寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

ボロボロになるのがわかっていてもやめられない不倫

2018/06/14 01:03


今日は彼、河村さんと初めてSEXした時のことを書きたいと思います。
「飲みに行かない?」と彼から誘われて、何度かケータイでやりとりして、次の日の仕事を気にせず飲めるよう、お互いの休みを合わせて、その前日の夜に飲むことにしました。
そして当日の夜。



家でお迎えの電話を待っていると、「下に着いたよ」と彼からのTEL。
急いで外へ出ると、向こうの通りから彼が私に手を振っているのが見えました。
車の通りの合間を縫って、私も向かい側へ・・・

「遅くなってごめんね。お腹すいたでしょ?」
「うん、もうぺこぺこ。早く行きましょ」
と、彼の車に乗り込みました。

「今日、すっごく楽しみにしてたんだよ」と河村さん。
「私もですよー」とおしゃべりしながら、一軒目は居酒屋へ・・・そこでは仕事のこと、お互いの家庭のことなどを話しました。

「もう一軒行こうよ」と誘われ、今度はバーへ。
ところが居酒屋では口数の多かった彼が、バーでは一転無口に・・・

そしてバーを出ると、彼が「夜景でも見に行く?」と聞いてきました。
「・・・はい」と頷く私。

車を数分走らせ、目的地について、車を降りて二人で歩き始めたところ、「暗くて危ないから」と、彼が手を出してきました。

「あ、大丈夫ですよ」と、手をつなぐ恥ずかしさもあって、一度は断わりましたが、彼がもう一度言うので、あんまり断わるのも失礼かなという気持ちと、折角の彼の好意だからと素直に受けることにして、彼の手をとりました。

夜ももう0時を回っていたと思います。辺りが真っ暗な中で私と河村さんの二人きりでした。

二人でベンチのようなとこに並んで腰掛け、時折会話をしながらボーっと景色を眺めていました。

ここでも彼は無口で、(河村さん、怒ってるのかな?私何か失礼なこと言ったかな・・・)と考えると、私まで無口になってしまいました。

と、その時、彼が私の肩に手を回し、私は彼に引き寄せられ、彼にもたれかかるような格好になりました。
(えっ!?どうしよう・・・河村さん、酔ってる!?)

でも、手を払いのけるのも何か悪いし、それにこういう経験ないって思われるのも癪だったので(まぁこのくらいはいいか・・・)とそのまま彼に寄り添っていました。
彼は抵抗しない私を見て、OKと思ったのか、私にキスをしてきました。

びっくりした私は、どうしていいか分からず、彼にされるがままになっていると、彼は今度は舌を絡めてきました。

彼の口からはほのかなお酒の匂いがしました。そして抱きしめられた彼の体は、逞しくて、熱かったのを今も憶えています。
彼に「男」を感じた私も、夢中で舌を絡めました・・・


帰りの車の中では、私は彼を意識してしまって、まともに河村さんの顔を見れず、窓越しに外の景色を眺めていました。

だけど、段々私の家が近づくにつれ、(もっと一緒にいたい・・・)と思うようになりました。

彼はそれを察したのか、私の家の前を通り過ぎ、人気のない裏手の路地に車を停めました・・・

「もう疲れた?」
「ううん、大丈夫」

そう答えると、彼は再び私にキスしてきました。
そして手は、私の胸へ・・・
「おっぱい、大きいね」

内心ドキドキしながらも、(キスしちゃったし、触られるくらいはいいか・・・)と思っていました。

私の座席のシートを倒した彼は、運転席から助手席へ移ってきて、上から私を見つめました。
そして彼の手が私の下半身へ伸びて来ました・・・

「あっ!!おっぱいはいいけど下はダメ!!!」とっさに彼を拒絶しましたが彼の耳には入らないようでした。

キスをして胸まで触らせた私も私ですが、お互い家庭があるし、これ以上は許せない、と理性が働きました。

「ダメだよ、こういう関係は・・・」
「大丈夫、そう長くは続かないし、オレ、今までもパートの女の子とかに手出してるから・・・」彼が静かに言いました。

(なーんだ、私だけじゃないのか。今日誘ったのも体目当てか・・・)
彼に下心があったと知って、正直今まで彼を「いい人」と思っていた自分が馬鹿らしくなってきました。
(私も軽く見られたもんだな・・・彼の本性も知ったことだし、なら私も本性出してもいいか・・・)

実は独身時代、結構遊んでいたことと、ホントはSEX大好きなことを彼に伝えました。

彼は自分のジーパンを下ろし、おちんちんを出しました。
「大きい!!」
思わず私は言ってしまいました。

「長いだろ?」
「うん、長い・・・。触ってもいい・・・?」
「うわっ!やっぱり大きい!こんなに大きいの初めて見る。でも私、入れるとき痛がっちゃうからこんなに大きいの入らないよ・・・無理だよ・・・」

「舐めて・・・」彼が言います。


私は恐る恐る彼のを口に含みました・・・。大きすぎて、口の奥まで入れることが出来ません。
しばらく彼のおちんちんを舐めていると、彼の吐息が聞こえてきました・・・

私が舐めるのをやめると、彼は再び助手席へ移動してきて、私の服をたくし上げました・・・そして手を後ろに回し、ブラのホックを外しました・・・あまりの手際のよさに、(この人かなり遊んでるな・・・)と思いました。


そして私のおっぱいを凝視して、「綺麗・・・色白いね・・・透き通ってるよ」と私の肌に感激しているようでした。

そういえば居酒屋でも、「肌白いよね・・・」
「私、子どもの時から肌弱いから、あんまり日光とか当たらないから」
「そうなんだ。オレの奥さん、色黒いんだ」
「そうなんだ・・・」というやり取りをしていたのでした。

そして彼におっぱいを揉まれ、乳首をクチュクチュ舐められます・・・
「あぁん、気持ちいい・・・」
おっぱいをいじりながら、彼の手は私の下へ流れていきます。ジーパンの上から股の間に手を入れてきます。

「ジーパン脱いで・・・」と彼に言われ、私はジーパンを下ろしました・・・
彼は今度はパンティーの上から私のおまんこの入り口をなぞったり、クリを刺激してきます・・・

「あっ、あぁ、熱い・・・」

「結構濡れてるね」そういうと彼は手をパンティーの中に入れ、直に触ってきました・・・

「はぁん、気持ちいい・・・もう欲しくなっちゃうよ・・・でもこんなに大きいの無理、入らないよ・・・痛いのイヤ・・・」

「力抜いて・・・」
彼がグッと入ってきました・・・


「何これ・・・!?すっごい気持ちいい・・・痛くないよ・・・」
あまりの気持ちよさに私も必死で腰を振りました・・・

「あん、あぁ、はぁん・・・こんなに気持ちいいの・・・初めて・・・」
もう頭の中は真っ白でした。
車体が揺れるほど彼も激しくピストンしてきました。

「イヤ、ダメ・・・そんなに激しくしたら桃、壊れちゃうよ・・・」泣きそうな声で言いました。

「かわいい。もっと感じて。声出して・・・」
私は久しぶりのカーセックスを堪能しました。

こうして人目を忍んでの彼との密会が始まりました・・・。
奥さんにも、会社の人にもバレずにこうして関係が続いたのは、彼がこういうことに手慣れていたからだと思います。

そして現在。
一度私の「気持ちが重たい、好きという感情を持たれるのは迷惑。気持ち持ったら、もう会いに来ないよ」と突き放されたこともあり、その後も何度か関係がギクシャクしたこともありましたが、お互い離れられずに今も逢っています・・・

子どもももうすぐ2歳。
(そろそろ私の家での情事も潮時かな・・・)と、私なりに関係が終わるかもしれないと覚悟して、先日彼にそう伝えたところ、「これからのことは二人で考えていこう」と思いがけない返事が返ってきました・・・

始めは興味本位で始めた関係だけど、いつしか彼とのSEXにはまってしまい、気づいた時には彼を手放せなくなってしまっていました・・・

私の気持ちが大きい分、彼とホントに終わる時は(私はボロボロになるんだろうな・・・)そう思いながらも、「桃が嫌にならない限り、オレは逢い続けるよ」
(嬉かった・・・)

嘘でもそう言ってくれた彼を、今は信じるしかないし、信じたいと思います・・・















  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
寿退社することになった佐藤さん
2015/09/12 07:31
2015/09/12 07:31

当時、俺は入社2年目、相手は3つ先輩の営業事務。

当時勤めてた会社は関東に幾つか拠点があり、その中でも「◯◯営業所の佐藤さん(仮名)」と言えば、誰でも名前を知ってるくらい綺麗な人だった。
割りと上品ぽい雰囲気で、目立つような派手さは無いが、話し掛けると後輩にも笑顔で優しく接してくれた。

俺は当時学生の彼女が居たが、飲み会とかで誰が好みか議論になると・・・。

「俺は断然佐藤さんがいい!」
「じゃあアタックしろよ、絶対無理だから」
「えー、そうかなー」

・・・とか言って楽しんでた感じ。
恋愛感情には至らなかった。
その話は本人にも伝わったけど、実際は彼氏いたし、まぁ俺もた…
寝取られスキーには、なれなかった【寝取られ体験談】
2017/02/04 15:10
2017/02/04 15:10
僕はもともと若妻が犯されて堕ちちゃうみたいな筋のフランス書院文庫なんかが好きで、自分ではちょっと変態だオレ、ふふふ、とか思ってた。
今で言う寝取られスキーですね。

高竜也先生の「兄嫁28歳」が愛読書で…。
そんな妄想一筋、生涯一童貞の道を突っ走ってた僕だが、社会人になって、ようやくカノジョができた!

そりゃもう有頂天さ!
だが、待っていたのは地獄だった…。


カノジョは、ウチの会社の外注さんで駆け出しグラフィックデザイナー。身長は150cmあるかないかで、顔や体型は島崎和歌子みたい。デブじゃないが、二の腕や肩なんかの筋肉が逞しくて、ミッチリ詰まってる感じ。

でも肌は鼻に小さな雀斑が浮く…
【人妻体験談】同じマンションの人妻を中出し奴隷
2017/08/14 18:47
2017/08/14 18:47
私には、以前から中出し奴隷がいます。 単に私はラッキーで、相手に恵まれただけ、だったのでしょう。 奴隷を作るにあたって一歩間違えば、人生を棒に振っていたと思います。 相手は32歳N美。 見た目、桑波田理恵を可愛くした感じで、体型はけっこう貧弱系、きっと一般的には、けして美人ではないでしょう。 N美は、私が引っ越した時には、既に入居していた一家で、私と同じマンションに住む、旦那と子供の三人暮らしの人妻です。 先に述べた様に、美人でもスタイルが良い訳でも無い訳ですが、押しに弱く、なし崩しに押さえ込み、強引に口説けば落ちるタイプの女、顔だちも私の嫌いなタイプではなかった事も有り、い…
しぶしぶ他人棒を受け入れた妻が、チョー本気になってしまった
2016/08/19 13:00
2016/08/19 13:00
今から6年前、他の男に妻を抱かせたい欲望が日に日に募り、妻にそのことを言うと断られたが諦めきれず、SEXの最中に何度も何度もお願いした。
ある日SEXの最中に妻が逝きそうになるとチンボを抜いてお願いしたが、いつも通り初めは駄目だったが、4回、5回繰り返すと初めて根負けし渋々了承した。善は急げで取合えずチンポを射した状態でテレクラに電話をさせた。


出たのは20才の吉沢君だった。

恥ずかしそうに妻が話し始めた。

吉沢:こんばんは、初めまして

妻:こんばん・・・・わ

吉沢:20才の学生だけど良い?

妻:・・・はい、初めて電話するのどうすれば良いのか判らなくて…
田舎の道の駅で出逢った本上まなみ似の可愛い子との体験【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/20 12:57
2017/10/20 12:57
彼女と別れました。 それもクソ忙しい会社で休暇申請が認められた直前に。 バイクに二人乗りして温泉巡りをしようって計画してたんですけど、パーになりました。 楽しみにしていたツーリングは、タンデムシートが空いた傷心旅行になっちゃいました。 夜中の国道4号線を北上した。 バイパスの流れは速く、渋滞もない。 夜明け頃に仙台を過ぎ、眠気もひどくなってきたので、道の駅に飛び込み、広い駐車場の端っこにバイクを停めてゴロンと横になった。 ひんやりした空気が疲れと眠気を癒してくれる。 ヘルメットも脱がずに、バイクの横でそのまま目を閉じ、仮眠を取る。 30分くらい眠ったろうか。 日は完全に出て、暑さを感じる。 …
お互いの性器をいじりっこ【エロ体験談】
2017/10/04 08:22
2017/10/04 08:22
年末の忘年会の話をします。
友達に、「鍋忘年会してるから、今からうちに来い」と誘われました。
もう10時すぎだったし、めんどいと思ったけど「すげー美人きてる」と言われたんで速攻いきました。
 
友達の家につくと、友達とその彼女、ほかに女の子が三人。
正直レベルはそこそこ。
でもひとりだけ可愛い子を発見。
この子が友達の言ってた「すげー美人」だろうと一目でわかりました。

美人というより、丸顔で可愛い系。
芸能人でいうと深○恭子。
笑顔が可愛くて、優しそうで柔らかそうなタイプです。

さりげなく隣に座って、いろいろと聞き出しました。
年はひとつ下の24歳。
彼氏いない歴三ヶ月。
好きなタイプは…
★会社の送別会や送迎会の飲み会はエロチャンス
2016/01/21 17:43
2016/01/21 17:43
 昨日早々と転勤者の送別会が同じ課の男女8人、男5人女3人で赤坂の焼肉屋で開かれた。一次会はま~普通にお開きになったんだが、二次会のカラオケに女2人と俺ともう1人の4人で行ったんだ。その一緒に行った女2人にちゃんぽんでガンガン酒を飲ませた頃から、雰囲気が怪しくなってきた。

 女2人はそれなりの子で、俺好みの女の方に「俺今日は○○ちゃんを口説いてみたいんだ」って言ったら「え~ダメですよ~」とかなんとか言いながらまんざらでもない様子。一緒の同僚に目くばせすると、奴も心得たもんでもう一人の彼女を口説きにかかった。
「○○ちゃんは彼氏いるの?」知ってはいたがあえて聞いてみた。
「え~いますよ~」…
【泥酔】花見でナンパしたFカップの女子大生
2016/01/01 09:44
2016/01/01 09:44
1911日目の17sageNew!04/03/2914:53ID:5ZMHmaE9 では、始めさせて頂きます。駄文ですがよろしくお願いします。 あれは去年の花見での出来事です。 ♂3人(俺、A、B)で純粋にナンパ目的で某花見会場に向かいまいした。 俺達は高校からの付き合いで、その時は3人とも大学生3年でした。 途中、酒屋でビールや日本酒、つまみを買いそろえ下準備はOK! で、会場につくが無論、場所取りなどは一切無し! 缶ビールを飲みながら会場をぐる?と一周。♀だけのグループを検索、捜索。 すると会場の隅の方に♀4人組発見! 2211日目の17sageNew!04/03/2914:55ID:5…
いつもの駅で降りると
2018/08/24 23:01
2018/08/24 23:01
いつもの駅で降りると改札の前でふらふらあるく女。 会社帰りに飲んで来たんだろうなぁと一瞬で分かるいかにもOLな格好をしてる。 髪はロング…だけど、ちょっと乱れてたかな。 「あぶねっすよ。」といいながら体を支える。ややぽちゃ…デブではない。むにって感じ。 『あ…』と一言言って頭を軽く下げて拒否しない。 「どこいくの?」『ちょっと駅から離れてタクシー…』「あ?んじゃ途中までご一緒しますよ。」 ということで、がっちり腰に手をまわして反対の手で手を握り歩きはじめる。 舌足らずで『ありがとねぇ?…』とか。いい感じで酔ってるなぁと。 歩いている途中数代タクシーが過ぎたけど勿論無視して歩く。 話してるとお…
【人妻体験談】妹の彼氏と・・・
2016/09/13 12:02
2016/09/13 12:02
「少し、やつれたかしら……」 優良は、鏡に映る自分の顔をのぞきこんだ。 夏の昼下がり、寝室の鏡台には、浴衣姿の優良が映っている。 紺の浴衣をぱりっと着込み、長い髪はうしろにまとめあげられている。 おろしたての浴衣の襟元からは、成熟した女の色気が立ち上ってくるようだ。 今晩は、近所で花火大会があり、夫婦おそろいで浴衣を着て、見物にでかけようということになったのだ。 すでに、遠くのほうから、心が浮き立つような祭りの太鼓の音が風にのって聞こえてくる。 だが、一週間前の出来事を思い出すと、優良の表情に、暗いかげがよぎる。 一週間前、優良は、真もいる自宅で、妹の恋人に無理矢理犯されてしまったのだ。 さ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・冬季オリンピック特集

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・週末にクッソエロい体験したから話す

・おまけ

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・中国マッサージ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス