寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

杉本彩似のドSお姉さん。

2018/06/14 21:01



二十歳そこそこで就職して三流企業。
でも仕事は楽しく別にイヤじゃないし
だんだんと面白く感じる年代になり二十二歳。

小さいクレームで出向いた中企業の応接室。
すいませんでした。と頭を下げるが
お相手の会社は怒り心頭でガミガミと小うるさい。
けれど誠心誠意の謝罪とそれに伴う対応で
(もちろん俺一人だけじゃなくみんな手伝ってくれたおかげ)
相手先社長も
「まぁまぁちょっと熱くなってしまったよ、わはははは」
と笑い終えたころ…

応接室にお茶を運んできた女性に思わずハッ!!っとなった。
容姿はすらりと伸びた脚、胸は大きくなくバカっぽさもない
洗練されたイメージで都会風味な化粧は彼女の顔を一層際立たせる。
名前も知らなかったが、胸の所の名札を見る。
仮に「杉本さん」としとく。

杉本彩の様な華奢で綺麗なんだけど
どこか可愛さを残す女性で(賛否はあると思いますが)
吸い込まれるような肌の白さ、折れそうな腕の細さ
けれどガリガリという訳じゃなく、しなやかな筋肉。
インナーマッスルとでも言うのだろうか、女性らしいラインを
描いていた。

「こんにちは」と言うその唇に
思わず貪りつきたくなる。じーっと凝視していたんだと思う。
杉本さんは「お、お茶どうぞ?」とお茶と俺の顔の間で視線を
上下させている。
屈んだ時に見えた胸元はすべすべな肌を連想させ
ストッキングに包まれた脚はそこにぶっかけたい衝動に駆られる。

社長「ん?あぁ初めてか?うちの杉本さん、先月入社したばかりだ、よろしくね」
俺「あぁ、よ、よろしくお願いします。」
杉「こちらこそ」

最初の出会いはこんなもんだった。年上の綺麗なお姉さん。
そんなイメージ。綺麗で可愛げがあってああいう人とお付き合い出来たらなぁ
なんていう高嶺の花。諦めの境地。
簡単な挨拶と名刺交換と彼女が入れてくれたお茶を飲む。
だけれど翌週から急展開を見せる事となった。

翌週初め再びお相手の会社へ、今度はクレームではなく
新製品の意見調査。会社の玄関で挨拶していると杉本さんが
やってきた。俺は緊張していた。一目惚れでもないけれど
綺麗な人の前だと緊張する。
「こんにちは!」
「あら、こんにちは」

少し雑談をする。
お酒が好きな事もわかり、機会があれば行きましょうね?と
さり気無く言われた。
だけれど俺は期待に胸が張り裂けそうな感じでドキドキ感が
止まらない。綺麗な人とお酒が飲める。

とんとん拍子に話は進み顔を出すと「週末行きます?」
と言われた。特段予定もないのであっさりOK
会社にバレてもまずいので、ちょっと離れた駅の
居酒屋へ腰を下ろす。お互いの故郷とか住んでるところとか
いろいろ話して宴もたけなわ。

ドSだったorz
飲み始めてから一時間半程度。
「俺君はさぁ?」とか口調が絡み口調に。
なんだよこいつ!とは思ったが、終盤にかけてはかなりキワドイ話に
彼女いるの?から始まった話はオナニーするの?
いいSEXしてるの?どういう体位が好きなの?と笑いながら質問攻め
一個一個正直に答える俺。

すると「家でのもっか!」と立ち上がりお会計。
タクシーで杉本さんの家に。
軽く飲み直して遅くなったので「そろそろ帰らないと…」と
立ち上がった。

「ゲームしない?」といきなり言い出す杉本さん。
なんのゲームなんだろうと思ったいた矢先、なんかロープとか出された。
後は床に敷かれたツイスターゲーム。
「これ知ってる?楽しみながらダイエット出来るんだって!」
「え、知りませんでした」
というとこうでしょ、こうでしょ?とか言いながら俺の手を縛ってる。

「んで俺君は男だからハンデで腕縛りま?す」
「え?なんでです?」と最初は笑ってたんだけど
杉本さんの顔がちょっと変わってきた。
ちょっと色っぽいというか、もともと色っぽい感じだったんだけど
さらに頬を赤くしてるみたいな、ボーっとした感じがエロく見える。

この時杉本さんは着替えて室内着ジャージみたいなのを
来ていたんだけど、あれ?酒でもこぼしたのおかな?と
思ってた股間の小さいシミは明らかに濡れてた証拠。
人の腕縛ってる時点で微妙にはぁはぁ興奮してる様に見える。

手首を完全に固定される。
「動ける?」
「いいえ、全然動かないですよ」
と体をくねくねしてみせる。
「じゃ脚もねーーーー」とか言いながら
俺を突き飛ばしソファにごろんとなってしまった俺の身体を
またぐようにしてお尻をこちらに向けて太ももに座る。

ジャージのシミが明らかになってくる。
何かをこぼしたなら丸いシミになったり垂直面なら垂れて状態でシミが
出来るはずなんだけど、お尻の割れ目に沿ってシミがある。
シミというか滲んでる感じ。下着のラインがうっすらと浮き出てて
ちょっとドキドキした。

「両手両足縛ったらゲームできないですよ?」
「大丈夫だよ」
その大丈夫だよの言葉を信用しちゃいけなかった。

「こういうの好き?」
俺の脚の上でくるりと向きを変えて正面になる。
いきなり両頬をうにゅっと抱えられさらに
「いじめていい?」

俺は即座に「ダメ」と答えた。
「やだ」
不貞腐れたような言い方。

「杉本さん、冗談きついよ?痛いから外して下さいよ?」
「やだ」
なんか怒っている様だ。

カチャカチャ
ベルトに手がかかる。
「ちょっと!杉本さん!ちょっと!」
シカトしている。ソファで向きを変えようとするが
杉本さんが上に乗ってる関係でなかなか寝返りがうてない。

トランクス状態になってしまう。
「杉本さん?」
それでもシカト。

すると指が、優しくトランクスの上からなぞる。
思わずピクンと体が反応してしまう。
「きもちいい?」
「え?ちょ、杉本さんまずいですよ」

ずるりん。
いきなりトランクスを下ろされる。
勃起したちんぽがあらわになる。
「じゃこんなのどう?」

優しい綺麗な手がちんぽを握りしごいてくる。
この感覚はヤバい。
「うっ、でも…杉本さんダメですって」

「俺君って意外といい形してるね、私好きかも」
俺の話など聞かずしごいてくる。
「ほらほら、どんどん大きくなっていくよ?」
先端に充血して敏感さが上がる。

しばらく無言でしごいてる。でも俺だってそんなに我慢できるものじゃない。
「俺君いきそうなの?息遣いが荒いよ」
「あぁ!杉本さんいきそうです!」

「ん?いきたい?いきたいの?」
「だめ、もういきそう!杉本さん!」

「じゃいかせてあげな?い」
意地悪そうな目つきで俺の視線を舐める。
手が離されたちんぽはひとりビクン、びくん、と脈打ちながら
ひくひく動く。

ジャージの股間部にはすでに湿り気が感じられて
音さえしてきそうな位濡れている。

「いかせて欲しい?」
「はい」
自然と答えていた。なんだか従順な自分がいた。

「咥えて欲しい?」
「はい」
「こんなにいっぱいエッチな液出しといて?」
「そ、そんな」
口調が完全に攻め口調で主導権は俺には無かった。

「私のも見たい?」
「はい」
「じゃしっかり見て、その後綺麗にしなさい」
「はい」

ジャージをするりと下半身だけ脱ぎ
俺の顔を跨ぐ。
トイレでも行ってビデでもしてきたのだろうか
濡れているのに嫌な臭いは全くない。
綺麗なピンク色の穴周辺に小粒なクリが奥から顔をだし
アナルは黒ズミもなく、綺麗な形だった。

「見て!」
「はい」
「どう?」
「綺麗です」

完全に相手のペース。逃げ出そうとも思わない。
はやく抜いてくれ!その思いだけが駆け巡る。

「杉本さん!」
「彩様って言いなさいよ」
「え?」
「彩!下の名前は彩」

「彩さん…」
「彩様でしょ?」
「はい彩様」
「よくできました、綺麗にするのよ」

そのまま股間が顔に迫ってくる。
強く押し付けられ息がすえない。吐けない。窒息する。
「どう?私の?」
何も言えない。

「俺君の、ほら!びくびくしてるじゃない!やらしいちんちんね」
ビラビラも気にならない位収まっていて、綺麗なあそこに俺は

むしゃぶりついていた。両手が使えればアナルからなにから
広げてでも舐めただろう。

なぜ自分が縛られてちんぽいじられて、さらには
跨られて彩さんのあそこを舐めながらちんぽびくんびくん
させているんだろう?
こんな綺麗な人に苛められて喜んでる自分がいる。
完全にMに目覚めた瞬間を自覚した。

「えっちな液体がいっぱい溢れてきてるわよ!ほら!」
亀頭をぐるんと指で円を描くようにこする。
舐めながらでも「うーうー」唸ってしまう。

「そう、そこ!いいわ、いい!もっと吸って!クリ吸って!」
リクエスト通りにちゅーちゅー吸い、真空状態のようにし中で転がす。
「はぁぁぁ、いい、すごい俺君!俺君上手!、きもちいい!」
上手と言われて気をよくした俺。
しばらくちゅーちゅーぺろぺろを繰り返す。

「じゃちょっとだけご褒美あげちゃう」
身体を小さいく折り畳み69の体勢に。
唇に亀頭が飲み込まれる。あっという間にぬるぬるとした彩さんの口の中。
「あ?ん、さっきより大きいよ?」
でも咥えてる姿は俺からは見えない。

根本まで咥えてじょじょに上り、滑り落ちる様に一気にまた根本まで。
負けちゃダメ!みたいな対抗心が浮かぶ。
さらに一段と激しく吸い上げ舐める。
顔中彩さんの汁だらけでべちょべちょだ。

「ん?だめぇ、真剣に出来なくなっちゃうよぉ」
それでも負けじと尻の割れ目に顔をうずめる。
「あ、だめ、だめ!イク!イっちゃうから!!」
クリがじゅんっと音を立ててるみたいに充血する。

「入れて!舌入れて!」
下顎でクリをこすりながら舌を入れる。
でもなかなか入るもので…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
精薄の彼女(その後)
2016/07/24 05:01
2016/07/24 05:01
その後の進展ですがTは事情により美香の母親とは逢えずそのまま。美香を紹介した埼玉の男性から連絡あり、美香と連絡が取れずに心配 とのこと、しかし私も変更されたメアドは知らないのでその旨伝えると 直接家に向かう様でした。結局、私もメアド知りたいし、久しぶりに美香のマン○に中出ししたい ので埼玉男と一緒に美香家訪問となりました。平日昼間ここの界隈はひっそり静まりかえりのどかな田舎町です。 こんな所で知障の女が輪姦されるとは・・・。呼び鈴を鳴らすと??出てきません、裏手の居間の窓から覗いて 見ると、居ました、お昼寝中です、窓をトントン叩くと目を覚まし お庭からお邪魔しました。美香の携帯を確認し、メアド…
【Hな体験】くじらと猫になった私
2015/11/26 15:00
2015/11/26 15:00
やっぱりサイトで知り合ってすぐに会うのは怖い。話してみて性格が合うかも結構重要だし。 1ヶ月のやりとりをして先週逢いました。 知り合ったサイトの“即アポ”の中での写メだと微妙だったけど、会ってみたら笑顔の素敵なリーマンでした♪居酒屋で2時間ほど雑談して、ホテルに行くと思いきや彼の家へ。 メールで『お互い、会ってみてストライクならエッチ』って事で逢って、話も合うし一回合体だな!と、手を繋いで彼の家へ到着。 部屋に入るなり、あごをぐいっと持たれてディープ・・・。口がおっきくて既に食べられしまったみたいで、もうじわっときちゃって、でも悔しいから感じてないふりをしながらベッドへ♪…
【レイプ・痴漢体験談】人妻・ゆかり(3)
2017/02/06 08:16
2017/02/06 08:16
確かに、焦らされて反応してしまっているのは、否定できなかった。ゆかりは、自分がこんな単純な反応をしていることに驚く。確かに余りされたことは無い行為だが、それにしても。下腹部の中に熱い塊があるような感覚がある。そして、それがゆっくりと溶けていき、液体となる感覚も。なかなか触られない陰核が、ぴくぴくと痙攣している。肩が上下してしまっている。神崎が指摘したとおり、鼻息が荒くなっている。下着をなぞっている神崎の指が止まった。「困りますね、まだ何もしていないのに」「唾液には色んな用途があり-----ます。殺菌剤だったり、緩衝材だったりね。  でも、膣分泌液には一つしか用途がありません。性交時の潤滑剤で…
★マッサージサロンに来店する女性
2017/09/26 11:47
2017/09/26 11:47
 私は小さいながらにマッサージサロンを開業して頑張っている既婚者です。マッサージやリラクゼーション系の業態に興味があって、脱サラして独立しました。昔からセックスの時の指テクが好評で、人から「気持ちイイ」って言われるのが楽しくて、それを仕事にしたいと思っていました。さすがにAV男優や出張ホストは難しいですので、違う道で考えた結果です。

 先週の日曜日に、以前に3回目ほど来店してくれた女性がきました。名前は「優里」ちゃんと言って26才のOLさんです。見た目は凄く地味で、髪の毛もメイクもあまり時間をかけない感じが伝わってきました。

 ただ、顔や体の素材として見たらイイ物を持っています。前回マ…
【人妻体験談】嶋(仮名)の体験記
2016/02/14 15:22
2016/02/14 15:22
この話は私が営業をしていて実際にあったお話しです。 フィクションは入れておりませんので他に公開しないで下さい。 あえて事業者名、登場人物名をふせております。 その人は、人妻でした。 仕事の関係で、相手の会社に行った時、お茶を出してくれた、社長婦人(40代)です。 ちょっとハイソな感じで、黒いストッキングがセクシーだったのが今でも、頭にやきついています。 仕事上、何度か会社に訪問し、打ち合わせを重ねる度社長婦人とも言葉を交わす回数が増え、目線がすごく、気になるようになりました。 5回目くらいの打ち合わせのとき、社長婦人は、タイトなスカートに、前あきの白いブラウスをきていて、髪をポニーテー…
深夜の駅前でナンパした人妻に連続で中出しした
2016/05/08 21:00
2016/05/08 21:00
深夜の駅前で歩いていた人妻をナンパした。
最初は無視されたが、ねばって話しかけつづけたら徐々に和んできて、送って行く事になった。近くに止めてあった車に乗せて、取り合えず人妻の家の方向に車を走らせた。
助手席に座った人妻を見ると、グレーでチェックのスカートがふとももが半分くらいまでせり上がって、白っぽい半透明なパンストをはいた脚が艶かしく光っていた。
ロングブーツがふくらはぎまでを覆っていて、さらに淫靡な感じに見えた。


いろいろな会話をしていくうちに人妻も打ち解けてきて、会社の飲み会の帰りだとか、自分の年齢が37才で、結婚して12年経つとか、さらに旦那の事など…
母の新メニュー作成は中出しとともに完成した
2016/05/22 12:00
2016/05/22 12:00
家は小規模ながら中華料理屋をしています。
メニュ−の種類は少ないのも影響してか人気店ってわけにはいきませんが、何とか潰さずに両親は頑張っています。ですが、私が高校の頃一度潰れるかどうかまでなった事がありました。父が身体を壊し3ヶ月程入院した為、母が一人で店を切り盛りしていたのですが、メインとなるラ−メン担当は父だった為、母は悪戦苦闘しながら頑張っていたのですが、次第に客足は遠のいていったのでした。


そんなある日の昼の事、テスト期間だった為昼には家に帰っていた私も店を手伝っていましたが客はほとんど来ませんでした。
2時になったので17時までの休憩時間にしようと店…
玉潰し美少年地獄
2017/07/21 10:28
2017/07/21 10:28
明石誠は、倉敷智也の菊座から、一物を抜いた。智也の菊座から小便が吹き出し、白いタイルの上を流れた。この部屋の床も壁も天井も白いタイルが敷き詰められている。 誠は、四つん這いの智也の股間を後ろから蹴り上げた。「ぎゃあ!」智也は、急所を押さえのたうちまわった。誠は、智也の髪をつかみ、顔を自分の一物に押しつけた。「きれいにしろ。智也」智也は、誠の一物を舐めた。「やっと、素直になったな」誠は、目を細め、股間で動く智也の頭を見ていた。  1 明石大病院は、外から見ると、8階建ての巨大な建物であるが、9階フロアが存在した。そこは、医院長の孫、明石誠のプライベートスペースだった。外界とは、地下から直通の専用…
デリヘル嬢の情【風俗体験談】
2016/09/04 12:10
2016/09/04 12:10
デリヘル嬢が店終わってからホテルに戻ってきたことあったな。
一晩中やりまくり、翌日昼のサービスタイムも使い切った。
結局、その日も泊まり。寝るのを忘れてやったのは、あの子だけ。
半年くらい付き合った。


デリヘルはそれまで2回使ったけどブスだった。
モザ入りの写真じゃ文句も言えまい。やる気にならず、世間話して返した。
決して面食いじゃないが、清潔感のある女じゃないとダメ。舐められないだろ。

なのでその日は受付の兄ちゃんにお任せ。
「新人で、いい子がいますよ。痩せ型、色白。きれい系かな」

本当かよ?と思いつつ、「じゃ、その子で」。
来たときは目を疑ったよ、ちょっと擦れちゃいるが田中美佐子っ…
夏休み限定でアルバイトしていた女子大生との浮気体験談【SEX体験】
2017/05/04 08:47
2017/05/04 08:47
私は36才、妻子持ちの会社員です。先日、夏休み限定でうちの会社でアルバイトをしていた女子大生の送別会があった。事務員(おばちゃん)は欠席し、残り男性社員(ほとんど
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・おまけ

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・中国マッサージ

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・FXで嵌められた慶応卒の女先輩

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・可憐の女店主が全裸で土下座した

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【人妻体験談】上司が妻に会いたいと言ったので上がってもらうことにしたら、妻を寝取られ、妻は知らないうちに上司の恋人になっていた

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした

・【乱交】エアコン修理のおじさん2人に私の体も診てもらった