寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

童貞と処女が旅行した話(1)

2018/06/14 20:01



「童貞が処女と旅行した話」の修正版です(タイトルも若干変更)。初回投稿のものは改行ルールのモロ破りや誤字等のミスのため棄却、こちらを決定版とします。初回版は近々削除します。

 
文中に登場する人物の名前は仮名です。

僕が北海道にある某大学の二年生だった頃の話です。
僕はそれなりに大学生活をエンジョイしていました。
学究の方は良くいえばまあまあでした(悪く言うと…)が、映像制作サークルが楽しかったのです。
先輩方からも僕のつくった作品を褒めてもらえるようになったので、勢いがありました。
同学年のサークル仲間とも、理想的な連携を意図通りに取れつつあったのでやりがいもありました。
 
そんな感じで活動に励んでいた7月頃のことです。
友人である太田から土日の2日を利用して、プチ合宿も兼ね小樽へ旅行に行こうじゃないかという誘いがありました。  
 
「女も二人誘ったからさぁ、そろそろパーッと俺達も弾けようよ」

「いいね」
 
その頃の僕は女の子に興味津々でした。
そのせいかキャンパス内の女の子は皆華やかに見えたものです。
それにも関わらず僕は奥手だったのでなかなか話しかけることができませんでした。
会話を交わすことは出来たのですが声を掛けるのは大抵女の子の方からで、内容も極めて事務的だったので、恋仲に発展することは当然ありませんでした。
 
太田もそんな臆病男だったのですが、容姿はいい男風だったので自分から話しかけることはできたようです。
そんな太田が勇気を振り絞ってサークルの女の子達を誘ってみたら、二人引っ掛ける事が出来たとの事でした。
 
「で誰来るの」

「ええとねぇ。驚くんじゃねえぞ、真希ちゃんが来てくれるんだよぉ。あと冬美も」
 
僕はびっくりしてしまいました。まるっきり好対照な二人だったのですから。

真希ちゃんはとっても可愛い女の子でした。
童顔ですが物腰や喋り方や話す内容が知性を醸し出していて、そのギャップが男達を魅了していました。
学業においても優秀であるらしく、勿論僕らにとっては高嶺の花みたいな存在でした。
 
冬美は、僕は他の友人達と制作チームを組んでいたのですが、そのチームのメンバーの一人でした。
男らしい、いってしまえば、おばさんみたいな女でした。
顔は良さそうに見えるのですがややガサツな態度が目立ち、可愛い女の子としては見られていませんでした。
でもいい奴で、僕は女というよりは戦友(?)みたいな同胞意識を持っていました。
 
そんな二人が来るというのですから、僕は何となく腑に落ちないなぁと感じました。
真希ちゃんと冬美って友達だったのか?
そうには見えないけどなぁ…
だからってあんまり知らない人同士で旅行するってのもなんだか…

「いや実はね、真希ちゃんと冬美はさ、ああみえてダチなんだよ。多分。俺勇気出して真希ちゃん誘ったらさぁOK貰っちゃったんだよぉ。まあ、その真希ちゃんがさぁ、冬美誘ったんだけどね…、楽しい奴だからいいんだけど、むしろ冬美いた方がもっと楽しいんだけどさぁ、俺は真希ちゃんだけの方が嬉しかったなぁぁぁぁ、ぉぃぉぃぉぃ……」

と聞かされて僕は更にびっくりしてしまったのでした。
 
 
旅行当日の朝に、提出するレポートを書くのを忘れて、今からカンヅメで仕上げないと単位どころか進級も怪しくなるという事を、太田は僕に告げたのでした。
 
「御免よ、すっかり忘れてたんだわ」

「よくそんなに呑気で計画を建てられるもんだな、もっと慎重になれよ」

「まあまあ、そんなこんなで俺行けないからさ、お前ひとりで真希と冬美を宥めてくれたまえよ。二人には俺が行けないこと言ってあるから。じゃね」
 
講義棟の前で落ち合おうと告げておきながら出会った頭にこういうことを言う太田に呆然と驚愕と不安と焦燥と憤怒と、まあいろんな感情を抱えつつ、僕はキャンパスを後にして、最寄りの駅に向かいました(大学はその駅から4分ぐらいの距離にありました)。
 
駅の北入口付近で冬美が待っていました。冬美は肩からスポーツバッグを下げていました。
 
「柳原、おはよう」

「あ、はせがわく?ん!おはよ?」
 
挨拶を交わしたのはいいのですが、内心下宿に帰りたくてたまりませんでした。
 
冬美は、疑わしいとはいえ、女の子です。
ただでさえ僕は女の子と接するのが苦手なのに、それに加え真希ちゃんも来るとなると、最早拷問でしかありません。
 
「今日……楽しみ…だね…」

「うん」
 
冬美が笑顔で返してきました。
それを見て僕はびくっとしました。
 
かわいい……。
 
「どうしたの?長谷川君。私の顔見つめて…」

「え」
 
「寝ぼけてるんじゃないの。シャッキリしてよ。あと真希来ないんだって」

「え?ああ……」
 
いつもの冬美がいました。
顔に微笑みを浮かべていましたが、キッパリとした物言いはいつも通りでした。

「真希ね、太田君を手伝いたいって言い出してね。真希と太田君って学部一緒で講義も同じのとってるでしょ。なにか力になれればだってさ」
 
「そうなんだ」
 
肩の荷が軽くなった気がして、心の内で太田に少しだけ感謝をしました。
真希ちゃんには本当失礼なのですが…。

「じゃあ、今日は旅行やめようか……」

「えー?嫌だよ、そんなの」
 
表情からして期待しまくっているな…。
人として、できるなら他人の期待を裏切りたくはない…。
僕は覚悟を決めました。
 
「じゃあ……二人だけで行く?」

「行こうよ!他の二人の分も楽しみましょうよ」

「…ようし……行くかぁ!」

「その意気だ!男はそうでないと」
 
冬美が僕の肩をがしがし叩きながら笑いました。

 
僕らはプラットフォームで列車が来るのを待っていました。
 
僕は未だにあの笑顔を見たショックが残っていました。
なんと冬美は本当に女の子だったのです。
それもとびっきり可愛い。
あれほど幼さを残しつつ妖艶で愛くるしい笑顔なんて、男だったら出来る訳がありません。
もしかしたらあのおばさんみたいな態度は、自分自身の魅力への無知から来るものなのか?
だとしたらあまりにも勿体無いよな……おばさんよりはおねえさん…でもルックスだけだったら真希ちゃんよりロリかもしれんぞこれは……ほぼすっぴんであれか……肉付きいいなぁえろい身体……冬美はちょっと太め…背は小さい…うぐ、服も女っぽいじゃないか……白のTシャツに緑のキャミソールを重ね着して、下はスリムジーンズかよ……普段は男モノのパーカーを着ているのも稀じゃねえのによ……オゲェ、胸でけぇ!Dはあるぞ……。

「ジロジロ見てんじゃないよ」

「あっ」

「私は別にいいけど、真希とかにそういう眼向けてたら、気持ち悪がられるよ」
 
冬美が呆れ気味に微笑みを返していました。

それで僕は我に帰ったのですが、冬美の髪が栗色のショートボブに変わっているのに気づき、僕は更に混乱してしまうのでした。
まさに僕好みの髪型だったのです…。
 
「髪…切ったんだ…」
 
「あ、気づいてくれてたんだぁ、うれしい?。長谷川君ってそうゆうの無頓着かと思ってたんだけど、ちゃんと気づいてくれてるんだ」
 
「え、や、さっきまで気づかなかったんだけどね……」
 
「なんだ、ガッカリ」
 
なんだか恋人の会話みたいになってきました。
僕は冬美とは今回できるだけ距離を置いていこうと心に決めていたので、あまり喋らないようにしました。

列車が来て、僕らはそれに乗り込みました。
早朝だったので乗客もまばらで、僕らの乗った両には僕ら以外いませんでした。
僕と冬美は向かい合って座りました。
列車が発車すると僕らは沈黙しがちになってしまいました。
 
「……つまんない」

「え、なにがぁ」

「なにがぁ、ってあんたねぇ、こんなにつまんない男だとは思わなかった」

「え、なによそれ」

「なによ、って自分で気づきなさいよ。私と全然話さないでさ」

「ええ?」

「楽しい旅行よ?楽しくない」

「ああ」

「もてなしてよ。私を、ええと、恋人であるかのようにさ」

「まさかぁ。ヘッヘッ」

「馬鹿野郎。死ね」
 
冬美が本を読み始めました。
 
「初心者でもわかるけいざいがく入門……?お前経済学部生じゃねえのかよ」

「……だってわかんないんだもん」

「うわぁ。お前馬鹿か」

「うるせえ。教養が楽だったのがまずかったんだよ」

「バ?カ」

「私に教えてみろよ」

「残念。わたくしは文学部生です」

「……」

「お?泣くのか?ヘッヘッ」
 
そのうち僕も本を読み始めました。
 
「何読んでるんだよ」
 
「ハルキ・ムラカミだよ。日本文学を学ぶ者にとっては基礎教養だね。基礎の基礎よ」

「村上春樹ってセックスの描写上手いよね。情緒的な興奮がある」

「え……ま、まあ……」
 
僕はこんな身もふたもないことを言う冬美に少々戸惑いを感じました。
冬美は普段はセックスの話はしないのですが……。
 
「長谷川君ってエロゲとかするの」

「え?なんだよいきなり」

「いや、気になっちゃって」

「しないよ」

「ふ?ん……じゃあオナペット何?私?」

「……????!!」

「顔真っ青だよ」

「…やめろよ。そんな話」

「わぁ、怖気ついた。私をウブの女だと思って。脳内痴女をなめるんじゃないよぉ」
 
僕らはそのうち、えっちな話題にしか興味が無いことに気づきました。
十代の終わりの年頃でしたから、もう煮詰まってこういうことにしか頭が無かったのです。
 
「冬美って処女喪失したの」

「まだ」

「えっちしてないんだ。艶っぽいのに」…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
アルバイト女子との騎乗位セックスで物凄い量の中出し
2017/05/21 05:46
2017/05/21 05:46
54 :えっちな18禁さん:2007/04/07(土) 00:33:33 オレ32歳 彼女21歳 職場にアルバイトで来てた子GET 付き合いだして3ヶ月目かな 『私が上でやってみる~』といわれOkすると・・・ ゴム外されて、入れる時オレの顔見て『ふふ、はずしちゃった』といいニュルっと入った 暫くそのままギコチナイ上下運動、てか出し入れしてない入れたまま前後に彼女が擦るような感じで・・・ オレは<生気持ちエエエーーー>って感触を味わってた 急に彼女が『う~やばい、もうだめ』って中断、その時の彼女の表情をみて急に射精の予感がキマシタ 『やば、いきそうだから』とオレが…
妹感覚で遊んでた女の子が酔ってしまい…【エッチ体験談】
2016/07/24 15:10
2016/07/24 15:10
近所のサークル仲間で、2人ほど妹感覚で遊んでいた女の子がいる。

向こうも前々から「お兄ちゃん欲しかった」って言ってて、ここ最近は事あるごとに遊んでた。

2人とも俺に懐いていて、1回自室アパートに泊まった事もある。(俺+♀2)

その時はまぁ、俺は2DKの別室で1人寂しく毛布に包まってネンネ。

♀2は俺のベッドで寝てた。

A(♀・20・ポッチャリ)。先に知り合った仲のいい子、こっちの方が好み、彼氏持ち。

B(♀・20・ナイチチ)。後から仲良くなった子、好みではないけれど話が合う。

Aを狙うがためにB同席でもいいかな、なんて思ってた俺。


2人の就職祝いに飲みに連れて行く約束をしてた…
寝ている叔母に舌を這わせたら…
2016/04/06 06:00
2016/04/06 06:00
俺の叔母は、オッパイとお尻が大きな肉感的な人で、目の前を通るたび
「スカートの中に頭をもぐりこませたい」といつも願っていた。
 叔母は、小3の子供(男)の他に、母方祖母と母方伯父(独身)と一緒に
暮らしていた。叔母の夫は単身赴任で、年に数回しか帰ってこなかった。
 去年の夏、憧れていた叔母の寝室へと忍び込んだ。叔母の部屋からは、夜
飲んだと思われるアルコールの匂いが立ち籠めていた。


