寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

工業高校の臨時教師がめちゃ可愛いロリ系だった

2018/06/14 00:05


高校が工業高校だったんでほとんど野郎ばっかのムサイ学校。
ある日、社会化担当のおっさん教師が怪我とかで入院したから、復帰するまでの間、代わりの先生が臨時で赴任してきたんだけど・・・
27とゆーわりにはどーみても10代だろ!っつーよーな女性教師Nさん。




背もちっさくて、めちゃくちゃ可愛い!みんな大喜び!
ヤりたい盛りのクセして、まだ女の子とまともに付き合ったこともないオクテな俺は、その先生の授業を受けるのが楽しみなだけでした。

そんなある日。
自転車通学な俺が放課後自転車置き場へ向かっていると、N先生とバッタリ。

「あ、先生さようなら(うっわー、向かい合って話するの初めてだよ!)」
「U君今帰り?部活とかしてないの?」
「はい、バイト頑張ってるんで帰宅部なんです。そう言えば先生、生徒の名前なかなか覚えられなくて大変だって授業で言ってませんでしたっけ?ちゃんと覚えてるじゃないですかー(名前覚えてくれててうれしー!)」
「頑張ってるもん!それにU君って可愛いからすぐ覚えちゃったよ♪」
「え・・・・またまたそんな?(ま、まじ!?)」
「やっぱ可愛いなー♪じゃあね、バイト遅刻しちゃダメだぞ!」
「はーい(どきどき)」
とぶんぶんと手を振って去っていくN先生。
明るい人だし他の生徒にもあんな調子なんだろうと思いつつも、その後は幸せ気分で一杯でした。


引っ込み思案な俺はその後N先生に話しかける様な場面はなく、自転車置き場でバッタリ会う様な事もなくて、日々は過ぎていくんだが・・・いつまででもいる訳じゃないN先生。オヤジ教師が復帰するまでの先生。よくある話で女性教師への憧れは憧れで終わるんだと思ってた。
そしてまた場面は自転車置き場。

「あら、U君さようなら。今日もバイト?」
「あ、今日はバイトない日なんですよ。駐車場の方向に向かってる先生は今帰り?」
「うん、臨時教師って結構暇だからね?、すぐ帰っちゃうの」
と俺は自転車押しながらN先生の横歩き出す。

「先生の車って、アレ?パジェロじゃん、かっこいー!乗ってみたいー!」
「そう?じゃドライブしよっか?」
「え!?」
「だって乗ってみたいんでしょ?」
「そりゃそうだけど・・・本当にいいの?」
「いーよ?でも学校から二人で出て行けないから・・・スーパー裏の駐車場で待ち合わせだからね?」
「うん、じゃあ行く!」

思いもよらず、降って沸いた急イベント!
天にも昇る心地で自転車のペダル踏む速度はいつもより早く、俺はスーパーへと急いだ。
そして待ち合わせ場所で俺は先に着いていた先生のパジェロを見つけた。

「せーんせ?」
「あ、思ったより早かったね?♪」
「そりゃ毎日遅刻スレスレまで寝てて、全速力で自転車漕いで登校してるから鍛えられてるんですよー。」
「ホント?凄いねー!でも事故ったら危ないから早起きしてゆっくり来ないとダメだよー、さ、早く乗った乗った♪」
「じゃあお言葉に甘えまして失礼しまーす。あ、制服の上脱いでおきますね?」
「あ、ウン・・・なかなか気が効くじゃん?」
「勿論!こんな事もうないかもしれないし、なるべく目立たないようにしておきたいもん。」
とか話しながらドライブは始まった。

俺はどちらかと言うよりハッキリ言って無口な方なんだが、相手の誘導が旨いのか俺が舞い上がっていたのか、会話は盛り上がりながらパジェロは隣の市と続く山道を越える定番ドライブコースを走って行く。

「・・・でもまさか先生がドライブに誘ってくれるとは本当に思わなかったなー、男子校みたいな所に居て生徒に対して警戒してるとばかり思ってたもん。」
「アハハー、そんな事ないよ?」
「だって、女の先生って男子生徒からモテモテなのはお約束じゃん、告白とかならいいけど、思い余って襲おうとする生徒もいるかもよー?」
「あー・・・うん、そういうのは困るなー。でもそこまで思い余る生徒って滅多に居ないと思うよー」
「その滅多がありえたら怖いじゃん?脅かすつもりはないけど、ちょっとは警戒した方がいいんじゃないかと思うなー。」
「考えすぎだよー。いちいちそんなの気にしてたら先生やって行けないよ?」
「うーん・・・それもそうかー」
「でも、心配してくれてアリガトね?私の事気に掛けてくれるんだ?」
「え・・・そ、そりゃ」
と赤くなってしまうウブウブだった俺。そうしてパジェロは目的地の港へと着いた。

「海からの風って気持ちイイー♪あ、自販機あるからコーヒーでも飲もうか?」
「じゃ僕奢りますよ、伊達にバイトで稼いでませんからね」
「お、男前な事言うじゃん。じゃあ奢ってー♪」

まるでデートだなと内心ドキドキだったんだが、もう夕日も沈み始めてもと来た道をパジェロは走り出した。

「・・・もうじき社会のK先生退院してN先生辞めちゃうんだよね、寂しくなるなー」
「そんな事ないよ、彼女がいれば寂しくなんかないでしょ?」
「彼女なんて居ないよ?出来るかどうか・・・」
「うっそだー、U君可愛いもん、私が同い年だったら放っておかないよー」
「え!?・・・僕も先生みたいな人が同級生だったら放っておかないよ?」
「本当?じゃあ同じ年じゃなかったら彼女にしてくれないの?」
「えええ!?そ、そんな事ないと思うけど・・・先生彼氏いるんじゃないの?」
「それがいないんだなー。U君の事、可愛いからすぐ名前覚えたって前に言ったでしょ?」
「うん・・・」
「本気ですっごい可愛いって思ってるんだよ?」
「で、でも、僕背低いし、ずっと背が高くてハンサムな生徒とかたくさんいるよ?お気に入りの生徒とか他にもいて、告白されたりとかされたりしてるんじゃないの?」
「告白はされてないし、お気に入りは他にもいるけど、一番可愛くて好きなのはU君だもん」
「ぼ、僕可愛くなんかないよー」
まさか、そんなハズはない、嬉しいけど信じられない!

思わせぶりな先生の言葉に今までの和やかな雰囲気はどこへやら、すっかりテンパる俺。
ドライブの誘いがあった時から感じていた現実感のなさが急激に強まり、居心地の悪さを感じ始める。

「せ、先生、生徒からかっちゃダメだよ?。」
「・・・迷惑?」
「め、迷惑じゃないけど・・・」

山道を走っていたパジェロがパーキングエリアへと止まる。そして近づいてくるN先生の顔。俺は先生から目がそらせないで居た。

「今すっごくU君とチューしたい。ダメ?」

どアップのN先生の顔。息が詰まる。やっとの事で声を絞り出す俺。

「ダメじゃない・・・」

そして重ねられた唇。何故か俺はその時、ファーストキスの感触よりも、車の中で聞こえるウインカーの音の方が気になっていた。
触れるだけのフレンチキス。頭が真っ白になってる俺から先生は唇を離した。

「キスしにくいよ、顎出して唇ちゃんと重ねないと」
「あ・・・ごめんなさい」
「じゃあ、もう一回するよ?」

今度は言われたように顎を出す。さっきよりもしっかりと押し付けられてくる唇。
この後どうしていいのか分からずにいると、先生の舌がにゅるり、と中に入ってきた。
なすがままに貪られている俺。初めての気持ちよさにぼーっとしていたが、このままじゃいけない、と僅かなプライドに押され、先生の舌の動きを懸命にトレースし、舌を絡め合う。
どれくらい時間が経ったか、先生の口が離れていって、俺は何も考えられずに居た。

「・・・U君、キスしたの初めて?」
「うん・・・・」
「すっごく頑張ってたね、先生気持ちよくなっちゃった♪」

我に返ると、もう外は夕暮れを過ぎて暗くなっていた。

「ねぇ・・・バイトって夜やってるんだよね、帰りいつも遅いの?」
「え?ああ、うん、居酒屋だから店は11時までだけど、高校生だからって10時になると帰らされてるけど・・・どうして?」
「じゃあ10時まで先生に付き合って?」
「え・・・?う、うん」

鈍感な俺だけどこの状況で先生が何を望んでいるか分からない程馬鹿じゃない。
そしてパジェロはまた走り出した。
山沿いの道に沿って立っているラーメン屋に連れられてラーメンを食べた。好物の味噌ラーメンを頼んだけれど、味なんてちっとも分からなかった。

そしてまた山道を走っていると、見えてくるラブホテル。
親の車で何度も通っている道だからその外観には見覚えはあったけど、まさか今日中に入るとは夢にも思わなかった。

先生が部屋を取って、俺の手を取って部屋へと進んでいく。
憧れの対象でしかなくて、まともに話す事がなかった俺は先生の掌の熱い感触にまだこの状況が信じられないで居た。

部屋の中に入ると、土曜サスペンス劇場で見るようないかにも、という雰囲気ではなくお洒落な部屋。
俺の部屋のベッドよりずっと大きいベッドに先生が座ると、俺に向かって両手を広げ「おいで♪」と可愛らしく言った。

そのポーズと言葉に胸がきゅーんと痛くなり、その胸に飛び込むとそのまま先生を押し倒して、今度は俺から唇を重ね、舌を入れていった。
夢中で先生の唇と舌を貪り、息が苦しくなってようやく口を離すと、先生がおでこを俺のおでこを俺のおでこに軽くぶつけてきた。

「ちょっとー、キスに専念してくれるのはいいけど、苦しかったよー?」
「ご、ごめんなさい・・・」
「でもすっごく興奮したから許してあげる♪」

そして今度は先生からのキス。俺はオヤジが隠し持ってるビデオで見た様に、口からちょっとずつ場所をずらしていってキスを続け、首筋を舐め上げてみた。

「ひゃ・・・」
「気持ちイイの?」
「うん・・・続けて・・・」
そして耳へと唇を移し、その耳朶を丹念に舐めてみる。

「あぁ・・・」
と言う…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【羞恥体験談】会社の会議中におもらししちゃった私の話
2018/07/27 02:02
2018/07/27 02:02
毎週行われている課の会議での話。

私はホワイトボードに意見等をまとめながら書いていました。

だんだん会議が盛り上がり、意見が次から次に出だすと、

私はマジック片手にパニクっていました。

実は前日から膀胱炎ぎみでした。

ほんのわずかの尿でもいきなりにょう意に襲われ、

我慢できずにトイレに駆け込むことが何度かありました。

その時も、アッと思った時にはすでに漏れそうな状態でした。

それでも五分は我慢したと思います。

だんだん文字も下手になっていきます。

いつもより緊迫した空気の会議、意見が落ち着くのを待っていたのに・・・。

一瞬チョロっと漏れました。

「アッ!いやー!・・…
高校生の従姉に中出しするきっかけ
2016/06/23 08:42
2016/06/23 08:42
中学の夏休みに遊びに来た、1歳年上の従姉のミキちゃんに

宿題を教えてもらいながら、キスからエッチに挑んだけど

余りの興奮でチンポが暴発した。

そこで「もう少し大人になるまで待って、

成績が良くなったら高校生の時に続きをしよう」と

従姉が約束してくれた。 それは当時勉強が出来なくて成績の悪かった俺を

やる気にさせる餌だったと思う。

その後、進学高に合格した時は先生も親も驚いていたし、

エロパワーの凄さに俺自身が一番驚いていた。

そして、あの日以来、会っていない従姉のミキちゃんが、

また、俺の家に遊びに来てくれる夏休みになった。

連絡を受けて以来、来る日が…
広末似のM女を寝取ったら[前編]
2017/04/24 12:19
2017/04/24 12:19
先日、初の寝取り体験談。 聞いてくれるか? 出会いは職場で、3年前に同期で転勤。 当時、あまり話す機会が無く、たまに帰宅時に電車1駅だけ同じで、嫌な奴の話をするくらいだった。 俺は当時から既婚で子あり。 彼女は独身の彼氏なし。 20代後半でEカップの広末を少しふくよかな感じの色白女性。 何回か駅で電車待ちをしているときに、彼女の方から飲みに誘ってきた。 彼女は飲みに行くのが好きな様で、ウチの職場には飲むのが好きな雰囲気の男がいないため、俺が誘われたと思った。 日程を決めて飲みに行き、お互いの男女感を語り合った。 そこで意気投合し、俺は彼女にやや好意を抱いた。 お酒も美味し…
年上のパートの人妻に、旦那の浮気の相談をされて
2016/02/01 12:37
2016/02/01 12:37
私は45才既婚でただいま単身赴任。
彼女は同じ職場のパートさんで53才人妻。

仕事は日曜と隔週木曜がお休み、月に1度位彼女は私の部屋にやって来る。




彼女とは初めは仕事の上での付き合いしかなかったが下ネタも十分に通じるちょっと小太りの年より若く見える女性。
だんだんとプライベートの話もするようになった時、ご主人の浮気の相談を受けた。

単身赴任の私も浮気をしているのかと思ったのかいろいろと相談された。
そのとき、私は浮気はしていなかったがそれなりの受け答えはしていた。

彼女は私のタイプの女性で、前から気になってはいたが身持ちが堅そうだったのでそんな素振りは見せないでいた…
昼月の下で妻はそっと泣いていました (姉との体験談)
2015/10/31 12:00
2015/10/31 12:00
よく、「オナニーのフィニッシュは、姉に顔射する」という人がいるけど、 僕も昔はそうだったよ。 僕が中3、姉が高2の時だったんだけど 僕が学校を仮病で早引きして、部屋で寝てたのを知らずに 姉が彼氏を家にあげて、隣の部屋でセクロスし始めたのがきっかけ。僕の父はすごく厳しい人で、こんなことしているのがバレたら 勘当されるかもしれないくらい怖い人だった。 だから、行為が終わって姉が彼氏を玄関で見送った後 後ろを「わっ!」っておどかしたら すごくビクビクしてた。 で、「このことお父さんにバラすぞ」と脅したら 案の定、「何でも言うこと聞くから、言わな…
ゲーセンで
2016/03/31 01:01
2016/03/31 01:01
244 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 12:48:54.43 ID:zOHFnSv5O 昨日見た、カップルとモンペ?の修羅場書いても良いかな?恋愛系の修羅場じゃないからスレ違いだと思うけど…247 名前:244[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 13:30:09.35 ID:zOHFnSv5O じゃあパソコンから書き込めなかったので携帯から。彼女と昨日大きいゲーセンでデートして遊んでたんだ、休日だから他にもカップルとか家族とか居て賑わってたんだけどね。 で、彼女が某ネズミのヌイグルミ欲しいっていうからみえはって取ろうとしたら取れなくて俺カ…
【痴漢・レイプ】妻のアルバイト
2016/06/12 08:19
2016/06/12 08:19
俺(29歳) 妻(若菜・30歳)の夫婦です。 俺は地方の工業団地にある工場に勤めている。 工場は大半が同年代の男性で、話の合う仲間がいて楽しい職場だ。 妻も勤めていて、子供を作る予定はまだない。 妻はスタイルもルックスもなかなかで、俺の友達の中にもファンが多いのが自慢だ。 そんなファンの友達に、若菜のHな写真を見せて俺の寝取られ願望を満足させていた。 写真はセックスの前後に撮ったもので、若菜に下着姿でポーズをとらせた写真が多く、まだ全裸やマ〇コの写真は見せた事がない小心者だ。 ある日、若菜がバックを買いたいと珍しくおねだりしてきた。 友達と一緒にバックを買う約束をしたのだが20万足りないらし…
妻が元彼の子供を・・・2
2016/01/16 23:01
2016/01/16 23:01
妻にDVDの事言えず悶々としていました。 昨日妻とのSEXの最中私は妻の中にペニスを突き入れながら「愛してるよ・・本当に愛してる」と優しく言いながら 妻の子宮に精液注ぎ込みました、ふと妻を見てみると 妻の顔は涙で濡れていました私は妻に「如何したの?」 と聞くと妻は「御免なさい・私貴方のこと裏切りったの・・元彼とSEXしたの・・」と泣きながら話してくれました・・・ 私は興奮を隠しながら優しく妻に言いました 「怒らないから話してごらんと」 妻は泣きながら元彼の事全部話してくれました、 元彼Kとは会社の同期入社で知り合い交際が始まりました 妻は美人で会社の中でも人気者らしく既婚者の課長や 部長までも…
友達夫婦の引っ越しを手伝ったら、露出狂の嫁が楽しませてくれた
2016/07/30 22:30
2016/07/30 22:30
3年前に、それまで2年間程付き合っていた友達のカップルが、籍だけ入れ同居を始めた頃の話です。

2人はアパートを探し、引越しをする事になったので、俺は実家が商売をしてるのでトラックがあるから、友達のS次とA美の、それぞれのアパートから新居への引越しの手伝いをしました。

引越し最終日に、荷物の片付けが終わったらお礼をしたいので遊びに来てくれと言われた。

俺はこの2人より一足先に結婚をし、子供が無いままスピード離婚をしていた。




だから、今までは4人でダブルデートや誰かの家に集まって飲み会とかをしていたが、離婚してしまって、初めて引越しも飲み会も1人での参加でした。

しば…
昼休みに夫の会社で
2018/02/13 02:28
2018/02/13 02:28
昼休み、私はこっそり事務所を抜け出すと、夫のいる倉庫に行きました「チョット遅いんじゃないか」と、 夫がキョロキョロ外を見回して私を中に引っぱりこむや、さっそくパンティをずり下ろしてきます。  「だって、課長いっぱい仕事を押しつけるんだもん」夫はある食品工場の倉庫係をしていますが、 私は人手がないからと頼まれ、パートで事務に出ることになったんです「わしらがあんまり仲がええんで、やいとるんじゃないか」  それで、わざと仕事を押しっけるんじゃろう」「でも課長、私らがここで一緒にお弁当を食べてると信じちょるみたいよ。 まさか、こんなハレンチなことまでしちょるとは考えてないみたい」  私は自分からパンテ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・同じマンションに住んでいた女を無理やり・・エッチな体験談

・旦那に買ってもらった振袖を着て元カレと中出しエッチ

・仲悪かった弟に犯されかけたんだけど

・研修会で年上の女性と出会って人生が変わった

・高校時代 四

・中出しをせがんできた32歳のバツイチ

・おばちゃんにやらせて下さいと訴えた

・【乱交】修学旅行中にギャルな同級生とサルのようにやりまくった

・あまり抵抗しなかった女

・酔った勢いで処女の後輩に抱きつき弄りまくった結果wwwwwwwwwwww

・体験談:家族写真が飾られてる所でレイプされた [衝撃]

・【熟女体験談】色白おっぱいの素人人妻が夫の目の前で公認中出しSEX

・井上和香似なキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

・駅ホームの待合室で露出してたらフェラさせられた

・【悲報】淫行でパクられたけど質問ある?

・世間は狭いデリヘル嬢がPTA役員

・母がヤクザに調教された

・浮気元妻の因果応報

・元カノから、ハガキが届いて吃驚した

・【不倫】還暦まで独身を通してきましたが、実は淫乱熟女です

・同僚を眠らせ車の中で犯した

・同級生を奴隷にした話 2

・高校時代 三

・寝取られ体験談/OB4人に彼女がレイプされた 続編

・ヌルンヌルンに濡らして感じてくれた26歳の美人妻

・【不倫】農作業の小屋で知った床上手な義父の指使い

・高校時代 二

・【熟女体験談】出会い系が趣味の専業主婦が4P乱交の耐久セックス

・処女だった元高校生バイトに何度も中出し

・犯されると勘違いした母を本当に犯した