寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】ハリケンブルー痴漢(2)

2018/06/14 16:22




「んッ!? ……んんんっ……」
「どうした? 気持ちよくなってきたか?」
「そ、そんなわけ……んくっ……ないでしょう」
「そうか、じゃあもっと刺激を与えてやるとしようか」
「い、いや……もう……ひぅっ」

小声ながら、ひときわ高いトーンの嬌声が七海の口から漏れる。
男の右手が胸の突起(と思われる部分)を指で弾いただけでなく、
左手が内股にまで入り込み、柔肉をふにふにと擦り始めたのだ。
レオタードで覆われているとはいえ、股間を指で執拗にほじくられては
さしものハリケンブルーも何処吹く風とはいかないらしく、
刺激を与えられるたびにピクッ、ピクンッと小さく体を震わせた。

「ふん、こうなっちまったら大人しく感じた方が身のためだぜ?」「……う……はぁっ……さ、さぁ、それはどうかしら?」
「何だとッ!?」

途端、これまで弱々しい声を出して男の言いなりに
甘んじていたはずの七海が、一転して強い語気で男に反旗を翻した。
思ってもみなかった反応に狼狽を隠せないでいる男に体を向けて
睨みつけると、七海は危機的状況を打開する切り札を取り出す。
それを目にした男の顔色が変わった。

――ソニックメガフォン。
マイクで喋った通りに相手を操ってしまうハリケンブルー固有の武器。
確かにこれならば人質をとられていようが何一つ問題はない。
相手の動きを止めてしまうか、電車の外へ出してしまえばいいからだ。
その狙いに気づいた男の顔は青ざめ、額には冷や汗がつたう。
先ほどの戦闘では、男は動きを止められ、地面に顔面から激突させられ、
目が回るほど高速で回転させられたのだ。
操られる恐ろしさなら、嫌というほど思い知らされている。

「そ、それは……ちょっと待て……待ってくれ……」
「ダメよ、覚悟しなさい。せーの、次の駅で電車から降……きゃッ!?」

ゴトン!!
七海にとっては運がなかったとしか言いようがなく、
男にとっては思いがけない僥倖としか言いようがない瞬間だった。
電車が急停車し、バランスを崩した人波がドミノ倒しのように
押し寄せ、二人を襲ったのである。
急停止の原因は停止信号である、という申し訳程度のアナウンスの後、
進行方向に押し寄せていた人波はゆるゆると重心を元に戻した。
そして我に返った七海の手に、ソニックメガフォンは、なかった。

「形勢逆転だな、ハリケンブルー」
「……あッ!? か、返して、返しなさい!!」
「ダメだね。散々いたぶってくれたこいつでお返しをしてやるよ」

奥の手を取り上げられて狼狽する七海に、男の非情な命令が向けられる。

「――敏感になれ」

ドクンッ!
七海は、自分の胸の鼓動が聴こえた気がした。
男の言葉を聴いた瞬間、体がかぁっと熱くなりスーツの中で汗が滲む。
なんとか体の異変に耐えようとするも抗いぎることができず、
「はぁッ……」と切なげな吐息が漏れてしまう。

「フフフ、さすがはソニックメガフォンだ、効果は覿面なようだな。
 さて、ハリケンブルー、お楽しみの続きといこうか」
「はぁうッ!! んっく……い、いやぁ……あはぁッ……」
(だ、だめ……こんな状態で触られたら……私……)

男の愛撫は、前にもまして執拗かつ的確だった。
胸のふくらみを遠慮なく揉みしだき、中央をコリコリと刺激する。
モジモジと閉じようとする股を押し開き、股間の敏感な部分を
七海の反応をもとに探り当て、弱点と見るや指先を立てて振動を与える。

感度を高められた体を激しく責められて、七海は悶え苦しんだ。
男の指が動くたびに、ビクンッ!ビクンッ!と跳ねずにはいられない。
与えられる快感に立つことすらできなくなり、それでもなんとか
崩れ落ちまいと両足を開くその姿は、まるで股間を開放して男の手を
迎え入れるかのようだった。

