寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】小池栄子の体験談(3)

2018/06/14 08:11




栄子の口から漏れ出る言葉は苦痛の色が消えていた。

「おい、武志、見ろよ」
「うわ、もう洪水じゃん」
お尻を叩くのを止めて、二人が栄子の股間を覗き込むと
そこは愛液が溢れ出して、キラキラと淫靡な光をまとっていた。

「男の前でオシッコをして、後始末してもらって、さらにケツを叩かれて
こんなに濡らしてるって事は小池栄子は実はマゾだったんだな」
「もしくは変態と言ってもいいのかもしれないけどね」
慎吾と武志の嘲笑うかのような言葉の「攻撃」に、栄子のプライドは粉砕された。

しかし、二人の言う通りなのかもしれないと思い始めていた。
本当は苛められる事を望んでいたのではないか・・・
今までの強気な性格や少々キツイ言葉遣いはその裏返しなのかもしれない・・・一度、そう考えてしまうと、栄子の身体をその「想い」が一気に支配した。

「そ、そうです・・・栄子は苛められて感じてしまうマゾです。だから
もっと栄子をい、苛めてください・・・」
頬を赤らめ、潤んだ目で二人に訴えかける栄子。
予想外の栄子の言葉にさすがの慎吾と武志も唖然とした。

しかし、次の瞬間、二人の顔に邪悪な笑みが広がった。
「じゃあ、お望みどおりに苛めてやるよ」
「あう!!」
慎吾はさっきよりもさらに力を込めて、栄子のお尻を打ち据えた。
武志は栄子のブラを外すと、尖りきった乳首を指で弾き、ギュっと摘んだ。
栄子は二人の責めから逃げるどころか、お尻や胸をさらに突き出し
さらに強い快感を求めていった。

「もう我慢出来ないだろ。どうして欲しいか言ってみろよ」
慎吾に言われ、栄子はトロンとした目を向けると、口を開いた。
「栄子の、あ、アソコに入れてください・・・」
「アソコじゃ分からないだろ。それに何を入れて欲しいかもきちんと言えよ」
僅かに残った理性が栄子を躊躇わせたが、武志に軽くクリトリスをつねられると
すぐに迷いも理性も吹き飛んでしまった。

「栄子の、お、オマンコに、お、おチンチンを入れてください・・・」
栄子がそう言うと、慎吾は満足そうな笑みを浮かべ、バックから勃起した
男性器を一気に奥まで挿入した。
「はあう!!」
慎吾が律動を開始すると、栄子が歓喜の悲鳴を高らかにあげた。

栄子は自らも身体を動かし、さらに強い快感を求めた。
「おい、こっちも頼むぜ」
目の前に出された武志のものを栄子は何の躊躇いもなく口に含み、舌を使い始めた。
自ら望んで上と下の口を同時に使い奉仕する・・・

今まで体の奥深くに秘め、抑圧してきた欲望が一気に解放されるのを感じ
栄子は絶頂に近付いた。
「ああ、もうイッチャウぅぅぅぅ!!!お願い、顔に思いっきりかけてぇぇ!!」
武志と慎吾の男性器に手を添え、軽くしごいただけで、熱い白濁の液体が放出された。
決して避ける事なく、栄子は降り注ぐ精子を全て顔に浴びた。

その瞬間、栄子の中に強い電撃が走り、頭の中が真っ白になった。
豊満な胸まで飛び散った精子に彩られた栄子の顔はしかし、陶然と輝いていた。

「今日は、栄子ちゃんに提案があるんだけど」
放課後。写真部の部室に呼び出された栄子は、慎吾にそう言われた。
「どうせ、ロクでもない事なんでしょ?」
冷ややかな栄子の態度に、慎吾は気にする様子もなく、言葉を続けた。

「これから、テニスでもしないか?」
「はあ?」
あまりにも予想外の言葉に、栄子はとっさに意味を理解する事が出来なかった。
「どういう事?」
「どういう事も何も、さっき言った、そのまんまの意味なんだけどね」
小馬鹿にするような慎吾の口調に、栄子は怒りを覚えた。

「何で私があんたたちとテニスをしなきゃ、いけないのよ!!」
「じゃあ、このテニスに今までの写真をかける、って言ったら?」
今まで黙っていた武志がボソリと口にした一言は、栄子にとって衝撃的なものだった。

今まで自分が、この二人の要求に逆らえなかった最大の要因は
自分の痴態が写った写真のせいだった。
更衣室での全裸写真だけでなく、顔や胸を精子まみれにしている写真
そして、放尿している写真まであり、バラ撒かれたら、トップ・グラビアアイドルとしての地位どころか、これからの人生すら台無しになってしまうものだった。
その写真を、テニスに勝てば取り返すことが出来る・・・

