寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】小池栄子の体験談(3)

2018/06/14 08:11




栄子の口から漏れ出る言葉は苦痛の色が消えていた。

「おい、武志、見ろよ」
「うわ、もう洪水じゃん」
お尻を叩くのを止めて、二人が栄子の股間を覗き込むと
そこは愛液が溢れ出して、キラキラと淫靡な光をまとっていた。

「男の前でオシッコをして、後始末してもらって、さらにケツを叩かれて
こんなに濡らしてるって事は小池栄子は実はマゾだったんだな」
「もしくは変態と言ってもいいのかもしれないけどね」
慎吾と武志の嘲笑うかのような言葉の「攻撃」に、栄子のプライドは粉砕された。

しかし、二人の言う通りなのかもしれないと思い始めていた。
本当は苛められる事を望んでいたのではないか・・・
今までの強気な性格や少々キツイ言葉遣いはその裏返しなのかもしれない・・・一度、そう考えてしまうと、栄子の身体をその「想い」が一気に支配した。

「そ、そうです・・・栄子は苛められて感じてしまうマゾです。だから
もっと栄子をい、苛めてください・・・」
頬を赤らめ、潤んだ目で二人に訴えかける栄子。
予想外の栄子の言葉にさすがの慎吾と武志も唖然とした。

しかし、次の瞬間、二人の顔に邪悪な笑みが広がった。
「じゃあ、お望みどおりに苛めてやるよ」
「あう!!」
慎吾はさっきよりもさらに力を込めて、栄子のお尻を打ち据えた。
武志は栄子のブラを外すと、尖りきった乳首を指で弾き、ギュっと摘んだ。
栄子は二人の責めから逃げるどころか、お尻や胸をさらに突き出し
さらに強い快感を求めていった。

「もう我慢出来ないだろ。どうして欲しいか言ってみろよ」
慎吾に言われ、栄子はトロンとした目を向けると、口を開いた。
「栄子の、あ、アソコに入れてください・・・」
「アソコじゃ分からないだろ。それに何を入れて欲しいかもきちんと言えよ」
僅かに残った理性が栄子を躊躇わせたが、武志に軽くクリトリスをつねられると
すぐに迷いも理性も吹き飛んでしまった。

「栄子の、お、オマンコに、お、おチンチンを入れてください・・・」
栄子がそう言うと、慎吾は満足そうな笑みを浮かべ、バックから勃起した
男性器を一気に奥まで挿入した。
「はあう!!」
慎吾が律動を開始すると、栄子が歓喜の悲鳴を高らかにあげた。

栄子は自らも身体を動かし、さらに強い快感を求めた。
「おい、こっちも頼むぜ」
目の前に出された武志のものを栄子は何の躊躇いもなく口に含み、舌を使い始めた。
自ら望んで上と下の口を同時に使い奉仕する・・・

今まで体の奥深くに秘め、抑圧してきた欲望が一気に解放されるのを感じ
栄子は絶頂に近付いた。
「ああ、もうイッチャウぅぅぅぅ!!!お願い、顔に思いっきりかけてぇぇ!!」
武志と慎吾の男性器に手を添え、軽くしごいただけで、熱い白濁の液体が放出された。
決して避ける事なく、栄子は降り注ぐ精子を全て顔に浴びた。

その瞬間、栄子の中に強い電撃が走り、頭の中が真っ白になった。
豊満な胸まで飛び散った精子に彩られた栄子の顔はしかし、陶然と輝いていた。

「今日は、栄子ちゃんに提案があるんだけど」
放課後。写真部の部室に呼び出された栄子は、慎吾にそう言われた。
「どうせ、ロクでもない事なんでしょ?」
冷ややかな栄子の態度に、慎吾は気にする様子もなく、言葉を続けた。

「これから、テニスでもしないか?」
「はあ?」
あまりにも予想外の言葉に、栄子はとっさに意味を理解する事が出来なかった。
「どういう事?」
「どういう事も何も、さっき言った、そのまんまの意味なんだけどね」
小馬鹿にするような慎吾の口調に、栄子は怒りを覚えた。

「何で私があんたたちとテニスをしなきゃ、いけないのよ!!」
「じゃあ、このテニスに今までの写真をかける、って言ったら?」
今まで黙っていた武志がボソリと口にした一言は、栄子にとって衝撃的なものだった。

今まで自分が、この二人の要求に逆らえなかった最大の要因は
自分の痴態が写った写真のせいだった。
更衣室での全裸写真だけでなく、顔や胸を精子まみれにしている写真
そして、放尿している写真まであり、バラ撒かれたら、トップ・グラビアアイドルとしての地位どころか、これからの人生すら台無しになってしまうものだった。
その写真を、テニスに勝てば取り返すことが出来る・・・

「それは本当なの!?」
「ああ。もちろん、写真だけじゃなく、ネガも返してやるよ」
必死な形相の栄子に対し、武志はあくまで冷静だった。
栄子にとって、これは願ってもないチャンスだった。
どちらと対戦する事になるかは分からないが、お世辞にも二人とも
スポーツが得意なようには見えない。

自分だって、特別にテニスが上手い、というわけではないが
運動神経はこの二人よりも絶対に上だろうと思った。
「ただし・・・」
突然、低いが力のこもった声を武志が発したので、栄子は驚いた。

「こっちも写真をかけるんだ。だから、栄子ちゃんにもある条件をのんでもらう」
「条件って何?」
既に勝利を確信していた栄子は、笑みさえ浮かべて聞いた。その声には余裕があった。
「負けたら、俺たちの奴隷になってもらうか」
武志に代わり、慎吾が言ったその言葉を聞いた途端、栄子の顔はひきつった。

「何、言ってるのよ!?」
「この条件がのめないんだったら、この話はなしだ」
「どうする?」
栄子の叫びにも二人は全く動じなかった。

どうする・・・?栄子は迷った。
写真を取り返す最大のチャンスだったが、負ければ二人の奴隷というリスク。
しかし、今日、この勝負を受けなくても、写真があっちの手元にある限り
自分は、あの二人の要求に逆らう事は出来ない。
それならば、このチャンスに賭けるしかない。

「分かったわ、この勝負を受けるわ」
栄子がそう言うと、二人はニヤリと笑った。
「そうか。じゃあ、これにサインをしてくれるか?
勿論、栄子ちゃんが勝てば、この紙を破っていいから」
武志に渡された紙には
「私、小池栄子はテニス勝負に負けた場合、葛西武志と中野慎吾、二人の
奴隷になる事を誓います」と書かれていた。
栄子は「勝てばいいんだから・・・」と自分に言い聞かせ
その紙に名前を書いた。

「じゃあ、これに着替えてもらおうか」
栄子が紙を武志に手渡すと、慎吾が足元に置いてあった紙袋から取り出したものを
栄子の前に置いた。
それは、きちんとたたまれた純白のテニスウエアとスコートだった。

「おっと、下着もつけかえてもらおうか」
制服を脱ぎ、テニスウエアを手にとった栄子に、慎吾はさっきの紙袋から
取り出したものを栄子に渡した。
それはブラジャーとパンティーとアンダースコートであった。
一瞬、栄子は顔をしかめたが、ここで抵抗してもどうせテニス勝負がなくなるだけなので
黙って出された下着を身に着ける事にした。

ブラジャーは、栄子の豊満な胸を下から支えあげるだけのもので
乳首がすっかり露出してしまっている。
そして、次に身に着けたパンティもまともなものではなかった。
白い布地はかなり薄いらしく、栄子の陰毛はしっかりと透けてしまった。
しかも、前を覆う三角の部分はギリギリの面積しかなく後ろはTバックだった。

左右の腰の部分の紐を結びながら、あまりにも卑猥な下着に栄子は顔を赤らめたが
アンダースコートをはき、テニスウエア、スコートを身に着けると
いたって普通のテニスルックだったので、安心した。
「じゃあ、行こうか」
三人は部室を出て、テニスコートに向かった。

テニスコートは、校舎の外れの木々に囲まれた中にあった。
放課後、そしてテスト期間中という事もあったため、誰もいなかった。
「じゃあ、ゲームのルールを説明する」
「ルール?テニスのルールなら知ってるわよ」
栄子が言うと、二人の顔に不適な笑みが浮かんだ。

「普通のテニスなんて、そんなつまらない事をするわけないだろ、栄子ちゃん」
「そうそう。俺が準備する間にルールの説明をしといてくれ、武志」
慎吾はそう言うと、制服を脱ぎ始めた。どうやら、体操服に着替えるつもりらしい。

「といっても、ルールは普通のテニスと一緒だよ、栄子ちゃん。ただし
点を入れられたら、服を一枚脱いでもらう。先に全裸になった方が負けってルールだよ」
何言ってるのよ!?そんな事、出来るわけないじゃない!!それに
誰かに見られたら、どうするつもり!?」
「大丈夫だよ。ここは校舎からもグランドからもかなり離れてるから
誰も来ないよ。それに、このルールに納得がいかないんだったら
別にやらなくてもいいよ」

やるかやらないかは栄子次第、憎たらしいまでの余裕のある口調に
負けず嫌いの栄子の闘争心に火がついた。
「こっちは準備、出来たぜ」
Tシャツに短パンという体育の授業の時の服装をした慎吾がラケットを構え
コートにたっていた。

栄子も武志の持っていたラケットを奪い取ると、慎吾と対峙した。
じゃあ、サーブは俺からやらせてもらうって事でいいかい?」
慎吾の言葉に栄子は黙って頷いた。
いつの間にか審判席に武志が座っていた。

「じゃあ、始め」
武志の言葉と同時に、慎吾が左手に持ったボールを高々と放った。
栄子は咄嗟に身構え、すぐにでも走れるような体勢を取った。
慎吾のラケットがボールに当り、ボールが飛んできた。

(ちゃんと当たったじゃない。そこそこ運動神経はあるみたいね)
栄子はそんな事を思いながら、口元に笑みを浮かべた。
こちらに向かってくるボールは際立って早いわけではなく
栄子は…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
母乳セックスが楽しめる出会い系で知り合った妊婦さん
2015/12/15 10:00
2015/12/15 10:00



妊婦物のAVが大好物の俺は、




どうにか腹が出ている妊婦とSEXしたくて、




出会い系サイトやらSNSなどやりまくった。







そしてとうとう某大手出会いサイトで




妊婦と出会う事が出来て、実際に会ってきた。






マクドで待ち合わせだったんだが、ワクワクがやばかった。






10分くらい待つと明らかの妊婦が入ってきた。






顔はまぁまぁだったが、お腹以外は華奢で、




本当に子供産めるのかというのご最初の感想だった。






簡単に挨拶して、すぐ近く…
【羞恥】剃毛してくれた可愛いナースに大量顔射[後編]
2018/04/14 22:00
2018/04/14 22:00
まさに一瞬だった。しかし勃起している最中も、なぜかA子の右人差し指に絡みついた自分の我慢汁が気になって仕方がなかった。勃起後、絡め取る際の綺麗な指の動きが頭の中で何度も繰り返されながら、なぜか拭き取られないA子の濡れた人差し指を、オレは食い入るように見つめた。A子は右手に剃刀を、左手にはオレの左の睾丸をしっかりと持ったまま、ついさっきまで汁を垂れ流していた親指ほどの小さなイソギンチャクのような仮性包茎ペニスが、目の前で凄まじい勢いで立っていく様子を目をパチクリさせてしっかりと見つめていた。 完全に勃起したペニスは血管を何箇所か隆々と浮き上がらせて、自分の意思に関係なく時…
近所の女子校生
2018/05/09 00:01
2018/05/09 00:01
ある朝、いつものように通勤路を歩いていると、同じ町内のかわいい女のコが制服を着て歩いていた。 (かわいーなー!) そのコは、女子校に通う白鳥レナちゃんである。 最近のギャルっぽい感じで、アイドルにでもなれるんじゃないかと思う程かわいかった。 俺はそんな事を考えながら会社へ向かった。 何日かたったある日の夕食中、お袋が 「今週の土曜、白鳥さんち海外旅行なんだってー。羨ましいわー。お父さん聞いてるの?」 「あぁ」親父は興味なさそうに返事をした。 「レナちゃんは、夏休みだけど受験あるから一人で留守番なんだって!あんたも見習いなよ」 今度は息子の俺にとばっちりだ。 俺は次の夕方、会社から帰る途中に…
【人妻体験談】セックスの味を知った人妻
2016/04/04 22:02
2016/04/04 22:02
私は結婚してもうすぐ2年になる27歳の人妻です。結婚するまで男性経験は旦那様を入れて3人でした。 それがこの1年余りで旦那様以外で6人の男性と関係を持ってしまいました。私から進んでその関係になった訳ではありません。 向こうから口説かれたと思います。その6人のうち、私が今勤めている会社の男性が4人です。 結婚前から勤めていた会社で同じ部内の人です。課長に主任に同じ課の年下の男の子達です。 そのほかは友達に紹介された2歳年上の男性と1歳年下の男性です。その人たちとは今でもみんな続いています。 高校3年生の夏に大学生の彼と初体験をしました。特に気持ちがいいわけでもなく、義務的なセックスでした。 大…
【人妻体験談】主人の会社のKさんに肛門を見られた
2016/09/17 18:02
2016/09/17 18:02
私は39才の専業主婦です。主人は45才、小さいながらも地元で建設会社を営んでいます。子どもは男の子が二人、それぞれ高2と小4です。先日、主人の会社のKさんが 引っ越しする事になりそれほど遠くない所なので主人と二人でお手伝いに行きました。Kさんは主人の会社創設時からいる人で私たち家族とも交流があります。 36才のバツイチです。自宅に招いて主人と酒宴を開いてそのまま泊まりなんて事も良くありました。一人暮らしの引っ越しなのでそんなに荷物はありません。重いものや大きな物は男二人であらかた運び終わり、 私は食器や小物などのダンボール箱を片付けていました。主人に電話が入り、打ち合わせが入ったので出掛ける…
一夜限りだったけど企画系AVギャルとエッチした体験談
2017/11/24 15:10
2017/11/24 15:10
俺はAV女優の撮影会が結構好き。
有名なAV女優もいいのだが、企画モノに出ているあまり目立たない女優の撮影会がリーズナブルで好きだ。

有名AV女優だと45分5万円くらいだけど、企画モノだと1万5000円程度。
そのお値段でAV女優をヌード撮影をして、その時間2人きり。
しかも後でたっぷりオナニーにも使えるし、結構おいしいイベントだと思う。

最近何度か撮影しているのが、ロリ系のアリス。
アリスは〇Kモノや乱交モノを中心にたまにAVの仕事をしているが、基本的にはフリーター。
撮影しながら世間話をすると、どこにでもいる女の子なんだと思えてくる。
ラーメン屋巡りが好きだという彼女。
俺が相模原や横…
SEXのとき、別人のように情熱的になる彼女
2017/02/20 18:00
2017/02/20 18:00
2年前の夏のことです。
彼女(女子大生・20歳)は、普段話している時とベッドの中では、まるで別人のようです。服を着たまま後ろから抱いて豊かな乳房を優しく持ち上げながらうなじへ唇を這わせると、敏感に感じているらしく、高い声でか細く喘ぎながら、身悶えします。
そのまま座らないでお互いに服を順番に脱がせ合い、最後の下着を脱がせ合うと2人は立ったまま肌をぴったりと合わせます。


