寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】ハリケンブルー痴漢(2)

2018/06/14 16:22




「んッ!? ……んんんっ……」
「どうした? 気持ちよくなってきたか?」
「そ、そんなわけ……んくっ……ないでしょう」
「そうか、じゃあもっと刺激を与えてやるとしようか」
「い、いや……もう……ひぅっ」

小声ながら、ひときわ高いトーンの嬌声が七海の口から漏れる。
男の右手が胸の突起(と思われる部分)を指で弾いただけでなく、
左手が内股にまで入り込み、柔肉をふにふにと擦り始めたのだ。
レオタードで覆われているとはいえ、股間を指で執拗にほじくられては
さしものハリケンブルーも何処吹く風とはいかないらしく、
刺激を与えられるたびにピクッ、ピクンッと小さく体を震わせた。

「ふん、こうなっちまったら大人しく感じた方が身のためだぜ?」「……う……はぁっ……さ、さぁ、それはどうかしら?」
「何だとッ!?」

途端、これまで弱々しい声を出して男の言いなりに
甘んじていたはずの七海が、一転して強い語気で男に反旗を翻した。
思ってもみなかった反応に狼狽を隠せないでいる男に体を向けて
睨みつけると、七海は危機的状況を打開する切り札を取り出す。
それを目にした男の顔色が変わった。

――ソニックメガフォン。
マイクで喋った通りに相手を操ってしまうハリケンブルー固有の武器。
確かにこれならば人質をとられていようが何一つ問題はない。
相手の動きを止めてしまうか、電車の外へ出してしまえばいいからだ。
その狙いに気づいた男の顔は青ざめ、額には冷や汗がつたう。
先ほどの戦闘では、男は動きを止められ、地面に顔面から激突させられ、
目が回るほど高速で回転させられたのだ。
操られる恐ろしさなら、嫌というほど思い知らされている。

「そ、それは……ちょっと待て……待ってくれ……」
「ダメよ、覚悟しなさい。せーの、次の駅で電車から降……きゃッ!?」

ゴトン!!
七海にとっては運がなかったとしか言いようがなく、
男にとっては思いがけない僥倖としか言いようがない瞬間だった。
電車が急停車し、バランスを崩した人波がドミノ倒しのように
押し寄せ、二人を襲ったのである。
急停止の原因は停止信号である、という申し訳程度のアナウンスの後、
進行方向に押し寄せていた人波はゆるゆると重心を元に戻した。
そして我に返った七海の手に、ソニックメガフォンは、なかった。

「形勢逆転だな、ハリケンブルー」
「……あッ!? か、返して、返しなさい!!」
「ダメだね。散々いたぶってくれたこいつでお返しをしてやるよ」

奥の手を取り上げられて狼狽する七海に、男の非情な命令が向けられる。

「――敏感になれ」

ドクンッ!
七海は、自分の胸の鼓動が聴こえた気がした。
男の言葉を聴いた瞬間、体がかぁっと熱くなりスーツの中で汗が滲む。
なんとか体の異変に耐えようとするも抗いぎることができず、
「はぁッ……」と切なげな吐息が漏れてしまう。

「フフフ、さすがはソニックメガフォンだ、効果は覿面なようだな。
 さて、ハリケンブルー、お楽しみの続きといこうか」
「はぁうッ!! んっく……い、いやぁ……あはぁッ……」
(だ、だめ……こんな状態で触られたら……私……)

男の愛撫は、前にもまして執拗かつ的確だった。
胸のふくらみを遠慮なく揉みしだき、中央をコリコリと刺激する。
モジモジと閉じようとする股を押し開き、股間の敏感な部分を
七海の反応をもとに探り当て、弱点と見るや指先を立てて振動を与える。

感度を高められた体を激しく責められて、七海は悶え苦しんだ。
男の指が動くたびに、ビクンッ!ビクンッ!と跳ねずにはいられない。
与えられる快感に立つことすらできなくなり、それでもなんとか
崩れ落ちまいと両足を開くその姿は、まるで股間を開放して男の手を
迎え入れるかのようだった。

「はぁッ、はぁッ、ひぐッ……んっ、んんんあぁぁ……」
「おや、だいぶいい声が出てきたじゃないか?
 ハリケンブルーといえど、股間ほじくられると感じるんだな」
「い、いやぁ……お願い、も、もう……許して……」

男の指と言葉による巧みな責めは、七海を確実に高みへと押し上げていく。
心と体を蝕んでゆく甘い刺激に息も絶え絶えとなり、脚をガクガク
震わせていた七海は、とうとうバランスを崩して男の肩に掴まった。

その時。
『七海、大丈夫か?』
『うっ、んんんぁ……お、おぼろさん……?』
(嘘でしょ……こ、こんなときに通信なんて……)

敵を独り追跡した七海を心配したおぼろからの通信。
だが皮肉にもそれは七海をますます追い詰める結果となってしまった。
まさか敵の愛撫を受けて喘いでいるなんて。
それも電車の中で、周囲の目がある中で。
そんな痴態を、どうしておぼろに言うことができよう。
今や七海の頭の中は、通信で助けを求めることよりも
いかに快感に耐えて平静を装うか、で占められてしまったのである。

『どうしたんや、そんな小さな声出して? 何かあったんか?』
『な、なんでも、はぁっ、はぁ……ないです』
『そか? ならええんやけど……敵は見つかったんか?』
『……んあぁぁッ!!』

なんとか声を押し殺しながら通信していた七海だったが、
突然小さいながらも嬌声を上げてしまった。
男の手が再び胸と股間への愛撫を再開したのである。

(だめ、今はだめ……お願い……バレちゃうから……)
『七海? 七海? どうしたんや!?』
『い、いえ……なんでもないです……敵はいませんでし、た……』
『まったく、無茶はほどほどにしいや。早よ戻ってくるんやで』
『あぅ……はい……』

「ククク……そりゃ通信機能ぐらいはついているよな。
 最初は感じすぎて独り言言い出したのかと思ったぜ」
「んっく……はぁっ、ひぅ……」
「本当にバレずに通信できてたのか? 
 聞いている限りではかなりアヘ声が出てたぜ、クククク」

やはり男は、七海が通信中であることに気づいていてなお、
いや、気づいていたからこそ愛撫の手を緩めなかったのだ。
それでも、なんとか怪しまれることなく通信を終了までこぎつけた
精神力は、見事というほかない。
七海の口から、安堵の溜め息が漏れる。
だが、その溜め息も再び喘ぎ声へと変わるのだった。

「さて、ハリケンブルー、そろそろイキたいだろ?」
「そんなこと……んあぁぁ、はぁっ、な、ないぃ……」
「まあそう遠慮するなよ。待ってろ、直に触ってやるからな」
「んっんんんっ……え? え? あ、ああぁぁ……」

戸惑う七海をよそに、男は左手だけ元のジャカンジャの姿に戻す。
そこには甲虫の腹のような、こげ茶色の醜悪な腕が現われた。
男はその醜悪な腕をおもむろに七海の股間にあてがうと、スーツの
繊維を掴んでビリ、ビリッと引き裂き始める。

まさかの事態に、七海は「ひぃ」と小さく悲鳴をあげた。
いくらジャカンジャとはいえ、並の敵では戦闘用スーツを
引き裂くなどできようはずがない。
戦闘の時には鈍重な動きで気づかなかったが、まさかこの敵が
ここまでの剛力を持っていようとは。

引き裂いた部分から外気が流れ込んでヒヤッとしたかと思うと、
みるみるうちに股間部分に穴が開き、七海の秘部が外へ露出する。
ソニックメガフォンで敏感にされた性感帯を散々弄ばれたせいで、
秘奥は既に濡れそぼっており、雫が糸を引いてこぼれ落ちた。
その雫を指ですくい取ると、男は七海に見せつけるように口へと運び、
そしてその指をゆっくりと秘奥へと突き入れた。

ちゅぷっ。
「んんんああっあはあぁ……」
「ククク、なんだかんだ言ってびしょびしょに濡らしてるじゃねえか」
「うそ……うそよ……んんんんッ、あはぁッ、だめ、だめッ」
「焦らして悪かったな、そろそろイカせてやるぜ」
「くっあぁ、だ、だめなの……動かしちゃ……あっはあああああ」

ずぷっ、じゅぶじゅぶ、ぴちゅっ。
男が指を動かすたびに電車内に淫猥な水音がこぼれ、
押し殺すことを忘れた七海のあられもない声が響き渡る。
もはや、観客は誰もが二人の行為に注視していた。
それは、好奇・好色の目でもあり嫌悪感溢れる目でもあった。
大勢の視線が自らに突き刺さっていることを痛いほど感じながら、
七海は絶頂へと押し上げられてしまった。

「ひああッ……だ、だめッ、出ちゃうの……出ちゃうから、だめぇーッ」
「おらっ、イクところを乗客の皆に見てもらえよ!」
「あああああーーッ、ひあぅッ、はぁうッ、で、出ちゃうぅーッ!!」

ぷしゃあああああ……。
七海が痙攣しながらひときわ大きな喘ぎ声を上げたその時、
秘部から大量の飛沫が勢いよく床へと噴射された。

「はぁっ……はぁっ……ん……ぁう……」
「ハハハハ、潮を噴きながらイくなんてさすがはハリケンブルー、
 『水が舞い、波が踊る』ってか? クククク、ハハハハハッ」

男の哄笑を遠くで聞きながら、自らが分泌した液で
水溜りができている床に、七海はぴしゃっと音を立てて崩れ落ちた。

END


ハリケンブルー痴漢1  2



「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 レオタード脚痴漢露出


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
※夫とセックスした次の日は、息子にお仕置きされる日です
2017/02/14 23:00
2017/02/14 23:00
嫁と結婚して15年、息子も素直に育ち、仕事も順調で幸せだなと思うことの多い日々を送っている。ただ、唯一不満なのは、嫁のセックスが下手なことだ。男性経験がないまま私と交際を始め、できちゃった婚をしたのでしかたないのかも知れないが、いつもほとんどマグロ状態だ。

息子が合宿や嫁の実家に泊まりに行った夜などは、嫁の方から夜のお誘いがある。でも、嫁はほぼなにもしてくれない。いつも私がキスをして、胸を愛撫し、クリトリスを責めた後に挿入してフィニッシュという感じだ。それとなく促すと、フェラチオもしてくれるのだけど、わざとだろ? と思うほど下手くそで、面倒臭くなって私が責めるというパターンだ。

妻の下着が派手になるという、分かり易すぎるフラグが立ちました
2017/06/15 22:35
2017/06/15 22:35
私30歳妻28歳結婚して1年経ちました

そろそろ子供でもと週3回ぐらい中出しSEXしています

妻の男性経験人数は私を入れて3人だと結婚する前に妻から告白されました

それと私と婚約する前に彼氏がいた事と妊娠して彼氏との子供も堕ろした事が有るの正直に告白してくれました
私は妻を愛していましたし過去の事は気にしないで良いからと私がプロポーズし、無事結婚しました。
 
 
しかしここ最近妻の下着が派手になり、携帯もロックを掛けています、
少し前妻の会社の1泊慰安旅行が有りました
妻の変化に気が付いたのも旅行から帰って来た後でした・・・
まさかこんな事に成ってたなんて・・・

妻の行…
むさぼる熟女
2017/10/13 16:49
2017/10/13 16:49
仙台へ出張したときの話。 地元企業の挨拶まわりに同行してくれた仙台支社の女性課長さおりさん才バツイチ。 訪問企業全て消化してホテル近くで二人で飲むことにした。 さおりさんほろ酔いになってきてプライベートな話に。 「エリートくんは独身なの彼女は」 いないと答えると「あんまり仕事ばかりじゃだめよ。女の子と遊ばなきゃ」 「課長は魅力的ですよね。支社の男がほっとかないんじゃ」 「ご機嫌とりな男は嫌いなの。エリート君みたいな純粋な男の子がすき」 そんな、エロの話題になりそうでならない男女の話を閉店時間まで楽しんだ。 「もう遅いですけどタクシーで帰るのですか」 「支社まで車。もう飲んじゃったし代行もったい…
押さえ付けられて
2017/08/19 08:49
2017/08/19 08:49
膝まで下げられたショーツが絡まり社長に身を預ける格好で倒れこみ、嬉しそうに 社長が抱きしめてきました。ソファーまで抱き抱えられて運ばれ、大きく足を 拡げられました。社長の呼吸が荒い、アソコに息が吹きかかってます。 必死に両手で隠そうとしましたが、「誰も来んから無駄やぞ」凄みながら手を 払いのけられ、すごい勢いで吸われました。ブチュブッチュ、チュー、チュー 「加奈、好きや」社長が歓喜の声をあげました。熱い舌がクリトリスを転がします 。恥ずかしさと絶望に私は顔を覆って泣きました。我慢できなくなった社長が イチモツを晒しました。グロテスクで真っ黒です。先端の太さが際立ってます。 なす術もなく身体を開…
【近親相姦】痴女の歯科医とキモ男【体験談】
2016/12/30 11:40
2016/12/30 11:40
先日親知らずが痛み仕方なく歯科行きを決め近所の新しくできたクリニックに行きました、受付のおばさんに用件を伝えて誰も居ない待ち合い室のイスに座りました、その歯科は異常に狭く待ち合い室から診察室がはっきり見えるんです、そこにふと目をやると一人診察を受けているようでした、おやっ?てか女医?しかもかなりキレイ系では?何か診察前の説明らしき事をしており、まだマスクを着けていない状態でした、診察を受けているのは40才位の男でかなりのデブで汚らしいジャージ姿のキモ男(以下キモ)、で女医はというとキレイな黒髪を後ろで結び、薄化粧、胸は結構大きめで30半ば位のフェロモンたっぷりって感じで俺次診察してもらえるの?…
綺麗系のOLさん(笑)
2015/10/16 09:03
2015/10/16 09:03
続きを読む
教室のお漏らしオナニーしてたら同級生に見つかって
2017/06/01 21:49
2017/06/01 21:49
オナニー覚えたての頃、風呂場でヤるのがマンネリだったことがある。 当時は、うつ伏せになって両手で外からマンコを揉んでただけなんです。 イッてもアソコがピクピクするくらいで。 そこで、教室で・・・と思った。 実際、体育館では部活とかやってるけど、放課後の教室は全く人が居なかったの。 さて実行の日。 見られてなくても緊張して、とりあえずスカートの上から机の角に股間を擦りつけた。 どんどん『羞恥心<気持ちよさ』になってきて、クリトリス辺りを擦るとじゅわじゅわ濡れてくるのがわかって、今までではありえないほど興奮してきた。 もうスカートは捲れ上がって、ガニ股になってびしょびしょ。 パン…
【姉との告白体験談】寝ている姉に
2016/01/24 00:15
2016/01/24 00:15
2005/12/10 18:45┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 自分には4歳年上の姉がいます。  弟から見ても割とかわいい方だと思います。 ちょっとうるさいですが、明るくてやさしい姉です。   自分は中1までセックスとかの知識がほとんどなく、もちろんオナニーなんてしたこともありませんでした。   中1の時友達からエロ本を見せられ、色々話を聞いて、初めて知りました。  すごい衝撃的でした。 今まで経験のない感情になりましたし。  こんな事はどうでもいいですね・・すみません それで中2になってからは毎日…
【妹との告白体験談】高校時代から知り合いである主人の弟(同じ年)とセックスしてしまいました
2017/12/29 10:37
2017/12/29 10:37
しかし、トイレに行きたくなり起きて、暗いし寝ぼけているし、義弟がどこに寝ているかよく見えずに歩いたらつまずいて覆いかぶさってしまいました。 義弟も、ちょっと痛そうにしていてごめん、と言ってわたしはトイレに行こうとしたのですが義弟がしがみついて離してくれません。 奥さんの名前を呼んでいるようで、その奥さんと私の体系は細身で似ていることから間違えたそうです。 ちょっと、、違うよって手でのけようとしても男の人の力はすごいので、ぜんぜんだめです。 しだいに、弟の手は胸やお尻をさわりはじめました。 さわりかたがとてもうまくて・・・・・でもだめなことなのでたたいて気づかせ…
控えめで大人しい感じの女友達はベッドでは正反対だった
2017/03/19 08:42
2017/03/19 08:42
先日、もう何年も通ってるクラブに行った。
店のスタッフもほとんど知ってるので、平日だったが一人でブラリって感じで。
スタッフやDJの人とお喋りしたり、飲んだり、踊ったり、飲んだり、飲んだりしてると、同じく店の常連のN子が一人で現れた。

「M(俺)久しぶりー。何?一人なのー?」とN子。

「そだよ。暇だったからさ。それより今日はTとは一緒じゃないの?」と俺。

TはN子の彼氏で俺も知っている人だった。
いつも一緒にクラブに来るので、あれっ?珍しいなと思った。

N子は相変わらず可愛かった。
背がちょっと低くて、でも出るとこは結構出てて。
お洒落だし、気が利く子で、いつも彼氏の後ろに控…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・【痴漢・レイプ】やらせてくれる姉 -きっかけ編-

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・【熟女体験談】夫が病気で入院した時に義父に恋をして濃厚なSEXをする不貞主婦

・【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・

・彼女の裸

・■エロの中出しが好きな主婦です

・昔おじさんに女装メス調教されていた私と、それを知った上で結婚した妻

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・ママチャリ乗ったムッチリ巨乳若妻ナンパしたら簡単にやらせてくれた

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・初めての3Pは女友達とその友達とでした

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・【痴漢・レイプ】彼氏のこと犯したった その3

・私っておかしいですか?

・僕はいつも以上に大きくなったモノを・・・

・【衝撃】嫁がオナニーしてるのwwwww見てしまったwwwwwwww

・憧れの先輩の唇は男の人とは違う柔らかさだった

・彼女の友人女が逝ったこと無いって言うので・・・

・営業に来た女性を口説き落として生ハメ

・【人妻体験談】密着状態の花火大会でヒップアタック責めの逆痴漢をしてきた子持ち淫乱痴女な他人妻

・【熟女体験談】寝ているところに自宅侵入され、輪姦レイプされた妻が何度も絶頂し快感の世界に酔いしれていた

・すごくビックだった英会話教室の白人の先生

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[前編]

・押しに弱いJKは、生理でも簡単にやらせてくれました

・友達の彼女が穿いていた白いパンスト

・部屋の鍵を抜き忘れて出掛けた隣のOL

・人妻の家で旦那の留守にHするのは興奮するけど緊張もハンパない