寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

ネーチャンとチンコが勃起したら何センチになるか測ってみたwww

2018/05/17 20:02


4年前の12月頃なんだけど、

俺が19歳の時に2番目の姉貴(3つ上)と、

なぜかチンコの話になって、

チンコを勃たせたらどのくらいの太さになるのか測ることになった。

「んな、簡単に勃たねぇよ」

「自分の手じゃなきゃ、すぐ勃つらしいじゃん」

そう言って、後ろから手を伸ばしてジーパンの上から撫でてきた。

さすがにそれには反応してしまい、硬くなった。

仕方なく、硬くなったチンコを出して、

長さや太さを測ってたら我慢汁が出てきて恥ずかしくなった。

姉貴は手についた我慢汁を見て、

「ちょっとぉ~」と少しばかり赤面して、

「まー、若いって事で」とティッシュで軽く拭いてくれた。

その時はそれで、もう寝ると言って自分の部屋に戻った。
それから、30分ぐらいしたら姉貴が部屋に入ってきて、

「さみーよ、ちょっと暖まらせろ」

とか言ってベッドに入ってきた。

その時の俺は、起こされてかなり迷惑だった。

なんか酒の匂いがしてたから、「酒臭いんだけど」と言ったら、「さみーの」と言って後ろから抱き付いてきた。

そこまでは良かったんだけど・・・。

「まだ、勃せてんじゃねーだろな?」

姉貴はそう言ってパンツの上からチンコを触ってきた。

「バカ!勃つだろ!」

腕を払ったが、調子に乗って竿全体を握るようにしてきた。

正直コレには、過激に反応してしまい、かなり大きくなってしまった。

「おい、離せよ」

そう言ってもケラケラ笑ってチンコから手を離してくれなかった。

「大きい姉ちゃんと私とどっちの味方だ?」

姉貴はチンコを握りながら意地悪そうに聞いてきた。

「どっちでも同じだろ」

そう言って、手を払いのけようとしたが、まだ根元のへんを掴んで離さない。

Tシャツの下のノーブラの胸が俺の背中や腕、わき腹あたりに当たっている。

正直、もう、この時はかなりいっぱいいっぱいだった。

「同じじゃなーい、どっちだー」

かなりの悪乗り感覚でしつこいので、「どっちかっつーと、小ちゃい姉ちゃんだよ」と言ったら、「よーっしっ、可愛いヤツめ」と言って、大きくなった竿を上下に動かしてきた。

その瞬間、限界を通り越し、パンツの中に出してしまった。

姉貴はしっかり竿を持っていたので、射精の瞬間のドクドクと痙攣すのをしっかり感じてたはずだ。

「ば、ばーかやろー・・・」

その時は恥ずかしさもあり、泣きそうな声だったような気がする。

姉貴は、赤面しながら「ゴメーン」と言って、ティッシュを急いで持ってきた。

「でも、私でも出ちゃうんだねー、へへへ」

そう言って、溢れた精液を拭こうとしてチンコをそっと触ってきた。

「バカ、そういう事すると、また、出ちゃうよ」と言って手を払いのけた。

しかし姉貴は、両手で合わせるようにチンコを握り、「アンタ、大きいね」と言って俺の顔を見て、また赤面した。

その時、俺は無性に姉貴が可愛く見えた。

精液だらけのチンコを拭く姉に、「ちゃんと拭けよなー」と言いつつも、(もう少し触って欲しい)という欲求に駆られた。

姉貴は「ゴメンねー、大きいチンコ」と言って、陰毛に絡まった精液をティッシュで一生懸命拭いている。

下を向いて拭いてる姉貴の顔と俺の顔との距離が近い・・・。

なぜか、そんな事を気にしていた。

拭いているその仕草と、竿に触れられていることで、かなり感じてしまった。

竿がピクンピクンと脈を打った。

やべぇと思い、下半身の興奮を鎮めようとしたが、余計に大きくなっていく。

それが、わかったのか姉貴は俺の顔を見て、はにかむように「へへ」と笑った。

笑った後も拭き続ける姉貴に「姉貴は、男のを触ってて濡れる事なんてないの?」と質問した。

「その気だったら、あるんじゃない?」と俺の顔を見る。

「男はその気じゃなくても、あんなことされりゃ出ちゃうんだけどね」と言ったら、「嘘つけ、しっかりでかくなってんじゃん」と言って、また竿を握った手を上下に動かした。

その時、ヤバイと思った。

「バカ、動かすなよ、じゃ、姉貴はどうなんだよ」

そう言って姉貴のアソコの辺にパンティの上から触ってしまった。

スッと割れ目に沿って指を這わせてしまった。

「バッカ」

姉貴はそう言って少し笑いながら腰を引いたが、俺は止めることが出来ず、指を動かしてしまった。

「ちょおっとー」

腰を引く姉貴の腰を右手で抱くようにして、姉貴のアソコをなおもパンティの上から揉むように動かした。

姉貴は完全に濡れていた。

「濡れてんじゃん、やっぱり」

俺はそのまま、指の動きを止めなかった。

「ちょっとぉ~」

小さい声で言い、俯いたまま、姉貴は頬を赤らめている。

姉貴の手は、まだ俺の竿を軽く握っていて、その片方の手にはティッシュを持ったままだった。

「拭いてやろうか?ココ」

指をパンティからずらし、アソコに直接触れてしまった。

頭の中では、(あ、調子に乗りすぎた)と思った。

しかし姉貴は、俯いたままの先ほどの姿勢を崩さない。

「姉貴、チンコから手を離さないと止めねーぞ」と言って、指をさっきより動かした。

その時、アソコの入り口付近で姉貴のクリトリスの辺を触っていたのが、奥に指を挿入させてしまった。

「んんっ」

姉貴が声を出し、とうとう顔を上げたが、目がトロンとしていて、口が少し開いていた。

姉貴の手は、まだ、離さない。

「ちょっと、姉貴、やばいでしょ」と言って、俺は手を止めた。

だが、姉貴は、俺の目をじっと見て、ほんの少し、微かに首を横に振った。

俺は、姉貴の目をじっと見つめたまま指をアソコに絡めるように動かし、ディープキスをした。

姉貴の目はトロンとしたままだった。

舌を絡ませたら、激しく舌を絡ませてきた。

腰に回していた手を、姉貴のTシャツの中に入れ、胸を下から柔らかく揉んだ。

そして、Tシャツを捲りあげ、乳首を吸った。

姉貴は身をよじり、腰をくねらせた。

頭の中で、(やばい、姉貴を抱いちまう。

どうしたらいい?)と巡っている。

しかし、身体が止まらない。

姉貴も「あぁぁぁ、どうしよう、どうしよう、どうしよう」と身をよじっている。

俺はとうとう、姉貴の脚を開いてマジマジとアソコを見る格好になった。

遊んでいるものだと思った姉貴のアソコは、綺麗なピンク色だった。

アソコに舌を這わせ、クリトリスを吸い上げた。

満遍なくアソコの入り口を舐め回した。

姉貴は「いや、いや、んんんっ」と言って俺の頭を掴むが、アソコから離そうとはしなかった。

まるでもっとして欲しいように、頭を掴んできた。

そして今度は、俺の竿を掴み上下に動かしてきた。

俺が「姉貴、また出ちゃうよ」と言うと、俺の股間に顔を近づけ、おもむろに口に含んできた。

姉貴は一生懸命、俺のモノを舐めている。

頭の中で(次は、姉貴の中に入れちまう。

どうしよう、どうしよう)と本気で焦った。

(どうにかして、挿入は止めないと。

姉貴を抱くのだけは避けなければ・・・)

そう思う自分がいた。

しかし、クンニをされ「あぁ、あぁ、いいよ、いいよ」と言っている姉貴の喘ぎ声に、より一層、俺のモノはいきり立った。

「姉貴」と言って、俺は、またディープキスをした。

舌を絡めた。

指はまた、姉貴のアソコにゆっくりと絡めた。

もう、びっしょりと濡れて熱くなっている。

腰をくねらせて喘ぎ声が出る。

姉貴は、俺の竿を優しく触り、ゆっくりと上下する。

(もう、ダメだ!)

姉貴とディープで舌を絡ませたまま、姉貴の脚を開いた。

姉貴は俺のモノにまだ触っている。

俺は、竿を持ち、姉貴のアソコに亀頭を押し付けた。

「どうしよう」

姉貴は、そう言って、俺のモノをゆっくり揉むように動かした。

俺は、姉貴の高揚している顔を見たら、たまらなくなり俺のモノから姉貴の手を外し、押さえつけた。

「姉貴、抱いていいよね」

そう言って、亀頭を姉貴の中に挿入し始めた。

「え、え、どうしよ、入っちゃうよ」

姉貴は狼狽えた。

俺は、本能の思うままに姉を抱こうと思った。

挿入し始めたら、姉貴は「え、入る、本当にするの?え、え?」と少し腰を引いた。

片方の手で逃げる姉貴の腰を抱き、俺のモノを根元まで挿入してしまった。

姉貴は「あああぁぁ・・・すごい」と言って、俺の首に手を回してきた。

姉貴の中は熱かった。

腰を徐々に動かし、姉貴の中の感触を味わっていた。

姉貴は、耐え切れなかったかのように腰を動かし始め、俺のモノを楽しんでいるかのようだった。

正常位、騎乗位、バックと姉貴の身体を味わった。

座位の時に、姉貴とまたキスをした。

その時の姉貴の火照った顔が可愛くて、耐え切れなくなった。

座位のまま、腰を動かし姉貴の腰をしっかりと掴んだまま、姉貴の中に放出してしまった。

現在、彼女とのセックスより、姉貴とのセックスの方が何倍も萌える。

姉貴はあれから罪悪感があるのか、俺の顔を正面から見ることが少なくなった。

だが、俺は姉貴が欲しくてたまらなくなると、姉貴の部屋に行き、後ろからそっと胸のあたりをまさぐる。

姉貴は決まって「もう、だめ。あんまりしない方がいい」と言う。

俺は、「小さい姉ちゃんが好きなんだ」と言ってアソコに指を這わせ、濡れるまで弄くる。

そして、耳元で「抱いていい?」と甘えるように囁き、姉貴を心ゆくまで味わっている。

オススメエッチ体験談














  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★テレクラで誘いギャルと3P
2017/08/12 11:24
2017/08/12 11:24
 会社の同僚と飲んだ帰りに、初めてテレクラというのを利用してみた。エッチ目的なので、時間も時間だからやり取りとか面倒くさいし、即会える人だけを募集したら意外にも複数の積極的に女の子からメールが届いた。

 早速メールを送り返すとすぐに返事は返ってきた。同僚は不安に思っているみたいだけど、業者ではなさそうだからとりあえず場所と時間だけを指定して、それ以外の質問は受け付けないようにログアウトした。

 指定場所で待っていたら、肌寒い5月なのに薄着でミニスカートの女の子がのこの事やってきて、携帯を弄っている。思わずこの子かな?と思ってサイトにログインしたら、メールが届いていた。

 案の定、20…
女に囲まれ
2017/08/19 06:19
2017/08/19 06:19
中学生の頃、僕の周りには女の友人が多かった。 彼女らは僕の前でも平気で生理や下ネタを話していた。 男と思われていなかったのだろう。 僕も彼女らに特別な想いを持つこともなく、むしろ同級生にはやや醒めていた。 誤解のないように書いておくが、男の友人がいなかったわけではない。 そんな日々を過ごす中、友人Sの部屋に集まって喋っていて男の性欲の話題が出てきた。 当然、僕に話をふる。僕は正直に話した。 日に回はオナニーすること、ズリネタは雑誌のグラビア、等々。 「じゃあ、ウチらはそういう目では見ないんだ」 確かにその通りだったので頷いた。 チビのKが僕に接近し、自分のブラウスのボタンをはずしだした。 なに…
温泉旅館で従業員の女性の、心のこもったエッチなお持てなしを受けた
2016/10/06 06:00
2016/10/06 06:00
奥飛騨温泉郷の中でも、最も奥まった高台にある古い宿。
民宿に毛が生えた程度のこじんまりとした、しかし落ち着いた風情のある宿だ。
年に1度、仕事にも家族にも縛られないバイクのひとり旅に持って来いの宿だ。
早朝からのツーリングの心地よい疲れで、温泉にも入らず、食事のあとすぐに寝入ってしまっていた。気がついたのは既に0時すぎだが、露天風呂は24時間いつでも入れるとのこと。せっかくの温泉を楽しもうと風呂場に向かった。


(ここの露天は確か混浴のはずだが・・・)
スケベ心が全然なかったと言えば嘘になる。
しかしまさかこんな時間、誰もいないだろうとも思っていた。

内風呂でか…
【レイプ体験談】母親が犯されている姿を見て興奮する中学生③
2016/07/07 13:47
2016/07/07 13:47
そう言うと、部屋の隅に積まれた本を調べ始めた涼子さんは、あったと私に見せてくれた。 「何なら、ネットのサイトも見て見ます?色々載ってるの!」そう言うと、パソコンの電源を入れ、涼子さんはバイブを買ったサイトにアクセスした。 アダルトグッズの数々に、私は目を輝かせると、「涼子、これから俺が頼むのを通販で購入してよ!」「エェ!?もっと、楽しませてくれるのね?はい!喜んで!!」そう言うと、私と涼子さんは、嬉々としてアダルトグッズを二人で選び、注文するのだった・・・次に猛の母正子さんの番となった・・・だが、家族が多い猛の家で、正子さんを犯すのは不可能だろうと考えた私達は、聡の家に正子さんを誘き出し…
うちの高校のバスケ部の女子マネは僕たちの宝www
2016/02/12 14:02
2016/02/12 14:02
僕の高校の部活(バスケ部)には、女子マネがいたけど僕たちの部は宝でした。

一年が全員集められて、女子マネたちの前で、

一列に整列して、パンツを下ろしたり

しました。練習がたるんでる時なんて、

勃起したところを女子マネに見せるために勃起させられ

ました。勃起しだすと、絶対女子マネたちは笑うけど、

笑われるのを承知で僕たちは

勃起させなければなりませんでした。

ある時には、女子マネの前で全員で射精させられました。

線のところまで飛んだら、3ポイントで、

それ以下だと失格で、次の日が日曜なので、

日曜日にもう一度やらされました

女子マネたちがポーズとってやるからと言われて、…
訪問介護【人妻体験談】
2016/10/11 23:10
2016/10/11 23:10
妻は福祉関係の仕事をしています。9割は高齢者の訪問介護の付き添いなのですが、たまに若い身障者宅への訪問があります。

妻は若い身障者宅への訪問は嫌がります。何か偏見があるのではなく28歳の妻にとって同年代の男性の裸身を見たりするのは少し抵抗があるようです。

特に資格があるから福祉の仕事をしているのでなく、あくまでもパートなので、何か志しがあっての勤務ではなく生活費のために仕事を見つけただけです。

どうしても男性の身体に直接触らなくてはならないので、場合によっては妻の姿を見ただけで勃起する男性もいるようです。

歩行機能が麻痺されていたりする方が多く、他の機能は特に健常者と変わりないのですか…
友達のお兄さんと結婚式の三次会の後ラブホでもう本当にスッゴい気持ち良かったエッチした話
2016/08/18 12:02
2016/08/18 12:02
この前の土曜日ね、友達の結婚式だったの

んで、二次会でビンゴがあって

景品にwiiとかウマイ棒の詰め合わせとか色々あったの

その中に誰が入れたのかローターと目隠しと手錠のセットがあって、

それが友達の兄さんが引いたのね

その時はすごい盛り上がってて

みんな飲んだりして二次会は終わって

三次会でカラオケへ移動して一時間くらいは歌ったりしたんだけど

ひさびさにヒール高いの履いて指に豆できたり、

飲み過ぎてダルかったから帰ろうと思ったんだけど、

車出してくれてたコが消えてて…

そしたら友達の兄さんが

「俺も帰るから送ってやるよ」って言ったの

んで車乗ってしばらく走ってたん…
女教師の結末【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/03 23:48
2017/10/03 23:48
6年前、俺が中学2年生の頃の体験談です。 今思い出しても俺のティムポが暴走モードに入ります。 クソ長い上に、誤字脱字があるかもしれないのでスマンコ。 担任はミカって名前の女教師でした。 当時の俺は、回りの不良友達に影響されて、 髪の毛を伸ばして茶髪にしていました。 もちろん髪の毛を染めていた俺はソッコー生活指導。 その度にミカ先生を怒らせてた。 ミカ先生は29歳。 既に結婚していて、1歳の子供がいる。 旦那は結構有名な人らしい。 顔はまあまあだ。 身長は163cm位。髪型はサイド分けのロング。 結構グラマーで“大人の魅力”てのがかなりあった。 …
SEX経験もなかった私がセフレを条件に初体験
2017/09/19 00:30
2017/09/19 00:30
彼と出会ったのは仕事関係のサークルで。
久しぶりにそこに顔出した私に、サークル部長が彼を教えてくれた。
私の方から近づいて自己紹介して・・・彼のほうは少しクールな感じだった。

でも何回かサークルで顔を合わせるようになってから、彼のほうも打ち解けてきて。
メールとかはするけど、二人でどこかで会うことは全然しなくて。
そんな中、私はKのことをどんどん好きになっていっていた。

まず彼の見た目好みのタイプで、話し方や雰囲気も嫌いじゃないなって・・・、何気なくしていたメールから・・・なんとなくエッチな話になったりしているうちにお互いに・・・したいという気持ちがあることを話して・・・。


「セフレで…
家庭教師先の可愛いおかあさんを本気で好きになった僕は、ご主人から奪おうと決めた2
2017/08/04 21:31
2017/08/04 21:31
僕は、家庭教師先の母親に恋をしてしまい、気弱な僕にしては思いきった行動を取ってしまった。その結果、最後まで行くことはなかったが、信じられない程の幸運な経験が出来た。そして僕は、日奈子さんをご主人から本気で奪うことを決めた。 そして今日は、健太くんの家に、1時間以上も前に行ってみた。 『あら、先生早いわね。時間、間違えちゃった?』 日奈子さんは、前回の事なんてなかったような感じで、笑顔で接してきてくれた。 僕は、少しホッとしていた。あんなことがあった後なので、日奈子さんがどんな態度で接してくるのか本当にドキドキしていた。 「この前は、すみませんでした。今日は謝りたくて、早く来ました」 『あ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・中3の時に体験したエロ話をする

・直美4

・他人が妻に出した精液にフェチを感じています(4)

・直美3

・妻は公衆便所まんこ

・【熟女体験談】スナックの若いけどデブの女の子に乳揉みが日常化し、送り狼をして朝までSEX

・直美2

・先月おいしい思いが出来たのだが…

・【人妻体験談】一度の寝取られ体験で、エロスの虜になりエスカレートしてく人妻

・たまらない募集記事

・出会い系の女性は裕福な変態好みの女性

・【不倫】配達先の奥さんとの玄関先で激エッチ

・うちの中学にはアイドルがいる

・彼女の罪悪感を利用して・・・

・【人妻体験談】旦那と別居中のケバい水商売をしている人妻を調教して、なんでも言うことを聞く雌豚に仕立て上げた

・【熟女体験談】息子を恐喝していた不良達にジーンズを脱がされ、レイプされて雌犬となった母親

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[後編]

・ごめんな玲子

・刺激が欲しい彼との危険な関係

・彼女がいない間に彼女の親友とエッチな事をした

・大人のオモチャで攻め続けられ歓びを

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[前編]

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・【レイプ】女3人旅の混浴で労働者たちに代わる代わる犯された

・ダイエット中に調教された妻 その2

・生まれ変わったら『道』になりたい