寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

写真モデルを頼み妻が他の男に抱かれる様を見て興奮した

2018/05/18 03:22




写真モデルを頼み妻が他の男に抱かれる様を見て興奮したエッチ体験談。
私の妻は結婚5年目の31歳です。
顔は童顔で背はそんなに高くありませんがかえってそれが幼さを増しているようで、いまだに街では独身に間違われよくナンパされています。
そんな妻をぜひモデルにしたいと取引先のk社長から話がありました。
社長とは年に数回ではありますが旅行などして家族ぐるみで付き合いがありました。
社長はいわゆるアマチュアカメラマンで風景を主に撮っていましたが今度女性を撮ってみたいとのことで、正直私は戸惑いました。
以前から貞操感の強い妻を他の男の前で晒したい、他の男たちに抱かれるとどんな顔をするのか見てみたい・・そんな願望はありましたがいざ話しが来ると、どうしていいかわからなくなってしまいます。いけない女たち 3そんな私の気持ちを見透かしてか社長は「撮影の様子は隣の部屋から覗けるんだけど・・見てみる?」まさに悪魔の誘惑です。
私は即座に「お願いします。でも妻にはヌードとは言えません・・それでもいいですか?」「奥さんには嘘でも何でもついてモデルの件を承諾してもらってください。あとは何とでもなりますよ。」「奥様のOkが出たら気の変わらないうちに撮影に入りますからそのつもりで・・」その夜小学1年生の長男を寝かしつけた妻に今日のモデルの件を話しました。
「kさん今度女性を撮るみたいだよ」「ふ~ん」「それである人にモデル頼みたいってお願いされちゃった」「へ~」雑誌を読んでる妻はまったく興味がないと言った感じで相槌を打っています。
「モデルって君だよ」「・・・・」「え!?私?」「そう、君。なんでも向こうの奥さんが君じゃないと女性を撮っちゃダメだって、結構嫉妬深いよね。」「でも、ヌードじゃないよね?」「うん、顔だけでもいいって言ってたし、モデル代も出るってよ・・いやなら断ろうか?」妻はしばらく考えていましたが、「ヌードじゃないならいいよね。モデル代私がもらっていいんだよね。欲しいバックあったし・・」意外にも妻はOKを出しました。
普段から隙を見せない妻がモデルをやるなんて・・・そのときからすでに私は興奮状態でした。
撮影は日曜日のお昼過ぎに行われました。
子供は友達の所に遊びに行き、私も妻にはパチンコに行ってくると嘘を付き妻よりあとから社長宅に行きました。
社長宅には奥さんもおらず社長と家内が応接室で撮影を始めてました。
私は兼ねてからの打ち合わせどうりに隣の札のかかってる部屋に入りました。
そこは4畳半程度の薄暗い部屋で椅子と壁にカーテンがかかっていました。
そしてカーテンをそっと開けるとそこはマジックミラーになっていて撮影風景画丸見えでした。
応接室の中は妻と社長の2人きり。
マジックミラーからは妻がちょうど真正面に見える位置で撮影は行われています。
「やはり恵美さんをモデルにして正解でしたよ」「モデルがいいとやる気がでます」妻を褒めちぎる社長の声とシャッターを切る音がBGMと一緒に聞こえます。
妻はというと少し顔を紅潮させ、ギコチない動きではありますが社長の要求に答えようと一生懸命ポーズを決めています。
妻が撮影になれるにしたがって社長の要求は少しづつ大胆になっていきます。
「ね、ブラだけとっちゃおうか・・シャツ着てるし大丈夫だよね。」「え~、恥ずかしいです」「別にヌードじゃないんだから大丈夫だって」もともと押しに弱い妻は後ろを振り向くとブラのホックをはずし、シャツを着ている中からフラだけをとると部屋の隅のバックの下に隠しました。
Cカップの妻の乳房は明らかに乳首が立っており、シャツの上からもそれがすぐわかりました。
「恵美さん、少し胸を出して・・胸を張るように・・」「はい・・」妻は消え入りそうな小さな声で答えます。
「恵美さん、綺麗なバストしてますね。服の上からも判りますよ・・」「あれ、興奮してますか?乳首が勃ってますね」「そ、そんなことないです」「いいんですよ、私は本当の恵美さんを見たいだけですから・・そんな恥ずかしがらずに」「さ、シャツのボタン3つはずしてみましょうか」妻は「いや・・」といったもののボタンをはずし四つんばいのポーズをとっています。
その隙間からはまだ張りのある乳房が露になっています。
それは私のミラー越しにも確認できました。
飴と鞭ではないですが、褒め言葉ときわどい要求で妻は次々とポーズをとらされ次第に社長の言いなりになっています。
最後には床に腰をおとしM字の足を拡げ、腰をくねらせています。
しかも両手が体を支えるため後ろについてるため、バストは丸見え状態です。
そのとき今まで撮影をいていた社長がカメラをおいて妻に覆い被さりました。
突然のことに妻は「え?」と短く声を発しましたが、その口もK社長の唇が塞いでしまい部屋のはBGMの音だけが響いていました。
K社長の舌がねちっこく妻の口の中に出入りしています。
始めは口を閉じようと抵抗していた妻ですが次第に舌を差し出すようになっていました。
そして社長の右手は妻の張りのはる乳房を容赦なく揉みしだいています。
「ん・・あ・・・」BGMも終り妻のくぐもった声だけが聞こえます。
一瞬社長がこちらを見てニヤッと笑った気がしましたが、私は激しい興奮で既にやめて欲しいとは思わなくなっていました。
「Kさん、やめて・・・」長いキスのあと妻はやっと出したような小さな声で言いました。
「恵美さんのココはそんな風じゃないんだけどな」妻のオマンコに指を差し込んだようで、妻は小さなうめき声と体をのけぞらせて再び身を委ねています。
「もっと恥ずかしいことしないと声でないかな?」言うか言わないかのうちに社長は愛撫をやめスッと立ち上がると妻の髪をわしづかみにし、引きずるように鏡の前に連れてきました。
この次点で妻は何も身に着けていません。
「いや・・こんなのイヤ」鏡の前で妻は鏡に押し付けられるようにされ右手では乳房を左ではクリトリスを愛撫しています。
「ああ・・いい。気持ちいい」「・・もっとして」遂に妻が自分から社長を誘っています。
私はめまいがするほどの興奮を覚え、遂には目の前で犯されている妻を見ながらオナニーを始めました。
完全に妻の様子はイッてる感じでSEXに没頭するメスです。
社長が妻を結合部分が見えるように床に寝せいよいよ他人のペニスを受けいるときがきました。
「恵美さん・・さあ、何が欲しいか言ってごらん」「ああ・・変になりそう」「さあ・・」「Kさんの・・オ・・チンチンを・・はめてください」「ご主人に悪いな・・ばれたらどうしよう?」「主人の・・ことは言わないで・・」「いきたいの。お願い」少しの沈黙の後妻のあえぎ声が大きくなりました。
ゴムはつけていないようです。
「すごい・・気持ちいい」悶え狂う妻はうわごとのようにつぶやいています。
妻のオマンコははちきれんばかりに広がって社長のペニスを受け入れています。
その愛液は既に白く泡立っており、奥から引き抜くたびに際限なく出てきてます。
やがて妻が絶頂を迎えるのか背中に手を廻し足を絡めてしがみ付いています。
「恵美さん・・イキますよ」「あああ」妻はもう声になっていません。
「中に出しますね」今まで激しく動いていた2人が急に止まったかと思うと妻は痙攣をはじめ、社長は子宮の奥に射精しようとしているのかペニスを奥に奥にと突き上げています。
絶頂が収まると社長はペニスを引き抜きました。
真っ赤にパックリと開いた妻のオマンコからは真っ白い大量の精子があふれ落ちてきました。
それを見た瞬間私もイキました。
私はしばらく呆然としていましたが妻が再び社長にキスをしていました。
理性がなくなった妻は2度目のSEXに突入しました。
私は耐え切れなくなり部屋をでて先に家に帰りました。
妻はその日の夜8時頃帰ってきました。
帰宅予定を2時間も過ぎていましたがその表情は明るくSEXした素振りも見せません。
「モデルどうだった?」私はこう聞くのがやっとでした。
「楽勝だよ。また撮影あるんだけど行ってもいいかな・・」「・・・いいよ」「ありがと・・」少しだけ表情が曇ったような気がします。
そのとき社長から電話が来ました。
「全部見たかい?」「・・・ええ」「恵美さんはまたしたいって言ってるんだけど君はどうする?」正直迷いましたが、妻を抱かれている時の興奮が今まで体験したことがないほどのものでした。
それを知ってしまったのです。
「・・・よろしくお願いします」私は妻を社長の愛人として差し出してしまい、断るタイミグすらも自分の欲望で放棄してしまいました。
それから妻は毎週末モデルという名目で私以外の男に抱かれに行ってます。
社長からは妻とのSEXを映したビデオが会社宛に送られてくるようになりました。
妻は以前にも増して綺麗になりましたが、私とのSEXは拒むようになりこの先が不安です。
いけない女たち 3