「それは本当なの!?」
「ああ。もちろん、写真だけじゃなく、ネガも返してやるよ」
必死な形相の栄子に対し、武志はあくまで冷静だった。
栄子にとって、これは願ってもないチャンスだった。
どちらと対戦する事になるかは分からないが、お世辞にも二人とも
スポーツが得意なようには見えない。

自分だって、特別にテニスが上手い、というわけではないが
運動神経はこの二人よりも絶対に上だろうと思った。
「ただし・・・」
突然、低いが力のこもった声を武志が発したので、栄子は驚いた。

「こっちも写真をかけるんだ。だから、栄子ちゃんにもある条件をのんでもらう」
「条件って何?」
既に勝利を確信していた栄子は、笑みさえ浮かべて聞いた。その声には余裕があった。
「負けたら、俺たちの奴隷になってもらうか」
武志に代わり、慎吾が言ったその言葉を聞いた途端、栄子の顔はひきつった。

「何、言ってるのよ!?」
「この条件がのめないんだったら、この話はなしだ」
「どうする?」
栄子の叫びにも二人は全く動じなかった。

どうする・・・?栄子は迷った。
写真を取り返す最大のチャンスだったが、負ければ二人の奴隷というリスク。
しかし、今日、この勝負を受けなくても、写真があっちの手元にある限り
自分は、あの二人の要求に逆らう事は出来ない。
それならば、このチャンスに賭けるしかない。

「分かったわ、この勝負を受けるわ」
栄子がそう言うと、二人はニヤリと笑った。
「そうか。じゃあ、これにサインをしてくれるか?
勿論、栄子ちゃんが勝てば、この紙を破っていいから」
武志に渡された紙には
「私、小池栄子はテニス勝負に負けた場合、葛西武志と中野慎吾、二人の
奴隷になる事を誓います」と書かれていた。
栄子は「勝てばいいんだから・・・」と自分に言い聞かせ
その紙に名前を書いた。

「じゃあ、これに着替えてもらおうか」
栄子が紙を武志に手渡すと、慎吾が足元に置いてあった紙袋から取り出したものを
栄子の前に置いた。
それは、きちんとたたまれた純白のテニスウエアとスコートだった。

「おっと、下着もつけかえてもらおうか」
制服を脱ぎ、テニスウエアを手にとった栄子に、慎吾はさっきの紙袋から
取り出したものを栄子に渡した。
それはブラジャーとパンティーとアンダースコートであった。
一瞬、栄子は顔をしかめたが、ここで抵抗してもどうせテニス勝負がなくなるだけなので
黙って出された下着を身に着ける事にした。

ブラジャーは、栄子の豊満な胸を下から支えあげるだけのもので
乳首がすっかり露出してしまっている。
そして、次に身に着けたパンティもまともなものではなかった。
白い布地はかなり薄いらしく、栄子の陰毛はしっかりと透けてしまった。
しかも、前を覆う三角の部分はギリギリの面積しかなく後ろはTバックだった。

左右の腰の部分の紐を結びながら、あまりにも卑猥な下着に栄子は顔を赤らめたが
アンダースコートをはき、テニスウエア、スコートを身に着けると
いたって普通のテニスルックだったので、安心した。
「じゃあ、行こうか」
三人は部室を出て、テニスコートに向かった。

テニスコートは、校舎の外れの木々に囲まれた中にあった。
放課後、そしてテスト期間中という事もあったため、誰もいなかった。
「じゃあ、ゲームのルールを説明する」
「ルール?テニスのルールなら知ってるわよ」
栄子が言うと、二人の顔に不適な笑みが浮かんだ。

「普通のテニスなんて、そんなつまらない事をするわけないだろ、栄子ちゃん」
「そうそう。俺が準備する間にルールの説明をしといてくれ、武志」
慎吾はそう言うと、制服を脱ぎ始めた。どうやら、体操服に着替えるつもりらしい。

「といっても、ルールは普通のテニスと一緒だよ、栄子ちゃん。ただし
点を入れられたら、服を一枚脱いでもらう。先に全裸になった方が負けってルールだよ」
何言ってるのよ!?そんな事、出来るわけないじゃない!!それに
誰かに見られたら、どうするつもり!?」
「大丈夫だよ。ここは校舎からもグランドからもかなり離れてるから
誰も来ないよ。それに、このルールに納得がいかないんだったら
別にやらなくてもいいよ」

やるかやらないかは栄子次第、憎たらしいまでの余裕のある口調に
負けず嫌いの栄子の闘争心に火がついた。
「こっちは準備、出来たぜ」
Tシャツに短パンという体育の授業の時の服装をした慎吾がラケットを構え
コートにたっていた。

栄子も武志の持っていたラケットを奪い取ると、慎吾と対峙した。
じゃあ、サーブは俺からやらせてもらうって事でいいかい?」
慎吾の言葉に栄子は黙って頷いた。
いつの間にか審判席に武志が座っていた。

