寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

童貞と処女が旅行した話(3)

2018/06/14 12:01



「村上春樹読んでたよね?」
 
「ああ」
 
「何好き?」
 
「俺は…ノルウェイの森かな…」
 
「私も読んだ、でもセックスのところしか憶えてないな」
 
「…最愛を失う事による自己同一性の崩壊とその再生…」
 
「何よそれ」
 
「レポートのテーマ。ノルウェイの森の主題考察って。テーマは自分で決められるんだよ」
 
「長谷川君のやってること自体は読書感想文だね」
 
「大学生のは複雑なんだよ」
 
「…目玉焼きと卵焼き、どっちが好き?」
 
「オムライス」
 
「ひどいよ、長谷川君」
 
「じゃあカレーとハヤシ、どっちが好き?」
 
「ビーフストロガノフ」
 
「ひでえなぁ、確かに」
 
「じゃあ、なぞなぞです。パンはパンでも食べられるパンは何でしょう?」
 
「…?」
 
「答えはパンです」
 
「…」
 
「…つまんなかった?」
 
「…」
 
「私ってどう?」
 
「どうって何が」
 
「男の人から見てどう思われているかなぁって」
 
「とっても可愛いくて、真面目で、もろくて、すけべで…お姉さんにしたい」
 
「…やらしい」
 
「ごめん」
 

「初めてあなたに会ったときのこと、話していい?ちょっと変だけど、私の気持ちを長谷川君にしっかり説明したい」
 
「…ほんとにいきなりだな…どうだった?」
 
「新歓コンパのときだったかな…長谷川君ものすごくかっこよかったの」
 
「…へえ」
 
「でも自己紹介のとき、長谷川君、なんていったか憶えてる?」
 
「…ジェームズ・キャメロンみたいになって、ハリウッドで百億ドル稼ぐ…だったっけ」
 
「それ聞いてドン引きしたわ」
 
「…ああ」
 
「他の子も、真希とかも引いてたもん」
 
「…え?真希ちゃんもぉ?」
 
「私のクラスの子達もドン引きよ」
 
「そいつらには言うなよ…」
 
「そのあとの言動もひどすぎて、もう憶えてないくらいだもん」
 
「ああ…」
 
「普通ならそこでサークルどころかキャンパスライフも終わりでしょうね」
 
「まあ」
 
「それがあなた、どうして今でもサークルで活動できてると思うの?」
 
「どうして?」
 
「あなたが馬鹿で真面目で、つくる作品がぶっ飛んでるから」
 
「ん??」
 
「いろんな意味で才能あるって言われてるのよ?先輩方から」
 
「あ、そうなの?」
 
「私、先輩方からあなたの作品についてなんか言われるたび、悔しい思いしてるんだから。何となくだけど」
 
「あ?、俺そんなに情熱はかたむけてないけどなぁ、勉強の方真面目にやろうって思ってたからねえ…まあ、とにかく面白いのつくろうとはしてたけど…」
 
「……でもあなたとチーム組めて本当に良かった、あなたのおかげで大学が楽しくなったもの」
 
「そうか…」
 
「頭おかしいんじゃないの?っていつも思うんだけど、時々見せる優しい表情に、私…」
 
「何語ってんだよ?恥ずかしいよ?」
 
「それに、他の人は私を女扱いしてくれなかったけど、長谷川君はとっても優しく接してくれた」
 
「ええ?その時は俺ヘタレなだけじゃないの?」
 
「ううん。それでいてとってもカッコよかった。そんな長谷川君に私いつもきゅんってしちゃってたの。であるときあなたを好きになってたのに気づいて…いつか私、あなたのプロデューサーになりたいって…そう思うようになって」
 
