寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

童貞と処女が旅行した話(3)

2018/06/14 12:01



「村上春樹読んでたよね?」
 
「ああ」
 
「何好き?」
 
「俺は…ノルウェイの森かな…」
 
「私も読んだ、でもセックスのところしか憶えてないな」
 
「…最愛を失う事による自己同一性の崩壊とその再生…」
 
「何よそれ」
 
「レポートのテーマ。ノルウェイの森の主題考察って。テーマは自分で決められるんだよ」
 
「長谷川君のやってること自体は読書感想文だね」
 
「大学生のは複雑なんだよ」
 
「…目玉焼きと卵焼き、どっちが好き?」
 
「オムライス」
 
「ひどいよ、長谷川君」
 
「じゃあカレーとハヤシ、どっちが好き?」
 
「ビーフストロガノフ」
 
「ひでえなぁ、確かに」
 
「じゃあ、なぞなぞです。パンはパンでも食べられるパンは何でしょう?」
 
「…?」
 
「答えはパンです」
 
「…」
 
「…つまんなかった?」
 
「…」
 
「私ってどう?」
 
「どうって何が」
 
「男の人から見てどう思われているかなぁって」
 
「とっても可愛いくて、真面目で、もろくて、すけべで…お姉さんにしたい」
 
「…やらしい」
 
「ごめん」
 

「初めてあなたに会ったときのこと、話していい?ちょっと変だけど、私の気持ちを長谷川君にしっかり説明したい」
 
「…ほんとにいきなりだな…どうだった?」
 
「新歓コンパのときだったかな…長谷川君ものすごくかっこよかったの」
 
「…へえ」
 
「でも自己紹介のとき、長谷川君、なんていったか憶えてる?」
 
「…ジェームズ・キャメロンみたいになって、ハリウッドで百億ドル稼ぐ…だったっけ」
 
「それ聞いてドン引きしたわ」
 
「…ああ」
 
「他の子も、真希とかも引いてたもん」
 
「…え?真希ちゃんもぉ?」
 
「私のクラスの子達もドン引きよ」
 
「そいつらには言うなよ…」
 
「そのあとの言動もひどすぎて、もう憶えてないくらいだもん」
 
「ああ…」
 
「普通ならそこでサークルどころかキャンパスライフも終わりでしょうね」
 
「まあ」
 
「それがあなた、どうして今でもサークルで活動できてると思うの?」
 
「どうして?」
 
「あなたが馬鹿で真面目で、つくる作品がぶっ飛んでるから」
 
「ん??」
 
「いろんな意味で才能あるって言われてるのよ?先輩方から」
 
「あ、そうなの?」
 
「私、先輩方からあなたの作品についてなんか言われるたび、悔しい思いしてるんだから。何となくだけど」
 
「あ?、俺そんなに情熱はかたむけてないけどなぁ、勉強の方真面目にやろうって思ってたからねえ…まあ、とにかく面白いのつくろうとはしてたけど…」
 
「……でもあなたとチーム組めて本当に良かった、あなたのおかげで大学が楽しくなったもの」
 
「そうか…」
 
「頭おかしいんじゃないの?っていつも思うんだけど、時々見せる優しい表情に、私…」
 
「何語ってんだよ?恥ずかしいよ?」
 
「それに、他の人は私を女扱いしてくれなかったけど、長谷川君はとっても優しく接してくれた」
 
「ええ?その時は俺ヘタレなだけじゃないの?」
 
「ううん。それでいてとってもカッコよかった。そんな長谷川君に私いつもきゅんってしちゃってたの。であるときあなたを好きになってたのに気づいて…いつか私、あなたのプロデューサーになりたいって…そう思うようになって」
 
「俺が監督でぇ?展開早いですねェ(事務的に対応していただけなんだけど…言わないでおこう)」

「私髪型変えたの、なんでかわかる?」

「なんで俺の好み知ってるの?」
 
「あなたが描く絵コンテ、女キャラが全員おかっぱなんだもん」

「げ!ばれたか?…って気持ち悪いぞ!そこまで見てんのかよ」
 
「一度好きになれば、どんな些細な事でも気が付くものなんです」
 
「今日の為に変えたの?」
 
「うん、イチかバチかだったけど」
 
「気づけてよかった…」
 
「ほんと嬉しかったよ、泣きそうになっちゃったもの」
 
「……今日、太田とか真希ちゃんとかも来てたら、どうだった?」
 
「ここまで馴れ馴れしくはできなかったでしょうね」
 
「ここまではね…」
 
「キスはまずったって思った」
 
「俺もびっくりしたよ」
 
「後のこと何も考えてなかったなぁ…どうしようもなくて泣いちゃったもの。外で」
 
「俺、本当に気づけてよかったよ…お前の気持ちに」

 

「ねえ」
 
「ん?」
 
「もう一回キスしようか」
 
「うん」
 
「…」
 
「…」
 
「…慣れた?」
 
「冬美も上手になった」
 
「そうかな、てれるなぁ」
 
「もうちょっとしたい」
 
「いいよ」
 
「…」
 
「…ん…」
 
「…」
 
「…んく」
 
「…ごめん、もう少しで激しくなるところだった」
 
「キスぐらいならいいのに」
 
「でも歯止めが利かなくなると…下の方も」
 
「…そうか」
 
「…冬美」
 
「なあに?」
 
「大学楽しくないの?」
 
「え?」
 
「さっき言ってたじゃん、俺がいないと楽しくなかったって」
 
「…まあね、勉強難しくて、好きにもなれないし」
 
「…どうするんだよ」
 
「卒業はしたいけど、どうなるかなぁ」
 
「…どうしてここ選んだんだよ、他もあるだろ?」
 
「お父さんにすすめられたしさぁ、それにけっこう有名だしぃ…」
 
「…合格できたにしては頭が…」
 
「あなたも同じでしょ?」
 
「俺はちょっと事情が…」
 
「高校の頃はホント気楽だったもん、頑張って暗記してすこし応用すれば点数とれたからね」
 
「…そんな簡単かぁ?」
 
「私才媛だったもん」
 
「…うーむ」
 
「でも大学になると、夢とか、情熱とか、必要になってくる訳じゃない?」
 
「まあな」

「私それ欠落してたんだよね」
 
「…俺は文学やりたくて仕方なかったからなぁ、本当は東京の方行きたかったけど、地元でも出来るからってことで、ここに…でもかなり地獄だったぞ?受験期間中は」
 
「私、ずっと寝てた」

「…どういうことなの」

「あなたには夢があって、それを叶えられたわけじゃない?私夢すらないのに、もうつくれないんだもの」
 
「…」
 
「私の人生の意味はどこにあるのよ?」
 
「無理矢理つくればいいんじゃないのぉ?」
 
「どうやって?」
 
「博士号取るとか」
 
「無理だよぉ」
 
「大丈夫!俺がいる」
 
「ええ?」
 
「経済勉強してお前の替え玉になってやる」
 
「…能天気すぎるよ…」
 
「駄目かな?」
 
「うん…」
 
「でも俺達結ばれたじゃないか」
 
「ええ?」
 
「もうお前はお前の為だけに学ぶんじゃない!俺の為にも勉強してくれ(ダセエ…)」
 
「…長谷川君大好き」
 
「むぎゅ」
 
「あ、大丈夫?」
 
「いきなり抱きつくなよなぁ」
 

「…」
 
「…冬美の将来の夢は?」
 
「あなたの奥さんになりたい」
 
「ええ?やっぱりぃ?」
 
「主婦になってあなたを支えたい。もう大学中退しようかな」
 
「それはやめろよ、俺だって将来どうなるかわかんねえしさ」
 
「長谷川君は?」
 
「BBCでコンテンツ制作できればいいかなぁ…なんて」
 
「…不安だ」
 
「ほらね、難しい夢なんだよ」
 
