寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】歌姫をレイプ

2018/06/14 05:48




思いもよらない出来事がおこった。
いつものバイトの帰り道、俺が歩いている道路の反対側の路側帯に、
見なれた、いや、見なれ過ぎて逆に不自然な人物を見つけた。

それは俺がいつもながめている、CDのジャケットや雑誌や、壁のポスターの中の存在、aikoその人だった。
心臓がギュッと何かに掴まれてちぢんだような気がした。

あり得ない、と思いつつも、何度も目をこらして、それはやっぱりaikoだった。
ふわふわ揺れるゆるいウェーブの長い髪、小さな体に不釣り合いなくらいの大きめのリュック。

見なれたジーンズに、今までCDや雑誌などで見続け、憧れ続けてきたaikoが、
今まさに俺の目の前を通り過ぎ、歩いていく。俺は心の中で戸惑いながらも、自然と後戻りしaikoを追っていた。

メディアの中でしか見ていられなかった彼女が、今手の届くすぐそこにいる。
ファンとして声をかけてもいいのに、俺はなぜかそうするわけでもなく、
距離をはかるようにaikoの後をつけていた。

ただ行く先が気になった。aikoがどこへ行きなにをするのか。
あわよくば彼女の自宅を突き止めることができるかもしれない。
もしそうしたところで何がしたいわけでもない、ただ、
ファンとして、好奇心から行動していた、つもりだった。
まだ、その時は。
ずっと、心のなかで追い続けていたんだ。

原付を適当なところで停めて、先程尾行してきたマンションへ辿り着く。
マンションの中へ入っていくのに、どうしようか少し考えた。
思い付きと勢いだけで行動してきたから、細かいところまで考えていなかったのだ。
怪しまれないように携帯をひらいてカモフラージュしながら少し迷っていると、
ちょうど人が歩いてきて、マンションに入って行く。

俺の前を通り過ぎるとき少し会釈したので、つられて会釈しかえす。
そして何ごともなかったように、その人についてマンションに入っていくことができた。
嬉しい偶然に高鳴る鼓動を押さえることができず、思わず早足になる。
aikoが消えていった2階のマンションへ迷わず足を運んだ。

しばらく歩くと、aikoは閑静で見るからに高そうなマンションへ入っていってしまった。
マンションの中まではさすがについていけないので、踏み止まり様子を伺う。
様子から見て、友達の家に来たなどという感じはせず、どうやら自宅のようだ。
離れた位置から伺うと、2階の廊下をaikoが歩いているのがみえた。
そのまま、端のドアを開け中へ入って行く。

ファンとしてあるまじき行為だ。
自宅をつきとめるなど、してはいけない行為だ、
そうは思いつつも、はやる思いはどこか落ち着いていて、昏い欲望が渦巻いていた。
俺は一度引き返す。場所は覚えた。
自分がこれから何をしようとしているのか、自覚したくはなかった。
それは、偶然の出逢いに授かった、あってはならないくらい黒い欲望だった。

早鐘のようになっていた心臓はどこか落ち着きを取り戻している。
家路につき、小さめのボストンバッグにデジカメを詰めた。
それから、ナイフ、ガムテープ。
使うつもりはないけれど、もしものための用意だ。

何をするつもりか、明瞭な目的が自分の中で露になる。
目的はたったひとつ。aikoを犯すことだ。
簡単にいかないかもしれない。捕まるかもしれない。
だけどこんなチャンスはめったにない。この欲望を押さえ込むことも不可能だ。
ゆっくりと頭のなかで段取りを考えながら、それでも逸る思いは押さえられなかった。
準備も確認もそこそこにして、俺は原付に跨がった。

ドアの前で少し考えた。
また外出していなければ、この向こうにaikoがいるはずだ。
思わずのどを慣らして唾を飲む。
とうとう焦燥が限界にきて、考え無しにベルをならしてしまった。
ブツ、と音がして、『はい?』と女の声がした。
聴き慣れた、声、aikoだ。

その声にまた興奮のボルテージがあがる。
どもった口調で今考えたばかりの、あとから考えてみれば明らかに怪しい口実が口をついてでた。

「あの、昨日3階に越してきた者なんですが」
「あ、そうなんですか」
どうもaikoは不用心なようで、またブツ、という音がした。
それからぱたぱたと足音、そしてドアがあいた。
息をのんだ。本物のaikoが今目の前に立っている。

少し化粧は薄かったけれど、見なれた顔で、さっき見たままの姿で目の前に立っていた。
暫く妙な感動を覚えて何も言えなくて、じっと見つめてしまった。

「…あの?」
「あ、すいません。あの…aikoさん…ですよね?」
わかっていて来たはずなのに、へたな演技をしてみる。aikoは少し微笑んで「はい」と言った。
はにかんだような笑顔が愛しくなる。

胸の昂りがおさえられず、頭に血がのぼってしまい、それからの行動にはもう、理性なんか残ってはいなかった。
ぐっとaikoの肩をおさえ、部屋に押し入り壁のすみに押さえ込む。

「なっ…」
玄関に足をもつらせたaikoがその場で体制を崩した。
ドアがしまったのを見て、俺はすぐさま片手でaikoをおさえ、もう片方の手で施錠する。
展開の早さについていけなかったのか、aikoはぼうぜんとした目で俺をみつめた。
そのaikoを見下ろす俺の目は、多分情慾で染まって、ひどく冷たい目をしていたんだと思う。

秋も深まり、窓は閉めてある。カーテンも半分かかっているし、
なによりこの場にもし誰かがいたら、と思いもしていたが、幸いaikoの他に誰もいなかった。

我にかえったaikoが、やっとまともに口をひらいた。
「な…何すんの!離し…」
片手で口を閉ざすのは雑作もないこと。自分の手のひらにaikoの口があたり、
暖かい息が当たるのがわかって、胸が高まった。
涙目のaikoを押さえながら、ポケットに入れていた自分のタオルで猿轡をさせる。

そして部屋の中までaikoを引っ張り、ガムテープで手首をぐるぐる巻きにした。
その間aikoはずっとくぐもった声を漏らし続けていたけれど、俺にはなんとも思えない。
不思議と、冷静にaikoを犯す段取りを考えていた。

床に転がされ手首を縛られたaikoをじっと眺め、そのあと軽く部屋を見渡す。
キーボード、ソファ、テレビ、スヌーピーのぬいぐるみ。
aikoを押さえ込んだ玄関には、レゴで作られた犬。俺の思い描いていたとおりのaikoの部屋だった。

素早くカーテンを閉めると、ドアにチェーンをかけた。
起き上がれないでいるaikoのそばに近づくと、aikoが何か言っている。
猿ぐつわのおかげで何も聞き取れないけれど、その声は俺の大好きな声だった。
我慢ができず体を触る。aikoは抵抗したけれど、大した力もなく、男の俺の前では悲しい抵抗だった。

服の上から胸を鷲掴むと、aikoが首を振って涙をこぼす。
大きくない胸の頂を弄ると、aikoが抑えきれない声を漏らした。
この上なく興奮したのは、言うまでもない。
ぐり、ぐりっと何度も弄る。
aikoは目に涙をためて首をふりいやいやをした。
その仕草がいっそう、俺の嗜虐心を煽った。

服の上から感触を、さんざん楽しんだあと、次は生の感触を味わいたくなってきた。
「はぁ、はぁ…」
自分の呼吸がどんどん荒くなっていく。
まだ少し冷えている手を、aikoの服の裾から差し込んだ。

「うぐっ…」
声を出せないaikoが身をよじる。
逃がさぬように片手で押さえ、腹からゆっくり、感触を確かめた。
吸い付くようなきめ細かい肌は、衣類に隠れてまだ見えなくとも、十分興奮した。
「んうっ、むぅっ!」
顔を背け目をかたくとじることしか抵抗できないaikoは、先ほどより激しく身をくねらせた。

カッと頭に血が上り、『あこがれの歌手』だとか、『大事に扱わないと』だとか、
そういった理性が欲望によって打ち壊される。
ギュッと下着の上から、強く右胸を掴んでやった。

「うぐぅっ…」
強く握りすぎて痛いのか、少し動きが鈍くなる。
半分開かれた彼女の目からは涙がこぼれていた。
その涙ですら、これから汚される彼女の体を想像すると、何とも思えなくなった。

背中に手をまわし、下着のホックをはずす。
緩まった胸に手をまわし、強く揉みしだいた。
愛撫とは言えないくらいの力に、aikoはしきりにもがいたが、
俺の理性はとうに崩れどこかへいってしまっていた。

力の加減などできるはずがなく、彼女を好き放題嬲り倒すことしか頭になかったのだ。
ガバッと着ていたカットソーを首の付け根まで上げる。
そこには、白桃のような乳房がふたつ並んでいた。
小振りで可愛らしい胸の中心に、少し膨らんだ乳首がある。

ピンと人差し指で弾くと、aikoが頬をそめて反応した。
顔を背けてはいたが、明らかに感じている反応だ。
それを見て嬉しくなり、ついにやりと笑みがこぼれる。
何度も弾き、そして我慢できずに吸い付いた。

「むぐっ!うぐぅっ、んうぅっ」
ひどく反応し、体をビクつかせはじめる。
先ほどより固くなっている乳首に気を良くした俺は、何度も執拗に胸を責め続けた。
散々舐りたおすと、aikoの胸に夢中になっていた体を一度起こし、カメラに手を伸ばす。

かばんから取り出されたカメラに、aikoも何をされるのか感づいた様子で、
必死に体を起こそうとした。
だが、俺が上に乗っているため抵抗も虚しく、俺はまず一枚カメラに納めた。
そこには顔を赤らめ必死でカメラに写るまいとしている、胸…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】黒人に犯された私(3)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/09 04:17
2017/06/09 04:17
「変な薬なの?」「中国で売られている媚薬だ。変な薬、麻薬とかじゃない。そう心配するな」「媚薬…?」「聞いてくるまでに30分は掛かるって話だ。あっちに到着するまでせいぜい楽しめ」「楽しめって…」「じきに判る」あの潰れたモーテルの元ワインセラーまで私の自宅からではどう急いでも1時間半は掛かります。20分ぐらい経って私の体は火照りを覚え始めて、隣に座った彼はいち早くそれを察し、手に持ったローターのリモコンのスイッチを入れました。「あっ、だめっ!」「だめ、じゃないだろ?気持ちいいんだろ?」彼の言うとおりでした。媚薬の回った体に、充血をしているクリトリスに直接当てられたローターの刺激は強すぎて…私の意…
同僚の嫁を連れ込んだ
2017/03/27 07:46
2017/03/27 07:46
281 名無しさん@ピンキー 2009/09/10(木) 12:00:24 ID:toXesBQv 同僚の嫁が酒乱タイプの女だったので、酔っ払ってるところに送ってあげるからって言って 家に連れ込んだらあっさり付いてきた。 家に入るなり抱きしめてキスしようとしたら、ダンナがいるからとさすがに酔ってても拒否してきた けどお目当ての巨乳を揉んでみたが拒否せず、口でダメ~って言うだけ。 もうドキドキで興奮しながらスカートの中に手を入れてパンティーずりさげたら 最初だけ手で払いのけたけど、マムコに指這わせたらもうグチョグチョ状態。 さらに服の中に手を入れて背中に手を回しブラのホック外して生乳揉みまくり。…
アナルに目覚めるまで (M男な体験談)
2015/11/18 23:00
2015/11/18 23:00
はじめまして。実はアナルにディルドウを入れたまま色々覗いていたらここに辿り着きました。 皆さんいろんな経験をされててスゴイなと思いつつ、ちょっと腰を振ったりしてます。きもちぃ。 僕の最初の経験は、高校生の頃、SMに興味があって雑誌を色々読んでいたらアナル責めの記事が出てきたところから始まります。 特に男の方が前立腺というものがあり、女性よりも感じるようになる確立が高いという内容にドキドキしました。母と二人暮しで、夕方からは一人きりになる生活をしていたので、ちょっと実験と思い、母の使っていたブラシの柄が滑らかだったのを幸いに(おかあさんご…
【寝取られ体験談】飢えた50代の男に妻を・・・
2017/07/09 03:12
2017/07/09 03:12
40歳の妻は若いイケメンとの単独デートを希望しましたが、私はどうしてもイヤラシくて、しばらく女を抱いてない飢えた50代の男に妻を抱かせてみたくて、なんとか口説き落しました。 更にホテルの別室を希望する妻を振り切って、自宅の寝室の隣の和室部屋を選びました。 襖一枚隔てたところで、妻の喘ぎ声を聞きながら何をされているか想像し、覗きたい願望を我慢しながら自分の股間が破裂寸前まで疼き、のたうつのを味わいたかったのです。 年末にその願望はやっと叶いました。 一年がかりです。 最初は嫌がっていた妻でしたが、最近のAVでは「義父に犯される人妻」シリーズが多くあったので、寝室で妻に見せながらその気にさ…
単なるアナルオナニーなのに、 この事が、俺の人生を狂わせてしまった・・・
2016/10/06 20:02
2016/10/06 20:02
アナニーにハマり、俺の人生は激変した

単なるアナルオナニーなのに、

この事が、俺の人生を狂わせてしまった・・

現在俺は、28歳でチョイブサメン

特にオチも無いんで、興味がある奴だけ読んでくれ。

まず高校の頃、俺は超優等生キャラだった。

部活では部長を務め、成績も上位クラス。

一時期は生徒会役員も務めていたが、

秘かに2日に1回はオナニーをこなす初級オナニストでもあった。

そんな俺が実家から遥か彼方九州の大学の理系に進む事になった。

念願の1人暮らし

ブサメンな俺がやる事と言えば

一人っきりで全力オナニー!

今までの親の動きにビクビクしながらの隠れオナニーではない。
【熟女とのエッチ体験談】勤務先の工場にいる先輩熟女とねっとり69してみた
2016/07/26 16:00
2016/07/26 16:00
俺は今24歳、去年の8月から人材派遣会社に紹介された工場で働いている。 職場の女性はいわゆる熟女と言える歳の女性ばかりだったけど、熟女好きの俺はまったく気にしなかった。 その中で37歳の理沙さん (仮名です。今後「理沙さん」と書きます)と言う人が俺の指導役になった。 理沙さんは、他の人はどうか分からないが俺にとってはストライク(古いか?)の顔立ちだった事に加え、俺好みの少しポッチャリとした体型だった。 理沙さんと仲が良くなった俺は、理沙さんが好みだったから、仕事の帰りに食事に誘ってみた。 理沙さんは快くOKしてくれて、一緒に近くのファミレスに入り今、夫と別居中だとか、若い…
?.生贄妻A
2016/02/23 07:05
2016/02/23 07:05
今から3年程前の話になります。 当時、私は32歳で、28歳の妻と結婚し2年程でした。 仕事も順調で、係長へ昇進した私は忙しい毎日を送っていました。 子供も無く、専業主婦として一日中家にいるのが嫌だと言う事で、アルバイトをしていた妻です。話しは昔に戻りますが、学生時代私はAさんと言う2つ年上の先輩とつるんでいました。 先輩は地元でも有名なワルで、家も近かった事もあって小さな時から可愛がってくれていました。 先輩は、高校卒業と同時に地元でレンタルショップを経営(アダルトショップ兼)していた様です。 噂ですが、先輩はヤクザとも付き合いがあると聞きました。 その頃には、私も先輩と会う事もなくなり付き合…
色白巨乳とおっさんカーセ
2016/03/04 21:01
2016/03/04 21:01
私35、彼女30の時です。 彼女は色白でFカップのOLです。 AVでいう水城奈緒のようなカラダです。最初は、お嬢かと思ったんですが、私のネトラレフェチを話すと、 次から次へと色んな体験談が出てくるエロい女でした。私はエロい中年男性とのカラミが興奮するので、 ネットで知り合ったSさん(48歳)と飲みに行きました。 Sさんは背が低くて、色黒でずんぐりした重役さんって感じです。 彼女を呼びました。服の上からもわかるカラダにSさんの目はヤラシクなってました。 Sさんの素性は明かさず、その日はそのまま解散しました。彼女とのエッチの時に、『エロいおっさんにヤラレたら洗脳』をしました。 何回かやってるうちに…
母寝取られ6
2016/10/24 07:22
2016/10/24 07:22
一瞬にして静寂した空気に包まれた。すべての音が失われた。 無音。無音。時が止まったのかと思ったくらいだった。母はしばらく考えていた。どう言おうか悩んでいたのだろう、微妙に表情が変わっていった。その心境の変化が表情から窺えた。言おうか言うまいか相当葛藤していたのだろうが、母の中で決心がついたようだ。暫くの沈黙のあと、母は重い口を開いた。「・・・うん」顔を真っ赤にして答えた母は、小さくて華奢で可愛くて綺麗で愛おしくて愛らしくて素敵で優しくて大好きで、でもすごくすごく遠くまで行ってしまって、二度と以前と同じように見ることができなくなって。それがすごく悲しくて、悔しくて、居たたまれなくて、どうしようも…
中2のとき姉の彼氏にレイプされた
2018/01/10 01:57
2018/01/10 01:57
中2のときの忘れられない思い出です。長文です。 中2の春休みと夏休みに高2の姉の彼氏が毎日うちに来ました。そのうち私は姉の彼氏を姉が外出していないときでもうちに入れて遊ぶようになっていました。その彼は姉の最初にできた彼氏で、そして私も若い男性に興味をもつ年ごろでしたのでお兄ちゃんのように思ってました。彼は地元で頭のいい私立高校に通っていて清潔でおしゃれな格好をいつもしていました。そういうところが好感がもてて姉と彼氏に憧れていました。 その彼氏と遊んでいたときに偶然に彼の手の先が私の胸にあたったときがありました。すると彼が照れて必死に謝ってきたときがありました。私はその当時、年上の男性がそうい…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・中学生に寝取られた_終

・男性に綺麗と言われるって嬉しくエロへ

・一度のつもりが・・・

・【乱交】マグロな私を変えてくれた後輩男の豹変

・中学生に寝取られた_10

・【Hな体験】嫁と元カレのエッチを想像すると異常なほど硬くなる

・中学生に寝取られた_9

・王様ゲーム2

・中学生に寝取られた_8

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編

・中学生に寝取られた_7

・熟女タレントN美E子さんの息子さんとの関係

・中学生に寝取られた_5

・ゴミ出しのワズカナ時間に家に侵入され

・中学生に寝取られた_4

・温泉でマセタ子供に痴漢された2

・中学生に寝取られた_3

・夫からの肉体的見返りが少なくて

・【熟女体験談】銀座で女帝と呼ばれている有名クラブの美人ママとゴルフ場で官能的な青姦SEX

・私の娘の元カレとのお付き合いの話

・中学生に寝取られた_2

・【人妻体験談】出張ホストに妻をナンパ痴漢させ、寝取らせて興奮する変態夫

・【熟女体験談】オナニーを邪魔してきたAカップの貧乳叔母に激怒してレイプした男子中学生

・中学生に寝取られた_1

・続1・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・自慢の母(1)

・ビデオテープを偶然に発見してしまった・・・

・【Hな体験】ボール遊びしてたら隣の家のお姉さんにフェラされた

・嫁を寝取っていたのは俺だった?2

・俺の奥さんと尊敬する先輩の満さんが