寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】彼女の妹と友達

2018/06/14 04:21




僕が高校一年生の時の話です。
僕に人生初めての彼女ができました。
彼女の名前はあみとします。
彼女は背が小さく、かわいい感じの子でした。

僕も身長が低く(155位)回りからはお似合いだと言われていました。
付き合って半年になる頃、僕はまだ一度も彼女とセックスをしたことがありませんでした。
もともと、奥手なのでセックスはしたかったのですが、どうしても切り出せなかったのです。

ある日、彼女の両親が仕事で2人とも留守にすることになり、僕は彼女の家に泊まることになりました。
僕は今日こそ!という思いで彼女の家に行きました。しかし、それは悪夢の始まりでした。

僕はその日、彼女とたわいもない話をして、過ごしておりました。(はあ…今日も無理かな…)
密かにそんなことを考えながら、ゲームなどをしながら、彼女と過ごしていたのです。
しばらくすると、1階のリビングが騒がしくなりました。

「誰かいるの?」
「…妹」
彼女は少し怯えているようでした。
彼女の話によると、1学年下の妹は、中学でも有名な不良で、手に負えないとのことでした。

僕は少し不安になりました。はっきり言って力には全然自信がなくびびりだったので…
(男がいたらどうしよう…)
僕は内心びくびくしながら、聞き耳を立てていたのですが、どうやら女の子しかいないようで少し安心しました。

僕はあみと2人で部屋でゲームをしていたら、しばらくして階段を駆け上がる足音がしました。
ガラッ!
いきなり部屋の扉が開かれました。
「あ?、お姉ちゃん彼氏連れ込んでるんだけど!」
彼女の妹がでかい声で叫んだ。

「はぁ?、マジで?」
妹の後ろから2人の女の子が部屋に乱入してきた。
僕はあみの妹を見て少し驚いた。妹は顔はあみにそっくりだったが、身体はあみのふた回りは大きかった。そして、2人の女の子もあみはもとより、僕よりも身体が大きかった。1人は180近くあるように見えた。

「へえ?、ユカの姉ちゃんって小さいんだね!?」
「っていうか、彼氏も小さくね?」
「ほんとだ?」
どうやら彼女達は酒を飲んでいるようだった。
「ねえ、彼氏?、背比べしようよ?」
「え…」
僕はなんかめんどくさいことになりそうだなと思った。もともと人見知りなので早く部屋から出ていてくれないかなと、思っていました。

「ねえ、やめてよユカ」
あみは妹にびくびくした様子で言った。端から見たら姉妹が逆に見えるだろう。
「お姉ちゃんは黙ってて!」
あみはビクッと身体を震わせ黙ってしまった。

「ほら!」
僕は一番大きい女の子に強引にたたされた。
僕がたった時、顔の正面にちょうど彼女の胸がきた。
「ははは、ほらもっと近づかないと分からないでしょ!?」
「あっ!」
ぼくはユカに押され、大きい女の子と密着状態になった。

「きゃははは、超小さくね!?」
「あははは、かおりがでかすぎるんじゃないの!?」
「今度はあたしね」
ユカは僕の腕をひっぱり、自分の方へ引き寄せた。かおりほどの身長はないが
あみの妹も170センチ近く身長がある。当然僕より10センチ以上高い。
「きゃははははほんとだー、超ちいせえ!」
僕は不機嫌になり、少しむっとした。

「……は?何その顔。文句あんの?」
一番でかいかおりの表情が一変した。
僕は情けないことに、かおりの迫力に一瞬たじろぎ、ビクッと身体を震わした。
「きゃははは、彼氏ビビってんだけど!」
ユカともう一人の女の子が笑っている。

「ねえ、なんか文句あるのかって言ってんの!」
バシッ!
「っ!!」
あまりの衝撃に、初め何をされたか分からなかったが、僕はかおりに頬をはられたようだ。
「!!」
僕はかっとなり、かおりが中学生でしかも女の子ということを忘れて、飛びかかった。

「やめてよ?」
あみが叫んでいるのが分かった。
しかし、僕は簡単にかおりに受け止められてしまい。逆に強烈なビンタをもう一発喰らった。
パン!
きれいな音が部屋に響いた。僕は一瞬また動きが止まってしまった。

パン!パン!パン!
休む間もなくかおりのビンタが僕を襲った。僕はたまらず、うめき声を上げ床に伏せた。
ユカともう一人の女の子の笑い声と、あみの叫び声が聞こえた。
かおりはうつぶせに倒れた僕の髪の毛を乱暴に引っ張り上げ、上にのしかかってきた。
僕は身動き一つとれない。かおりの太ももが僕の両腕を完全にロックして、格闘技のマウントポジションのような形で僕は動けなくなった。

ググッ!
かおりは片手で僕の鼻をつまみ、もう一つの手で口を塞いだ。
「ふぅ?!!ふぅ?!!」
僕はあまりの苦しさに足をばたつかせたが、まったくかおりの身体は動かなかった。手は完全にロックされている。
僕の顔面は紅潮して、意識が遠のいた。
その瞬間、かおりが手を離した。
「ぶっはぁーー!はあはあはあ!」
「きゃはははははは」
女の子の笑い声と、恐らくあみの泣き声が聞こえる。

「僕はあまりの苦しさのため、涙目になっていた」
ググっ!
かおりはもう一度同じことをくり返した。
そして、また意識が遠のく瞬間に手を離す。
「ぶっっはぁぁぁーーー!!…わ、わーーわーん!!」
そうすることもできない僕は恐怖のあまり、泣いてしまった。
「きゃははは!彼氏泣いちゃったんだけど!?お姉ちゃん?彼氏中学生に泣かされてるよ?」
あみはもう一人の女の子に押さえつけられて、泣いていた。

「何泣いてんだよ!文句ある面してたでしょ!?」
パン!パン!パン!
まったく動くことのできない僕に、かおりは容赦なく平手を浴びせた。
「ぎゃあ?、わー!わーん!や、やめてー!わーー!!」
動けない僕は泣き叫ぶことしかできなかった。

「きゃはははは!!オラ!泣け!泣け泣けぇ?!!」
パンパン!パンパン!パン!パン!パン!
「わ??????!!わーーーーん!ゆるしてぇ?!」
かおりはいっそう激しく僕にビンタを浴びせた。
「ねえ、彼氏?アンタ情けなくないの?自分の彼女の前で中学生に泣かされてさ?オラ!泣け!泣き叫べ!きゃはははは」
パン!パン!パン!パン!
「ぎゃああー!うわぁぁ???ん!!」
「きゃははは、お姉ちゃん?彼氏超かっこわるいよ?」
ユカは楽しそうに姉に話しかけている。あみは泣きながらずっと俯いている。

グッ
かおりは僕の髪の毛を引っ張り上げて、立たせた。
「ねえ、なんなの?さっきのあの反抗的な目は?」
「ううう、ごめんなさい…許してくださいぃぃ」
「ぷっ、きゃははは、なにこいつ!?」
そう言うと、ユカとかおりは僕の服を脱がせてきた。

「や、やめてよーー!!」
僕は本気で抵抗したが、なす術もなく裸にひんむかれてしまった。
こともあろうに、僕のチンポは真上にそり立っていた。
「きゃはははは!ちっちゃいチンポ!お姉ちゃんこんなチンポで感じるの!?」
「ほらぁ、彼氏、恥ずかしいかっこうで彼女の前で精子ぶちまけなよ」
そう言うとかおりは僕の両足を持ち上げた。

僕はちょうど小さい子供が、おしっこをするときのような恰好でかおりに持ち上げられた。
「ううう」
僕は恥ずかしくて前を見れなかった。
「きゃはははは、ほら!彼女の方見なさいよ!」
ユカは僕の顔を手であみの方へ向けた。あみもまたもう一人の女の子に、顔を押さえつけられ、僕の方を見ている。

「きゃははははは!!ほらほらほらぁ?!」
シュシュシュシュシュ!
ユカはもの凄い勢いで、僕のペニスをしごいた。
「あああーーああぁぁぁあぁ???!!」
僕は情けない声で喘ぎ声を出した。ユカのもう一つの手が僕の顔を押さえ、あみの方を向かせている。

「ううう、やめて、やめてよぉ」
あみは泣いていた。
シュシュシュシュシュ!
ユカはさらに激しく僕のペニスをしごいている。
「ああ!!い、いく!い、いっちゃうぅ!い、い、いく!!」
僕のペニスは早くも我慢の限界だった。

「はあ!?もう!?お前高校生だろ!?きゃははは!」
「きゃはははは!うっそぉ?!自分の彼女の前で、彼女の妹に手コキでいかされちゃうの!?」
僕とあみは目が合った。
シュシュシュシュシュ!
「あぁぁぁぁーー!!!いくぅ!いくぅぅぅぅーーーー!!!」
ドピュドピュ!!ピュピュ!!
「あぁぁぁぁ」
僕がいく瞬間、あみは哀しみの表情で僕を見ていた。

「あああーーーーー!!!きゃははははは!!!はっや!!ちょううける!」
「きゃはははは!こいつ自分の彼女の目の前で、彼女の妹に犯されてんだけど!?」
「きゃはははははははは!!」
「おい!早漏彼氏!生意気な顔すんなよ!きゃはははは!」
笑いながら彼女達は部屋から去っていった。






「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 中学生姉妹手コキ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
※子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果2(転載禁止)
2017/10/19 11:11
2017/10/19 11:11
私は、もう疑いの目でしか妻を見られなくなってしまった。お腹の大きな状態で、あんなにイヤラシいランジェリーを身につけていた妻……。職場の上司と浮気をしているとしか思えない状況だ。

すると、ドアがノックされた。
『パパ〜。出たよ〜』
そう言って、ドアを開ける妻。私は、慌ててノートパソコンを閉じながら返事をした。
『パパ、おやすみなさ〜い』
娘も元気いっぱいに言う。私は、さっき見た動画が夢なのではないか? と、思ってしまった。我が家は、どう見ても幸せな家庭だと思う。妻が浮気するなんて、想像もつかない。でも、状況証拠は限りなく黒だと思う。

私は、重い気持ちのまま風呂に入った。今日、妻が…
芸者・奈津子【エッチ体験談】
2015/10/20 20:18
2015/10/20 20:18
ワシは若い時から芸者遊びを覚えてしまった。お客に料亭に連れて行かれたのが事の始まりだった。 そこで西川流の踊り手の奈津子と出会った。中々の日本的な美人でワシの好みにピッタリの女だ。 料亭には若いお客が少ないとみえ、若いワシは結構モテた。奈津子とデキたのは三ヶ月後の事だった。食事に誘い、何回か回数を重ねる内に奈津子は結構お酒を飲んでいた。 ほろ酔い加減の奈津子と芝公園を腕を組んで歩いた。しがみつくように身を寄せて歩く奈津子。 樹木の陰でワシは奈津子を抱き寄せてキスを繰り返した。奈津子に抵抗は無かった。暗闇の中で暫く抱き合ったままだった。 酔いが回ってる和服…
不倫相手が初めて潮吹きしたらしくビックリしてて可愛かった話
2017/08/25 12:02
2017/08/25 12:02
りさとクリスマスに会う約束をして1週間。

クリスマスまで待ちきれずに、りさにメール。

勿論、りさからもOKの返事。

デートの約束を取り付ける。

朝、仕事に出かける時、妻には、

『今日は3連休の前だし、仕事が忙しいから多分、帰れないと思うよ』

と伝えておく。

今日の仕事が終わるのが待ち遠しい・・・。

実は早くりさを誘ったのは、

ちょうど、生理が終わった日を狙っての事だ。

夜、りさと会い、最初は食事でもと思っていたのだが、

休み前でホテルも混みそうだし、

コンビニで弁当を買って、ホテルに。

まずはホテルでりさに、

早めのクリスマスプレゼントを渡す。

少女のような聖母と
2017/02/28 15:01
2017/02/28 15:01
大学に無事合格し1人暮らしを始めることになった年、母との関係が始まりました。 母は、小柄でおとなしそうな女性です。パッと見少女のように見えます。健康なのですが病弱そうに見えるほど色白です。 俺が小学校の時に親爺の浮気で離婚し、それ以来2人きりの家族です。小さいながらも持ち家があり、慎ましく生活していました。 学費の方は心配しなくて良いからね。贅沢はできないけどと常に言っていました。母が学費の話を度々したのは、俺がそれなりに優秀であったためと思います。 田舎の県の地方都市の公立中とはいえ常に1番の成績であり、県で一番の進学校に進みたいと言っていました。その高校は家から2時間ほどの所にあるため通う…
同僚はセフレの女医
2016/08/24 12:00
2016/08/24 12:00
俺は医師だ 同じ年齢の女医が 医局にいた。ある日 医局にのこって 仕事をしていると すぐ横で 女医が紹介状や 診断書を書いて 印鑑をおしている。そ~~と見てみると 「私は 仕方がないと思って 今書いている書類を 扱っているの」 と 言いました。続きを読む
叔母は私のペニスを握ると足を開いて跨がった
2017/07/03 22:49
2017/07/03 22:49
私が中学2年生の夏休みのことだった。 父のすぐ下の妹(私には叔母)の家に泊まった時のことだ。 私は父親に頼まれて、海外旅行のお土産を叔母夫婦に届けに行った。 当時、叔母達は30代後半くらいだったと思うが、叔母には子供がなく、私たち兄弟は小さい頃からよく叔母の家に泊まりに行っていた。 だから叔母とは、親戚の叔母さん以上の間柄に感じていた。 叔母も自分の子供のように可愛がってくれていた。 お昼過ぎに叔母の家に着くと、「よく来たね、入りなさい」と叔母が言った。 叔父は出張で3日後に帰ってくるとのことで留守だった。 叔母から、「暑かったでしょう、お風呂で汗流しなさいよ」と言われ、私はち…
覗かれる妻~裕子の決意~
2018/03/02 23:31
2018/03/02 23:31
「あ~、うちの店もこれくらい  おいしいもの出さないとやっぱり駄目よね~」有機栽培された食材を使用した 週替わりメニューが売り物の小さなレストラン。 そこでランチを食べながら、 裕子は友人にそう話しかけた。今週のランチ、 「シンガポール風チキンライス」 を注文した2人は、 チキンの茹で汁を使って炊き上げたご飯を 堪能しているところだった。「でも、レストラン  というよりもカフェなんでしょ、  裕子さんのところのお店は」裕子と食事を共にする友人、珠代は、 テーブル越しに裕子を見つめ、 微笑みながらそう声をかける。長女が通う幼稚園で知り合った裕子に 初めてランチを誘われ、 珠代は駅前の裏通りにオー…
締りのない人妻のぬるぬる穴に生入れ
2017/04/16 14:16
2017/04/16 14:16
703 :えっちな18禁さん :2014/09/08(月) 20:52:52.07 バイトで知り合った47歳の人妻とやった。 スタイルはいいが胸無し 最初はそんな気なかったけどお泊りしたらそんな雰囲気になって 体寄せ合っていくうちに唇が重なった キスするだけでものすごい声が漏れていた 下を確認したらもっと漏れていた 体は正直だねと声をかけたらおれの息子を触られてあなたもよと その言葉にやられて一気に性欲が最高潮になった 初めての人妻の体だっただけに下の緩さにはびっくりした いつも以上に絞まりはないがぬるぬる感がハンパじゃない 当日はゴムがなかったため生入れ外だしだった …
【近親相姦体験告白】姉にしてやれなかった事
2017/11/27 23:46
2017/11/27 23:46
隣の部屋から笛の音色がする。 姉が下手な笛で『翼をください』を繰り返し吹いていた。 姉の部屋に入り 俺「姉ちゃん、もう遅いし、笛吹くのやめたら?」 そう言うと、 姉「もうちこっとぉ」 床に座っていた姉は、笛を口にくわえ上目使いで謝ってきた。 数分後、笛の音色は途絶えて、俺も、いつの間にか寝ていた。 次の日、学校へ行き、朝のホームルームが終わると、突然姉が俺の教室へ入ってきた。 姉「ごめ〜ん。笛家に忘れて来たから、貸してよぉ」クラスの数人がこちらを見て、クスクス笑っている。 俺「な、なんでだよ。いやだよ。」 恥ずかしくて逃げたかった。 姉「今日、笛のテストなのぉ。お…
派遣の登録に来た清楚な女性を無理やり犯して中出しした体験
2015/11/16 02:17
2015/11/16 02:17

俺は30歳、独身。

派遣会社のマネージャーをしているが、

先日、派遣の登録に来た女性は、20代後半で大人しく、

清楚な感じで男との経験が少なそうな感じの女性だった。

隠れ美人タイプだったので登録に来た時から目をつけていた。

会社に自分以外の人が来ない時間を見計らい、

彼女に「紹介したい仕事があるから会社に来てくれ」と呼び出した。

そして彼女を会社の一室に連れ込みいきなり押し倒しキスした。

彼女は驚き抵抗したが「大人しくしてれば仕事紹介してやるよ。 今はなかなか仕事見つからないだろう?」と脅した。

もちろん、紹介してやれる仕事なんてない。

それでも…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・完堕ちした美しい人

・あいつのSOS

・【痴漢】痴漢が触りやすいようにお尻を少し浮かせた

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・女が淫乱になる理由について

・パチンコで負けた巨乳ギャルとカーセックス

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・男の理性を保つのは難しく崩壊すのは簡単

・夜に彼女と連絡が取れない時間がある

・【人妻体験談】職場同期入社として知り合った人妻と仲良くなり焼き肉に誘った後、立ちバックで犯し最高の一日を過ごした

・【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

・【熟女体験談】帰りにグラマーなパートのおばちゃんと出会い、車の中で正面座位の格好でカーセックス

・妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた(オリジナル 転載禁止)

・・・・妻はヤクザを拒む事は出来ないと悟った

・小学校の挨拶登板に行く途中襲われました

・【乱交】男たちに弄ばれているという恐怖も怒りも忘れて

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・人妻もアレの快感が忘れられないのかな

・家庭教師のバイトに行ったつもりが、まさかの展開になり、、、。

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・義父と嫁のセックス 06

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX

・乗り合わせたタクシーの女性運転手