寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】小池栄子の体験談(5)

2018/06/14 10:25




「教壇に立って、いつもの言葉を言うんだ」

栄子は慎吾に連れられ、教壇の前に立たされた。
「待ってたよ、栄子ちゃん」
正面から、武志の声が聞こえてきた。
今日は、教室でやるんだ・・・
栄子はアイマスクを外そうとしたが、その手を慎吾に止められてしまった。
どうやら、先に言えということらしい。

「た、武志様、し、慎吾様。きょ、今日も栄子をい、苛めて下さい」
栄子はそう言うと、背中に手を回し、ブラジャーの紐を外した。
黒の水着がハラリと落ちて、栄子の豊満な胸が露になる。

「栄子のお、オマンコは、二人に苛められる事を考えただけで
もう、ぬ、濡れています・・・」
左右の腰の紐を外し、全裸になった栄子は、自ら割れ目を左右に開き中を晒した。そこは栄子の言葉通り、蜜がキラキラと淫靡な光を放っていた。

「な、本当だろう?」
「うぉぉぉぉぉ!!マジかよ!?」
「本物の小池栄子だぜ!!」
突然、教室内に歓声が沸き上がった。
二人の他に誰かいる!?
何が起きたのか全く理解出来なかった栄子の視界が突然、明るくなった。
慎吾がアイマスクを外したのだ。

栄子の目にまず映ったのは、教室の真ん中の席に腕組みして座る武志だった。
そして、その後ろには制服を着た男子が10人ほど横に並んで座っていた。
どの男子も目を獣のようにギラギラと輝かせ、今まで見る事の出来なかった
栄子の裸身を見逃すまいと凝視していた。

「いやあぁぁぁぁ!!」
栄子は両手で胸と股間を覆い、身体を丸めるようにしてうずくまった。
これは、どういうことだ!?何故、二人以外の男が・・・
「今日は、ファンとの交流会をやろうと思ってね」
栄子の疑問を感じたのか、不適な笑みを浮かべながら、武志が言った。

「こいつらは、栄子ちゃんの大ファンで、いつも栄子ちゃんの写真集やビデオで
オナニーしてるんだと。だから、今日は栄子ちゃんが日頃、応援してくれてる
ファンに感謝を込めて、ご奉仕しなきゃ。そうそう、今日の事は口外しないって
約束させてあるから、安心して」
武志の言葉に栄子の顔は青ざめた。

目をギラギラと輝かせながら、本能のままに自分に襲いかかってくる男たちを
想像して、栄子は恐怖を感じた。

床に落ちた水着を拾い集め、慌てて逃げようとしたが、すぐに首に痛みが走った。
慎吾が手に持った鎖を強く引いたのだった。

「どこに行くつもりだよ。ファンの皆様から逃げちゃあダメだろ」
栄子はあっさりと慎吾に捕まってしまった。
「そうそう。それに、嫌とか言ってるわりには、何だこれは?」
教壇に近付いてきた武志が、栄子の目の前に自分の指をかざした。
そこには栄子の中から溢れた蜜が付着していた。

軽くなぞっただけとは思えないほど、愛液はしっかりとついていた。
「見られて、感じたんだろ?」
慎吾に耳元で囁かれた言葉は、真実を突いていた。
栄子は野獣のような視線が自分に降り注いでいた時、恐怖を感じると同時に
子宮が疼くの感じていた。

栄子は慌ててそれを鎮めようとしたが、熱い塊は秘裂に広がり
恥ずかしい蜜を分泌させてしまった。
「ほら、ファンサービスしろよ」
慎吾は栄子の両膝の裏に手を置くと、一気に持ち上げた。
栄子は赤ん坊がオシッコをするような態勢に抱え上げられてしまった。

ピンクのクレヴァスどころか、小さなアヌスまで晒す屈辱的な格好だった。
「皆さん、遠慮しないでもっと近くで見ていいですよ」
あまりに非現実的な光景に、動けずにいた少年たちは、武志の言葉を
きっかけに先を争うようにして栄子の下に近付いた。

「ああっ、ダメ・・・見ないで・・・」
栄子のその声はしかし、本気で嫌がっているようにはとても聞こえなかった。
少年たちは今にも顔が触れんばかりの近さで栄子の女性器を観察していた。
その視線の強さと時折かかる熱い吐息に
栄子の身体からはますます蜜が溢れ出してきた。

「さて、次はサイン会でもやりますか」
全裸のまま教卓の上に立たされた栄子に、武志が言った。
確かに足元には黒いマジックと色紙が置いてあった。

「おっと、何、普通にサインしようとしてるんだよ。
それじゃあ、つまらねえーだろ。このマジックをマンコに入れて書くんだよ!!」
「嫌、そんな事・・・」
「おい、忘れたのか?お前は俺たちの奴隷なんだよ。口答えする権利なんて
ないんだから、さっさとやれ」
栄子はマジックを手にとって、しばらく見つめた後
意を決して、それを挿入し始めた。

「ああんっっ!!」
マジックはかなり太いものだったが、愛液は充分すぎるほど分泌されていたので
難なく奥まで入れることが出来た。
栄子は左右に足を広げ、腰を落とした。
「ああんっっ!!」
マジックの先が色紙に軽く触れただけで、強烈な快感が栄子の体内を駆け巡った。

「ほらほら、休んでないでさっさと書くんだ」
慎吾に叱咤されながら、栄子は腰をくねらせ、喘ぎ声をあげながら
やっと書き終えると、栄子は荒い息を吐きながら、教卓の上で倒れてしまった。
完成した色紙の字はかなり乱れていたが、飛び散った淫水の染みが、かなり卑猥だった。

「じゃあ、栄子ちゃん。皆の前でオナニーをするんだ」
10人分のサインを書き終え、ぐったりとしていた栄子は
慎吾にそう言われ、何のためらいもなく頷いた。

「これから、栄子はオナニーをします。どうか、見てください」
自らの意思でそう言うと、教卓の上に腰を下ろし、自慰を始めた。
乳房を鷲掴みにして、こねるように力強く揉む。

たちまち勃起してきた乳首を痛みを感じるほど強く摘む。
もう片方の手は、初めは軽く擦るように下腹部を動いていたが
やがて、それでは物足りなくなり、一気に2本の指を肉穴に指し入れ
ピストン運動を繰り返した。

あまりの激しいオナニーに、慎吾と武志でさえ声を失った。
シーンと静まった教室に響くのは、時折漏れる栄子の喘ぎ声と
愛液と指が擦れた時に起こる「ぬちゃぬちゃ」という淫靡な音だけであった。

「バイブを頂戴!!指だけじゃ物足りないの!!」
既に理性という存在は消え、栄子は本能の求めるままに叫んでいた。
慎吾が黒い巨大なバイブを渡すと、栄子は口に含んでそれをしゃぶり始めた。

我慢できなくなった男子一人がズボンから男性器を出し、激しくしごき始めると
それを合図にしたかのように、他の男子もオナニーをやり出した。
栄子は唾で濡らしたバイブをグリグリと乳首に押し付けた後
教卓の上で仰向けに寝て、立て膝のまま大きく開いた女性器にバイブを
当てると、ゆっくりと押し沈めていった。

「ああっん1!」
巨大なバイブが出し入れされる度に栄子の口から悩ましい声が漏れた。
「もうダメだ、我慢できねーよ!!」
一人の男子が叫ぶと、慌てて栄子に駆け寄り、栄子の胸に白濁の液体を撒き散らした。

「ああ、ザーメンがあったかくて、いいのっ!!皆、行く時は栄子にかけて!!」
乳房に放出された精液を塗りこむように胸を揉みながら、栄子は言った。
絶頂に近付いた男子が次々と立ち上がって、栄子に近付き、射精していった。
栄子も絶頂が近いのか、バイブを出し入れする動きが早まり、腰をグングンと突き上げていた

「ああっ、もうすぐ、イクわ!!」
真っ赤になった顔を左右に振りながら、叫んだ。
最後に残った少年も限界を迎えたのか、栄子の身体に放出しようと近付いてきた。
「ああっ、お願い、あなたのザーメンを栄子の顔にかけて!!」
栄子の懇願に少年は一瞬、戸惑いの表情を見せたが、すぐに栄子の顔に
男性器を向け、数度擦りあげると、たちまち放出してしまった。

「私もイク!!イチャウゥゥゥゥ!!!」
顔に白い液体が注ぐと同時に栄子も絶頂を迎えた。
腰を一段と高く浮き上がらせ、太ももを震わせながら、栄子は絶叫した。
全身を精子まみれにしながら、栄子は恍惚の表情を浮かべていた。
「まさか、栄子がこんなに淫乱になるとは思わなかったな・・・」
教室の真ん中で四つん這いの姿勢でバックから責められ、フェラチオまでしている
栄子を見ながら、慎吾が呟いた。

「ああ、俺も驚いてるぜ。でも、お陰でいい金儲けになったじゃねえか」
武志が邪悪な笑みを浮かべて、慎吾に言葉を返した。
今日はクラスメイト数人に「小池栄子とやれるから、1万円でどうだ」と声をかけた。
今までの写真を見せても、「どうせ合成だろ」と半信半疑だったので
「じゃあ、後払いでいい。その代わり、誰にも言うな」と意って、集めた。

この様子なら、皆、満足して1万円を払ってくれるだろ。
武志は次はどんな事をしようか、考えていた。
そんな企みにも気付かず、栄子は何回目か既に分からなくなった絶頂を迎えていた・・・


小池栄子の体験談1  2  3  4  5



「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 水着制服淫乱奴隷挿入オナニーバイブフェラ乳首


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【痴女】堕ちる
2016/01/06 02:52
2016/01/06 02:52
360名前:こぴーくん投稿日:03/01/0721:14ID:+YLMwLit 僕の童貞喪失体験は小学校5年のときでした。 我が家で法事があることになって、そのおばさんは 三日ほど前から家に泊まりにきていました。 おばさんの名前は美佐子、独身で、当時35歳くらいでしょうか。 水商売をしていると聞きました。 その日は僕以外の家族は買い物にでていました。 おばさんがお風呂にはいっていました。 そしておばさんが僕をよびました。 「けんちゃん、背中洗って」というのです。 僕は恥ずかしかったけど素直にお風呂に行きました。 「ばかね、裸になってきてよ」と笑いながらいいました。 僕…
さや 〜四の回〜
2016/08/29 09:01
2016/08/29 09:01
沙耶はコーヒーを口にする。 すっかり冷めた飲み物だ。 俺は正座をしている。 そんな俺を沙耶は仁王立ちで見下ろしていた。 「ねえ、こーくん」 「ごめん、としか言えない」 「一時の気の迷いだよね?」 言葉選びに悩む。 こんな劣勢、親からも受けたことはない。でもすべては俺のせい。重々承知している。 「黙ってたってわかんないんだけど……?」 強気な沙耶はあのレンズの向こうで無垢に動く少女とはちがう。恐怖でしかない存在だ。 「ケーサツ呼ぶ?」 「いや、ま、まま、待ってくれ! それは……」 「じゃあ話せるよね?」 沙耶は地べたにぺたりと腰を下ろす。 目線が重なった。笑顔はない。俺には恐怖がある。 「……ね…
子は鎹
2016/05/20 12:05
2016/05/20 12:05
私と妻は高校の同級生で、二十歳の時に海で偶然再会し、妻の水着姿を見て高校の時には気付かなかった大きな胸と、海には不釣合いな白い肌に目が眩んで交際を申し込みました。 同級生だったと言ってもクラスが一緒になった事は無く、隣のクラスに可愛い娘がいると思っていた程度で性格については何も知らなかったので、結局は可愛い顔からは想像出来ないようなセクシーな身体に惹かれて交際を始めた事になるのですが、いざ付き合ってみると凄く優しくて、性格も可愛い女だったので私が離れられなくなり、大学在学中にプロポーズして、就職するとすぐに結婚しました。 妻は昔から子供が大好きで、短大を出ると幼い頃からの夢だった保育師をしてい…
高校時代に馬鹿にされてた女にフェラチオさせたった
2014/11/10 12:24
2014/11/10 12:24
オレがまだ高校生だった頃、 人見知りだったせいで高校入学してなかなか雰囲気に馴染めなかった。そのおかげで孤立し、はぶられてる状態が2年くらい続いてた。 で、3年になってクラスメイトに恵まれ男友達は増えた。でも元々女と男が仲いい感じではなかったクラスではないので女とはあまり仲良くなることはなかった。 むしろクラスの中心的なかわいい子のグループにはキモがられていた。正直ムカついていたし屈辱的だった。 しかしそんなクラスも卒業すると妙に人恋しくなるのか大学の長い休みのごとに集まってクラス会的な飲み会をするようになった。 その過程でオレは自分を出すことができて、オレをキモがっていた女の子たち…
結婚1年目の妻
2018/01/03 16:28
2018/01/03 16:28
2年ほど前、居酒屋で飲んでいると、女の子が一人で入ってきた。 飲みに来たのではなく、車がパンクして動けないと言うのです。 まだ5時過ぎで客は俺だけだった しかたがなくタイヤを交換してあげて、ガソリンスタンドでも行ってパンクを直すように言ってあげた お礼は?? と聞かれたので、俺の車はこれ。止まっているとき、いつでもいいから一緒に飲もうと言っておいた。 期待もしてなかったが、1週間後 その女の子が来た??? 背は小さく小柄だが胸は体に似合わず大きい、顔は子供ぽかった。 年は27歳で彼氏がいないと言っていた。 世間話などして電話とメル交換して、俺はいつでもいいから飲みたくなったらここに来るといいと…
出会い系で知り合った○6歳の女子○生とセフレになってカーセックスしまくってますwww
2016/04/05 20:02
2016/04/05 20:02
出会い系で知り合った○6歳のあゆみ。

24歳だと年を少しごまかしてメールをしてみた。

メールではHな話は一切しないで

食事に誘うとほいほい付いてきた。

待ち合わせの場所に行くと

元モー娘の辻みたいなぽっちゃり系のコがいた。

服装は白のダウンジャケットに超ミニの生足。

「何食いたい?」と聞くと

「なんでもいい」というのでウナギ屋へ連れて行った。

特上を食べさせてやったら

「こんなの初めて」と大喜びして夢中に食べてた。

座敷で食べていたから、ミニのスカートからはパンツが丸見え!!

ジャケットを脱ぐとキャミの中はパンツとそろいのブラ線が。

しかもめちゃくちゃでかい乳!!
トレーニング室に入ってきた二人
2017/02/17 06:19
2017/02/17 06:19
私達夫婦(私36歳・妻34歳)は、結婚15年を迎えます。 子供も中学生になり、最近ようやく自由な時間が取れる様になりました。 そんなある日、妻が「太っちゃったかな?この辺に肉が付いてる?」と、鏡の前で腹肉を摘まんでいました。 「あっ本当だ!前はウェストのクビレも良かったのに・・・」 「子供の事が忙しかったから、気にする暇なかったのよ!」 「確かにそうだな!休みは殆ど子供の送迎と応援で終わったからなぁ」 「ちょっと、ダイエットでもしてみようかな?」 「だったら、近くの体育館に安く使えるトレーニングマシーンがあったと思うよ」 「そうなんだ!ちょっと行ってみようかな?」 家から50…
ペットにしてやろうと思っていたセフレの子に…3【体験談】
2016/01/23 23:10
2016/01/23 23:10

張り続けても良いのか?
このコテって何度もこれくらいの分量のレポを書くので、全部貼ってたらスレ乗っ取りになりそうな気がするんだが。

彼女も俺と同じか、それ以上に興奮していたようです。

彼女の履いているTバックの小さな布は、彼女の体液を吸い込むには小さ過ぎて、あふれた彼女の体液が布に覆われていない肉まで濡らしている。

彼女は解けかかった俺のネクタイの結び目が気に入ったらしく、俺の胸の上に乗ってエネマグラを操りながら、それにクリトリスを押しつけたり、擦りつけたりしていました。

チンコを放置されながらそんな光景を見せ付けられるのは地獄でした。

鮮やかなオレンジ色のボディコンから半分はみ…
あそこにおもちゃを入れたまま歯医者で治療を受け、イキかけた私
2016/03/11 22:12
2016/03/11 22:12
私は今、歯医者の待合室にいます。

生まれてはじめての興奮です。

なぜなら今、わたし、あそこに入れてるんです。

・・・オモチャ。




といっても、本当の大人の玩具は持っていないので、ローターくらいの大きさのリップスティック。

初めてのことなので、サイトで見るような露出の多い服なんて着れないし、下着をつけないままなんて絶対無理。

いつもの感じで、白レースのトップスにジーンズ。

リップが出てこないように深く履いた薔薇柄のショーツ。

それでもたまに膣圧で出てきちゃうので座り直して押し込んだり、こっそり手で押すんです。

グニュって入る瞬間が、たまらなく気持ちいい。

そ…
トルコアイス【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/25 02:23
2017/09/25 02:23
バイトも休みでユックリしていた朝。 「あ?幸せ??」 布団の中でまどろむ俺はふと何かに気が付いた。 「ん?」 何か独特の臭いと共に身体が圧迫される感じ。 「この臭いは・・・・酒か?」 壁際に置いてるベッドの上で壁際を向いて寝ていた俺は後ろを振り返ろうと して驚いた。 「お、おまえっ・・・・!!」 4歳下の妹、真由だ。 普段は臭いだの汚らしいだの邪魔だのって散々言いたい事言ってる女が 何故か人のベッドを占領して堂々と寝ている。 どうりで圧迫感があるはずだ。ど真ん中に妹が寝ていたせいで、俺は 身動き取れなかったのだ。 「お前なぁ・・・・。」 文句を言お…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・【痴漢・レイプ】やらせてくれる姉 -きっかけ編-

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・痴漢専用車

・【熟女体験談】夫が病気で入院した時に義父に恋をして濃厚なSEXをする不貞主婦

・【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・

・■エロの中出しが好きな主婦です

・昔おじさんに女装メス調教されていた私と、それを知った上で結婚した妻

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・拾った女子高生7

・とてつもなく可愛くてフェラ上手な24歳

・ママチャリ乗ったムッチリ巨乳若妻ナンパしたら簡単にやらせてくれた

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・JKの露出14

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・【痴漢・レイプ】彼氏のこと犯したった その3

・私っておかしいですか?

・【衝撃】嫁がオナニーしてるのwwwww見てしまったwwwwwwww

・憧れの先輩の唇は男の人とは違う柔らかさだった

・営業に来た女性を口説き落として生ハメ

・妻子持ちの上司に処女を奪われた20歳のOL

・ビーチで埋まってる俺をJK3人組が囲んでイタズラし始めた

・【熟女体験談】寝ているところに自宅侵入され、輪姦レイプされた妻が何度も絶頂し快感の世界に酔いしれていた

・すごくビックだった英会話教室の白人の先生

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[前編]

・■温泉旅館でマッサージは気持ちよかった

・押しに弱いJKは、生理でも簡単にやらせてくれました

・部屋の鍵を抜き忘れて出掛けた隣のOL