寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】配達先の若妻にマジ惚れし、重い荷物を持って階段で登った後冗談ぽくキスを要求した結果

2018/06/14 18:02


某配達をしていた時の若妻エロ体験です
私の仕事は登録してくれている家庭に食料品などを配達する仕事なんです
基本的に毎週同じルートで同じ家に注文された食料品を配達するんです
一日40~50件くらい回るので約200人の素人人妻と出会えます
とは言っても留守宅も結構あるし50代~60代の高齢おばさんも多いんです
その中に俺のお気に入りの若妻がいました
三十路前後の可愛い若妻でいつもニコニコしてて人懐っこい感じで正直俺はマジ惚れして好きになってしまいました
その可愛い若妻とは一週間に一回は必ず会うわけでだいぶ仲良くなり暑い日にはアイスやお茶を貰ったりする仲に
ある夏の日その若妻のマンションのエレベーターが故障してて
台車が使えず階段で重い荷物を運んだことがあった
子供がまだ小さく買い物に行けないらしく
いつも大量の注文をしてたのでそのときはホントに死にそうになるぐらい大変だった
その事を奥さんに話したらすごく申し訳なさそうにしてたので
「今日は疲れたけど○○さんにキスでもして貰えたら回復するんだけどな」
とすごく冗談ぽく軽い感じ言ってみた
奥さんは一瞬「え!?」って感じの表情をしたけどすぐニヤっとして
「じゃあ今度またエレベーターが壊れた時はしてあげるよ」
とうまくかわされた
さすが海千山千の若妻
しかし俺は諦めない
何故ならかなり本気で若妻に惚れていたからw
その翌週からエレベーターが壊れてないけど使わない作戦を敢行した
真夏にマンションの4階まで階段を使うのは正直かなり辛かったが
奥さんにアピールする為に死ぬ気で頑張った滝のように汗が流れる
「今日も階段で来たから」
「え?エレベーターまた壊れてるの?」
すぐ近くにあるエレベーターを確認する奥さん
動いてるのを確認する
「はい、インチキだからだめ~♪」
「ほら、この汗見てよホントに階段のぼってきたから!」
「うん・・・汗すごいなぁって思ってたけどほんとに階段で来たの?」
「うん。俺は○○さんには嘘つかないし」
「どうして?」
「キスして欲しいから」
「いろんな人にそんな事言ってるんでしょ~?やっぱりだめ」
結局キスはして貰えなかったけど奥さんとの会話で何かひっかる事があった
でもそれが何かはすぐにはわからなかったが
帰りの運転中に奥さんとの会話を思い出していてそれが何かわかった
「いろんな人にそんな事言ってるんでしょ?やっぱりだめ」
この「やっぱりだめ」にひっかかった
一度思ったことを思い直したって事だよな
つまり奥さんは一度は俺とキスしてもいいって思ったんだ!
俺はそう考えてニヤニヤしながら一週間悶々と過ごした
一週間後
また階段を使って奥さんの家に向ったチャイムを鳴らすと奥さんが出てきた
「また階段で来たの?」
俺の汗を見て奥さんが言う
雰囲気的に俺のことを待ってたような感じがした
「うん」
すると奥さんは玄関から身を乗り出して廊下をキョロキョロと見渡した
「誰もいないうちに中に入って」
そう言うと奥さんは俺の手首を掴み家の中に引っ張り込んだ
「ドア閉めて」
俺は言われるがままドアを閉める
ドアを閉めると急に薄暗い感じになって
ものすごく卑猥な雰囲気だし
もの凄く近くに奥さんからの熱気を肌に感じるわでドキドキ!
あとセミの声がやたらとうるさかったのを憶えてる
「届かないからちょっとかがんで」
俺は無駄に身長184cmある164cmの奥さんにそう言われ
少しかがんだ瞬間に
チュッ
っとキスされた
「いつも重い物も運んでくれてるお礼だからねありがとう」
その言い方と、照れた表情があまりにも可愛くて俺は堪らなくなり抱きしめてキスしようとしたら
奥さんに顔をそむけてかわされた
「私のこと好き?」
「俺は好きでもない人にキスなんかしない」
「じゃあいいよ」
俺は改めて可愛い若妻にキスをした
最初はお互い遠慮がちなバードキスだったけど
そのうちハードなねっとりとしたキスになっていった
奥さんの腕はいつの間にか俺の背中に回り手でぎゅっと服を掴んでた
俺は興奮してきて手を奥さんのTシャツの裾から中に滑り込ませようとしたけど
そこで手を掴まれ阻止された
「はい!もうおしまい!」
「え~」
「次の配達あるでしょ?」
確かに、10分以上はキスしてたしそろそろ行かないとヤバい時間になってた
「じゃあ来週続きしよう?」
「わかんない」
微妙な返答だったけど翌週も同じような展開で若妻にキスした
奥さんは”俺にキスをさせてあげてる”っていうスタンスをとってるけど
本当は自分がキスして欲しい
って思ってるのがミエミエでそれが可愛らしくて仕方なかった
でもキス以外のことをしようとするとつねったり抵抗されてできなかった
キス以上さしてくれないのはたぶん旦那とか子供に罪悪感を感じてるんじゃないかなぁとなんとなく思ってました
でも俺のほうは最初はキスだけで満足してたんだけど
初めてキスしてから一ヶ月くらい経ちいい加減我慢できなくなりつつあった
正直奥さんとキスしたあとはいつもトイレに駆け込んでました
無理やり押し倒すことは可能だけど本当に好きになってたしレイプ、強姦みたいな事はしたくなかった
この頃の俺は毎日のように奥さんとどうやったら最後までH出来るかばかり考えてました
自分の事ながら客観的に考えると男ってやつに嫌悪感すら感じるなぁ
なかなか進展がなかったんだけどある日ケータイのメルアドとTEL番を交換した
旦那と子供の名前の入ったメルアドで正直めちゃくちゃ嫉妬しましたが
でもそれ以降もの凄いスピードで関係が進展することに
交換したその日のうちに仕事の合間にメールや電話をするようになり
いつもコンビニの駐車場にトラック止めて休憩してるんだけど休憩時間はほぼ毎日電話してました
内容は仕事のことや子供のことや色んなこと
お互いに相手のことを知りたくて知りたくてしょうがない感じでした
そのうち奥さんの旦那に対する愚痴が増えてきました
最初は
「愚痴ばっか言ってごめんね」
と気を使ってたけど
俺が
「愚痴ぐらいだったらいくらでも聞くよ」
って言ったら電話の90%が旦那の愚痴になったw
俺が憶えてるのだけでも旦那は8才年上で昔一度浮気された問い詰めたりすると過呼吸になるから言えない、
男というよりはもう兄弟みたいになってる子供を産んで以来セックスレス
休みの日はスロットばっかり私を家政婦だと思ってる、などなど
あと俺がケーキが好きだと言うと旦那はケーキバイキングも一緒に行ってくれないなど
俺と旦那をやたらと比較する事も多かったです
細かいのはもう忘れましたがもっと前に俺と知り合ってればよかったとも言われました
そして次に奥さんの家に配達に行く時俺はなんとなく予感めいたものを感じていて
奥さんの家にちょっとでも長くいれるようにもの凄い速さで配達するようにしました
短縮短縮で休憩も切り詰めたおかげで奥さんの家に30分は滞在できそう
そして、奥さんの家のチャイムを鳴らした
「今日はなんか早いね」
「うん、急いで回ってきた」
いつものように廊下に誰もいないのを確認してドアを閉める
「○○に早く会いたかったから急いで来た」
「私も会いたかったよ」
そう言いながら抱き合ってキス
なんか一週間毎日メールや電話してたから
俺の中では普通に恋人みたいな感覚になってた
しかし唇を離すと奥さんが目に涙を浮かべてた
「あ、ごめん!イヤだった!?」
その時はホントにそう思った
なんかやらかしたかと思って
でも奥さんは首を横に振った
「○○君はなんでそんなにやさしいの?ずるいよ」
と言ってさらに泣き出す奥さん
泣かれてどうしたらいいのかわからず
とりあえず肩を抱いて廊下に座らせました
俺も奥さんの横に一緒に座って
左手で肩を抱き右手は奥さんの手を握ってました
しばらく無言でしたがふと奥さんが顔を上げて言いました
「チュウして・」
俺は奥さんが愛いくて愛しくてしょうがなくなり夢中でキスしました
いつも舌は絡めてこない奥さんが自分から俺の口の中に
舌を入れてきて俺もそれに負けじと舌を絡ませました
玄関なのでいやらしい音が風呂場にいるみたいに響いてました
金属製のドアだから音がよく響くのかな、とかやけに冷静に分析
「結婚してるのにこんな事言うのすごく卑怯だと思うけど○○君とはずっと一緒にいたいよ」
「俺はずっと○○の味方だから」
またさらにキスしてると、奥さんが唇を離しウルウルした目で俺の目をじっと見つめてきた
「○○君寂しいんだったらいいよ」
「え?」
俺はその意味がよく分からなかったので裏返った変な声を出してしまった
奥さんは俺を見てクスッと笑い、俺の耳元で囁いた
「い・い・よ」
この時マジで体に電気が走ったような感覚がありました
ちなみに奥さんが言った
「寂しいんだったらいいよ」
ってなんのことかと思ったら後で聞いたところ俺の股間が明らかに勃起していたのに
なんかすました顔して我慢してたのが可愛かったとのこと
そして俺の手が念願の奥さんのおっぱいに触れようとポロシャツの中に手を入れたんだけど、
母乳が出るから恥ずかしいと言われ断念
もちろんそれぐらいで諦めたことに後になって後悔しましたけどね
仕方なく俺の手はターゲットを変更しておまんこのほうに
デニム地のスカートの下に黒いタイツ?みたいなのを履いてたので取りあえずフトモモを弄りつつタイツを脱がした
パンツは白でかなり面積の狭いやつでした
あんまり知識なくて説明できない
あ、後ろは確かTバックでした
下着越しに奥さんのおまんこに沿って撫で始める
その時”フッ”となにかの匂いがした
「んんっ」
奥さんが小さく声を出す何を思っ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
パート仲間の人妻レイプ(4)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/08 06:35
2017/10/08 06:35
斉藤さんは 「んん~~~~~~~・・・」 と声を出しながら体を硬直させて大きくのけ反りました。 再びイカされてしまったのです。 旦那もいる。子供もいる。それなのに一回り以上も年下の俺に乳首を散々弄られ、そして挿入される。次は大嫌いな健太郎に性器を凝視され、舐められ、指でイカされる。 そして最後はこの上無い屈辱を味わったと思います。 大嫌いな健太郎にチンポを挿入され、健太郎のチンポでイカされてしまったのです。 斉藤さんがイッた後も健太郎はそのまま激しく腰を動かし続け 「もっともっと」 と言って激しく突き続けます。 そこからは再び斉藤さんがイクまでは早かったです。 2~3分くらいで 「だめ…
学校の屋上で制服レズしてたクラスの女子
2018/09/13 23:08
2018/09/13 23:08
★出会いの縁って不思議ですね
2017/10/18 14:58
2017/10/18 14:58
 ハローワークで求人検索をしていると、隣にとても良い香りがする女性が座ってきた。当然顔を見る事はできなかったが、とてつもなく甘くて妖艶な匂いがしてきた。首は横に向ける事はできないが、目だけ何とか無理やりその女性の方を向けてみた。

 若く、どちらかと言うとお色気ムンムンの人だった。顔は見えなかったが、(雰囲気だけ見ると夜の商売まではいかないが)セクシーなヒラヒラした服を着ている女性だった。その匂いで急にムラムラきてしまい、もう求人検索どころではなくなった。

 しかし、その女性はそんなに長くはその場におらず、席を立ってしまった。せめて顔だけでもと思い、相手が立った瞬間に顔だけ確認した。まぁ…
【近親相姦体験告白】義理母の痴態
2017/11/16 06:46
2017/11/16 06:46
私は32歳で妻は30歳。子供はまだいません。 妻の母はちょうど50歳ですが、正直義理母を意識しています。 私は営業職で接待も多いのですが、たまたま取引先の部長が 妻の母と昔からの友人で、それがきっかけで取引をするように なったのですが、その部長と飲みに行った時、昔のことを 聞いたんです。 若い時から妻の母は美人で大学時代はかなり人気があったらしくて、 たしかにいまだに正直きれいだと私も思っていたのですが、 なんかそれから義理母を意識するようになりました。 30代で離婚し1人で妻と妻の妹を育ててきたそうで、 取引先の部長の知り合いの会社で経理を仕切っていたそうで、 今は私たちが助…
私もそろそろ浮気癖治さなきゃ・・・
2016/12/21 17:19
2016/12/21 17:19
この前友達のS(女の子)が遊びに来て、私の部屋で飲んでいました。 酔ってきてエッチな話とかしていました。 「すごいエッチな人知ってる」と、バーテンさんのことを話しました。 (バーテンさんはすごく強い人で、エッチ大好きな人です) Sはすごく興味を持ったみたいなので、お店へ飲みに行きました。 閉店までいると、「ちか、遊べるのかな」ってバーテンさんが私の耳元に囁きました。 笑ってバーテンさんをSの横に座らせて、私はバイトの男の子と離れて飲んでいました。 なんだか2人は盛り上がってるみたいで、よく見えないけど触ってるみたい。 Sの声が漏れてくると、バイト君は遠慮がちに「触っていい?」っ…
自慢の姉の下着でオナニーをしてたけど、我慢できなくなった
2016/01/18 02:50
2016/01/18 02:50
あれは3年前の実際にあったことだ。
僕は東京の大学受験のため、2年前から一人暮らししている姉のワンルームマンションに数日泊まることになった。
2歳年上で可愛い系の姉は友達にも自慢だった。
友達から長澤まさみに似ているといわれたことがある。
僕はそうでもないと思ったけど。実はパンティを拝借して、オナニーしたことも何度かある。
電車の中ではいろいろ妄想して受験どころではなかった。
駅で待ち合わせて半年ぶりに会った時、一層女らしくなってドキッとした。
そのまま、恋人のように2人で歩いた。
途中、チラチラ身体を舐めるようにみていた・・なぜかコンドームの自販機に目がいったのも覚えている。 …
隣の可愛らしい奥さんのよがり声【体験談】
2016/01/28 15:10
2016/01/28 15:10

