寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】母娘陵辱

2018/06/15 00:11




五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生
活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹
しく暮らしていました。
 
私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十
六才の高校一年生です。

 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事
務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき
ました。

 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお
かしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていま
した。

 予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、それまでの素直な純真さがどこかに消えてしまい極端な内向的で鬱的な性格になってしまったのです。

 原因の一つに、大学受験の失敗による家族への申し訳のなさがあることは
事実なのですが、母の私も娘の美紀もまったく気にもしていないことなの
に、息子の雄太一人だけがまるで世捨て人にでもなったかのように、拗ねた
ような被害妄想を大きくしていってしまっているようでした。

 予備校にはどうにか通うのですが、帰宅してからはほとんど自分の室から
出ようとはしなくなりました。
 家族三人のありきたりの会話というものが、この二、三ヶ月の間に瞬く間
に途絶えていってしまったのです。

 私が帰宅するのはいつも夜の十二時前後で、娘の美紀から雄太の挙動につ
いてを訊くのですが、内向的で鬱的な傾向は強まるばかりで、母としての心
配は毎日募るばかりでした。
 ある時、私は息子の雄太に問い質しました。

 「雄太、どうして家族と交わろうとはしないの?何かお母さんにでも不満
があるのならいってちょうだい」
 この時の雄太の応えは、
 「何にもねえよ」
 だけの一言でした…。

 そしてあの忌まわしい出来事は、八月下旬の雨の降る午後に起きてしまっ
たのです。
 私が帰宅したのは午後十一時過ぎでした。

 狭い玄関口に見慣れない男物の靴が幾つも、まるで足の踏み場もないくら
いに雑然と脱ぎ散らかされていました。
 いつもなら居間にいるはずの、娘の美紀の姿が見当たりませんでした。
 居間に並列して二つの室があり、ベランダ側の六畳の洋間が雄太の室にな
っています。

 その雄太の室から妙に騒々しい音楽の音が聞こえ、時折、ひそめるような
声での何人かのざわめきが耳に入ってきていました。
 そのざわめきの中から、私は娘の美紀の呻くような声を聞き取り、唐突な
不安感に襲われ、思わず雄太の室のドアを強くノックしていました。

 一瞬、ざわめきの声は静まり、娘の美紀の断続的な呻き声だけになりまし
た。
 ただならぬ気配を感じ、ドアのノブを思い切り廻すと施錠はされていなく
て、簡単にドアは開きました。

 室の中一杯にタバコの煙が充満していて、アルコ-ルの臭いが強くしまし
た。
 息子の雄太を含めて男が四人いました。
 その雄太が何か紐のようなもので両手足を括られた状態で、床の上に転が
されていました。
 口をガムテ-プで固く塞がれていました。

 雄太以外の三人の男たちは全員が素っ裸になっていて、壁の横のベッドに
群がっていました。
 全員が二十才前後の若者でした。
 そのベッドの上に娘の美紀がいました。
 全裸にされて犬のように這わされていたのです。

 私はあまりの驚愕に思わず声を失っていました。
 全裸の美紀の周囲に男三人が群がっていて、一人は美紀の剥き出しの臀部
に密着するようにして、膝を立てて腰を前後に律動させていました。
 俯いた姿勢の美紀の顔の前でも、男が膝を立てていました。

 あろうことか美紀の口の中に、その男の下半身の突起物が深く沈み込んで
いました。
 目を閉じて美紀は抵抗する素振りもなく、男のものを顔を自ら前後に揺す
りながら咥え込んでいたのです。
 美紀の浮き上がった腹の下に、もう一人の男が潜り込んでいて、仰向けに
なって下のほうから美紀の乳房を揉み込んでいました。

 「やっ、やめなさいっ」
 「やあ、お母さんですか?お嬢さんはもうこんなに楽しんでいますよ。お
母さんもどうです?一緒に楽しくやりませんか?」
 娘の美紀に下半身のものを咥えさせている、がっしりとした体格の男が私
のほうを向いてにやけたような声でいってきました。

 「な、何てことを…あ、あなたたちは」
 「お宅の雄太君がね、予備校で俺たちに多額の借金をしていましてねぇ。
その利息代わりにお嬢さんを頂いているってことなんですよ」
 「しゃ、借金って…い、いくらなの?」
 「三十万ですよ」
 「たったそれだけのお金で…ど、どうして娘なの?」
 「何いってるんですか、雄太君からの提案なんですよ、これは。なあ、雄
太」

 「な、何てことをっ…お願い、娘を離してやって」
 「もうかれこれ二時間近くも、お嬢さんと僕たちは交わっているんです
よ。見てみなさい、こんなに僕たちに従順になっている。でも、お母さんが
代わるっていうんなら離しますよ、どうです?」
 それから二言三言の言葉のやりとりがありましたが、このおぞましい屈辱
的な状況を打破するには答は一つしかありませんでした。

 私は承諾するしかありませんでした。
 「お、お願いです。息子と娘を室の外へ出して…出してください」
 せめてもの私からの哀願でしたが、三人の男からの答はノ-という非情極
まりないものでした。
 娘がベッドから下ろされ、床の上に突っ伏したように寝転がされました。

 ベッドの上に私は座らされました。
 一人の男が私の前で仁王立ちしました。
 男の剥き出しの下半身が、私の顔のすぐ前にありました。
 男が上から見下ろすようにして、声には出さず目で私に何かを要求してい
ました。
 私の口のすぐ前まで、すでに固く屹立した男のものの先端が接近してきて
いました。

 私は口の中にゆっくりと含みました。
 私の背後にも男が一人座り込んでいました。
 「むむう…ううっ」
 背後の男の手が、私のブラウスの前ボタンをゆっくりと外しにかかってき
ていました。

 口の中一杯に男の大きな屹立が入り込んできていました。
 ブラウスが私の肩と腕から脱がされていました。
 ブラジャ-のホックもあっけなく外し取られました。
 背後の男の手が私の乳房に、強い握力で襲いかかってきました。

 同時に首筋に男の舌の愛撫が這ってきました。
 乳房を揉みしだく男の手に、私は思わず自分の両手を重ねていました。
 正座していた私の下半身が、三人目の男によって横から唐突に足を崩され
ました。

 スカ-トのホックが外される音がしました。
 パンティストッキングが剥がされました。
 両足を前に投げ出されるような姿勢にされ、太股のあたりから大きく割り
裂かれました。

 三人目の男の手の先が無遠慮に、割り裂かれた股間の中心をパンティの上
から妖しげになぞってくきたのでした。
 「むむうっ…むう…うう」
 耐え難い屈辱と汚辱の責めに、私は意識を半ば以上喪失しかけていまし
た。

 男の屹立を口に含まされ、乳房を荒々しく揉みしだかれ、そして下半身の
中心に男の乱暴な指の責めを、私は長く受け続けました。
 夫を亡くして五年の女の身体には、若い野獣と化した男たちの攻撃は、あ
まりに強烈で淫ら極まりない刺激的なものでした。

 「ああっ…だっ、だめ」
 私の身体の中の感情の起伏が、大きく激しく波打つような事態に陥ろうと
していました。
 気持ちのよさを私は身体の奥底のほうから、熱く煮えたぎるような感覚で
体感し始めていました。

 ベッドの上に私の身体は仰向けにされていました。
 両足を高く拡げて持ち上げられ、間に入った男の屹立を、私は下半身の柔
肉の中深くのところまでつらぬかれていました。
 一人の男に口を吸われていました。
 口の中で男の舌に、私の舌は熱く燃えて順応していました。

 三人目の男に乳房の先端を噛まれていました。
 「ああ…ああっ…い、いいわっ。…いいわっ」
 目くるめくような忘我の境地に、私はすでに達していました。
 息子と娘の前で犯されて、私は母親のすべてを捨てるような熱い思いで、
全身を淫らにのたうたせていました。

 三人の男たち全員の精液を、私は下腹部の奥深くにたっぷりと仕込まさ
れ、はしたなく淫れ狂って屈服の声を幾度も上げ続けたのでした…。

 どれくらいの時間が経過したのかわかりませんでした。
 ベッドで全裸の状態で仰向けになった私の身体の上に、娘の美紀の裸身が
覆い被さってきていました。
 「美紀…」
 「お母さん…」
 私の身体の上で、美紀が背後から男につらぬかれていました。

 「ああっ…」
 十六才とは思えないような切なげな声で、美紀が上気した顔を妖しげに歪
めながら熱く身悶えていました。
 私の乳房に美紀の細い手が這っていました。
 私たち母娘は自然なかたちで、唇を重ね合っていました。
 唐突に美紀の身体が私から離されました。

 ベッドに横に並ぶようにして、私と美紀は四つん這いにされ、二人の男か
ら同時につらぬかれました。
 私の背後にいる男の口から呻くような…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
近所の奥さんとヤったら抜けずに中イキ
2017/01/20 20:24
2017/01/20 20:24
私は女房と子供2人の一応所帯持ちです。
去年の夏、 私は会社が休みだったので前日の夜、同僚と朝まで酒を飲み昼過ぎまで寝てました。

起きると女房と子供は近所の仲間と子供映画を見に出かけ誰もいませんでした。どうやら戻りは夜になるようでした。
私はシャワーを浴びに風呂に行きました。
10分くらいするとインターホンが鳴りました。

面倒くさいしシャワーを浴びていたので、シカトしてましたがあまりにも何回も鳴るので裸のままインターホンまで行き出てみました。

するとそれは若い女性の声でした。
「2丁目子供会の○○です。年会費7000円をいただきに来ました」


私「すいません今、私しか居ないく…
先週、妻を友人に抱かせた。1
2018/01/30 20:37
2018/01/30 20:37
2012/03/13 09:03┃登録者:犬死ok?◆v1cAHIqI┃作者:人間逮捕先週、妻を友人に抱かせた。 投稿者:人間逮捕。 2011/05/10 01:50:29 (AnP982pj)願ってもない稀有な体験をしたので此処に告白す。 しばしのお目汚し失礼。 兼ねてから私は寝取られ、寝取らせに対して強い願望/欲望があり、結婚する以前に付き合っていた女をどうにかやり込めて他人や知人に紹介して抱かせる、なんて事も一度や二度、いや本当は結構な数有ったのだが、現在の妻・香菜に出会い、付き合ってからと言うもの、余りにもこの香菜が無垢な娘だった為、俺はもう駄目だって事にな…
現在の妻とのなれそめ、体の相性が抜群なんです。
2015/11/24 18:17
2015/11/24 18:17
結婚2年、妻は3歳年下の27歳です。 妻はツンと上向きの形のいいCカップのバスト、くびれもあって女性らしいメリハリのある体をしていて、背は155㎝とやや低めですが、ムッチリしています。 そして透き通るように白くもち肌、その抱き心地はどの元カノとも比較できません。 妻とは会社の仲間の合コンで知り合いました。 私26歳、妻23歳でした。 妻は、古い映画で見た加賀まりこさんに似ていて、男を虜にする小悪魔的な魔性の可愛さがありました。 当日は、すごく綺麗な女性とアイドルのように分かりやすい可愛い女性の両巨塔がいたためみんなの目がそちらに向いたため、妻の魅力に気付いて話しかけたのは私が最初で…
職場の同僚のお家におじゃました時、がっつり見えたオマ◯コの形
2015/10/20 15:30
2015/10/20 15:30


仕事の同僚(女)の家に行った時の事。




会社での仕事の他に、何人かで他の仕事も請け負ってやってる。




その日はPCの設定やらプリンターの設定やら、


LANの設定やらと女性が苦手な方面を、


「俺に手料理作ってくれる」


という誘い文句に、


暇だし仕事もスムーズに行える環境も作りたかったので行きました。





まぁ、相手も警戒してか同僚のもう1人の女を一緒に連れてきてて、


家も実家なもんで特に深く考えないで設定に取り掛かったんです。




結構複雑な設定もあって、


誰かに…
母の妊娠は.........
2016/03/05 03:05
2016/03/05 03:05
今日、母(40)が体調を崩したので診療所に付いて行った。 検査後、僕も呼ばれて聞くと、「妊娠してます」と言われ、両親の生Hの報 告を受け照れたけど、母は真っ青になり、唇も少し震えていた。 家に帰って父に報告すると、人間と思えない位、引き攣った顔になった。 僕は部屋を出て聞き耳を立てていると、父が「相手は誰だ?」と聞いたの で、状況が総て分った。 長い沈黙の後、母が「Sさんです」と言い、号泣を始めた。 Sは、地域最大の母の会社のオーナーの次男で昔超ワルだったけど、やっと 親の会社に就職し、母が教育係をして、40才でも若々しく美人の母を慕い、 姉弟みたいな関係と聞いていたのに.... 泣き止んだ母…
【妹との告白体験談】 ストロベリーフィールズ
2016/04/20 11:45
2016/04/20 11:45
三つ違いの姉とは、子供部屋、と称された6畳の部屋を共有している。2段ベットの下が姉。上を私が使っている。 姉はかなりのがんばり屋である。もともと170Cmと長身だったため、高校に上がった途端、バスケ部からスカウトの声が掛かった。 ―しかし、姉は運動はからっきし苦手で、中学の3年間に、クラス対抗競技で補欠にさえなったことがない。そんな姉が、誘われるままにバスケを始め、20数人いる新入部員の中で一番に補欠の座を手にいれた。その理由を私は知っている。 姉の、とうてい真似のできない努力の結果なのだ。ル-ルブック片手に試合のビデオを何度も繰り返し観て、バスケットボ?ルと言うスポ?ツを徹底的に理解しよ…
宅飲みで可愛い彼女が寝取られた王様ゲーム体験談
2017/06/10 22:55
2017/06/10 22:55
もう10年近く前の、大学時代の話。

付き合って3年くらいの彼女がいたんです。

名前は香奈(仮名)っていう子で、

ちっちゃくて可愛い子でした。

で、その日は彼女のバイト先の友達の家で

飲もうってことで、

一緒にその子の家に行ったんです。

そしたら他にも二人くらい遊びに来てて、

結局男二人、女の子三人で

飲むことになったんですよ。

全員バイト先の友達らしくて、

女の子たちは俺も面識があったんですが、

男はしらない奴でした。 最初は普通に飲んでました。

その友達の家は普通のワンルームで、

ベッドが部屋の側面に置いてあって、

その横で5人で床に座り込ん…
仕事帰りのOLをレイプして強制中出し、おしっこまで飲ませてやった
2015/09/25 21:30
2015/09/25 21:30


水曜日は会社が休みなので、会社帰りの女の子を物色しやすい。




いつものように女の子を探していると、そそる後ろ姿の子が歩いてきた。




髪の毛は茶髪のストレートで、肩まで伸びていて綺麗だ。




後ろスリットの黒のワンピで、スリットの奥の太ももが歩く度に白くて目に焼き付いてしまった。




僕は決めた、この子をレイプしよう、と。




公園のトイレの前を通り過ぎる瞬間に、女の子に抱きつく。




女の子は


「え!?」


と言って体を硬くする。




僕はお構いなしに後ろから抱きかかえ、胸…
NZで45歳のイギリス人女性と愛人のような関係に【熟女体験談】
2016/07/10 12:10
2016/07/10 12:10

俺は今29歳で、ニュージーランドに住んで3年ほどになる。

以前こちらの風俗関係の新聞で見つけた45歳のイギリス人女性(個人営業のエスコート)と定期的に会っていた事がある。

これがなかなかの美人で、知的な雰囲気を持ち、本物のブロンドの髪と高い鼻が印象的だった。

体はスリムだが、胸とヒップは豊かに盛り上がり、女の色気を発散させていた。

訳あって数年前からこの仕事を始めたそうで、会うのはいつも彼女のフラット(アパート)だった。 お互いなぜか気が合い、何回か通っているうちに、だんだんビジネスではなく、本当の熟女と年下の愛人みたいな関係になっていった。

俺とやっている時、彼女は演技ではな…
妻が私以外の男を受け入れ歓喜の表情を浮かべ・・・
2017/09/23 20:01
2017/09/23 20:01
私は45歳(加藤 孝)で建設会社に勤めています。
妻(里香 40歳)は娘を産んでも結婚前と変わらぬスタイルと若さを維持していました。
娘は高校1年生ですがクラブ活動に忙しく土・日もクラブの練習に参加しています。

妻は性に対して考えが堅物で男性は私しか知りません。
私は妻がHな女になって欲しいと常々から思っていて、2~3年前から説得を続けていました。
ようやく最近になって下着も私好みのHな下着を着けてくれるようになって、デジカメやビデオにバイブを使ったオナニーを撮影させてくれるようになったのです。
でも、私の望みは妻が私以外の男を受け入れ歓喜の表情を浮かべてセックスしているのを見るのが…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・高級ソープ行ったら2時間で4回搾り取られた

・妹のパンツを見た友人

・ショートパンツを見ると

・【人妻体験談】悪魔の義弟がレイプするように罠を張ったら・・・

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・内定を餌に父親より年上の一流企業の部長に中出しされた

・彼女の友達にいたずら

・妻の妹と偶然飲み屋で会って盛り上がって・・

・清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら

・妻が他の男性とセックスをする場面を・・・

・#結婚を考えてる彼女をトルコ人に抱かせてみたら

・夫が不倫してHIV感染

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・巨乳の先輩の乳首

・サイトで出会った人妻とナマでやるために考えた作戦

・職場の人妻にととろけるような初体験しました

・私の男とのSEX歴をお話しします

・【不倫】熟女な私がナンパされちゃって・・・。

・清純顔して彼氏がいるのに同じサークルの奴に色目を使うヤリマン女

・【人妻体験談】娘の彼氏だけでなく、夫まで寝取る物凄いヤリマン母

・【熟女体験談】平凡な主婦が初めて「イク」という快感を体験した結果、常にSEXしたいという淫乱になった

・誰かに言いたいので投書いちゃいました

・高2の冬、ナースと実際にあったガチのエロ体験

・【不倫】フェラのことを「キス」と言う微乳の元ヤン妻

・礼二の寝取られ実験 パート3(完結)

・夫と別居中の人妻と激しすぎる不倫SEXしました

・旦那さんと別れて俺と・・・

・【浮気】バイト先で知り合ったフェラ上手な短大生