寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】欲望に勝てなかった俺(1)

2018/06/15 05:57




俺、中学校の3年生である。
おれの学校は地域では有名な私立中学校で、いわゆるお金持ち学校と言われているところだ。

親は、政治家、医者、一流企業役員などで、成績優秀で活発な感じの生徒が多い。
最近の女子中学生は身体の発育がよく、制服のスカートも短いため、学校内のどこにいても、むっちりした太ももが目に飛び込んでくる。

毎日目の保養にはなるのだが、ただ見ているだけでは我慢できなくなってくる。
(思う存分撫で回してみたい、あの匂うような股間に顔をうずめてみたい…)
そんな淫らな欲求に勝てなくなってくるのだ。

ある日の夕方、俺は理科の教師の指令で化学準備室にいた。
余談になるが、俺は理科の学力ならばこの学校のみならず全国でもトップクラスだ。鼻歌を歌いながら一人で翌日の授業の実験の準備をしていると俺の親友の一人、黒崎佳織が入ってきた。

彼女と知り合ったのは中学に上がってからだが、今ではどんな友人よりも親しい間柄になっている。
ショートボブの黒髪に、中学生にしては大人びた顔つきをしており、身体つきも男を誘惑するような雰囲気をもっている。

性格も冷静沈着でめったなことでは表情を崩さなし、学業も常に学年トップだ。(再び余談になるが、彼女が唯一トップを勝ち取れなかったのは理科だけである。)
まさにパーフェクトな存在だ。
多少ミステリアス(普通の女子生徒にはない変わったしゃべり方をする)で、とっつきにくいところがあるが、それでもそんな彼女に憧れている生徒は学内にも大勢いる。
かく言う俺もその一人だ。 

「佳織じゃないか。こんな時間にどうしたんだ?」
「秋紀君、先週の実験のことで質問したいことがあるんだけど」
森の中の泉の様に静かで、それでいてよく通る声だった
彼女の質問に答えることができる生徒は学年中探しても俺くらいだろう。 もっとも得意の理科だけだが・・・

「この本には、先生に教えてもらったこととは違うことが書いてあるん・・・」
佳織は1冊の本を開きながら俺に近づくと、机の上に広げた。
それは一般には読まれることの少ない専門書だった。

「相変わらずすごいな、おまえは・・・。こんな難しい本を読んでいるのか」
「それほどでもないよ」
「この本は俺も持ってるけど、特に難しい内容なんだ」
「そうなんだ」
「で、どこだ?」
「うん。ここなんだが・・・」
彼女に顔を近づけるように本を覗き込むと、女性特有の甘い匂いが男の脳を刺激する。

「これは最近の化学者の研究でわかってきたことなんだ」
「なるほど、だから教科書にも載っていなかったのか・・・」
「先生が教えたことも間違いじゃないんだ」
「うん・・・」
佳織が顔を少し俺のほうに向けると、サラサラの黒髪が俺の顔にかかるようだった。

「この内容は難しすぎて授業では教えないことになっているんだ」
「うん・・・」
「それに、先生が授業で説明した内容で十分だろうしな」
「なるほど、わかったよ」
教えを受けるときの佳織は、どこまでも素直である。
覗き込むような形になっている佳織のセーラー服の胸の間から、わずかに佳織の胸のふくらみが見えそうだった。

俺の中で抑えていた欲望がはじけた。
俺はこの可憐な女生徒に黒い想いを抱いていた。
「ちょっとコーヒーでも飲まないか?」
「いや、私は・・・」
「いいからいいから、こんなときのためにこそっと冷蔵庫の中にコーヒー入れといたんだ」
俺は冷蔵庫から缶コーヒーを2本取り出し、フタを開けた1本を佳織に渡した。

「さっ、遠慮するなよ」
「それじゃあ、ありがたく頂くよ」
佳織はコーヒーを飲んでいる。その度に彼女の白いのどが艶かしく動く。
全部飲み終わるころには、彼女は身体がけだるそうになっていた。
「秋紀君。私なんだか・・・」
そう言いながら、佳織は飲み終えた缶をなんとか机に置くと、その上に覆いかぶさるようにして眠ってしまった。

準備室には、いろいろな薬品が揃えてある。
俺は冷蔵庫を開ける前に、即効性の睡眠効果のある薬品を取り、それを開けた缶コーヒーに入れて佳織に渡したのだった。
「気がついたか?」
30分ほど後、俺はうっすらと目を開けた佳織に聞いた。
「秋紀君、私は…」
佳織は身体を動かそうとしたが、動くはずはなかった。

俺は佳織が眠っている間に、応接用の少し大きめの机を縦方向に垂直に立て、4本の脚が室内に向くようにして、壁にくっつけた。
「くっ・・・」
佳織は両腕を上になった2本の脚にほぼ水平に縛られ、両脚は広げられて、下の2本の脚にくくりつけられていた。

「秋紀君、何の冗談かな。 離してくれないか」
佳織は珍しく少し大きな声で出した。きっと俺の顔には卑猥な笑みが浮かんでいたのだろう。
「秋紀君、お願いだ。離してくれないか」
いつもは表情の乏しい顔に僅かに狼狽の色が漂っている。
考えてみれば、佳織のこんな顔を見るのは初めてだ。

「佳織があんまりかわいいからさ」
「そんな・・・」
佳織は身をよじっているが、スカートに包まれた腰だけが艶かしく動いていた。
「もうこんなになっちまったんだ」
俺は、おもむろにズボンを下げ、膨らんだトランクスを佳織に見せると、
「くっ!」
佳織は汚いものを見るように顔をそむけたが、俺はかまわずペニスを引っ張り出し、拘束した彼女の足元にひざをついた。

「このむちむちした脚、たまらないぜ」
佳織は横を向いたまま、硬く目を閉じていたが、俺は魅力的な太ももに顔を近づけ、その匂いを嗅ぎ始めた。
「ふう・・・、これ・・・」
俺の熱い吐息が自分の太ももにかかるのが、佳織にも感じられるはずだった。
佳織を拘束したときから、俺のペニスはびんびんになっていた。
俺の目は、紺のスカートから伸びる白い太ももに釘付けだった。

(これがあの佳織のの太ももか…)
俺は興奮を隠し切れなかった。
いつも遠くから見るだけだった太ももが、舌をほんの少し伸ばせば届く位置にあった。
すべすべした、それでいてきめの細かい肌だった。
(ううう・・・、すげえぜ・・・)
今すぐにも触りたいのを我慢しながらその甘い匂いを嗅ぎつづける。

佳織の白い太ももが少し震えているようだった。
しばらくその様子を眺めていたが我慢できなくなって、とうとう目の前に彼女の太ももに手を伸ばした。
(あぁ、これがあの佳織の太ももか…)
そこに触れた瞬間、その何とも言えない感触に俺は感激していた。
「ううっ・・・」
佳織の太ももの感触は最高だった。

細いが、それでいてむっちりして張りがあり、指先で押し込むようにすると、適度な弾力で押し返してくる。
太ももの後ろ側にも手を回して、その感触を堪能した。
そのスベスベした感触に我慢できなくなり、下の着衣を脱ぎ捨てると、勃起したペニスを佳織の太ももに押し付けた。

左右の太ももの内側を使って、いきり立ったペニスを刺激すると、女性器とは異なる感覚に頭の中が白くなっていく
「ほんとうにたまらない感触だぜ・・・」
俺は、白い夏用セーラー服の胸元に手を伸ばした。
「秋紀君・・・」
Tシャツなど肌に密着した服装だと、胸のふくらみははっきりと見てとれるが、ゆったりしたセーラー服では、胸の大きさはわかりにくいものだが、佳織の胸元は豊かな盛り上がりを見せていた。

「うぅっ!」
セーラー服越しに両手で乳房を揉むと、佳織の綺麗な黒髪が大きく左右に揺れた。
「思ったとおり、大きなおっぱいだぜ」
「くっ・・・、んん・・」
「さあ、佳織のおっぱいを見せてもらおうかな…」
「ううっ・・・」
俺が制服の襟に手をかけると、佳織の肩が震えた。

「秋紀君、やめて!」
今まで必死に声を押し殺して恥辱に耐えていた佳織が、ついに叫び声をあげた。
普段の彼女からは想像もつかないような声だったが、今の俺にとっては興奮剤にしかならなかった。
俺は、セーラー服の襟を手前に引っ張って、その間から佳織の胸を覗き込んだ。
黒い佳織らしいレースのブラジャーの間の大きな谷間が俺の目を刺激した。
「思った通り、かなり大きいおっぱいみたいだな」
「やめて・・・」
佳織の胸の谷間は、かすかに汗をかいているようだ。

俺は、おもむろにセーラー服の 裾に手をかけて、一気に捲り上げると、先ほどのブラジャー全体が姿を現した。
「んんん…」
佳織は必死に恥辱に耐えるように目を閉じている。
両手の平でブラジャーを押さえつけるようにすると、佳織の柔らかい乳房の感触が伝わってくる。

「いや、駄目・・・」
俺はしばらくブラジャー越しに乳房を感じると、その薄い布を上方にたくし上げた。
「あ、あぁ…」
佳織は不自由な身体をよじったが、その仕草はかえって俺の官能を揺さぶるだけだ。
部屋の明かりにさらされたピンク色の乳首がまぶしい。
「柔らかくて形のいいおっぱいだな・・・」
「見ないで・・・」
佳織は、俺をにらんでいたが、乳房を揉み込むと堅く目を閉じた。


欲望に勝てなかった俺1  2



「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 中学生セーラー服制服脚拘束乳首おっぱい先生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢体験談】友達にレイプされました
2017/02/23 01:43
2017/02/23 01:43
元同級生に犯されました。中学、高校と仲のいい友達だったんです。A君もB君も・・・それなのにすごくショックです。昔からよく3人で遊んでました。大学生になった今も週に1回は集まって遊んでた仲だったのに。ある日、3人でAの部屋で飲んでたんです。それこそしょっちゅうこ~ゆ~事はありました。その日はAが彼女とケンカしたらしく荒れてました。慰めながら3人で飲んで飲んで・・・酔いつぶれてそのまま雑魚寝です。何か息苦しくなって目を覚ましました。-----するとAが私のブラジャーを押し上げで乳首を吸っていたのです。びっくりして 「何してるのよ」 といいながら押しのけようとしました。「ホントはお前が好きなんだよ…
ルームシェアしてる友達の彼女と
2017/01/08 08:49
2017/01/08 08:49
オレはルームシェアをしています。男ばかりで。 そのうちの一人の友達には、真希ちゃんという優しく綺麗な彼女がいます。 真希ちゃんは性格もよく、浮気など考えられないような真面目な子です。 しかし、約半年前から彼女は・・・。 男所帯にご飯を作りに来てくれる優しく可愛い真希ちゃんは、一度は付き合ってみたいと思うアイドル的存在でした。 そんな真希ちゃんがある日、オレが帰宅すると台所で泣いていました。 「どうしたの?」と聞くと彼氏と喧嘩して彼氏が怒って出て行ったらしく、気の弱い彼女は怖くて泣いていたそうです。 「でもK君(オレ)が居てくれるから気が和らいだ」と真希ちゃん。 可愛い子だな、な…
年下に可愛がられる妻
2018/01/13 21:31
2018/01/13 21:31
 もう10年以上も前の話になるんだけど、その頃、俺は単身赴任で妻と別居していた。妻は医療系の資格をとるために、離れた場所で大学に通ってた。30前だから社会人入試ってやつね。まわりは当然若い男ばっかり(まぁ女の子も多い)。浮気なんて思いつきもしない俺は、たまたま帰省したとき、テーブルにおいてある嫁の携帯がふと目に留まった。嫁はシャワー中、妙にときめいて中をのぞいてみた。女性からの電話にまじって男とおぼしき名前もちらほら。「ま~付き合いだからな」とか考えながら、メールをチェックすると、特定の男との会話がやたら目立つ(S君とする)。殆どは、たわいもない授業のことや飲み会の連絡なんだけど、時々、ドキド…
☆隣に越してきた女子大生を盗撮したら、変態スクワットしてた【転載禁止】
2017/03/11 01:22
2017/03/11 01:22
俺は29歳の社会人で、一人暮らしをしてる。ここ二年ほど彼女がいなくて、オナホとエロタレストが彼女みたいなものだ。それが、この春隣に女子大生が引っ越してきたことで、多少変わった。と言っても、その子と付き合い始めたとかじゃなくて、おかずが増えたという程度の話だ。



その子は、いかにも一人暮らし始めました! 新生活スタートです! みたいな初々しい感じで、垢抜けない感じはあるが、なかなか可愛い子だった。たぶん、身長は160cm位で痩せ型、胸はそこそこある感じだ。服装と薄いメイクのせいもあるのか、まだ少女という印象だ。
さすがに、それだけでおかずにするほど俺もロリではない。

俺が彼女を…
パンストで亀頭責めされて男の潮吹き初体験
2017/07/29 12:19
2017/07/29 12:19
俺は長らく風俗から離れていた・・・が、不意に行きたくなるのも人の性。 ポイントカードなんて作るんじゃなかった。 そんなわけで、俺は久々に繁華街へ繰り出したのだ。 狙うはネットで写真を見て決めたMちゃん。 もちろん、店のスレを見て変な噂が出てないかはチェック済みだ。 そのMちゃんはとてもサービス精神が強い子だった。 一番覚えているのは、一通りプレイが終わった後のこと。 「ねえ、何か忘れ物してない?」 Mちゃんの言葉に、「うん、何もないよ」とアホな返しをした俺。 「ほら・・・んーっ」 なんとMちゃん、目を閉じて唇を突き出してきたのだ。 お別れのキスのお誘いである。 ふふん、…
ついに見た!母の不倫現場!【エロ体験談】
2017/11/06 15:10
2017/11/06 15:10
母親(43歳)が今年から市内のほかほか弁当屋でパートを始めた。

まぁ俺も来春は大学(受かれば)だし、何かと金もかかるだろうし、家計も大変なんだろう。

先日(今年の春先)、郵便局から模試の受験料を払込まなければいけない日だったので、母親のパート先にお金を貰いに寄った。

「どーもー、いるぅー?」と言いながら、弁当屋の裏から入ったけど誰もいなかった。

帰ろうとしたら、そこのトイレから母が怪訝な顔で出てきて「あっ」と小声をあげた。

その母のすぐ後から若い店長(30代前半?)も、ズボンのチャックを上げながら出てきた。

一瞬、気まずい空気だったけど、俺は何故か明るく「まいったぁ、模試のカネ1万…
【妹との告白体験談】 迎えに来てもらった後に…
2016/04/25 15:45
2016/04/25 15:45
私は都内の某企業のOLをしています。この不況の中、うちの会社は業績を伸ばし、毎日忙しい日々を送っていました。そんな中、先月のとある週末…日ごろから頑張っている私たち社員にささやかな御褒美として、会社もちの飲み会がありました。みんな飲んで食べて大いに騒いでいました。私も同僚の女の子達とワイワイやっていました。時間も忘れ騒いでいたらいつの間にか終電の時間になっていました。私は慌てて帰り支度をして、みんなより一足先に帰宅しました。私は家族と同居していて、郊外のちょっと田舎に住んでいるので、余り遅い時間になると電車が無くなってしまうのです。かといってタクシーで帰るには遠すぎる距離なので、もっと皆と…
泥酔した義理姉にたまらず挿入
2017/04/11 00:16
2017/04/11 00:16
981 :えっちな18禁さん :2014/07/13(日) 07:29:18.87 先週義姉をお持ち帰りというか一緒に帰って酔った勢いで抱いた。 義姉は兄の奥さんで兄は単身赴任中。 家には普段は母親が居るが、友達たちと温泉旅行へ出かけてた。 普段から義姉の買い物に付き合ったり出かける時に車で送ってあげたり たまにランチを一緒に食べたり仲がよく。 先週は、たまには外に飲みに行こうということになって 俺は仕事帰りに待ち合わせて義姉と合流。 久しぶりに外で飲んだせいか、義姉はテンション高くハイペースで飲んでた。 2時間飲んだら泥酔状態。 だいぶ酔ってるからと義姉とタクシーに乗って…
女湯覗いたら見つかって、女の子達に手コキされた
2016/07/13 06:00
2016/07/13 06:00
会社の研修のときのことです。
いまの会社って新卒者に対して4月の入社までに何日かかけて研修やりますよね。
その研修の最終日に、一泊二日で泊まりました。その日の夜、研修最終日ということもあって酒を飲みまくり、男女関係無く下ネタ話をしまくったりして気分はハイテンション。んなハイテンションのままそいつらで風呂に入ったわけですが・・・・


「石川さん!(オレのこと)、女風呂見えますよ!」
覗きとかそういうのは無縁だったオレの興奮度は一気に上昇!
そこの風呂は男湯と女湯は完全に仕切られていて、女湯の話し声すら一切聞こえない。
しかし、大窓を開けるとベランダみたいな通路があり…
妹の成人式&成人記念旅行
2015/12/04 06:00
2015/12/04 06:00
以前に「妹とずっと一緒」を書いたバカ兄です。思い出に強くのこってる妹の久美の成人式&成人記念旅行を書きたいと思い、またここに来ました。
妹の久美が20歳になって、とうとう成人となった。5年前のことだけど。俺としてはすごくインパクトがあったし、忘れられない。この成人式&成人記念旅行が俺と久美が離れられなくなったというか、心底愛し合うようになったきっかけだから。お互いの気持ちを確認した日だった。


成人式の1か月前に俺から久美へプレゼントで兄妹で伊豆の温泉旅行を決めた。
成人式の翌日から2泊3日の温泉&ドライブ。
俺は大学は休みだし。久美も休み。
「お兄ちゃん…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・旦那に買ってもらった振袖を着て元カレと中出しエッチ

・研修会で年上の女性と出会って人生が変わった

・貧乳に悩む妹の相談中に発情して近親相姦したったwwwwwwwwwww

・高校時代 四

・中出しをせがんできた32歳のバツイチ

・おばちゃんにやらせて下さいと訴えた

・【乱交】修学旅行中にギャルな同級生とサルのようにやりまくった

・あまり抵抗しなかった女

・複数の男性に連続で中出しされるのが大好きな変態女です

・【人妻体験談】試着室で水着に着替えていたら、床上手なおじさんにレイプされた巨乳主婦

・井上和香似なキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

・駅ホームの待合室で露出してたらフェラさせられた

・【悲報】淫行でパクられたけど質問ある?

・世間は狭いデリヘル嬢がPTA役員

・エロい若妻(o^^o)

・母がヤクザに調教された

・浮気元妻の因果応報

・妻が教え子に犯された 2

・元カノから、ハガキが届いて吃驚した

・【不倫】還暦まで独身を通してきましたが、実は淫乱熟女です

・本気で妊娠させるつもりで犯して欲しいと思う変態な私

・仲のいいセフレ2

・同級生を奴隷にした話 2

・高校時代 三

・ヌルンヌルンに濡らして感じてくれた26歳の美人妻

・クラブでナンパしたビッチな巨乳女子大生

・高校時代 二

・【熟女体験談】出会い系が趣味の専業主婦が4P乱交の耐久セックス

・処女だった元高校生バイトに何度も中出し

・犯されると勘違いした母を本当に犯した