机に置くと、その上に覆いかぶさるようにして眠ってしまった。

準備室には、いろいろな薬品が揃えてある。
俺は冷蔵庫を開ける前に、即効性の睡眠効果のある薬品を取り、それを開けた缶コーヒーに入れて佳織に渡したのだった。
「気がついたか?」
30分ほど後、俺はうっすらと目を開けた佳織に聞いた。
「秋紀君、私は…」
佳織は身体を動かそうとしたが、動くはずはなかった。

俺は佳織が眠っている間に、応接用の少し大きめの机を縦方向に垂直に立て、4本の脚が室内に向くようにして、壁にくっつけた。
「くっ・・・」
佳織は両腕を上になった2本の脚にほぼ水平に縛られ、両脚は広げられて、下の2本の脚にくくりつけられていた。

「秋紀君、何の冗談かな。 離してくれないか」
佳織は珍しく少し大きな声で出した。きっと俺の顔には卑猥な笑みが浮かんでいたのだろう。
「秋紀君、お願いだ。離してくれないか」
いつもは表情の乏しい顔に僅かに狼狽の色が漂っている。
考えてみれば、佳織のこんな顔を見るのは初めてだ。

「佳織があんまりかわいいからさ」
「そんな・・・」
佳織は身をよじっているが、スカートに包まれた腰だけが艶かしく動いていた。
「もうこんなになっちまったんだ」
俺は、おもむろにズボンを下げ、膨らんだトランクスを佳織に見せると、
「くっ!」
佳織は汚いものを見るように顔をそむけたが、俺はかまわずペニスを引っ張り出し、拘束した彼女の足元にひざをついた。

「このむちむちした脚、たまらないぜ」
佳織は横を向いたまま、硬く目を閉じていたが、俺は魅力的な太ももに顔を近づけ、その匂いを嗅ぎ始めた。
「ふう・・・、これ・・・」
俺の熱い吐息が自分の太ももにかかるのが、佳織にも感じられるはずだった。
佳織を拘束したときから、俺のペニスはびんびんになっていた。
俺の目は、紺のスカートから伸びる白い太ももに釘付けだった。

(これがあの佳織のの太ももか…)
俺は興奮を隠し切れなかった。
いつも遠くから見るだけだった太ももが、舌をほんの少し伸ばせば届く位置にあった。
すべすべした、それでいてきめの細かい肌だった。
(ううう・・・、すげえぜ・・・)
今すぐにも触りたいのを我慢しながらその甘い匂いを嗅ぎつづける。

佳織の白い太ももが少し震えているようだった。
しばらくその様子を眺めていたが我慢できなくなって、とうとう目の前に彼女の太ももに手を伸ばした。
(あぁ、これがあの佳織の太ももか…)
そこに触れた瞬間、その何とも言えない感触に俺は感激していた。
「ううっ・・・」
佳織の太ももの感触は最高だった。

細いが、それでいてむっちりして張りがあり、指先で押し込むようにすると、適度な弾力で押し返してくる。
太ももの後ろ側にも手を回して、その感触を堪能した。
そのスベスベした感触に我慢できなくなり、下の着衣を脱ぎ捨てると、勃起したペニスを佳織の太ももに押し付けた。

左右の太ももの内側を使って、いきり立ったペニスを刺激すると、女性器とは異なる感覚に頭の中が白くなっていく
「ほんとうにたまらない感触だぜ・・・」
俺は、白い夏用セーラー服の胸元に手を伸ばした。
「秋紀君・・・」
Tシャツなど肌に密着した服装だと、胸のふくらみははっきりと見てとれるが、ゆったりしたセーラー服では、胸の大きさはわかりにくいものだが、佳織の胸元は豊かな盛り上がりを見せていた。

