寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】アイドル美奈子の受難(2)

2018/06/14 12:58




「あぁぁぁ…いやぁぁぁ!!んんぁぁ…はぅっ…」
後戻りできない快感の波が美奈子の体に押し寄せていた。
アンダーショーツをはいているにもかかわらず、美奈子の秘部から愛液がにじみ出し、
ビキニに恥ずかしいシミをつけ始めていた。
「ほうら、美奈子ちゃんのアソコがグチュグチュに濡れてきたぞ…感じやすいんだなぁ」
「あぁぁん…やだ、やだぁ…」
美奈子は自分でも股間にヌルッとした感触を自覚していた。

「そろそろ美奈子ちゃんの濡れたおまんこをじっくり見せてもらおうか」
カメラマンはビキニのウエスト部分を掴むと、勢い良く腰からそれを引き抜いた。
「あぁっ、だめ!いや!脱がさないで!!あぁ…」
美奈子の哀願も叶わず、ムッチリとした腰つきの下半身は男の目の前にさらされる。黒々と茂った陰毛とヌラヌラと愛液を滲ませた淫裂に男はさらに興奮を高めた。
そして、顔を足の間に近づけると、ピンク色のヒダを左右に押し広げた。

「きれいなおまんこだな…」
カメラマンはじっくりと観察するように美奈子の秘部を見つめながらつぶやいた。
「いやぁぁぁ!見ないで、見ないでったら!!あ」
明るく照らされた中で、もっとも恥ずかしい部分を男の目の前に晒していることに、
美奈子は顔から火が出るほどの羞恥心に気が遠くなる思いを感じていた。
カメラマンがクリトリスの包皮をめくり、愛液で濡れた指を敏感な突起に押しつけると、
美奈子は腰をブルッと震わせた。

「あぁぁぁっ!だめ!そこ、い、いや…」
「いや?ほんとにいやなのかな?気持ちよさそうな声出してるじゃないか」
執ようにクリトリスを指先でいじられると、これえきれない喘ぎが美奈子の喉をつく。

「だめ!これ以上は…お願い、あぁぁ、だめぇぇ!!」
言葉とは裏腹に、美奈子の体は(イキたい)という欲求に駆られはじめていた。
(あぁぁ…こんな無理矢理いじられてるのに、イカせてほしいなんて…)
美奈子は心の中でつぶやきながら、本能に素直な自分の体を恨めしく思った。

「おまんこからいやらしい汁があふれてるぞ。指をいれてやろうか。中も感じるんだろ?」
カメラマンは中指を割れ目にもぐらせ、膣口をとらえるとゆっくり指先を押し込んだ。
「くぅ…はぁぁ…あっ、あぁぁぁ…」
体内に指の侵入を許し、膣壁をこすられた美奈子はたまらず大きな喘ぎをあげた。

カメラマンのごつごつした指が深く差し込まれ、子宮口をつついいたかと思うと、
指先を軽く曲げて膣壁をこすりながら愛液を掻き出すように前後に動く。
上半身では2人がかりで美奈子の耳、首筋、鎖骨、乳首へ舌と指で丹念な愛撫が続く。
「あぅぅあ!あぁっ…やっ、おかしく…なっちゃうう!!」
いくつもの性感帯を同時に刺激され美奈子は、瞬く間に絶頂へと昇りつめようとしていた。

「あぁぁぁ…んぐ、く、はぁぁ…も、もう…」
「どうした?いきそうなのか?そうら、いってごらん。美奈子ちゃんがイクところ、
 みんなで見ていてあげるよ」
カメラマンの指の動きが速まり、恥骨の裏側を押し上げるように激しく出し入れされる。
ズッチュ…グッチュ…ヌッチュ…と、愛液がいやらしい音を立てる。

