寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】多香子をレイプ

2018/06/14 17:36




「よーし、次の撮影を始める!」

カメラマンのフジシロの一言でスタジオ全体に緊張が走る。
露光の測定、照明の位置の確認等を終え、スタッフはスタジオからぞろぞろと退出してゆく。

入れ替わるように、バスローブを纏った上原多香子が控え室からカメラの前に出てきた。

これから行われるのは彼女のセミヌード撮影。
そのために、スタッフを全員外に出し、カメラマンのフジシロと多香子の2人だけで、
ギリギリまで際どいショットを収めるのである。

「多香子ちゃん、早速用意して」

フジシロの言葉で多香子は、やや顔を赤らめるそぶりを見せつつ、バスローブを脱いだ。
その下にあるものは黒いビキニに包まれた多香子のスレンダーな肢体である。
細く長い手足とくびれたウエスト。
それに相反するかのように豊満なバストとヒップを目の当たりにして、
フジシロがニヤリと笑みを浮かべた。

「まず、そこのソファーに横になって」

フジシロが指差すソファーに多香子はゆっくりと横たわる。
パシャパシャとフラッシュの音を響かせながら、フジシロは様々なポーズをとる多香子の姿を撮影する。

「多香子ちゃん、じゃあ上を取ってくれるかな」

セミヌードの撮影となる言葉に、多香子は覚悟を決めてブラの部分をゆっくりと外す。
張りのある乳房の先端には撮影用の二プレスがあった。

「いよいよだな」
フジシロはゴクリと唾を飲んだ。

「そう、そんな感じで頭を上げて、脚を組んで・・・」

多香子にポーズの指導をしていたフジシロの手が突然、多香子の乳房を掴んだ。

「えっ!?」

反射的にフジシロから離れようとする多香子に構わず、
フジシロは感触を楽しむように指を動かし続ける。

「思ったとおりだ。君のおっぱいは張りがあるし、最高の触り心地だよ」
好色な笑みを浮かべながらフジシロは多香子に話しかける。

「やめてください!」
恥じらいで顔を真っ赤にした多香子がフジシロの手から逃れようと必死に抵抗するが、
男の力には敵わない。

「抵抗しても無駄だよ。叫んでもこのスタジオには誰もいないしね」

嘲笑うようにフジシロが多香子の胸を揉む手に力を入れる。

「い、痛いっ!」

多香子の左乳房手の跡がつきそうなほど掴まれる。

「それに俺に逆らったらどうなるか分かっているだろう?
 キミの他にも同じ事務所に写真集を出す娘もいるんだしね。」

ニヤニヤと笑いながら、フジシロは二プレスの上から多香子の乳首をクリクリと指で刺激する。

「アッ・・・・!」
突然ソフトな刺激に多香子は思わず声が出てしまう。

乳首が痛いぐらいにピンピンに張っているのが自分でも分かるほどだった。

「キミも嫌いじゃないんだろう? おとなしく俺のいうことを聞くなら痛くはしないよ」

フジシロに逆らったら事務所に迷惑がかかる。
それに逆らったところで他に誰もいないこのスタジオではムダである。

観念したように多香子はソファーの上に横たわる。

多香子の上半身は二プレスで乳首が隠されているだけ。
下半身は大胆にカットされたビキニの下しかない。
白くきめ細かな多香子の肢体が、ほとんど全裸でフジシロの目の前にある。

「たまらないねえ、こんないい女が俺のモノになるんだからね」
言いながら、フジシロは多香子の太腿を手で撫でる。

「ウッ・・・。」
鳥肌が立つような嫌悪感が多香子を襲う。

そのままツーとつま先のほうへフジシロの手が多香子の長い脚をなぞってゆく。

「スベスベで気持ちいいねえ、最高だよ多香子ちゃん」

フジシロの言葉に、多香子は何も答えない。
嫌悪感と同時に襲う快感に耐えるのが、精一杯だった。

「さて、これもとっちゃおうね」
フジシロが多香子の乳首に貼られたニプレスに手をかけ、抵抗する間もなく剥ぎ取ってしまった。

とたんに多香子の全身が羞恥で熱をもったように赤くなる。
プルッと乳房全体が揺れながら、多香子の褐色の乳首が露わになった。

反射的に多香子の腕が胸を隠そうとするが、フジシロが遮る。

「駄目駄目、こんないいおっぱいはしっかりと見せてくれなきゃ」

言いながらフジシロがカメラを構える。

「これが上原多香子のオールヌード!非公開だけどね」

パシャパシャ!

