寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【熟女体験談】夫に内緒で彼に調教され、SMプレイがとても甘美に感じる体に洗脳された不貞で淫らな痴女熟女

2018/06/14 18:02


2018/06/14 (Thu) 彼と出会う前まで
私は平凡な主婦でした

しかし、彼と会い10年以上が経過し

今では彼に調教されて
私は50歳の変態おばさんになってしまったんです

月に1、2度、夫に内緒で
密会をして不倫しているんです

私は現在も仕事もしていますので
比較的にアリバイが作りやすいんです

彼とは普通の
メル友として出会いました

住まいも近かったせいか
メール交換をし始めてから
2週間後の3月5日に初めて会いました

彼は私より1歳年下の人で
細身で、カッコよく見た目も好印象でした

一緒にお食事し
お話を進めていくうちに
人柄の良さや話の面白さに引き込まれ

夕方帰る頃には

もう一度会いたい

と人妻だという事も忘れ
彼に恋をしていたんです

2度目に会った時
3月15日木曜日でした

市内を見下ろす公園の展望台で、
いきなり唇を奪われました

私も心の準備はできていたのですが

あまりにも唐突だったことと
彼の手が胸に置かれて
ブラの上から乳房を
包み込むようにされたことで
思わず

「嫌、やめて」

と拒否する言葉を言ってしまいました

「ごめん。いきなりで悪かったね
でも、この間、君があんまり
綺麗な人だったので
びっくりしてしまった上に
また会ってくれると聞いて
すっかり有頂天になっていた
君はこんなつもりじゃなかったんだね」

そう言って静かに私から
身を離す彼のばつが悪そうな
それでいてがっかりしたような
顔を見てたら、堪らなくなり

「違うの違うの
あたしこそごめんなさい」

と言って自分から彼の
胸の中に体を投げかけていました

「ほんとにいいのか?」

と聞く彼に黙って目を閉じる私

彼の唇が今度は
遠慮なく私の唇に重なりました

そして舌を絡めあってのキス

長い時間そういていました

唇を離したとき

「二人だけになれるところに行こう
いいね」

彼の言葉に私は
こくんと頷いていました

そこから程近いホテルの中

私達ははじめて体を合わせ
不倫関係になりました

その時知ったのですが

外見からは想像も
出来ないほどの巨根で

そして私が知っている
どの男性よりもsexに
巧みなテクニックと強さを持った
床上手な男性でした

その日は、体中を舐められ
クリなどは頭がおかしくなって
しまいそうなほど舐められて

最初に入れられるまでに、
2度もアクメに達してしまいました

そしてもう欲しくて堪らなくなった時

「欲しいだろう?俺のチンボ
欲しかったら欲しいってお願いしなさい
でないとやらないぞ」

と言ってにやりと
意地悪そうに笑う彼に

「欲しいお願い。欲しいの」

と羞恥に顔を紅潮させていう私

「それじゃあお願いになってないな
それに誰の何が、誰の何を欲しいのかを
ちゃんとわかるように言わないとな」

そういう彼の言葉にまた顔に血が上りました

彼の言っていることは
理解できます

でも、そんな卑猥なことは
夫の前でも言ったことがありません

「アアそんなこと・言えない」

「じゃあ止めようか?」

と言う彼の顔には、
それが嘘ではないような感じがし

「ああん言います
言いますから」

私は彼に言われるとおりに、
恥ずかしいお願いをしてしまいました

「悠美恵のオマンコに
まさしの大きなペニスを欲しいです」

羞恥心で顔を背けていたのですが
更に彼は

「ペニス?そんなもの俺は
持ってないぞ。持ってるのはチンボだ
お前が欲しがっているのは
俺のチンボだろう?
だったらちゃんとそう言え」

「はい悠美恵のオマンコに
まさしの大きなおチンボを
入れて欲しいです」

私は思い切ってそういいました

彼はにっこりと笑って

「こんな美人に
そこまでいわれちゃあ
入れない訳にはいかねえな」

そういうと、私の前に
あの大きなおチンボを突きつけました

それは亀頭の部分が大きく張っていて
心持ち上に反りかえった姿で

血管を浮き立たせながら
ビクンビクンと脈打っているかのようでした

私は絶句しました

夫の物とは比べ物になりません

しかも、黒々とした色あいも
強さを誇示しているかのようで

思わず見とれない訳には
行かないほど

「ほれ、入れて欲しかったら
しっかりとしゃぶれ
これが欲しいいんだろう?」

彼の言葉に私は右手でそれを握りました

握っても私の手では
指が全部回りきらないほど

口の中にもなかなか入らない
亀頭部の大きさに驚嘆しながら

顎が外れるのではないかという
恐怖すら感じました

「しっかり唾をまぶしとけよ
俺のはでかいから入りにくぞ」

彼の言葉に私は従いました

「ようし、もういいぞ」

彼はそういうと私をベッドに寝かせ
あの張りつめた亀頭部を
あてがって来ました

「これが欲しかったんだな」

そう言いながら亀裂に沿って上下させ
クリを擦ったりしながら

「じゃあ入れるぞ」

というと、まるでミシミシと
軋み音が聞こえそうなほどの
強烈な圧迫感で私の中に入ってきました

「アア」

思わず漏れる私の声

「おう~きついマンコだ
これからこのマンコを
俺のサイズに合うように
オマンコを拡張してやろう」

彼はそう言うと
ゆっくりと腰を使い出しました

「ああオマンコ壊れちゃう」

私は思わずそう叫んでいました

根元まで入って来た時
私は彼の首に両腕を絡めて自ら進んで
唇を合わせ貪るようなキスをしていました

その間も彼の動きはゆっくりでした

でも、彼のおチンボは
私の子宮を突き上げ

そしてクリトリスは押し潰されながらも、
確実に擦り上げられていました

その感覚は今まで
私が感じたことのないものでした

そしてたちまち頂上に上り詰め
膣イキしてしまいました

「もう行ったのか?
悠美恵。行きやすいんだな
スケベな女だ」

そう言いながらも彼の
ゆっくりした腰使いは変わりません

私は一度行くと
触られたくなくなるので

「お願い。だめもうだめなの」

と頼んだのですが

「何言ってるんだ。これからだよ
本番は悠美恵が二度と
俺から離れられなくなるように
調教してやるからな」

それからは天国というか地獄というか

彼は延々とあのゆっくりとした
出し入れを続け
スローセックスで調教されたんです

それなのに、あたしは
何度も何度も行き続けて

彼の体に跨って今度は
自分で腰を使っていました

そうすると、入り具合や
クリの擦れ具合などが自分で調節できるので
たちまち私はその行為に
溺れてしまいました

何度行ったのか
記憶にさえありません

ただ、わかっているのは
その時生まれて初めて潮吹きし

私の流した潮にまみれた
彼のおチンボや体を
命じられるままに口と舌を使って
舐め清めているような女に
なってしまったということでした

「よしよし、いい子だな
悠美恵は。お前をいっぱい行かせてくれた
大切なチンボだぞ
これからもそうやって始まりと
終わりにはお前が綺麗にするんだぞ」

彼の言葉に私は泣きたくなるほどの
幸せと喜びを感じ

精液と私の愛液にまみれたおチンボを
咥えながら何度も頷いていました

あれから10年以上が過ぎ去り

彼との密会は
いつもお昼の時間ばかりでしたが
明日は彼と初めての外泊をします。
彼は今では私の大切なご主人様

夫に内緒で
避妊リングも装着しました

50歳でおばさんの私が
クリトリスには小さなピアスも施されています

私は彼の奴隷妻

会っている時は
私は彼の奴隷妻になります

いつも生で精液を子宮の奥に
掛けられることは女の最高の幸せです

そのゾクゾクするような背徳的な快感は
Mっ気のある方にしか
お解かり頂けないでしょうね

彼は最初会った時から
私の中にM性を見つけていたと言っていました

そして、縛られ、お尻を叩かれ
SMプレイ、そして調教されると
とても甘美に感じる体に洗脳されました

夫との性交はもう10年以上ありません

私自身の意志で
夫婦の営みを断っているのです

私の心も体も
本当に所有しているのはご主人様

心の底からそう思っているからです。

不貞で淫らな痴女熟女だと
思われるかもしれまんせが
彼に対する愛情は本物なんです



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【Hな体験】バイト先のカラオケ店にお客で来た爆乳ナース[前編]
2015/10/22 18:00
2015/10/22 18:00
俺がまだ20代前半の頃、下町風の商店街の小さなカラオケボックスでバイトしてた。基本的に早番が多かったので、お客さんはじいさんばあさんがほとんど。 丁度今くらいの季節だったか。 その日もいつもと同じで、2~3組の婆さんが歌ってるだけの暇な日だった。厨房でドリンクを飲んでいると呼び鈴が鳴ったのでフロントに出る。 女の子だ、しかも可愛い。20代半ばくらいだろうか。 奥二重でややキツめの目元だが綺麗な顔立ちで、地味なわけでもなく派手なわけでもない。モデル体型に比べればややぽっちゃりしているように見えたが、女性としては十分魅力的。服装はうろ覚えだが、当時流行ってた普通の女性らしいお…
【体験談】いじめられっ子だったわたしのちんぽがでかいことを知って、女の子たちが群がってきた
2016/07/21 07:30
2016/07/21 07:30

修学旅行初日の夜、いじめられっ子だった私は、いつもいじめられていたSに呼び出されました。


嫌々部屋に行くと、子分達が待ち受けていて、羽交い絞めにされてパンツを下ろされました。


そこまではいつものイジメだったのですが、その時は部屋にSの彼女の由美がいたのです。


当時、“もっこり”というあだ名を持っていた私のナニは大きく、中○生だった自分には嫌な物でしたが、それを女子に見られるという最大の屈辱を味わわされたのです。


その時は先生がやってきてそれ以上の事は起こりませんでした。


が、その日の深夜、寝て…
久しぶりに会った同級生が派手でケバいコンパニオンになってから、野外手コキさせたったwww
2015/10/11 15:07
2015/10/11 15:07
数年前僕がまだ東北のとある田舎町で会社勤めしていたときの話です。 勤務していた会社が社員の福利厚生のためにと所有していた湖畔のログハウス がありました。  そこに取引業者さんを呼び野外でバーベキューなどして、まあ接待みたいな ことが行われたことがありました。  その当時下っ端としてそこにいた僕は先輩や業者さんに気を使いつつ 雑用に追われていたのでした。      そんな時ある業者さんが  「実は今日出張コンパニオンをよんでるんだぁ!!ぐあははっ」  まじで!?(・o・)と一瞬期待する僕!  しかし今日は接待、そんな下っ端の僕に期待するようなことが起きるはずも ないと考え、意外と覚めた態度で「ど…
取引先の新人女性営業【エッチ体験談】
2017/03/08 15:10
2017/03/08 15:10
俺金融機関勤務。
いろんなシステム入れていて、いろんなメーカを使っているから、各メーカが結構値引き合戦とかしていて仕事の取り合いがすごい。
まあ一社だけと仲良く、なんてバブルのころでもなきゃできないけど。

で、新しいシステム入れるのに各社の見積もりの説明を受けていたんだが、ある小さいメーカが営業とSEの2名でSEは30後半の頼りがいのありそうな男で営業がどうみても20代前半のおねーちゃん。
正直このSEが一緒じゃなかったら、俺が上司なら顧客先に一人で出せない頼りなさ。

一通り各社から見積もりを受けたあと、決まるまでの間に各メーカの営業がちょくちょくアポを取って訪問にやってくるんだ…
エッチに興味津々の処女の従妹に中出し性教育
2017/03/27 17:48
2017/03/27 17:48
この前、近くに住む従妹のYと生中出しSEXをしました。
夏休み前に学校で性教育があり、前からSEXに興味を持っていたYが、「SEXを教えて」と言ってきたのがきっかけでした。

Yに「教えてもいいけど初めてだったらすごく痛いけどいいのか?」と聞くと、「我慢するからお願い、教えて」と言ったので教えてあげることにしたのです。

Yはすぐにその場で服を脱いで、自分の服も脱がせお互い全裸になりました。
Yは自分の勃起して大きくなったチンポを見ると、「こんな大きなものが入るの?」と少し不安そうに言いました。
自分「嫌ならやめるよ」

Y「嫌じゃないからお願い」

Yにキスをして、まだ…
キモオタが初恋した顛末 2
2015/09/02 23:10
2015/09/02 23:10

それから、たいして日も経たずして、達也から若葉さんを落としたと報告がありました。


達也「あの年で処女だって言うんですよw 超ビビりましたよw」

僕 「え?それ、ほ、本当?」

社長「ウソだろ、それはw」

専務「ありえんって!」

達也「本当ですよ。すっげぇ恥ずかしそうに打ち明けられましたよw」

僕 「まじかあ・・・」

達也「あまり見ないで!とか言って顔赤らめてるんすよ。意外と可愛かったので、電気消して部屋暗くしてやったら、涙浮かべて、ギュッとしてくるんですよ」

僕 「・・・」

社長「ほう。あの若葉さんがね・・・。意外と可愛いんだな」

達也「結構、年行ってると思ってたんすけ…
【近親相姦】初射精を見られた姉に性教育を受けた
2018/03/27 02:00
2018/03/27 02:00
僕は小学5年生の頃から、毎日、姉の下着を着てオナニーをしてた。ブラにティッシュを詰めてボインにし、可愛らしいパンツからはみ出ているペニスを一生懸命刺激していた。でも、“気持ちいい”の絶頂までいっても、射精はできなかった。 ある日、いつも通り姉の下着を着てオナニーをしていたとき。この日はいつもと違った。ペニスを刺激すると、いつもより気持ち良くて、「・・・あ、ああ。あん」と声が漏れてしまうほどだった。 (今日なら射精できそうだ) そう思った僕は、いつもより頑張ってペニスを刺激した。この頃の僕は、まだ射精を体験していなかった。だから必死でオナニーしていたんだと思う。 やがて姉…
痴漢も妻が抵抗しない事を知り・・・
2018/05/26 06:01
2018/05/26 06:01
結婚5年を迎える夫婦です。
お互い共働きと言う事もあり、子供は作っていません。
しかし夜の夫婦の営みは人並み以上に回数を重ね、ちょっと激しさを増していると
思われます。
年越しの日、私と妻(麻里32歳)は元朝参りに出掛ける準備をしていました。
毎年、車で30分程の神社にお参りに行くのが定番となっていました。
妻の着替える姿を見ながら”なぁ、痴漢ゴッコさせてよ”とお願いしてみました。
「痴漢ゴッコって?」
「神社人混みが凄いだろう!そこで痴漢体験させてよ」
「もう!変態何だから・・・」
「いいじゃん!盛り上がった所で、初エッチって・・・」
「ん~いいけど・・・」
「じゃ、ちょっと露出多め…
泥酔短大生
2018/01/10 12:36
2018/01/10 12:36
久しぶりに夜遅くに電車に乗ったときのこと。 終電まで1時間ぐらいあったので駅はそんなに混んでいなかった。 座って電車を待っていると、一目で酔っ払っていると解る女がホームに下りてきた。 明らかに千鳥足、ホームの壁にもたれるように立っていたが崩れるように地面にしゃがみ込み近くの人に手を貸されるほどだった。 年は19~22歳ぐらい学生といった感じだった。  しばらくして電車が来た。 俺とその女は乗り込んだ。 電車は終点の駅に到着。 俺はその駅で乗り換える予定だったが、女はここで降りるのかフラフラとした足取りで改札口のほ…
【浮気エッチ体験】前の夫にレイプされ全く抵抗できない人妻
2016/02/10 22:00
2016/02/10 22:00
私は5年前に離婚し2年前再婚した三十路後半の女です。証券会社の営業をやっておりますが、ノルマ達成が厳しくなったある月、税理士をやっている前の夫に電話し投信購入をお願いしました。 承諾してくれて、手続きに仕事場に来てくれ、とのことだったので事務所を訪ねました。彼一人でした。会うのは3年ぶりで懐かしく、色々話して手続きも終え帰ろうとしたとき。 いきなり彼が抱きついてきたのです。私はビックリして押しのけると「いいじゃないか、久しぶりなんだし」といって、私をソファに押し倒すのです。私は彼に組み伏せられ、あっという間に服を剥ぎ取られました。 「お願い、馬鹿なことはやめて。私には夫がいるの」私は抵…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・中学生に寝取られた_終

・男性に綺麗と言われるって嬉しくエロへ

・【Hな体験】嫁と元カレのエッチを想像すると異常なほど硬くなる

・【Hな体験】風俗嬢になったと噂の美少女同級生を探し出して

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編

・【熟女体験談】電動バイブが壊れんばかりにオマンコに高速ピストンしてガチイキ絶頂していた変態チビ巨乳熟女

・中学生に寝取られた_7

・中学生に寝取られた_6

・【人妻体験談】姉にイラつき、夜這い69射精をしたら罪悪感ハンパない

・熟女タレントN美E子さんの息子さんとの関係

・ゴミ出しのワズカナ時間に家に侵入され

・中学生に寝取られた_4

・温泉でマセタ子供に痴漢された2

・中学生に寝取られた_3

・夫からの肉体的見返りが少なくて

・【人妻体験談】失神した美人な母を無理やり近親相姦レイプ

・【熟女体験談】銀座で女帝と呼ばれている有名クラブの美人ママとゴルフ場で官能的な青姦SEX

・【不倫】大学生にも見えるバイトの人妻を自宅に連れ込んで

・私の娘の元カレとのお付き合いの話

・中学生に寝取られた_2

・本社のお局様と 7

・【SM・調教】行きつけのスナックで変態プレイ

・【人妻体験談】出張ホストに妻をナンパ痴漢させ、寝取らせて興奮する変態夫

・【熟女体験談】オナニーを邪魔してきたAカップの貧乳叔母に激怒してレイプした男子中学生

・続1・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・【初体験】北海道行きのフェリーで知り合ったおじさんたちと

・ビデオテープを偶然に発見してしまった・・・

・【Hな体験】ボール遊びしてたら隣の家のお姉さんにフェラされた

・嫁を寝取っていたのは俺だった?2

・俺の奥さんと尊敬する先輩の満さんが