寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】多香子をレイプ

2018/06/14 17:36




「よーし、次の撮影を始める!」

カメラマンのフジシロの一言でスタジオ全体に緊張が走る。
露光の測定、照明の位置の確認等を終え、スタッフはスタジオからぞろぞろと退出してゆく。

入れ替わるように、バスローブを纏った上原多香子が控え室からカメラの前に出てきた。

これから行われるのは彼女のセミヌード撮影。
そのために、スタッフを全員外に出し、カメラマンのフジシロと多香子の2人だけで、
ギリギリまで際どいショットを収めるのである。

「多香子ちゃん、早速用意して」

フジシロの言葉で多香子は、やや顔を赤らめるそぶりを見せつつ、バスローブを脱いだ。
その下にあるものは黒いビキニに包まれた多香子のスレンダーな肢体である。
細く長い手足とくびれたウエスト。
それに相反するかのように豊満なバストとヒップを目の当たりにして、
フジシロがニヤリと笑みを浮かべた。

「まず、そこのソファーに横になって」

フジシロが指差すソファーに多香子はゆっくりと横たわる。
パシャパシャとフラッシュの音を響かせながら、フジシロは様々なポーズをとる多香子の姿を撮影する。

「多香子ちゃん、じゃあ上を取ってくれるかな」

セミヌードの撮影となる言葉に、多香子は覚悟を決めてブラの部分をゆっくりと外す。
張りのある乳房の先端には撮影用の二プレスがあった。

「いよいよだな」
フジシロはゴクリと唾を飲んだ。

「そう、そんな感じで頭を上げて、脚を組んで・・・」

多香子にポーズの指導をしていたフジシロの手が突然、多香子の乳房を掴んだ。

「えっ!?」

反射的にフジシロから離れようとする多香子に構わず、
フジシロは感触を楽しむように指を動かし続ける。

「思ったとおりだ。君のおっぱいは張りがあるし、最高の触り心地だよ」
好色な笑みを浮かべながらフジシロは多香子に話しかける。

「やめてください!」
恥じらいで顔を真っ赤にした多香子がフジシロの手から逃れようと必死に抵抗するが、
男の力には敵わない。

「抵抗しても無駄だよ。叫んでもこのスタジオには誰もいないしね」

嘲笑うようにフジシロが多香子の胸を揉む手に力を入れる。

「い、痛いっ!」

多香子の左乳房手の跡がつきそうなほど掴まれる。

「それに俺に逆らったらどうなるか分かっているだろう?
 キミの他にも同じ事務所に写真集を出す娘もいるんだしね。」

ニヤニヤと笑いながら、フジシロは二プレスの上から多香子の乳首をクリクリと指で刺激する。

「アッ・・・・!」
突然ソフトな刺激に多香子は思わず声が出てしまう。

乳首が痛いぐらいにピンピンに張っているのが自分でも分かるほどだった。

「キミも嫌いじゃないんだろう? おとなしく俺のいうことを聞くなら痛くはしないよ」

フジシロに逆らったら事務所に迷惑がかかる。
それに逆らったところで他に誰もいないこのスタジオではムダである。

観念したように多香子はソファーの上に横たわる。

多香子の上半身は二プレスで乳首が隠されているだけ。
下半身は大胆にカットされたビキニの下しかない。
白くきめ細かな多香子の肢体が、ほとんど全裸でフジシロの目の前にある。

「たまらないねえ、こんないい女が俺のモノになるんだからね」
言いながら、フジシロは多香子の太腿を手で撫でる。

「ウッ・・・。」
鳥肌が立つような嫌悪感が多香子を襲う。

そのままツーとつま先のほうへフジシロの手が多香子の長い脚をなぞってゆく。

「スベスベで気持ちいいねえ、最高だよ多香子ちゃん」

フジシロの言葉に、多香子は何も答えない。
嫌悪感と同時に襲う快感に耐えるのが、精一杯だった。

「さて、これもとっちゃおうね」
フジシロが多香子の乳首に貼られたニプレスに手をかけ、抵抗する間もなく剥ぎ取ってしまった。

とたんに多香子の全身が羞恥で熱をもったように赤くなる。
プルッと乳房全体が揺れながら、多香子の褐色の乳首が露わになった。

反射的に多香子の腕が胸を隠そうとするが、フジシロが遮る。

「駄目駄目、こんないいおっぱいはしっかりと見せてくれなきゃ」

言いながらフジシロがカメラを構える。

「これが上原多香子のオールヌード!非公開だけどね」

パシャパシャ!

カメラのフラッシュが多香子に降り注ぐ。

「そんな・・・。写真まで・・。」

多香子の声を無視するようにフジシロは様々な角度から、上半身裸の多香子をカメラに
収めてゆく。

さらにカメラを構えながら多香子に命令する。
「じゃあ下も脱いでもらおうかな、ゆっくりとね」

頑としたフジシロの口調に、多香子は逆らうことはできない。
おずおずと下半身に手を伸ばし、腰を浮かせながら徐々にビキニの下を脱いでゆく。

撮影のために多香子の下の毛はほとんど剃られているので、
直接多香子の亀裂がフジシロの目に留まる。

その様子を逃さず、フジシロのカメラがフラッシュの音とともにフィルムに記録される。

多香子は眼に涙を溜めながら足元から水着を抜いた。

産まれたままの姿になった多香子の肢体は彫刻のように均整がとれていて、肌もシミ一つない。
わずかに股間の剃り跡が痛々しく見えるだけだ。

「思ったとおりだ。最高のカラダだよ」

ニヤニヤと笑みを浮かべながらフジシロの手が多香子の横顔を撫でる。
手がそのまま多香子の体をなぞるように下へ。

眼を閉じて耐える多香子だったが、乳房のふくらみをなぞり、乳首にフジシロの手が触れた瞬間、ピクッ!と全身が反応する。

「多香子ちゃんはここが感じるのかなぁ?」
言いながら指で多香子の乳首を人差し指と親指で刺激する。
すでに多香子の乳首はコリコリと硬くなっていた。

「ウンッ・・・・。」

必死に声を抑えて耐える多香子だったが、フジシロが口をつけてチューチュー吸い出したときには、
「アンッ!イヤッ・・・・。」と思わず声が出てしまっていた。

左乳首を吸われながら、右の乳首は手のひらと指で刺激され、股間が濡れてくるのを
多香子は感じた。

それをフジシロは見逃さない。
股間に指をいれてピチャピチャとかきまぜる。

「ほ?らこんなに濡れてるよ、エッチだねえ多香子ちゃんも」

その指を多香子の鼻先に突きつけながらフジシロが言う。

「ここからが本番だよ、さあ脚を開いてもらおうか」

「!?」

多香子の脚がM字の形に開かれた。
足元からみると多香子の大事な部分が丸見えである。
愛液で濡れている様はなんとも卑猥な眺めだった。

「おっと動いちゃ駄目だよ多香子ちゃん」
脚を閉じようとする多香子を、フジシロは強引に元の体勢に戻す。

フジシロからは、多香子の茶色くすぼまったアナルからサーモンピンクの粘膜が覗くアソコまで、恥ずかしいところが全て丸見え。

すかさずフジシロはカメラを構えて多香子の顔が入るように、過激なショットを収めてゆく。

「やめて・・・・。やめて・・。」
眼に涙を浮かべた多香子は頬を染め、カメラのフラッシュから逃げるように顔を背けながらフジシロに懇願するが、彼は全く関知しない。

「さて、多香子ちゃんも見られるだけでは物足りないだろうから、少し可愛がってあげよう。」

言いながらフジシロは再び多香子のアソコに手を近づける。
指で両側に開きながら、亀裂の上端にあるクリトリスを親指で刺激する。

「アッ・・。アアッ・・・」
敏感に反応する多香子。

しかし指が少し奥に移動しただけで、それは瞬時に苦痛に変わる。
多香子はまだ処女だったからだ。

「おっ・・・?なんだ、ずいぶんキツいねえ多香子ちゃんのマ○コ」
ニヤニヤと笑みを浮かべながらフジシロの言葉責めが続く。

「もしかしてまだオトコを知らないのかい?
こりゃあ驚いた。この芸能界も長いのにまだ未経験とはね!」

クリトリスを責めていた手を止め、今度は多香子の体を起こした。

「・・・・・?」
次になにがあるのか多香子には想像もつかない。

恐る恐るフジシロを見てみると、カチャカチャと音をさせながら自分のペニスを取り出したところである。

「イヤァ!!」
両手で顔を覆う多香子。

フジシロは非情にもその手を制して、自分のペニスを多香子の端整な顔に近づける。

「ほ?らこれがオトコのチ○ポだよ。なかなかかわいいだろう?」

多香子は顔をそらすだけで応えない。

「いろいろとオトコを悦ばせる方法を教えてあげるよ、ほら!」

不意にフジシロの手が多香子の鼻をつまんで自分と正対させた。
息ができない多香子は反射的に口を開ける。

そこにフジシロのペニスが衝き込まれた。

「んーーーーッ!」
涙で顔を濡らした多香子が声にならない悲鳴を上げる。

それにかまわず、フジシロは多香子の髪を掴んで前後に揺する。

「ああっ!いいよ、多香子ちゃん!あの上原多香子が俺のチ○ポを咥えてるんだ!」

征服欲が満たされた事と、多香子の口の中の暖かさを感じて、フジシロは直ぐに絶頂を迎えた。
ピクピクッ!とペニスを振動させながら、多香子の喉元に熱い精液を注ぎ込む。

「全部飲まなきゃ駄目だよ、多香子ちゃん」
ペニスを抜いて、フジシロは多香子の口を手で塞いだ。

行き場のないザーメンは飲み込むしかない。
多香子は嘔吐感を抑えながら、なんとか咀嚼する。

それを確認するとフジシロは手を離す。
多香子の唇の端からツーと白濁液が流れ落ちた。

「いいねえ、穢されたアイドルの…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
クラスの女子にオナニーを見られて大変なことに
2017/05/22 09:16
2017/05/22 09:16
679 :えっちな18禁さん:2009/12/28(月) 00:18:41 中学2年のころ、クラスの可愛い娘の私物でオナニーするのにハマってた。 ひざ掛け、リコーダー、水着、パンツ・・・いろいろやったもんだ。 でも、それで後に大後悔した。 いつものように、放課後にいつもお世話になっているSの私物でオナニーすることにした。 テスト明けで、テスト中は勉強が忙しかったので、オナニーしてなかったというのもあり 放課後だれもいなくなった教室で、Sの机にひざ掛けとジャージを用意して全裸で シコシコやってた。 教室のカーテンは全閉め。緊張したが全裸になり、Sの机にひざ掛けをひいて …
イキやすくてフェラ上手な見習い先生
2017/04/26 09:49
2017/04/26 09:49
相手は通ってた進学塾の女講師。 つっても、授業を教えてもらってたわけじゃない。 女講師:24才、155センチくらい、小柄、細身Cカップショートカット。経験人数は、3、4人らしい。 俺:18才、178センチ。 彼女は俺が高校三年のときに入ってきた新人。 自分の講義は持たず、他の講師の講義をずっと聞いてるような見習いだった。 見習い先生が授業を聞くときの定位置は教室の最後尾。 俺は別に引っ込み思案ってわけじゃないが、なんとなく塾のやつらとつるむのは苦手で、見習い先生が来る前から講義の時はいつも最後列に一人で座ってた。 仲良くなったのそのおかげだった。 仲良くはなったけど、受験まで…
隣のおばちゃん
2017/09/22 05:19
2017/09/22 05:19
私が中学一年のときのことです。 オナニーを覚えたばかりの私は、おかずになるものなら何でも漁りまくっていて、ある時、隣に干してあった下着に手を出してしまった。 バレていないつもりだったのだが、次の日、学校からの帰りに家の前に立っていた隣のおばさんに呼び止められ、話があると言われた。 そのときはまだ下着ドロボウのことは、全然頭になかったので、何だろう思いながら、家の中へついて行った。 応接間に通され、ソファーに座らされると何故かおばさんも私の隣に座って来た。 「パンティー盗ったでしょ」おばさんは、叱る風ではなく、微笑みながら言った。 しかし、その言葉にパニックに なった私は、どうしたらいいかわから…
【恥辱】家庭教師の恥辱
2015/12/18 01:26
2015/12/18 01:26
僕の姉はちょっと天然で、不思議ちゃんのケがあります。 こないだはこんなことがありました。 「ちょっと○○、来て。手伝ってくれる?」 隣の部屋から僕を呼ぶ姉。 ゲームを中断して渋々姉の部屋へ足を運びます。 ドアを開けると・・・。 「えぇっ!姉ちゃんっ!何やってんの?」 姉は何とスクール水着を着ていたのです。 それも上半身をはいだ状態で・・・。 「最近さ、乳首が水着の上からでも分かるようになっちゃったから、  ちょっと工夫しようと思って、こうしてみたんだけど・・・。」 向こう側を向いていた姉がクルリをこっちを振返ります。 同時に、姉のバストがブルルンンッと躍動します。 …
アイマスクされて手錠されてバックで・・【エロ体験談告白】
2017/11/19 09:53
2017/11/19 09:53
昨日、彼氏の弟くんとHしちゃった!彼氏より優しく絡んでくるんだけど、弟くんのSっ気なプレイが最高だったなぁ…いっちゃった後、しばらく意識がとんじゃってたし、過去
挿入NGだけど、マンコ触らせてくれるし、フェラ抜きもしてくれる女友達の話
2016/12/13 10:02
2016/12/13 10:02
色々世話をしている女友達がいる

今まで、この女友達に仕事を紹介したり、

トラブルがあったら、面倒見て解決してあげたり

色々やってあげていた

それで俺の誕生日近くになり、

この女友達が

「いつも世話になってるから誕生日に何かプレゼントしようと思うけど何か欲しいものある?」

と聞いてきた。

パソコンの大型モニターとかデジタル一眼レフとか、

高額な物なら欲しい物があるけど、そんなの貰うわけにいかない。

しばらく考えたけど思いつかないので

「お前の体が欲しい」

ってHな冗談で言ったら、

「彼氏がいるからセックスは無理だけど、入れる以外なら良いよ」

と思わぬ返事

生協の、配達先の、子持ちの人妻に本気で惚れてしまった…
2016/06/12 18:00
2016/06/12 18:00
生協の個配とは、主に組合員の家庭に食料品などを配達する仕事です。
基本ルートで同じ家には一週間に一回だいたい同じ時間に行きます。一日40~50件くらい回るので約200人の奥様方と出会えます。とは言っても留守宅も結構あるし、50代~60代の残念な奥さんも多いです。その中に俺のお気に入りの奥さんがいました。


当時25才で子供一人。
いつもニコニコしてて人懐っこい感じで正直俺は真剣に好きになってた。
奥さんとは一週間に一回は必ず会うわけでだいぶ仲良くなり暑い日にはアイスやお茶を貰ったりもしてました。

ある夏の日、その奥さんのマンションのエレベーターが故障してて台車が…
【近親相姦体験告白】妹がソープ嬢 !
2017/12/01 12:23
2017/12/01 12:23
 先日の話、俺は競馬で稼いだ小銭(10万程)を持ってソープ街へと足を運んだ。  そこでとある店に入店…初めて入った店だが料金がお手頃で結構タイプの娘がいたので迷わず使命…  部屋で待っていると、 「お客様、申し訳御座いません。お客様の御指名頂いた娘が体調不良で先程帰ってしまいまして…」  と店長らしき男が謝って来た。 「なにっ!」と、ちょっと厳つくと、 「申し訳御座いません!こちらのミスで大変ご迷惑をお掛けしました。別の娘なら直ぐに用意出来ますが…」  と言ってきたので「どんな娘?」と聞き返すと、 「生憎写真がありませんので、直接本人に来させますので、お気に召さなければ代金をお返ししま…
【熟女体験談】農業体験ツアーで母の中の女に火がついてしまいました
2016/01/10 12:02
2016/01/10 12:02
2016/01/10 (Sun) 4月某所で農業体験の一泊ツアーが募集されていました。


母は、親父が定年したら、のんびり田舎で農業でもしながら過ごすのも悪くないかもと、甘い考えを持っていて、偶々見付けたこのツアーに参加した。


本当は親父を誘ったのだが、親父は休日も自分で廃品回収をしていてそんな暇は無いと断り、代わりに高校が休みだった私が参加しました。


母の名は美津子、年は39歳でした・・・


現地に着くと、ツアーのガイドから、本来男性は参加出来ないのですが、と言われたのですが、母が頼み込み私は特別に参加する事になりました。


ツアーに参加していたのは、アジア系の若い人が数人…
パンチラに興奮して図書館のトイレで挿入
2015/11/17 06:00
2015/11/17 06:00
近所の図書館は書棚の並んだ脇に机と椅子があって、そこではよく、小学生や中学生、高校生等が勉強をしています。大抵、2,3人できていて、今日も中学生くらいの女の子二人が居ました。
まわりにも人はいますが、本を探すふりをして、その子たちの斜め前方の書棚の前にしゃがみこみます。ちょうど書棚の隙間から、座っている彼女たちのスカートの位置に目線がいくのです。


一人はキュロットでしたが、もう一人の子はデニムのミニスカートでした。
彼女たちは勉強しているため顔を下に向けたまま、こちらにはまったく気づかない様子なので、じっくりと観察していました。

キュロットの子が席を立ち…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】まさかの子持ちだったエロ可愛い23歳のOL

・完堕ちした美しい人

・【熟女体験談】お惣菜の宅配セールスレディに遠慮なく挿入し中出しを堪能

・あいつのSOS

・【痴漢】痴漢が触りやすいようにお尻を少し浮かせた

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・女が淫乱になる理由について

・義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え

・【レイプ】イケメンにナンパされてついてったらキモオヤジ3人が

・パチンコで負けた巨乳ギャルとカーセックス

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・【人妻体験談】職場同期入社として知り合った人妻と仲良くなり焼き肉に誘った後、立ちバックで犯し最高の一日を過ごした

・【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

・【近親相姦】腹違いの妹とは知らずに妊娠させてしまいました

・・・・妻はヤクザを拒む事は出来ないと悟った

・小学校の挨拶登板に行く途中襲われました

・【乱交】男たちに弄ばれているという恐怖も怒りも忘れて

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・派遣社員の人妻のエッチなお悩み

・人妻もアレの快感が忘れられないのかな

・家庭教師のバイトに行ったつもりが、まさかの展開になり、、、。

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX