寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】母娘陵辱

2018/06/15 00:11




五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生
活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹
しく暮らしていました。
 
私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十
六才の高校一年生です。

 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事
務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき
ました。

 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお
かしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていま
した。

 予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、それまでの素直な純真さがどこかに消えてしまい極端な内向的で鬱的な性格になってしまったのです。

 原因の一つに、大学受験の失敗による家族への申し訳のなさがあることは
事実なのですが、母の私も娘の美紀もまったく気にもしていないことなの
に、息子の雄太一人だけがまるで世捨て人にでもなったかのように、拗ねた
ような被害妄想を大きくしていってしまっているようでした。

 予備校にはどうにか通うのですが、帰宅してからはほとんど自分の室から
出ようとはしなくなりました。
 家族三人のありきたりの会話というものが、この二、三ヶ月の間に瞬く間
に途絶えていってしまったのです。

 私が帰宅するのはいつも夜の十二時前後で、娘の美紀から雄太の挙動につ
いてを訊くのですが、内向的で鬱的な傾向は強まるばかりで、母としての心
配は毎日募るばかりでした。
 ある時、私は息子の雄太に問い質しました。

 「雄太、どうして家族と交わろうとはしないの?何かお母さんにでも不満
があるのならいってちょうだい」
 この時の雄太の応えは、
 「何にもねえよ」
 だけの一言でした…。

 そしてあの忌まわしい出来事は、八月下旬の雨の降る午後に起きてしまっ
たのです。
 私が帰宅したのは午後十一時過ぎでした。

 狭い玄関口に見慣れない男物の靴が幾つも、まるで足の踏み場もないくら
いに雑然と脱ぎ散らかされていました。
 いつもなら居間にいるはずの、娘の美紀の姿が見当たりませんでした。
 居間に並列して二つの室があり、ベランダ側の六畳の洋間が雄太の室にな
っています。

 その雄太の室から妙に騒々しい音楽の音が聞こえ、時折、ひそめるような
声での何人かのざわめきが耳に入ってきていました。
 そのざわめきの中から、私は娘の美紀の呻くような声を聞き取り、唐突な
不安感に襲われ、思わず雄太の室のドアを強くノックしていました。

 一瞬、ざわめきの声は静まり、娘の美紀の断続的な呻き声だけになりまし
た。
 ただならぬ気配を感じ、ドアのノブを思い切り廻すと施錠はされていなく
て、簡単にドアは開きました。

 室の中一杯にタバコの煙が充満していて、アルコ-ルの臭いが強くしまし
た。
 息子の雄太を含めて男が四人いました。
 その雄太が何か紐のようなもので両手足を括られた状態で、床の上に転が
されていました。
 口をガムテ-プで固く塞がれていました。

 雄太以外の三人の男たちは全員が素っ裸になっていて、壁の横のベッドに
群がっていました。
 全員が二十才前後の若者でした。
 そのベッドの上に娘の美紀がいました。
 全裸にされて犬のように這わされていたのです。

 私はあまりの驚愕に思わず声を失っていました。
 全裸の美紀の周囲に男三人が群がっていて、一人は美紀の剥き出しの臀部
に密着するようにして、膝を立てて腰を前後に律動させていました。
 俯いた姿勢の美紀の顔の前でも、男が膝を立てていました。

 あろうことか美紀の口の中に、その男の下半身の突起物が深く沈み込んで
いました。
 目を閉じて美紀は抵抗する素振りもなく、男のものを顔を自ら前後に揺す
りながら咥え込んでいたのです。
 美紀の浮き上がった腹の下に、もう一人の男が潜り込んでいて、仰向けに
なって下のほうから美紀の乳房を揉み込んでいました。

 「やっ、やめなさいっ」
 「やあ、お母さんですか?お嬢さんはもうこんなに楽しんでいますよ。お
母さんもどうです?一緒に楽しくやりませんか?」
 娘の美紀に下半身のものを咥えさせている、がっしりとした体格の男が私
のほうを向いてにやけたような声でいってきました。

 「な、何てことを…あ、あなたたちは」
 「お宅の雄太君がね、予備校で俺たちに多額の借金をしていましてねぇ。
その利息代わりにお嬢さんを頂いているってことなんですよ」
 「しゃ、借金って…い、いくらなの?」
 「三十万ですよ」
 「たったそれだけのお金で…ど、どうして娘なの?」
 「何いってるんですか、雄太君からの提案なんですよ、これは。なあ、雄
太」

 「な、何てことをっ…お願い、娘を離してやって」
 「もうかれこれ二時間近くも、お嬢さんと僕たちは交わっているんです
よ。見てみなさい、こんなに僕たちに従順になっている。でも、お母さんが
代わるっていうんなら離しますよ、どうです?」
 それから二言三言の言葉のやりとりがありましたが、このおぞましい屈辱
的な状況を打破するには答は一つしかありませんでした。

 私は承諾するしかありませんでした。
 「お、お願いです。息子と娘を室の外へ出して…出してください」
 せめてもの私からの哀願でしたが、三人の男からの答はノ-という非情極
まりないものでした。
 娘がベッドから下ろされ、床の上に突っ伏したように寝転がされました。

 ベッドの上に私は座らされました。
 一人の男が私の前で仁王立ちしました。
 男の剥き出しの下半身が、私の顔のすぐ前にありました。
 男が上から見下ろすようにして、声には出さず目で私に何かを要求してい
ました。
 私の口のすぐ前まで、すでに固く屹立した男のものの先端が接近してきて
いました。

 私は口の中にゆっくりと含みました。
 私の背後にも男が一人座り込んでいました。
 「むむう…ううっ」
 背後の男の手が、私のブラウスの前ボタンをゆっくりと外しにかかってき
ていました。

 口の中一杯に男の大きな屹立が入り込んできていました。
 ブラウスが私の肩と腕から脱がされていました。
 ブラジャ-のホックもあっけなく外し取られました。
 背後の男の手が私の乳房に、強い握力で襲いかかってきました。

 同時に首筋に男の舌の愛撫が這ってきました。
 乳房を揉みしだく男の手に、私は思わず自分の両手を重ねていました。
 正座していた私の下半身が、三人目の男によって横から唐突に足を崩され
ました。

 スカ-トのホックが外される音がしました。
 パンティストッキングが剥がされました。
 両足を前に投げ出されるような姿勢にされ、太股のあたりから大きく割り
裂かれました。

 三人目の男の手の先が無遠慮に、割り裂かれた股間の中心をパンティの上
から妖しげになぞってくきたのでした。
 「むむうっ…むう…うう」
 耐え難い屈辱と汚辱の責めに、私は意識を半ば以上喪失しかけていまし
た。

 男の屹立を口に含まされ、乳房を荒々しく揉みしだかれ、そして下半身の
中心に男の乱暴な指の責めを、私は長く受け続けました。
 夫を亡くして五年の女の身体には、若い野獣と化した男たちの攻撃は、あ
まりに強烈で淫ら極まりない刺激的なものでした。

 「ああっ…だっ、だめ」
 私の身体の中の感情の起伏が、大きく激しく波打つような事態に陥ろうと
していました。
 気持ちのよさを私は身体の奥底のほうから、熱く煮えたぎるような感覚で
体感し始めていました。

 ベッドの上に私の身体は仰向けにされていました。
 両足を高く拡げて持ち上げられ、間に入った男の屹立を、私は下半身の柔
肉の中深くのところまでつらぬかれていました。
 一人の男に口を吸われていました。
 口の中で男の舌に、私の舌は熱く燃えて順応していました。

 三人目の男に乳房の先端を噛まれていました。
 「ああ…ああっ…い、いいわっ。…いいわっ」
 目くるめくような忘我の境地に、私はすでに達していました。
 息子と娘の前で犯されて、私は母親のすべてを捨てるような熱い思いで、
全身を淫らにのたうたせていました。

 三人の男たち全員の精液を、私は下腹部の奥深くにたっぷりと仕込まさ
れ、はしたなく淫れ狂って屈服の声を幾度も上げ続けたのでした…。

 どれくらいの時間が経過したのかわかりませんでした。
 ベッドで全裸の状態で仰向けになった私の身体の上に、娘の美紀の裸身が
覆い被さってきていました。
 「美紀…」
 「お母さん…」
 私の身体の上で、美紀が背後から男につらぬかれていました。

 「ああっ…」
 十六才とは思えないような切なげな声で、美紀が上気した顔を妖しげに歪
めながら熱く身悶えていました。
 私の乳房に美紀の細い手が這っていました。
 私たち母娘は自然なかたちで、唇を重ね合っていました。
 唐突に美紀の身体が私から離されました。

 ベッドに横に並ぶようにして、私と美紀は四つん這いにされ、二人の男か
ら同時につらぬかれました。
 私の背後にいる男の口から呻くような…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
取引先
2016/07/07 10:05
2016/07/07 10:05
私は化粧品メーカーに勤めていて、某百貨店のバイヤーTさん(女性)と金曜の夕方商談に行って「これ終わったら飲みにいきましょうよ」と誘われました。 付き合いだからしょうがないと思い一緒に飲みにいきました。  アルコールが久々で私は酔いつぶれてしまいTさんのマンションで介抱されることに・・・  薄暗いTさんの部屋のソファに寝かされて「水持ってくるからね・・・」と言われ目をつぶって待っているといきなりキスされました。 私はびっくりして飛び起きそうになると力で押さえつけられ「今度のフェアの商品からあなたのメーカー外すわよ。おとなしくしてなさい。」と言われ抵抗できず、ブラウスとブラを脱がされて乳首を愛撫さ…
中学時代の家庭教師と偶然再会して
2017/02/19 02:22
2017/02/19 02:22
私は大学生で去年実家帰った時に近所のスーパーで偶然、中学のときのお世話になった家庭教師と再会した。

家庭教師のお兄さんは当時大学生だったからあんま変わりなくて 、私のことはわからなかったみたいだったけど、中身変わってなかったからすぐ思い出話が盛り上がり、ご飯でもいこうってことに。


車乗る前から私を見る目が中学の時の感じと明らか違ってたから、やばいかなあって思ったけど、その先生は気さくな人だったから、けっこう相談とかしたりして好きだったし、何か誘われた時も断れなかった。


車内が男女の感じになって雰囲気が微妙だったから空気壊そうとスーパーで買ってたガリガリくんを出して食べた…
【盗撮・覗き】職場の人妻を盗撮したら不倫セックスのおまけ付き
2019/03/14 22:00
2019/03/14 22:00
例年は私と女子社員のMちゃん(28歳)とで担当している研修に、Mちゃんが都合で行けなくなったため、今年はAさん(36歳、既婚、♀)と、昨年入社したB君(24歳、♂)との3人で行くことになった。 私は会社では品行方正&人畜無害で通っているが、実は盗撮マニアである。 以前は本屋や電車などで逆さ撮りなどもしていたが、1回捕まりかかったことがあり、それ以降あまりリスキーな盗撮はしなくなっていた。 そんな私にとって、毎年のこの研修は密かな楽しみだった。ホテルへのチェックインは私がまとめて行って全員に鍵を渡すのだが、Mちゃんの部屋には先に入って、置時計型の盗撮カメラをベッドが映るよう…
他人棒を使って無垢な嫁を淫乱にする楽しみ
2016/09/09 15:00
2016/09/09 15:00
兼ねてから私は寝取られ、寝取らせに対して強い願望/欲望があり、結婚する以前に付き合っていた女をどうにかやり込めて他人や知人に紹介して抱かせる、なんて事も一度や二度、いや本当は結構な数有ったのだが、現在の妻・香菜に出会い、付き合ってからと言うもの、余りにもこの香菜が無垢な娘だった為、俺はもう駄目だって事になり、一切の変態的性癖を封印。真面目一本で妻に接してきたのであった。


が、そう簡単に人間の性癖が変わる訳ではなく、可愛い可愛い妻を眺めては「誰かに犯されないかしら」と一人悶々、勿論妻の事は命よりも大切なので、そんな私の哀れで残念な頭の中身を露出して見せる訳にもいか…
ウォーキングで知りあった人妻にバックから生挿入できた
2017/01/24 17:00
2017/01/24 17:00
一年位前から運動不足解消の為、ウォーキングを始めました。
そのことが、不倫をするきっかけになるとは思いませんでした。
しかも、相手は20代の若妻、美人妻なんです。
心も身体もアソコも元気になっていくのがわかります。
ダイエットも兼ねたウォーキングでした。


近くを散歩程度だったのですが、段々と距離が延びました。
休日は往復一時間~二時間位歩くようになったんです。
自然と顔見知りも出来、挨拶を交わすようになりました。
その中に、あるご夫婦と知り合いになりました。
ご主人は初老、奥さんは若妻と言う、
一見親子にも見えそうな、年の差夫婦でした。

ご主人…
【人妻体験談】彼女がセックス好きではないので風俗に行ってみたら、人妻のすごさに心から感動した
2017/07/22 12:02
2017/07/22 12:02
僕は大学1年(19歳)で二つ下の彼女がいます。 彼女はまだ高校生で週末以外は電話とメール。週末も部活とかで必ず会えるわけではありません。 彼女とSEXしたのは3回。あまりSEXが好きではないようで、フェラもしてくれません。 お互い実家だし、いつもHな雰囲気になるとかわされてしまい、結局、彼女に見てもらいながらオナニーして処理していました。 お互いすれ違いも多く、3週間位会えなかったので性欲がMAXになり、友人の体験談を聞いて興味をもった人妻風俗に行くことにしました。 初めての風俗でめっちゃ緊張しました。 接客してくれた32歳の女性(あけみさん)は、僕を見たとき「えっ、学生?こんなイケメンがこ…
本屋の店員さんが可愛かったのでトイレに連れ込んだ
2018/05/26 12:03
2018/05/26 12:03
あたしは22歳のOLです。最近友達に借りたレディコミがきっかけで、かなりハマってます。

今日、たまたま仕事が早く終わったので、お家に帰って久し振りにゆっくり時間を掛けてオナニーでもしようかな、と思って本屋に寄り道したの。レディコミを立ち読みながら物色していた。

そうしたら、レジにいた学生っぽいオトコの子の店員さんがあたしをじろじろ見て来たの。あ、なんか可愛いな、と思ってわざとエッチなページをレジ側に向けて、足をモジモジさせていた。
 
 
 
すると、いつの間にか彼まで足をモジモジし始めて、多分、勃っちゃってるんだろうなと、そう思うと私も我慢出来なくなっちゃって、クリトリスがピクンピクン…
ワタミ社長大好きな奴
2018/09/25 23:01
2018/09/25 23:01
小さい零細なんだけどさ 社長がこれまたアホで三代目なんだけど 先代の頃に採用された俺としては なんだこの馬鹿ww位にしか思って無くて 戦略会議みたいなのを開きたいと言ってきた。 なんていうか持論展開したいだけの 自己満足会議で参加者の殆どが先代の教えを守る人たち。 俺もそうだったし、同僚のAもそうだった。 客に対してより良い製品とニーズを掴め!とか 何処の企業もそうだし、一般的だけど実際皆コツコツと 営業したり、サポート業務したりと 部で一丸となって仕事していた。 会議室で ワタミ社長のキチガイ話を始めた。 それも全部ウィキペディアの受け売り丸写しw 社長=残業なんてタダでしろ! 先代…
★同職場の人妻からの相談でスイッチON
2018/04/14 20:46
2018/04/14 20:46
 横浜の31歳独身です。一緒の職場で働いている千裕は40歳で少学生の子供が一人いる人妻です。千裕が仕事でのモヤモヤがあるので、飲みに行き話を聞いてあげることになった。

 食事をして、バーに移る頃には仕事の話も終わり、プライベートな話になっていた。だんだん話がエッチな方に行き、彼氏が欲しいなど言っていた。旦那とは10年ほどエッチはしていなく、千裕自体もあまりエッチが好きではなく、やはり10年ほどしていないらしい。

【母親との告白体験談】 妻を母のような女に・・・2
2016/07/07 21:35
2016/07/07 21:35
私には妻を母のような淫乱な女にする歪んだ欲望がありました。娘が家を出て二人暮しになった今、セックスのたびに妻に理解を求め説得し続けました。 妻(42歳・由美)はもともと生真面目な性格で貞操観念の強い性格で、私の求める行為など変態のすることと決め付ける始末です。 中学生の時に覗き見た母は、父の強引とも思う要望を受け入れ友人・知人を交えた淫靡な行為に歓喜の表情を浮かべていました。 母の歓喜の表情は美しく30年近くたった今でも忘れられないのです。 妻を自分で説得するのを諦めかけていた時期でした。私は帰宅時に突然の雨に見舞われ最寄の駅近くの居酒屋に逃げ込んだのでした。逃げ込んだ居酒屋で偶然に学生時…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・手マンから結局最後までいっちゃった

・【熟女体験談】還暦を迎えた母の黒の下着に興奮し、夜這いしてしまった

・スイミングスクールに妹を迎えに行ったら

・お祭りに参加していやらし事されぱなしでした

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[前編]

・【人妻体験談】ちんぽが大好きで手コキマニアな変態女上司

・【熟女体験談】同じ介護職場の熟女の薄く透けてたブラに興奮し、フェラしてもらった

・不倫相手との甘い甘いSEX行為の告白

・【Hな体験】有名なエロレイヤーの処女をいただいた話

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・【熟女体験談】彼女のお母さんにマッサージをしてたらムラムラしてしまい、中出しフィニッシュ

・芽生えたころに

・【盗撮・覗き】トイレから聴こえてきた大好きだった子のフェラ音

・女房が21年前に出ていた裏本

・【熟女体験談】営業のオバハンと飲みに行き、出来上がったオバハンと中出しSEX

・【Hな体験】楽器屋でギターの試奏したら処女のセフレができた

・【人妻体験談】温泉ホテルで偶然知り合った同郷の熟女とSEXし、思いっきり果てた

・タダマンがビックリする程に楽勝