寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

ネーチャンとチンコが勃起したら何センチになるか測ってみたwww

2018/05/17 20:02


4年前の12月頃なんだけど、

俺が19歳の時に2番目の姉貴(3つ上)と、

なぜかチンコの話になって、

チンコを勃たせたらどのくらいの太さになるのか測ることになった。

「んな、簡単に勃たねぇよ」

「自分の手じゃなきゃ、すぐ勃つらしいじゃん」

そう言って、後ろから手を伸ばしてジーパンの上から撫でてきた。

さすがにそれには反応してしまい、硬くなった。

仕方なく、硬くなったチンコを出して、

長さや太さを測ってたら我慢汁が出てきて恥ずかしくなった。

姉貴は手についた我慢汁を見て、

「ちょっとぉ~」と少しばかり赤面して、

「まー、若いって事で」とティッシュで軽く拭いてくれた。

その時はそれで、もう寝ると言って自分の部屋に戻った。
それから、30分ぐらいしたら姉貴が部屋に入ってきて、

「さみーよ、ちょっと暖まらせろ」

とか言ってベッドに入ってきた。

その時の俺は、起こされてかなり迷惑だった。

なんか酒の匂いがしてたから、「酒臭いんだけど」と言ったら、「さみーの」と言って後ろから抱き付いてきた。

そこまでは良かったんだけど・・・。

「まだ、勃せてんじゃねーだろな?」

姉貴はそう言ってパンツの上からチンコを触ってきた。

「バカ!勃つだろ!」

腕を払ったが、調子に乗って竿全体を握るようにしてきた。

正直コレには、過激に反応してしまい、かなり大きくなってしまった。

「おい、離せよ」

そう言ってもケラケラ笑ってチンコから手を離してくれなかった。

「大きい姉ちゃんと私とどっちの味方だ?」

姉貴はチンコを握りながら意地悪そうに聞いてきた。

「どっちでも同じだろ」

そう言って、手を払いのけようとしたが、まだ根元のへんを掴んで離さない。

Tシャツの下のノーブラの胸が俺の背中や腕、わき腹あたりに当たっている。

正直、もう、この時はかなりいっぱいいっぱいだった。

「同じじゃなーい、どっちだー」

かなりの悪乗り感覚でしつこいので、「どっちかっつーと、小ちゃい姉ちゃんだよ」と言ったら、「よーっしっ、可愛いヤツめ」と言って、大きくなった竿を上下に動かしてきた。

その瞬間、限界を通り越し、パンツの中に出してしまった。

姉貴はしっかり竿を持っていたので、射精の瞬間のドクドクと痙攣すのをしっかり感じてたはずだ。

「ば、ばーかやろー・・・」

その時は恥ずかしさもあり、泣きそうな声だったような気がする。

姉貴は、赤面しながら「ゴメーン」と言って、ティッシュを急いで持ってきた。

「でも、私でも出ちゃうんだねー、へへへ」

そう言って、溢れた精液を拭こうとしてチンコをそっと触ってきた。

「バカ、そういう事すると、また、出ちゃうよ」と言って手を払いのけた。

しかし姉貴は、両手で合わせるようにチンコを握り、「アンタ、大きいね」と言って俺の顔を見て、また赤面した。

その時、俺は無性に姉貴が可愛く見えた。

精液だらけのチンコを拭く姉に、「ちゃんと拭けよなー」と言いつつも、(もう少し触って欲しい)という欲求に駆られた。

姉貴は「ゴメンねー、大きいチンコ」と言って、陰毛に絡まった精液をティッシュで一生懸命拭いている。

下を向いて拭いてる姉貴の顔と俺の顔との距離が近い・・・。

なぜか、そんな事を気にしていた。

拭いているその仕草と、竿に触れられていることで、かなり感じてしまった。

竿がピクンピクンと脈を打った。

やべぇと思い、下半身の興奮を鎮めようとしたが、余計に大きくなっていく。

それが、わかったのか姉貴は俺の顔を見て、はにかむように「へへ」と笑った。

笑った後も拭き続ける姉貴に「姉貴は、男のを触ってて濡れる事なんてないの?」と質問した。

「その気だったら、あるんじゃない?」と俺の顔を見る。

「男はその気じゃなくても、あんなことされりゃ出ちゃうんだけどね」と言ったら、「嘘つけ、しっかりでかくなってんじゃん」と言って、また竿を握った手を上下に動かした。

その時、ヤバイと思った。

「バカ、動かすなよ、じゃ、姉貴はどうなんだよ」

そう言って姉貴のアソコの辺にパンティの上から触ってしまった。

スッと割れ目に沿って指を這わせてしまった。

「バッカ」

姉貴はそう言って少し笑いながら腰を引いたが、俺は止めることが出来ず、指を動かしてしまった。

「ちょおっとー」

腰を引く姉貴の腰を右手で抱くようにして、姉貴のアソコをなおもパンティの上から揉むように動かした。

姉貴は完全に濡れていた。

「濡れてんじゃん、やっぱり」

俺はそのまま、指の動きを止めなかった。

「ちょっとぉ~」

小さい声で言い、俯いたまま、姉貴は頬を赤らめている。

姉貴の手は、まだ俺の竿を軽く握っていて、その片方の手にはティッシュを持ったままだった。

「拭いてやろうか?ココ」

指をパンティからずらし、アソコに直接触れてしまった。

頭の中では、(あ、調子に乗りすぎた)と思った。

しかし姉貴は、俯いたままの先ほどの姿勢を崩さない。

「姉貴、チンコから手を離さないと止めねーぞ」と言って、指をさっきより動かした。

その時、アソコの入り口付近で姉貴のクリトリスの辺を触っていたのが、奥に指を挿入させてしまった。

「んんっ」

姉貴が声を出し、とうとう顔を上げたが、目がトロンとしていて、口が少し開いていた。

姉貴の手は、まだ、離さない。

「ちょっと、姉貴、やばいでしょ」と言って、俺は手を止めた。

だが、姉貴は、俺の目をじっと見て、ほんの少し、微かに首を横に振った。

俺は、姉貴の目をじっと見つめたまま指をアソコに絡めるように動かし、ディープキスをした。

姉貴の目はトロンとしたままだった。

舌を絡ませたら、激しく舌を絡ませてきた。

腰に回していた手を、姉貴のTシャツの中に入れ、胸を下から柔らかく揉んだ。

そして、Tシャツを捲りあげ、乳首を吸った。

姉貴は身をよじり、腰をくねらせた。

頭の中で、(やばい、姉貴を抱いちまう。

どうしたらいい?)と巡っている。

しかし、身体が止まらない。

姉貴も「あぁぁぁ、どうしよう、どうしよう、どうしよう」と身をよじっている。

俺はとうとう、姉貴の脚を開いてマジマジとアソコを見る格好になった。

遊んでいるものだと思った姉貴のアソコは、綺麗なピンク色だった。

アソコに舌を這わせ、クリトリスを吸い上げた。

満遍なくアソコの入り口を舐め回した。

姉貴は「いや、いや、んんんっ」と言って俺の頭を掴むが、アソコから離そうとはしなかった。

まるでもっとして欲しいように、頭を掴んできた。

そして今度は、俺の竿を掴み上下に動かしてきた。

俺が「姉貴、また出ちゃうよ」と言うと、俺の股間に顔を近づけ、おもむろに口に含んできた。

姉貴は一生懸命、俺のモノを舐めている。

頭の中で(次は、姉貴の中に入れちまう。

どうしよう、どうしよう)と本気で焦った。

(どうにかして、挿入は止めないと。

姉貴を抱くのだけは避けなければ・・・)

そう思う自分がいた。

しかし、クンニをされ「あぁ、あぁ、いいよ、いいよ」と言っている姉貴の喘ぎ声に、より一層、俺のモノはいきり立った。

「姉貴」と言って、俺は、またディープキスをした。

舌を絡めた。

指はまた、姉貴のアソコにゆっくりと絡めた。

もう、びっしょりと濡れて熱くなっている。

腰をくねらせて喘ぎ声が出る。

姉貴は、俺の竿を優しく触り、ゆっくりと上下する。

(もう、ダメだ!)

姉貴とディープで舌を絡ませたまま、姉貴の脚を開いた。

姉貴は俺のモノにまだ触っている。

俺は、竿を持ち、姉貴のアソコに亀頭を押し付けた。

「どうしよう」

姉貴は、そう言って、俺のモノをゆっくり揉むように動かした。

俺は、姉貴の高揚している顔を見たら、たまらなくなり俺のモノから姉貴の手を外し、押さえつけた。

「姉貴、抱いていいよね」

そう言って、亀頭を姉貴の中に挿入し始めた。

「え、え、どうしよ、入っちゃうよ」

姉貴は狼狽えた。

俺は、本能の思うままに姉を抱こうと思った。

挿入し始めたら、姉貴は「え、入る、本当にするの?え、え?」と少し腰を引いた。

片方の手で逃げる姉貴の腰を抱き、俺のモノを根元まで挿入してしまった。

姉貴は「あああぁぁ・・・すごい」と言って、俺の首に手を回してきた。

姉貴の中は熱かった。

腰を徐々に動かし、姉貴の中の感触を味わっていた。

姉貴は、耐え切れなかったかのように腰を動かし始め、俺のモノを楽しんでいるかのようだった。

正常位、騎乗位、バックと姉貴の身体を味わった。

座位の時に、姉貴とまたキスをした。

その時の姉貴の火照った顔が可愛くて、耐え切れなくなった。

座位のまま、腰を動かし姉貴の腰をしっかりと掴んだまま、姉貴の中に放出してしまった。

現在、彼女とのセックスより、姉貴とのセックスの方が何倍も萌える。

姉貴はあれから罪悪感があるのか、俺の顔を正面から見ることが少なくなった。

だが、俺は姉貴が欲しくてたまらなくなると、姉貴の部屋に行き、後ろからそっと胸のあたりをまさぐる。

姉貴は決まって「もう、だめ。あんまりしない方がいい」と言う。

俺は、「小さい姉ちゃんが好きなんだ」と言ってアソコに指を這わせ、濡れるまで弄くる。

そして、耳元で「抱いていい?」と甘えるように囁き、姉貴を心ゆくまで味わっている。

オススメエッチ体験談














  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
オナニー動画
2019/01/15 14:04
2019/01/15 14:04
おじさんとの関係もしばらく続いてたときに、おじさんが「わかなちゃんお願いがあるんだ、オナニーってしたことあるよね?」そうです、おじさんに教えてもらって、たまにしていました。お願いってなに?「うん、わかなちゃんがオナニーしてるところ、動画で撮ってもいい?」ちょっと恥ずかしかったけど、うんいいよと返事しました。そして、服を脱ぎ裸になって胸から乳首をいじったりおマンコの周りを触って指で円を書くような感じでクチュクチュと音も出しながらやっていました。おじさんは、興奮しながら撮影していました。わかなちゃん、これ使ってみて。それは、小さな円形で細く短いピンクローターと言うものでした。振動は激しく、乳首に当…
【人妻・浮気・不倫】突然の展開。
2016/01/31 05:53
2016/01/31 05:53
地方に住む30代の男です。  私が住む市である計画が提案され、私はその計画に反対する活動に参加することになってしまいました…その協議会や会合には、嫌々ながら出席しています。 先日の会も憂鬱な気分で過ごし、会が終わり、帰ろうとした時、『もし、よろしかったら、後で打ち合わせに来て貰えませんか?』と、佐々木という男性に話し掛けられました。 男性の後ろには、笑顔でぺコっと会釈する二人の女性がいました。 その女性たちの笑顔にひかれ、待ち合わせの居酒屋に行ってみると、会合のはずなのに、その三人しか居ません。 私も男ですから瞬間的にその空気を察し、気持ちを飲み会モードに切り替え四人で盛り上がりました。 …
【妹】中学の時、存在すら知らなかった双子の妹に再開し恋をした【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/08/21 10:51
2017/08/21 10:51
 98 ::2013/05/13(火) 15:31:02 ID:DJAl7Szp0 中学の時まで全然知らなかったが俺には双子の妹が居た。何で知らなかったかと言うと俺がまだ小さかった頃に両親が離婚父の方に俺、母の方に妹と言う形で離れ離れになった。離婚後の両親の仲が親戚含めてすこぶる悪かったために俺達はお互いの存在を知らされることなく育った。 知らされなかったもう一つの理由は父親が資産家のボンボンで母は離婚の際にそういった諸々の権利を放棄させられていたというのもある離婚の際に十分なお金は貰ったようだがそれ以上は息子の俺の事を含めて関係ないよという事らしい今では考えられないが昔…
【人妻体験談】乱交サークルに参加することを承諾し、激しく喘いでいる妻を見て・・・
2017/11/06 18:02
2017/11/06 18:02
♪♪もしもし ♪♪この間は、どうも・・・その後奥さんの様子どう? ♪♪まぁ、変わりませんけど・・・ ♪♪旦那さん気持ちは変わらない?奥さん改造!!! ♪♪そうですね。この間の見てから、また興奮したくて・・・ ♪♪そうか、それは良かった。奥さん最高だったよ。今日、会える? ♪♪え~まぁ そうして、仕事が終わり弘さんと会った。 弘「急にごめんね」 私「いえ、大丈夫です」 弘「話だけど・・奥さんを乱交サークルに誘っても良い?」 私「乱交サークル?本当にそんなのあるんですか?」 弘「もちろんあるよ、ネットで趣味が共通した人が集まって、犯され願望のある女性と性行為をする」 私「ん~妻が行くかな?」 弘…
【レイプ・痴漢】同僚の女 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/12/25 14:44
2016/12/25 14:44
僕は営業所のセールスやってるんだけど、そこの内勤の派遣の子に告られた。名前はまいで、歳は22歳で色白、すごく細くて髪が長い。女優の吉高由里子ってのに似てるらしい。でも腕とかホント細くて、そこが僕にはダメだった。好きな人にはいいんだろうけど。告られたはいいけど、彼女いたし普通に断った。色白髪長細身の時点でヤバいとは思ったんだけど、やっぱりしつこく付きまとった。僕の帰りを待ってるし、弁当とか作ってくるし。女子にはちょっと距離置かれてるし、男どもも事情は知ってたんで僕がハブられたりは無かった。でもだんだん調子にのってきて社内で彼女ヅラしだしたんで、彼女いるし付き合うつもりないし、と釘をさしたんだが…
【乱交】3人が3人とも片思いだったのかもしれない[後編]
2016/08/16 00:00
2016/08/16 00:00
起きてから、服を着て応接間で3人座って話をした。当然ながら今度は3人とも服を着ており、俺もサヤさんの膝の上ではなく、ちゃんとソファーに腰をかけてた。 ちゃんと服を着た男を改めて見ると、俺の目から見てもびっくりするほど格好良かった。 全身から落ち着いた雰囲気が出ていて、サヤさんと並んで座ってるとホントに絵になる感じだった。長身のサヤさんが小さく見えるほどだったので、立っているとさらに似合うんだろう。俺は二人に食ってかかるつもりだったが、さんざんサヤさんに抜かれまくったのと、男の落ち着いた雰囲気とで、すっかり毒気が抜けてしまってた。 男は『K谷』と名乗り、サヤさんを『I子』と…
【泥酔】泥酔した大学の女先輩にムラムラしちゃって我慢できずに挿入w
2016/01/17 01:55
2016/01/17 01:55
数年前、大学時代の思い出を書きます。 バイトでお盆休み前の飲み会やった帰り道、 ちょっぴりいい気分で一人家路を歩いていると、 向こうの方で金網と格闘している女発見。 真夏の夜中の0:00頃。 よく分からんが、がっしゃーんと金網を何度も蹴ったかと思うと、 今度はもたれかかったり、また両手でがしゃがしゃと揺すったりしている。 「け~」とか「ぅえい!」「ばかぁ~」とか何か奇声に近い声まであげてらっしゃる。 関わらん方がいいなと思いつつ、通り道だし、怖いもの見たさもあるし、 知らーん顔して近づいていく。予想通り酔っ払っている模様。 チラチラと横目で見つつ、すれ違おうとした時、急…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】「レイプ」「中出し」がタイトルに入ってるスレの厨房率は異常【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/09 20:37
2017/03/09 20:37
2013/11/10 16:59┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者10 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/06/17(金) 00:57:52.12 ID:j6P/HlmT0「レイプ」「中出し」がタイトルに入ってるスレの厨房率は異常11 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2011/06/18(土) 06:37:17.06 ID:jXC11YtV0そんなにすごいのか12 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/06/19(日) 02…
義母に濃いいザーメンを流し込んだ・・・
2017/08/23 20:01
2017/08/23 20:01
私36歳、妻、美智30歳、見合いで結婚しました。今は妻の母、節子55歳と同居しています。妻の体型はスリムなんですが義母はムッチリとしたからだをしていて以前から狙つていました。ある日妻が同級会の集まりに入つた夜の事でした。
義母は風呂に入つていました、脱衣場に行くと義母の下着が、たまらず私は手に取り、においを嗅ぎました、「ああ、節子いいにおいだ、」パンティの染みを舐めました、もう息子は勃起しています、パンティでしごきました、逝きそうになるのをこらえ、風呂場のドアを少し開け、覗くと55歳と思えない乳房が目に飛び込んできました、よし、今夜がチャンスだ、私は決めました、節子を犯すと…居間に行き…
部活帰りの女子高生を襲った悲惨なレイプ事件【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/04 19:45
2017/09/04 19:45
真緒の高校1年の時の事を書きます。 あの日私は部活を終え(男子バレー部のマネージャーをしてました)暗くなった道をいつものように家へと向かっていました。 狭い道なのでいつもは車はほとんど通らず、徒歩か自転車くらいしか通らないような通学路です。 その日は私を追い越す車が2台いました。 「珍しいな・・・。」と思いつつ、考え事をしながら歩いていると急に腕をつかまれ「えっ?」と思った瞬間、ワンボックスの車に引きずり込まれるところでした。 よく覚えてませんが声を上げたと思います。 でも人通りも少ない道で暗いので誰も気づいてくれません。 ワンボックスの扉はすぐに閉まり、車が動き出しました。…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・内妻の友達を旦那の前で

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・交際初日に初SEX。そして・・・。

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・手マンから結局最後までいっちゃった

・【人妻体験談】痴漢にアナルまで弄られて感じる妻に興奮する夫

・【熟女体験談】還暦を迎えた母の黒の下着に興奮し、夜這いしてしまった

・スイミングスクールに妹を迎えに行ったら

・【人妻体験談】ちんぽが大好きで手コキマニアな変態女上司

・【熟女体験談】同じ介護職場の熟女の薄く透けてたブラに興奮し、フェラしてもらった

・不倫相手との甘い甘いSEX行為の告白

・職場で集団レイプを見せられた。

・【Hな体験】有名なエロレイヤーの処女をいただいた話

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・【熟女体験談】彼女のお母さんにマッサージをしてたらムラムラしてしまい、中出しフィニッシュ

・【人妻体験談】お隣の奥さんと出会った日にいきなりホテルでセックス

・芽生えたころに

・星の綺麗なキャンプ場でフェラチオ大会

・【盗撮・覗き】トイレから聴こえてきた大好きだった子のフェラ音

・黒ギャルのフェチ料金は破竹値

・女房が21年前に出ていた裏本

・社員旅行でパート主婦と・・・

・【熟女体験談】営業のオバハンと飲みに行き、出来上がったオバハンと中出しSEX

・【Hな体験】楽器屋でギターの試奏したら処女のセフレができた

・【人妻体験談】温泉ホテルで偶然知り合った同郷の熟女とSEXし、思いっきり果てた

・タダマンがビックリする程に楽勝