「NHKでもいいじゃん。ていうかあんたじゃNHKも無理じゃないの?」
 
「…いや、ドラマとか教育とかNEOとか、みんなのうたとか、そんな感じのコンテンツをね…」
 
「中退はやめよ。卒業して就職しよ」
 
「そのほうがいい」

「…長谷川君」
 
「うん?」
 
「動かしていいよ」
 
「…いいの?」
 
「うん…でもゆっくりめでお願いね」
 
「ああ…」
 
「…」
 
「…締まってきた」
 
「…あ」
 
「どう?」
 
「うん、いいかんじ」
 
「…」
 
「…」
 
「…」
 
「…いい…長谷川君…」
 
「…」
 
「…はせがわくうん」
 
「…」
 
「はあ、とっても優しいのに…感じちゃう」
 
「…」
 
「…なんか喋ってよ」
 
「ごめん、でも集中したいんだ」
 
「…そう」
 
「…」
 
「…」
 
「…」
 
「…あ」
 
「…」
 
「…あ…あは」
 
「…」
 
「…ううん、この擦れる感じってけっこうなもんだね」
 
「…」
 
「慣れるのに時間かかりそう」
 
「…」
 
「はせがわくん…意外と暇だぁ、喋ってくれえ」
 
「…」
 
「…ああん、もう慣れたかも…」

「…」

「喉元過ぎれば、こんなもんだよなぁ…」
 
「…」
 
「…」
 
「…」
 
「ねえ、はせがわくん」
 
「え?」
 
「お父さんとお母さんも…こんな風に結ばれたのかな」
 
「…うん」
 

「…」
 
「…」
 
「ふう…」
 
「…冬美」
 
「ん?」
 
「…ふゆみぃ」
 
「何?」
 
「すきだぁ、ふゆみぃ」
 
「…長谷川君」
 
「ふゆみぃ」
 
「…」
 
「ふゆみ、ふゆみ」
 
「…」
 
「ぐす…嬉しいよぉ…冬美ぃ」
 
「…」
 
「…ふゆみ、ふゆみ、ふゆみぃ」
 
「…」
 
「ふゆみぃい、すきだあ…」
 
「…」
 
「冬美ぃ、冬美ぃい」
 
「…」
 
「ふゆみ、ふゆみ、おれいきそうだよぉ…」
 
「…」
 
「ふゆみぃ、ああ、ああ、あ…」
 
「んんっ」
 
「ふゆみぃ…うう…」
 
「…」
 
「冬美…」
 
「長谷川君、気持ち良かった?」
 
「…うん」
 
「…(僕の頭を撫で)よしよし、いっぱい出したのね」
 
「…」
 
「これで一…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
男子バスケ部員にストリップのサービス
2017/03/05 14:01
2017/03/05 14:01
913 女子マネ 2013/06/05(水) 20:35:38.21 ID:i+GVrwGf0 私は男子バスケ部のマネージャーをしていました。 こっそりデートに誘ってくれる人は何人かいましたが、楽しく部活をしたいので、特定の彼氏は作りませんでした。 なのでセックスの経験もありませんでした。 ある時、部活が終わった後、誰もいない男子部屋の洗濯物を取りに入りました。 周りはもう真っ暗になっていましたが、面倒だったので電気をつけずに入りました。 すると、壁にかかっていた大きな古い鏡が透けていて、電気がついている隣の私のマネージャー更衣室が見えてしまっていました。 914 女子マネ[sage] 20…
結婚式前夜に出会い系で男を漁ってた腹ボテ女
2018/02/11 19:23
2018/02/11 19:23
いきなりの展開でびっくりしたけど、エッチなことをしてきました。
女って意外に日頃からムラムラしてるんだなって初めて感じて、今日から女の見方や、女をエッチを誘うのは意外に好評なんじゃないかって思うようになりました。

今日、ついさっきのことだけど、掲示板で会った女とヤってきた。
掲示板で、『今から遊べる人募集!』みたいのがあって、何の気なしに開いたら、スペック的には俺好みだったんで、とりあえずメール。

<女のスペック>
27歳、160センチくらい色白細身。
白人っぽい顔立ちだが、美人というほどでもない。

メールでは、『どこで何して遊ぶ?』みたいなのから入って、聞けば待ち合わせ場所は…
彼女と家で…
2016/03/09 12:05
2016/03/09 12:05
今日ゎすごかったです!彼女と僕の家で遊んでたんですけど…彼女をkとします!僕「今日も学校疲れたね~」k「だねぇ~w」僕「めっちゃk好きゃゎ!」k「うちも○○大好き!」とごくフツーの会話をしてたら…彼女がベッドの下にあるHな本にきずきました!k「へぇ~○○、彼女ぃるのにこんな こんなの読んでんだ~」からかってきたw僕「これゎ…ちがぅ!ちがぅ! いつかkともこーゅーことしたぃなって思ってた…」本音が出た… すごぃ空気になった…k「少しだけだょ!絶対秘密ね♪」僕「・・・何を?k「だから…○○とHなことしたぃ… かな…w」なんて僕ゎラッキーボーィなんだw僕「後悔しなぃ?」k「しなぃょー☆1つだけだょ!…
★ドレスのジッパーを下ろす喜び
2016/01/24 14:50
2016/01/24 14:50
 ある夏の夜・・都内の高層ホテル。私と彼女は部屋に入るなり、激しいキスを交わした。食事のときから、目と目で交わり、高めあっていた感情が一気に噴出した。私は彼女のドレスのジッパーをゆっくりおろした。

 ドレスの下に潜んでいた、白いランジェリーに包まれた裸体をビルの夜景が包み込んだ。私はすばやく彼女の手を後ろに回し、シャツからはずしたネクタイで手首を縛った。彼女の首筋を味わいながら、窓際で浮かび上がる彼女の裸体のあらゆる場所を優しくなでた。
 指先から、わきの下、胸、乳首、尻、内股、陰部・・。ひとつひとつ丁寧に指を滑らせた。向こう側のビルでは、まだ残業をして働いている人たちがいる。喫煙スペー…
【レイプ・痴漢】【レイプ】高2の夏休みも近づいたころ 【無理矢理】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/11 09:38
2017/04/11 09:38
その日、私はクラスの子と一緒に夏休みの計画を相談をすることになっていて、一度家に帰ってから同じ団地に住むTちゃんの家にいくことになってた。学校からの帰り道、急に大粒の雨が降り出して、慌てて走って帰ったんだけど家に着くころにはびしょ濡れに。午後3時頃家に着いたんだけど、階段を上がるときに30代くらいの男の人とすれ違った。Yシャツが張り付いて下着が透けてるので恥ずかしかったから、足早に階段を上がると男の人は下から私を見上げてた。家に着いて私服に着替えようとする間もなくチャイムが鳴ったけれど、格好が格好なだけに無視して部屋に行こうとしていたら玄関が開く音がしたので仕方なく見に行くとさっき階段ですれ…
ボーイッシュでサークルで一番可愛い女子大生と過激なエロい賭けをしたエッチ体験
2016/01/17 18:02
2016/01/17 18:02
ドラマの『家政婦のミタ』の事で、

同じサークルに所属してる沙都子と飲み会で口論になった。

沙都子は、ボーイッシュだけど、サークル内では一番可愛い子。

11月に彼氏と別れたらしい。

「最終回、視聴率37.2%だな」

とか言ってたんだけど、俺は

「40%いく!」

と断言。

「今時、40%なんていかないよ。いったら、アンタのちんちんでも何でも舐めてやるよ!いかなかったら、視聴率×1万円払えよ!」

とみんなの前で公言。

結果は……40.0%で、ギリギリ俺の勝ち!!!

結局、先輩のアパートで……

その賭けをした居酒屋にいたメンバー6人がいる前で、

公開フェラをする事になった。…
【妹との告白体験談】従姉とキメSEX(ppp氏)  ~近親相姦告白~
2015/12/09 16:32
2015/12/09 16:32
579:ppp:02/10/2908:55ID:qA0il5YH私は有名大学を出て、某企業の中間管理職を勤める35才のQと言います。ここで私の隠れた趣味(覚せ剤、SEX)についての今まで経験したことから印象に残る出来事を1つ紹介させたください。 17歳の冬に覚をそのときの近所に住む4つ上の知り合いに進められるがままにどっぷりはまってしまい今に至るのですが、そののちの24歳のとき経験した最高のSEXについてです・・・私はその日友人なんかと4人で軽く酒を飲みじゃあこの辺でと帰路に着こうと思い最後にトイレにいくと、女子トイレのほうから同世代のストレートの髪にベージュのスーツでどうみてもいい女が歩…
【人妻・浮気・不倫】年下の可愛い彼
2017/05/18 13:15
2017/05/18 13:15
私は41歳で、主人は月に1回帰ってくる単身赴任者です。 子供は中学生で、中高一貫の進学校の寮生活をさせていますので少しでも教育費のためにと思い働き始めました。  でも、今はその職場でアルバイトとして働いている大学生2年の男の子と、ふとしたことがきっかけでお付き合いをしています。  私が始めて職場に出た時は、すでにお店でテキパキとお仕事をしていまして、私に親切にいろいろと教えてくれました。  彼とは、初対面のときから何となく気があって、気軽にお話ができる唯一の人でした。いつの日からか、私達は仕事中にお互いの目を見詰め合うようになっていました。私には、彼が私を見つめる気持ちが痛いようにわかって…
不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました5(ブロマガ転載禁止)
2017/12/01 09:41
2017/12/01 09:41
私は、パンツの中にたっぷりと射精をしたまま、そっと部屋に戻りました。そして、汚れたパンツの中をティッシュで拭き、布団に潜り込みます。景子が兄の部屋に忍び込み、あの巨根で狂わされている……。そう思うと、脚が震えてきます。

私は、なかなか戻ってこない景子のことを考え、悪い想像ばかりが広がっていきます。一体、何時間セックスをしているのだろう? それとも、疲れ果てて一緒に寝てしまっているのだろうか? そんな想像ばかりが広がります。

私は眠ることも出来ず、景子が戻ってくるのを待ちました。でも、結局外が明るくなるまで待っても戻ってきませんでした。私もいつの間にか寝てしまったようで、気がつく…
じゃあ、キスの5秒前!4、3、2、・・
2017/11/04 22:28
2017/11/04 22:28
友達じゃないけど、夜勤の当直中に同僚に抜いてもらったことはある。 相手は内科の女医。 急患もなく当直室で暇そうにネットサーフィンしてたら、 「先生、トランプしません?」 って誘ってきたので一緒にやることに。 やってるうちにただやるだけでは飽きてきたので、何かを賭けようということになった。。 金はまずいので、負けたら夜食おごるとかお互いの医局の秘密を話すとか、 たわいもないことで続けていたが、そのうちネタ切れに。 冗談半分で、 「じゃあ俺が3回連続で勝ったら、先生エッチさせてくれる?」 というと、ちょっと考えた後に、 「手でなら。」 とマジで返された。 すんません、女医は年下の既婚(当時3…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・黒人に挿入され一気に抜かれる快感

・綺麗なお姉さん^ ^

・人妻と少年のセックスダイエット

・エロ子

・【羞恥】高校生の妹がお漏らし寸前の危機的状況

・人妻熟女とセックスしたら出血した話

・金髪巨乳母娘との愛の3P性活(修正)

・【オナニー】友カノが穿き捨てた真っ白のパンスト

・△出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた完(転載不可)

・jkと熟女と付き合ってる

・【熟女体験談】「エッチしてもいいよ」と枕もとで言ってきた美人なママと近親相姦

・ 温泉で覗かれて、脅された。 

・2人の男に犯されましたが逝きました

・妹の友達と付き合ってたらなんか面倒なことになった話

・サンジャポのオモチャ

・姉が24、私が23の時に姉の彼氏に強姦されました

・成人式までの大人のトレーニング(好評だったので続き書きます)

・姉さん女房を寝取らせて4

・彼氏の趣味で要求は乱交プレイ

・【熟女体験談】泥酔した色白豊満でデブなお母さんを睡姦レイプしたら物凄くエロいアヘ顔で即射精

・【レイプ】9人の男に犯された彼女と男に3回イカされた俺[後編]

・JK達の我慢大会

・せっかくなのでソープ体験談を書こうと思う

・私のいじめおもらし

・知合いにホテルを出る所を目撃された後は

・【レイプ】9人の男に犯された彼女と男に3回イカされた俺[前編]

・【人妻体験談】アブノーマルな母乳乱交パーティで爆乳幼妻に中出し

・主婦友達から相談

・演じるのが上手な主婦の私

・50代夫婦の昭和の思い出実話?「妻の写真」