寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻を欲求不満バーへ行かせて他の男とSEXさせ興奮した

2018/05/18 06:59




妻を欲求不満バーへ行かせて他の男とSEXさせ興奮したエッチ体験談。
僕はホテルの部屋にあるソファに静かに座りながら妻との会話を思いだしていた。
「誰か僕以外の男性に抱かれたいと思ったことないかい」「ないと言ったら嘘になるわ、でもそのチャンスがないわ」「もし、僕がそのチャンスを与えてあげたらそうするかい」「ええ、あなたさえいいのだったら、かまわないわ」僕はその話だけで興奮し股間に伝わってくるのがわかった。
頭の中で、妻と二人でその週の頭に決めた計画を復習してた。
結婚して10年になる妻の志織彼女が、まず、ホテルの階下のバーに行く。
そこは、週末の夜、欲求不満の女性が集まる場所として有名だ。つまり、お互い見ず知らずの男女との一夜の情事、それをするのが目的なのだ。
最初の電話、つまりさっき僕が受けた電話は、妻がバーについた合図の電話だ。
僕が今いるホテルの部屋から階下に降りて、彼女が電話してきたバーへ行っても大丈夫だという合図。
僕は、バーに行き、テーブルを確保し、できごとの進展を見守ることになっている。
僕は、これから自分の妻が他の男に「ひっかけられる」ところを見ることになるのだ。
でも反面、イザとなったらそれほど勇気がある妻ではなくおそらく僕のもとへ戻ってくるとも思っていた。
僕はブレザーを着て鏡を見て点検し、向きを変えて部屋を出た。
エレベーターを待ちながら、僕は5階下のバーでどのようなことが起きるだろうかと想像していた。
石橋渉のHUNTING VOL.72 海編もう、志織に近づいた男はいるだろうか。
そんなに時間はかからないはずだ。
45分前に出て行ったときの志織は素晴らしかったのだから。
32歳。
160センチ、45キロの小柄な体。
黒の短いタイトドレスと、胸元の開いた赤い絹のブラウス。
その服装で、なお一層、妻の素晴らしさが強調されていた。
86センチのBカップ。
黒のワンダーブラのおかげで柔らかく深い谷間ができるように押し上げられている。
妻が、セクシーなドレスの下に着ているのは、そのブラだけ。
柔らかく滑らかな線を描く両足は生足で、ミニスカートのためにかなり露出していた。
おそらく誰が見ても欲求不満の人妻とわかるだろう。
エレベーターが滑らかに止まった。
僕はそこから出て、ロービーのバーへ歩いて行った。
薄暗い照明のバーに入り、妻を探して見まわした。
その日は数人の女性しかおらずそれに対して男性は25人ほど。
テーブルについてる者。
スツールに座る者。
ダンスフロアに立って、一緒に踊る女の体をまさぐる者。
僕が空いていたテーブルの席についた時だった。
妻が男と一緒に談笑しているのを見かけた。
僕は二人のま後ろのテーブルに座った。
本当に妻は美しい。
そして、予想した通り、彼女はそのバーにいたすべての男たちに好色そうな視線を浴びせられていた。
他の男達は羨ましいそうに妻をひっかけた男を睨んでいるようだった。
年のころは40代半ば、身長175センチ、体重70キロほどの中肉中背の男だった。
ビジネススーツを着ていた。
志織のタイプの男なのか、でも遊び慣れている感じがした。
男は志織と楽しそうに話をしていた。
椅子を妻に密着させ、右腕を肩に廻している。
しかも左手は妻の左ももに当てている。
男はまったく気が付いていない。
後ろテーブルにいるのが彼女の夫であることなど。
男は妻にさらに密着し、二人が話し始めた。
それを見ながら、僕は興奮と嫉妬心が混じり合った不思議な感情にとらわれていた。
ホテルのバーで、自分の妻が年上の男に誘惑されているのを見ている自分。
男は、彼女の夫が二人の挙動のすべてを見ているとは、まったく気がついていない。
僕は気づかれないように二人の会話を盗み聞きした。
「旦那さんは出張なの?」「ええ、そうなの、だから退屈でここにきたの」「お酒は強い?」「ううん、弱いわ、すぐ酔ってしまうし酔うと記憶がなくなるの」「本当に?」「ええ、何があったか覚えていないほど」妻の言葉に男はしめたと思ったことだろう。
男は盛んに妻に強いアルコールのカクテルを飲ませていた。
本当に妻はお酒には弱いのだ。
「あら、やめて」妻が甘い声を出して男の行動を制止しようとしていた。
おそらく男が妻のミニスカートの脚を撫でたのだろう。
妻は真後ろにいる僕の方を見てウインクをし、微笑みかけた。
僕が聞いていたことを知っていたのだ。
そして、その男と手を取ってダンスフロアに向かった。
二人のスローなチークダンスと、妻の優しいお触り。
このような状況の妻を見ると、どうして僕は興奮するのだろうか?なぜ、この状況が僕自身の欲望を「膨らませ」てしまうのか?それと同時に、僕は嫉妬を感じているし、怒りも覚えている。
今すぐに妻のところに駆け寄り、部屋に連れ戻し、熱烈に愛したいと思っている自分。
だが、もう一人の自分は、妻が他の男と雑談し、触り、触られ、そして究極的には男に誘惑されていく光景に、心を奪われ、興奮しているのであった。
僕が嫉妬心に完全に心を捕らわれそうになったときだった。
男の手が踊りながら妻の足の内側に潜り込んでいったのに気づいた。
ミニスカートの中、だんだんと上に這い上がっていく。
妻はそれを気づかぬふりをして身体を任せていた。
男の手が這い上がってくるのにあわせて、少しずつ足を開いていく。
男は、指先に肉肌しか感じないのに気が付く。
パンティを履いていないのを知るのだ。
そして、手の動きを止め、妻を見つめる。
事情が飲み込めたといった表情で妻を見つめている。
男はチークダンスを途中で止めテーブルに座った。
「部屋を取ってあるのでそこで飲みませんか」と興奮した言葉を抑えて呟いた。
「・・・ええ、いいわ」妻も小声で応えた。
僕も興奮を高めている。
自分の妻が、人目につく場所で、知らない男に誘惑されソノ気になってきている。
僕はすっかり勃起していた。
男は妻の肩を抱いて一緒にバーを出ていった。
さて、これから先は、僕は事態の進行をコントロールできなくなる。
もう、止めることはできない。
妻は彼の手中にいるのだ。
今度、妻が僕の元に帰ってくるとき。
その時は、彼女は、以前の貞淑な妻ではなくなっているのだ。
僕は部屋に歩いて戻った。
後戻りのできない一線を越えてしまったことを改めて認識した。
部屋に戻りイライラをうち消すためにテレビを見た。
だが、志織の身に起きていること、それ以外のことは何も考えられなかった。
あまりにも慌ただしくことを進めてしまったのではないか。
実際にはたった20分なのだが、妻の姿を最後に見てから何日も経ったように感じた。
その時、部屋の電話が鳴った。
「・・・あなた、わたし・・・してもいいの?」意外と冷静な声だった。
「彼は?」「今、シャワーを浴びているわ」「抱かれたいの?」「・・・ええ、とっても素敵な人なのよ」僕は囁いた。
「今更、仕方ないじゃないか」「じゃあ、楽しんじゃう」そう言って、妻は電話を切った。
妻は男の部屋にいる。
どの部屋かは分からない。
ともかく、妻が男と一緒にいるということしか分からない。
僕にできることは、ただじっと待っていることだけだ。
再び妻のことを考え、興奮していた。
アダルトの有料チャンネルをまわした。
画面では、女性が素裸になって男と抱き合っていた。
その女性と妻が重なって見えた。
それを見て興奮していた。
知らない男に抱かれ、裸にされる妻の姿。
知らない男に体を弄ばれ、手でまさぐられる妻の姿。
そしてついには貫通されてしまう姿。
それしか頭に浮かばなかった。
それを考えると気が狂わんばかりだった。
午前3時半頃、ドアを叩く音で目が覚めた。
志織は部屋に入るなり浴室に直行した。
15分かそれ以上、志織は浴室にいた。
僕は聞き耳を立てていた。
どうしてこんなに長いのだろう。
志織がベッドに入り僕の隣に来た。
薄暗がりのなかで妻が微笑んでいるのが分かった。
「抱いて」僕は抱き寄せ、訊いた。
「どうだった?」妻はにっこりと笑う。
体を寄せてきて、ねっとりとキスをしてきた。
「わたし、しちゃったわ、本当にしちゃったの」僕は冷静を装って妻の話を聞いた。
「あなたも知っているように、11時にバーを出て彼の部屋に直行したわ」「すでにバーで何杯も飲まされてたから、ちょっと酔っていたの」「ベッドに横たわって彼と長いキスをしたわ、そうしたらだんだん愛撫が大胆になってきて、彼に体中を触られていた」「・・・とっても気持ちよかった」「それに、あなた以外の人に触られて興奮もしていたの」「私はパンティを履いてなかったし、ブラウスもはだけていて、ブラも外していたの」「だから彼の手に自由に触られるままになっていたわ。それから彼に頭のてっぺんからつま先まで彼の舌で舐められたの」「むき出しになっていたクリトリスも舐められたわ、舌使いが凄く上手だった」「敏感なボタンにキスしたり、唇で挟むようにしたり、舌を大きく使って舐たりするの、それから舌を尖らせて私の中を貫いてきたのよ、とても深くね」「それからすぐに、私は爆発するようにイッてしまったの、うち寄せる波のように砕けたのよ」「彼、女の体のことをよく知っているし、上手だったわ」僕は黙って妻の経験談を聞いていた。
「それからおしゃぶりをしてくれないかと言われたわ、もちろん、私もして上げたい気持ちになっていたの。バスローブの中から飛び出てきたものを見て、息を飲んだわ」「彼のペニスはあなたより大きくてわたし心配だった」「でもそれを私の中に入れて欲しい、最大まで私の中を広げて欲しい、そういうことしか考えなかった」…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻・不倫体験談】オフィスで机をならべている人妻と最近、深い関係になったエッチ体験
2015/09/25 22:12
2015/09/25 22:12
オフィスで机をならべている奈津美と最近、深い関係になりました。 奈津美はいわゆる総合職で、27歳の人妻。 旦那さんは弁護士、子供なしという典型的なDINKSです。 私は34歳。 妻は都市銀行勤務の総合職。 子供なし。 二人は似たような境遇で「夫婦で過ごす時間が少ない」とこぼし合っていました。 ある夜、二人きりで残業をしている時のこと。 奈津美は疲れていたのか机のパソコンの上に頭を乗せ、居眠りをし始めました。 こんなことは時々あることなので、私は気にせず黙々と自分の仕事を片づけていきます。 1時間たっても奈津美は起きません。 疲れてるんだな、と横を見ると、椅子に腰掛けた奈津美のお尻の重量感と…
義母の透けた水着
2016/12/28 17:49
2016/12/28 17:49
先週から予定していたプールだが、妻が風邪をひき、寝込んでしまった。 中止しようかと思っていたら、妻の母親が話を聞き「私がついて行ってあげる」と言った。 3歳と5歳の子供を私一人でプールへ連れて行くのは無理だと思っていたので、内心ラッキーと思った。 妻の母親は45歳なのにすごいナイスバディーで、胸はFカップでお尻もとても大きい。 しかし、ついて来るだけで水着姿は見れないだろうと思っていたら、プールへ行く途中「私、水着持ってないからどっか寄って」と言ったので店を探した。 でも、なかなか見つからず、やっと小さい衣料品店を見つけた。 義母は「ちょっと待ってて、すぐ買ってくるから」と言って、…
近親相姦、妹と相姦関係・・これからも変わらぬ兄妹愛
2016/05/27 23:00
2016/05/27 23:00
 

  俺が大学へ通う為に一人暮らしを始め、そのまま卒業と共に就職が決まり一人暮らしを続行する事が決まった頃、丁度、妹も短大に入学が決まり、俺と一緒に暮らす事となった。ただ今住んでいる所は2Kトイレバス別と二人で住むにはちょいと手狭な所だった。それが幸か不幸か妹と相姦関係になってしまうとは…それは一緒に住み始めて2年位経った頃だった…その日は従兄妹の結婚式で俺達家族全員が招待され披露宴が終わり俺達は各々帰宅した。披露宴ではタダ酒をたんまりと頂戴したが、なんか飲み足りないと感じた俺は帰ってからも20歳を過ぎたばかりの妹に半ば強引に付き合わせて飲んでいた。部屋着に…
23歳のOLは、アナルマゾだった【エッチ体験談】
2016/03/12 00:33
2016/03/12 00:33
興味深い書き込みを見つけた。 「最近アナルプレイに興味があります。どなたかこんな私を調教していただけないでしょうか?」 彼女は23歳のOLで、さっそく、俺は彼女にメールを送った。 「アナルセックス経験者です。よろしければ、今夜、調教させてください。」と。 それから5分も経たないうちに、彼女から返信があった。 「お返事ありがとうございます。是非私のアナルを開発してください!」 そうと決まったら話は早く、食事もせずに会ってすぐにホテルに行くことになった。 そしてPM7:00ごろ、待ち合わせ場所に現れたのは、清楚な感じの女性だった。…
彼女の妹の足の匂いを臭ぎ指をしゃぶりながらオナニーした超ド変態サラリーマン
2017/11/23 10:10
2017/11/23 10:10
俺は超ド変態のサラリーマン。

年齢は28歳になる変態の俺だが、25歳のオフィスレディをしている彼女がいて彼女の妹は19歳専門学校生。

俺と彼女は付き合って2年。



彼女の妹は去年の春、高校卒業後、専門学校に入学し、田舎から出てきて彼女のマンションで一緒に暮らしている。

妹は色白で本人は否定しているが、俺は上戸綾系だと思っている。

俺にもすっかりなつき、3人でよく食事に行ったり、飲みに行ったりしていた。

先月の初め、また3人で食事に行こうと約束したのだが、夕方、急に彼女が残業になって合流が遅れる、と携帯に連絡があった。

そこで彼女の妹と2人で先に食事した。

彼女はまだ来ないので…
映画館での痴漢に・・・
2018/05/25 20:01
2018/05/25 20:01
初めまして 真奈実と言います。 ホームページを拝見して 皆さんのとても勇気ある 告白を見て 私も打ち明けてみようと思いまして 突然メールさせて頂きました 私は ある出来事をきっかけに露出症になりました それは私が24歳の頃の事です 東京のある場所でお友達と待ち合わせをしていました 待ち合わせの場所で待っていると携帯電話が鳴り 都合が悪くなったから来られないと言った電話 だったのです このまま帰るのも惨めのような気がした私は近くに 映画館を見つけて中に入る事にしました 入場券を買って中に入った私は 通路の反対側から 歩いてくる一人の人に気が付きました どうしてこんな人がここに居るのと目を疑…
道で拾った泥酔キャバ嬢2人に中出し
2017/12/23 12:22
2017/12/23 12:22
主人が海外出張から帰るまで毎日、彼に抱かれ続け女の喜びを知りました
2016/04/09 12:37
2016/04/09 12:37
私(真知子)は44歳の主婦です。
主人は46歳で会社に勤めています。
この春、娘が一人暮らしを始めたので主人と二人だけの暮らしになりました。
夫婦の営みは月に2~3度はありますが、44歳の熟れた身体はもっと激しい刺激を求めていたのかもしれません。

最近、セックスの最中に主人から『3Pしてみないか?』『浮気してみろよ』と、何度も言われ『そんな事出来ない』と言いつづけてきた私です。




でも、家事も済んで時間ができると主人の言葉を思い出し妄想してしまうのでした。
私は我慢できずに寝室に行きカーテンを閉め全裸になります。
私のクローゼットに隠した通販で買ったバイブを…
同僚の女の子の家にネットワーク設定を手伝いに行った時のラッキースケベな体験談
2016/01/23 07:00
2016/01/23 07:00
会社の女の子の家にネットワーク設定を手伝いに行った時のラッキースケベな体験談 会社での仕事の他に、何人かで他の仕事も請け負ってやっている。 その日はPCの設定やらプリンターの設定やら、LANの設定やらと女性が苦手な方面を、 「俺に手料理作ってくれる」 という誘い文句に、暇だし仕事もスムーズに行える環境も作りたかったので行きました。 まぁ、相手も警戒してか同僚のもう1人の女を一緒に連れてきてて、家も実家なもんで特に深く考えないで設定に取り掛かったんです。 その間に引出しチェックなんかやりたかったんですが、隣にいるんでさすがにそれはできませんでした。 それに機材もデッカいんで、同僚の部屋に3…
レイプされました。
2017/12/22 21:19
2017/12/22 21:19
私は18歳の女子高生です。私は車で拉致され、レイプされました。帰宅途中に男5人組に車に強引に乗せられました。必死に抵抗しましたが男の人の力にはかないませんでした。車がついた先は工事現場にあるプレハブ小屋。私はその部屋で男達に犯されました。男達は私をm字開脚の状態で椅子に縛り付けました。そして、私のアソコに色々な物を入れてきました。私の鞄の中から取り出したボールペンやシャープペンシル、携帯電話が次々と入れられました。悔しさと痛さで涙が出ました。そんな私を見て男達は笑いながら「泣くほど気持ちいいの?最近の女子高生は!」「結構、好きなんだろ?こういうの?」「もっとやって下さいって言ってみろ」など罵声…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・無毛割れ目の夏

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・中国マッサージ

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・やっぱり違う私を女にしてくれた人

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・可憐の女店主が全裸で土下座した

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【人妻体験談】上司が妻に会いたいと言ったので上がってもらうことにしたら、妻を寝取られ、妻は知らないうちに上司の恋人になっていた

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした

・【乱交】エアコン修理のおじさん2人に私の体も診てもらった

・凌辱された小学生