寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

混浴の温泉でうたた寝している間に、中年オヤジに妻の全てを見られてしまった

2018/05/18 02:44




去年の正月に伊豆のKという温泉地に妻と旅行に行ってきました。
渋滞を避けて夜明け前に出発したのですが、思ったより道は空いていて、ずいぶん早く旅館に着いてしまいました。
チェックインにはまだまだの時間でしたが、長時間の運転で疲れていたので念のためにフロントに聞いてみると「OK」とのこと。
喜んだ私たちは、さっそく温泉に入ることにしました。
裸になった妻は、前にタオルをあて恥ずかしそうにやってきましたが、洞窟状の風呂を見たとたんに「わあ、おもしろいねー、ここ」と、子供のようにはしゃいでしまいました。
それからは、2人っきりなのをいいことに泳いだり潜ったり飛び込んだりと、大暴れのし放題でした。
洞窟の外にある露天風呂も、初めは周りを気にして入らなかったのに、場になじんだとみえて中で少しのぼせると涼みに出たりしていました。だいぶ時間がたったでしょうか、そろそろ他のお客がやってきているのが遠くにある駐車場に車が集まってきているのでわかりました。
自慢ではありませんが…いや…本当は自慢になりますが、妻は私のひいき目を抜きにしても、かなり美しい女性だと思います。
中学・高校と水泳で鍛えた身体は、運動をやめて10年を経てもそのスタイルを維持していますし、ルックスの良さで、当時ある雑誌に「水泳界のアイドル発見」として見開きで紹介されたこともありました。
ただ、小柄(154センチ)なのと、選手としては細身で、あまり筋肉が付きづらい体質のために記録としては平凡なものしか残せませんでしたが、一時は「追っかけ」と呼ばれる巨大なカメラを持ったファンが何人もいたほどでした。
「そろそろ出ようか?」「もう少し入ってようよ。私、こんなにのんびり温泉に浸かるの初めてなの」「でも、そろそろ他の客も来始めてるよ」「少しぐらい見られても平気だよ。中は結構暗いからぼんやりとしか見えないわ」最初とはうってかわった妻の態度には少々驚きましたが、普段は専業主婦で家にこもりがちなのでストレス発散の意味もあるしと、もう少し入っていることにしました。
ほどなくして洞窟風呂の入り口でガヤガヤと男の声がしました。
「来たな」と、なぜか男である私が身を固くしてしまいました。
妻にも男たちの声が聞こえているはずですが、何事も無いような顔をしてスイスイと泳いでいます。
そして洞窟の扉が開かれました。
私は何故か胸が高鳴ってしまい、妻の手前、平然を装うために勢いよく顔を洗いました。
妻の裸を見られるくらいでうろたえるような男とは思われたくなかったからです。
間もなく、湯煙の中に数人の男の影が現れました。
入って来た男たちの第一声は「なんじゃこりゃあ?真っ暗で何にも見えねえぞ」でした。
長いこと入っている私たちはすっかり目が慣れてしまっていたのですが、外から来た人にはずいぶん暗く感じたことでしょう。
それに夕方も近くなり、外もだいぶ日が陰ってきていました。
「電気ないの?電気?」「うわ、真っ暗だよ」「おっ、ここにスイッチがあるぞ」パチッ。
眩い光に、一瞬目をしょぼつかせてしましました。
「あれ?先客がいたんだ。こんにちはー」「こんにちは」挨拶を返しながら相手を見てみると、私より10歳は年上と思われる中年の3人組でした。
なにやら陽気そうな人達で、私は内心ほっとしました。
振り返って妻を見ると、首まで湯に浸かったまま私のすぐ後ろに隠れるようにしていました。
「アレ?そっちは女のひと?いいねえ~夫婦で仲良く混浴だあ~」3人は既に結構酔っているようで、仲間内で他愛もないバカ話をしていました。
そのうちに私たちにも話題を向けてきて、妻も交えての世間話が始まりました。
私はどちらかというと人見知りするほうなので、初対面の人とはなかなか打ち解けられないほうなのですが、妻は物怖じしない性格で、人なつこく、誰とでもすぐに仲良くなってしまうので、こういう場では助かります。
はじめは私も相づちを打っていましたが、そのうちに聞き役に回るようになってしまいました。
しばらくすると、だんだんのぼせてきたのか、妻が湯船に腰掛けました。
男たちは話しを続けながらも、妻の身体をさりげなく観察しているようです。
もちろん妻はハンドタオルを胸から前に垂らしているので肝心な部分は見えませんが、濡れたタオルはピッタリと張りついて、身体のラインがはっきりとわかりました。
自分の妻ながら、なぜか私はドキリとしてしまいました。
男たちと妻は話しが合うようで、話題は次から次へと代わります。
そのうちに妻は、話しに夢中になっているのか、男たちへの警戒心を解いたのか、胸を隠している手が微妙にずれてきていました。
ときどき身振りを加えたりするとタオルを抑えているのがおろそかになり、乳首が見えそうになります。
男たちもそれを気にしているようで、視線は胸のあたりをさまよっているようでした。
「猿腕って知ってる?」「えっ?なんですかそれ?」「こうね、手のひらを合わせて腕を伸ばしたときにね。肘と肘がくっつくのをサルウデって言うんだよ。やってみな、普通はつかないんだけどね」「えっ?こうですか?」妻は言われた通りの動作をしました。
そう、タオルから手を離してしまったのです。
「えー?つかないですよ」男たちの意図にまったく気付いていない妻は、単純に不思議がっています。
濡れたタオルは幸いにも両腕にはさまれてかろうじて胸を覆っていました。
「こうするんだよ」いちばん小柄で毛深い男が同じ動作をすると、肘から先がぴったりとつきました。
「ああ、本当だー、おもしろいですね」「こういうのは生まれつきの骨格の違いだね。」「このおじさんは猿みたいな顔をしてるけど、本当に猿なんだよ」私は、ただぼんやりと話しを聞いているのにも疲れてきて、温泉から上がってみんなから少し離れた洞窟の窪みに行って横になりました。
そこは、電球の灯かりの届かない暗い場所でしたが、こちらからは妻の様子はよく見えます。
そういえば、こうして妻の裸を見たのはいつ以来だったでしょうか。
普段の暮らしの中では妻の裸をじっくりと見る機会などほとんどありませんでした。
一緒に風呂に入るということもないし、夜の営みのときでも灯かりは消しています。
私たちは、結婚して4年、知り合ってからは10年になりますが、初めてのときに妻がひどく恥ずかしがって、それ以来なんとなく妻の裸を見るのは妻に悪いような気がしてあえて見ないようにしてきたのかもしれません。
もちろん夫婦生活では互いに口腔愛撫などもしますし、そのへんのことはノーマルだと思っていますが、なぜか「裸を見る」ということだけが今までなかったのでした。
だから、いま目の前で、知り合ったばかりの中年男たちと談笑している裸の妻というのは、自分の妻でありながらも、なぜか未知の女性のような錯覚を感じてしまい、とても不思議な気がしました。
裸電球のやわらかな光に照らされて、うっすらと汗のにじんだ妻の身体が湯煙りの向こうに輝いて見えました。
自分の妻がこんなに美しい肢体をしていたなんて…恥ずかしながら、今ごろになって気付いたのでした。
私は横になって、ひんやりとした岩肌に火照った身体を大の字に伸ばしたまま、ついウトウトと眠ってしまいました。
目をさますと、面前に妻の顔がありました。
笑っています。
「目が覚めた?ずいぶん疲れてたみたいね。ヨダレたらしてたよ」「えっ?」あわてて濡れた口元を拭いました。
照れ隠しに温泉をすくい、おおげさに顔を洗いました。
「おじさんたちはもう上がったの?」「ちょっと前に出たよ。私たちもそろそろ部屋に行こうよ」「ああ、もう外は真っ暗だ。結局ほかには誰も来なかったんだね」「そうだね。誰も来てないよ」「ずいぶん楽しそうにしてたみたいだけど、面白そうな人たちで良かったね」「う~ん。でも、いい人そうに見えてもやっぱり男は嫌らしいよ」「えっ??何か変なことされたの?」「変なことっていうか……」「何があったの?怒らないから言ってごらん」「あなたがこっちに来てまもなくイビキをかいて寝ちゃったのよ。それで、あなたが寝たっていうのがあの人たちにもわかったのね」「あの猿みたいなおじさんがすごく身体が柔らかいの。脚なんて180度に開いて、前にペタっと胸がつくのね」「へえ、すごいね」「で、それをわたしにもやってみろって言うの。健康にいいからとか言って」「ここで?」「そう。信じられないでしょう?私、この格好だよ」「じゃあ、断ったんだろ?」「それで、いちおう断ったんだけど、おじさんたちもしつこくて、それに、その場の雰囲気でなんとなく断りきれなくて…」「じゃあ、結局やったんだ?」「うん…。ごめんね」「べつに謝らなくてもいいよ。怒っちゃいないよ。それで、具体的にはどんな格好をしたの?ちょっとやって見せて」「えーっ?ここで?恥ずかしいよー」「だって、おじさんたちの前では出来たんだろ?じゃあ、僕の前でも出来るはずだよ」「もうー。いじわるなんだから」「さ、やってみてよ」「う…ん。まず、こう座ってから…」私は、表面上は平静を装っていましたが、内心では激しいショックを受けていました。
いままで誰にも、というか私にすら裸を見せなかった妻が、今日知り合ったばかりの中年男の前で、大胆にも開脚運動までしてしまったのです。
実は、私は自分でも少し異常かな?と思うくらいに嫉妬深い男なのです。
ただ、私自身がそういう嫉妬深い自分を「男らしくない」と蔑む気持ちも持っているために、かなり努力して妻には悟られないようにしてきました。
しかし本心としては「独占欲の固まり」で、とにかく妻には私ひとりしか見て欲しくないし、妻が他の男から性欲…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
混浴で綺麗なお姉さんが入ってきた!
2017/04/06 23:16
2017/04/06 23:16
1 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)17:15:45 ID:1qk7EZALQ ガチで綺麗なお姉さんがいたので3分で退出しました、、、、、、 心の準備なしの女性の裸体、まじでびっくりしました、、、 4 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)17:19:53 ID:7D66JWBN0 ヘタレだな。 5 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)17:22:13 ID:1qk7EZALQ >>4 すまん、、、、 「混浴に行ったら綺麗なお姉さんいるかな、、、?でも結局いたとしても BBAかブスってのがオチでしょ、、、、」 って思ってたし、、、思いのほか…
初体験はサークルの同期の女の子
2017/12/29 09:49
2017/12/29 09:49
俺の初体験は大学三年の時。 相手は同じサークルだった同期のルミ子(他学科)。 ルミ子は彼氏と別れてから間もない頃だった。 俺は前から思いを寄せていたので、これはチャンスと思ったが、臆病な俺はコクれないまま様子見に甘んじていた。 そんな時、サークルで飲み会。 俺はルミ子のとなりでしこたま飲んだ。 飲んでベンロンベロンになってしまい、お開きになってからもルミ子が俺を積極的に介抱してくれた。 他の奴らはあまり気にもしてないみたいで、俺の事はルミ子任せでさっさと二次会の場所を告げて行ってしまった。 吐くまではいかなかったが、かなり酔っていた。 水を飲むと少しマシになった。 でも二次会に行ける感じではな…
パイパン好きの夫の為、嫁はマン毛を剃毛する
2016/04/14 00:04
2016/04/14 00:04
先月、子供達は春休みを利用して親戚の家に遊びに行って妻もパートで留守だったので、


久しぶりにゲオでアダルトDVDを借りてきて鑑賞した。


借りてきたのは、貧乳と巨乳と童貞の3P物と、パイパン美少女など。


俺は全裸になり、パイパンのDVDを勃起したまま鑑賞していたら…


突然、妻が帰宅した。


マキ「ただいま~…」


俺はDVDに夢中で気付かず鑑賞していた。

マキ「ちょ…何見てんのよ!」


俺「わっマキ、帰ってきたの…!?」


俺は慌ててDVDを消した。


マキ「今日はあなたと2人きりだから、早めに帰って来たのよ。

今消したのは何?そんでなんで裸なの?まさかい…
【人妻・浮気・不倫】タンクトップの奥さん
2016/01/03 08:38
2016/01/03 08:38
家族ぐるみで付き合っている友人がいます。 そんな奥さんから「今夜飲まない?」ってメールが入った。 いつもなら妻も連れて行くのだが、その日は実家に帰っていなくて俺だけで向かった。 友達の家に付くと奥さんが迎えてくれた。 「早紀ちゃん(俺の奥さん)は?」 「実家に帰ってるよ」 と言うと、 「…そんじぁ今日は私と2人だよ」 と奥さんが照れたように言った。 「伊藤は?(友人)」 「明後日まで出張」 「俺、帰ろうか?」 と言うと、 「せっかく来たんだから…」 と家の中に進められた。 家に入るとワンパク3人兄弟がいて遊び相手にされた。 9時を過ぎ子供達は寝る時間になった。奥さんは寝かしつけに…
同僚の妻(34)と中出し不倫セックスした結果⇒妊娠発覚!
2015/09/23 02:02
2015/09/23 02:02
私(洋一31才)と会社の後輩(悟30才)とその妻(美香34才)の話しです。

職場の後輩、悟と先輩であった美香は

五年前に社内恋愛の果てに結婚。

その二人を引き合わせたのは他でもないこの私、

そういう経緯もあり悟はもちろんのこと結婚と同時に退社した美香とも

現在にいたるまで交流があり

彼らの家にも頻繁にお邪魔したりするほどの仲。

人にお節介を焼いているのはよいが当の私は今だ独り身で

生活も不摂生なのでよく美香の手料理を食べさせてもらっていた。

こうして三人でたまに食事をして酒を飲んで

馬鹿なことなど話して楽しんでいたのだが

会社の都合で後輩の悟が突然の転勤に。

転勤…
樹里亜3
2015/10/23 09:01
2015/10/23 09:01
こんにちは、樹里亜です。 電車に向かっての露出に挑戦してきました。 あまりの恥ずかしさにおかしくなってしまいそうでした。 電車というキーワードから一ヶ所思い当たるところがあって、 まずはそこに行って下見してみました。それは丘の上にある物置場のような所です。 丘を回り込むように電車が通っているところがあって、 電車からだと立っている人はちょうど見渡せるような感じです。そこは雑木林を切り開いて作られていて、道路からは林で隔てられています。 実際に行ってみると、結構林が残っていて道路側から中の様子は見えませんでした。 なので、挑戦するときは電車の方にだけ気をつければ良さそうです。 この場所は凄く気に…
【体験談】海で溺れた女子大生のお姉さん達を助けたら、お礼におっぱいでむぎゅむぎゅしてくれた
2016/06/02 06:30
2016/06/02 06:30

実家は海の側で、
中学時代の夏休みに海岸で1人で散歩してた

そしたら、少し深めのエリアで海水浴に来たと
若い女性3人がボートに乗ってた。



多分はしゃいでる内に
深いところに来ちゃったんだろうけど、

「危ないな」

と思ってると、3人の内の1人がボートから落ちた。



悲鳴が聞こえて「大変だ!」と思った俺は、
助けを呼ぼうと思ったけど誰も周りにいない。



焦ってる内にも溺れた女性は混乱してもがくばかり。



後先考えずに俺は海に飛び込んで、
溺れた女性の所まで辿り着いて、

「落ち着いてくださ…
【友達】24歳の若いカップルと知り合って彼女をホテルに 続7編【体験談】
2016/06/15 08:42
2016/06/15 08:42
前編は以下のとおり酔いで気が大きくなっていたのもあり、彼女はFの部屋に上がる事に。部屋に入ってから話し合い再開、彼女の意見はこう。あのギャルの子は遊びなのか、それともAが遊びなのか。ギャルの子が浮気なら、Aが可哀相なのでやめて欲しい。もしAは遊びなら、すぐに別れて欲しい。彼女はかなり威勢良く責めていたみたいで、Fもはっきりしない返事をしていたと。でも、ここがFはすごいなと思った所なんだが「Fの浮気」だったはずの話題が、Fと話し合ってる中でいつの間にか「彼女がFに気がある」という話に変わっていた。彼女酔っていた事もあって何故そうなったのかわからなかったみたいだが、Fが上手にそういう話に持って行っ…
【人妻・浮気・不倫】人妻と温泉旅行(4)
2016/02/02 21:28
2016/02/02 21:28
俺  「あ、い、イキそう…」 美緒 「…いっへいいほー(イッていいよー)…」 俺  「ああっ!」ドクッ、ドクッ、と4回ぐらい激しく出た。それを全て口の中で受け止めた美緒さん。 美緒 「…ん…一杯出たね。若いっていいなぁ…ふふっ、嬉しい」  なんと全部飲んでくれた。生まれて初めてだったこんなのは。  俺のナニは全く衰えるどころか全然天を向いている。普通は一回出せばごちそうさーんなのにどうしたんだ俺。  やっぱこういうシチュエーションに興奮してるのかな。  出し終わった後もくすぐったくなることはなく(男ならわかるだろ)、むしろ美緒さんの口の中でどんどん膨張するアレ。  美緒さんが「大丈夫?」と…
女子大生の姉のブラウスから覗く白い乳房
2017/04/29 17:19
2017/04/29 17:19
僕が4つ上の姉と初めてセックスしたのは中3の夏休みだった。 僕の家は夫婦共稼ぎで、母がスーパーのパートから戻ってくるまで、女子大生の姉と僕は二人だけだった。 姉は勉強が良く出来たので、頭が悪い僕の受験勉強を手伝ってくれた。 その日も僕は姉から英語を教えてもらった。 姉は半袖のブラウスにミニスカートを着ていた。 ブラウスの一番上のボタンが外れていて、前屈みになった姉の胸元が見えた。 凄く暑い日で姉はDカップでノーブラだった。 僕はブラウスから覗く白い乳房に目が釘付けになり、ペニスが勃起した。 姉は色白で、可愛い顔をしていたので、合コンで知り合った男からよく電話が掛かってきた。 …
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢】美人妻のお尻に押しつけて射精した

・エロい団地妻とリアルロマンポルノの関係に

・小西真奈美似の31歳の独身女支店長とのH体験

・中1の私がキモデブ叔父の性奴隷にされ、人格崩壊しかかった話・・・

・好青年がしてくれる旦那に内緒のマッサージ

・元彼の仲間3人に犯された彼女

・ホテヘル呼んだら変態きたwwwwwwwwwwwwwwww

・老女に遊ばれてた頃

・すっぴん美人な女子大生バイトを僕と店長で

・大学生の姉ちゃんがセフレになった

・婦警を襲ってもた始め

・贅沢で至福の時間はマッサージ

・コスプレ少女由佳 1/3

・小中学校の頃の、幼馴染二人とのエッチな話

・【人妻体験談】目隠しプレイでガチイキ絶頂するエロカワな淫乱未亡人

・【Hな体験】好きだった子に告白されて、そのまま学校でセックス

・昔、族やってた 2/2

・幼馴染と再会してトイレでSEXした

・思い出してもう一度会いたい女性

・事故を起こして脅され変態おやじに好き放題犯され中出しされたお姉さんwwwww信じられないけど本当にあったHな話5

・彼女が口をあーんして待ってるけど何これ

・東北の温泉で

・享楽の底に落ちて俺の肉便器を宣言・・・

・アロマエステでエスティシャンの乳首を触ってセクハラしてみたwww

・3年ぶりのセックスが乱交になった

・3年くらい前の体験談

・10歳上の従姉妹とセクロスしたエッチ体験

・持参した電動バイブを人妻デリ嬢のおまんこに挿入wwwwwwww

・【熟女体験談】近所の痴女おばさんの絶妙なフィンガーテクニックからの初めて味わうフェラチオ

・ひと回り以上も年下のOLに突然告白されて・・・