「俺が監督でぇ?展開早いですねェ(事務的に対応していただけなんだけど…言わないでおこう)」

「私髪型変えたの、なんでかわかる?」

「なんで俺の好み知ってるの?」
 
「あなたが描く絵コンテ、女キャラが全員おかっぱなんだもん」

「げ!ばれたか?…って気持ち悪いぞ!そこまで見てんのかよ」
 
「一度好きになれば、どんな些細な事でも気が付くものなんです」
 
「今日の為に変えたの?」
 
「うん、イチかバチかだったけど」
 
「気づけてよかった…」
 
「ほんと嬉しかったよ、泣きそうになっちゃったもの」
 
「……今日、太田とか真希ちゃんとかも来てたら、どうだった?」
 
「ここまで馴れ馴れしくはできなかったでしょうね」
 
「ここまではね…」
 
「キスはまずったって思った」
 
「俺もびっくりしたよ」
 
「後のこと何も考えてなかったなぁ…どうしようもなくて泣いちゃったもの。外で」
 
「俺、本当に気づけてよかったよ…お前の気持ちに」

 

「ねえ」
 
「ん?」
 
「もう一回キスしようか」
 
「うん」
 
「…」
 
「…」
 
「…慣れた?」
 
「冬美も上手になった」
 
「そうかな、てれるなぁ」
 
「もうちょっとしたい」
 
「いいよ」
 
「…」
 
「…ん…」
 
「…」
 
「…んく」
 
「…ごめん、もう少しで激しくなるところだった」
 
「キスぐらいならいいのに」
 
「でも歯止めが利かなくなると…下の方も」
 
「…そうか」
 
「…冬美」
 
「なあに?」
 
「大学楽しくないの?」
 
「え?」
 
「さっき言ってたじゃん、俺がいないと楽しくなかったって」
 
「…まあね、勉強難しくて、好きにもなれないし」
 
「…どうするんだよ」
 
「卒業はしたいけど、どうなるかなぁ」
 
「…どうしてここ選んだんだよ、他もあるだろ?」
 
「お父さんにすすめられたしさぁ、それにけっこう有名だしぃ…」
 
「…合格できたにしては頭が…」
 
「あなたも同じでしょ?」
 
「俺はちょっと事情が…」
 
「高校の頃はホント気楽だったもん、頑張って暗記してすこし応用すれば点数とれたからね」
 
「…そんな簡単かぁ?」
 
「私才媛だったもん」
 
「…うーむ」
 
「でも大学になると、夢とか、情熱とか、必要になってくる訳じゃない?」
 
「まあな」

「私それ欠落してたんだよね」
 
「…俺は文学やりたくて仕方なかったからなぁ、本当は東京の方行きたかったけど、地元でも出来るからってことで、ここに…でもかなり地獄だったぞ?受験期間中は」
 
「私、ずっと寝てた」

「…どういうことなの」

「あなたには夢があって、それを叶えられたわけじゃない?私夢すらないのに、もうつくれないんだもの」
 
「…」
 
「私の人生の意味はどこにあるのよ?」
 
「無理矢理つくればいいんじゃないのぉ?」
 
「どうやって?」
 
「博士号取るとか」
 
「無理だよぉ」
 
「大丈夫!俺がいる」
 
「ええ?」
 
「経済勉強してお前の替え玉になってやる」
 
「…能天気すぎるよ…」
 
「駄目かな?」
 
「うん…」
 
「でも俺達結ばれたじゃないか」
 
「ええ?」
 
「もうお前はお前の為だけに学ぶんじゃない!俺の為にも勉強してくれ(ダセエ…)」
 
「…長谷川君大好き」
 
「むぎゅ」
 
「あ、大丈夫?」
 
「いきなり抱きつくなよなぁ」
 

「…」
 
「…冬美の将来の夢は?」
 
「あなたの奥さんになりたい」
 
「ええ?やっぱりぃ?」
 
「主婦になってあなたを支えたい。もう大学中退しようかな」
 
「それはやめろよ、俺だって将来どうなるかわかんねえしさ」
 
「長谷川君は?」
 
「BBCでコンテンツ制作できればいいかなぁ…なんて」
 
「…不安だ」
 
「ほらね、難しい夢なんだよ」
 
「NHKでもいいじゃん。ていうかあんたじゃNHKも無理じゃないの?」
 
「…いや、ドラマとか教育とかNEOとか、みんなのうたとか、そんな感じのコンテンツをね…」
 
「中退はやめよ。卒業して就職しよ」
 
「そのほうがいい」

「…長谷川君」
 
「うん?」
 
「動かしていいよ」
 
「…いいの?」
 
「うん…でもゆっくりめでお願いね」
 
「ああ…」
 
「…」
 
「…締まってきた」
 
「…あ」
 
「どう?」
 
「うん、いいかんじ」
 
「…」
 
「…」
 
「…」
 
「…いい…長谷川君…」
 
「…」
 
「…はせがわくうん」
 
「…」
 
「はあ、とっても優しいのに…感じちゃう」
 
「…」
 
「…なんか喋ってよ」
 
「ごめん、でも集中したいんだ」
 
「…そう」
 
「…」
 
「…」
 
「…」
 
「…あ」
 
「…」
 
「…あ…あは」
 
「…」
 
「…ううん、この擦れる感じってけっこうなもんだね」
 
「…」
 
「慣れるのに時間かかりそう」
 
「…」
 
「はせがわくん…意外と暇だぁ、喋ってくれえ」
 
「…」
 
「…ああん、もう慣れたかも…」

「…」

「喉元過ぎれば、こんなもんだよなぁ…」
 
「…」
 
「…」
 
「…」
 
「ねえ、はせがわくん」
 
「え?」
 
「お父さんとお母さんも…こんな風に結ばれたのかな」
 
「…うん」
 

「…」
 
「…」
 
「ふう…」
 
「…冬美」
 
「ん?」
 
「…ふゆみぃ」
 
「何?」
 
「すきだぁ、ふゆみぃ」
 
「…長谷川君」
 
「ふゆみぃ」
 
「…」
 
「ふゆみ、ふゆみ」
 
「…」
 
「ぐす…嬉しいよぉ…冬美ぃ」
 
「…」
 
「…ふゆみ、ふゆみ、ふゆみぃ」
 
「…」
 
「ふゆみぃい、すきだあ…」
 
「…」
 
「冬美ぃ、冬美ぃい」
 
「…」
 
「ふゆみ、ふゆみ、おれいきそうだよぉ…」
 
「…」
 
「ふゆみぃ、ああ、ああ、あ…」
 
「んんっ」
 
「ふゆみぃ…うう…」
 
「…」
 
「冬美…」
 
「長谷川君、気持ち良かった?」
 
「…うん」
 
「…(僕の頭を撫で)よしよし、いっぱい出したのね」
 
「…」
 
「これで一…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
転校してきた小学生に寝取られた母
2016/03/09 14:00
2016/03/09 14:00
これは僕がまだ小学生3年生の頃の話です。
当時父が海外に単身赴任となり、母と僕は一時2人暮らしをすることになりました。
ちょうど2人暮らしを始めて半年ほどたったころでしょうか。ある少年が僕達の前に現れました。
その少年はいつごろからでしょうか。。僕と母が一緒に買い物に行く為に外出する際、よく家の前の電信柱等の物陰からジーと僕達の様子を見ているようでした。。。。正確に言えば僕の母のほうをジーと見ていました。


少年はランドセルをしょってた為、同じ小学生の子のようでしたが、子供だった僕からしても体格的にかなりかなり太ってた巨漢の少年で。。。推測ですが当時の僕の身長が1…
【レイプ・痴漢】レイプでイカされる【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/02/23 05:34
2017/02/23 05:34
4年前の今頃の事です。 私は見知らぬ男に強姦されました。 夜22時を過ぎてから、その日のうちに済ませないといけなかった支払いがある事に気付き、 翌日に先延ばし出来ないのでコンビニに行って支払って来る事にしたんです。  私は田舎に住んでいて、一番近いコンビニでも 小高い山の麓の雑木林の横を通らなくては行けませんでした。 街灯も小道を入ったばかりの所にあるだけで、 コンビニのある大通りに出るまで真っ暗なんです。  さすがに怖かった。 早く大通りに出てしまおうと足早に歩いていると 突然後ろから駆け寄って来る足音と共に脇の雑木林がザザッと揺れました。 小道は軽自動車がやっと通れる…
【熟女体験談】内定のないダメな大学生のオレが巨乳の人妻とラブホでヤれた
2015/11/21 12:02
2015/11/21 12:02
2015/11/21 (Sat) 歳22 内定なしの学生
顔:それなり 身長:180ちょい
趣味:ゲーム・漫画の典型的なオタク

