寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

童貞と処女が旅行した話(3)

2018/06/14 12:01



「村上春樹読んでたよね?」
 
「ああ」
 
「何好き?」
 
「俺は…ノルウェイの森かな…」
 
「私も読んだ、でもセックスのところしか憶えてないな」
 
「…最愛を失う事による自己同一性の崩壊とその再生…」
 
「何よそれ」
 
「レポートのテーマ。ノルウェイの森の主題考察って。テーマは自分で決められるんだよ」
 
「長谷川君のやってること自体は読書感想文だね」
 
「大学生のは複雑なんだよ」
 
「…目玉焼きと卵焼き、どっちが好き?」
 
「オムライス」
 
「ひどいよ、長谷川君」
 
「じゃあカレーとハヤシ、どっちが好き?」
 
「ビーフストロガノフ」
 
「ひでえなぁ、確かに」
 
「じゃあ、なぞなぞです。パンはパンでも食べられるパンは何でしょう?」
 
「…?」
 
「答えはパンです」
 
「…」
 
「…つまんなかった?」
 
「…」
 
「私ってどう?」
 
「どうって何が」
 
「男の人から見てどう思われているかなぁって」
 
「とっても可愛いくて、真面目で、もろくて、すけべで…お姉さんにしたい」
 
「…やらしい」
 
「ごめん」
 

「初めてあなたに会ったときのこと、話していい?ちょっと変だけど、私の気持ちを長谷川君にしっかり説明したい」
 
「…ほんとにいきなりだな…どうだった?」
 
「新歓コンパのときだったかな…長谷川君ものすごくかっこよかったの」
 
「…へえ」
 
「でも自己紹介のとき、長谷川君、なんていったか憶えてる?」
 
「…ジェームズ・キャメロンみたいになって、ハリウッドで百億ドル稼ぐ…だったっけ」
 
「それ聞いてドン引きしたわ」
 
「…ああ」
 
「他の子も、真希とかも引いてたもん」
 
「…え?真希ちゃんもぉ?」
 
「私のクラスの子達もドン引きよ」
 
「そいつらには言うなよ…」
 
「そのあとの言動もひどすぎて、もう憶えてないくらいだもん」
 
「ああ…」
 
「普通ならそこでサークルどころかキャンパスライフも終わりでしょうね」
 
「まあ」
 
「それがあなた、どうして今でもサークルで活動できてると思うの?」
 
「どうして?」
 
「あなたが馬鹿で真面目で、つくる作品がぶっ飛んでるから」
 
「ん??」
 
「いろんな意味で才能あるって言われてるのよ?先輩方から」
 
「あ、そうなの?」
 
「私、先輩方からあなたの作品についてなんか言われるたび、悔しい思いしてるんだから。何となくだけど」
 
「あ?、俺そんなに情熱はかたむけてないけどなぁ、勉強の方真面目にやろうって思ってたからねえ…まあ、とにかく面白いのつくろうとはしてたけど…」
 
「……でもあなたとチーム組めて本当に良かった、あなたのおかげで大学が楽しくなったもの」
 
「そうか…」
 
「頭おかしいんじゃないの?っていつも思うんだけど、時々見せる優しい表情に、私…」
 
「何語ってんだよ?恥ずかしいよ?」
 
「それに、他の人は私を女扱いしてくれなかったけど、長谷川君はとっても優しく接してくれた」
 
「ええ?その時は俺ヘタレなだけじゃないの?」
 
「ううん。それでいてとってもカッコよかった。そんな長谷川君に私いつもきゅんってしちゃってたの。であるときあなたを好きになってたのに気づいて…いつか私、あなたのプロデューサーになりたいって…そう思うようになって」
 
「俺が監督でぇ?展開早いですねェ(事務的に対応していただけなんだけど…言わないでおこう)」

「私髪型変えたの、なんでかわかる?」

「なんで俺の好み知ってるの?」
 
「あなたが描く絵コンテ、女キャラが全員おかっぱなんだもん」

「げ!ばれたか?…って気持ち悪いぞ!そこまで見てんのかよ」
 
「一度好きになれば、どんな些細な事でも気が付くものなんです」
 
「今日の為に変えたの?」
 
「うん、イチかバチかだったけど」
 
「気づけてよかった…」
 
「ほんと嬉しかったよ、泣きそうになっちゃったもの」
 
「……今日、太田とか真希ちゃんとかも来てたら、どうだった?」
 
「ここまで馴れ馴れしくはできなかったでしょうね」
 
「ここまではね…」
 
「キスはまずったって思った」
 
「俺もびっくりしたよ」
 
「後のこと何も考えてなかったなぁ…どうしようもなくて泣いちゃったもの。外で」
 
「俺、本当に気づけてよかったよ…お前の気持ちに」

 

「ねえ」
 
「ん?」
 
「もう一回キスしようか」
 
「うん」
 
「…」
 
「…」
 
「…慣れた?」
 
「冬美も上手になった」
 
「そうかな、てれるなぁ」
 
「もうちょっとしたい」
 
「いいよ」
 
「…」
 
「…ん…」
 
「…」
 
「…んく」
 
「…ごめん、もう少しで激しくなるところだった」
 
「キスぐらいならいいのに」
 
「でも歯止めが利かなくなると…下の方も」
 
「…そうか」
 
「…冬美」
 
「なあに?」
 
「大学楽しくないの?」
 
「え?」
 
「さっき言ってたじゃん、俺がいないと楽しくなかったって」
 
「…まあね、勉強難しくて、好きにもなれないし」
 
「…どうするんだよ」
 
「卒業はしたいけど、どうなるかなぁ」
 
「…どうしてここ選んだんだよ、他もあるだろ?」
 
「お父さんにすすめられたしさぁ、それにけっこう有名だしぃ…」
 
「…合格できたにしては頭が…」
 
「あなたも同じでしょ?」
 
「俺はちょっと事情が…」
 
「高校の頃はホント気楽だったもん、頑張って暗記してすこし応用すれば点数とれたからね」
 
「…そんな簡単かぁ?」
 
「私才媛だったもん」
 
「…うーむ」
 
「でも大学になると、夢とか、情熱とか、必要になってくる訳じゃない?」
 
「まあな」

「私それ欠落してたんだよね」
 
「…俺は文学やりたくて仕方なかったからなぁ、本当は東京の方行きたかったけど、地元でも出来るからってことで、ここに…でもかなり地獄だったぞ?受験期間中は」
 
「私、ずっと寝てた」

「…どういうことなの」

「あなたには夢があって、それを叶えられたわけじゃない?私夢すらないのに、もうつくれないんだもの」
 
「…」
 
「私の人生の意味はどこにあるのよ?」
 
「無理矢理つくればいいんじゃないのぉ?」
 
「どうやって?」
 
「博士号取るとか」
 
「無理だよぉ」
 
「大丈夫!俺がいる」
 
「ええ?」
 
「経済勉強してお前の替え玉になってやる」
 
「…能天気すぎるよ…」
 
「駄目かな?」
 
「うん…」
 
「でも俺達結ばれたじゃないか」
 
「ええ?」
 
「もうお前はお前の為だけに学ぶんじゃない!俺の為にも勉強してくれ(ダセエ…)」
 
「…長谷川君大好き」
 
「むぎゅ」
 
「あ、大丈夫?」
 
「いきなり抱きつくなよなぁ」
 

「…」
 
「…冬美の将来の夢は?」
 
「あなたの奥さんになりたい」
 
「ええ?やっぱりぃ?」
 
「主婦になってあなたを支えたい。もう大学中退しようかな」
 
「それはやめろよ、俺だって将来どうなるかわかんねえしさ」
 