「ふぁぁ…あぁ…だめ…あ、い、いくっ!あぁぁ…」
美奈子は腰をビクッ、ビクッとひくつかせながら絶頂に達した。
それと同時に淫裂からピュッ、ビュッと透明な汁が飛び散り、シーツを濡らした。
「んん…あぁ…はぁぁ…ん……」
肉感のある柔らかな肌を桜色に紅潮させ、美奈子は宙に放り出されたような感覚に浸る。

「おまたがビチョビチョだぞ。いやらしいなぁ、美奈子ちゃんは。
 潮吹きながらいっちゃうなんて…」
カメラマンが意地悪く言うと、他の2人もニヤニヤしながら横たわる美奈子も見ていた。

「うっ、うぅ…ひどい、こんなことって…」
「ひどいだって?美奈子ちゃんもあんなに気持ちよく感じてたじゃないか」
「美奈子ちゃんのイクときの顔、すごく色っぽかったよ」
アシスタントまでが美奈子を言葉ではやしたてる。
「だって、うぅ…だって、あんなに…」
美奈子は言い訳をしようにも言葉が出ない。
3人の愛撫に恥ずかしい姿を見せつけてしまったのは事実だから。

「さぁ、今度は何をして楽しもうか。そうだ、あれを持ってこい」
命じられたアシスタントは、バスルームから剃刀とシェービングクリームを取ってきた。
カメラマンは再びベッドに上がると、美奈子の足を大きき開き股間へと手を伸ばした。
「あぁぁ…な、なにするの!もう部屋に帰して…」
両腕をベッドの端に縛り付けられ、男の手を拒む事ができない美奈子。
カメラマンは下腹部に茂る美奈子のヘアーをさらりとなでつけると、
「水着の撮影にはじゃまになるだろ?ここの毛は剃ってあげるよ」

そう言って、カメラマンはアシスタントから剃刀とシェービングクリームを受け取った。
美奈子は目を丸くして驚いた
「なっ!そんな…やめて、そんな必要ないから!!お願い…」
水着グラビアを幾度もこなす美奈子は、ビキニラインの処理をいつも自分でしていた。

しかし、その毛を全部剃るなど、恥ずかしい以外のなにものでもなかった。
カメラマンは、手のひらに盛ったシェービングクリームを美奈子のヘアーになでつける。
「んん…だめ…やめて…」
スッとした感覚が恥丘に広がる。
2人の男が美奈子の腰を持ち上げて下に枕を置くと、茂みの部分を突き出すような格好になり、
剃刀を持ったカメラマンの目の前にそれをさらした。

「暴れたら、美奈子ちゃんの大事な部分が切れちゃうから動いちゃダメだよ」
刃物を目の前にして言われるまでもなく美奈子は体をこわばらせた。
ジョリ…ジョリ…ジョリ…
さほど濃くはないものの、大人の体へと成長した証の陰毛がみるみる剃り落とされる。

美奈子は唇をかみしめながら、その羞恥に耐えていた。
「ほうら、美奈子ちゃんのおまんこが赤ちゃんみたいにきれいになったぞ」
陰唇の際まで丹念にヘアーが剃り落とされ、なだらかな曲線を描く恥丘がツルリとして、
幼女のような秘部が美奈子の巨乳と奇妙なバランスをとっていた。

「いやぁぁ!こんなの、こんなのいやだぁぁ!!見ないでぇ!!!」
足を閉じたくても股の間に居座るカメラマンがそれを許さなかった。
「記念にここも写真にとってあげよう」
カシャッ…カシャッ…カシャッ…カメラマンは無毛の性器にレンズを向け、
涙を溜めた美奈子の表情とともに何度もシャッターを切った。
あまりの恥辱にもはや抵抗する気力もうすれ、グッタリとベッドに横たわる美奈子。
男たちがようやく手首のひもをほどいても立ち上がる力も失せていた。

「おや?もう疲れたのかい?でも、まだ僕らは気持ちよくしてもらってないぞ」
3人の男達はおもむろに服を脱ぎ美奈子に近づいた。
(えっ!あ、やだ…)
露骨にそそり立った3人のペニスを目にした美奈子は顔をそむけた。

