寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】彼女の母親

2018/06/14 23:43




同棲してる彼女の家に、いきなり彼女の母が遊びにきた。
事前に電話とかもなく、僕たちは裸で僕は寝室の布団にもぐりこみ、
彼女は慌てて服を着て玄関へ迎えにいきました。

しばらくリビングで話しこんでるようなので、
その隙きに・・・と思いパンツを履いているとドアが閉まる音がしました。
出て行ったのかな・・・?
ほっとして昨日の後始末をしているといきなり襖を開けられお母さんと目が合ってしまいました。

互いに面識はあるので騒がれたりはしなかったのですが、
僕は下着一枚で、しかも彼女が脱ぎ散らかした下着を手にしているのです。
「まぁ・・・・久我さん。ちょっと・・・」
お母さんはベッドに腰掛けると説教をはじめました。僕はパンツ一丁で正座というなさけない姿です。

説教は、彼女が帰ってくるまで続きました。
ふと、顔を目線をあげると・・・?
お母さんの丈の短いスカートの奥が覗けます。

ストッキングに黒い下着・・・なんだか年甲斐もなくエロティックな感じ。
以前会った時よりも、ずいぶんお洒落な格好だった。
僕は同棲しているということだけは隠しつづけ、とにかく謝り倒しました。
彼女が帰ってくると、

「もういいわ。お願いだから、避妊とかだけは注意してね。お父さんには秘密にするから。」
ゴミ箱の中身を一瞥すると僕に服を着るように促し、一緒にリビングへ行きました。
週末だったこともあって、お母さんは彼女を実家に迎えにきたようでした。
そのまま、僕はうちを出てクルマでブラブラして、夜に帰宅すると明かりがついてます。
あれ?いかなかったのかな・・・?
鍵を開けて「ただいま」と声をかけると、
お母さんと見知らぬ男が一緒にソファに隣り合っていました。
彼女のお父さんではありません。

男は「誰だ?」と一瞬すごんできましたが、
僕は無視して「お母さん、どなたですか?」そう聞きましたが、
絶句して何も答えません。

男がこっちへ近寄ってきました。
簡単に組み伏せて、人を呼びますよ?と脅すと、男はすぐに退散した。
玄関に鍵をかけ、ふたりきりになった。

「お願い・・・このことは誰にも・・・」
お母さんが口を開いて出てきた言葉がそれでした。
男は誰かと聞くと口をつぐみましたが、お母さんの格好を見れば一目瞭然。
上着を脱ぎ捨て、胸元が大きく開いています。
どうしようか迷ったけど、お母さんの隣に座った。

「千鶴は知ってるんですか?」
彼女は力なく首を振る。
しかし、こうやってみるとふくよかな千鶴に比べ、お母さんはスレンダーでその割には娘顔負けのグラマラスなおっぱいだ。
弱々しく項垂れているお母さんが可愛く見えてきたのでそっと手の握った。

「絶対に言いません。そのかわり・・・」
頬や首筋に軽くキスをすると、ビクンと身体を振るわせた。
唇を合わせようとすると、顔をそむけた。けど強い抵抗はしなかった。
僕はさっき男が揉んだであろう豊かな胸の谷間に手を差し込んだ。

「イヤ・・・それだけは、許して」
僕の手を掴むと抵抗した。
それでも諦めずに「お母さん、お願いします・・・」

「ダメ、お願いだから・・・堪忍して」
暴れる彼女をなだめようとしてると、足で何かを踏んだ。
黒い丸まった布切れ・・・僕は拾い上げてその正体を確信すると、パンティだった。僕は確かめようとスカートの中で手を滑り込ませた。
案の定、シャリっとした茂みの感触が指に触れた。

「イヤーーー!!やめて、いやだいやだ・・・」

彼女が思いがけず大きな声をあげた。
こんなことしたくなかったが、僕はお母さんの口を塞ぎ、暴れている彼女のスカートをたくしあげると、ガードルと黒々とした陰毛があらわになった。

