寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】小池栄子の体験談(4)

2018/06/14 09:43




靴を履きながら、さっきのは不意をつかれたから、思わず立ち止まってしまったが
今度こそはもう大丈夫、もう1枚も脱がない、と自分を奮い立たせて
栄子はラケットを構えた。
慎吾からボールが飛んでくる。さっきと同じコース。
栄子は走り出した。途端にパンティが股間に食い込むみ、擦れるが
何とかそれを堪えて、ボールをとらえて、打ち返した。

しかし、うまく力が入らず、無情にもネットに遮られて
向こうまでボールは飛ばなかった。
「どうしたんだい、栄子ちゃん」
白々しい言葉をはいた武志を睨みつけると、栄子は力強く言った。

「次はパンティを脱ぐわ。それでもいいでしょ?」
「おお、2枚目でいきなりパンティですか」「栄子ちゃん、結構、大胆なんだね」
二人の揶揄の言葉に、栄子は屈辱を感じたが、最後までパンティを残しておいては
確実に負けてしまう、と考えた。

栄子は一度、アンダースコートを脱ぎ、自分の足を引っ張った卑猥な下着を
先程脱いだ靴下の上に投げ捨てると、アンダースコートを履き直した。

(これで、もうこれ以上、点を取られる事はないわ・・・)
栄子はラケットを構え、ボールを高々と放った慎吾を睨んだ。
慎吾のラケットとボールが触れ合ったと同時に、栄子は走り出した。
その瞬間、再び体内に甘美な電撃が流れた。

(そんな、まさか、何で!?)
その原因が乳首がテニスウエアに当たり、擦られたためと栄子は理解できた。
今、着けているウエアは栄子には、ちょっと小さめうえ
ブラジャーは乳房を支える程度のものだった。
そのため、走るたびに栄子の豊満な胸が揺れ、ウエアの布地に乳首が擦れてしまったのだった。

先程のものに比べれば、その快感は弱いものであったが
もう大丈夫だ、と油断していた栄子の動きは鈍くなってしまった。
何とかラケットに当てる事は出来たが、ボールは先程同様、ネットに遮られ
またしても、慎吾の方まで飛ばなかった。

「おおっ!!」
武志と慎吾は思わず歓声をあげていた。
栄子は、ウエアに手をかけると、僅かな躊躇いをみせると
一気に脱いでしまったのだ。
栄子の最大の“武器”である、Fカップのバストが露になった。

見事な張りと柔らかさを感じさせるバストの頂点では淡いピンク色の乳首が
ツンと上に向かって尖っていた。
栄子は胸をさらして、恥ずかしがるどころか、毅然とした態度で再びラケットを構えた。
その姿に武志と慎吾は圧倒されて、揶揄する事が出来なかった。

それから、栄子の怒涛の反撃が始まった。
栄子の予想通り、慎吾の運動神経は、そんなに優れているわけではなかったので
栄子が強烈な打球を返すと、打ち返す事は出来なかった。
また、走るたびに激しく揺れる栄子の胸に気を取られてしまう事もあり
慎吾はたちまち、靴下、ウエアを脱がなければならなくなった。

「タイム。ちょっと休憩しよう」
栄子がサーブを放とうとした瞬間、武志がそう言った。
流れは栄子に傾いていたので、このまま終わらせてしまいたかったが
久々の運動と緊張のために、疲れを感じていたのも事実なので
栄子は休憩する事にした。

「はい。これでも飲んで水分補給しといて。倒れられたら困るから」
栄子は何の疑いも持たず、武志に渡された清涼飲料水のペットボトルを開けて
一気に3分の1ほど飲んだ。喉が渇いていたのと勝利が近づいていて栄子は油断していた。
ペットボトルの中の清涼飲料水を飲んでいるのを見て、二人が不適な笑みを
浮かべている事に栄子は気がつかなかった。

ボールが慎吾のラケットの僅か数センチ先を通過していった時
栄子は勝利を確信した。
慎吾は渋々、短パンに脱いで、後ろに放り投げた。
先程のサーブミスで、栄子はブラジャーを取ったが
まだスコートとアンダースコートが残っていた。

対する慎吾はトランクス1枚だけだった。しかも、肩で息をする程、疲労のいろが濃い。
(勝てる。これで、写真が手に入る!!)
勝利へのサーブを放とうとした刹那、栄子は体内に異変を感じた。

(やだ、何でこんな時にオシッコがしたくなるの!?)
実はそれは、先程から身体の中にあったのだが、尿意は急激に強くなったように栄子には感じられた。

そして、一度、意識してしまうと今度は考えないでいる事が非常に困難だった。
その迷いが出てしまったのか、栄子のサーブはそんなに強いものではなかった。
肩で息をしながらも、慎吾はしっかりと反応し、ボールを打ち返す。

しばらく、ラリーが続いた。その間に栄子の尿意は収まるどころか、ますます強くなってしまった。
集中力が散漫になってしまった、栄子は一瞬、ボールを見失ってしまった。

「あっ!!」
そして、気付いた時には既に手遅れで、ボールは後ろに転がっていた。

「ねえ、お願いトイレに行かせて・・・」
限界が近くなり、ゲームに集中できなくなった栄子は、武志に懇願した。
「ダメだ」
しかし、武志は栄子の懇願をあっさりと却下した。

「何でよ!?それ位、いいでしょ!!」
「今、17時55分。18時になるとどうなるか分かるか?」
武志の言っている意味が分からず、栄子はただ首を横に振った。
「用務員が校内の見回りで、ここまで来るんだよ。だから、それまでに決着を
つけないと、栄子ちゃんの姿を他人に見られる事になるよ」
「そんな・・・」
栄子の顔は一気に青ざめた。

「それに、トイレは校舎まで行かないとないぜ。5分じゃ無理だな。
それとも試合放棄してトイレに行くか?その場合は、俺たちの勝ちだけどな」
追い討ちをかけるように慎吾が言った。
栄子に残された道は、5分以内に勝負を決めて、校舎のトイレに駆け込むことだった。

既に二人とも残っているのは、それぞれトランクスとアンダースコートのみ。
疲労困憊のはずの慎吾が粘りを見せたため、ラリーが続き、栄子は焦った。
尿意は既に我慢の限界、さらに他人が来るかもしれない、という思いが栄子の力を鈍らせた。

「ああっ!!もうダメぇぇぇぇ!!漏れちゃうぅぅぅ!!」
栄子は突然、絶叫したかと思うと、しゃがみこんでしまった。
次の瞬間、アンダースコートに染みが広がったかと思うと
黄金水が溢れ出てきて、たちまち水溜りを作ってしまった。

そして、無情にもボールは栄子の横でバウンドして、後ろに転がった。
散々、我慢していたものを放出した開放感と失禁してしまったショックで
栄子の意識は次第に遠くなっていった・・・

・・・・

「今日はちょっと変わった趣向でやろうと思ってね」
慎吾はそう言いながら、栄子に今日の「衣装」を渡した。
栄子は無表情で、制服を脱ぎ、慎吾から受け取ったものを身に着け始めた。
あのテニス勝負から、既に2週間が経過していた。

毎日のように部室に呼び出され、SEXだけでなく、様々な事をさせられた。
初めは嫌悪感を感じていた二人の「調教」を受けているうちに
栄子の中で奇妙な感覚が生まれてきた。

それは、尻を叩かれたり、校庭の片隅で放尿させられている時に
「快感」を覚えてしまうようになったのだった。
そして、昨日、屋上のフェンスに手をつき、校庭で部活に励む生徒を見ながら
バッグで攻められて、栄子は今まで感じた事のない程の絶頂を体験した。

栄子は戸惑っていた。これでは、自分は変態ではないかと・・・
しかし、栄子の戸惑いとは裏腹に、その「快感」は強くなっていく一方であった。

栄子に手渡された今日の「衣装」は、何時か着た露出度の高い黒のビキニだった。
「よし、俺が外していいって言うまで、これをつけるんだ」
「えっ、これは・・・?」
慎吾に手渡されたものを見て、栄子は訝しんだ。

それは、黒のアイマスクだった。こんなものをつけろ、と言われたのは初めてだった。
アイマスクをつけると、視界が真っ暗になり、何も見えなくなった。
「今から首輪をつけるからな。この方が誘導しやすいからな」

慎吾の声が聞こえてきたと思うと、首輪の皮の感触が感じられ
「カチリ」と鎖がはめられる音が響いた。
「今日は武志様はどうしたの?」
「ああ、あいつは別のところで準備をしてるよ。今から、そこに行くから」

首輪をつけられ、鎖でひかれながら学校の廊下を歩かされるのは2回目だった。
前回は全裸で、しかも四つん這いで歩かされた。
女性器に入れられた極太のバイブがまるで尻尾のようで
「犬」のように扱われた事に比べれば、今日の方がマシだった。

でも、何か物足りない・・・不意に栄子はそう思ってしまい、また戸惑った。
ガラガラガラ
写真部の部室を出てから、数分も経たないうちに慎吾が立ち止まった。
そして、ドアを開ける音がした。この音は横に開けるタイプのやつだから
どこかの教室に来たらしい、と栄子は判断した。
「教壇に立って、いつもの言葉を言うんだ」


小池栄子の体験談1  2  3  4  5



「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 制服尻調教露出バイブ放尿乳首


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
童顔の母は、10歳サバ読みのデリヘル嬢だった
2018/05/21 01:00
2018/05/21 01:00
女性の浮気は見抜けないと言うけど、それは本当だったなと実感している。嫁の里恵が浮気をしていた。僕は、5年も気がつかなかった。里恵はウブで清純な女性だったのに、すっかりと調教されて、鈴の音を聞かされただけでイッてしまうようになっていた……。

ある日、まだ1歳の息子のために、振ると鈴が鳴るタイプのオモチャを買って帰った。柔らか素材で出来ていて、嚙んでも舐めても大丈夫なオモチャだ。
帰宅して、さっそくそれで遊び始めると、息子は大はしゃぎで良い笑顔を見せてくれた。僕は、笑う息子が嬉しくて、何度も振って鳴らしたりした。そして、ふと気がつくと、里恵が椅子に座って顔を真っ赤にしている事に気がつい…
【妹との告白体験談】海水浴の後、妹と…
2016/01/23 08:38
2016/01/23 08:38
去年の夏休みの事、高校2年の妹にせがまれて妹の友達二人を叔父さんの所有する海が目の前の別荘へ保護者役を兼ねて2泊3日の予定で連れて行く事になった。 叔父さん曰く『掃除をしてくれるなら自由に使ってもいいぞ』と、管理会社に管理費を払うのをケチる為に丁度良かったとばかりに、そんな事を言って来たが、タダで貸してくれるなら掃除ぐらいと妹も承諾した。 ところが、前日になって妹の友達が二人揃って都合が悪くなったと言う連絡が入った。 一人は熱を出してしまったからと言う理由で、もう一人は母親の具合が悪くなったから看病しなくてはならないと言う事だった…俺達は「どうする?やめるか?」と俺は言ったが、叔父さ…
【妹との告白体験談】 妹の胸
2016/04/20 00:54
2016/04/20 00:54
もう2年も前の話だが、当時18の妹に初めて彼氏ができた。口が悪くて憎たらしい妹ではあるが、顔はかなり可愛くて、今までフリーだったのが不思議だった。少し複雑な気持ちではあったが、反対する理由もないし、幸せにはなってほしい。「男ができたのは祝ってやるけどさ、ちゃんと避妊はしろよ?」とからかってやると「バカ!エ、エッチなんかさせるかよ!何言ってんだよ!」と顔を真っ赤にして期待通りの反応をする。「だってお前、いまどきエッチもさせないで付き合ってるとかありえないだろ。すぐ振られるぞ?」と追い撃ちをかけると「・・・できないものは・・・できないの・・・。」と表情を少し曇らせる。ちょっと様子が変だが、貞操…
[人妻に筆下ろし] 高校生のとき隣の奥さんに筆おろししてもらってセフレになったエッチ体験談
2015/12/18 20:56
2015/12/18 20:56
高校生の頃、隣の奥さんと。 子供がまだ幼稚園児で20代後半、小柄でかわいい奥さんでした。 夏休みのある昼間、誰もいない自宅でオナヌーしていたら 洗濯物を干していた奥さんと目が合いました。 俺はチンコ握り締めたままフリーズ、 奥さんは自分のパンツ握り締めたままフリーズwww しばらくのフリーズの後奥さんが手招き。 ガキだった俺は「怒られるのか?」とびくひくしながら隣へ訪問。 玄関に入るなり奥さんが「まだなんでしょ?」、 俺「えっ?はっ?」 「途中でやめてるんでしょ?アレ・・・」、 俺「はぁ、はい・・・」 奥さんの手が半パンの俺の股間をまさぐる、瞬間的に勃起。 半パンを足首まで下ろ…
【近親相姦体験告白】お姉ちゃんと・・・・  =近親相姦体験談=
2016/01/03 19:29
2016/01/03 19:29
720名前:ポチ◆WARsTxlfPE投稿日:03/03/0710:07ID:3oVUme5J私立高校に通う2つ年上の姉が、風邪をひいて2日程学校を休んで、寝ていた時のことでした。 中間試験の最終日で半日で下校して、道草もせずに家に帰ってみると、家の一番奥の両親の寝室で寝ていた姉が、「お腹が空いたので、何か作ってくれない」と甘えてきました。 残り御飯をおかゆに作り替えて、お盆で運んで行くと、両親の寝室はかなり温度が高くなっており、毛布と布団を掛けていた姉は、寝間着の裾を掻き併せながら暑い暑いと云いつつ、布団から起き上がりました。 そのとき僕の目は姉の太腿がチラリと見えたことを、しっかりと記…
姉にされた事
2017/08/31 21:19
2017/08/31 21:19
兄に性的虐待された話はあるけど、私は姉に性的虐待をされてました。 私が小三ぐらいに親が離婚して、私とつ年上の姉は母親に引き取られました。 最初は普通に働いてた母はやがて水商売に…。段々生活は乱れ、昼間や夜中に男を連れて来てはセックスするようになりました。 学校から帰ると母がセックスしている場面に出くわす事がよくあり、私は母が仕事に出掛ける時間まで外で遊ぶようにしていました。 ある日、姉にあんた帰りが遅いんだよと叩かれました。私は何故姉が怒ってるのかわからかったのですが、後からその日、母の男の一人に犯されたのを知りました。 その時、私は小六、姉は中二でした。 それからしばらくした夜、姉にねぇ、ち…
【人妻体験談】三十路の人妻女が大学生などに負けてるわけにはいきません
2016/05/09 22:02
2016/05/09 22:02
結婚して5年になりますが、まだ会社で働いています。出産するときに辞めようと考えていましたが、まだ妊娠しないので、なんとなく仕事は続けています。 先日のことです。会社の職場の新年会がありました。 私はお酒が飲めませんけれども、会には出席します。車で来ていました。 帰る時、22歳の学生アルバイトの男の子を、送って行く事になりました。彼に道を誘導されながら運転していました。 そういえば、夫以外の男性と二人きりになるなんて久しぶりかも、なんて考えていました。彼のアパートの前まで着いたときです。 「ちょっと寄って行きませんか?」と言われたのです。 どんな部屋か興味もあったので寄ることにしました。車をお…
近所の小学生
2016/01/13 17:05
2016/01/13 17:05
近所に住む小学生りえちゃんは小さいころから知っている。背も高く二重で、 胸も大きい。かわいい。いつかやりたいとはおもっていたが、機会がなかった。 が、何気なく自販機の前に車を停めていたら、あのりえちゃんが学校から帰って くるところだった。 俺「ちょっと道わかんないから一緒にのってよ。」と半ば強引に車へ。 りえ「でも帰らないと…」 俺「お願い!ちょっと」と言うと、うなづき、適当にここは右かな?とか聞きながら走ること5分、 帰りたいといいだしたが、無視して廃墟に連れ込む。体を触りまくる。 りえ「きゃっ!」 抵抗したが、小学生だ。胸も大きい!もみもみ。 下着姿にまで脱がせて触りまくり、ブラずらすと、…
塾の講師が生徒の母親と中出しセックス
2016/02/06 16:02
2016/02/06 16:02
小●生相手の進学塾の講師をしています。

私の場合、『講師に体を売ってでも…』

などという事例は一度もありません。

たぶん私が『二流』の講師だからだと思います。

そんな私にもチャンスは結構あるのです。

去年の3月まで付き合った人は、『×2』の母子家庭。

娘(小4)と休み時間に話しているうちに、

日曜日にその子の家に行って

パソコンの設定をしてあげることになりました。

いざ日曜日に訪問してみると、

出てきたのは小柄ながらおいしそーな体のお母さん(36歳)。

その日はPCのセットアップをしながら、

Tシャツごしにくっきり出たお母さんのボディラインを充分チェックして、

何事…
【痴漢・レイプ】レイプ強姦体験:突然連れ去られてから
2018/07/01 08:14
2018/07/01 08:14
子供の頃からなぜか痴漢や変質者によく会ってました。 人からよく言われますが、ほんとはすごーくおしゃべりなのに、黙ってるとおとなしそうに見えるよねーって。 童顔なこともあってなのか、狙われるようなことが多いんです。 高校3年の時、学校帰りに遊びに行った帰り道、駅から歩いて家に向かっていました。 大きな通りを横切ったら人気のない道が続くので歩くのは嫌なんですが、数日前に自転車を盗まれてしまって。 暗い道をしばらく歩いていたら、後ろから車のライトがやってくるのが分かりました。 ライトが明るくしてくれて、「あ、よかった少し安心♪」と思いながらそのまま歩いてると思ってたよりも車が近づいてくるスピードが…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】夫とセックスして初めて元カレの大きさを知った私

・【熟女体験談】垂れ乳爆乳な義母と公衆トイレで青姦SEXしていたら男がやってきたので、義母を犯してもらった

・妹のパンツを見た友人

・ウブなイケメン君を攻略しました

・ショートパンツを見ると

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・内定を餌に父親より年上の一流企業の部長に中出しされた

・彼女の友達にいたずら

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・妻の妹と偶然飲み屋で会って盛り上がって・・

・妻が他の男性とセックスをする場面を・・・

・#結婚を考えてる彼女をトルコ人に抱かせてみたら

・夫が不倫してHIV感染

・人妻の先輩に誘惑されて種付けしました

・OLのメンズエステのバイト体験談

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・カラオケに行って、後輩の奧さんとキメセクした

・【不倫】熟女な私がナンパされちゃって・・・。

・清純顔して彼氏がいるのに同じサークルの奴に色目を使うヤリマン女

・【人妻体験談】娘の彼氏だけでなく、夫まで寝取る物凄いヤリマン母

・【熟女体験談】平凡な主婦が初めて「イク」という快感を体験した結果、常にSEXしたいという淫乱になった

・誰かに言いたいので投書いちゃいました

・高2の冬、ナースと実際にあったガチのエロ体験

・【不倫】フェラのことを「キス」と言う微乳の元ヤン妻

・礼二の寝取られ実験 パート3(完結)

・夫と別居中の人妻と激しすぎる不倫SEXしました

・大好きだから精液もゴックンしちゃう彼との甘い夜の生活

・旦那さんと別れて俺と・・・

・【浮気】バイト先で知り合ったフェラ上手な短大生