寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

混浴の温泉でうたた寝している間に、中年オヤジに妻の全てを見られてしまった

2018/05/18 02:44




去年の正月に伊豆のKという温泉地に妻と旅行に行ってきました。
渋滞を避けて夜明け前に出発したのですが、思ったより道は空いていて、ずいぶん早く旅館に着いてしまいました。
チェックインにはまだまだの時間でしたが、長時間の運転で疲れていたので念のためにフロントに聞いてみると「OK」とのこと。
喜んだ私たちは、さっそく温泉に入ることにしました。
裸になった妻は、前にタオルをあて恥ずかしそうにやってきましたが、洞窟状の風呂を見たとたんに「わあ、おもしろいねー、ここ」と、子供のようにはしゃいでしまいました。
それからは、2人っきりなのをいいことに泳いだり潜ったり飛び込んだりと、大暴れのし放題でした。
洞窟の外にある露天風呂も、初めは周りを気にして入らなかったのに、場になじんだとみえて中で少しのぼせると涼みに出たりしていました。だいぶ時間がたったでしょうか、そろそろ他のお客がやってきているのが遠くにある駐車場に車が集まってきているのでわかりました。
自慢ではありませんが…いや…本当は自慢になりますが、妻は私のひいき目を抜きにしても、かなり美しい女性だと思います。
中学・高校と水泳で鍛えた身体は、運動をやめて10年を経てもそのスタイルを維持していますし、ルックスの良さで、当時ある雑誌に「水泳界のアイドル発見」として見開きで紹介されたこともありました。
ただ、小柄(154センチ)なのと、選手としては細身で、あまり筋肉が付きづらい体質のために記録としては平凡なものしか残せませんでしたが、一時は「追っかけ」と呼ばれる巨大なカメラを持ったファンが何人もいたほどでした。
「そろそろ出ようか?」「もう少し入ってようよ。私、こんなにのんびり温泉に浸かるの初めてなの」「でも、そろそろ他の客も来始めてるよ」「少しぐらい見られても平気だよ。中は結構暗いからぼんやりとしか見えないわ」最初とはうってかわった妻の態度には少々驚きましたが、普段は専業主婦で家にこもりがちなのでストレス発散の意味もあるしと、もう少し入っていることにしました。
ほどなくして洞窟風呂の入り口でガヤガヤと男の声がしました。
「来たな」と、なぜか男である私が身を固くしてしまいました。
妻にも男たちの声が聞こえているはずですが、何事も無いような顔をしてスイスイと泳いでいます。
そして洞窟の扉が開かれました。
私は何故か胸が高鳴ってしまい、妻の手前、平然を装うために勢いよく顔を洗いました。
妻の裸を見られるくらいでうろたえるような男とは思われたくなかったからです。
間もなく、湯煙の中に数人の男の影が現れました。
入って来た男たちの第一声は「なんじゃこりゃあ?真っ暗で何にも見えねえぞ」でした。
長いこと入っている私たちはすっかり目が慣れてしまっていたのですが、外から来た人にはずいぶん暗く感じたことでしょう。
それに夕方も近くなり、外もだいぶ日が陰ってきていました。
「電気ないの?電気?」「うわ、真っ暗だよ」「おっ、ここにスイッチがあるぞ」パチッ。
眩い光に、一瞬目をしょぼつかせてしましました。
「あれ?先客がいたんだ。こんにちはー」「こんにちは」挨拶を返しながら相手を見てみると、私より10歳は年上と思われる中年の3人組でした。
なにやら陽気そうな人達で、私は内心ほっとしました。
振り返って妻を見ると、首まで湯に浸かったまま私のすぐ後ろに隠れるようにしていました。
「アレ?そっちは女のひと?いいねえ~夫婦で仲良く混浴だあ~」3人は既に結構酔っているようで、仲間内で他愛もないバカ話をしていました。
そのうちに私たちにも話題を向けてきて、妻も交えての世間話が始まりました。
私はどちらかというと人見知りするほうなので、初対面の人とはなかなか打ち解けられないほうなのですが、妻は物怖じしない性格で、人なつこく、誰とでもすぐに仲良くなってしまうので、こういう場では助かります。
はじめは私も相づちを打っていましたが、そのうちに聞き役に回るようになってしまいました。
しばらくすると、だんだんのぼせてきたのか、妻が湯船に腰掛けました。
男たちは話しを続けながらも、妻の身体をさりげなく観察しているようです。
もちろん妻はハンドタオルを胸から前に垂らしているので肝心な部分は見えませんが、濡れたタオルはピッタリと張りついて、身体のラインがはっきりとわかりました。
自分の妻ながら、なぜか私はドキリとしてしまいました。
男たちと妻は話しが合うようで、話題は次から次へと代わります。
そのうちに妻は、話しに夢中になっているのか、男たちへの警戒心を解いたのか、胸を隠している手が微妙にずれてきていました。
ときどき身振りを加えたりするとタオルを抑えているのがおろそかになり、乳首が見えそうになります。
男たちもそれを気にしているようで、視線は胸のあたりをさまよっているようでした。
「猿腕って知ってる?」「えっ?なんですかそれ?」「こうね、手のひらを合わせて腕を伸ばしたときにね。肘と肘がくっつくのをサルウデって言うんだよ。やってみな、普通はつかないんだけどね」「えっ?こうですか?」妻は言われた通りの動作をしました。
そう、タオルから手を離してしまったのです。
「えー?つかないですよ」男たちの意図にまったく気付いていない妻は、単純に不思議がっています。
濡れたタオルは幸いにも両腕にはさまれてかろうじて胸を覆っていました。
「こうするんだよ」いちばん小柄で毛深い男が同じ動作をすると、肘から先がぴったりとつきました。
「ああ、本当だー、おもしろいですね」「こういうのは生まれつきの骨格の違いだね。」「このおじさんは猿みたいな顔をしてるけど、本当に猿なんだよ」私は、ただぼんやりと話しを聞いているのにも疲れてきて、温泉から上がってみんなから少し離れた洞窟の窪みに行って横になりました。
そこは、電球の灯かりの届かない暗い場所でしたが、こちらからは妻の様子はよく見えます。
そういえば、こうして妻の裸を見たのはいつ以来だったでしょうか。
普段の暮らしの中では妻の裸をじっくりと見る機会などほとんどありませんでした。
一緒に風呂に入るということもないし、夜の営みのときでも灯かりは消しています。
私たちは、結婚して4年、知り合ってからは10年になりますが、初めてのときに妻がひどく恥ずかしがって、それ以来なんとなく妻の裸を見るのは妻に悪いような気がしてあえて見ないようにしてきたのかもしれません。
もちろん夫婦生活では互いに口腔愛撫などもしますし、そのへんのことはノーマルだと思っていますが、なぜか「裸を見る」ということだけが今までなかったのでした。
だから、いま目の前で、知り合ったばかりの中年男たちと談笑している裸の妻というのは、自分の妻でありながらも、なぜか未知の女性のような錯覚を感じてしまい、とても不思議な気がしました。
裸電球のやわらかな光に照らされて、うっすらと汗のにじんだ妻の身体が湯煙りの向こうに輝いて見えました。
自分の妻がこんなに美しい肢体をしていたなんて…恥ずかしながら、今ごろになって気付いたのでした。
私は横になって、ひんやりとした岩肌に火照った身体を大の字に伸ばしたまま、ついウトウトと眠ってしまいました。
目をさますと、面前に妻の顔がありました。
笑っています。
「目が覚めた?ずいぶん疲れてたみたいね。ヨダレたらしてたよ」「えっ?」あわてて濡れた口元を拭いました。
照れ隠しに温泉をすくい、おおげさに顔を洗いました。
「おじさんたちはもう上がったの?」「ちょっと前に出たよ。私たちもそろそろ部屋に行こうよ」「ああ、もう外は真っ暗だ。結局ほかには誰も来なかったんだね」「そうだね。誰も来てないよ」「ずいぶん楽しそうにしてたみたいだけど、面白そうな人たちで良かったね」「う~ん。でも、いい人そうに見えてもやっぱり男は嫌らしいよ」「えっ??何か変なことされたの?」「変なことっていうか……」「何があったの?怒らないから言ってごらん」「あなたがこっちに来てまもなくイビキをかいて寝ちゃったのよ。それで、あなたが寝たっていうのがあの人たちにもわかったのね」「あの猿みたいなおじさんがすごく身体が柔らかいの。脚なんて180度に開いて、前にペタっと胸がつくのね」「へえ、すごいね」「で、それをわたしにもやってみろって言うの。健康にいいからとか言って」「ここで?」「そう。信じられないでしょう?私、この格好だよ」「じゃあ、断ったんだろ?」「それで、いちおう断ったんだけど、おじさんたちもしつこくて、それに、その場の雰囲気でなんとなく断りきれなくて…」「じゃあ、結局やったんだ?」「うん…。ごめんね」「べつに謝らなくてもいいよ。怒っちゃいないよ。それで、具体的にはどんな格好をしたの?ちょっとやって見せて」「えーっ?ここで?恥ずかしいよー」「だって、おじさんたちの前では出来たんだろ?じゃあ、僕の前でも出来るはずだよ」「もうー。いじわるなんだから」「さ、やってみてよ」「う…ん。まず、こう座ってから…」私は、表面上は平静を装っていましたが、内心では激しいショックを受けていました。
いままで誰にも、というか私にすら裸を見せなかった妻が、今日知り合ったばかりの中年男の前で、大胆にも開脚運動までしてしまったのです。
実は、私は自分でも少し異常かな?と思うくらいに嫉妬深い男なのです。
ただ、私自身がそういう嫉妬深い自分を「男らしくない」と蔑む気持ちも持っているために、かなり努力して妻には悟られないようにしてきました。
しかし本心としては「独占欲の固まり」で、とにかく妻には私ひとりしか見て欲しくないし、妻が他の男から性欲…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
カラオケに連れ込まれてレイプされました
2015/08/31 06:00
2015/08/31 06:00
私ゎ実家が神奈川で、終電を逃した時とか、銀座で働いてる一人暮らしの姉の家(銀座の近所)に泊まらせてもらったりしてるんですが、一昨日のハロウィンの金曜日は大学の友達(私ゎ大学一年ですっ)と遊んだ帰りで終電も逃しちゃったので、まだ終電のあった山手線で新橋まで行って姉の仕事(アフターで遅くなると言われたから)が終わるのを駅前をふらふらしながら待っていました。
 
二、三時間潰してほしぃと連絡があったので、お腹もすいてたし、マックでテキトーにすごそうと思って歩いていると、若そうなスーツのリーマンにナンパされたんですが、お腹すいてるならご飯おごるからカラオケでもいかない?…
【逆レイプ】メンヘラビッチに逆レイプされた
2015/09/20 01:51
2015/09/20 01:51
2013/03/29 18:29┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 1:名も無き被検体774号+:2012/07/20(金) 20:41:06.05 ID:JnEppK+50 たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2012/07/20(金) 20:41:48.01 ID:PRyHldVe0 だからあれほどメンヘラには気をつけr 8:名も無き被検体774号+:2012/07/20(金) 20:43:07.32 ID:JnEppK+50 始めはそんなメンヘラの気配なかったんだけどな、 今思い出せば…
上司3
2015/12/14 23:31
2015/12/14 23:31
早く触って欲しいのに、この人はどうしてこんなにも焦らすんだろう? ね、早く。もっと下の方を、触って。 そんな気持ちが伝わったのか、スカートの裾から彼の掌が。 太腿をゆっくりと撫で回し、そして内側へと彼の指先がのびてくる。 触れて欲しいのに、なんだか恥ずかしくて思わず脚をとじようとする私。 「ダメだよ、閉じちゃ。触れないよ?」 そう言って彼は私の右内腿を自分の腰でおさえ、左の内腿を撫で、その手はゆっくりと上の方へと伸びてくる。 彼の指が下着越しに私のそこに一瞬触れて、そして離れた。 「こんなに感じてくれてるんだね」 もう漏らしてしまったみたいにぐっしょり濡れている私だ…
浮気相手とのハメ撮り動画を発見後、彼女を肉便器に降格させた10年前のエロ話
2015/10/09 00:02
2015/10/09 00:02
もう10年以上前の付き合っていた彼女との思い出エロ話です。

その頃付き合ってた彼女と、

よくハメ撮りしてました。

つか、殆どそのために8mmビデオカメラ買ったんです。

バイトしてw

もちろん、ちょくちょくそのハメ撮りした、

個人撮影のエロ動画をオカズにするわけですが

ある日ふとその気になったらカメラが見当たらない。

ああ、こないだ彼女の部屋でヤッたトキに置いて来ちゃったんだと。

あきらめてAVでも観りゃよかったのに、

取りにいったんです、これが。

ついでといっちゃなんですが、いたらヤレばいいやと。

部屋につくと電気はついてる。

が、チャイム鳴らしても出てこない。

酔っててナンパしてきたイケメンに中出しされた【人妻体験談】
2016/05/03 14:10
2016/05/03 14:10

2年前の21歳の夏の出来事です。結婚して2年目の夏、同窓会かねて、郷里に私一人で帰りました。

夫は25歳で結婚して子供産んでもいいくらいだから、それまで2人で楽しもうって事でHはしても避妊してました。

同窓会に出席して、お昼からビールとか飲んでて、久しぶりってこともあり、はしゃぎすぎてました。お開きで2次会がカラオケ。カラオケでもビール飲んでました。

夕方4時ごろお開きになり、みんなと別れ、実家に帰る途中に、ナンパに会ったのです。

ふらふら状態でした。「彼女~何の帰り?可愛いね~~」「ロングヘアー似合ってるし素敵だね」

「ちょっと止まって、話しよう」ナンパしてきた男を見ると、イケ…
妹が涙目でハァハァって喘いでる顔にクッソ萌えたエロ体験
2017/07/30 18:02
2017/07/30 18:02
ある日、ベッドでうつ伏せで寝そべって本読んでた妹の横に添い寝し、

背中とか尻とか触っている内に止まらなくなった。

無理やり正面向かせ胸に触りキスした。

妹は驚いた。

その日はとうとう妹を下着姿にしてキスしながら愛撫した。

妹は最初は驚いたが、何ら抵抗せず笑顔で受け入れた。

俺も妹も初めてのキスだった。キスには抵抗感はなかった。

妹が小さいときはしょっちゅうキスしてくれたし、

違和感がなかったのかな。

(違うかw)

以後、キスは日常の行為になった。

ただ唇をちょっと吸いあうだけみたいなキスだが、

それでも親の目のない時は所構わず、

親が居る時でも目が届かなければ唇を…
会社の上司の奥さん
2016/06/03 14:05
2016/06/03 14:05
私の上司は外車に乗り色白で美人の奥様とかわいい子供に恵まれた男としても理想の 男性です。よく独身の私を飲みに連れて行ってくれて、仕事の話や彼女の話などの 相談に乗ってくれる男らしい上司です。飲みに連れて行ってくれた後はよく「家に 泊まっていけ」と言って上司の家で飲みなおすのがいつものパターンでした。時々は お子様を寝かしつけた奥様も「私も一杯いただこうかな?」と言って参加してお酒を 注いでくれるので、どんなキャバクラに連れて行ってもらうよりも嬉しい瞬間でした。 2人はとってもラブラブでお風呂上りの奥様がゆったりとした胸元のパジャマで彼と いちゃいちゃする姿を見ては羨ましく思っていました。先週、…
マシュマロおっぱいの女教師と強引にSEXしたら軽蔑された
2017/01/12 13:04
2017/01/12 13:04
中学三年間、地味に虐められていました

小さい頃から引っ込み思案で、友達も少なく、
そういうところに原因があったんだと思います。苛めといっても、
僕の場合は主にシカトという形で、カツアゲやリンチなど、幸い暴
力的なものはありませんでした。

囲まれたりこづかれたりすることはあったけど、世の中には僕より辛い思いをしてる人がたくさんいるはずで、

そういう人達のことを想えば、僕の受けた仕打ちなんて大したことではありませんでした。

そして、シカトや無視されていたみじめな学校生活を送っていた中三の春、

若い女の英語の新米女教師が副担任として赴任してきました。

芸能人みたいに綺麗な人で、少…
性欲が強すぎて外国人の大きなチンポじゃないと満足できなくなった淫乱女
2017/03/18 00:00
2017/03/18 00:00
私は28歳でバツ1の女です。

私は異常に性欲が強く1日1回のSEXでは物足ない淫乱女です。

1度目の主人とは23歳で結婚、それまでに20人以上の男と経験がある私は、主人のSEXはまるで子供、一度も満足した日はありませんでした。

結婚して 数ヶ月で会社の同僚と浮気。更に数ヵ月後、浮気が発覚、離婚。

結婚して11ヶ月目でした。

それから3年ほど浮気相手も含め、4人の男と関係を持ちましたが、私を満足させてくれる男は現れませんでした。

我慢できない私は去年、出会いサイトで見つけた、ケニア人の大学留学生で黒人のスレーター君23歳と知り合いまいした。

190cmの長身で陸上の選手と…
【不倫】性欲処理もしてくれる人妻のヘルパーさん
2017/02/03 22:00
2017/02/03 22:00
私は50歳になる、体が少しだけ不自由な男です。普段はパソコンで仕事をしていますが、これまで結婚もしていないし、個人事業でずっと仕事をしてきて、これからも1人で生きていかなければならず、毎日の生活も大変なので、ヘルパーが週に3日来てくれて、身の回りの世話をしてもらっています。 仕事中に事故に遭い、懸命なリハビリで手もだいぶ動くようになって(片方の手は問題なく動く)、生活自体にそこまで苦労しているわけではないのですが、毎日1人の寂しい生活はいかんともしがたく、市役所の人から薦められてヘルパーを利用している。 いつも来てもらっているヘルパーは料理も掃除も洗濯もしてくれて、感じ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・妻が自分から動きました

・AKB48_北原

・浮気物語~馴染みの旅館で~

・妻・由美の場合は—–。

・【Hな体験】乳首がビンビンに立っていた隣の席の女の子

・透けすぎの水着のおかげで憧れのあの人の乳首が見られた

・20代の寂しいOLが出会い系で知り合った男性と花見エッチ

・【痴漢・痴女】痴女っ娘クラブ

・続続・全裸イナバウアー

・ 弟の友達とSEXしちゃったバツイチで子持ちの私

・海外旅行で嫁が現地人に

・「オマンコ壊れちゃう~」と淫語連発する中出しフェチの痴女マダム

・JKの露出3

・【人妻体験談】ダンナが働いてる時間に放尿プレイしたり調教SEXしているのだから、女って恐ろしい

・処女食い教師

・★流れで熟女ソープに入店

・性欲が強い私の矛先は娘の男友達に

・信用金庫の女とAコープの女【エッチ体験談】

・新婚ですが…

・【Hな体験】知的なメガネっ子が喉の奥まで咥えてくれた

・【レイプ体験談】レイプまがいのことをされたんだが、需要あるかな?

・初めての複数エッチを体験したアラフォーのパート主婦

・妻の過去・・

・大学の4年間、パートさん17人と関係した・・・」

・ア●ルいじられただけでイッた中2男子だけど質問ある?

・続「しゃぶってあげるから・・・」

・【悲報】イケオジワイ、後輩に強引にパイズリさせた結果wwwwやばいwwwwwwwwwwwwwwwwwww

・本当の絶頂を知ると夫とは離婚したくなった

・【人妻体験談】大好きだった美人な人妻事務員を強引に押し倒し、鬼突きマッハピストン運動

・【熟女体験談】萎びたおっぱいの閉経おばさんとのSEXしていると羊水に帰った気分になれて最高