疲れてきたのか徐々に暴れる力も緩んでおとなしくなった。
僕は身体ごと股を割って入り、指で柔らかい肉唇を広げた。
中指で膣口に触れてみたが、ペトペトした感じであまり濡れていない。

「イヤよ、そんなこと・・・・ダメ。触っちゃダメ」

いつまでも嫌がるので、レイプしてるような気になった。
けど、もう抵抗は弱々しい。
僕はお母さんを押し倒し、M字開脚するとはみ出た薄い紫色のビラビラを舌で掻き分け、ヌルリと中へ侵入した。
ピンク色をした膣口を丸めた舌で押し分け鼻でクリトリスを押し潰します。

「あああぁ・・イヤ~ お願い、もうこれ以上はやめて。あっあっ・・・」

逃げようとするが、ガッチリを腰を抱え込み執拗にしゃぶりつきました。
アナルが効くらしくピリっとした味がしましたが、舌で念入りに皺を舐めました。

「はぁぁ・・・久我さん、許して。そんなところ・・・汚いから」

お母さんがあきらかに感じ初めて様子が変わってきた。

「ほら、ウンチの味ですよ。もっと綺麗にしなきゃ・・・」

そういいながら、唇に舌を侵入した。
彼女は侵入を拒んでいたが、強引に口内をまさぐり唾液を交換しあった。
もうなすがままになってきた。
僕はその間にズボンとパンツを脱ぎ、臨戦態勢へ・・・・

今から自分が犯されることに気づいたのだろう。彼女は僕の胸を押し逃げようとした。
僕はそれを意にも介せず、両足首を掴むと大きく広げ亀頭を熟して濡れきったおまんこに食い込ませた。

「ああ・・・お願い、許して・・・・ごめんなさい」

泣きながら懇願したが、ついに諦めたようだ。
クチュ・・・ニ、三度膣口と亀頭がキスするとヌプヌプと熱い泥のように柔らかい膣肉の中へ入っていった。
根元まで挿入すると泣いて顔を伏せてるお母さんとキスをしました。

「お母さん、好きです。ずっとこうなりたかった・・・・」

嘘ではない。実現するとは思わなかったけど。

「千鶴よりも、ずっと気持ちいい・・・いいオマンコだ」

激しく腰を振ると液体の泡立つ音と腰がぶつかる音が混じりあう。
彼女はただ声を殺して泣いていたので、僕は動きを緩め優しく手をほどいた。

「絶対に言いませんから・・・・お母さんは僕がそんなに嫌いですか?」

「・・・・こんなおばさんとして、何が楽しいの?」

少し怒りがこもった声で、彼女は非難しました。

「そんなことないですよ、お母さんとても綺麗だし・・・だからほら、僕もこんなに起ってる」

僕は一旦抜くと、愛液にまみれたペニスを彼女の眼前に持っていった。
彼女は目をそむけたが、気になるようだ。

「僕ぐらいの人とセックスしたの初めてですか?」

彼女は無言でうなづく。
僕は彼女の背後に回ると、お尻のほうから手の伸ばしオマンコを広げた。 もう彼女は抵抗をしない・・・
ベッドの下にあった鏡を使ってオマンコを映した。

「見えますか?ほら・・・こんなに綺麗で・・・濡れてる」

彼女は見ようとしなかったが、興奮しているようだ。肩で息をしている。

「あんな親父には、もったいない・・・・お母さんが欲しい」

そういいながら、クリトリスを皮をつまむようにかぶせたり剥いたりする。

「こんなおばさんをからかって・・・恥ずかしい・・・もう知らないか
ら・・・好きにして」

顔をまた背けた。僕は肩を掴むとふたたびズブズブと熱い膣沼へ挿入した。ちょっと浅い挿入だけど、今までよりも激しくよがりだした。

「あぁぁ・・・イヤ、気持ちいい」

腰をグリグリと押し付けてくる。もうそんなに持ちそうにない。
僕が少し、休むと

「・・・ゴムある?あたし、持ってるけど・・・つけてもいい?」

「まだ大丈夫・・・危ないときは外に出すから」

そう言いながら、奥深く突き上げた。

「あ・・・中はダメだから・・・んん・・・すごい」

千鶴の時は絶対に付けているので、生でハメるのはすごく久しぶりで、
止められそうになかった。

「あぁ~お母さん・・・・すごくいい。千鶴よりも全然・・・」

僕はお母さんの胎内で、熟した柔肉に溺れていた。

「悪い人ね千鶴には言えないわ。 あぁぁ・・・久我さん、もっと来て」

ハメ撮りがして、この映像を残したくなったけど、今は無理だ。
彼女がビクビクと身体を震わせると僕はがむしゃらにピストンした。

「ああぁぁ・・イク・・もうダメ・・中はダメ。あぁ・・ダメお願い、今日は危ないから・・・いやぁ・・・」

ほとんど同時に果てた。
僕は最初から中だしするつもりだったけど、彼女が大きく動いたのでビュっと子宮へめがけて射精した後は抜けてしまいスカートやソファを汚してしまった。

「ダメだって言ったのに・・・・」

僕はお母さんの足を持ち上げて、ティッシュで拭こうとした。
陰毛のあたりが濡れてへばりついていたが、拭いているうちにドロっと中から白い樹液が出てきた。
お母さんも回復したらしく、上半身を起こすと

「シャワーで洗ったほうがいいかな?・・・久我さん、どう思う・・・」

そう僕に尋ねてきた。

「お母さんぐらいの年齢の人はめったに妊娠しませんから大丈夫ですよ」

僕はデジカメを構えると、一枚撮った。

「キャ・・・やめて」

「千鶴もほら・・・・」千鶴との性交をお母さんに見せつけた。

「え?こんなことしてるの?あなたたち・・・」

初めて目にする他人のセックスに驚いているようだ。
僕はお母さんのスカートの裾を捲ると茂みの三角地帯を連射した。

「ダメ。こんなの見られたら・・・」

「大丈夫ですよ。千鶴は使い方わかりませんし・・・お母さんにしか見せませんから」

スカートのホックをはずし、キャミソールを脱がせてストッキングをガーターだけにした。

「恥ずかしいわ・・・おなかだって、…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ハーレム乱交でのトリプルフェラを思い出してはアソコがビンビンになる
2015/12/04 19:00
2015/12/04 19:00


大学の工学部というところの内情を知っているだろうか?


女子はほとんどいなく、それも冴えない男だらけのむさ苦しい学部。




そんな工学部の連中との旅行で


まったく期待してなかったGWにおいしい体験をしてしまった。




このムフフで興奮する経験のきっかけになるのが、


入学式からつるむようになった仁。




この仁は工学部の中で


数少ないイケメンに部類されるたちの人物。





こいつは宮崎から福岡の大学に来ていた。




仁がGW予定がないなら実家に置いてきた荷物を取りにいくので
浴衣姿の上司の奥さんによろめいてしまいました
2017/05/19 22:00
2017/05/19 22:00
今年、地方から上京し、入社した会社の上司に可愛がられ、上司の家に連れ行かれ夕食をご馳走になっていました。
上司は43歳で上司の奥さんは32歳と若く淑やかで優しい人でした。

7月に上司はシンガポールの支店に2カ月の予定で赴任され、上司から奥さんのところに「時々遊びに行ってくれ」言われ、慰めがてら伺うと喜ばれて
「私一人じゃ夕食が美味しくないから一緒に食べて」と言われ、2回ご馳走になり、金曜日に一緒に花火を見に行きたいと言うので、夕方落ち合って出かけました。

奥さんの浴衣姿は、とても綺麗でした。

帰りがけ、人ごみの中、私の手を握って離れないようにして歩き、途中で和食のお店で食事をし…
夜行バスでのエロ体験談なんて、全部ウソだと思っていました
2017/03/22 22:00
2017/03/22 22:00
とある格安高速夜行バスで東京~名古屋まで行ったんだけど、隣に座ってたのが20歳くらいの子。

髪型はショートカットでウブって感じの大人しめの大学生の女の子だった。

気に留める事もなく、むしろ変な事したら悪いなと思って最初は間隔を開けてた。

ところが3時前にふと目を覚ますと、その女子大生が頭をこちらの肩に乗っけてた。



ここで変態魂がめらめらとww

最初はオレの肩に頭を乗せてるんだから当然、オレの顔はその上。

まずは頭の匂い嗅いだ。

別段シャンプーの匂いもしなかったけど、まずは第一段階で髪の毛舐め。

それも次第にエスカレートして唾を髪の毛に残したw

それでも起きない…
【泥酔】ニューハーフに恋をした
2016/01/22 06:46
2016/01/22 06:46
2ヶ月前、上司に連れてかれてニューハーフパブに行ったんだ。 俺、そういう店はじめてだったけど上司は常連だったみたいで ママに 「あらぁ、久しぶりぃ?◯◯さん」なんて言われてたよ 俺と上司と会社の違う部署の女の子二人の四人で行ったんだけど、 その店で運命の出会いしたんだ。 俺にとってはだけどね… 四人で行って着いてくれた子が5人だったんだけど、 その中にレナ(仮名)がいたんだ。 始めは酒もまわってないし、はじめて来たってのもあって緊張してて 俺、かなり無言で上司のつまらない話しに愛想笑いしてるだけだった。 なんか、他の三人は楽しんでるなぁって…
【Hな体験】転職先の熟女と一線を越えました
2018/05/20 10:00
2018/05/20 10:00
麻子との出会いは転職先の小さな工場でした。得意先での研修を終え、職場のチームのリーダーとして赴任したときです。いわゆるおばちゃんたちに混じって、ちょっと違った雰囲気の彼女が私のチームにいたんです。私35歳、彼女は41歳の時です。 そのときは、それほど気になる存在ではなかったのですが、1年ほど経ったある日の昼休み。ジグソーパズルを会社に売りに来たことがあり、その中に猫とか機関車の絵に混じって、ある有名な画家の絵があったのです。 それを見て、「あっ、◯◯の絵ね」と何気なくつぶやいたのが彼女でした。 おばちゃんには似つかわしくないその言葉。それから色々話をするようになり、また…
【青姦】私のある日の忘れられない中出し体験を書きます。。。
2016/01/17 10:02
2016/01/17 10:02
23の時付き合っていた彼は3つ年上で、

セックスの趣味も似ていました。

デートの前日、お風呂で無駄毛の処理をしている時に、

不意に思いつき勇気を出して初めてオマンコの毛を剃っちゃいました。

剃っているうちに興奮してしまい

オマンコが石鹸とオツユでヌルヌルになってしまいました。

全部剃り終わった後

ツルツルのオマンコを鏡に移して一人エッチしました。

次の日のデートで山道をドライブしている途中私は我慢できなくなって、

運転する彼のズボンのチャックを下ろしパンツの上から彼のモノを触りました。

「だめだよ・・」と言いながら彼のものはすぐに大きくなってきました。

もともと濡れやす…
【Hな体験】童貞くんの筆おろしが癖になりそう
2017/03/31 02:00
2017/03/31 02:00
初めてひとまわり以上年下の童貞くんとした。一応AVとかで流れ的なことはわかってたみたいだけど、緊張してまともに息が出来ない感じだったw おっぱい揉みながら「柔らかい、柔らかい」「女の人の肌って柔らかい」。色んなとこ触って、「柔らかい」を連発してた。マンコもジーッと観察して、クリもそーっと触ったり。 「指入れたい」と言うのでOKしたら、もうそれはそーっとそーっと入れて動かしてた。そういう『お初なんで超ドキドキ&オドオド』してる姿って初めてだったから、ちょっと興奮していつもより濡れた。 愛液が垂れてきたのを見て興奮したらしく、ちょっと激しく指出し入れされてヤバかった。フェラ…
【人妻との体験】若き性欲(1)
2017/06/28 05:21
2017/06/28 05:21
中学1~3年に掛けての話だ。 真面目に学校にも通い、クラブにも参加し日々を過ごしていた。 ただ、性に関しては人一倍興味があった!小学生の頃、友達と毎日のようにかくれんぼ・缶蹴りに明け暮れた。 今から考えると何がそんなに楽しかったのかは判らないが、毎日が充実していた。 リーマンの今とは大違いだ! 缶蹴りには、かくれんぼと鬼ごっこの2つを同時にできる楽しみがある。 これがおもしろい物で、子供が隠れるようなところにはなぜかエロ本がよく見かけれるのはなぜ? 毎日毎日おもしろいくらいに見つかる♪ たまに、『わざと置いてくれてねぇ??』な~んて勝手に妄想。 でも、なぜか人妻物が多かったんだなぁ~こ…
俺の初体験は女友達2人との3P[後編]
2017/05/04 16:49
2017/05/04 16:49
俺が横になって休んでいるとき、亜希が立ち上がろうと床から腰を上げると同時にマンコからタラリと雫が。 愛液と少しの血が混ざった、俺のザーメンだった。 このとき俺は、以前観た、あるAVを思い出した。 そして亜希に「ちょっと待って!そのまま、もう一回座ってくれ!」と頼んだ。 裏ビデオに良くあるシチュエーションで、『中出し→男がチンポ抜く→マンコにズームアップ→マンコから滴るザーメン→画面フェードアウト(END)』というのがあるが、それを思い出し、マンコから滴るザーメンを生で、超クローズアップで見たい衝動に駆られてしまったのだ。 俺が慌てるように言ったので亜希はちょっと驚いていたが、俺の言う…
旅館の柔道部員・・
2018/01/08 14:49
2018/01/08 14:49
去年の夏、俺の彼女だった真理がチェリー坊どもに思う存分突ききられた話です。 真理は学生時代のサークルの後輩で、年は3つ下。 今年で24歳(やられた時は23歳)です。 俺が4年生の時に新人で入ってきたのですが、争奪戦の果てに俺が付き合う栄冠を勝ち取りました。 身長は159センチ、スリーサイズは91(Eカップ)-61-92。 今思い出してもよだれが出るほどのダイナマイトボディでした。 付き合い始めて4年間全て順調でした。 そう俺たち二人に、あの悪夢のような日が訪れるまでは。。。。 真理が就職して1年目の夏。 二人で千葉まで1泊の予定でドライブに行きました。 ドイツ村で遊んだりバーベキューを食べた…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・【痴漢・レイプ】やらせてくれる姉 -きっかけ編-

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・【熟女体験談】夫が病気で入院した時に義父に恋をして濃厚なSEXをする不貞主婦

・【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・

・彼女の裸

・昔おじさんに女装メス調教されていた私と、それを知った上で結婚した妻

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・拾った女子高生7

・ママチャリ乗ったムッチリ巨乳若妻ナンパしたら簡単にやらせてくれた

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[後編]

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・初めての3Pは女友達とその友達とでした

・嫁が妊娠中だから仕方なく超スローセクロスしたら結果wwwwwww

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・僕はいつも以上に大きくなったモノを・・・

・彼女の友人女が逝ったこと無いって言うので・・・

・営業に来た女性を口説き落として生ハメ

・妻子持ちの上司に処女を奪われた20歳のOL

・ビーチで埋まってる俺をJK3人組が囲んでイタズラし始めた

・【人妻体験談】密着状態の花火大会でヒップアタック責めの逆痴漢をしてきた子持ち淫乱痴女な他人妻

・【熟女体験談】寝ているところに自宅侵入され、輪姦レイプされた妻が何度も絶頂し快感の世界に酔いしれていた

・すごくビックだった英会話教室の白人の先生

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[前編]

・■温泉旅館でマッサージは気持ちよかった

・押しに弱いJKは、生理でも簡単にやらせてくれました

・友達の彼女が穿いていた白いパンスト

・人妻の家で旦那の留守にHするのは興奮するけど緊張もハンパない

・【驚愕】手●ンした指を女に嗅がせた結果wwwwwwwwwwww