ナツメ電球に照らされた部屋の中は適度にクーラーが効いていて、叔母
は、タオルケットを腰の辺りまで捲り上げて、スヤスヤ寝息を立てていた。

 俺の目には、ムッチリと熟れた…
【痴漢・痴女】近所の夫婦と露出プレーにハマってしまった私達
2015/12/08 05:21
2015/12/08 05:21
深夜のアダルトショップ。「あっ、どうも」見慣れた顔・・・近所に住む加藤さんだった。こんな所で会うなんて・・・私はついていない!妻が実家に帰省したので、暇潰しで来たのだが、知り合いに会うとは!「こんな所で、奥さんに怒られませんか?」 「いえ、今日は妻は居ないんですよ」「そうでしたか?そんな時でないと中々こんな所来れませんよね」「え~まぁ」   恥ずかしかった。「私もね、好きなんですよ。こっちの方が・・・」全く照れる事も無く、加藤さんは話しかけてくる。「奥さん、大丈夫なんですか?」「あ~家は全然OK!向こうに居るんです」「えっ・・・一緒に?」「そうなんです。お互い好き者で・・・」「羨ましいですね…
美人で嫌われている雑貨屋店長を泥酔しさせてフェラチオさせたエロ話
2015/09/21 11:30
2015/09/21 11:30


昔バイトしてた雑貨屋の店長が女で、超生意気で皆から嫌われていた


確かに美人でスタイルは良いのだがそれを鼻にかける所があり


バブル時代に散々遊んで高飛車になってしまった行き遅れの30代って感じだ


でも俺はバイトと割り切ってたんで、


店長に腹を立てても顔にはあらわさないでいた


そんな俺だから店長もどんどん調子に乗ってゆき、


他のバイトのミスも俺のせいにするようになってきた


いい加減に辞めてやると思っていたある日、店長は俺を食事に誘ってきた


辞める事を切り出すのには丁度いいチャンスと思…
LINE で妻の・・・投稿者さんへ
2016/12/30 05:01
2016/12/30 05:01
僕も同じような経験者です。僕の場合は友人にネットの素人投稿画像に おまえの嫁らしい女が載ってるぞと教えられたのです。 僕はまだ33歳ですが昨年離婚しました。 普通に子供も生まれ幸せな家庭だと思っていたのです。 妻は一つ下で中肉中背の平凡な女でしたが僕には最高の女だと思っていたのです。ある日、友人から電話で間違いかもしれないけど おまえの嫁にそっくりな女がアダルトサイトに載ってると言われたのが最初でした。 友人は何気に見てたらしいのだが十数枚アップされた画像の数枚に1歳に満たない赤ちゃんと一緒に写った女の服装が見覚えがあって 1年前に家で友人たちと撮った集合写真を見たら嫁が着ていた服装そのものだ…
飲精そして結合
2016/07/19 01:01
2016/07/19 01:01
45才の私の密かな自慢は彼(大学生の息子の家庭教師)が20才と言う事です。 「もうだめ」その言葉と同時に私の喉目掛けて彼の精子が飛んできます。付き合いだして初めのころは、挿入はさせませんでした。私の罪悪感があったためです。だから、もっぱら彼は私の口の中でいっていいました。 彼はそれなりに満足してくれていましたが私が耐えられなくなっていました。 ある時、「今の状況(口での発射)で満足なの」「一つになりたいけど…」と寂しそうにいいました。 私はそのとき初めて彼の前でショーツを脱ぎました。それまでは胸しか許していませんでしたから。 横になり少し足を開き迎えの体制をとりました。彼が上になり挿入してきま…
バイト先のお姉さんにセックスを教わった
2016/03/27 20:12
2016/03/27 20:12
266 :ラガーボーイ ◆Rd1Y2pgW56 :03/07/19 19:40  高校時代,ラグビー部に入ってた僕は夏,冬,春休みしかバイトができませんでした。 これは高校2年生の冬休み,午前中はラグビーの練習で午後はあるお店で バイトしてたときの話です。  その店には,店長さんと本社から日替わりで来る社員さんとパートのオバチャンと 僕のような学生アルバイトがいました。 そのパート組の中にひときわ若い24歳のおねーさんがいました。 背は少し低めで華奢な体つき,顔は小さく目が大きく鼻が高く,当時は岡村孝子に 似てると思ってました。&…
寝取られマゾ夫【体験談】
2016/03/16 00:30
2016/03/16 00:30

「なぁに、今日もカレとどんなふうにしたか聞きたいの?しょうがないわね、普通のオナニーじゃもう誠子ちゃんは満足できないんだもんね♪; 大事な妻を自分よりずっと有能な男に寝取られてぇ、あたしとのセックスもカレに禁止されてぇ…あたしとキスするどころか、オナニーするのもカレの許可が必要なくらい、恥ずかしい寝取られマゾ扱いされるのがたまらないんでしょ? ふふ、もうパンティにエッチな染みができてるわよ、誠子ちゃんはすぐクリトリスからお汁を噴いちゃうんだから♪;」

「そろそろあたしとカレのセックス、直に見学したいんじゃないのぉ? あたしの話を聞いて惨めにクリちんぽシコシコするだけじゃなくてぇ、いつも家…
【レイプ体験談】三角関係
2015/09/24 10:52
2015/09/24 10:52
高校2年のときの話です。 長くなるので簡単に人物の紹介をしておきます。 ひろし:俺。部活で左腕を骨折して入院してしまいます。 陽子 :小学校からずっと一緒で同じ高校に通う俺の彼女。 由佳 :小学校からずっと一緒で陽子の仲良し。俺のことを異常に思いを寄せている。 高沢 :病院の担当看護婦26歳。事務的で性格が悪く、俺の嫌いなタイプの人。 俺は由佳に何度も告白されていたが、俺は陽子のことが好きだったので断り続け、そして高2の夏についに告白して陽子と付き合い始めた。エッチはしたかったが嫌われるのが嫌でなかなか機会を作れずにいた。 夏休みが終わって・・・ 金曜日:俺は部活で…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】夫とセックスして初めて元カレの大きさを知った私

・高級ソープ行ったら2時間で4回搾り取られた

・【熟女体験談】垂れ乳爆乳な義母と公衆トイレで青姦SEXしていたら男がやってきたので、義母を犯してもらった

・ウブなイケメン君を攻略しました

・【人妻体験談】悪魔の義弟がレイプするように罠を張ったら・・・

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・内定を餌に父親より年上の一流企業の部長に中出しされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・妻の妹と偶然飲み屋で会って盛り上がって・・

・清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら

・夫が不倫してHIV感染

・人妻の先輩に誘惑されて種付けしました

・OLのメンズエステのバイト体験談

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・巨乳の先輩の乳首

・カラオケに行って、後輩の奧さんとキメセクした

・婚活クソババアにならないよう正直に生きる

・私の男とのSEX歴をお話しします

・【不倫】熟女な私がナンパされちゃって・・・。

・【人妻体験談】娘の彼氏だけでなく、夫まで寝取る物凄いヤリマン母

・【熟女体験談】平凡な主婦が初めて「イク」という快感を体験した結果、常にSEXしたいという淫乱になった

・高2の冬、ナースと実際にあったガチのエロ体験

・【不倫】フェラのことを「キス」と言う微乳の元ヤン妻

・礼二の寝取られ実験 パート3(完結)

・夫と別居中の人妻と激しすぎる不倫SEXしました

・旦那さんと別れて俺と・・・

・【浮気】バイト先で知り合ったフェラ上手な短大生