カメラのフラッシュが多香子に降り注ぐ。

「そんな・・・。写真まで・・。」

多香子の声を無視するようにフジシロは様々な角度から、上半身裸の多香子をカメラに
収めてゆく。

さらにカメラを構えながら多香子に命令する。
「じゃあ下も脱いでもらおうかな、ゆっくりとね」

頑としたフジシロの口調に、多香子は逆らうことはできない。
おずおずと下半身に手を伸ばし、腰を浮かせながら徐々にビキニの下を脱いでゆく。

撮影のために多香子の下の毛はほとんど剃られているので、
直接多香子の亀裂がフジシロの目に留まる。

その様子を逃さず、フジシロのカメラがフラッシュの音とともにフィルムに記録される。

多香子は眼に涙を溜めながら足元から水着を抜いた。

産まれたままの姿になった多香子の肢体は彫刻のように均整がとれていて、肌もシミ一つない。
わずかに股間の剃り跡が痛々しく見えるだけだ。

「思ったとおりだ。最高のカラダだよ」

ニヤニヤと笑みを浮かべながらフジシロの手が多香子の横顔を撫でる。
手がそのまま多香子の体をなぞるように下へ。

眼を閉じて耐える多香子だったが、乳房のふくらみをなぞり、乳首にフジシロの手が触れた瞬間、ピクッ!と全身が反応する。

「多香子ちゃんはここが感じるのかなぁ?」
言いながら指で多香子の乳首を人差し指と親指で刺激する。
すでに多香子の乳首はコリコリと硬くなっていた。

「ウンッ・・・・。」

必死に声を抑えて耐える多香子だったが、フジシロが口をつけてチューチュー吸い出したときには、
「アンッ!イヤッ・・・・。」と思わず声が出てしまっていた。

左乳首を吸われながら、右の乳首は手のひらと指で刺激され、股間が濡れてくるのを
多香子は感じた。

それをフジシロは見逃さない。
股間に指をいれてピチャピチャとかきまぜる。

「ほ?らこんなに濡れてるよ、エッチだねえ多香子ちゃんも」

その指を多香子の鼻先に突きつけながらフジシロが言う。

「ここからが本番だよ、さあ脚を開いてもらおうか」

「!?」

多香子の脚がM字の形に開かれた。
足元からみると多香子の大事な部分が丸見えである。
愛液で濡れている様はなんとも卑猥な眺めだった。

「おっと動いちゃ駄目だよ多香子ちゃん」
脚を閉じようとする多香子を、フジシロは強引に元の体勢に戻す。

フジシロからは、多香子の茶色くすぼまったアナルからサーモンピンクの粘膜が覗くアソコまで、恥ずかしいところが全て丸見え。

すかさずフジシロはカメラを構えて多香子の顔が入るように、過激なショットを収めてゆく。

「やめて・・・・。やめて・・。」
眼に涙を浮かべた多香子は頬を染め、カメラのフラッシュから逃げるように顔を背けながらフジシロに懇願するが、彼は全く関知しない。

「さて、多香子ちゃんも見られるだけでは物足りないだろうから、少し可愛がってあげよう。」

言いながらフジシロは再び多香子のアソコに手を近づける。
指で両側に開きながら、亀裂の上端にあるクリトリスを親指で刺激する。

「アッ・・。アアッ・・・」
敏感に反応する多香子。

しかし指が少し奥に移動しただけで、それは瞬時に苦痛に変わる。
多香子はまだ処女だったからだ。

「おっ・・・?なんだ、ずいぶんキツいねえ多香子ちゃんのマ○コ」
ニヤニヤと笑みを浮かべながらフジシロの言葉責めが続く。

「もしかしてまだオトコを知らないのかい?
こりゃあ驚いた。この芸能界も長いのにまだ未経験とはね!」

クリトリスを責めていた手を止め、今度は多香子の体を起こした。

「・・・・・?」
次になにがあるのか多香子には想像もつかない。

恐る恐るフジシロを見てみると、カチャカチャと音をさせながら自分のペニスを取り出したところである。

「イヤァ!!」
両手で顔を覆う多香子。

フジシロは非情にもその手を制して、自分のペニスを多香子の端整な顔に近づける。

「ほ?らこれがオトコのチ○ポだよ。なかなかかわいいだろう?」

多香子は顔をそらすだけで応えない。

「いろいろとオトコを悦ばせる方法を教えてあげるよ、ほら!」

不意にフジシロの手が多香子の鼻をつまんで自分と正対させた。
息ができない多香子は反射的に口を開ける。

そこにフジシロのペニスが衝き込まれた。

「んーーーーッ!」
涙で顔を濡らした多香子が声にならない悲鳴を上げる。

それにかまわず、フジシロは多香子の髪を掴んで前後に揺する。

「ああっ!いいよ、多香子ちゃん!あの上原多香子が俺のチ○ポを咥えてるんだ!」

征服欲が満たされた事と、多香子の口の中の暖かさを感じて、フジシロは直ぐに絶頂を迎えた。
ピクピクッ!とペニスを振動させながら、多香子の喉元に熱い精液を注ぎ込む。

「全部飲まなきゃ駄目だよ、多香子ちゃん」
ペニスを抜いて、フジシロは多香子の口を手で塞いだ。

行き場のないザーメンは飲み込むしかない。
多香子は嘔吐感を抑えながら、なんとか咀嚼する。

それを確認するとフジシロは手を離す。
多香子の唇の端からツーと白濁液が流れ落ちた。

「いいねえ、穢されたアイドルの…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【痴漢】電車の中で俺のポケットに入って来た綺麗な女性の手
2017/07/23 10:00
2017/07/23 10:00
3、4年前の大学生の時の話なんですが、オイラは学校帰りに電車で寝てました。前日、深夜コンビニのバイトからそのまま大学だったので、疲れて爆睡してたと思います。 しばらく寝てたと思うんですが、なんか股間の辺りがムズムズして薄目を開けると、何かが股間でもぞもぞ動いてます。 ビックリして眠気も吹っ飛び、よく見るとオイラのポケットに誰かの手が突っ込まれてて、チンポをニギニギしてるじゃありませんか!で、オイラのポケットから続く腕の先を見ると、キレイな感じの27、8歳くらいの女の人と目が合いました。 (こっ、これはまさか・・・痴女か?) 実は、オイラがまだ高坊だった頃、一度痴女に遭遇し…
OLのお姉さんと何度もしたエッチの思い出
2017/11/23 12:26
2017/11/23 12:26
【近親相姦体験告白】風呂に入っていると姉が  ▲近親相姦体験談▲
2016/01/07 11:11
2016/01/07 11:11
133名前:風呂に入っていると姉が1投稿日:02/04/0916:30ID:YMQutwjc大学受験の時、都内で一人暮らしをしていた姉(当時21歳、女子大生)のマンションで2ヶ月ほど一緒に暮らしました。 久しぶりに会う姉が綺麗なのと受験勉強のストレスから、つい、脱衣所から姉の脱いだパンティを持ち出してオナニーすることを覚えてしまいました。 ある夜遅く、私が風呂に入っていると、飲み会で遅くなった姉が帰ってきたようでしたが、しばらくすると「背中流してあげる」といって姉が浴室に入ってきました。 姉も裸になっています。 びっくりして固まっている私に微笑みかけながら、「前はよくこうやって…
居酒屋バイトの後輩ちゃんは、メチャクチャ可愛いド淫乱でした
2018/06/13 23:00
2018/06/13 23:00
大学生の時、居酒屋でバイトをしていました。
時間もあったし時給も良いからいつも深夜働いていました。

俺みたいな暇な学生が数人いたので、いつも深夜組は同じメンバーでした。
当然のように学校は卒業するもんで、俺が3年になる頃に一気に辞めて行ったんです。



残った深夜組は合計で4人しかいませんでした。
それでバイトを募集して、やってきたのが久美でした。

久美は俺の1つ下の二十歳。
初めてバイトに来た日は、男のテンションがモリモリになるぐらい可愛い子でした。

短大を卒業してフリーターになったんだって言ってました。
だから深夜は時給が良いから助かるって。

久美が働き出してから、気…
『妹・強姦』 (ジャンル未設定)
2015/11/02 07:30
2015/11/02 07:30
『妹・強姦』 --------------------------------------------------------------------------------  こういう作品にもトライしてみたことがあります。僕のファンには不向きかなと思いますが(^^;) --------------------------------------------------------------------------------  康夫は妹の部屋の暗闇に潜んで、じっと待っていた。  両親が旅行に行っている、待ちに待ったこの日。中学一年…
超可愛い彼女の腰使いやフェラテクが凄かった理由
2017/01/23 22:15
2017/01/23 22:15
バイト先で5歳年下の19歳の
彼女ができたんです



上戸彩に似ていて色白で
胸はCカップでしたがくびれがきれいな体をしていました。


自分にとってはすごくかわいい彼女でした。



彼女は性格的にすごくM気が強くとにかく彼氏についていき、彼氏の言う事は何でも聞いてくれるというタイプのコでした。
かなり素直で世間や社会のことなどはあまり知らない、まだ子供っぽさの残るそんなイメージでした。
本当に心がキレイで思いやりのある優しいコだったと思っています。

しかし付き合って最初のセックス、彼女のイメージが変わります。

自分の部屋のベットの上で彼女を寝かせ、胸やマンコを…
恐怖の中でまた犯されたいと思っている自分がいます【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/03 02:13
2017/10/03 02:13
私がレイプされたのは去年の夏です。その連中が最近になって私に「謝りたい」とか「また会いたい」とか、非常識な連絡が来るようになって誰にも言えず悩んでいます。 昨年の春、希望していた栄養系の短大に入学したため実家を離れ、ある地方都市で一人暮らしを始めました。やっと学校生活のリズムにも慣れた夏休み前、短大で仲良くなった友達に誘われ、別の大学生が主催するクラブに参加した時、最悪な事件が起きたんです。 ルームの中で1人ずつ紹介された後、飲み会が始まりました。私は、「まだ未成年だから・・・」とウーロン飲んでお酒は断わっていたんですが、「せめて乾杯だけでも」と無理矢理お酒を注がれたんです。周…
12歳上の女課長とのH体験【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/12 06:55
2017/12/12 06:55
課長とは、最寄りの駅が一緒で、帰宅の電車が一緒になる事が多かった。 普段から帰宅の電車の中では仕事の話もしたが、プライベートの話もしていた。 課長の話によると、課長は彼氏が2年ぐらい居てないと言っていた。 まぁ、別に驚きはなかった。 そしてある週末、会社の親睦会で10数人と飲みに出かけた。 親睦会は10時過ぎに終わりホロ酔い気分で解散した。 当然、最寄りの駅が一緒の俺と課長はいつものように店から駅に向かった。 駅に近づくと何だかザワザワしている。 どうやら人身事故で1時間ぐらい電車が止まっていた。 数分待つと運がいい事に動き始めたと言うアナウンスが流れた。 815 :813:2010/0…
彼と会社のトイレでしちゃいました
2016/08/23 15:00
2016/08/23 15:00
今、つきあって3か月の彼がいます。彼はすっごいエッチ好きで、週に2~3回くらいしちゃってます。私もエッチ大好きなので、彼の求めには全て応じています。
彼はすっごい元気で、一回エッチしはじめたら5回くらいやられちゃうんです。
最初はちゃんとホテルに行ってましたが、会社で会ってるときでも、使っていない会議室や、人の来ない時間帯を狙って倉庫に行き、エッチなことをしていました。


キスをいっぱいして、だんだんと彼の方が激しく舌を入れてくるようになって、誰かに見られるかもとドキドキしながら、舌の感触にへんな気分になっていきます。

「んっ。あう……」

 キスしながら声が出…
某菓子メーカーのCM撮影で出くわした男性有名人との夜
2017/07/17 22:18
2017/07/17 22:18
12年くらい前のことですが、友達と修善寺の温泉旅館に行きました。


新館と旧館があって旧館の方で某菓子メーカーのCM撮影がちょうど終わったところでした。

主役の俳優さんは(イニシャルトークでもちょっとマズいと思うので匿名)、次の日東京に戻るということでスタッフの方たちと大勢で館内を浴衣で歩いてる姿を目撃しました。

友達と「サインくらいもらえないかなぁ」なんて言っていたのですが、ガードが堅そうだったので、まあ無理だねぇということで諦めました。

夕食は部屋出しではなく、別館に移ってというスタイルだったので、そちらの別館の方に行くと、途中の渡り廊下にその俳優さんがいました。 …
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・【痴漢・レイプ】やらせてくれる姉 -きっかけ編-

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・痴漢専用車

・【熟女体験談】夫が病気で入院した時に義父に恋をして濃厚なSEXをする不貞主婦

・【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・

・■エロの中出しが好きな主婦です

・昔おじさんに女装メス調教されていた私と、それを知った上で結婚した妻

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・拾った女子高生7

・とてつもなく可愛くてフェラ上手な24歳

・ママチャリ乗ったムッチリ巨乳若妻ナンパしたら簡単にやらせてくれた

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・JKの露出14

・初めての3Pは女友達とその友達とでした

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・【痴漢・レイプ】彼氏のこと犯したった その3

・僕はいつも以上に大きくなったモノを・・・

・【衝撃】嫁がオナニーしてるのwwwww見てしまったwwwwwwww

・憧れの先輩の唇は男の人とは違う柔らかさだった

・【熟女体験談】寝ているところに自宅侵入され、輪姦レイプされた妻が何度も絶頂し快感の世界に酔いしれていた

・すごくビックだった英会話教室の白人の先生

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[前編]

・押しに弱いJKは、生理でも簡単にやらせてくれました

・友達の彼女が穿いていた白いパンスト

・部屋の鍵を抜き忘れて出掛けた隣のOL

・人妻の家で旦那の留守にHするのは興奮するけど緊張もハンパない

・【驚愕】手●ンした指を女に嗅がせた結果wwwwwwwwwwww