寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

接待の続きで大事なお客さんを我が家に招く事になった

2018/05/17 14:04


私は中小企業で営業課長をしている45歳のサラリーマンです。
娘も去年他県の私立大学に合格し、1人暮らしをしています。
家のローンに娘への仕送りと出費が多く、妻も昨年からパートで仕事を始めました。
私の会社も景気が良いとは言えず、ボーナスも毎年減少傾向にありました。
そんな時、営業で出向いた建築会社から大きな仕事の話が入ったんです。
部長を始め、社長にまで ”頼むぞ!会社の存続が掛っている仕事だから” と言われ
注目の的でした。
話はとんとん拍子に進み、社長の勧めもあって相手先を接待する事になりました。当日、部長と待ち合わせ場所の料亭に向かうと、既に取引先の方がお見えになって
いました。
 『すいません、遅くなってしまって』
 『まぁ気にしないで・・・我々も今着いたばかりですから』
初めて見る2人と名刺交換をすると社長(緒方社長)と専務(高橋専務)だったんです。
 『今日は、契約書を持って来ましたので、社長と専務が来ました』
 『そうなんですか!弊社社長も来るのを楽しみにしていたんですが、都合が悪くて』
 『社長にもよろしく言ってて下さい』
 『そんな堅い話はいいから、喉も乾いたし早速始めませんか?』
 『そうですね』
土建業と言う仕事柄なのか?社長や専務も堅苦しさが無く、普段の飲み会と言う雰囲気で
酒を次々と飲み干していました。
料亭を出る頃には、緒方社長も高橋専務もいい感じに酔っ払い”次々!さぁ行こうか”と
2次会に向かう事になったんです。
相手先の希望もあって2次会はキャバクラに行く事になりタクシーで部長の知っている所に
向かいました。
緒方社長(58歳)も高橋専務(55歳)も女好きの様で、隣に座る女の子にベタベタとしながら
太腿を擦ったり肩に手を回し、気分上々だったんです。
席の隅では私と取引先の担当者で、契約書の話をしていたんですが、契約書は社長が
持っているとの事で、最終的な契約はお預け状態でした。
そんな中、店の女性が”ちょっと、困ります!”と声を荒げ、社長と口論になっていました。
緒方社長が女性の胸を揉んだらしく、女性が思わず声を荒げた様でした。
場は一気に冷めると同時に気まずい雰囲気になって行ったんです。
 『はぁ!全くつまらない店だなぁ!来るんじゃなかった』
部長が会計を済ませ、直ぐに店を出る事になり、今日はこれで終わりかなぁ!と思って
いました。
 『緒方社長、本当に気の利かない店ですいませんでした。今度は良い店に連れて行きますので』
 『全く、冗談も効かない女だったよ』
 『本当ですね!今日はこの辺で・・・』
 『ん~いい感じに酔っていたのに醒めちゃったよ』
 『そうなんですか?』
 『他に良い所無いのか?まぁ、この辺じゃいい女の居る店も無い様だし・・・でも飲みたらんなぁ』
 『では・・・居酒屋でも』
 『居酒屋かぁ・・・君の家で飲もう』
 『私の家は・・・・田中君(私)の所はここから近かったよね』
 『えっ・・・私の家ですか?』
 『よし、じゃ田中君の家で飲み直ししようか!』
 『ビールや焼酎くらいしか有りませんよ。それに社長の口に合うか・・・』
 『何でもいいよ!酒が飲めれば』
急な展開に困りましたが、部長が後ろで手を合わせ”頼む”と言っているし、社長もノリノリだったので
断る事は出来ませんでした。
 『一応、妻に電話してみます』
 『何だよ!奥さんに聞かないと駄目なのか!ハハハ家と一緒だな』妻に電話をすると
 『今から何も無いよ!』
 『ビールを冷やしてくれ・・・焼酎もあったよね。それと軽くつまめる物作ってて』
 『うん!分かった!大事な取引だもんね。パパも頑張って』
 『本当にすまない』
 『大丈夫よ!パパの会社が潰れたらそれこそ大変だし』
大きな取引だと言う事は妻も知っていました。会社が左右される事も知っていたし、今日が大事な接待だと
言う事も知っていました。
朝も”今日の取引上手く行くといいね”と言って送り出してくれた位です。 『では、行きましょうか』
 『おっ、許しが出たのか?』
 『えぇ~』
その直後、部長が私の耳元に顔を寄せ
 ”すまないが後は頼んだ!明日、朝早いから”
 ”そうなんですか?私1人で・・・”
 ”適当に飲ませてタクシーでも呼んでくれ”
 ”分かりました”
 ”このお詫びは必ずするから”
 『すいません、私はここで・・・後は田中課長がお相手しますので・・・』
 『そうなのか!分かった気をつけて帰るんだよ』
 『あの~私もここで・・・』
相手先の担当者も帰る事になり、私と緒方社長、高橋専務の3人でタクシーに乗り私の自宅に
向かいました。
 『狭い家ですが、中にどうぞ』
玄関を開けると妻が玄関先に膝間つき出迎えてくれました。
 『始めまして田中の妻です。どうぞ中へ』
 『お~奥さん・・・夜分にすまないね』
 『いえ、こんな所までお越しいただいて・・・』
 『綺麗な奥さんだね』
社長と専務が妻を横目にリビングへ入って行き、私は妻に”すまない”と頭を下げたんです。
妻も風呂上りだったんでしょうか?ボディソープのいい香りが漂い、急いで着たと思われる
レモン色のノースリーブのワンピース姿でした。
よく見れば生足ですし、ワンピースの丈も短めでいつもならタイツやレギンスを履くのに・・・。リビングへ行くとテーブルには冷やされたビールと焼酎が置かれ、いくつかのつまみも用意され
ていました。
社長と専務が長ソファーに座り、私が向かい合う様に座ります。
妻が社長と専務にお酌をし、飲み会が始まったんです。
酒を飲み始めて直ぐ、”奥さんも一緒に飲みましょうよ”と社長が声を掛けました。
妻は酒が弱く、直ぐに酔ってしまいます。しかし、妻は大事なお客さんだと知って、嫌がる事も無く
愛想笑をしながらグラスを手に、社長からお酌されていました。
やがて社長が妻を隣に座らせると、今日の2次会での出来事を語り始めたんです。
”全く、今の若い女は冗談も分からない・・・奥さん位の年齢なら分かると思うけど”と多少の
悪戯は許せるよね!と言わんばかりです。
妻も”そうですね!そう言う席なんですから・・・”と愛想笑すると”分かってるね”と言いながら
妻の肩に手を回し始めました。
”イラッ”とする私に妻が”大丈夫よ”と視線を送って来て、私は我慢する事にしたんです。
勿論社長の胸ぐら掴めば全て終わりです。契約も無くなり私は仕事すら失う事も・・・。
妻の冷静な判断に助けられました。
目の前で妻がエロ親父に肩を組まれ、今にも襲い掛かられる勢いです。
社長にドンドン酒を飲ませ帰らせるつもりでしたが、社長は酒が強く、むしろ私が酔い潰れる
勢いでした。
社長と専務が来て1時間が過ぎた時には、私は意識が朦朧となり始め、妻もすっかり酔って
頬を赤らめ、目が虚ろになっていました。
その頃には社長は片手を妻の太腿の上に乗せ、スリスリしたり肉を掴んでみたりとエッチな店と
勘違いしている勢いです。
専務は私の隣に座り、妻の真向かえで視線を太腿奥に向かわせながら、何度も腰を屈め
視線を下げて妻の陰部を覗き見していました。
妻のワンピースは太腿半分以上露出させ、私の位置からも水色の下着が見え隠れする程です。
酒に酔っている妻の太腿は緩み、隙間が大きくなって専務にお披露目状態でした。
しかも妻はノースリーブのワンピースだった事もあり、胸元が大きく開き社長の視線は常に妻の
胸に向けられていたんです。
怒りと嫉妬で狂いそうだった私ですが、何故か股間が反応し異常な興奮を味わう裏の私が
存在する事も事実でした。
そんな矢先、遂に社長の手が妻の胸に向けられ、下から持ち上げる様に触れたんです。
 『奥さん、胸大きいね!サイズ幾つ?』
 『社長さん!エッチ何んだから・・・』
 『こんなに大きなおっぱい見せられたら、触りたくなっちゃうよ』
 『男の人ってみんなそうなんですか?』
 『そうだよ!旦那さん羨ましいなぁ!こんな素敵なおっぱい毎日揉めるんだから』
そう言いながら社長がドサクサに紛れて、妻の胸を揉み始めました。
 『ん~Gカップはあるかなぁ』
 『そんなに無いですよ!Eカップなんです』
 『Eカップか!柔らかくて気持ちイイよ』
 『もう年だから弾力失って・・・』
 『幾つ?30歳位だと思ったけど』
 『もう社長さんったら・・・39歳のおばさんですよ』
 『5才以上若く見えるよ。なぁ高橋君』
 『そうですね!30前半だと思っていましたよ。社長ばっかりズルいですよ。私にも』
そう言って専務まで身を乗り出し妻の胸に手を伸ばし始めたんです。
2人の手が妻の両胸を掴み揉み始めて瞬間、妻が”そうだ!良いツマミあったんだ”と
立ち上がり2人から逃れキッチンへ向かいました。
後を追う様に私もキッチンへ向かうと
 ”大丈夫かよ!本当にごめん”
 ”仕方ないよ!これ位我慢しないと・・・私は大丈夫だから心配しないで”
妻は冷蔵庫からツマミになる物を持って社長の待つソファーへ向かって行きました。妻は39歳。結婚20年を迎え妻の魅力を忘れかけていましたが、こうして見ると小顔で
色白肌のいい女です。胸も大きくお尻からの下半身は太めかも知れませんが、それが
また魅力的でもあります。そんな妻が社長の隣に座ると、待っていたと言わんばかりに社長が妻の肩に手を回しました。
まるで自分の女の様に・・・。
やがて社長が契約書をネタに、妻にキスを欲求し始めたんです。
 『奥さんがキスしてくれたら、契約書を上げようかなぁ!』
 『でも・・・』
 『本気だよ!そこのバックに入っているし・・・見せようか』
酔った妻も”契約書”と言う言葉に…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻体験談】狙っていたお局様に精液を絞り取られ、子供ができて結婚した新入社員
2018/12/18 22:02
2018/12/18 22:02
新卒で会社に入ったばかりのころ、課に30直前のお局さまがいた。 顔は中の下くらいだが、カラダはむっちりしてて、かなりエロかった。 ある週末に飲み会があり、俺はお局さまを狙っていたが、 先輩達に阻まれ、失敗。 結局、飲み会が終わるまで一言も話せず、店を出たところで、奇跡が起こった。 帰る方向がお局さまと一緒だったのだ。 先輩たちをおしのけ、強引にお局さまと同じタクシーに乗り込んだ。 タクシーの中で、いろいろ話をしているうちに、俺のアパート前に着いた。 「ダルいので、ちょっと休んでから帰る」 とお局が言い出した。 俺は心の中で歓喜した。 部屋に入るとすぐ、お局さまが胸を押し付けて抱きついてきた。…
職場の高慢ちきなOLを性処理用にキープ【エロ体験談】
2016/03/15 22:10
2016/03/15 22:10

十年以上前の話になるが、俺は同じ会社のOLのナツキと付き合っていた。

ナツキは今の女で言うと、フィギュアスケートの浅田姉妹の姉の方に良く似たなかなかの美人だった。

「夏の姫」と書いてナツキと読むのだが、その名前から想像できるように、親にチヤホヤされて育った高慢ちきなクソバカ女だった。

しかし相手の男が好みだと自分から言い寄るらしく、俺にもナツキの方から誘いをかけてきた。

俺は他に数人の女と付き合っていたが、性欲処理用の女としてキープしておくのも悪くないと思って、すぐにオマンコする関係になった。


ナツキと初めてハメた時のことは、十年以上前のことの割にはよく覚えている。

ホテルの…
■私が悪いのですが辛いです
2018/02/27 22:47
2018/02/27 22:47
 会社でウ〇コをしていたら便器が埋まる。あまりの多さに自分でも驚いてしまい、尻穴も拭かずに慌てて席に戻ってしまった。しかし他の女子社員にすぐに発見されてしまい、蜂の巣をつついたような大騒ぎになる。

 そしてすぐに犯人探しになり、女子社員全員の尻穴検査をする事になった。私もスカートを捲し上げてパンティーを下ろして尻を突き出す。穴のまわりにぺちょりとウ〇コがついていたのですぐに私が犯人とされた。

凄かった【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/25 08:31
2017/11/25 08:31
259 凄かった 削除依頼 投稿者:奈緒 2005/06/01 20:34:52(7df606MC)投稿削除 女が男の子を犯すって書き込み多いけど、私は女を犯した事あるんだよね。 レズじゃないよ!5年前、高校2年の時に友達の涼子が彼氏にふられたんだけど、その彼氏は涼子ふってすぐ彩と付き合い始めてさ。ふられた涼子の気持ちを彩は知ってたくせに付き合いだしたのが許せなかった。私らの中ではこれで皆、彩に反感持ってムカついてた。彩って凄いお金持ちのお嬢さんで成績も良いし顔もスタイルも良いから男子に人気あったんだけどさ。はっきり言って皆妬みがあって、あまりにも恵まれてたから欠点作ってやりたかったんだよね…
都会に染まった彼女を寝取られた男
2017/03/23 05:16
2017/03/23 05:16
70 えっちな18禁さん 2014/01/02(木) 17:41:01.12 ID:2sgUlwpHO そいや昔やってたSNSで、キャバ嬢のある日記の内容が、ちょっと寝取られっぽかった。 深夜、キャバ嬢が仕事帰り、歩いていると、道の端に泣いている若い男がいた。 20代前半くらいの細い男で、誰かに殴られたのか、顔に怪我している。通行人は泣きじゃくる男に気付いているだろうが、誰も男に声をかけようとしない。 キャバ嬢は男が可哀想になって、泣いている男に話しかけてみた。 男何か返答するが、泣いていて、何を言っているのかわからない。 キャバ嬢は男を近くのファミレスに連れて行き、とりあえず落ち着かせた。…
クセになる味 続き?:パラダイス
2015/11/17 14:05
2015/11/17 14:05
俺はまず、さとみから責める事にして、とりあえず良子を母親の元へやりました。 さとみは少しうろたえた感じでしたが、そんな事も許さず愛撫を開始しました。 まずは乳首を軽く舌で舐め反応を見てみると、さっきとは違い意外に切なそうな顔をしています。 目は閉じ、口もギュッと閉じていましたが、頬は赤く染まり、何か自分のツボを探しているような感じ(表現が品祖ですんません) で、時より『んっ』って感じている声も出てきました。 俺は我慢できず、下の方へ手を伸ばしました。 さとみは触るのを少し拒みましたが、母親の顔をちらっと見て、足を開け体を預けてきました。 それでクリトリスを中心にさわり、時よりマンコの方へ指を移…
思春期の姉に襲われたエッチな体験談
2015/09/19 10:10
2015/09/19 10:10

思春期は膨れ上がった性欲と妄想が上手く制御できずに暴走してしまう事がままある。

その暴走は後にふと思い出す度に奇声を発しながら悶絶してしまう暗黒の歴史を生み出してしまうものだ。

そしてそれは思春期の暴走とイコールで語られがちな男子中学生だけではないのだ。

女子中学生にだって性欲はあるし、妄想はするし、暴走してしまうのだ。

俺には姉がいる。

五つ年上で、俺が小学生の時に姉は中学生だった。

姉は性欲と妄想をこじらせてしまったのだろう。

俺はその冬の日、炬燵に半身を突っ込んでうとうとと、夢半ば覚醒半ばという状態だった。

不意に下半身に、主に股間のあたりに違和感を感じた。

なんだ…
女の告白、バナナボートのお兄さんに抱きついて挑発して
2016/07/15 21:00
2016/07/15 21:00
 

  ママ友5人(子供の数は8人)で海水浴に行ってきたんだけど、その時にちょっとエッチなことしちゃった。子どもたちを順番に見て、ママたちで交代でバナナボートに乗ったんだけどグループのママはみんな自信あるからかなりセクシーなビキニだったんだけど交代で乗ってると水上バイクのお兄さんも興味ありげな視線送ってきて私ともう一人のママもお兄さんの視線に興味持っちゃった。それで、水上バイクの後ろに乗せてよって頼んだらもう営業終わりだからイイよってことになって一応他のお客とかがいない離れたところでってことで浜をいそいそ歩いてビーチのずっと端の方からのせてもらったの。 …
【人妻体験談】セックスレス気味だった私はサイトで知り合った素敵な男性と初めての不倫をした
2017/09/21 12:02
2017/09/21 12:02
ある掲示板で知り合った6つ年上の男性と昨夜初めて会い、セックスをしました。 私にとって初めての不倫です。 夫とはセックスレス気味だった私は、不倫サイトの掲示板で妻子持ちの彼(Uさん)とメールのやり取りで仲良くなり、割と早い段階で会う約束に。 初めての事だけに、夫に断って家を出るまでドキドキでした。 隣県に住むUさんとお互いの中間地点で待ち合わせをしそこで初めてUさんの姿を見ました。 メールでのとても明るい印象そのままに、年齢よりもずっと若々しく、素敵な外車に乗っていました。 服装も体型も想像していたよりもスタイリッシュで、すっかり気後れしてしまいました。 彼の外車に乗り、近くのラブホテルに。…
★久しぶりのテレクラで
2017/02/10 21:56
2017/02/10 21:56
 久しぶりの都内下町のテレクラ。暇潰しと懐かしさで衝動的にin。1時間くらい経過してから女子大生という娘と話が出来て会う事に。彼女が地元に近いと言う事で駅前は避けてラブホ前で待ち合わせ。「雅です。こんばんわぁ。」と目が合った瞬間会釈された。

 見た感じJDというよりJKといった感じの幼さ。「たかしです。こんばんわ。」電話での約束どおり近くのラブホへin。\の話は電話ではしなかった。「よくかけるの?」「半年前から月1位・・」「若いね。何歳だっけ?」彼女は「やばいんですけど。高校生です・・」


「バイトも夜してるんですけど、もっと・・」私が「ええっと・・」と\を聞くと右手で2の指。「いいよ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・おまけ

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス