寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】欲望に勝てなかった俺(1)

2018/06/15 05:57




俺、中学校の3年生である。
おれの学校は地域では有名な私立中学校で、いわゆるお金持ち学校と言われているところだ。

親は、政治家、医者、一流企業役員などで、成績優秀で活発な感じの生徒が多い。
最近の女子中学生は身体の発育がよく、制服のスカートも短いため、学校内のどこにいても、むっちりした太ももが目に飛び込んでくる。

毎日目の保養にはなるのだが、ただ見ているだけでは我慢できなくなってくる。
(思う存分撫で回してみたい、あの匂うような股間に顔をうずめてみたい…)
そんな淫らな欲求に勝てなくなってくるのだ。

ある日の夕方、俺は理科の教師の指令で化学準備室にいた。
余談になるが、俺は理科の学力ならばこの学校のみならず全国でもトップクラスだ。鼻歌を歌いながら一人で翌日の授業の実験の準備をしていると俺の親友の一人、黒崎佳織が入ってきた。

彼女と知り合ったのは中学に上がってからだが、今ではどんな友人よりも親しい間柄になっている。
ショートボブの黒髪に、中学生にしては大人びた顔つきをしており、身体つきも男を誘惑するような雰囲気をもっている。

性格も冷静沈着でめったなことでは表情を崩さなし、学業も常に学年トップだ。(再び余談になるが、彼女が唯一トップを勝ち取れなかったのは理科だけである。)
まさにパーフェクトな存在だ。
多少ミステリアス(普通の女子生徒にはない変わったしゃべり方をする)で、とっつきにくいところがあるが、それでもそんな彼女に憧れている生徒は学内にも大勢いる。
かく言う俺もその一人だ。 

「佳織じゃないか。こんな時間にどうしたんだ?」
「秋紀君、先週の実験のことで質問したいことがあるんだけど」
森の中の泉の様に静かで、それでいてよく通る声だった
彼女の質問に答えることができる生徒は学年中探しても俺くらいだろう。 もっとも得意の理科だけだが・・・

「この本には、先生に教えてもらったこととは違うことが書いてあるん・・・」
佳織は1冊の本を開きながら俺に近づくと、机の上に広げた。
それは一般には読まれることの少ない専門書だった。

「相変わらずすごいな、おまえは・・・。こんな難しい本を読んでいるのか」
「それほどでもないよ」
「この本は俺も持ってるけど、特に難しい内容なんだ」
「そうなんだ」
「で、どこだ?」
「うん。ここなんだが・・・」
彼女に顔を近づけるように本を覗き込むと、女性特有の甘い匂いが男の脳を刺激する。

「これは最近の化学者の研究でわかってきたことなんだ」
「なるほど、だから教科書にも載っていなかったのか・・・」
「先生が教えたことも間違いじゃないんだ」
「うん・・・」
佳織が顔を少し俺のほうに向けると、サラサラの黒髪が俺の顔にかかるようだった。

「この内容は難しすぎて授業では教えないことになっているんだ」
「うん・・・」
「それに、先生が授業で説明した内容で十分だろうしな」
「なるほど、わかったよ」
教えを受けるときの佳織は、どこまでも素直である。
覗き込むような形になっている佳織のセーラー服の胸の間から、わずかに佳織の胸のふくらみが見えそうだった。

俺の中で抑えていた欲望がはじけた。
俺はこの可憐な女生徒に黒い想いを抱いていた。
「ちょっとコーヒーでも飲まないか?」
「いや、私は・・・」
「いいからいいから、こんなときのためにこそっと冷蔵庫の中にコーヒー入れといたんだ」
俺は冷蔵庫から缶コーヒーを2本取り出し、フタを開けた1本を佳織に渡した。

「さっ、遠慮するなよ」
「それじゃあ、ありがたく頂くよ」
佳織はコーヒーを飲んでいる。その度に彼女の白いのどが艶かしく動く。
全部飲み終わるころには、彼女は身体がけだるそうになっていた。
「秋紀君。私なんだか・・・」
そう言いながら、佳織は飲み終えた缶をなんとか机に置くと、その上に覆いかぶさるようにして眠ってしまった。

準備室には、いろいろな薬品が揃えてある。
俺は冷蔵庫を開ける前に、即効性の睡眠効果のある薬品を取り、それを開けた缶コーヒーに入れて佳織に渡したのだった。
「気がついたか?」
30分ほど後、俺はうっすらと目を開けた佳織に聞いた。
「秋紀君、私は…」
佳織は身体を動かそうとしたが、動くはずはなかった。

俺は佳織が眠っている間に、応接用の少し大きめの机を縦方向に垂直に立て、4本の脚が室内に向くようにして、壁にくっつけた。
「くっ・・・」
佳織は両腕を上になった2本の脚にほぼ水平に縛られ、両脚は広げられて、下の2本の脚にくくりつけられていた。

「秋紀君、何の冗談かな。 離してくれないか」
佳織は珍しく少し大きな声で出した。きっと俺の顔には卑猥な笑みが浮かんでいたのだろう。
「秋紀君、お願いだ。離してくれないか」
いつもは表情の乏しい顔に僅かに狼狽の色が漂っている。
考えてみれば、佳織のこんな顔を見るのは初めてだ。

「佳織があんまりかわいいからさ」
「そんな・・・」
佳織は身をよじっているが、スカートに包まれた腰だけが艶かしく動いていた。
「もうこんなになっちまったんだ」
俺は、おもむろにズボンを下げ、膨らんだトランクスを佳織に見せると、
「くっ!」
佳織は汚いものを見るように顔をそむけたが、俺はかまわずペニスを引っ張り出し、拘束した彼女の足元にひざをついた。

「このむちむちした脚、たまらないぜ」
佳織は横を向いたまま、硬く目を閉じていたが、俺は魅力的な太ももに顔を近づけ、その匂いを嗅ぎ始めた。
「ふう・・・、これ・・・」
俺の熱い吐息が自分の太ももにかかるのが、佳織にも感じられるはずだった。
佳織を拘束したときから、俺のペニスはびんびんになっていた。
俺の目は、紺のスカートから伸びる白い太ももに釘付けだった。

(これがあの佳織のの太ももか…)
俺は興奮を隠し切れなかった。
いつも遠くから見るだけだった太ももが、舌をほんの少し伸ばせば届く位置にあった。
すべすべした、それでいてきめの細かい肌だった。
(ううう・・・、すげえぜ・・・)
今すぐにも触りたいのを我慢しながらその甘い匂いを嗅ぎつづける。

佳織の白い太ももが少し震えているようだった。
しばらくその様子を眺めていたが我慢できなくなって、とうとう目の前に彼女の太ももに手を伸ばした。
(あぁ、これがあの佳織の太ももか…)
そこに触れた瞬間、その何とも言えない感触に俺は感激していた。
「ううっ・・・」
佳織の太ももの感触は最高だった。

細いが、それでいてむっちりして張りがあり、指先で押し込むようにすると、適度な弾力で押し返してくる。
太ももの後ろ側にも手を回して、その感触を堪能した。
そのスベスベした感触に我慢できなくなり、下の着衣を脱ぎ捨てると、勃起したペニスを佳織の太ももに押し付けた。

左右の太ももの内側を使って、いきり立ったペニスを刺激すると、女性器とは異なる感覚に頭の中が白くなっていく
「ほんとうにたまらない感触だぜ・・・」
俺は、白い夏用セーラー服の胸元に手を伸ばした。
「秋紀君・・・」
Tシャツなど肌に密着した服装だと、胸のふくらみははっきりと見てとれるが、ゆったりしたセーラー服では、胸の大きさはわかりにくいものだが、佳織の胸元は豊かな盛り上がりを見せていた。

「うぅっ!」
セーラー服越しに両手で乳房を揉むと、佳織の綺麗な黒髪が大きく左右に揺れた。
「思ったとおり、大きなおっぱいだぜ」
「くっ・・・、んん・・」
「さあ、佳織のおっぱいを見せてもらおうかな…」
「ううっ・・・」
俺が制服の襟に手をかけると、佳織の肩が震えた。

「秋紀君、やめて!」
今まで必死に声を押し殺して恥辱に耐えていた佳織が、ついに叫び声をあげた。
普段の彼女からは想像もつかないような声だったが、今の俺にとっては興奮剤にしかならなかった。
俺は、セーラー服の襟を手前に引っ張って、その間から佳織の胸を覗き込んだ。
黒い佳織らしいレースのブラジャーの間の大きな谷間が俺の目を刺激した。
「思った通り、かなり大きいおっぱいみたいだな」
「やめて・・・」
佳織の胸の谷間は、かすかに汗をかいているようだ。

俺は、おもむろにセーラー服の 裾に手をかけて、一気に捲り上げると、先ほどのブラジャー全体が姿を現した。
「んんん…」
佳織は必死に恥辱に耐えるように目を閉じている。
両手の平でブラジャーを押さえつけるようにすると、佳織の柔らかい乳房の感触が伝わってくる。

「いや、駄目・・・」
俺はしばらくブラジャー越しに乳房を感じると、その薄い布を上方にたくし上げた。
「あ、あぁ…」
佳織は不自由な身体をよじったが、その仕草はかえって俺の官能を揺さぶるだけだ。
部屋の明かりにさらされたピンク色の乳首がまぶしい。
「柔らかくて形のいいおっぱいだな・・・」
「見ないで・・・」
佳織は、俺をにらんでいたが、乳房を揉み込むと堅く目を閉じた。


欲望に勝てなかった俺1  2



「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 中学生セーラー服制服脚拘束乳首おっぱい先生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
中野さん(初!腟内発射編)
2017/06/06 00:01
2017/06/06 00:01
年が明けても俺達は順調に付き合い続けていた。2月14日、バレンタインデーに俺は中野さんの家にいた。 「年に1回の特別の日だから。一緒にいようよ。」 これを言ったのは中野さんだった。当日は学校をサボり、中野さんの家へ。ちょっとサボり過ぎだけど…。 部屋の中ではずっとイチャイチャしてた。中野さんからもらったチョコは手作りだったな。丸い形をしたチョコに、上に文字が刻まれていて横から順に見ていくと言葉になっている。書き込むのは恥ずかしいのでやめます…。 「これって手作りですか?」「もちろん!結構上手でしょ?」 俺はもらえた嬉しさに加え、手作りという事に感激に何度も笑顔でうなずいた。食べるのがもっ…
今となっては信じるしかない・・・
2016/07/05 20:01
2016/07/05 20:01
俺も自分の体験をメモ帳に書いてったんだが、途中で読み返してみると
ちょいスレ違いな部分もあり、内容の割りに長いしネタっぽく見える。

もう、15年くらい前の話。

彼女の名前を仮に友美とする。
彼女は高校卒業して大学に通うため、こっち(関東)に出てきて一人暮らし。
当時フリーターだった俺とはバイト先で知り合った。
彼女は元モー娘の石川梨華似かな。
はじめて見た時からかわいくて気になってて、俺から告白。
彼女は戸惑ってたけどOKしてくれて付き合うことになった。

彼女は明るくって無防備な子だった。
いかにも田舎から出てきたって感じで、成績は悪くないがアホ。
一人…
女って意外に日頃からムラムラしてるんだなって思ったエッチ体験
2017/09/04 16:02
2017/09/04 16:02
いきなりの展開でびっくりしたけど

エッチな事をしてきました。

女って意外に日頃からムラムラしてるんだなって

始めて感じて、今日から、女の見方や

女に対して、エッチを誘うのは、

意外に好評なんじゃないかって感じてきたね。

今日、ついさっきのことだけど

掲示板で会った女とヤってきた。

掲示板で「今から遊べる人募集!」みたいのがあって

何の気無しに開いたら、

スペック的にはおれ好みだったんで、

とりまメール

女のスペック

27歳160cmくらい

色白細身

白人っぽい顔立ちだが美人というほどでもない

メールでは、「どこで…
性欲がたまってたので舐め犬を募集 続編【エッチ体験談】
2015/11/09 05:10
2015/11/09 05:10
前編は以下のとおり 「○○さーん、シャワー浴びたよ」 と言い、麻呂がパンツ一枚の姿で近づいてきます。 「お願いがあるんだけど・・・シャワー浴びても、また下着付けて、 ワンピース着てくれる?脱がせたいんだけど」 お前が、私の服を脱がせるなんて、10年早いんだよ! と思いつつ、 「じゃあ、このまま脱がせてよ。ストッキングから脱がせて、 足から舐めて。シャワー浴びないから」 ちょっと可哀想かな?と思ったら、麻呂はなんと「え?いいの?・・・夢みたい・・・」 と言いながら、床にひざまづいて、私の足に触ってきます。 「すごいキレイな足だなーって、会った時…
【妹との告白体験談】 年末に41歳妹とセクス1回フ○ラ抜き二回
2016/05/12 13:12
2016/05/12 13:12
138:田舎もん:2012/01/26(木)09:51:51.95ID:+SJntPC9読んでくれた人達ありがとな。ちょっと前の記憶を誰かに聞いて欲しくて書いたんだけど。書くとスッキリするかなと思ったら逆だったな。頭の中を妹が、というか妹の体がぐるぐるしてな。たまらないんだよな。で、今から東京へ向かうんだ。 JA関係の新年会的な集まりがあって。明日の朝からなんだけど、今日の夜に新年会があるということを妹にメールした。 139:田舎もん:2012/01/26(木)09:55:27.89ID:+SJntPC9夜までの間、ちょっと寄るからと書いたらええーと言われたけど、いいよとなった。いけないこ…
渡辺さんとFカップな彼女
2018/04/27 21:01
2018/04/27 21:01
自分は今年の春頃まで無職で、その前に基金訓練という制度を利用させて貰っていました。 そこで講師をしていたインストラクターの先生と在校中から波長が合っていてお互いのプライベートなことなどを話したりして仲良くさせてもらっていました。 その時は連絡先の交換とかは出来なかったんですけど、もう一度会いたいという思いもあって就職が決まった際、別に必要はないんですけど報告を学校へしました。 その先生も気にかけていてくれたようで、在校中に冗談半分で言った「就職決まったらお祝いしてください」という言葉を覚えていてくれ、久しぶりに会うことが出来ました。 それをきっかけに連絡先の交換をし、一ヵ月後には正式にお付き合…
ママ友に人気の幼稚園の先生と対面座位で繋がっちゃった
2017/07/19 18:49
2017/07/19 18:49
私は34歳。 主人とは仲良しで、今も世界一愛してます。 幼稚園に通う可愛い娘がいますが、娘の前でも私は主人にくっつきまくってます。 そんな娘の担任の先生は男性で、ママ達に大人気の先生でした。 私も先生のことが大好きでした。 年末、私の職場の忘年会のとき、偶然先生を見かけました。 挨拶に行くと先生は酔ってるようで、いつもよりもテンションが高く、「お母さん、これから二人で飲みませんか?飲み会がつまらないから帰るつもりだったんです」と誘われました。 つい嬉しくなって、「はい、行きます」と返事をして、職場の同僚には「帰るから」と伝え、先生と飲みに行きました。 個室の居酒屋に行くと先生は…
【レイプ】あの歌姫をレイプ
2015/12/23 11:19
2015/12/23 11:19
300名前:萌える名無し画像[sage]投稿日:2005/10/17(月)01:23:22ID:SuG1tw3U0 お目汚しスマソ 思いもよらない出来事がおこった。 いつものバイトの帰り道、俺が歩いている道路の反対側の路側帯に、 見なれた、いや、見なれ過ぎて逆に不自然な人物を見つけた。 それは俺がいつもながめている、CDのジャケットや雑誌や、壁のポスターの中の存在、aikoその人だった。 心臓がギュッと何かに掴まれてちぢんだような気がした。 あり得ない、と思いつつも、何度も目をこらして、それはやっぱりaikoだった。 ふわふわ揺れるゆるいウェーブの長い…
自宅で童顔の妻の友人を抱いてしまった夫【人妻・不倫】
2016/06/28 18:05
2016/06/28 18:05
俺は27歳で3つ下の妻がいる。 結婚したのは1年半前で子供を作る予定はない。 結婚してから妻は家の近くの某デパートで、 パートとして勤務していた。 半年くらいたった頃から不定期ではあるが 職場の友人を連れてくるようになった。 24歳だったせいもあり、 友人も20代前半から中盤ぐらいの若い女の子ばかり。 大体いつも3~4人連れてきて鍋だの鉄板だのやっていた。 もちろんみんな女の子で夜には帰るのだが、社員の23歳の優子ちゃんだけは家に宿泊して次の日は家から仕事に行っていた。優子ちゃんの家から職場までは車で1時間ちょっとかかるが、家からだと5分で着くからだ。 家は中古物件だが1件屋で…
【奥さん】奥さんとラブホ直行、中出し
2015/12/02 20:12
2015/12/02 20:12
39歳の奥さまと、勢いでその日の午後から会うことに。 あまりに話が早すぎてイタズラだろうな、と思いながらもスケベ心に勝てず待ち合わせ場所に向かった。チャットの内容も積極的過ぎて冗談みたいな話だったので期待はしてなかった。 ・子供は6人いて、上は大学生で下は幼稚園。男4人の女の子2人。・若い時から子育てばかりだったから、今は旦那公認で遊んでる。もちろん旦那も遊んでいる。 ・若い子が好きだから、おばさんでもいいならぜひ会いたい(俺は26歳)。 ・夏休みで下の子が何人かずっと家にいるから、今のうちに遊んでおきたい。 待ち合わせしたのがショッピングセンターの駐車場だったん…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・おまけ

・女が体を許すとき

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・中国マッサージ

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・やっぱり違う私を女にしてくれた人

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・40代兄妹の性交

・俺は聖人君子じゃないからなあ・・・

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【人妻体験談】上司が妻に会いたいと言ったので上がってもらうことにしたら、妻を寝取られ、妻は知らないうちに上司の恋人になっていた

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・凌辱された小学生