寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻を欲求不満バーへ行かせて他の男とSEXさせ興奮した

2018/05/18 06:59




妻を欲求不満バーへ行かせて他の男とSEXさせ興奮したエッチ体験談。
僕はホテルの部屋にあるソファに静かに座りながら妻との会話を思いだしていた。
「誰か僕以外の男性に抱かれたいと思ったことないかい」「ないと言ったら嘘になるわ、でもそのチャンスがないわ」「もし、僕がそのチャンスを与えてあげたらそうするかい」「ええ、あなたさえいいのだったら、かまわないわ」僕はその話だけで興奮し股間に伝わってくるのがわかった。
頭の中で、妻と二人でその週の頭に決めた計画を復習してた。
結婚して10年になる妻の志織彼女が、まず、ホテルの階下のバーに行く。
そこは、週末の夜、欲求不満の女性が集まる場所として有名だ。つまり、お互い見ず知らずの男女との一夜の情事、それをするのが目的なのだ。
最初の電話、つまりさっき僕が受けた電話は、妻がバーについた合図の電話だ。
僕が今いるホテルの部屋から階下に降りて、彼女が電話してきたバーへ行っても大丈夫だという合図。
僕は、バーに行き、テーブルを確保し、できごとの進展を見守ることになっている。
僕は、これから自分の妻が他の男に「ひっかけられる」ところを見ることになるのだ。
でも反面、イザとなったらそれほど勇気がある妻ではなくおそらく僕のもとへ戻ってくるとも思っていた。
僕はブレザーを着て鏡を見て点検し、向きを変えて部屋を出た。
エレベーターを待ちながら、僕は5階下のバーでどのようなことが起きるだろうかと想像していた。
石橋渉のHUNTING VOL.72 海編もう、志織に近づいた男はいるだろうか。
そんなに時間はかからないはずだ。
45分前に出て行ったときの志織は素晴らしかったのだから。
32歳。
160センチ、45キロの小柄な体。
黒の短いタイトドレスと、胸元の開いた赤い絹のブラウス。
その服装で、なお一層、妻の素晴らしさが強調されていた。
86センチのBカップ。
黒のワンダーブラのおかげで柔らかく深い谷間ができるように押し上げられている。
妻が、セクシーなドレスの下に着ているのは、そのブラだけ。
柔らかく滑らかな線を描く両足は生足で、ミニスカートのためにかなり露出していた。
おそらく誰が見ても欲求不満の人妻とわかるだろう。
エレベーターが滑らかに止まった。
僕はそこから出て、ロービーのバーへ歩いて行った。
薄暗い照明のバーに入り、妻を探して見まわした。
その日は数人の女性しかおらずそれに対して男性は25人ほど。
テーブルについてる者。
スツールに座る者。
ダンスフロアに立って、一緒に踊る女の体をまさぐる者。
僕が空いていたテーブルの席についた時だった。
妻が男と一緒に談笑しているのを見かけた。
僕は二人のま後ろのテーブルに座った。
本当に妻は美しい。
そして、予想した通り、彼女はそのバーにいたすべての男たちに好色そうな視線を浴びせられていた。
他の男達は羨ましいそうに妻をひっかけた男を睨んでいるようだった。
年のころは40代半ば、身長175センチ、体重70キロほどの中肉中背の男だった。
ビジネススーツを着ていた。
志織のタイプの男なのか、でも遊び慣れている感じがした。
男は志織と楽しそうに話をしていた。
椅子を妻に密着させ、右腕を肩に廻している。
しかも左手は妻の左ももに当てている。
男はまったく気が付いていない。
後ろテーブルにいるのが彼女の夫であることなど。
男は妻にさらに密着し、二人が話し始めた。
それを見ながら、僕は興奮と嫉妬心が混じり合った不思議な感情にとらわれていた。
ホテルのバーで、自分の妻が年上の男に誘惑されているのを見ている自分。
男は、彼女の夫が二人の挙動のすべてを見ているとは、まったく気がついていない。
僕は気づかれないように二人の会話を盗み聞きした。
「旦那さんは出張なの?」「ええ、そうなの、だから退屈でここにきたの」「お酒は強い?」「ううん、弱いわ、すぐ酔ってしまうし酔うと記憶がなくなるの」「本当に?」「ええ、何があったか覚えていないほど」妻の言葉に男はしめたと思ったことだろう。
男は盛んに妻に強いアルコールのカクテルを飲ませていた。
本当に妻はお酒には弱いのだ。
「あら、やめて」妻が甘い声を出して男の行動を制止しようとしていた。
おそらく男が妻のミニスカートの脚を撫でたのだろう。
妻は真後ろにいる僕の方を見てウインクをし、微笑みかけた。
僕が聞いていたことを知っていたのだ。
そして、その男と手を取ってダンスフロアに向かった。
二人のスローなチークダンスと、妻の優しいお触り。
このような状況の妻を見ると、どうして僕は興奮するのだろうか?なぜ、この状況が僕自身の欲望を「膨らませ」てしまうのか?それと同時に、僕は嫉妬を感じているし、怒りも覚えている。
今すぐに妻のところに駆け寄り、部屋に連れ戻し、熱烈に愛したいと思っている自分。
だが、もう一人の自分は、妻が他の男と雑談し、触り、触られ、そして究極的には男に誘惑されていく光景に、心を奪われ、興奮しているのであった。
僕が嫉妬心に完全に心を捕らわれそうになったときだった。
男の手が踊りながら妻の足の内側に潜り込んでいったのに気づいた。
ミニスカートの中、だんだんと上に這い上がっていく。
妻はそれを気づかぬふりをして身体を任せていた。
男の手が這い上がってくるのにあわせて、少しずつ足を開いていく。
男は、指先に肉肌しか感じないのに気が付く。
パンティを履いていないのを知るのだ。
そして、手の動きを止め、妻を見つめる。
事情が飲み込めたといった表情で妻を見つめている。
男はチークダンスを途中で止めテーブルに座った。
「部屋を取ってあるのでそこで飲みませんか」と興奮した言葉を抑えて呟いた。
「・・・ええ、いいわ」妻も小声で応えた。
僕も興奮を高めている。
自分の妻が、人目につく場所で、知らない男に誘惑されソノ気になってきている。
僕はすっかり勃起していた。
男は妻の肩を抱いて一緒にバーを出ていった。
さて、これから先は、僕は事態の進行をコントロールできなくなる。
もう、止めることはできない。
妻は彼の手中にいるのだ。
今度、妻が僕の元に帰ってくるとき。
その時は、彼女は、以前の貞淑な妻ではなくなっているのだ。
僕は部屋に歩いて戻った。
後戻りのできない一線を越えてしまったことを改めて認識した。
部屋に戻りイライラをうち消すためにテレビを見た。
だが、志織の身に起きていること、それ以外のことは何も考えられなかった。
あまりにも慌ただしくことを進めてしまったのではないか。
実際にはたった20分なのだが、妻の姿を最後に見てから何日も経ったように感じた。
その時、部屋の電話が鳴った。
「・・・あなた、わたし・・・してもいいの?」意外と冷静な声だった。
「彼は?」「今、シャワーを浴びているわ」「抱かれたいの?」「・・・ええ、とっても素敵な人なのよ」僕は囁いた。
「今更、仕方ないじゃないか」「じゃあ、楽しんじゃう」そう言って、妻は電話を切った。
妻は男の部屋にいる。
どの部屋かは分からない。
ともかく、妻が男と一緒にいるということしか分からない。
僕にできることは、ただじっと待っていることだけだ。
再び妻のことを考え、興奮していた。
アダルトの有料チャンネルをまわした。
画面では、女性が素裸になって男と抱き合っていた。
その女性と妻が重なって見えた。
それを見て興奮していた。
知らない男に抱かれ、裸にされる妻の姿。
知らない男に体を弄ばれ、手でまさぐられる妻の姿。
そしてついには貫通されてしまう姿。
それしか頭に浮かばなかった。
それを考えると気が狂わんばかりだった。
午前3時半頃、ドアを叩く音で目が覚めた。
志織は部屋に入るなり浴室に直行した。
15分かそれ以上、志織は浴室にいた。
僕は聞き耳を立てていた。
どうしてこんなに長いのだろう。
志織がベッドに入り僕の隣に来た。
薄暗がりのなかで妻が微笑んでいるのが分かった。
「抱いて」僕は抱き寄せ、訊いた。
「どうだった?」妻はにっこりと笑う。
体を寄せてきて、ねっとりとキスをしてきた。
「わたし、しちゃったわ、本当にしちゃったの」僕は冷静を装って妻の話を聞いた。
「あなたも知っているように、11時にバーを出て彼の部屋に直行したわ」「すでにバーで何杯も飲まされてたから、ちょっと酔っていたの」「ベッドに横たわって彼と長いキスをしたわ、そうしたらだんだん愛撫が大胆になってきて、彼に体中を触られていた」「・・・とっても気持ちよかった」「それに、あなた以外の人に触られて興奮もしていたの」「私はパンティを履いてなかったし、ブラウスもはだけていて、ブラも外していたの」「だから彼の手に自由に触られるままになっていたわ。それから彼に頭のてっぺんからつま先まで彼の舌で舐められたの」「むき出しになっていたクリトリスも舐められたわ、舌使いが凄く上手だった」「敏感なボタンにキスしたり、唇で挟むようにしたり、舌を大きく使って舐たりするの、それから舌を尖らせて私の中を貫いてきたのよ、とても深くね」「それからすぐに、私は爆発するようにイッてしまったの、うち寄せる波のように砕けたのよ」「彼、女の体のことをよく知っているし、上手だったわ」僕は黙って妻の経験談を聞いていた。
「それからおしゃぶりをしてくれないかと言われたわ、もちろん、私もして上げたい気持ちになっていたの。バスローブの中から飛び出てきたものを見て、息を飲んだわ」「彼のペニスはあなたより大きくてわたし心配だった」「でもそれを私の中に入れて欲しい、最大まで私の中を広げて欲しい、そういうことしか考えなかった」…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
もう誰も信じられない
2017/02/07 16:19
2017/02/07 16:19
・・・もう誰も信じられません。 自分すらも・・・。 数年来の友人と夜通し飲み明かす約束で出かけたものの、友人が急に具合が悪くて来れなくなり、私は家に帰りました。 すぐには家に入らず、私は庭のベンチに腰かけました。 庭作りが好きな私達家族。 丹精込めて作りあげた庭でぼんやりするのが私は好きだったからです。 しばらくすると、主人と私の実母の声が聞こえてきました。 何気に聞いていた私は凍りつきました。 「隆弘さん!どうしたの!何するの!いやっ!駄目!」 私は立ち上がり、窓から中を見て呆然としました。 主人が母を後ろから、しっかりと抱き締めているのです。 「隆弘さん!やめなさい!…
【嫁とのエッチ体験談】怒り顏で手コキされて風俗行かなくなりました
2017/06/14 09:00
2017/06/14 09:00
俺:28歳、中肉中背、ルックス中の下。 嫁:26歳、やや巨乳(Dカップ)、ルックス中の中(テレ東の狩野アナ似)。 結婚して2年が経つ夫婦ですが、俺の嫁は手コキがうまい。 俺がオナニー感覚で嫁に手コキをお願いしてかれこれ1年が経つ。 セックスよりも手コキの方が好きで、フェラよりも手コキが好きな俺。 とある休日のお昼、テレビを見ていた俺たち夫婦。 ふと俺が、「手コキしてくれない?」 と呟く。 すると嫁は「えっなに?急に?」 みたいに動揺する。 自然な流れで、冷静を装った俺はそのまま押し切った。 「お願いだよ」 「えっまぁいいけど」 「マジで!?」 ソファーの上でズボ…
【寝取られ体験談】渡辺さんとFカップな彼女4
2017/09/24 22:58
2017/09/24 22:58
先ほど彼女と外食をしてきました。上の方で書かれているように、彼女にお願い出来ないものかと思いました。 彼女の家じゃなくて、外食にしたのは、周りに他人がいればお互い冷静に話しが出来るんじゃないかと思ってです。 少しだけお酒を飲んで食事が中盤に差し掛かった頃、彼女に渡辺さんのことを話してみました。 会話の内容は概ね以下の感じです。 「明日から渡辺さんとまた一緒だね」 「そうだね」 「・・・え?と」 「心配?」 「心配って言うか・・・あれから渡辺さんとは結局会ってないの?」 「うん、連絡は今でも来るけど」 「そうなんだ・・」 「さっきから変」 「初めて教室で見たの・…
オナニーが大好きなお姉さん(笑)
2016/06/24 09:28
2016/06/24 09:28
彼氏が居ると言うお姉さんと仲良しになる。(笑)彼女の悩み事を相談に乗っていた。 彼氏から結婚を求められていると言う、羨ましい話しだ(笑) 彼女いわく、見た目も収入も、性格も、趣味も、人間性も申し分ない存在だと言うお姉さんが、ただ一つだけ、結婚しても、納得出来ない事があるようだった。 彼女自身の問題だと相談されていた時に気付いた。 彼女は一人エッチが大好きで、彼氏とのエッチもかなり不服に感じていると言う。彼氏とのデートの後に限らず、ほぼ毎日、一人エッチを楽しんでいると言う。 (笑)ある意味病気だと思った(笑) この事は、俺とした後に告白されて発覚し…
【痴漢・レイプ】登山サークルの若い男の子と
2016/05/19 04:31
2016/05/19 04:31
【レイプ体験】登山サークルの若い男の子と画像は多次元えろぐ関連記事にリンクしています。 先日、旦那を若くして不慮の事故で亡くし、絶望感でいっぱいのところに山登り仲間のヒロシ君と・・・。 旦那と私、ヒロシ君(独身で27歳、私と同い年)は週末に山登りのサークル仲間です。 ただ、旦那とヒロシ君は特に仲が良いわけでなく、サークルにいる普通のメンバーという感じ。 ヒロシ君と私は結構、仲が良くて旦那と結婚する前は良くしゃべっていてメールすることもしばしば。 旦那の通夜でヒロシ君に会って挨拶だけだったのですが、数日したら携帯にメールが来て晩ご飯に誘われました。 娘の咲希(2才)もいるるし断ろうか迷っていま…
【痴女との体験談】破戒
2018/07/19 19:45
2018/07/19 19:45
の続編です。 妻との十個の約束(十戒)を結んでから、ただ、ひたすら神の啓示を守り続けた子羊のような私。 守った理由は、もちろん、人様の物に手を出して某タレントのように捕まるのは嫌だったし、出産費用の為に生活費全般を切り詰めていて風俗なんて行くお金もなかったし、浮気なんて、妻以外と女性経験がない私には論外です。 その他にも、理由はたくさんありますが、本当の、一番の理由は、“あんな簡単な約束を守るだけで、毎日、妻の―真希のパンティが手に入る。 ”この一点に尽きると思います。 しかも、女神様のご公認をいただいた後は、リビングでゆっくりと楽しむ事が出来ますし、なによりも、最後は、聖物に向け私の思…
久しぶりに会った元カノはスケベでビッチな淫乱ギャルになっていた件!
2017/03/11 00:00
2017/03/11 00:00
自分は21歳、大学生で

彼女も同じ大学の一個下の20歳。

彼女は幼女体型で148センチの低身長に色白でEcupの巨乳。

まさにロリ巨乳って感じのスタイルで、

よく中学生とかに間違わられていた。

そんな合法炉利の彼女に別れを告げられたのは4ヶ月前。

今でも僕は未だ彼女への想いを拭いきれずに思い切って

「今日暇だったら飲みに行かない?」

と元カノにメールをしました。

すると、彼女からは

「久しぶりだね!うん、いいよ♪」

とお気楽な返事。

その夜、コレはプラスにとっていいのか?

と淡い期待を抱きつつ待ち合わせ場所で待っていると、

【熟女体験談】農家に嫁いだ嫁が、逞しい義父に体を預け近親相姦
2017/11/03 00:02
2017/11/03 00:02
2017/11/03 (Fri) 還暦を過ぎた65歳のお婆さんです

最近、私もパソコンを練習し、
こうやってインターネットに接続して
色々なサイトやブログを詠ませてもらっています

今日は、昔のことが懐かしく思い出され、
今のうちに投稿しようと思いった訳です

私はある田舎の村で生まれ育ちました。

中学を出るとすぐ隣町の紡績工場へ就職し、
女性ばかりの職場で働いていましたが、
18歳の時に縁談があり親の勧めで婚約しました。

近所のおばさんたちは

「かずちゃんは、ぽっちゃりしていて色白だし、
気立ても素直だから、きっとでいいお嫁さんになれるよ」

などと言われ、
少々太めだった私は恥…
【妹】少女との体験 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/03/18 13:13
2017/03/18 13:13
秋口の山は思ったより厳しいものだった。僕は南アルプス連峰の黒姫岳を一人登っていた。2週間前、僕は死のうと思っていた。外資系金融会社でトーレーダーを している僕は、将来を嘱望されていた。読みが当たり、打つ手がすべて 会社に利益を与えていた。この会社は自分でもっているとさえ思っていた・・・ ところが思いもかけない落とし穴が待っていた。リーマンショックと世間では 呼んでいた。僕は会社にとんでもない不利益をもたらしてしまった。 有頂天になり、天狗となっていた僕は、一夜にしてピエロとなった。 頭を抱え、後悔しても、もう遅かった。このまま消えてしまおう。。。 そんな事を考えている毎日だった。部屋で悶々…
【人妻体験談】36歳人妻彩子
2015/11/20 12:29
2015/11/20 12:29
2005/09/20 05:26┃登録者:えっちな名無しさん◆UJY3VeQY┃作者:名無しの作者 向かいのマンションの人妻彩子36歳に強制種付けをしてやった。 旦那は東南アジア某国に単身赴任中、中学1年の娘がいる。 27日が排卵日である確率が高いことは事前の調べで解っていた。 娘も友人宅に外泊。 チャンス到来、そこで昨日26日深夜強制種付けを決行したのだ。 深夜、合い鍵で堂々と侵入。 (不用心にもポストの裏側に磁石で留めてあるのを知っていたので、コピー するのは簡単だった) 奥さんの入浴中を狙ったタイミングだ、直ぐには出てこない。 まるで俺のために肉体を清めているように思えて勃起し…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・女上司(34)に飲み会の後めちゃくちゃ犯された結果wwwwwwwwwwwwww

・憧れの先輩が酔った威勢でやらせてくれたので、思いっきり中出しした

・【人妻体験談】ミニマム体型で童顔なロリ妻の淫乱な本性を知ってからマンネリ気味だったSEXも刺激的なSEXになった

・童貞卒業する前にクンニとシックスナインだけが上達した

・姉をレイプして妊娠させてしまった結果・・・・・・・・

・【衝撃】ビ●チな看護師だけと質問ある?

・【変態】女性用下着つけてオ●ニーしてるけど質問ある?

・引越し作業員に犯されている妻

・通学路

・ダンナの名前を叫びながら目の前で犯される背徳

・内部告発で営業の合間にピoサロ行ってるのがバレたww結果wwwwwwwwww

・働く人妻OLさん

・【初体験】友達のお母さんに縛られて何度も抜かれました

・綺麗なお姉さん

・同期入社のOLにリードされて童貞卒業

・近親相姦が当たり前の家で育ちました

・レイプされて死にかけた話 1/3

・53センチのくびれ腰が魅力のOLと脱素人童貞

・近 親 相 姦   妹×兄 

・エロい団地妻とリアルロマンポルノの関係に

・少年とお姉さん

・付き合って7年の彼女を

・小西真奈美似の31歳の独身女支店長とのH体験

・中1の私がキモデブ叔父の性奴隷にされ、人格崩壊しかかった話・・・

・好青年がしてくれる旦那に内緒のマッサージ

・元彼の仲間3人に犯された彼女

・ホテヘル呼んだら変態きたwwwwwwwwwwwwwwww

・老女に遊ばれてた頃

・すっぴん美人な女子大生バイトを僕と店長で

・大学生の姉ちゃんがセフレになった