寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】歌姫をレイプ

2018/06/14 05:48




思いもよらない出来事がおこった。
いつものバイトの帰り道、俺が歩いている道路の反対側の路側帯に、
見なれた、いや、見なれ過ぎて逆に不自然な人物を見つけた。

それは俺がいつもながめている、CDのジャケットや雑誌や、壁のポスターの中の存在、aikoその人だった。
心臓がギュッと何かに掴まれてちぢんだような気がした。

あり得ない、と思いつつも、何度も目をこらして、それはやっぱりaikoだった。
ふわふわ揺れるゆるいウェーブの長い髪、小さな体に不釣り合いなくらいの大きめのリュック。

見なれたジーンズに、今までCDや雑誌などで見続け、憧れ続けてきたaikoが、
今まさに俺の目の前を通り過ぎ、歩いていく。俺は心の中で戸惑いながらも、自然と後戻りしaikoを追っていた。

メディアの中でしか見ていられなかった彼女が、今手の届くすぐそこにいる。
ファンとして声をかけてもいいのに、俺はなぜかそうするわけでもなく、
距離をはかるようにaikoの後をつけていた。

ただ行く先が気になった。aikoがどこへ行きなにをするのか。
あわよくば彼女の自宅を突き止めることができるかもしれない。
もしそうしたところで何がしたいわけでもない、ただ、
ファンとして、好奇心から行動していた、つもりだった。
まだ、その時は。
ずっと、心のなかで追い続けていたんだ。

原付を適当なところで停めて、先程尾行してきたマンションへ辿り着く。
マンションの中へ入っていくのに、どうしようか少し考えた。
思い付きと勢いだけで行動してきたから、細かいところまで考えていなかったのだ。
怪しまれないように携帯をひらいてカモフラージュしながら少し迷っていると、
ちょうど人が歩いてきて、マンションに入って行く。

俺の前を通り過ぎるとき少し会釈したので、つられて会釈しかえす。
そして何ごともなかったように、その人についてマンションに入っていくことができた。
嬉しい偶然に高鳴る鼓動を押さえることができず、思わず早足になる。
aikoが消えていった2階のマンションへ迷わず足を運んだ。

しばらく歩くと、aikoは閑静で見るからに高そうなマンションへ入っていってしまった。
マンションの中まではさすがについていけないので、踏み止まり様子を伺う。
様子から見て、友達の家に来たなどという感じはせず、どうやら自宅のようだ。
離れた位置から伺うと、2階の廊下をaikoが歩いているのがみえた。
そのまま、端のドアを開け中へ入って行く。

ファンとしてあるまじき行為だ。
自宅をつきとめるなど、してはいけない行為だ、
そうは思いつつも、はやる思いはどこか落ち着いていて、昏い欲望が渦巻いていた。
俺は一度引き返す。場所は覚えた。
自分がこれから何をしようとしているのか、自覚したくはなかった。
それは、偶然の出逢いに授かった、あってはならないくらい黒い欲望だった。

早鐘のようになっていた心臓はどこか落ち着きを取り戻している。
家路につき、小さめのボストンバッグにデジカメを詰めた。
それから、ナイフ、ガムテープ。
使うつもりはないけれど、もしものための用意だ。

何をするつもりか、明瞭な目的が自分の中で露になる。
目的はたったひとつ。aikoを犯すことだ。
簡単にいかないかもしれない。捕まるかもしれない。
だけどこんなチャンスはめったにない。この欲望を押さえ込むことも不可能だ。
ゆっくりと頭のなかで段取りを考えながら、それでも逸る思いは押さえられなかった。
準備も確認もそこそこにして、俺は原付に跨がった。

ドアの前で少し考えた。
また外出していなければ、この向こうにaikoがいるはずだ。
思わずのどを慣らして唾を飲む。
とうとう焦燥が限界にきて、考え無しにベルをならしてしまった。
ブツ、と音がして、『はい?』と女の声がした。
聴き慣れた、声、aikoだ。

その声にまた興奮のボルテージがあがる。
どもった口調で今考えたばかりの、あとから考えてみれば明らかに怪しい口実が口をついてでた。

「あの、昨日3階に越してきた者なんですが」
「あ、そうなんですか」
どうもaikoは不用心なようで、またブツ、という音がした。
それからぱたぱたと足音、そしてドアがあいた。
息をのんだ。本物のaikoが今目の前に立っている。

少し化粧は薄かったけれど、見なれた顔で、さっき見たままの姿で目の前に立っていた。
暫く妙な感動を覚えて何も言えなくて、じっと見つめてしまった。

「…あの?」
「あ、すいません。あの…aikoさん…ですよね?」
わかっていて来たはずなのに、へたな演技をしてみる。aikoは少し微笑んで「はい」と言った。
はにかんだような笑顔が愛しくなる。

胸の昂りがおさえられず、頭に血がのぼってしまい、それからの行動にはもう、理性なんか残ってはいなかった。
ぐっとaikoの肩をおさえ、部屋に押し入り壁のすみに押さえ込む。

「なっ…」
玄関に足をもつらせたaikoがその場で体制を崩した。
ドアがしまったのを見て、俺はすぐさま片手でaikoをおさえ、もう片方の手で施錠する。
展開の早さについていけなかったのか、aikoはぼうぜんとした目で俺をみつめた。
そのaikoを見下ろす俺の目は、多分情慾で染まって、ひどく冷たい目をしていたんだと思う。

秋も深まり、窓は閉めてある。カーテンも半分かかっているし、
なによりこの場にもし誰かがいたら、と思いもしていたが、幸いaikoの他に誰もいなかった。

我にかえったaikoが、やっとまともに口をひらいた。
「な…何すんの!離し…」
片手で口を閉ざすのは雑作もないこと。自分の手のひらにaikoの口があたり、
暖かい息が当たるのがわかって、胸が高まった。
涙目のaikoを押さえながら、ポケットに入れていた自分のタオルで猿轡をさせる。

そして部屋の中までaikoを引っ張り、ガムテープで手首をぐるぐる巻きにした。
その間aikoはずっとくぐもった声を漏らし続けていたけれど、俺にはなんとも思えない。
不思議と、冷静にaikoを犯す段取りを考えていた。

床に転がされ手首を縛られたaikoをじっと眺め、そのあと軽く部屋を見渡す。
キーボード、ソファ、テレビ、スヌーピーのぬいぐるみ。
aikoを押さえ込んだ玄関には、レゴで作られた犬。俺の思い描いていたとおりのaikoの部屋だった。

素早くカーテンを閉めると、ドアにチェーンをかけた。
起き上がれないでいるaikoのそばに近づくと、aikoが何か言っている。
猿ぐつわのおかげで何も聞き取れないけれど、その声は俺の大好きな声だった。
我慢ができず体を触る。aikoは抵抗したけれど、大した力もなく、男の俺の前では悲しい抵抗だった。

服の上から胸を鷲掴むと、aikoが首を振って涙をこぼす。
大きくない胸の頂を弄ると、aikoが抑えきれない声を漏らした。
この上なく興奮したのは、言うまでもない。
ぐり、ぐりっと何度も弄る。
aikoは目に涙をためて首をふりいやいやをした。
その仕草がいっそう、俺の嗜虐心を煽った。

服の上から感触を、さんざん楽しんだあと、次は生の感触を味わいたくなってきた。
「はぁ、はぁ…」
自分の呼吸がどんどん荒くなっていく。
まだ少し冷えている手を、aikoの服の裾から差し込んだ。

「うぐっ…」
声を出せないaikoが身をよじる。
逃がさぬように片手で押さえ、腹からゆっくり、感触を確かめた。
吸い付くようなきめ細かい肌は、衣類に隠れてまだ見えなくとも、十分興奮した。
「んうっ、むぅっ!」
顔を背け目をかたくとじることしか抵抗できないaikoは、先ほどより激しく身をくねらせた。

カッと頭に血が上り、『あこがれの歌手』だとか、『大事に扱わないと』だとか、
そういった理性が欲望によって打ち壊される。
ギュッと下着の上から、強く右胸を掴んでやった。

「うぐぅっ…」
強く握りすぎて痛いのか、少し動きが鈍くなる。
半分開かれた彼女の目からは涙がこぼれていた。
その涙ですら、これから汚される彼女の体を想像すると、何とも思えなくなった。

背中に手をまわし、下着のホックをはずす。
緩まった胸に手をまわし、強く揉みしだいた。
愛撫とは言えないくらいの力に、aikoはしきりにもがいたが、
俺の理性はとうに崩れどこかへいってしまっていた。

力の加減などできるはずがなく、彼女を好き放題嬲り倒すことしか頭になかったのだ。
ガバッと着ていたカットソーを首の付け根まで上げる。
そこには、白桃のような乳房がふたつ並んでいた。
小振りで可愛らしい胸の中心に、少し膨らんだ乳首がある。

ピンと人差し指で弾くと、aikoが頬をそめて反応した。
顔を背けてはいたが、明らかに感じている反応だ。
それを見て嬉しくなり、ついにやりと笑みがこぼれる。
何度も弾き、そして我慢できずに吸い付いた。

「むぐっ!うぐぅっ、んうぅっ」
ひどく反応し、体をビクつかせはじめる。
先ほどより固くなっている乳首に気を良くした俺は、何度も執拗に胸を責め続けた。
散々舐りたおすと、aikoの胸に夢中になっていた体を一度起こし、カメラに手を伸ばす。

かばんから取り出されたカメラに、aikoも何をされるのか感づいた様子で、
必死に体を起こそうとした。
だが、俺が上に乗っているため抵抗も虚しく、俺はまず一枚カメラに納めた。
そこには顔を赤らめ必死でカメラに写るまいとしている、胸…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
職場の独身から人妻まで食べた【セックス体験談】
2018/02/20 10:10
2018/02/20 10:10
俺が20歳になった頃の話。当時、会社は社員が200人くらい近くにいろんな事業所があって俺の勤めてた所は男5人に女が4人だった。


A子20歳独身B子26歳人妻C子30歳人妻、D子?歳人妻(40くらいだったと思うがこの話には登場しないので)俺は同期のA子と付き合ってたそのことは他のB・C・Dも知っていた。


初めてA子とHをした1週間後、C子が日直をしてるところに用事があって行くとA子とのこと指摘された「やったでしょ」ってズバリ指摘された。
この二人はそこまで話してるのかと言う思いになり、別に否定することもなく「うん、まぁ~」って言った。


ソファーの長いすでコーヒーを飲みながらそんな話を…
結婚6年目のだめな妻です【不倫体験談】
2017/06/11 00:30
2017/06/11 00:30
結婚6年目35歳の専業主婦です。
家には主人の両親がいますので窮屈な毎日を送っていました(上手く振舞っていますので評判は良いと思います)

昨年の9月に姪の結婚式に呼ばれ久しぶりに実家に2泊の予定で帰った時から私の生活は変わってしまったのです。

翌日結婚式に出席座も盛り上がってきた頃
『ヤッチャンじゃない』と声を掛けられ振り返ると結婚前に勤めていた会社の上司。私を女にしてくれた彼でした。

白髪も混じり少々肉がついてましたが、彼の転勤で泣く泣く別れた彼と直に判りましたが、オドロキに言葉も出ませんでした。

彼とは不倫で結婚できないと判っていて5年もの間、私の大事な人でした。
その後付き合った…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】初めてです。主人以外と【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/03 00:37
2017/04/03 00:37
私35歳の普通の主婦です。主婦業11年で子供も2人います。主人は8歳年上ですが、優しく普通の夫婦だと思います。夜も主人ペースですが、頻繁な方だと思います。そんな主婦ですが、この9月に浮気してしまいました。し始めてしまいました。最初は無理矢理な感じでしたが。 相手の方は、家がとても近くで、下の娘が同じの幼稚園の子のパパ(ユウちゃん)です。ユウちゃんは、もう年少組のときからの知り合いで、もう2年、一緒に送り迎えをしてる仲なので、ほんとに気軽に話せる仲なのです。家族ぐるみの付き合いです。だから、ユウちゃんにされるとは、思いもよらなかった。ただ、私も容姿にはまだまだ自身ありで、ジムのプールでは、ちょ…
テレホンセックスがしたくて電話したら叔母さんに繋がって・・・
2016/04/19 22:02
2016/04/19 22:02
僕は23歳です。今日は仕事が休みで、

目が覚めたのが9時ぐらいでした。

両親は朝早くから出掛けたので家に一人でした。

一人だけだったので、

久しぶりにテレホンセックスがしたくなり電話をかけ

「もしもし~」

と電話に出たのは51歳の人妻と言う方が出ました。

話しをしているうちに、

何か聞き覚えのある声だなぁと思い

「間違ってたらすいませんがもしかして陽子おばさん?」

と確認してみると

「えっ?」

と僕が

「雅人だけど」と言ってみると、

「えっ?」

と言われ無言になり電話を切られました。

僕は「違うんだ」と思いもう一度違う人と電話をしよう…
美容部員の人妻お姉さんを美味しく料理したエロ体験談
2017/07/14 00:30
2017/07/14 00:30
待ち合わせの店に来た女性達は堪らなく色っぽく、いい女だ。

俺たちから軽く自己紹介を済せ、そして女性陣。

職業は2人共、美容部員のお姉さん。
さゆり(仮名)35 子持ちの人妻
みき(仮名)28 独身 彼氏なし



本社からの派遣で勤め先で着替える場所がないらしく、制服のまま来て、
「ごめんなさい」と言われたがビューティアドバイザーの制服がまたいい。

細身のスカートに少し濃いめのベージュのパンストが堪らない。
2人共うなじが綺麗で夜会巻きがセクシーだ。

まさに働く綺麗なお姉さん。

悪友Uは相変わらず良い仕事をしてくれる。
Uがみきをナンパしてこの飲み会が実現した。

Uはいい男な上に、…
浮気してるママ友に紹介された巨根男とのセックスに溺れる主婦の秘密体験
2015/12/17 07:10
2015/12/17 07:10
33歳の主婦です。
先日、ママ友に浮気してる彼氏の友人を紹介されました。
夫には不満はないんですが、ママ友にすすめられ、つい紹介をうけました。
一日目はママ友と彼氏と私に紹介してくれた彼とランチをして帰りました。
その夜、ママ友からメールがあり、あの後は彼と子供を迎えに行くまでやりまくったと言われ、私は「明日会うことになったよ」と言うと「しっかり楽しむんだよ。家族は忘れて」と言われました。
次の日、子供を送り彼に会いました。



ホテルに着くと彼は手を握ってくれエレベーターではキスをしました。
主人との正常位で入れて終わりの行為しかしてない私には新鮮でした。
部…
ネカフェで…口と指で逝った出会い系の女
2017/09/02 12:00
2017/09/02 12:00
     
  少しだけ年上のその女性は、くりっとした目の可愛らしい方でした。待合わせの駅で、メールと同じ服装の女性に思いきって、「あの、失礼ですけど…、な○さんですか?」と、声をかけると、「あ、はい、そうです…」と、恥ずかしそうな声でお返事が。「僕でよろしいですか…?」と尋ねてみると、「あ、はい…こちらこそ、私でいいんでしょうか…?」とのお返事。謙虚な女性だなあと感動しながら、駅から5分ほどの所にあるネカフェへ移動しました。 彼女は僕の以前の体験談を読んでくれたらしく、歩きながらも、そのことに…
★俺の逸物の自慢話を聞いてくれ
2016/02/14 14:46
2016/02/14 14:46
 上司と行った居酒屋で42才のバツイチ女と意気投合でホテルに行った。ソファーに座り缶ビールを飲みながら上司と女の絡みを見ていた。上司のチンポは多分10センチか11センチ。女が根元から握り先っぽがちょっと出るくらいの小さいサイズ、挿入後は2~3分で終了。

 女が「もう終わり?奥さんとも早いの?」と言うほど。上司は「いつも早い、5分ももたない。」と笑いながら言ってた。上司が「お前もヤらせてもらえ。」と言い、女を見ると「いいわよ。」と笑顔。服を脱ぎベッドに行くと、女は俺のチンポを触り始めみるみる勃起した。
「おっきー!」と女は目を丸くした。上司も「スゲーなあ」と俺のチンポを見ていた。女はフェラ…
エッチ教室
2015/09/25 15:01
2015/09/25 15:01
家の近くにテニスのクラブハウス兼物置があった。 いくつかの部屋に区切られていてトイレも中にありテーブルが1つありパイプ椅子が6つあった。 ここはいつも鍵が掛かってなくて誰でも入れるようになっていた。 小学校の近くでもあったので放課後は男子児童1〜6年までの小学生の溜まり場になっていた時もあった。 誰かが捨てられていたエロ本を拾ってきてそこに置いていたりもした。当時自分も5年生で女の子の体に興味もあった。 学校の帰りにそこにあった本を皆で見ていたりする事もよくあった。 ある日本物見たいと言い出した奴がいた。その中で妹が居る奴がいて今度見せてやると言い出した奴がいた。 次の日その時いた皆が集まりだ…
中学時代彼女の友達も呼んでフェラとセックス
2015/11/19 08:09
2015/11/19 08:09
646 :えっちな18禁さん:2011/11/06(日) 11:43:04.05 中2の時だけど ミキと俺は付き合ってて同級のヨウコとよく3人で遊んでた ある日ヨウコが兄のエロビデオ発見したからってことで観賞会 俺はギンギンになってミキとやりたくなったんだけど ヨウコもいるし我慢してたんだけど 布団にもぐらしてフェラだけしてもらってたの  だけどヨウコもいるし恥ずかしくてなかなかイケない俺 そしてミキが「疲れた~早くイってよ、アゴがはずれそうなんだけど」と出てきて ミキ「ヨウコ、タッチ交代して今のビデ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・痴漢専用車

・【熟女体験談】夫が病気で入院した時に義父に恋をして濃厚なSEXをする不貞主婦

・【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・

・■エロの中出しが好きな主婦です

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・拾った女子高生7

・とてつもなく可愛くてフェラ上手な24歳

・ママチャリ乗ったムッチリ巨乳若妻ナンパしたら簡単にやらせてくれた

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[後編]

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・JKの露出14

・初めての3Pは女友達とその友達とでした

・嫁が妊娠中だから仕方なく超スローセクロスしたら結果wwwwwww

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・【痴漢・レイプ】彼氏のこと犯したった その3

・私っておかしいですか?

・僕はいつも以上に大きくなったモノを・・・

・【衝撃】嫁がオナニーしてるのwwwww見てしまったwwwwwwww

・憧れの先輩の唇は男の人とは違う柔らかさだった

・営業に来た女性を口説き落として生ハメ

・妻子持ちの上司に処女を奪われた20歳のOL

・ビーチで埋まってる俺をJK3人組が囲んでイタズラし始めた

・【人妻体験談】密着状態の花火大会でヒップアタック責めの逆痴漢をしてきた子持ち淫乱痴女な他人妻

・【熟女体験談】寝ているところに自宅侵入され、輪姦レイプされた妻が何度も絶頂し快感の世界に酔いしれていた

・押しに弱いJKは、生理でも簡単にやらせてくれました

・部屋の鍵を抜き忘れて出掛けた隣のOL

・【驚愕】手●ンした指を女に嗅がせた結果wwwwwwwwwwww