「はぁッ、はぁッ、ひぐッ……んっ、んんんあぁぁ……」
「おや、だいぶいい声が出てきたじゃないか?
 ハリケンブルーといえど、股間ほじくられると感じるんだな」
「い、いやぁ……お願い、も、もう……許して……」

男の指と言葉による巧みな責めは、七海を確実に高みへと押し上げていく。
心と体を蝕んでゆく甘い刺激に息も絶え絶えとなり、脚をガクガク
震わせていた七海は、とうとうバランスを崩して男の肩に掴まった。

その時。
『七海、大丈夫か?』
『うっ、んんんぁ……お、おぼろさん……?』
(嘘でしょ……こ、こんなときに通信なんて……)

敵を独り追跡した七海を心配したおぼろからの通信。
だが皮肉にもそれは七海をますます追い詰める結果となってしまった。
まさか敵の愛撫を受けて喘いでいるなんて。
それも電車の中で、周囲の目がある中で。
そんな痴態を、どうしておぼろに言うことができよう。
今や七海の頭の中は、通信で助けを求めることよりも
いかに快感に耐えて平静を装うか、で占められてしまったのである。

『どうしたんや、そんな小さな声出して? 何かあったんか?』
『な、なんでも、はぁっ、はぁ……ないです』
『そか? ならええんやけど……敵は見つかったんか?』
『……んあぁぁッ!!』

なんとか声を押し殺しながら通信していた七海だったが、
突然小さいながらも嬌声を上げてしまった。
男の手が再び胸と股間への愛撫を再開したのである。

(だめ、今はだめ……お願い……バレちゃうから……)
『七海? 七海? どうしたんや!?』
『い、いえ……なんでもないです……敵はいませんでし、た……』
『まったく、無茶はほどほどにしいや。早よ戻ってくるんやで』
『あぅ……はい……』

「ククク……そりゃ通信機能ぐらいはついているよな。
 最初は感じすぎて独り言言い出したのかと思ったぜ」
「んっく……はぁっ、ひぅ……」
「本当にバレずに通信できてたのか? 
 聞いている限りではかなりアヘ声が出てたぜ、クククク」

やはり男は、七海が通信中であることに気づいていてなお、
いや、気づいていたからこそ愛撫の手を緩めなかったのだ。
それでも、なんとか怪しまれることなく通信を終了までこぎつけた
精神力は、見事というほかない。
七海の口から、安堵の溜め息が漏れる。
だが、その溜め息も再び喘ぎ声へと変わるのだった。

「さて、ハリケンブルー、そろそろイキたいだろ?」
「そんなこと……んあぁぁ、はぁっ、な、ないぃ……」
「まあそう遠慮するなよ。待ってろ、直に触ってやるからな」
「んっんんんっ……え? え? あ、ああぁぁ……」

戸惑う七海をよそに、男は左手だけ元のジャカンジャの姿に戻す。
そこには甲虫の腹のような、こげ茶色の醜悪な腕が現われた。
男はその醜悪な腕をおもむろに七海の股間にあてがうと、スーツの
繊維を掴んでビリ、ビリッと引き裂き始める。

まさかの事態に、七海は「ひぃ」と小さく悲鳴をあげた。
いくらジャカンジャとはいえ、並の敵では戦闘用スーツを
引き裂くなどできようはずがない。
戦闘の時には鈍重な動きで気づかなかったが、まさかこの敵が
ここまでの剛力を持っていようとは。

引き裂いた部分から外気が流れ込んでヒヤッとしたかと思うと、
みるみるうちに股間部分に穴が開き、七海の秘部が外へ露出する。
ソニックメガフォンで敏感にされた性感帯を散々弄ばれたせいで、
秘奥は既に濡れそぼっており、雫が糸を引いてこぼれ落ちた。
その雫を指ですくい取ると、男は七海に見せつけるように口へと運び、
そしてその指をゆっくりと秘奥へと突き入れた。