「うぅっ!」
セーラー服越しに両手で乳房を揉むと、佳織の綺麗な黒髪が大きく左右に揺れた。
「思ったとおり、大きなおっぱいだぜ」
「くっ・・・、んん・・」
「さあ、佳織のおっぱいを見せてもらおうかな…」
「ううっ・・・」
俺が制服の襟に手をかけると、佳織の肩が震えた。

「秋紀君、やめて!」
今まで必死に声を押し殺して恥辱に耐えていた佳織が、ついに叫び声をあげた。
普段の彼女からは想像もつかないような声だったが、今の俺にとっては興奮剤にしかならなかった。
俺は、セーラー服の襟を手前に引っ張って、その間から佳織の胸を覗き込んだ。
黒い佳織らしいレースのブラジャーの間の大きな谷間が俺の目を刺激した。
「思った通り、かなり大きいおっぱいみたいだな」
「やめて・・・」
佳織の胸の谷間は、かすかに汗をかいているようだ。

俺は、おもむろにセーラー服の 裾に手をかけて、一気に捲り上げると、先ほどのブラジャー全体が姿を現した。
「んんん…」
佳織は必死に恥辱に耐えるように目を閉じている。
両手の平でブラジャーを押さえつけるようにすると、佳織の柔らかい乳房の感触が伝わってくる。

「いや、駄目・・・」
俺はしばらくブラジャー越しに乳房を感じると、その薄い布を上方にたくし上げた。
「あ、あぁ…」
佳織は不自由な身体をよじったが、その仕草はかえって俺の官能を揺さぶるだけだ。
部屋の明かりにさらされたピンク色の乳首がまぶしい。
「柔らかくて形のいいおっぱいだな・・・」
「見ないで・・・」
佳織は、俺をにらんでいたが、乳房を揉み込むと堅く目を閉じた。


欲望に勝てなかった俺1  2



「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 中学生セーラー服制服脚拘束乳首おっぱい先生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻との体験】若き性欲(1)
2017/06/28 05:21
2017/06/28 05:21
中学1~3年に掛けての話だ。 真面目に学校にも通い、クラブにも参加し日々を過ごしていた。 ただ、性に関しては人一倍興味があった!小学生の頃、友達と毎日のようにかくれんぼ・缶蹴りに明け暮れた。 今から考えると何がそんなに楽しかったのかは判らないが、毎日が充実していた。 リーマンの今とは大違いだ! 缶蹴りには、かくれんぼと鬼ごっこの2つを同時にできる楽しみがある。 これがおもしろい物で、子供が隠れるようなところにはなぜかエロ本がよく見かけれるのはなぜ? 毎日毎日おもしろいくらいに見つかる♪ たまに、『わざと置いてくれてねぇ??』な~んて勝手に妄想。 でも、なぜか人妻物が多かったんだなぁ~こ…
【妹】妹の友達とのH体験 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/26 18:32
2017/07/26 18:32
そんな妹が大学1年の頃、俺は就活で結構家にいたりしてたんだよね。 だから妹の連れてくる友達とはしょっちゅう顔を合わせてる状態だった。 高校の友達でプーの友達とかよく来てて、そんな中でなぜか俺によく喋り掛けてくる子がいた。 ナミというその子はプー太郎でして、週に1回はうちに顔出してたんじゃないかな。 リビングを占領してるもんだから、必然と挨拶もするし少し会話もする。 ある日いつものようにナミが遊びに来てて、俺は自分の部屋で卒論を書いてた。 ドスドス階段を登る音がしたかと思ったら、突然ノック無しで妹とナミが入ってきた。 「なんだよ!ノックぐらいしろよ!」 「イィ~じゃぁ~ん、別にぃ~~」 ズカ…
店員さん。
2015/12/11 11:38
2015/12/11 11:38
レストランの店長として働くお姉さんがいる(笑)彼女は、責任感のあることが評価され店を仕切る雇われ店長さんだ。レストランを経営する女性オーナーとは、以前から知り合いで、時々その店にも脚を運び、食事をしたことは何度もある。友人とか、知人を連れて行く事もしばしばあった。そんな時にホールで手際よく作業をする彼女を見ていた矢先の店長抜擢だった。 彼女が店長になってからも数回お茶したり食事をしたりしていたある日、 レストランの近くのショッピングモールに寄って、ぶらぶらしていた時に、 偶然彼女に声を掛けられた(笑) 彼女が俺に『よかったら、早めに来て下さったら、美味しい珈琲を…
水着の山でオナニー
2016/02/11 10:05
2016/02/11 10:05
高校の時の事で悪いんだが、俺は高校の時、水泳部だった。 水泳部自体は実力が無いんだが、なぜか設備は充実していて(サウナとかあったし) 部員は男子5人、女子25人(男子少なっ!!女子が多すぎるとも言えるが・・・) まあそれである日の事。部活が終わって片付けをしている時に、 俺はビート版(分からん奴は自分で調べろ)の積んである棚を、 ミスって思いっきりひっくり返してしまった。 当然、直すのを誰も手伝ってくれず、 直し終わったときにはみんな帰っていた。 俺も帰ろうとして更衣室に向かおうとしたんだが、 俺の目に女子更衣室の窓が 開いてるのが入った。 女子更衣室の窓は体育館裏の誰も行かないような所向きに…
俺君とAさんとBちゃん5
2018/04/04 09:01
2018/04/04 09:01
この1ヶ月はAさんとは飲んでいるのですが、実行はしていません。 本当は22日に会う予定だったのですが、 やはり嫁としては前回俺に見られたというのが少しショックだったようで 時間を置いてみようと話してそうなりました。 今週末に会うかもしれませんがそれも未定です。 こうやってショックだったようで、と書くと凄く強いイメージになってしまいますが、 嫁としてはびっくりしたという感じです。 やはりSEXしたと俺が判っている(見られて無い)っていうだけと 実際に見られた、では嫁の中でも全然違っていて、そういう部分でかなり不安になったようです。 何度も俺に「嫌いになって無い?」と聞いてくる等、少し不安定だっ…
ネトゲの謝礼にチャットでオナニーを見せてもらった【エロ体験談】
2017/01/20 13:10
2017/01/20 13:10
とあるネットゲームに没頭していた頃のハナシ。

俺のネームは「ルドルフ」

ある日「若葉」というネームから、「ルドルフさん。○○の情報を流して欲しい・・・」との内容のメールがきていた。

気持ちが悪いので、しばらくは無視してた。

それでも頻繁にメールがくるので「ふざけんな!!!」と返信。

しかし懲りずにメールはくる。今までと違いリンクが張ってある。

恐る恐るクリックすると女子の写真が4枚表示された。顔が鮮明に解かるものではなかったけど、ネックレスなどから全て同じ女子のものだと思った。

「誰?」と返信。

すぐに「私です・・・お礼はします。どうか情報流して・・・お願い」ときた。

僕は邪…
【近親相姦体験告白】姉ちゃんとのH体験
2015/09/27 00:45
2015/09/27 00:45
僕は高1、姉ちゃんは25才。 両親が知り合いの家に飲みに行って留守の時、部屋でエロ本を見ながら オナニーしていると合コンに行った姉ちゃんが帰ってきた。 意外に早かったので、相手がハズレだったんだなと思いながら気にせず オナニーを続けていた。 すると突然ノックもなしに姉ちゃんが部屋に入ってきた。 慌てて隠したがシッカリと見られたようで 「コ?ちゃ?ん…?オナニーしてたのぉ??邪魔しちゃったかなぁ??」 と、かなり酔っていた。 「気にしないで続けてぇ?」 r>そう言われても姉ちゃんが横に座ってジッと見られて出来るはずもなく 「ん?しないのぉ??ガマンは体に毒よぉ?」 …
人妻弁護士とセフレになって2年になります
2017/02/07 18:00
2017/02/07 18:00
人妻弁護士の純子(42歳)とセフレになって2年になります。
勉強会で知り合いました。
やり手の弁護士だというのに、飲み会でお酒が入ると可愛い感じ。
年の割にスリムで男好きのする体つきではありました。



二次会で二人になった時、太ももに手をやると、そのまま触らせてくれたので、嬉しくて、そのまま彼女の法律事務所へ行き、暗い執務室で初めてやってしまいました。
自分の仕事机にうつ伏せにさせて、スカートを捲し上げ、後ろから入れました。
びっくりするくらい大きな声で叫び、仰け反りました。
私も興奮して、そのまま1回。
椅子に座って跨がらせて、乳首を吸いながら、もう一回中出ししました。
それ…
生徒の母親を好きになり、その娘とも関係がありましたが、結局母親と結婚しましたw
2016/09/29 22:11
2016/09/29 22:11
俺は現役教師ですが、生徒の母親を好きになり、その娘とも関係がありましたが、結局母親と結婚しました。
その後の生活について報告します。

まもなく夏休みも終わろうとしてますが、非常に有意義な夏休みでした。
妻(バツ1・36歳)は、娘(チカコ・18歳)と俺が親密になるのを恐れていたが、最近はお構いなしの状態である。

妻はお盆過ぎ以降は普通通り仕事に行く。
よってそれ以降は俺と娘の2人きりの時間になる。




日中はソファーに重なるようにして座り、テレビを見ながら娘のオッパイを触っている。
時々「いやぁん感じるぅ」などとふざけているが、乳首はすぐ立ってしまう18歳だ。
時折一緒にお…
【初体験】体を張って解雇を阻止したパートの奥さん
2016/12/29 06:00
2016/12/29 06:00
もう10年以上前の話。私は大学を卒業して、飲食店チェーンの会社に就職しました。その会社では、大卒は1年間半の研修を終えたら各店舗にマネージャー(店長)として配属されるシステムで、私も2年目の秋からとある店舗にマネージャーとして勤めていました。 配属されてから数ヶ月経った時、本社から収益が上がっていないのでアルバイトを1人解雇するよう通知が来ました。解雇するなんて経験なかったし、気が進まない仕事でしたが仕方ありません。 そこで色々考えた末、斉藤さんという当時38歳のパートさんに辞めてもらう事にして、マネージャー室に呼び出しました。彼女にその事を告げると当然慌てました。 「…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・痴漢専用車

・彼女の裸

・■エロの中出しが好きな主婦です

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・拾った女子高生7

・とてつもなく可愛くてフェラ上手な24歳

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・JKの露出14

・初めての3Pは女友達とその友達とでした

・嫁が妊娠中だから仕方なく超スローセクロスしたら結果wwwwwww

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・【痴漢・レイプ】彼氏のこと犯したった その3

・私っておかしいですか?

・僕はいつも以上に大きくなったモノを・・・

・【衝撃】嫁がオナニーしてるのwwwww見てしまったwwwwwwww

・憧れの先輩の唇は男の人とは違う柔らかさだった

・彼女の友人女が逝ったこと無いって言うので・・・

・営業に来た女性を口説き落として生ハメ

・妻子持ちの上司に処女を奪われた20歳のOL

・ビーチで埋まってる俺をJK3人組が囲んでイタズラし始めた

・【人妻体験談】密着状態の花火大会でヒップアタック責めの逆痴漢をしてきた子持ち淫乱痴女な他人妻

・すごくビックだった英会話教室の白人の先生

・押しに弱いJKは、生理でも簡単にやらせてくれました

・友達の彼女が穿いていた白いパンスト

・部屋の鍵を抜き忘れて出掛けた隣のOL

・人妻の家で旦那の留守にHするのは興奮するけど緊張もハンパない

・【驚愕】手●ンした指を女に嗅がせた結果wwwwwwwwwwww