寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】歌姫をレイプ

2018/06/14 05:48




思いもよらない出来事がおこった。
いつものバイトの帰り道、俺が歩いている道路の反対側の路側帯に、
見なれた、いや、見なれ過ぎて逆に不自然な人物を見つけた。

それは俺がいつもながめている、CDのジャケットや雑誌や、壁のポスターの中の存在、aikoその人だった。
心臓がギュッと何かに掴まれてちぢんだような気がした。

あり得ない、と思いつつも、何度も目をこらして、それはやっぱりaikoだった。
ふわふわ揺れるゆるいウェーブの長い髪、小さな体に不釣り合いなくらいの大きめのリュック。

見なれたジーンズに、今までCDや雑誌などで見続け、憧れ続けてきたaikoが、
今まさに俺の目の前を通り過ぎ、歩いていく。俺は心の中で戸惑いながらも、自然と後戻りしaikoを追っていた。

メディアの中でしか見ていられなかった彼女が、今手の届くすぐそこにいる。
ファンとして声をかけてもいいのに、俺はなぜかそうするわけでもなく、
距離をはかるようにaikoの後をつけていた。

ただ行く先が気になった。aikoがどこへ行きなにをするのか。
あわよくば彼女の自宅を突き止めることができるかもしれない。
もしそうしたところで何がしたいわけでもない、ただ、
ファンとして、好奇心から行動していた、つもりだった。
まだ、その時は。
ずっと、心のなかで追い続けていたんだ。

原付を適当なところで停めて、先程尾行してきたマンションへ辿り着く。
マンションの中へ入っていくのに、どうしようか少し考えた。
思い付きと勢いだけで行動してきたから、細かいところまで考えていなかったのだ。
怪しまれないように携帯をひらいてカモフラージュしながら少し迷っていると、
ちょうど人が歩いてきて、マンションに入って行く。

俺の前を通り過ぎるとき少し会釈したので、つられて会釈しかえす。
そして何ごともなかったように、その人についてマンションに入っていくことができた。
嬉しい偶然に高鳴る鼓動を押さえることができず、思わず早足になる。
aikoが消えていった2階のマンションへ迷わず足を運んだ。

しばらく歩くと、aikoは閑静で見るからに高そうなマンションへ入っていってしまった。
マンションの中まではさすがについていけないので、踏み止まり様子を伺う。
様子から見て、友達の家に来たなどという感じはせず、どうやら自宅のようだ。
離れた位置から伺うと、2階の廊下をaikoが歩いているのがみえた。
そのまま、端のドアを開け中へ入って行く。

ファンとしてあるまじき行為だ。
自宅をつきとめるなど、してはいけない行為だ、
そうは思いつつも、はやる思いはどこか落ち着いていて、昏い欲望が渦巻いていた。
俺は一度引き返す。場所は覚えた。
自分がこれから何をしようとしているのか、自覚したくはなかった。
それは、偶然の出逢いに授かった、あってはならないくらい黒い欲望だった。

早鐘のようになっていた心臓はどこか落ち着きを取り戻している。
家路につき、小さめのボストンバッグにデジカメを詰めた。
それから、ナイフ、ガムテープ。
使うつもりはないけれど、もしものための用意だ。

何をするつもりか、明瞭な目的が自分の中で露になる。
目的はたったひとつ。aikoを犯すことだ。
簡単にいかないかもしれない。捕まるかもしれない。
だけどこんなチャンスはめったにない。この欲望を押さえ込むことも不可能だ。
ゆっくりと頭のなかで段取りを考えながら、それでも逸る思いは押さえられなかった。
準備も確認もそこそこにして、俺は原付に跨がった。

ドアの前で少し考えた。
また外出していなければ、この向こうにaikoがいるはずだ。
思わずのどを慣らして唾を飲む。
とうとう焦燥が限界にきて、考え無しにベルをならしてしまった。
ブツ、と音がして、『はい?』と女の声がした。
聴き慣れた、声、aikoだ。