ちゅぷっ。
「んんんああっあはあぁ……」
「ククク、なんだかんだ言ってびしょびしょに濡らしてるじゃねえか」
「うそ……うそよ……んんんんッ、あはぁッ、だめ、だめッ」
「焦らして悪かったな、そろそろイカせてやるぜ」
「くっあぁ、だ、だめなの……動かしちゃ……あっはあああああ」

ずぷっ、じゅぶじゅぶ、ぴちゅっ。
男が指を動かすたびに電車内に淫猥な水音がこぼれ、
押し殺すことを忘れた七海のあられもない声が響き渡る。
もはや、観客は誰もが二人の行為に注視していた。
それは、好奇・好色の目でもあり嫌悪感溢れる目でもあった。
大勢の視線が自らに突き刺さっていることを痛いほど感じながら、
七海は絶頂へと押し上げられてしまった。

「ひああッ……だ、だめッ、出ちゃうの……出ちゃうから、だめぇーッ」
「おらっ、イクところを乗客の皆に見てもらえよ!」
「あああああーーッ、ひあぅッ、はぁうッ、で、出ちゃうぅーッ!!」

ぷしゃあああああ……。
七海が痙攣しながらひときわ大きな喘ぎ声を上げたその時、
秘部から大量の飛沫が勢いよく床へと噴射された。

「はぁっ……はぁっ……ん……ぁう……」
「ハハハハ、潮を噴きながらイくなんてさすがはハリケンブルー、
 『水が舞い、波が踊る』ってか? クククク、ハハハハハッ」

男の哄笑を遠くで聞きながら、自らが分泌した液で
水溜りができている床に、七海はぴしゃっと音を立てて崩れ落ちた。

END


ハリケンブルー痴漢1  2



「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 レオタード脚痴漢露出


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
昔、飲み会で無理やり犯され、乱暴してきた男が友達の彼氏で同棲してた話
2015/09/21 00:00
2015/09/21 00:00
コーラス部の先輩から急に電話があり「今度ね、

妹が入ってるダンスクラブで公演があるんだけどね、

ほら渋谷の公会堂でやるの、

切符余っててこまってるんだけど見に来てくれないかしら。

ねね、来てくれるわよね」と頼まれました。

妹さんは先輩より5つ年下で同じ大学でしたが、

私が卒業してから入ったので顔を見た事はありませんでした。

今年卒業で、今度の公演は学生最後の公演になるので、

なんとか友達を大勢引き連れて見に行って、

姉の立場をなんとか保ちたいのが本音のようでした。

他のコーラス部の先輩や、同級生もたくさん見に来るというので、

私も行かないけにはいかないと思いました。
Y子とセックス
2016/09/10 23:05
2016/09/10 23:05
小学校の卒業式を控えた3月の寒い日だった。同じクラスの女の子でY子が大人と一緒に 団地に入っていくのを見かけた。そこは取り壊しが決まり誰も住んでない はずだった。どこに行くのだろうと思い、こっそりあとをつけた。 2人は無言で手をつないで団地の2階へと階段を昇った。 Y子の表情は分からなかったが、嫌がっているような空気があった。2人が階段を昇ったことを確認して、僕も階段を昇った。2階の踊り場から Y子が泣く声が聞こえた。そっと覗くと、男がY子のスカートをめくり股間に 顔を近づけていた。 すぐにエッチなことされていると分かった。でも声をかけたらいけない気がしたし、 勇気がなかった。 誰かを呼ぼうと…
【人妻体験談】家庭の事情でデルヘリで働き出した人妻が、生ハメ中出しされて寝取られた
2016/12/11 18:02
2016/12/11 18:02
今年で27歳になる人妻です。 家庭の事情で、人妻デリヘルで働かざるをえなくなりました。 5月の初めにデリヘル人妻募集広告見て電話をして夕方に面接に行きました。 誰かに見られない様に、深々と帽子を被り、大きなマスクをして指定された都内の駅前マンションに行きました。 チャイムを押すと中から50歳?位の大柄の(少々恐そうな)男性が出迎え中ヘ案内され、私は奥のソファーが有る部屋に通されました。 手前の部屋からは他の男性がお客様?と電話で「タイプの子は?」とか・・・「ホテルは何処?」等々声が聞こえてきました。 ドキドキしながら待つ事5分、大柄の男性が戻り、経験は有るのと聞かれ、私は当然初めてですと答え…
【熟女体験談】息子の朝起ちに興奮し、性教育をはじめることにした
2017/10/09 00:02
2017/10/09 00:02
2017/10/09 (Mon) 息子も大人になったんです

そう、オチンチンが立派に

それ気づいたのは息子が小学6年生の時

起こしに息子の部屋に行くと
朝起ちしているんです

その勃起した息子のショタペニスを見たただけで
私のおまんこは濡れてきました

きっと私は淫乱で変態な母なんです

朝起ちチンコに感激に震え、
息子の性の目覚めを前にして異常に興奮し
まだ眠りについている息子の前でオナニーをしたんです

息子の性の匂いを嗅ぎたい一心で
顔を寄せ、クンカクンカと匂いを嗅ぎ
指を激し動かし、遂に絶頂しました

そして息子への新たな
性教育をはじめる事になりました。

まだ性的機能が体…
保健室に行ったら、保健の先生と英語の先生がエッチしていました
2016/04/16 20:00
2016/04/16 20:00
私が高校の時あった話です。

体育の授業があって、外で転んでしまい、ひざから流血した私は、保健室に行こうと歩いていると、保健室の窓が開いていて、白いカーテンがふんわりと揺れていた。

チラッとベットに寝そべってる足が見え、誰か寝ているんだと思い、見ていると、保健の先生Aが近くにいた。

何やら話しているが、何か学校で話しているような会話でなく、嫌らしく写った。




寝ている男の足が、毛むくじゃらで、見ていると、英語教師のWだった。

短パン姿のWの足元にA先生が座り、足をさすったりして、私は間違いなくエッチする気だと思った。

なんて事を!!でも私は好奇心から覗いてしまってい…
劇団のオーディションがきっかけで女同士の愛を知った
2018/07/09 15:10
2018/07/09 15:10
私は、とあるアマチュア劇団に所属する学生劇団員です。
都内の大学に入学したばかりの頃、女子高の同級生と演劇サークルに入ってから演じることの楽しみに嵌ってしまい、今所属している劇団の演劇を見たのが入団のきっかけでした。

アマチュア劇団のためオーディションもなく、すんなりと入団してからは、大学の勉強と演劇サークルとアマチュア劇団の稽古で忙しい毎日を過ごしていました。
忙しいなりにも充実した毎日でした。


大学2年になった頃、端役ながらもアマチュア劇団の舞台に立つことが出来るようになりました。

脚本の執筆と演技指導をしている藤川理恵子さん(仮名)から、「1年でうちの舞台に立てるのは運が良いか筋…
友達の妹とのエッチ体験談【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/10 17:53
2017/12/10 17:53
友人(以下M)はあまり派手な格好は好みでなかったのでよく妹ちゃんに「そんな格好してると電車で痴漢にあうぞ~」みたいな感じでたしなめたりしてたのを覚えてる。 そんなある日、いつものノリでM宅に泊まるのを前提に遊びに行ったら妹ちゃんがいた。 なんか大学が早めに終わったらしい。 M宅に泊まるときは暗黙の了解で俺が飯を作ることになっていてその日は餃子を作ることになった。 んで妹ちゃんが野菜切るのを手伝ってくれた。 妹「俺にーにーって料理うまいよね~」俺「またまた~w妹ちゃんも作ったら上手そうだけどなぁ」妹「じゃあ今度何かつくってくるからそしたら俺にーにー食べてくれる?」そんなこと言われて俺は(*…
彼女は元カレにガッツリ調教されてたことがわかり……
2016/05/29 22:14
2016/05/29 22:14
何故そういう話になったのが覚えていないが、話の流れで彼女のエッチ・恋愛遍歴を聞く事になった。
それでどうやら彼女は元カレにガッツリ調教されてたことが最近判明した。
敏感で凄く感じやすい子だなと思ってたけど、まさか元カレに調教されてそうなったとは思ってなかった。
今はもう立ち直ったけど、話聞いた時は結構凹んだ。
しかもJK時代に付き合ってたから、そいつに処女を捧げて、二年近く調教されてたらしい。




彼女は愛撫するとよく潮吹くんだけど、それは元彼の調教の賜物だった。
俺は今の彼女が初めて付き合う彼女だからあまり変に思わなかったけど、普通の女の子は潮吹かないらしい。
俺も少しはお…
親友カップルと乱交したら気持ちよすぎて失神
2015/11/28 12:52
2015/11/28 12:52
私は23歳のOLです。
親友とは中学と高校の同級生です。
私の彼氏と親友の彼氏も仲が良くて、お互いのアパートでお酒を飲んだりして楽しむ間柄です。

そんな親友のアパートで鍋パーティーをした時の事です。 彼女が珍しくが酔っぱらってしまい、彼氏とキスを始めたんです。
私はキャーキャー言いながら囃し立てていたんですけど、そのうちに彼氏のズボンのベルトを外してチンチンを引っ張り出したんです!
マジっ?て感じでした。
さすがに私も唖然としてしまいました。
彼女が彼氏のチンチンを擦って大きくしてからフェラを始めたんです。
その時はショックでしたけど、他人のフェラを初めて見て、思わず…
職場の先輩が海水浴でハプニングのエロ体験談【エッチな話告白】
2016/03/07 11:15
2016/03/07 11:15
俺が入社したての頃25才の女の先輩(Y子)がいた。

気さくに話しかけてくれいろいろ仕事も教えてくれた。

そんな先輩に憧れていった俺は
一度彼女のヌードが見てみたくなり日々妄想してたある日、会社仲間で海水浴に出かけた。

憧れの先輩は真っ赤なビキニの水着で少し水着が小さめなのか
ピッチリ身体にフィットしており
身体のラインがまる分かりでおっぱいは大きかった。


お尻にも水着が食い込んでおりそんな姿を波打ち際でまったりして眺めていた。

そして彼女が海から上がってきて
俺の目の前に来た時、彼女の姿に唖然としてしまった。
何と真っ赤な水着越しに真っ黒な陰毛が透け透けになっていた。

水着の生…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・同じマンションに住んでいた女を無理やり・・エッチな体験談

・カテキョの女子大生が、エロすぎてヤバかったです・・・

・研修会で年上の女性と出会って人生が変わった

・貧乳に悩む妹の相談中に発情して近親相姦したったwwwwwwwwwww

・高校時代 四

・中出しをせがんできた32歳のバツイチ

・あまり抵抗しなかった女

・酔った勢いで処女の後輩に抱きつき弄りまくった結果wwwwwwwwwwww

・体験談:家族写真が飾られてる所でレイプされた [衝撃]

・【人妻体験談】試着室で水着に着替えていたら、床上手なおじさんにレイプされた巨乳主婦

・【熟女体験談】色白おっぱいの素人人妻が夫の目の前で公認中出しSEX

・井上和香似なキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

・【悲報】淫行でパクられたけど質問ある?

・世間は狭いデリヘル嬢がPTA役員

・エロい若妻(o^^o)

・母がヤクザに調教された

・浮気元妻の因果応報

・妻が教え子に犯された 2

・元カノから、ハガキが届いて吃驚した

・本気で妊娠させるつもりで犯して欲しいと思う変態な私

・仲のいいセフレ2

・同級生を奴隷にした話 2

・高校時代 三

・寝取られ体験談/OB4人に彼女がレイプされた 続編

・ヌルンヌルンに濡らして感じてくれた26歳の美人妻

・【不倫】農作業の小屋で知った床上手な義父の指使い

・クラブでナンパしたビッチな巨乳女子大生

・【熟女体験談】出会い系が趣味の専業主婦が4P乱交の耐久セックス

・処女だった元高校生バイトに何度も中出し

・犯されると勘違いした母を本当に犯した