友達と飯の後、某ボーリング場のゲーセンでブラブラしていたらものすごい爆乳を発見。

栗色のショートボブで身長は160ないくらい、白のカーディガンに黒いシャツ。

胸がこれでもかというくらい盛り上がっていてゆっさゆっさ揺れてた。

男二人と楽しそうにリズムゲーをやっている爆乳に目が釘付けになり、友達をレースゲームゾーンに置いてそのグループを遠くから見てた。

てかムラムラのスイッチ入った。

タイミングよくその爆乳が一人トイレ方向へ。

後を追って近く…
大雪の日は、電車に乗るもんじやありませんね
2016/05/30 12:00
2016/05/30 12:00
先週月曜、雪が凄かつた。でもTVで「通常運転」してると言っていた。
じゃあ…とフツーに駅まで行きました。3年間皆勤賞狙ってるコは、ウチの女子高では少なく、卒業式で表彰されたくガンバってたんです。
駅は、普段乗らない人で切符の販売機は行列、ホームは人だらけ。いつもほとんど同じ人が同じ場所から乗るけど、今朝は知らない顔の人だらけでした。


電車は遅れず時間通りに来ました。割とすいてる時間帯なのに、もう満員状態
で一本目は乗れません。次に乗らないと遅刻決定…

『絶対乗る!』とアセってました。お嬢様系の学校で、みんな置換に遭ってる
んで乗る前に怪しい人に注意して乗るクセ…
吉原の風俗で童貞捨てる事にしたヤラハタ男が泡姫の極上全身リップからのフェラチオで大量射精した話
2015/11/28 10:02
2015/11/28 10:02


童貞を風俗で捨てる事にした

当時28歳 吉原 100分35k

その頃ケガをしていたので月一で通院していて、

診察自体は朝一で終わるので、

その後に行こうと決意。

前日迄にお店を決めていたので、

当日の朝病院に行く前に店のHP見ながら電話をし、

お昼頃に予約を取れる姫がいるか確認。

3人の姫の名前の挙がったので

泡姫達のプロフィールを素早くチェック。

その時なぜか店員にも童貞である事を告げて、

それを踏まえてオススメの姫を聞く。

当然店員も、どの娘もオススメですよ。との返事。

そして1人の姫を選択。
予約電話が終わった安堵感でしばしボーっ…
女教師レイプ強姦体験:放課後の体育倉庫で【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/19 19:46
2017/12/19 19:46
以前、さる高校で体操部の顧問をしていた時のことだ。 学生の頃、それなりに男性とつきあったこともあるが、何しろこの不況下に教員試験に通るのは大変なことなので、勉強ばかりしていた。 おかげで、あこがれの教師になることができたが、どちらかというと私はまじめな目立たない地味な女で、校内でもおしゃれなどはとくにせず、いつもやぼったいジャージ姿で通しているような、そんな女だった。 それでも、体育の指導のときなどは、年頃の男子生徒達の視線を感じることもあった。  担任しているクラスにMという生徒がいた。 Mもまた、地味な生徒で、勉強もスポーツもそこそこできるものの、特に目立つこともない、気の弱い少年だった…
さんざん迷ったあげく夫を裏切って不倫旅行
2016/09/19 13:00
2016/09/19 13:00
こんなこと誰にも、ましてや主人や家族にとても話せませんからここで告白させて下さい。
結婚20数年の兼業主婦50才です。
先日、元同僚の彼(と言っても職場が変わってからは、メールのみのお付き合いが3年程でした。彼は52才で既婚)と温泉地へ紅葉狩りの1泊2日の旅行に行きました。勿論、家族には出張と言いました。


旅行のきっかけは私が最近家族や主人の不満をメールしていたためか、或いは心に隙があったのか。私の中で彼が好きだったのは事実です。

さんざん迷った挙げ句“OK”しました。日が近づくにつれドキドキ感でいっぱい。家族に悟られないようにしました。

この歳まで不倫どこ…
祐子と図書館で【エッチ体験談】
2015/12/13 02:05
2015/12/13 02:05
私には祐子という10年以上の付き合いになる親友がいます。 その祐子なのですが、昔からとってもエッチな子でした。 思春期の頃は特にすごく、 なぜか他人の胸の成長の事ばかり気にしていました。 中学一年生の頃、2人で隣街の図書館に訪れたのですが、 祐子が急に、一緒にトイレに行こうと言い出しました。 最初はよくある連れションかと思ったんですね。 でも違って。 トイレに入るなり、祐子がいきなりバッと服と水色のブラジャーをたくし上げて、胸をさらけだしたんです。 「!!!??????」 わけもわからず呆然としていると、 「あたしが見せたんだから、由佳も見せてよ」 と、…
H体験談。。テレ朝、竹内由恵似の泥酔OLをお持ち帰り
2017/06/16 17:27
2017/06/16 17:27
4月の日曜日友人の結婚式の二次会 帰り、新宿より山手に乗り家路に向かっていた。日曜日の最終電車に近い時間でもあり、田端 日暮里 上野 秋葉原と乗客も降りていき人気の
【乱交】初めて会った男性に3Pでアナルファックされた
2016/07/19 06:00
2016/07/19 06:00
先日、mixiで知り合い、仲良くなった人と初めて会いました。メールや電話でやり取りしているうちに、私は彼に惹かれていっていました。 「デートしよう」と誘われ、ドキドキと嬉しさで私は少し浮かれていました。 デートの日は彼の車でドライブ。一緒にご飯を食べて、楽しい時間を過ごしました。車を運転する彼が格好良くてつい見惚れていると、彼が「今日は何時頃までなら大丈夫?」と聞いてきました。私は彼と少しでも長く居たくて、翌日は休みだった事もあり、「◯◯君に合わせるよ!」と答えてしまいました。彼は「そっか」と笑顔で答えて、「じゃあ、家で映画でも見ない?」と言いました。 (家に行くって事…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・同じマンションに住んでいた女を無理やり・・エッチな体験談

・旦那に買ってもらった振袖を着て元カレと中出しエッチ

・カテキョの女子大生が、エロすぎてヤバかったです・・・

・研修会で年上の女性と出会って人生が変わった

・高校時代 四

・中出しをせがんできた32歳のバツイチ

・おばちゃんにやらせて下さいと訴えた

・【乱交】修学旅行中にギャルな同級生とサルのようにやりまくった

・あまり抵抗しなかった女

・複数の男性に連続で中出しされるのが大好きな変態女です

・体験談:家族写真が飾られてる所でレイプされた [衝撃]

・【熟女体験談】色白おっぱいの素人人妻が夫の目の前で公認中出しSEX

・井上和香似なキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

・駅ホームの待合室で露出してたらフェラさせられた

・世間は狭いデリヘル嬢がPTA役員

・エロい若妻(o^^o)

・母がヤクザに調教された

・浮気元妻の因果応報

・妻が教え子に犯された 2

・元カノから、ハガキが届いて吃驚した

・【不倫】還暦まで独身を通してきましたが、実は淫乱熟女です

・本気で妊娠させるつもりで犯して欲しいと思う変態な私

・仲のいいセフレ2

・高校時代 三

・寝取られ体験談/OB4人に彼女がレイプされた 続編

・ヌルンヌルンに濡らして感じてくれた26歳の美人妻

・【不倫】農作業の小屋で知った床上手な義父の指使い

・【熟女体験談】出会い系が趣味の専業主婦が4P乱交の耐久セックス

・処女だった元高校生バイトに何度も中出し

・犯されると勘違いした母を本当に犯した