しかし、カメラマンはかまわず美奈子の股を開くと、無毛の秘部に口を付けた。
ペチョッ…クチュッ…ピチョ…
舌先が陰唇を押し分けて膣口からクリトリスまでを舐めあげる
「あぅぅぅ…く、はぁっ…いや…汚い、なめちゃ…」
このまま犯される。美奈子にもそれは想像できた。
しかし、淫らに悶え狂う姿をさらすのは、アイドルタレントとしてのプライドが許さず、
必死にその快感から逃れようと身をよじった。

コーディネーターは再び豊満な胸にしゃぶりつく。ペチョ、チュパッ、クチュ
「先生、俺もうがまんできません!口でしてもらってもいいですか」
アシスタントは自らの肉棒を握りながら言った。
「しょうがないな。美奈子ちゃんの口で気持ち良くしてもらえ」
青筋を浮かばせてそそり立つ若いペニスが美奈子の唇に押しつけられる。
「さぁ、美奈子ちゃん。くわえて」
〈んぐぅぅ…はむん…んん…〉
優しい口調とは裏腹に、強引に唇を割って男根が押し込まれる。

フェラチオの経験が無いわけではなかったが、今までのように好きな男のペニスを
自ら口に含んだのとは違い、強引に犯すようなフェラに美奈子は戸惑った。
〈んんー…んぐぅ…ん、はむぅ…ん…〉
口いっぱいにペニスを含み、なおもクリトリスへの舌いじりが続くため、
くぐもった喘ぎが漏れる。

「あぁ…美奈子ちゃんの舌が…気持ちいいよ…」
〈むぐぅん…んん…はむぅ…あぐ…〉
ペニスをくわえながら、美奈子はこの行為が早く終わることを願って積極的に舌を使った。
「あぅっ!すごい…美奈子ちゃんのフェラ…」
(できることならこのまま口で終わらせたい…イって…早く…)
心の中で叫ぶ美奈子。しかし、そんな余裕はすぐに消し去られた。

乳首とクリトリスへの同時舌愛撫に、再び快感の火がともった美奈子の体は
ビクン、ビクンと反応しはじめた
むき出しにしたクリトリスをざらついた舌先が激しくなめまわす。
チャプッ、チュプッ、クチュッ…
「うぅぁぁ…あぁ、だめ…止めて…そんな…い、いい」
トロトロと止めどない愛液が割れ目の奥からあふれ出る。

「おまんこのヒダがヒクヒクしてるぞ。美奈子ちゃんのここ、欲しがってるのかな?」
カメラマンは上体を起こして赤黒いペニスの先端を濡れた秘部に近づけた。
「さぁ、美奈子ちゃんの中に入るところもしっかり写真に撮ってあげよう。おい、頼むぞ」
コーディネーターにカメラを渡すと、透明な先走り汁をしたたらせテラテラ光る亀頭を
陰唇を押し付けた。

「いやっ!それだけは!!お願い、みんな口でするから…お願い…」
くわえていたペニスをあわて…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
兄夫婦がどうしても授かれないので、僕が子種を提供しましたw
2016/06/10 02:00
2016/06/10 02:00
僕と兄は、ひとまわりの12歳年が離れている
僕が14歳の時に兄とは2つ違いに24歳の人と結婚することになった。
入社が同期で短卒の人で非常に綺麗でモデル並み。
やはり兄の会社で受付をしていたらしい。
会社で同じテニス同好会に所属し同期ということもあり仲良くなったらしい。
兄は、容姿もそこそこいいし、一流大学を卒業しているから将来的にも出世コースを進むと思われるし、それがあの綺麗な美貴さんを射止めた原因だろう。




最初は同居することになった。
我が家は結構裕福で家も大きいし、兄も5年目で海外への出張も多い為兄嫁も安心だし寂しくないと賛成したようだ。
一緒に暮らし始めてから、兄…
看護師さんの家にも招かれた骨折入院初H体験談
2017/07/07 09:35
2017/07/07 09:35
俺が大学1年の時、

スキーで足を骨折して入院した。

その部屋は2人部屋だったけど、

俺一人しか使ってなくてラッキーだった。

でも入院してから1週間、

一度もオナニーをしてなくて、

もう限界でいつしようかと悩んでいた。

夕食も終わり、仰向けになって布団をはぎ、

下半身丸出してオナニーしていたら、

俺の担当の30歳位の女性看護師が

突然カーテンを開けて入って来た。 もはや隠すことも出来ず、

いい訳も出来ない状態だった。

俺はどうしていいか分からず、黙っていたら

「若いからしかたないわね。

彼女はいるの?」と聞いて来た。

俺は、看護師さんの話を聞きな…
女の子としゃべるのが苦手だった俺が学校のマドンナと付き合えた話
2016/06/23 22:02
2016/06/23 22:02
あれは高校2年の時…。

どうしても告白したい、好きな子がいた。

勿論それまで付き合った事も、女と喋るのも苦手だった。

周りの友達からは

「やめとけ、お前じゃ無理だ」

「あの子レベル高いぞ?釣り合ってねーよ」

「あいつはライバル多いぜ?バスケ部のエースも惚れてるらしい」

「つか、うちの学校で一番人気じゃね?」

などなど、今にして思えば

彼らの中にも彼女に惚れている奴がいたかもしれない。

名前は仮に美樹さんとしておこう。

男友達はいたが、

女が苦手な俺は当然、モテなくて、奥手で、冴えない奴だった。

放課後、茜色の空の中、

手をつないで帰る同級生のカップルを、眩しく見つ…
【Hな体験】高校生なのにタバコを吸うお姉さん
2018/04/22 10:00
2018/04/22 10:00
僕は中学2年生です。夜になると、ベッドの上でパジャマのズボンに片手を突っ込んで、コチコチになったチンポを癒します。もう一方の手には、以前に使っていたスマホを持っています。そのスマホで盗撮した、お姉さんの動画を見つめながら、じっとチンポを握り締めているのが、僕の夜のお楽しみなんです。 でも本当はチンポを激しくしごいて、画面の向こうのお姉さんに浴びせるくらいの気持ちいい射精をしたいんです。だけど僕は動画を繰り返し再生しながら、チンポが暴発しないようにじっくり癒しているんです。 (お姉さん・・・) 僕が心の中で呼びかけた時でした。僕のメインのスマホにメッセージが届きました。開い…
【レイプ・痴漢】【痴女】手術室の夢【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/19 14:28
2017/04/19 14:28
まぶたの上からでも目を焼かれるような、強烈な光を顔に当てられて僕は目を覚ました。僕は素っ裸でマットの硬いストレッチャーに乗せられ、医者の手元に陰を作らないよう、あらゆる角度から患部を照らす無影灯によって照らされている。間違いない……ここは手術室だ。そして、その手術を受ける患者は……僕だ。体は鉛のように重く、ストレッチャーから起き上がることもできない。なんとか光から逃れようと、力をふりしぼって首を横にしてみると、白衣を着た女の人がいた。手術着も着ていないが、ひと目見ただけでなぜか、彼女がこれから僕を手術する女医さんだということがわかった。切れ長の目と小さめの眼鏡のせいか、知的でちょっと冷たく、…
友達の奥さんはM妻だった
2018/06/02 09:14
2018/06/02 09:14
私は×1の42歳(中村 武史)会社員です。 私の会社の同僚(42歳 伊藤 淳)は昨年、部下の女性社員(31歳 今日子)と再婚しました。 伊藤も今日子ちゃんも×1で社内では交際している噂もなく突然の結婚報告に驚きました。 同期入社の伊藤とは社内でも唯一の親友と呼べる間柄だけに私も喜びが大きかったのは事実です。 今日子ちゃんは社内でも仕事の出来る女性で知られながら、美人で物静かな大人の女性で若い男性社員にも人気がありました。 そんな、今日子ちゃんは結婚を期に会社を辞めて専業主婦として伊藤と暮らしておりました。 そんな時に伊藤から『たまには、家に遊びに来いよ、今日子も喜ぶから・・・』とお誘いを受…
【痴漢・レイプ】レイプは最低な行為
2016/10/14 16:39
2016/10/14 16:39
わたしは、中学1年の時忘れられない経験をした。わたしは性欲が強い方で小学校の時からオナニーをしていた。好奇心がすごくて、オナニーも段々エスカレートしていた。家の近くに大学があり、そのため家の近所はアパートだらけで、ゴミステーションにはよくエッチな本が束ねて捨ててあった。小学校の頃はそこから何冊か抜き出し、こっそり家に持ち帰ってはオナニーしていた。本からフェラチオやクンニなどの単語を覚え、出てくる女の人の真似をよくしていた。縛られてる写真を見ては、縄跳びで自分を縛ったり、にんじんを削って擬似フェラチオもよくした。 オナニーも当然激しくなり、にんじんをアソコに入れてするのが日課となっていた。そん…
【寝取られ体験談】妻に性感マッサージを・・
2017/04/25 18:59
2017/04/25 18:59
僕は一度でいいから我が妻が他の男に抱かれることをいつも想像していた。 結婚当初は考えもつかないことであったが子供ができ成長しマンネリ化した頃からいつのまにかそう考えるようになっていた。 しかし妻は厳粛な家庭で育ったせいか、貞淑でカタブツでテレビなどで見る不倫 浮気などはまるで別世界のように考えていた。 35歳になると身体の線は少し崩れてきたが女の魅力はますます磨きがかかってきたと思う、髪はセミロングヘアで顔は童顔だが綺麗だ。 背は163センチと普通で決して太っていない。 同僚や友人は美人で色気があり羨ましいと妬む。 そんな妻を誰かに抱かしてみたいという考えは異常であり変態かも知れない。…
泥酔した女友達にむりやり挿入
2015/09/12 21:00
2015/09/12 21:00
会社帰り、女友達の雅代と2人で秋葉原で飲んでて向こうが潰れた。
会社で大失敗をしたらしく、ヤケ酒だった。
ベンチでひざまくらしてやってたら、香水のいい香りと、チラリと見えたEカップの谷間に我慢できなくなった。
ちょっとだけのつもりで手を入れて乳首をつまんだら「んん〜?ダメだよ〜・・・」とか言って逃げようとした。
逃げられると捕まえたくなってしまい、酔った女を押さえつけるのは簡単だった。
 
シャツをまくってブラをずらして乳首を両方吸った。
泥酔してるくせにマジで抵抗する雅代には理由があった。
なぜなら俺の新婚の嫁さんと、雅代は親しい友人で、
俺と雅代が2人で遊ん…
彼氏が横に寝ているのに彼氏の親友と・・
2018/07/18 10:10
2018/07/18 10:10
当時、私は4年くらい付き合った彼氏がいました。
しかし、彼に対する気持ちはまだあったように思いますが、彼の親友のK君の事が気になって仕方なかったんです。
3人で遊ぶ事も多くなっていました。
K君はうっとりするほどの美男子なので、どうしても彼氏と比べてしまいます。


あれは仲間内でコテージを借りて忘年会をした夜の事でした。
仲間内で20人くらいが集まり、それぞれ彼女を連れてきたりしていました。

皆すっかり出来上がって、それぞれ雑魚寝状態でした。
最初から”Hは無しで”という忘年会でしたので、男女別々に部屋を分けていたのですが、先に潰れてしまったあたしが寝てた部屋に、彼氏含め、ゾロゾロと男子が…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・週末にクッソエロい体験したから話す

・おまけ

・女が体を許すとき

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・中国マッサージ

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス