寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

彼女同伴で王様ゲームをしてはいけない理由

2018/05/18 08:02


えと、もう10年近く前、大学時代の話なんですが…。
当時付き合って3年くらいの彼女がいたんです。
名前は香奈っていう子で、ちょっとちっちゃくて可愛い子でした。
で、その日は彼女のバイト先の友達の家で飲もうってことで一緒にその子の家に行ったんです。
そしたら他にも二人くらい遊びに来てて、結局男二人、女の子三人(俺、彼女含む)で飲むことになったんですよ。



全員バイト先の友達らしくて、女の子たちは俺も面識があったんですが男はしらない奴でした。
最初は普通に飲んでました。
その友達の家は普通のワンルームでベッドが部屋の側面に置いてあって、その横で5人で床に座り込んで飲む感じ。

部屋を提供してくれた子、仮にまゆみとしておきますが、まゆみは何か昔からちょっとえっちぃ感じの子でして、その日も赤いミニスカートはいてキャッキャ言いながら飲むもんだから、たまーにパンツがちらっと見えたりして、俺は俺で最初は楽しみながら飲んでたんです。
・・・最初は。

男の名前は柴田(これも仮)、もう一人の女の子は殆ど登場しないので割愛します(w
柴田はまぁ今時のちょっとカッコイイ系の男で、ノリもよくまぁ面白いヤツだったんですよ。

んで俺も初めのうちは意気投合しながら飲んでたんです。
結構まんべんなくみんなに話しかけて、よく気がつくヤツだなぁって感じでした。

そのうちみんな酒が入ってきていい気分になり、ちょっと会話がエッチな方向に。

俺と彼女は当時俺の家で半同棲だったので、みんなからひやかされてました。
毎晩してんのかぁ?とか、いっつも家では服着ねーんだろぉ?とかw

俺たちも適当に笑いながら「当たりめーだろw」とか言ってたんです。
・・・どういう経過か全く思い出せないんですが何故か王様ゲームの話に。
あの時は王様ゲーム全盛だったからなぁ、俺も結構いい思いをしてきたんですが。

あの時までは。

何か断ったら白ける雰囲気というかそんな感じでしたね。
柴田は柴田でノリノリです。
まぁヤツは誰と当たってもおいしい思いするんだから、当然といえば当然なんですが。

彼女もそんなに嫌がってない感じで、その時点で俺はオイオイって感じでした。
で、始まっちまいました、王様ゲーム。

最初はお約束の一気飲みとかが殆どで、そんなに被害もいい思いもなかったんですが…。

でもアレって困りますね?
自分が王様になってあんまりつまんねーのだと面白くないし、かと言って、あんまり過激なのだと彼女がそれをする羽目になるかもしれないし。

口火を切ったのは意外にも柴田じゃなくてまゆみでした。
「えーとねぇ。んじゃ1番と3番が10秒間キス!」
まゆみノリノリ。

まだ覚えてます。1番が俺で3番が彼女でした。
みんなにワーキャー言われながら彼女とキス。
見せびらかすみたいにしながら。

みんなも俄然ヒートアップ。
王様ゲームって一旦こうなるともう後には戻れないでしょ?オイオイ、今更一気かよ…、みたいな。

このときもそんな感じでどんどん激しくなっていくんですよ、王様の命令が。
正直結構楽しかったんです。俺がまゆみの胸を揉む、っていうのがあって、しかもそれ命令したの俺の彼女だったりw

一応確認したら「胸までなら許すw」みたいな許可が出て『ワーイ♪』って言いながら触ったりね。
あ、ちなみにこの時点でもう一人の女帰宅。理由は覚えてないがw

んでまゆみが王様。
「んじゃ、○番と○番がキッチンの方に行って3分間何してもいい!w」
・・・柴田と俺の彼女でした。

二人とも「えぇ??」とか言いながらも王様の命令は絶対。
俺も「はぁ?!?」って思いながらも王様の命令は絶対。
ノリノリなまゆみと複雑な心境の俺に見送られながら二人がキッチンのほうに消えていきます。

まゆみの部屋は部屋とキッチンがドアで仕切られてるんですよ。ワンルームって言うよりも1Kですね。
んでドアの真ん中がちょっと曇りガラスみたいになってて、うっすらと向こうがすけるの。

・・・3分間何にも聞こえないんですよ。

まゆみは「ねぇ、何してると思うぅ?w」とか「やっぱり妬いちゃう?w」とか聞いてきてたけど、あんまり気にしてる風なのもムカついたので、関係ねーよ、みたいな態度をちょっと取っちゃったり。
ホントはメッチャクチャ気にしてるんですが。

帰ってきた彼女から後で聞いたんですが、このときに既にキスしてあそこを触られてたんだそうです、彼女。

そんなことを微塵も感じさせずに「いやぁー、会話してただけw」とか言いながら二人が帰ってきました。

『んなわけねーだろ』なんですが、あの時は言えなかったなぁ。
まだ色々あったんですが、もういい加減に寝ようと。車で来てたしまゆみも泊まっていけ、と。
んで最後の命令。王様は柴田。忘れもしねーよ、あの命令。

「んじゃ、王様と○番がベッド。○番と○番が下でタオルケット被って寝ること!」

・・・俺とまゆみが下。柴田と彼女がベッドでした。

出来レースみたいな展開ですが、それまでに俺も柴田とキスとかしてるわけで、運が悪いとしか…。

俺と彼女は「マジ?」みたいな感じだったんですが、まゆみと柴田はノリノリ。
酒も入ってたし、なんせ王様の命令は絶対なので。
なんかもうヤケですよ、こうなったら。

そのまま豆電付けて就寝。でも寝れるわけねー。
まゆみはまゆみで大胆にもひっついてくるし、ベッドの中の二人は気になるし。
でも幸いにも二人とも疲れてたみたいでぐっすり。

そのうちまゆみも寝ちまって、なんか俺一人だけアフォみてぇだなぁ、と。
気づいたら寝ちまってました。
まぁさすがにこんな状況でやらかすようなアフォはいないだろう、って安心してたのかも。

でも明け方に目が覚めたんです。やっぱり眠りは浅かったのかもしれません。
するとね、ベッドの方で物音が聞こえるんですよ、ゴソゴソと。

寝ぼけてたのもあってなんか状況が一瞬つかめなかったんですが、気づいた瞬間さぁーって眠気が引いていって。

・・・あぁ、なんか今思い出しても凹む。

えとね、やられちゃってました。彼女。
もちろん向こうもタオルケット被ってるしまだ薄暗いから見えないんだけど、こっち向いて横向きに寝てる彼女を後ろから柴田が抱きかかえるみたいにして後ろから。

・・・あれってわかるもんですよ。はっきりとは見えなくても。
指で弄ってるんじゃない、なんというかこう、ベッドの軋みとか、必死で声を抑えようとしてる彼女の吐息とか。

息だけの声ってあるでしょ?たまにあれで会話が聞こえてくるんです。
でもアレってホントはめっちゃ聞こえるんですよ、そんなしょーもないことを発見しました。

「・・・ダメだって、これ以上激しくされちゃ…」
『大丈夫だよ。だって…こんなになってる…』
「あっ、・・・ダメ」

・・・どうしていいかわかんない。ここに書いてる連中がそうだった様に俺も指一本動かせませんでした。

なんか寝てると思わせようとしてわざと規則的な寝息たててみたり。
・・・アフォすぎる。

でもチンコだけはもうビンビンになってるんです。
薄目だけあけて見てみたら彼女は枕に顔うずめて必死に声を堪えてる。
直接は見えないけど、彼女を抱きかかえるみたいにしてる柴田の右手が彼女のクリを弄ってる様子。

で、ベッドが大きく揺れないようにゆっくりと大きく腰を押し付けるみたいに…。
もうパニックですね。
彼女は入れられながらクリ弄られると弱いんですよ、絶対に逝くときはそれ。

彼女の吐息がだんだん早くなってきて、あぁ逝かされるな…、ってやけに冷静に思いました。
なんか頭の中が熱くなったみたいな、逆に凍りついたみたいな。

柴田も彼女の反応の変化には気づいたみたいで、ちょっとだけ腰の動きを強めてるのがわかります。

「・・・ダメ、もう…」
『・・ん。いいよ』

ってやりとりの後彼女の体がぶるぶるって震えたのがわかりました。
んでそのままの体勢で今度はびくん、びくん、って…。

・・・こんな酷い状況の中でも俺のチンコはビンビン。我慢汁でパンツが濡れてるのがわかるくらいに。

えー、俺の彼女逝かされました。バイト先の男友達に、俺が寝てるすぐ横で。
そのまましばらく二人は繋がったままだったんですが、さすがに柴田はその状況では逝けなかったようで。

一回抜いて彼女をゆっくりと自分の方に向かせると今度はタオルケット頭から被ってなにやらゴソゴソと話してました。
さすがにすぐ近くだと全く何話してるか聞こえなかったんですが、すぐに俺は理解することになります。

タオルケットの中で彼女がゆっくりと柴田の下半身の方にずり下りていって…。

えー、咥えてます。俺の彼女が男友達のチンポを俺のすぐ横で。
しかも柴田が頭からタオルケット被ってるから、彼女の下半身がちょっと下から出てたりして。

まぁ俺の位置からはそんなにはっきりと見えなかったんですが、それでも下はすでに全部脱がされてるくらいはわかります。
激しく上下運動、って感じよりは口でさきっちょ咥えて手コキって感じだったと思います。

まぁ二人とももう俺のことなんか眼中ない、って感じですよ。
柴田がいつ逝ったのかはわかりませんでしたが、彼女がそのうちゆっくりと上に戻ってきて、また二人でクスクス笑ってるのが聞こえました。

しかも飲んでるし。ティッシュを取る気配もなかったし、そんなつもりは二人ともなさそうでした。
俺のしか飲んだことないの、って言ってた彼女は一体何だったんだぁぁ!って正直思いました。

何故かヤッテる最中よりも終わってからのほうが、心臓がバクバクしてきて、…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【熟女体験談】妻の家族を次々と毒牙にかける最低男
2016/07/15 12:02
2016/07/15 12:02
2016/07/15 (Fri) 妻33才の義母は、早くに結婚出産したため、
まだ51才、妻と私の歳の離れているため、
私よりも年下である。


年に1.2度近くに来たからとうちに寄って行くことがあるが、大抵は妻の休みの日の昼間の事でもう何年も顔を合わせてはいない。


そんな妻の義母から、携帯に電話が入った。


話したいことがあるから会いたいとのこと、それも妻には知られないように。


私から言うのもだが、妻も妻の妹もかなり整った顔立ちなのは、この義母譲りで、10才くらいは若く見える。


妻の義母としてこれまで見て来たので、性の対照として見たことは無かったが、妻には内緒で会いたいとの…
2泊3日のキャンプ 2日目
2016/08/19 20:01
2016/08/19 20:01
翌朝、目を覚ますと7時 その日も天気のいい日だった。 妻も目を覚まし、着替えを始めた。 「今日は、下着付けるな!」 「そうね!」ニコニコしながら妻は水色のワンピースだけ羽織った。 2人でトイレに向かうと、中学生も起きていて朝ごはんの用意をしていた。 「おはよう!」何となく声を掛けると照れくさそうに「あっおはようございます」と答えてくれた。 トイレから戻ると、もう中学生はごはんを食べ始めていたので、「美味しそうだね」と近寄って行った。 妻も屈み中学生の視線が妻の股間に向かうのが分かった。 勿論、目の前の中学生の位置からは生のマンコが見えていると思う。 「一緒に食べますか?」 中学生の思いがけない…
デリヘル嬢に質問あるかな?
2017/12/18 20:55
2017/12/18 20:55
外人と不倫してた知り合いの人妻さんを目撃したおかげでオレがセックスさせてもらった【エッチ体験談】
2016/05/04 16:39
2016/05/04 16:39
21歳の時に暮らしていたアパートの大家の息子の奥さんとの話。




アパートのすぐ近くに大家が住んでいて、朝よく出くわしたのが美紗でした。




三十代半ばの奥さんで、大家の息子の嫁さんです。




朝、幼稚園のバスを待っている時に、出勤になるので挨拶したり世間話をしたり。




長い髪で、細身で色白で清楚な感じ。




毎朝の楽しみでした。




スラリとしたスカートから伸びる綺麗な脚もたまらなかった。




桐谷美玲に似てたかな?そんな雰囲気はありました。




「おはよー」



と声をかけてくれ、優しい笑顔で話してくれるし、



「風邪大丈夫?」



とか…
狙われた彼女5
2015/10/26 01:01
2015/10/26 01:01
私は、あまりにも、この光景に・・・先輩3は、優しく胸を揉んだ、時に、乳首の付近を回すように、「んっ・・あっ・んーっ」次第に紗織に変化が?一瞬開いた口の中に先輩3は、舌をいれた。「あっ・・んあ・・・あ」ピチャピチャと卑劣な音がした。長いキスだった。ようやく、口から離すと、首筋を舐める。「あっ・・いや・・んっあ」紗織はムードに流されていく。こんな時なのに、まだ見たいという自分がいた。先輩3の手は、単パンの大事な部分を撫で「かわいいよ」と同時に、再びディープキス。今度は、単パンの中に手を入れ「あん・・んっ・・あ・あん」私の紗織が徐々に。先輩3によって感じてきた。クチュクチュと音がしてきた。キスをやめ…
花火大会の最終電車
2017/05/01 05:01
2017/05/01 05:01
2年前の夏、電車で1時間半くらいの友人の家に遊びに泊まりに行きました。 最終日は花火大会があったのでゆかたを着付けてもらって花火を楽しみ、 そのままの格好で最終電車で帰ることになったんです。 電車は始め結構人もいたんだけど、2駅くらいでほとんどの人が降りてしまって、 車両には私と、私の斜め向かい(といっても随分遠いところだけど)に 赤い帽子を目深に被ってアイマスク代わりにしている10代くらいの男の子だけに。 そのうち、停車駅でサラリーマン風の30代半ばくらいの男性が乗ってきました。 男性はがら空きの車両にもかかわらず、何故か私のすぐ右となりに座ったんです。 「こんなに空いてるのに、イヤだな」…
トラック運転手
2018/02/14 13:28
2018/02/14 13:28
すみません。誤爆です。 実は近親スレから誘導されて見に来ました。 実は俺も姉と関係を持って約1年になる野郎です。 きっかけ 2003年のクリスマスに姉から告白され初キス 2004年の成人の日に初H 2004年の4月から同棲スタート それでは書かせてもらいます。 何分1年近く前の話なので、詳しい会話の内容は覚えていないので、その辺はご容赦を…、 2003年12月中旬…、 仕事で地方を走っていた時…、 姉「今度いつこっちに帰って来れる?」 俺『…24日の夕方には…』 姉「本当に!?じゃ、その晩会えない?」 俺『別にいいけど…、○○はその晩用事とか無いの?その日は世間では…』 姉「あの…それは…
新年会のあとに酔った可愛い同僚をお持ち帰りしたった
2015/08/15 17:23
2015/08/15 17:23
昨年の正月明けの話。

同じ課に飯島直子に少し似ている可愛い子がいる。

自慢ではないが、漏れは会社

では結構もて、その日は飲み会の後、家の方向が同じなので一緒に帰った。


電車の中で、

「私○○さんと一緒に帰るのすきなんですう。

」なんて、彼女は酔っ払って

言ってくれた。

普段の言行からあながち冗談ではないと思ったが、

「俺も同じだよ。

2人だけで邪魔者もいないしなwww」

なんて、応じていたら電車が揺れ、彼女は俺に寄りかかってきた。

コート

越しに柔らかい胸の感触がした。
「おい、大丈夫か?けっこう飲んでたもんな・・・」

「○○さんによ…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】天罰【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/08 03:29
2017/05/08 03:29
これから私の人生の大失敗談を公開します。 私は人生の大失敗をしてしまいました。 調子に乗って色んな女と遊んだ付けが回って来たのです。 因みに私も爆乳好きです!  私は会社には通っていましたが人生のウェートは仕事では無いので、義務を果たす程度にそこそこ仕事をして居ました。 私は無類の女好きで、会社の同僚や先輩からも余り派手な女遊びしていると何時か天罰が下るぞと忠告されていました。 いい年なんだからそろそろ落ち着いた方が良いとも言われました。 そして遂にその通りに成ってしまいました。 つい最近の話なのですが、私は人妻生保レディーを犯してしまいました。----- 適当に色んな女と遊んで居たのですが…
★挿入されている時に他の男性を
2015/10/25 18:16
2015/10/25 18:16
 今年32歳、会社では事務をしています。お付き合いして今年で6年目になる2コ上の彼氏がいますが、31になる間際で彼からしばらく距離を取ろうと言われました。当時、彼との将来について時折話をした事がいけなかったのか、

 私はショックでしばらく精神的にも参ってしまい、仕事でも失敗を繰り返して今の事務部門に回されてしまいました。でもそこで、20代前半の男性T君と出逢い、約半年の一緒に仕事をした間、30回以上エッチしました。自分から積極的に誘って自宅やホテルで関係を繰り返しました。
 会社のトイレに連れ込んで、口でして溜まったものを飲み込んであげたりもしました。経験も浅い若い男性とする事で得られる…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・内妻の友達を旦那の前で

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[後編]

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・手マンから結局最後までいっちゃった

・【人妻体験談】痴漢にアナルまで弄られて感じる妻に興奮する夫

・【熟女体験談】還暦を迎えた母の黒の下着に興奮し、夜這いしてしまった

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[中編]

・スイミングスクールに妹を迎えに行ったら

・お祭りに参加していやらし事されぱなしでした

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[前編]

・【熟女体験談】同じ介護職場の熟女の薄く透けてたブラに興奮し、フェラしてもらった

・職場で集団レイプを見せられた。

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【熟女体験談】彼女のお母さんにマッサージをしてたらムラムラしてしまい、中出しフィニッシュ

・【人妻体験談】お隣の奥さんと出会った日にいきなりホテルでセックス

・芽生えたころに

・黒ギャルのフェチ料金は破竹値

・女房が21年前に出ていた裏本

・社員旅行でパート主婦と・・・

・【熟女体験談】営業のオバハンと飲みに行き、出来上がったオバハンと中出しSEX

・【人妻体験談】温泉ホテルで偶然知り合った同郷の熟女とSEXし、思いっきり果てた

・タダマンがビックリする程に楽勝