寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

童貞と処女が旅行した話(1)

2018/06/14 20:01



「童貞が処女と旅行した話」の修正版です(タイトルも若干変更)。初回投稿のものは改行ルールのモロ破りや誤字等のミスのため棄却、こちらを決定版とします。初回版は近々削除します。

 
文中に登場する人物の名前は仮名です。

僕が北海道にある某大学の二年生だった頃の話です。
僕はそれなりに大学生活をエンジョイしていました。
学究の方は良くいえばまあまあでした(悪く言うと…)が、映像制作サークルが楽しかったのです。
先輩方からも僕のつくった作品を褒めてもらえるようになったので、勢いがありました。
同学年のサークル仲間とも、理想的な連携を意図通りに取れつつあったのでやりがいもありました。
 
そんな感じで活動に励んでいた7月頃のことです。
友人である太田から土日の2日を利用して、プチ合宿も兼ね小樽へ旅行に行こうじゃないかという誘いがありました。  
 
「女も二人誘ったからさぁ、そろそろパーッと俺達も弾けようよ」

「いいね」
 
その頃の僕は女の子に興味津々でした。
そのせいかキャンパス内の女の子は皆華やかに見えたものです。
それにも関わらず僕は奥手だったのでなかなか話しかけることができませんでした。
会話を交わすことは出来たのですが声を掛けるのは大抵女の子の方からで、内容も極めて事務的だったので、恋仲に発展することは当然ありませんでした。
 
太田もそんな臆病男だったのですが、容姿はいい男風だったので自分から話しかけることはできたようです。
そんな太田が勇気を振り絞ってサークルの女の子達を誘ってみたら、二人引っ掛ける事が出来たとの事でした。
 
「で誰来るの」

「ええとねぇ。驚くんじゃねえぞ、真希ちゃんが来てくれるんだよぉ。あと冬美も」
 
僕はびっくりしてしまいました。まるっきり好対照な二人だったのですから。

真希ちゃんはとっても可愛い女の子でした。
童顔ですが物腰や喋り方や話す内容が知性を醸し出していて、そのギャップが男達を魅了していました。
学業においても優秀であるらしく、勿論僕らにとっては高嶺の花みたいな存在でした。
 
冬美は、僕は他の友人達と制作チームを組んでいたのですが、そのチームのメンバーの一人でした。
男らしい、いってしまえば、おばさんみたいな女でした。
顔は良さそうに見えるのですがややガサツな態度が目立ち、可愛い女の子としては見られていませんでした。
でもいい奴で、僕は女というよりは戦友(?)みたいな同胞意識を持っていました。
 
そんな二人が来るというのですから、僕は何となく腑に落ちないなぁと感じました。
真希ちゃんと冬美って友達だったのか?
そうには見えないけどなぁ…
だからってあんまり知らない人同士で旅行するってのもなんだか…

「いや実はね、真希ちゃんと冬美はさ、ああみえてダチなんだよ。多分。俺勇気出して真希ちゃん誘ったらさぁOK貰っちゃったんだよぉ。まあ、その真希ちゃんがさぁ、冬美誘ったんだけどね…、楽しい奴だからいいんだけど、むしろ冬美いた方がもっと楽しいんだけどさぁ、俺は真希ちゃんだけの方が嬉しかったなぁぁぁぁ、ぉぃぉぃぉぃ……」

と聞かされて僕は更にびっくりしてしまったのでした。
 
 
旅行当日の朝に、提出するレポートを書くのを忘れて、今からカンヅメで仕上げないと単位どころか進級も怪しくなるという事を、太田は僕に告げたのでした。
 
「御免よ、すっかり忘れてたんだわ」

「よくそんなに呑気で計画を建てられるもんだな、もっと慎重になれよ」

「まあまあ、そんなこんなで俺行けないからさ、お前ひとりで真希と冬美を宥めてくれたまえよ。二人には俺が行けないこと言ってあるから。じゃね」
 
講義棟の前で落ち合おうと告げておきながら出会った頭にこういうことを言う太田に呆然と驚愕と不安と焦燥と憤怒と、まあいろんな感情を抱えつつ、僕はキャンパスを後にして、最寄りの駅に向かいました(大学はその駅から4分ぐらいの距離にありました)。
 
駅の北入口付近で冬美が待っていました。冬美は肩からスポーツバッグを下げていました。
 
「柳原、おはよう」

「あ、はせがわく?ん!おはよ?」
 
挨拶を交わしたのはいいのですが、内心下宿に帰りたくてたまりませんでした。
 
冬美は、疑わしいとはいえ、女の子です。
ただでさえ僕は女の子と接するのが苦手なのに、それに加え真希ちゃんも来るとなると、最早拷問でしかありません。
 
「今日……楽しみ…だね…」

「うん」
 
冬美が笑顔で返してきました。
それを見て僕はびくっとしました。
 
かわいい……。
 
「どうしたの?長谷川君。私の顔見つめて…」

「え」
 
「寝ぼけてるんじゃないの。シャッキリしてよ。あと真希来ないんだって」

「え?ああ……」
 
いつもの冬美がいました。
顔に微笑みを浮かべていましたが、キッパリとした物言いはいつも通りでした。

「真希ね、太田君を手伝いたいって言い出してね。真希と太田君って学部一緒で講義も同じのとってるでしょ。なにか力になれればだってさ」
 
「そうなんだ」
 
肩の荷が軽くなった気がして、心の内で太田に少しだけ感謝をしました。
真希ちゃんには本当失礼なのですが…。

「じゃあ、今日は旅行やめようか……」

「えー?嫌だよ、そんなの」
 
表情からして期待しまくっているな…。
人として、できるなら他人の期待を裏切りたくはない…。
僕は覚悟を決めました。
 
「じゃあ……二人だけで行く?」

「行こうよ!他の二人の分も楽しみましょうよ」

「…ようし……行くかぁ!」

「その意気だ!男はそうでないと」
 
冬美が僕の肩をがしがし叩きながら笑いました。

 
僕らはプラットフォームで列車が来るのを待っていました。
 
僕は未だにあの笑顔を見たショックが残っていました。
なんと冬美は本当に女の子だったのです。
それもとびっきり可愛い。
あれほど幼さを残しつつ妖艶で愛くるしい笑顔なんて、男だったら出来る訳がありません。
もしかしたらあのおばさんみたいな態度は、自分自身の魅力への無知から来るものなのか?
だとしたらあまりにも勿体無いよな……おばさんよりはおねえさん…でもルックスだけだったら真希ちゃんよりロリかもしれんぞこれは……ほぼすっぴんであれか……肉付きいいなぁえろい身体……冬美はちょっと太め…背は小さい…うぐ、服も女っぽいじゃないか……白のTシャツに緑のキャミソールを重ね着して、下はスリムジーンズかよ……普段は男モノのパーカーを着ているのも稀じゃねえのによ……オゲェ、胸でけぇ!Dはあるぞ……。

「ジロジロ見てんじゃないよ」

「あっ」

「私は別にいいけど、真希とかにそういう眼向けてたら、気持ち悪がられるよ」
 
冬美が呆れ気味に微笑みを返していました。

それで僕は我に帰ったのですが、冬美の髪が栗色のショートボブに変わっているのに気づき、僕は更に混乱してしまうのでした。
まさに僕好みの髪型だったのです…。
 
「髪…切ったんだ…」
 
「あ、気づいてくれてたんだぁ、うれしい?。長谷川君ってそうゆうの無頓着かと思ってたんだけど、ちゃんと気づいてくれてるんだ」
 
「え、や、さっきまで気づかなかったんだけどね……」
 
「なんだ、ガッカリ」
 
なんだか恋人の会話みたいになってきました。
僕は冬美とは今回できるだけ距離を置いていこうと心に決めていたので、あまり喋らないようにしました。

列車が来て、僕らはそれに乗り込みました。
早朝だったので乗客もまばらで、僕らの乗った両には僕ら以外いませんでした。
僕と冬美は向かい合って座りました。
列車が発車すると僕らは沈黙しがちになってしまいました。
 
「……つまんない」

「え、なにがぁ」

「なにがぁ、ってあんたねぇ、こんなにつまんない男だとは思わなかった」

「え、なによそれ」

「なによ、って自分で気づきなさいよ。私と全然話さないでさ」

「ええ?」

「楽しい旅行よ?楽しくない」

「ああ」

「もてなしてよ。私を、ええと、恋人であるかのようにさ」

「まさかぁ。ヘッヘッ」

「馬鹿野郎。死ね」
 
冬美が本を読み始めました。
 
「初心者でもわかるけいざいがく入門……?お前経済学部生じゃねえのかよ」

「……だってわかんないんだもん」

「うわぁ。お前馬鹿か」

「うるせえ。教養が楽だったのがまずかったんだよ」

「バ?カ」

「私に教えてみろよ」

「残念。わたくしは文学部生です」

「……」

「お?泣くのか?ヘッヘッ」
 
そのうち僕も本を読み始めました。
 
「何読んでるんだよ」
 
「ハルキ・ムラカミだよ。日本文学を学ぶ者にとっては基礎教養だね。基礎の基礎よ」

「村上春樹ってセックスの描写上手いよね。情緒的な興奮がある」

「え……ま、まあ……」
 
僕はこんな身もふたもないことを言う冬美に少々戸惑いを感じました。
冬美は普段はセックスの話はしないのですが……。
 
「長谷川君ってエロゲとかするの」

「え?なんだよいきなり」

「いや、気になっちゃって」

「しないよ」

「ふ?ん……じゃあオナペット何?私?」

「……????!!」

「顔真っ青だよ」

「…やめろよ。そんな話」

「わぁ、怖気ついた。私をウブの女だと思って。脳内痴女をなめるんじゃないよぉ」
 
僕らはそのうち、えっちな話題にしか興味が無いことに気づきました。
十代の終わりの年頃でしたから、もう煮詰まってこういうことにしか頭が無かったのです。
 
「冬美って処女喪失したの」

「まだ」

「えっちしてないんだ。艶っぽいのに」…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【姉との告白体験談】姉とひとつになった
2015/10/29 12:42
2015/10/29 12:42
私が高校2年生の時姉は高校3年でした。 その年の夏休み、両親が揃って福島にある親戚の結婚式に行き3日間姉とふたりっきりになりました。 私としてはそのころからオナニーを覚えており、女の体には興味がありましたが その日が来るまで全く姉に対して、性的な興味のかけらさえ感じたことはありませんでした。忘れもしない8月2日の夜、自宅で姉の作った夕食を食べていました。 私は確かテレビアニメに夢中になっていましたが、姉は独り言のように「ビール飲んでみようかな・・・タカシいわないでね」 と言うとやおら冷蔵庫からビールをだして飲み始めたのです。 しばらくして(8時頃だったか)居間にいると姉が酒臭い息を吐…
お隣と嫁を交換してみたら完
2018/10/12 22:01
2018/10/12 22:01
嫁が、正人さんにとろけきった顔で 「正人さんのおちんちん、真美のおまんこに入れて下さい!」 そう叫ぶと、正人さんは黙ってベッドに仰向けで寝転ぶ。 「好きにして良いよw」 意地悪くそう言うが、真美は正人さんの上にまたがって、ちんぽを手でつかむと自分のあそこに導いていった。 役目を果たしていないピンクのマイクロミニのスカートをはいて、カップのないおっぱいが丸見えのヒモだけのブラをして、首にはピンクの首輪、頭には犬耳がついたカチューシャ、そんなAV女優みたいな格好で、正人さんの上にまたがって自らちんぽを飲み込んでいく嫁。 俺たちがいつも一緒に寝ているベッド、何度も愛を交わしたベッド、その上で嫁…
【近親相姦】リモコン【体験談】
2016/07/08 18:15
2016/07/08 18:15
携帯のテレビリモコン機能使って、人が見入ってるのを、何度もチャンネル変えた事あるわ。休憩室入る→おっさんが相撲見てる→俺携帯取り出してメールやらウェブやらやるふり→ 相撲、時間いっぱい。立ち合い→その瞬間、関係無いチャンネルに変える→CM→おっさん、何が起こったか理解できず→ テレビのパネル開けてNHKに戻す→取り組み終わってる→次の取り組み、時間いっぱ(ryおっさん、店員連れてきて、「テレビ壊れとるぞ!」て怒ってたw 「見とれ、すぐチャンネル変わるぞ」て暫く店員と一緒に見てたが、チャンネル変わる訳がないw
先輩OLが、女の子だってみんなオナニーしてるんでしょ?と言い始めて
2017/04/09 17:27
2017/04/09 17:27
同じ課のOさんと、会社で一番仲良しのM美先輩と三人で飲みに行った時に、ちょっとエッチな話で盛り上がりました。

その時Oさんに、「女の子だって本当はみんなオナニーしてるんでしょ?」って言われて、私もM美先輩も、「私はしたことないよ」って答えました。
(本当は週に2、3回はしてるんだけど・・・)
でもOさんはあまり信じていないみたいで、何回か誘導尋問みたいな質問をしてきました。

酔っていた事もあり、引っ掛かっちゃまずいと思って、逆にOさんに「どのくらいしてるの?」とか「初めてしたのはいつ?」とか「何をネタにするの?」とか、色々質問しました。
話がますます盛り上がって・・・。

M美「…
【人妻体験談】妻と俺と友人と
2016/06/06 21:39
2016/06/06 21:39
俺=38歳で名前は達也 普通の会社員で顔は良くも悪くもこざっぱりしてると思う。 昔は高身長で痩せ型だったけど最近ちょっと腹が出てきた。 嫁=38歳で名前は美咲 兼業主婦でパートに出てる。 自分で言うのもなんだけどかなりの自慢の嫁。 結構ツンも多いんだけど男を立ててくれる大和撫子タイプ。    手足細長いし括れもちゃんとあるのにDカップ。 顔はまぁ惚れた弱みで美人としか良いようがない。 細めかつ釣り目がちなんだけど睫毛がわっさーってなってる。 付き合い始めは社会人4年目。 実は高校大学とずっと一緒だった。 でも高校の時は一度も喋ったこともなく 大学の時も「一緒の高校だったね」 って入学式とか…
おたがいに寝取りあったカップル旅行
2016/05/05 21:00
2016/05/05 21:00
大学の2年になったばかりの5月の連休に、奈々の別荘に4人で行った。
奈々の彼氏の尾崎は2人きりで行きたかったらしかったが、奈々はどうしてもみんなで行きたいと言い張った。
尾崎は嫉妬深い男で、奈々が他の男と話をしているだけで機嫌が悪くなるような奴だった。
器の小ささもあるのだろうが、2人があまりに釣り合いがとれていなかったことも尾崎の嫉妬の原因だったのかもしれない。


清楚な顔立ちの奈々はそれだけで十分に美人だったが、柔和で上品な雰囲気のおかげで、さらに魅力を感じさせる女の子だった。

不細工で下品な尾崎のどこが良くて付き合っているのか、周囲の誰もが理解に苦しんでい…
経理部のTさんとのエッチ
2018/08/13 16:24
2018/08/13 16:24
可愛い叔母のオマンコに吸い付き、駅弁ファックでアクメに達する
2015/10/10 20:15
2015/10/10 20:15
自分は近親相姦の縁に恵まれていている

あれは、営業で外周りが多くあり、時間の制限は特になく、
自分の都合で廻れ、その日は隣りの市に行っていたのですが、
親戚の叔母の家が近いので寄った時の事です。

「あら、洋ちゃん、寄ってくれたの上がって」

私は近くに来た事を言い、
叔母は嬉しそうに見えたのです。

叔母の名前は美弥子と言い、未亡人

母より8歳年下と聞いてましたが、
見た目はもっと若く見え、
私とそれほど変らない位に見える童顔の可愛い熟女でした

「美弥子さん、昔から若々しいね」

「いやね、何を言っているの、何も出ないわよ
ねえ今日は時間が有るの?ゆっくりして行かない?」

私…
【忘れられない体験】今でも時々オナニーのネタに【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/18 21:39
2017/06/18 21:39
チャットのオフ会での出来事です。たくさんいるチャットの仲間同士の中でも、特別話が合う男性(以後A)がいたんです。顔はオフの時まで知らなかったのですが、けっこうハンサムで何か色っぽい。ちょっと嬉しくなってしまいました。まあ、みんなとそこそこに会話もはずみつつAと私はたまたま同じビジネスホテルに泊まることが、会話中に発覚。部屋番号聞かれて、なんでそんなこと聞くんだよと思ったが、答えないのもなんか自意識過剰だし・・・と思って答えました。 長文になるし、影響ないのでいきさつは割愛しますが、私は一足早くオフから帰りました。で、シャワー浴びて、のんびりテレビ見てたら、部屋をノックする音。オフのメンバー…
彼女の横でデカパイな女友達と
2018/01/06 23:28
2018/01/06 23:28
僕の彼女・里香の友達に生倉裕子(いくらゆうこ)ちゃんがいる。 今は保育園の先生をしている。 身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。 顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。 彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。 里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。 結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。じゃあ、お開きということで眠りについた。 夜中、裕子ちゃんがトイレから出てきた。 僕もあまり眠れず…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[後編]

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・【人妻体験談】痴漢にアナルまで弄られて感じる妻に興奮する夫

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[中編]

・スイミングスクールに妹を迎えに行ったら

・お祭りに参加していやらし事されぱなしでした

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[前編]

・【人妻体験談】ちんぽが大好きで手コキマニアな変態女上司

・【熟女体験談】同じ介護職場の熟女の薄く透けてたブラに興奮し、フェラしてもらった

・不倫相手との甘い甘いSEX行為の告白

・【Hな体験】有名なエロレイヤーの処女をいただいた話

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・

・芽生えたころに

・星の綺麗なキャンプ場でフェラチオ大会

・【盗撮・覗き】トイレから聴こえてきた大好きだった子のフェラ音

・黒ギャルのフェチ料金は破竹値

・社員旅行でパート主婦と・・・

・【熟女体験談】営業のオバハンと飲みに行き、出来上がったオバハンと中出しSEX

・【Hな体験】楽器屋でギターの試奏したら処女のセフレができた

・【人妻体験談】温泉ホテルで偶然知り合った同郷の熟女とSEXし、思いっきり果てた

・タダマンがビックリする程に楽勝