「長谷川君は?」
 
「BBCでコンテンツ制作できればいいかなぁ…なんて」
 
「…不安だ」
 
「ほらね、難しい夢なんだよ」
 
「NHKでもいいじゃん。ていうかあんたじゃNHKも無理じゃないの?」
 
「…いや、ドラマとか教育とかNEOとか、みんなのうたとか、そんな感じのコンテンツをね…」
 
「中退はやめよ。卒業して就職しよ」
 
「そのほうがいい」

「…長谷川君」
 
「うん?」
 
「動かしていいよ」
 
「…いいの?」
 
「うん…でもゆっくりめでお願いね」
 
「ああ…」
 
「…」
 
「…締まってきた」
 
「…あ」
 
「どう?」
 
「うん、いいかんじ」
 
「…」
 
「…」
 
「…」
 
「…いい…長谷川君…」
 
「…」
 
「…はせがわくうん」
 
「…」
 
「はあ、とっても優しいのに…感じちゃう」
 
「…」
 
「…なんか喋ってよ」
 
「ごめん、でも集中したいんだ」
 
「…そう」
 
「…」
 
「…」
 
「…」
 
「…あ」
 
「…」
 
「…あ…あは」
 
「…」
 
「…ううん、この擦れる感じってけっこうなもんだね」
 
「…」
 
「慣れるのに時間かかりそう」
 
「…」
 
「はせがわくん…意外と暇だぁ、喋ってくれえ」
 
「…」
 
「…ああん、もう慣れたかも…」

「…」

「喉元過ぎれば、こんなもんだよなぁ…」
 
「…」
 
「…」
 
「…」
 
「ねえ、はせがわくん」
 
「え?」
 
「お父さんとお母さんも…こんな風に結ばれたのかな」
 
「…うん」
 

「…」
 
「…」
 
「ふう…」
 
「…冬美」
 
「ん?」
 
「…ふゆみぃ」
 
「何?」
 
「すきだぁ、ふゆみぃ」
 
「…長谷川君」
 
「ふゆみぃ」
 
「…」
 
「ふゆみ、ふゆみ」
 
「…」
 
「ぐす…嬉しいよぉ…冬美ぃ」
 
「…」
 
「…ふゆみ、ふゆみ、ふゆみぃ」
 
「…」
 
「ふゆみぃい、すきだあ…」
 
「…」
 
「冬美ぃ、冬美ぃい」
 
「…」
 
「ふゆみ、ふゆみ、おれいきそうだよぉ…」
 
「…」
 
「ふゆみぃ、ああ、ああ、あ…」
 
「んんっ」
 
「ふゆみぃ…うう…」
 
「…」
 
「冬美…」
 
「長谷川君、気持ち良かった?」
 
「…うん」
 
「…(僕の頭を撫で)よしよし、いっぱい出したのね」
 
「…」
 
「これで一…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
隣の男性に
2017/10/10 06:19
2017/10/10 06:19
今年も春から大学生になり、一人暮らしを始めました。 ワンルームマンションでオートロック付です。 月に入っての夏休み、彼氏と別れてヶ月 パソコンの見ながらオナニーしてました。 音が出ないようにヘッドホンしてたけど、私の喘ぎ声が 出ちゃってたんだと思います 隣の社会人の男性にビデオ撮られていたのです。 オナニーが終わったころ、チャイムが鳴りました。 隣の男性です。 うるさいと言われて、携帯で撮ったビデオを見せるのです。 恥ずかしくなり、硬直状態 男性は色々な事言ってますが、頭に入りません パニック状態でした 部屋のベットまで携帯見せられながら後ずさり そしてベットに押し倒されました 男性は服を脱ぎ…
【熟女体験談】めちゃくちゃキレイなお隣の人妻にオナニー見られたのをきっかけに中出しできるセフレになりました
2016/01/08 12:02
2016/01/08 12:02
2016/01/08 (Fri) 高校生の頃、隣の奥さんと。


子供がまだ幼稚園児で20代後半、小柄でかわいい奥さんでした。


夏休みのある昼間、誰もいない自宅でオナヌーしていたら

洗濯物を干していた奥さんと目が合いました。


俺はチンコ握り締めたままフリーズ、

奥さんは自分のパンツ握り締めたままフリーズwww


しばらくのフリーズの後奥さんが手招き。


ガキだった俺は「怒られるのか?」とびくひくしながら隣へ訪問。

玄関に入るなり奥さんが「まだなんでしょ?」、

俺「えっ?はっ?」

「途中でやめてるんでしょ?アレ・・・」、

俺「はぁ、はい・・・」

奥さんの…
人妻の私が夫の上司に挿入され、撮影までされたのに…(2)
2016/08/23 09:00
2016/08/23 09:00
『ああ奥さんのクリ豆、摘みたくてもマン汁がヌルヌルで摘めませんよ、
ああ~マン汁が滑る、奥さんのマン汁がどんどん出てくる。
クリ豆が滑る、ほ~らほらもう一回、根元、ここ、摘みますよ、
ああ滑ってだめだなぁ、ああここ、摘めない摘めない。豆が豆が!!
クリ豆の根元。ああもう一回。ああ硬い硬い、ツルツルした勃起クリが、ああ滑る。
もう一回…もう一回…!』


とわざと何度も何度も滑らせて、根元を摘んで刺激するのです。 間近で観察するように凝視しながら。

そして、クリトリスの根元を摘んだまま、円を描くように指を動かされたり、 左手で根元を摘んで、右手でクリトリスの先をチョ…
妹のとんでもない姿を見てしまった
2018/06/02 17:04
2018/06/02 17:04
先月、妹とエッチしました。  私の職場で4月に歓送迎会があり、近くの温泉旅館に金曜から1泊で行きました。 妹も同じ日に慰安旅行があるとか言ってましたが、まさか同じ旅館だとは思ってもいませんでした。当日、現地に着いたとき玄関に私の会社名と並んで妹の会社名がありました。 その時は、「ひょっとしたら会うかもしれないな。」ぐらいにしか考えていませんでしたが、まさか ああいう事になるとは…。 そんなに大きい施設ではなかったので、夜の宴会場は隣どうしになっていました。 隣と言っても大広間?を襖で仕切っただけなので、隣の声や音は筒抜けでした。 私は少し酔っ払ってしまったので、その襖の横で休んでいると隣で 「…
レイプから始まった職場の未亡人パートとの関係
2017/05/01 15:19
2017/05/01 15:19
今から5年前に在籍していた会社の話です。 当時の僕は某出版会社の下請けとして昼夜問わず働いていました。 忙しい時はそれこそ会社で寝泊まりなんて当たり前でした。 特に給料が良い訳ではなく、労働条件も良くはなかったのですが、会社の雰囲気だけは抜群によかったから頑張って働いていたんです。 小さな会社だったので従業員は僕を含めて6人でした。 その中でパートで来ていたタカノさん(仮名)と関係を持ったんです。 タカノさんは当時52歳だったと思います。 タカノさんは4年前にご主人さんを亡くされていたんです。 どこにでもいるようなごく普通のおばさんです。 スタイルが良いわけでもない、顔が綺麗…
これが”ホテ待ち”か!【体験談】
2016/03/27 14:10
2016/03/27 14:10

これは俺が経験した実際の「モテ待ち」体験談である。
文章力がない分読みづらいかもしれないが、そこは勘弁してくれ。

スペック

性別:男
年齢:36
身長:173
顔:平井けん似

神待ちの流行が去り、密かに新たなブームを呼んでいるのが「ホテ待ち」だ。

実際に体験するまでは”ホテ待ち”という言葉すら知らなかったわけだがこの体験を”何々系”と呼ばれる物に惹かれる野郎たちのこれからに糧にしてもらいたい。

普通の会社員である俺は独身で彼女あり。

ただ仕事が忙しく彼女とも中々会えずにストレス、性欲ともにMAXに溜まっていた時の出来事だった。

その日も帰りが遅くなり、終電1本前の電車が目の前…
従兄とセックスしちゃいました
2015/09/26 06:00
2015/09/26 06:00
21女子だけど、元旦に4つ上の従兄としてしまいました。
夜中1時になって親戚はみんな寝ちゃってひまになったので従兄の部屋に行きました。そしたら真っ暗で寝てたみたいで、つまんないのーって思ってベッドに潜り込みました。
腕を組んでみても起きないし、手を両脚で挟んでも起きない。
だから上に乗っちゃいました。
そしたらえっちな気分になっちゃって、あそこを従兄の股間にすりすりしちゃってました。
 
さすがに従兄はおきちゃって、ちょっときまずい雰囲気。
でも従兄はやさしく頭をなでなでしてくれました。

ちゅーをされて、どんどん激しくなって、胸を揉まれてました。スエットにノー…
小学生の時にイタズラしてた同級生と再会して
2017/04/09 19:49
2017/04/09 19:49
私は25歳の女性で、アパレル関係のお店の店長をしています。 スタッフはほとんどが女性ですが、1人だけ男性を雇うようにしています。 接客は女性でやるので、男性は業者やチェーン店から届いた商品をお店に運んで並べたり、チェーン店に商品を届けたり、掃除など力仕事を中心としたどちらかと言うと雑用係です。 あと、私のストレス発散のはけ口の意味でも男性1人を雇っていました。 アパレル関係の仕事は休みが少なく、彼氏を作っている暇がないのと、接客業なのでストレスが溜まります。 私や一部の女性スタッフは性欲が強く、そのはけ口が必要なのです。 3年前ぐらいから、男性スタッフは仕事が終わったら日替わりで、…
【痴漢・レイプ】娘の同級生達に
2018/06/15 03:17
2018/06/15 03:17
専業主婦をしてる41歳です。 主人は商社に勤務してて、出張やら何やらでなかなかウチにいないので 普段は娘(中学3年)とほとんど二人暮らしのようなもんです。 そんな私が娘の同級生に犯されたんです。 しかも4人で、娘の彼氏も一緒でした。 あれはある夏の一日です。 いつもの通り家事を済ませて、居間でくつろいでました。 夏休みも近くなり、学校も半日でそろそろ帰る頃かと思ってた時に 玄関のチャイムが鳴りました。 「もう帰ってきたのかしら?」 そう思い、玄関に向かうとそこには娘の彼氏がいました。 「あら?順君どうしたの?涼子はまだよ。」 「いや、今日はちょっとおばさんに用事で・・・。」 「あら?…
俺をイジメいた女子が巨乳女子高生になっていたので鼻フックして屈辱のレイプしてやった
2016/07/30 22:05
2016/07/30 22:05
俺は小さな頃から近眼で眼鏡をかけており、ひょろひょろな体つきでよく女子達から「トンボちゃん」とからかわれていた。 小学生の頃は、学年が同じだと女子の方が体格がよかったりするから尚更標的にされがちで、俺はしょっちゅう女子達からからかわれては笑われていた。 中学校に入る時は、「これでヤツらから解放される」と思っていたのに、何の事はない。 同じ小学校だった女子らが新たな仲間を加えたグループとなり、ますます俺をいじくり始めたのだ。 もうそれは「イジメ」だった。 何もしていないのにすれ違いざま体当たりして突き飛ばされる。 肩に担ぐフリして鞄を凄い勢いでぶつけてくる。 教室で机の間の通路を…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・【痴漢・レイプ】やらせてくれる姉 -きっかけ編-

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・痴漢専用車

・【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・

・彼女の裸

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・とてつもなく可愛くてフェラ上手な24歳

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[後編]

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・JKの露出14

・嫁が妊娠中だから仕方なく超スローセクロスしたら結果wwwwwww

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・私っておかしいですか?

・僕はいつも以上に大きくなったモノを・・・

・【衝撃】嫁がオナニーしてるのwwwww見てしまったwwwwwwww

・憧れの先輩の唇は男の人とは違う柔らかさだった

・彼女の友人女が逝ったこと無いって言うので・・・

・営業に来た女性を口説き落として生ハメ

・妻子持ちの上司に処女を奪われた20歳のOL

・ビーチで埋まってる俺をJK3人組が囲んでイタズラし始めた

・すごくビックだった英会話教室の白人の先生

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[前編]

・■温泉旅館でマッサージは気持ちよかった

・押しに弱いJKは、生理でも簡単にやらせてくれました

・友達の彼女が穿いていた白いパンスト

・部屋の鍵を抜き忘れて出掛けた隣のOL

・人妻の家で旦那の留守にHするのは興奮するけど緊張もハンパない

・【驚愕】手●ンした指を女に嗅がせた結果wwwwwwwwwwww