その声にまた興奮のボルテージがあがる。
どもった口調で今考えたばかりの、あとから考えてみれば明らかに怪しい口実が口をついてでた。

「あの、昨日3階に越してきた者なんですが」
「あ、そうなんですか」
どうもaikoは不用心なようで、またブツ、という音がした。
それからぱたぱたと足音、そしてドアがあいた。
息をのんだ。本物のaikoが今目の前に立っている。

少し化粧は薄かったけれど、見なれた顔で、さっき見たままの姿で目の前に立っていた。
暫く妙な感動を覚えて何も言えなくて、じっと見つめてしまった。

「…あの?」
「あ、すいません。あの…aikoさん…ですよね?」
わかっていて来たはずなのに、へたな演技をしてみる。aikoは少し微笑んで「はい」と言った。
はにかんだような笑顔が愛しくなる。

胸の昂りがおさえられず、頭に血がのぼってしまい、それからの行動にはもう、理性なんか残ってはいなかった。
ぐっとaikoの肩をおさえ、部屋に押し入り壁のすみに押さえ込む。

「なっ…」
玄関に足をもつらせたaikoがその場で体制を崩した。
ドアがしまったのを見て、俺はすぐさま片手でaikoをおさえ、もう片方の手で施錠する。
展開の早さについていけなかったのか、aikoはぼうぜんとした目で俺をみつめた。
そのaikoを見下ろす俺の目は、多分情慾で染まって、ひどく冷たい目をしていたんだと思う。

秋も深まり、窓は閉めてある。カーテンも半分かかっているし、
なによりこの場にもし誰かがいたら、と思いもしていたが、幸いaikoの他に誰もいなかった。

我にかえったaikoが、やっとまともに口をひらいた。
「な…何すんの!離し…」
片手で口を閉ざすのは雑作もないこと。自分の手のひらにaikoの口があたり、
暖かい息が当たるのがわかって、胸が高まった。
涙目のaikoを押さえながら、ポケットに入れていた自分のタオルで猿轡をさせる。

そして部屋の中までaikoを引っ張り、ガムテープで手首をぐるぐる巻きにした。
その間aikoはずっとくぐもった声を漏らし続けていたけれど、俺にはなんとも思えない。
不思議と、冷静にaikoを犯す段取りを考えていた。

床に転がされ手首を縛られたaikoをじっと眺め、そのあと軽く部屋を見渡す。
キーボード、ソファ、テレビ、スヌーピーのぬいぐるみ。
aikoを押さえ込んだ玄関には、レゴで作られた犬。俺の思い描いていたとおりのaikoの部屋だった。

素早くカーテンを閉めると、ドアにチェーンをかけた。
起き上がれないでいるaikoのそばに近づくと、aikoが何か言っている。
猿ぐつわのおかげで何も聞き取れないけれど、その声は俺の大好きな声だった。
我慢ができず体を触る。aikoは抵抗したけれど、大した力もなく、男の俺の前では悲しい抵抗だった。

服の上から胸を鷲掴むと、aikoが首を振って涙をこぼす。
大きくない胸の頂を弄ると、aikoが抑えきれない声を漏らした。
この上なく興奮したのは、言うまでもない。
ぐり、ぐりっと何度も弄る。
aikoは目に涙をためて首をふりいやいやをした。
その仕草がいっそう、俺の嗜虐心を煽った。

服の上から感触を、さんざん楽しんだあと、次は生の感触を味わいたくなってきた。
「はぁ、はぁ…」
自分の呼吸がどんどん荒くなっていく。
まだ少し冷えている手を、aikoの服の裾から差し込んだ。

「うぐっ…」
声を出せないaikoが身をよじる。
逃がさぬように片手で押さえ、腹からゆっくり、感触を確かめた。
吸い付くようなきめ細かい肌は、衣類に隠れてまだ見えなくとも、十分興奮した。
「んうっ、むぅっ!」
顔を背け目をかたくとじることしか抵抗できないaikoは、先ほどより激しく身をくねらせた。

カッと頭に血が上り、『あこがれの歌手』だとか、『大事に扱わないと』だとか、
そういった理性が欲望によって打ち壊される。
ギュッと下着の上から、強く右胸を掴んでやった。

「うぐぅっ…」
強く握りすぎて痛いのか、少し動きが鈍くなる。
半分開かれた彼女の目からは涙がこぼれていた。
その涙ですら、これから汚される彼女の体を想像すると、何とも思えなくなった。

背中に手をまわし、下着のホックをはずす。
緩まった胸に手をまわし、強く揉みしだいた。
愛撫とは言えないくらいの力に、aikoはしきりにもがいたが、
俺の理性はとうに崩れどこかへいってしまっていた。

力の加減などできるはずがなく、彼女を好き放題嬲り倒すことしか頭になかったのだ。
ガバッと着ていたカットソーを首の付け根まで上げる。
そこには、白桃のような乳房がふたつ並んでいた。
小振りで可愛らしい胸の中心に、少し膨らんだ乳首がある。

ピンと人差し指で弾くと、aikoが頬をそめて反応した。
顔を背けてはいたが、明らかに感じている反応だ。
それを見て嬉しくなり、ついにやりと笑みがこぼれる。
何度も弾き、そして我慢できずに吸い付いた。

「むぐっ!うぐぅっ、んうぅっ」
ひどく反応し、体をビクつかせはじめる。
先ほどより固くなっている乳首に気を良くした俺は、何度も執拗に胸を責め続けた。
散々舐りたおすと、aikoの胸に夢中になっていた体を一度起こし、カメラに手を伸ばす。

かばんから取り出されたカメラに、aikoも何をされるのか感づいた様子で、
必死に体を起こそうとした。
だが、俺が上に乗っているため抵抗も虚しく、俺はまず一枚カメラに納めた。
そこには顔を赤らめ必死でカメラに写るまいとしている、胸…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
遊びに来た妹と一緒にお風呂に入って・・・。
2017/04/09 17:22
2017/04/09 17:22
都内で一人暮らししてるんだが、先日田舎から妹が遊びに来た。


妹は今年で20歳になる。




仕事から帰って風呂に入ってると、遊びに行ってた妹も帰ってきて、汗かいたから一緒に入れて~と入ってきやがった。


妹は3つ下なんだが、最後に一緒に風呂に入ったのは自分が中学校の時だと記憶している。

シャワーを浴びていた俺は、さすがに「ちょっ!おまっ!待った 待った!」と動揺してしまった。


気にせず「いいじゃん別に。

なに照れてんの?」と言い身体を流しだす。

うちは風呂場が狭いんだよ。

いつの間にか大人の身体に成長した妹の肌が背中に当たる。
迂闊にも少し反応してしま…
【いとこ】美人すぎる従妹が東京に泊まりに来て...【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/11/16 03:24
2017/11/16 03:24
480 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2012/01/29(日) 03:06:11.15 ID:xb+gj7TZ0 [1/18] 俺、28歳。従妹、26歳。 震災をきっかけに関係を持つようになりました。 需要ありますか? 481 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2012/01/29(日) 03:15:08.12 ID:bJ6QJuY+0 >>480 kwsk 482 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2012/01/29(日) 03:25:37.22 ID:xb+gj7TZ0 [2/18] 震災で職を失い、某県の避…
強引に恥辱と快感で弄ばれるアイドル 3
2015/09/23 23:10
2015/09/23 23:10

どれくらい時間が経ったのだろう。
美奈子が目を覚ますと、男達は缶ビールを飲みながら談笑していた。
ベッドから起きあがりふらふらとバスルームに向かう美奈子を男達は黙って目で追った。

シャワーのノズルをひねると、美奈子は口元と股間にねっとりとしたたる、3人の男の体液を洗い流した。
毛を剃られてツルッとした恥丘をさすりながら美奈子は溜息を漏らす。
(はぁぁ…やっと終わったのね。これで…)不思議と涙は出なかった。

ただ、無理矢理犯されたとはいえ、今まで感じたことのない体の高揚感にとまどっていた。
(あんなに、あんなに感じるなんて…恥ずかしい…)

恥丘をさする指先をゆっくりとその下に降ろし、ク…
★なかなかの美人保険勧誘員と親密に
2016/04/03 11:17
2016/04/03 11:17
 半年程前から会社に勧誘に来るようになった保険会社の勧誘員、涼子は29歳、バツイチ、偶然にも俺のマンションの近くで一人暮らしをしているなかなかの美人で、スタイルもいい俺の大好きな巨乳だFカップはありそうなボリュームだ、一度味見したいと思っていた。

 俺は保険にはまだ入っていなかったから、涼子の勧誘は熱心だった何度か食事をしながら保険の説明を聞いているうちに、涼子も俺に関心を持ち始めたようだ1ヶ月程前、食事の後「酔いを醒まそう」と近くの河原に車を停めて、俺は涼子を口説くと涼子もSEXするつもりだったと言う。
 俺は涼子を抱き締めキスをしながら、涼子のニットをたくし上げブラジャーを外した。ツ…
【レイプ】グラマー熟女の叔母を夜這いして中出し
2018/06/18 10:00
2018/06/18 10:00
肉感的で淫靡なスタイルの叔母。豊満なおっぱいと大きなお尻を持つグラマー熟女だ。叔母のスカートを姿を見るたびに、スカートの中に潜り込んで、お尻で顔面圧迫の窒息プレイがしたいと思っていた。 俺にとってセックスシンボルな叔母には小3の男の子がいて、母方の祖母と伯父(独身)と一緒に暮らしていた。叔母の夫は単身赴任中。日本中を駆け巡る忙しいサラリーマンで年に数回しか帰ってこなかった。 そして、ついに憧れていた叔母の寝室へと忍び込み、夜這いをした。叔母の部屋からは、夜飲んだと思われるアルコールの匂いが立ち籠めていた。ナツメ電球に照らされた部屋の中は適度にクーラーが効いていて、淫靡な…
【泥酔】泥酔した美人に絡まれたからラブホに連れ込んで中出ししまくってやったw
2016/02/18 06:54
2016/02/18 06:54
 181 :ol" target="_blank">OLor: green; font-family: 'MS PGothic';">えっちな18禁さん:2010/04/26(月) 06:48:37 ID:zLk1/kh4O  数年前、夜遅く会社から帰る時の電車の中のこと。花の金曜日でこっちは仕事の帰りなのに車内は酔っ払いでいっぱいだった。 黙ってつり革につかまって立っていると、ドスンと足の上に何かが倒れた。 驚いて下を見ると、俺の足の上に女の顔が乗っていて、こっちを見てにやりと笑っている。 さすがに驚いたが良く見るとこの女泥酔していて目の焦点が合ってい…
【熟女体験談】主人の転勤先で自分のせいですが…悪魔の様な男に出会いました
2015/10/15 18:02
2015/10/15 18:02
2015/10/15 (Thu) 私は、主人の転勤で、4年前に関東のある都市に引っ越ししました。


そこでの1年間は私にとっては地獄の1年でした。


幸い、1年でまた転勤となり今のところにすんでいます。


けど、私のために犠牲になった彼女はどうなっているか、心配です。


私は、転勤で社宅に住んでいましたが、親しい友人もいなく、寂しかった。


ある時、スーパーで買い物をしていて、万引きをしました。


何故そうしたのか、今でもわかりません。


店を出でて、ある男性に呼び止められました。

彼は、私が万引きするところを見ていたのです。


私は気が動転してしまい、彼の車…
産婦人科医も虜にした彼女のアソコ【エロ体験談】
2016/06/03 12:10
2016/06/03 12:10

僕と和幸で朋子(仮名)に中出ししたのですが、その時に無茶をし過ぎて、朋子の膣内を傷付けてしまいました。
その結果、中絶の時に医師から3週間のエッチ禁止令を出されました。
僕が悪いことだし、ここは我慢をしようと決めていました。

朋子は医師から通院を命じられ、中絶した後から通ってたのですが、どうも通院ペースが早いんです・・・。
2日、3日空けのペースです。このペースで3週間通ってくれと朋子は医師に言われたようです。

医師曰く、生殖器はデリケートだからちょっとした傷でもコマメなチェックが必要なんだとか。
なんかうさん臭い理由です・・・。

仕方無く朋子は通い始めたのですが、治療などほとんど無…
長年憧れてたお姉ちゃんとのエッチ体験談
2018/03/04 08:53
2018/03/04 08:53
俺が小3、姉が小6の時に、夏休みの午前中、家には誰もいなく、2人で押し入れの中で遊んでいました。 その時、姉が突然「おっぱい揉んで!」と言って裸になりました。 俺は余りの事に理解できず暫く考え込みましたが、少し冷静になると大好きな姉のおっぱいが、目の前にある事で興奮して仰向けに寝ている姉のおっぱいを揉み出しました。 俺は調子に乗って「今度はお尻がイイ!」と言って、姉をうつ伏せにしてお尻を鷲掴みにしました。 どの位経ったのか、、、姉が緊張した口調で「今度は私がH(俺)のちんちん揉んであげる」と言って俺のズボンを脱がすとチンポを弄り出しました。 チンポはすぐに全開に勃起してしまい、姉がそれをく…
若い女性2人
2016/02/22 23:05
2016/02/22 23:05
今から2年前の話。 法人営業をしている僕は、「当社商品を導入したいので、話を伺いたい」との問い合わせがあった会社に訪問した。 正直言って、導入規模もそこまで大きくなかったので、「ちょっとめんどくさいな・・・」と思っていた。 訪問してみると、先方の担当者は20歳前後の若い女性2人。 一人は美人系、もう一人はおっとり系。 最初は乗り気でなかった訪問も、若い女性担当者2人だったので、僕のテンションも急にあがるw 僕は商品の説明を行いながらも、「ずいぶん若い担当者、しかも女性2人。変わった会社だな・・・」と思っていた。 商談・打ち合わせを重ねるにあたって、女性2人とも仲良くなっていった。 っ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・仲悪かった弟に犯されかけたんだけど

・研修会で年上の女性と出会って人生が変わった

・貧乳に悩む妹の相談中に発情して近親相姦したったwwwwwwwwwww

・高校時代 四

・中出しをせがんできた32歳のバツイチ

・【乱交】修学旅行中にギャルな同級生とサルのようにやりまくった

・あまり抵抗しなかった女

・複数の男性に連続で中出しされるのが大好きな変態女です

・酔った勢いで処女の後輩に抱きつき弄りまくった結果wwwwwwwwwwww

・体験談:家族写真が飾られてる所でレイプされた [衝撃]

・【人妻体験談】試着室で水着に着替えていたら、床上手なおじさんにレイプされた巨乳主婦

・井上和香似なキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

・世間は狭いデリヘル嬢がPTA役員

・母がヤクザに調教された

・浮気元妻の因果応報

・【Hな体験】エッチな下着姿で手コキしてくれた近所のお姉さん

・妻が教え子に犯された 2

・元カノから、ハガキが届いて吃驚した

・【不倫】還暦まで独身を通してきましたが、実は淫乱熟女です

・本気で妊娠させるつもりで犯して欲しいと思う変態な私

・仲のいいセフレ2

・同級生を奴隷にした話 2

・高校時代 三

・寝取られ体験談/OB4人に彼女がレイプされた 続編

・【不倫】農作業の小屋で知った床上手な義父の指使い

・高校時代 二

・【熟女体験談】出会い系が趣味の専業主婦が4P乱交の耐久セックス

・処女だった元高校生バイトに何度も中出し

・犯されると勘違いした母を本当に犯した

・巨乳の女友達は生ハメも気持いいが、パイズリはもっと気持いいんだ