もう言葉は要らない二人の肌の触れ合う部分には、まるで電流が走るような感じです。
彼女の唇と口腔を奪い、乳首や乳輪を汚し、熱い蜜壷と秘豆を指で愛撫する頃には、透明な液が溢れ出て太腿にキラキラと光る筋…
悔しい思い出
2017/09/12 17:19
2017/09/12 17:19
私がまだ独身でしていたとき、もう二十年以上前の話しです。 課長にかかってきた電話の伝言メモの書き間違いのミスが、会社に多大な損害を与えてしまいました。 私は課長に怒鳴りつけられ、課長と私は専務から呼び出されて怒鳴られ、社長にまで飛び火して、社長は私に責任取れ辞表と詰め寄られました。 金額にして二千万の損害ですから、もう辞めなきゃならないと思って、数日休んだあと、辞表を出しに会社に行きました。 課長からちょっとまてと言われ、またしばらく休んでいたら、課長からの呼び出しがありました。 相手の会社とはなんとか折り合いをつけたと言われました。 社長にも辞めろと言った のを撤回させたとのことで、職場に戻…
★覚えたSEXの快楽を忘れられない
2017/01/04 15:34
2017/01/04 15:34
 独身時代に不倫していた元上司、彼は離婚してくれるつもりはさらさらなく、関係がつらすぎて自分から離れた転勤になって、いまの旦那と出会ってそれまでの自分を捨てて、幸せになったのに・・

 なぜあの日、偶然にも逢ってしまったのか、お互いの職場の飲み会がたまたま同じ店だなんて、運命すら感じるよ、会えなくて寂しかった。だなんてみんながいる前で呟かないで、会えなくて寂しかったのはあなただけだとでも思っているの・・
 身体は正直だ、それからずるずる関係が再開してしまってもう半年、彼から与えられる快楽は夫のそれと比べ物にならない。独身時代に3年以上調教されたことを身体は覚えている。

 いや…身体だけで…
【痴漢・レイプ】旦那さんが出張中の人妻にセーラー服着せてたっぷり犯してやった【レイプ体験談 レイプ・痴漢・輪姦】
2017/02/05 07:34
2017/02/05 07:34
168 :えっちな18禁さん:2010/03/05(金) 02:36:04 ID:IFwH4SxK0俺 神奈川、男32、168/51、既婚、メガネ 相手 東京、女30、155/?、既婚(旦那単身赴任中) 吹石一恵似パッとしない細身メガネが好みという、ずいぶんニッチな趣味の人からメールもらった。 ちょいサブカル好き、適度にオタク、という濃すぎないキャラが楽でずいぶん長くメールしてた。タモリネタにだけ妙に詳しいというのがまた。 出会いサイト来てる人妻さんはほとんどがレスなんだね。この人も。 ふとコスプレの話が出て、やってみたい願望有りと言うではありませんか。 してみる?と問うと、乗り気です。おそ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・【痴漢・レイプ】やらせてくれる姉 -きっかけ編-

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・【熟女体験談】夫が病気で入院した時に義父に恋をして濃厚なSEXをする不貞主婦

・【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・

・彼女の裸

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・拾った女子高生7

・とてつもなく可愛くてフェラ上手な24歳

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[後編]

・JKの露出14

・初めての3Pは女友達とその友達とでした

・嫁が妊娠中だから仕方なく超スローセクロスしたら結果wwwwwww

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・私っておかしいですか?

・僕はいつも以上に大きくなったモノを・・・

・【衝撃】嫁がオナニーしてるのwwwww見てしまったwwwwwwww

・彼女の友人女が逝ったこと無いって言うので・・・

・営業に来た女性を口説き落として生ハメ

・妻子持ちの上司に処女を奪われた20歳のOL

・【人妻体験談】密着状態の花火大会でヒップアタック責めの逆痴漢をしてきた子持ち淫乱痴女な他人妻

・【熟女体験談】寝ているところに自宅侵入され、輪姦レイプされた妻が何度も絶頂し快感の世界に酔いしれていた

・すごくビックだった英会話教室の白人の先生

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[前編]

・■温泉旅館でマッサージは気持ちよかった

・押しに弱いJKは、生理でも簡単にやらせてくれました

・友達の彼女が穿いていた白いパンスト

・部屋の鍵を抜き忘れて出掛けた隣のOL

・人妻の家で旦那の留守にHするのは興奮するけど緊張もハンパない

・【驚愕】手●ンした指を女に嗅がせた結果wwwwwwwwwwww