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦】「借りた金は返すのが当たり前」麻生財務相、AIIB不参加理由を激白 【体験談】
2016/04/27 11:37
2016/04/27 11:37
 麻生太郎財務相は9日の記者会見で、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に関し、現段階での参加を見送った理由を約10分間にわたって説明した。日露戦争の際に戦時公債を発行したことに触れ、「(日本は)1日も遅れず、1銭たりとも約定を違えず全額を返済した。しかし、今は世界で借りたお金を約定通り返さない方が多い」とも語り、AIIBによる不透明な融資審査基準や過剰融資に懸念を示した。詳細は以下の通り。 −−日本が参加した場合、AIIB設立当初の出資金は最低でも1000億円と試算されている 「AIIB参加国は最終的にいくつになるのか知らないが、出資額の総額も中身もわからないので、今の段階で考え…
私の下着を身に着ける義父…
2017/08/14 13:19
2017/08/14 13:19
38歳、主婦です。 寝室にある 私の下着が入った引き出しの中の下着の感じがなんとなく変と感じ始めたのは去年暮れあたりからでした。 ブラジャーやスリップ、パンストのたたみ方や置き方が微妙に違う気がして…。 家には 男は旦那と中学生の息子、旦那側の父、母と私の五人暮らしです。旦那は下着方面には興味ない人、義父の態度からはそんな趣味はうかがえる気配はまったく無いしと思っていましたから、てっきり思春期の息子かと疑いかけていました。 そして見たんです、義父の着ていたジャージの背中越しにブラジャーのラインがうっすらと… 腰のすき間からは明らかにスリップの水色のナイロン生地もはみ出て いました。私は息をのみ…
【人妻体験談】同じ団地に住む団地妻と雑木林の中でカーセックスするAVのような体験
2018/03/26 22:02
2018/03/26 22:02
家族三人で団地住まいをしている私は普通のサラリーマン 熟女系AVで昼下がりの団地妻とかありますがリアルの世界では、そんなエロい事なんてないだろうと思っていました しかし、AVのような体験を実際にしたんです 同じ団地に住む団地妻と不倫関係になったんです 団地妻の名前は、恵子 32歳の2人の子持ちママですが童顔で20代後半ぐらいに見える可愛い小動物系の主婦なんです 私たち夫婦と恵子夫婦そしてもう1件の夫婦は同じ棟に住んでいて上の子供が共に同級生ということで家族ぐるみでお付き合いをしていました 今まで何回か泊まりで遊びにも行っています 今年の冬に泊まりでスキーに行ったとき、他のご主人は寝てしまい妻…
熟女店員
2016/08/24 14:05
2016/08/24 14:05
初めてTバックのパンツを履いて、ジャス○にぶらっと買い物に出かけた。 平日の昼間なので店内はガラガラ。 紳士服売り場でスラックスを見ていると「良ければ試着されますか」と店員 に声を掛けられました。 横を見ると50過ぎの感じのいい熟女店員でした。「そうですね」店員に白とグレーのスラックスを2本渡すと「こちらです」 と案内され試着室に入った。 一本目のスラックスを受け取り、履き替えると、カーテン越しに店員が「よ ろしいですか」 私が「ハイ」と答えるとカーテンをまくり中に入ってきました。「裾どうですか」言いながらと真正面にしゃがみこんだので、上からスカー トの中が丸見えである。 店員は「スソは短めで…
両腕骨折入院中、看護師の妹の後輩にゴム中出ししたH体験談
2016/07/15 23:29
2016/07/15 23:29
俺は30歳、独身。カノジョなし。

先々月、よりによって通勤途中にバイク事故で

27歳の妹が働いている病院にかつぎこまれた。

両手骨折で、整形外科病棟に入院。

労災なので、全部医療費は会社もち。

「兄ちゃん、なにやってんのよぉ!恥ずかしいなあ!」

「ええ!お前の病院かよ・・・ここ。」

手術が終わって、麻酔が切れて目が覚めたときのことだ。

主治医や婦長さんと主任さんもいた。

こっちが恥ずかしい。

そして、3週間の入院となった。

入院して5日目のこと。

体を拭いてくれるってことで

24歳の看護師の子が来てくれた。 両手が使えないから、パジャマ、パンツを脱…
最初は悪戯のつもりだったけど
2017/02/16 22:49
2017/02/16 22:49
その日は両親が深夜遅くまで帰ってこなかったので、妹(当時8才)と二人で留守番をしていました。 俺は中学生だったので、もう女の裸が観たくて観たくて堪らない時期だったのを覚えています。 だから、妹に「一緒にお風呂入ろ!」と言われた時は、チャンスと内心思いつつも、面倒くさそうにしながらも勃起したチンポを隠すのが大変でした。 脱衣所で妹は、淡々と服を脱ぎ、先に風呂場に入っていきました。 俺は、服を脱ぎながら妹が脱ぎ捨てたパンツを取り、とりあえずシミのついた部分を鼻と舌で堪能しました。 風呂場では妹と洗いっこしながら、平な胸と毛の無い縦筋をタオル越しに堪能しました。 妹も俺の体を洗ってくれて…
【寝取られ】スペシャル危険日に元彼に中出しさせた妻
2016/03/13 18:00
2016/03/13 18:00
衝撃的な出来事からようやく落ち着いてきたので投稿します。 妻33歳、結婚5年目で3歳の息子が居ます。 数年前より他人棒や複数プレイに興味があり、色々なサイトを巡ってました。 夜の営み中、妻に元彼とのセックスの話を聞くようになり、話はどんどん過激な話題へと進んでいき、妻も最初は嫌がっていましたが目隠しをし、「ほら、元彼のチンポが入ってるよ」などと言うと身震いさせながら感じ、元彼の名前を呼びながら、「気持ちいい気持ちいい、中に出して!」と叫ぶようになりました。 私は、プレイの一環として「元彼に抱かれて来い」「子作りしてこい」「3Pがしたい」「お前がやられてるところが見たい」「…
上司の奥さんとハメ撮りセックスしてアソコを思う存分突きまくったエッチ体験【エロ体験談告白】
2016/09/15 23:01
2016/09/15 23:01
とうとう念願がかなった。

前から狙っていた課長の奥さんを犯す事ができた。

社内ナンバーワンと言われていた同期入社の雅美が結婚したのは1年前、

ショックをうけたのは私一人ではなかったと思う。