寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【熟女体験談】夫に内緒で彼に調教され、SMプレイがとても甘美に感じる体に洗脳された不貞で淫らな痴女熟女

2018/06/14 18:02


2018/06/14 (Thu) 彼と出会う前まで
私は平凡な主婦でした

しかし、彼と会い10年以上が経過し

今では彼に調教されて
私は50歳の変態おばさんになってしまったんです

月に1、2度、夫に内緒で
密会をして不倫しているんです

私は現在も仕事もしていますので
比較的にアリバイが作りやすいんです

彼とは普通の
メル友として出会いました

住まいも近かったせいか
メール交換をし始めてから
2週間後の3月5日に初めて会いました

彼は私より1歳年下の人で
細身で、カッコよく見た目も好印象でした

一緒にお食事し
お話を進めていくうちに
人柄の良さや話の面白さに引き込まれ

夕方帰る頃には

もう一度会いたい

と人妻だという事も忘れ
彼に恋をしていたんです

2度目に会った時
3月15日木曜日でした

市内を見下ろす公園の展望台で、
いきなり唇を奪われました

私も心の準備はできていたのですが

あまりにも唐突だったことと
彼の手が胸に置かれて
ブラの上から乳房を
包み込むようにされたことで
思わず

「嫌、やめて」

と拒否する言葉を言ってしまいました

「ごめん。いきなりで悪かったね
でも、この間、君があんまり
綺麗な人だったので
びっくりしてしまった上に
また会ってくれると聞いて
すっかり有頂天になっていた
君はこんなつもりじゃなかったんだね」

そう言って静かに私から
身を離す彼のばつが悪そうな
それでいてがっかりしたような
顔を見てたら、堪らなくなり

「違うの違うの
あたしこそごめんなさい」

と言って自分から彼の
胸の中に体を投げかけていました

「ほんとにいいのか?」

と聞く彼に黙って目を閉じる私

彼の唇が今度は
遠慮なく私の唇に重なりました

そして舌を絡めあってのキス

長い時間そういていました

唇を離したとき

「二人だけになれるところに行こう
いいね」

彼の言葉に私は
こくんと頷いていました

そこから程近いホテルの中

私達ははじめて体を合わせ
不倫関係になりました

その時知ったのですが

外見からは想像も
出来ないほどの巨根で

そして私が知っている
どの男性よりもsexに
巧みなテクニックと強さを持った
床上手な男性でした

その日は、体中を舐められ
クリなどは頭がおかしくなって
しまいそうなほど舐められて

最初に入れられるまでに、
2度もアクメに達してしまいました

そしてもう欲しくて堪らなくなった時

「欲しいだろう?俺のチンボ
欲しかったら欲しいってお願いしなさい
でないとやらないぞ」

と言ってにやりと
意地悪そうに笑う彼に

「欲しいお願い。欲しいの」

と羞恥に顔を紅潮させていう私

「それじゃあお願いになってないな
それに誰の何が、誰の何を欲しいのかを
ちゃんとわかるように言わないとな」

そういう彼の言葉にまた顔に血が上りました

彼の言っていることは
理解できます

でも、そんな卑猥なことは
夫の前でも言ったことがありません

「アアそんなこと・言えない」

「じゃあ止めようか?」

と言う彼の顔には、
それが嘘ではないような感じがし

「ああん言います
言いますから」

私は彼に言われるとおりに、
恥ずかしいお願いをしてしまいました

「悠美恵のオマンコに
まさしの大きなペニスを欲しいです」

羞恥心で顔を背けていたのですが
更に彼は

「ペニス?そんなもの俺は
持ってないぞ。持ってるのはチンボだ
お前が欲しがっているのは
俺のチンボだろう?
だったらちゃんとそう言え」

「はい悠美恵のオマンコに
まさしの大きなおチンボを
入れて欲しいです」

私は思い切ってそういいました

彼はにっこりと笑って

「こんな美人に
そこまでいわれちゃあ
入れない訳にはいかねえな」

そういうと、私の前に
あの大きなおチンボを突きつけました

それは亀頭の部分が大きく張っていて
心持ち上に反りかえった姿で

血管を浮き立たせながら
ビクンビクンと脈打っているかのようでした

私は絶句しました

夫の物とは比べ物になりません

しかも、黒々とした色あいも
強さを誇示しているかのようで

思わず見とれない訳には
行かないほど

「ほれ、入れて欲しかったら
しっかりとしゃぶれ
これが欲しいいんだろう?」

彼の言葉に私は右手でそれを握りました

握っても私の手では
指が全部回りきらないほど

口の中にもなかなか入らない
亀頭部の大きさに驚嘆しながら

顎が外れるのではないかという
恐怖すら感じました

「しっかり唾をまぶしとけよ
俺のはでかいから入りにくぞ」

彼の言葉に私は従いました

「ようし、もういいぞ」

彼はそういうと私をベッドに寝かせ
あの張りつめた亀頭部を
あてがって来ました

「これが欲しかったんだな」

そう言いながら亀裂に沿って上下させ
クリを擦ったりしながら

「じゃあ入れるぞ」

というと、まるでミシミシと
軋み音が聞こえそうなほどの
強烈な圧迫感で私の中に入ってきました

「アア」

思わず漏れる私の声

「おう~きついマンコだ
これからこのマンコを
俺のサイズに合うように
オマンコを拡張してやろう」

彼はそう言うと
ゆっくりと腰を使い出しました

「ああオマンコ壊れちゃう」

私は思わずそう叫んでいました

根元まで入って来た時
私は彼の首に両腕を絡めて自ら進んで
唇を合わせ貪るようなキスをしていました

その間も彼の動きはゆっくりでした

でも、彼のおチンボは
私の子宮を突き上げ

そしてクリトリスは押し潰されながらも、
確実に擦り上げられていました

その感覚は今まで
私が感じたことのないものでした

そしてたちまち頂上に上り詰め
膣イキしてしまいました

「もう行ったのか?
悠美恵。行きやすいんだな
スケベな女だ」

そう言いながらも彼の
ゆっくりした腰使いは変わりません

私は一度行くと
触られたくなくなるので

「お願い。だめもうだめなの」

と頼んだのですが

「何言ってるんだ。これからだよ
本番は悠美恵が二度と
俺から離れられなくなるように
調教してやるからな」

それからは天国というか地獄というか

彼は延々とあのゆっくりとした
出し入れを続け
スローセックスで調教されたんです

それなのに、あたしは
何度も何度も行き続けて