俺はフリーのライターで、一度も結婚歴のない独身の中年男です。

最後に女性と交際したのは29歳のときですから、およそ16年間も恋人がいないことになります。

もともと俺は小説家志望だったのですが、現実はとても厳しいもので、懸賞に応募しても落選続き。

貧乏のどん底状態で、知り合いのつてでライターの仕事を紹介してもらい、それなりの生活ができはじめたころには四十の坂を越えていました。

今は生活のために、小説よりも弱小週刊誌のライターの仕事が中心になっており、女性にアタックするような気力や体力もなくなっていたんです。

仕事場はもちろん自宅のアパートで、将来のことを考えると、不安感に押しつぶさ…
自分で冷静って言っている奴
2017/06/19 23:28
2017/06/19 23:28
今から数年前の話。 俺(20)彼女A子(20)相手B男 当時俺とA子は付き合って2年半、遠距離のため同棲して10ヵ月だった。 俺は週6でバイトをしてて、彼女は週3?4でバイトをしてた。 俺のやってたバイトは日替わり交替で外に出ることがあって、その日は俺の番だった。 チャリンコでいくんだけど、息抜きになるしサボれるからうれしかった。 いつものようにはやく事を終わらせて、ふと家に寄ろうと思った。(彼女は休みだった) コンビニでコアラの絵の書いたお菓子(名前忘れた)などを買い、驚かせてやろうと思いながら連絡せず家に向かった。 家に着き、こっそり鍵でドアを開けたら中にメンズスニーカーが… さらに彼…
可愛い妹カナと一線を越えてしまった
2017/08/10 21:00
2017/08/10 21:00
「ああ、うぅ、あはっ♡」
「うっ!カナ!兄ちゃん、もう逝く!」
「はあ、お兄ちゃん!な…かに、中に!出して!」
「うあらぁぁぁ!!!」
「あっ!、あっ!、あっ!、あっ!いくぅ!!!」
ドピュッ!ドピュッ!
 
 俺は今高校一年生。妹は二つ下で中学二年生。ついこの間、俺たち兄妹は越えてはならない一線を越えてしまった。
 話は今から五日ほど前までさかのぼる。あの日の夕方、両親は仕事の関係で家を留守にしていた。俺はいつもどおり、妹の分と合わせて二人分の夕食を作って、二人で食べた。

「お兄ちゃんのご飯、今日もおいしかったよ」
「サンキュ(笑)食器はいつもどおりそこに置いといてくれたらいい…
■ジョキング中に襲われた体験談
2018/04/24 21:05
2018/04/24 21:05
 川沿いの遊歩道を毎晩ジョギングしてます。途中、大きな公園があって、遊歩道に並行して公園内にも道があります。林と草地に囲まれたそっちの道は土と芝で楽なので、いつもそっちの道に入ります。

 先週、林の影から出てきた人にいきなり後ろから口を押さえられ、茂みに囲まれたちょっとした空間の芝の上に引き倒されました。あっという間でした。膝をついた状態で、無言のまま後ろから胸をつかまれると、体から力が抜けました。

「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【熟女体験談】お惣菜の宅配セールスレディに遠慮なく挿入し中出しを堪能

・あいつのSOS

・【痴漢】痴漢が触りやすいようにお尻を少し浮かせた

・君の精液の味が知りたくなった…という感じかな?

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・女が淫乱になる理由について

・義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え

・【レイプ】イケメンにナンパされてついてったらキモオヤジ3人が

・パチンコで負けた巨乳ギャルとカーセックス

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・男の理性を保つのは難しく崩壊すのは簡単

・【人妻体験談】職場同期入社として知り合った人妻と仲良くなり焼き肉に誘った後、立ちバックで犯し最高の一日を過ごした

・【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

・【熟女体験談】帰りにグラマーなパートのおばちゃんと出会い、車の中で正面座位の格好でカーセックス

・【近親相姦】腹違いの妹とは知らずに妊娠させてしまいました

・・・・妻はヤクザを拒む事は出来ないと悟った

・小学校の挨拶登板に行く途中襲われました

・【乱交】男たちに弄ばれているという恐怖も怒りも忘れて

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・派遣社員の人妻のエッチなお悩み

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX

・乗り合わせたタクシーの女性運転手