「じゃあ、始め」
武志の言葉と同時に、慎吾が左手に持ったボールを高々と放った。
栄子は咄嗟に身構え、すぐにでも走れるような体勢を取った。
慎吾のラケットがボールに当り、ボールが飛んできた。

(ちゃんと当たったじゃない。そこそこ運動神経はあるみたいね)
栄子はそんな事を思いながら、口元に笑みを浮かべた。
こちらに向かってくるボールは際立って早いわけではなく
栄子は…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ジョギング?
2018/10/03 15:01
2018/10/03 15:01
早朝の遊歩道で全裸になったあの日・・・ あの極限の緊張感と興奮は、私の気持ちをすっかり虜にしていました。 自分のマンションまで戻って来た時点で『土曜日の朝もまた行く』と、すでに決心 していたぐらいです。 『屋外でヌードになる』 こんな大胆なことをできる機会は、もう二度とないかもしれないのですから。 あの興奮を味わう唯一のチャンス・・・ 引っ越し直前のこのチャンスを絶対に逃せませんでした。 そして3月22日、土曜日の朝・・・ もちろん私は、早起きをしていました。 前夜から興奮してしまっていて、夜明け前から目が覚めてしまいました。 今日は引っ越しの前日です。 屋外で服を脱ぐというチャンスは今日…
彼女が王様ゲームで見せた本性 4【寝取られ体験談】
2016/02/07 23:10
2016/02/07 23:10

美夏:「ハァハァ、何これ、すごいよ、ハァハァ、何でこんなに気持ちイイの、ハァハァ、旨すぎだよ、ハァハァ、こんなの初めてだもん、ハァハァ、何これオ○ッコ?」

ゴリ:「そうだろ?これが潮吹きで、これが本当のセックスだからさー、彼氏とのセックスは忘れろ、な?」

美夏:「うん、ハァハァ、忘れる、ハァハァ、てゆーか忘れちゃうよ、ハァハァ、激し過ぎだもんすごい気持ちイイもん」

ゴリ:「だから、俺の女になれば毎日してやるよ」

美夏:「ホントに?じゃあなる!あははっ、いいの?彼氏だよ?うれしー」

この前までは、「ゴリさんは毛深いから嫌い」と言っていた美夏は、今、ゴリさんの彼女になる事を喜んでいま…
兄ちゃんが姉ちゃんに乗っかってた
2015/08/02 18:38
2015/08/02 18:38
51 :えっちな18禁さん :2008/10/25(土) 04:57:22 ID:tSr9R0Ns0
長くなります。
中3の夏休み、塾の夏期講習にいつも通り朝から出掛けたんだけど、
その日は風邪をひいて体調を崩して昼過ぎで早退して家に帰った。
両親は共働きで朝から仕事だし、
姉ちゃん(5歳上、大2)も兄ちゃん(3歳上、高3)も
たぶん出掛けてて誰もいないと思って帰宅したら
2階から姉ちゃんの色っぽい声が聞こえた。
その声で何をしてるのかは容易に想像できたけど、すごく驚いた。
俺達は兄弟3人共、友達を家に連れてくる事を昔からほとんどしなかった。
それなのに男を連れ込んでる。
何よりもあの真面目で…
ド変態雌豚人妻をバイブ責めしてアナル調教wwwwwwwww
2017/12/24 22:02
2017/12/24 22:02
SNSで知り合った人妻がおとなしくて真面目そうなだったが

とんでもない変態雌豚でした

最初は仲良くなるうちに色々相談に乗ってて、

その相談というのがシモネタというかHなお悩みというやつ。

その子は旦那しか知らなくて、

ノーマルな事しか知らなかった。

フェラすら知らずイッタ事も無く、

半分レスになりかけてたようで、

俺が相談に乗ったわけなんだが…。

はじめは口頭で色々

「こうやってみたら?」

とこっちも真面目に解答してたわけだが埒があかず、

「んじゃあ…もし良ければ、一回やってみる?」

という流れに。

殴られたりとかは…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】ユーリ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/29 13:17
2017/03/29 13:17
夏の日差しの中を大介は大学に向かう。街中の学校だが、休み中だけあって人の数は少ない。休みも行く場のない生徒や、サークル活動の生徒が幾人かたむろしているばかりだ。正門を入っていくと、むこうから白い人影が駆けてくる。「森君!」結理だ。周りの男どもがざわめき、「文学部の川北だ」などと言う声が聞こえる。パンツ型のテニスルックでラケットケースを抱えてきた結里は、盛夏の太陽のもとでもその場の温度が涼しくなるような、風が吹きぬけるようなすっきりした笑顔でいる。(本当にキレイな顔だなあ。もうちょっと若ければなあ)などとのん気に批評している大介の内心の声を知ったら、周りの男はただでは済ませなかったろう。昔は少…
夏祭りの手伝いのあと熟女2人に童貞を奪われて
2017/08/29 23:00
2017/08/29 23:00
 
 静岡市に住んでいる大学生です。祭りがありました。町内会のもので、役員は近所の父母だったのです。僕は19歳で、大学でお祭り関連ののサークルにはいっており、そのお祭りのお手伝いをする依頼をうけて参加したのです。太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしました。僕はカキ氷屋の手伝いをしていました。機材の運び出しなどです。 店番をしていたのは、主婦二人組みでした。年は三十代後半だったと思います。僕はその二人に「名前はなんていうの?」「童顔なのねー」とか話しかけられました。祭りも終盤にさしかかり、ひと段落着くと僕はおばさんとずっとお喋りをしていました。 …
夫にはしないフェラが毎回の儀式【人妻・体験談】
2016/02/08 12:05
2016/02/08 12:05
会うときまでは 「私たちセフレじゃないよね・・」 と言う癖に、会って10分もすると欲情をむき出しにしてきて、 「静かな場所に行きたい・・」 と言う38歳の人妻由美子。 部屋に入ると、無理やりに洋服を脱がせる。 すでに乳首は立ち、 薄い恥毛の奥からは微かなラブジュースの香りがしてくる。 立たせたままクンニをすると、 それだけでイキそうな声を出し、 ベットへ後ろから倒れこむ。 大きく足を開かせて、膣の中に舌先を挿入すると、 声の大きさが変化して、「イイ!」と 俺の頭を股間に押し付けるように押さえ込む。 舌先に膣の奥から溢れ始めるジュースの熱さを感じる頃合に、 わざと舌の動きを止めて由…
ブスな新入社員とセックスしてしまった…【体験談】
2015/12/29 12:10
2015/12/29 12:10

部下に思いっきりのブス女新入社員がついてしまいました。

仕事は出来ない、センス悪い、基本的には控えめな性格です。

そのくせ、変な自己主張を小声ですることがある。

顔は巨人の星の佐門豊作(こんな字だっけ?)に斉藤ゆきを少し足したような顔です。

いいところを無理やり見つけるとすれば若いところくらい。そんな部下なので、結構こき使ったり、たいした事でもないのに文句を言ってみたり、遅くまで残業させたり、いじめみたくなってしまいました。


ちょっと可哀想かなと思うくらい…

今に辞めてくれるんじゃないかと期待してました。


ところがもうそろそろだろうと思ってんのに辞めないんです。それどころ…
母とセックスしている妄想でオナニーをする事が増えた俺のエッチ体験
2017/11/14 02:02
2017/11/14 02:02
最初に母を女として見たのは中学に入った頃。

(母といっても小学4年で両親が離婚し

私は父親に引取られ5年生で父が再婚した継母)

性に目覚め母の汚れた下着でちょくちょくオナニーしていた。

高校の頃押入れで探し物をしていた時に箱に入った黒いバイブ、

大量のコンドーム、父と母の今で言ういわゆる

ハメ撮りのポラロイドが何十枚もあるのを発見してしまった。

正直ショックとスケベ心ではスケベ心が勝った。

この後からポラロイドのイヤラシイ母をオカズに汚れた下着に

匂いを嗅いだり舐めたりして母とセックスしている妄想で

オナニーをする事が増えた。

そんなオナニーもだんだんエスカレートし、…
【近親相姦】寝取らせ/彼女主演のエロビデオ【体験談】
2016/02/21 23:50
2016/02/21 23:50
出展元:妻と勃起した男達 投稿者:彼氏さん********************************************************僕にはユイと言う、石田ゆり子に似た彼女がいる、美人でSEXが大好きだ。 彼女は大学3年生で同じ大学に通ってる、付き合いは同じサークルに入ったのがきっかけ だった。お互い一人暮らしで、性欲も旺盛(笑、なので毎晩どちらかの家でSEXする日々が もう3年近く続いてた。少しマンネリ気味なの時、校舎や駅のトイレ、公園などでもした。 なかなか、最後(射精)までは行けないけど、スリリングではまりそうだった。 そんなSEX好きな彼女をもっとエロエロにしたくて…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・君の精液の味が知りたくなった…という感じかな?

・奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ?

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・女が淫乱になる理由について

・義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え

・【レイプ】イケメンにナンパされてついてったらキモオヤジ3人が

・パチンコで負けた巨乳ギャルとカーセックス

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

・【近親相姦】腹違いの妹とは知らずに妊娠させてしまいました

・妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた(オリジナル 転載禁止)

・小学校の挨拶登板に行く途中襲われました

・【乱交】男たちに弄ばれているという恐怖も怒りも忘れて

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・人妻もアレの快感が忘れられないのかな

・家庭教師のバイトに行ったつもりが、まさかの展開になり、、、。

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]