彼の体に跨って今度は
自分で腰を使っていました

そうすると、入り具合や
クリの擦れ具合などが自分で調節できるので
たちまち私はその行為に
溺れてしまいました

何度行ったのか
記憶にさえありません

ただ、わかっているのは
その時生まれて初めて潮吹きし

私の流した潮にまみれた
彼のおチンボや体を
命じられるままに口と舌を使って
舐め清めているような女に
なってしまったということでした

「よしよし、いい子だな
悠美恵は。お前をいっぱい行かせてくれた
大切なチンボだぞ
これからもそうやって始まりと
終わりにはお前が綺麗にするんだぞ」

彼の言葉に私は泣きたくなるほどの
幸せと喜びを感じ

精液と私の愛液にまみれたおチンボを
咥えながら何度も頷いていました

あれから10年以上が過ぎ去り

彼との密会は
いつもお昼の時間ばかりでしたが
明日は彼と初めての外泊をします。
彼は今では私の大切なご主人様

夫に内緒で
避妊リングも装着しました

50歳でおばさんの私が
クリトリスには小さなピアスも施されています

私は彼の奴隷妻

会っている時は
私は彼の奴隷妻になります

いつも生で精液を子宮の奥に
掛けられることは女の最高の幸せです

そのゾクゾクするような背徳的な快感は
Mっ気のある方にしか
お解かり頂けないでしょうね

彼は最初会った時から
私の中にM性を見つけていたと言っていました

そして、縛られ、お尻を叩かれ
SMプレイ、そして調教されると
とても甘美に感じる体に洗脳されました

夫との性交はもう10年以上ありません

私自身の意志で
夫婦の営みを断っているのです

私の心も体も
本当に所有しているのはご主人様

心の底からそう思っているからです。

不貞で淫らな痴女熟女だと
思われるかもしれまんせが
彼に対する愛情は本物なんです



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
小6のとき2
2016/01/19 03:05
2016/01/19 03:05
結局ズボンを脱いで、Kにちんこを見せた。 そのとき、水着姿のKに(気付かなかったが、水着姿のKはおっぱいが少し膨らみ始めてた)興奮した俺は 興奮してちんこがビンビンになった。 Kも上ずった表情から搾り出すような声で、○○のちんぽでかいね・・・って言った。しばらく見入っていたKが、私だけ見たんじゃ悪いね・・・といって突然水着を脱ぎだした。 目の前の乳首とその周辺がとんがっただけのかわいいおっぱいとワレメ姿のあられもないKを見て 自分のちんこはますますドクドク波打った。 Kはさわっていい?私のもさわっていいから・・・といったのでお互いにさわりっこをした。 Kは、はじめは恐る恐る触っていたが、そのう…
【熟女体験談】職場の可愛い先輩は巨乳過ぎて肩こりが酷いらしいのでマッサージしてあげた
2016/07/09 18:02
2016/07/09 18:02
2016/07/09 (Sat) 何もかも地味な自分は、
人生で一度もモテた事がありません

現在も彼女無しで24歳で女性経験は2人で
それもエッチした回数も数回だけ

そんな女性慣れしてない自分は、
些細なことで興奮するんです


職場の先輩のめぐみサンとの話です。


仕事はかっこよく言えばデザイン関係で、
主にメーカーから委託されて、パンフレットとかポスターとかを作っています。


小さい会社で社員は12人しかいませんが、
仕事は忙しく、作業が徹夜になる事もしばしば。


だいたい2~4人でチームを組んでやるのですが、
自分は去年の10月から、
先輩のめぐみさんと2人で組んで仕事をす…
美乳の看護師さんと
2018/01/13 18:31
2018/01/13 18:31
夢のような話だが、入院中に看護師さんとセックスできたw20代前半の可愛らしい子で、見るからに断れない性格だとわかった。 小柄だけど制服の上から見てもおっぱいはありそうな感じがしてたので、いつもエロい目で見てたw面倒なのでセックスするまでの過程は省く。とりあえずトイレで看護師さんのおっぱいをむき出しにして、立ちバックでDカップの美乳を揺らしまくった。 もちろん生でw退院前の一回きりの約束だったので、思いっきりおっぱいを揉んだりしゃぶったりした! ピストンしたまま!「ちょっと激しいw」って言われたけど、興奮しすぎて構わず突きまくったw生は初めてだったので気持ち良すぎてビビったw 中はダメって言われ…
清楚で綺麗な奥様【人妻体験談】
2016/09/07 12:10
2016/09/07 12:10
H子と会った翌日に梅田のシティーホテルで出会った。
フロント前の椅子にスレンダーな身体で、茶系のスカートに濃紺のサマージャケットを着たK子が座っていた。
清楚で綺麗な奥様で、緊張した面持ちであった。

私は隣の椅子に座りそっと「K子さんですか?」と囁くと、「はい」と軽く頷いた。

チェックインの手続きだけ済ませ、ティーラウンジでお茶をしながらたわいもない話で彼女の気持ちを落ち着かせた。本当に見れば見るほど浮気なぞしそうにない奥さんである。

込み入った話は人目をはばかるからと、用意した部屋へ誘うと、暫く沈黙して下を向いていたが、意を決したように「ええ」と返事をした。私は直ぐに立ち上がり、彼女も…
【痴女】チン味! デパ地下の食文化【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/12 07:45
2017/07/12 07:45
人々が通学、通勤に足を運ぶ駅。30階を越える巨大なオフィスビル、そして午後、買い物客でにぎわう地域に浸透するスーパーマーケット……どこにでもある、いつもの光景。しかし、そこには現代の我々から見て、ひとつの大きな違和感があった。どこにも“男性”の姿が見えないのだ。一体、いつの頃からだろうか。教科書からも消えたその歴史を知る者はもういない。それでは、男はどこにいったのだろうか?……この時代、男性が人々の目に触れる場所は限られている。そのひとつが、デパートの地下にある、生鮮食品売り場の一角にある食肉店だ。店先には、牛肉、豚肉、鶏肉と並んで大きく“男肉”と書かれていた。ショーウィンドウの脇には、両手…
【人妻体験談】妻の性3(第一部完)
2016/03/01 08:14
2016/03/01 08:14
2010/02/06 15:03┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:ほぼ実話「もっとエッチな話聞きたいんでしょ?」私は四つん這いのような姿勢で、胸から上をソファに乗せ、両手で自分の尻肉を開かされています。 ソファに座り股を広げた妻のジーンズの股間に顔を近づけたままです。 妻は自分自身を焦らすように指でそこをまさぐります。 「・・だけど、出したい・・もう・・だめだよ・・・限界・・」「限界って言葉好きよ。私も限界だったのよ・・太いの欲しくて。」「・・・いつ?・・」いつのことを言っているのか・・・西脇にされた後のことなのか・・今朝のことか・・本当に浮気したのか・・・聞きたい・・・その事は話し…
私は弟と朝立ちで1回戦、両親が帰ってくるまでに2回戦3回戦しています
2018/02/28 17:32
2018/02/28 17:32
弟も「いいよー」とかいって、さっそくお風呂わかして、二人で入ったんだけど、おたがいすぐにどきどきしてました。 弟は、私の胸(DかEカップあった)気になってしょうがないし、私は、弟のがすごく大きくなってるのをちらって見ちゃったから・・。 でももうこういうチャンスってないと思って、明るく背中を洗いっこしたり、交代でお湯にはいったり。 弟は手でしっかりあれを押さえてるので、ときどきちらって見えるくらい。 私は、もっと見てみたいので、そうだ! と思って、いきなり弟のわき腹をくすぐってやりました。 弟はくすぐったがりで、わき腹がすごく弱いんです。 弟はくすぐったがってあばれて、そのいきおいで…
【お持ち帰り体験談】ライブでベロベロになってる女子の家で夜這いしてみた(前編)
2016/02/02 09:00
2016/02/02 09:00
季節感無いんだが数年前の年末に持ち帰った話。 いや、泥酔女の家での話なんだけどさ。 ある地方都市の歓楽街で主に呑んでるんだが、たまに行くライブハウスの恒例忘年会。 ステージでもバンドが1グループ2曲でどんどん入れ替わり、客席の方も大混乱。 飲み屋街の有名マスターや有名常連客?がそれぞれのテーブルに座っててその人たちを 見てまわるだけでも楽しいんだが、全体としてはまあ乱痴気騒ぎ一歩手前ってところか。  そんな中に、顔見知りのトモがいた。 30半ばのちょっと気の強いイラストレーター。 大手代理店から独立して景気のいいときは多少の賞もとったり奨学金で 留学したりしてたが、…
【母親との告白体験談】伯父と母の情事
2015/11/12 09:36
2015/11/12 09:36
隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。浴衣の下はノーブラだったため乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性…
【近親相姦】前カノの妹【体験談】
2017/01/23 00:34
2017/01/23 00:34
横浜桜木町のBARカウンターで一人飲んでたら 突然後から抱きつかれ、両手で目隠しされて「だぁ〜れだ!」 何となく聞き覚えのある声だけどサッパリ解からない。 「解かんないのぉ〜」 「しょっくぅ〜〜!」 手を解いて振り返って見たら以前付き合ってた美和の妹 慶子だった。 「久し振りだねぇ〜元気だった?」 「今何してるの?」 「美和は元気?慶子ちゃんは何歳になった?」「元気だったよ」 「今エステシャンで横浜駅の近くで働いてるの」 「お姉ちゃんは去年結婚したよ、知らなかった?」 「私は今年28歳になりますわ!(笑)」「そうなんだー美和は結婚したんだ!」 「慶子も大人になったんだねぇ〜」 当時女子高生だっ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・週末にクッソエロい体験したから話す

・おまけ

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス