寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻が他の男とやるところを見たいです・・・

2018/05/17 10:02


私は現在45歳、妻・理香は43歳の熟年夫婦です。

妻の身長は156cm、丸顔のポッチャリ型で、

自分で言うのも憚られるのですが、

齢の割には容姿は衰えていません。

知人から「素敵な奥様ですね。」と言われると、

悪くない気がして思わずにんまりしてしまいます。

20代、30代のときは、世の男性と同じく、

それこそ毎晩のように交わっていたのですが、

40代後半辺りから精力減退の兆しが見えてきました。

終わった後、妻は何も言いませんが、

私は妻が女盛りを迎えているというのに

申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

きっかけは某Webサイトの乱交体験や寝取られ体験告白にログインしてからでした。

「最愛のあなたのパートナーが、あなたの手を握りながら今他人棒に貫かれようと
しています。・・・」

の件に目をやると胸がドキドキして、悪魔めいた寝取られ願望が沸いてきます。

男性というは、妻を愛すれば愛するほど、このような快感を求めたがるものかもしれませんね。

私のものはまあ普通サイズだと思います。

勃起したときの長さは16cm、幅は4cmほどです。

他人に誇れるほどの物でないので、清純で貞淑な私の妻がもっともっと大きいペニスに貫かれている所を見たいという欲求が高まってきてどうにもならないところまできました。

そんなある日、意を決して妻に頼んでみたのです。

「理香が、他の男のペニスを受け入れているところを見たい」

と。

当然、妻は、

「何考えてんの?私がそんなことされて、あなた平気なの?」

と猛烈に腹をたてました。

その後、段階的に

「いっしょにここまで歩いてきたのだから。

お互いもうそんなに若くないし、おまえの乱れている姿を見ると、もっともっと愛情が深まると思うんだ。」

と勝手な理屈をつけて妻に頼み続けました。

頼むときは、必ず、セックスで妻が絶頂を極めた後です。

何ケ月もかけて頼んでいるうちに少しずつ妻の態度が変わってきました。

「ふ~うん。

あなた、そんなことしたいんだ。

・・・全然知らない人とするなんて・・・」

「今は凄い抵抗があるわ。

あなたの前で、そんなことされると、私どうなってしまうかわからないよ。」

「あなたがそこまでしつこく言うのだったら・・・どんな人とするの?知らない人にされても気持ちよくなるの?」

1年間かけて、ようやく妻の了承を得ました。

それから、私はインターネット掲示板に男性募集をかけるか、それとも某所で定期的に開催されている乱交パーテイに参加するか妻と相談しました。

私は、メール交換から下相談などで時間がかかる特定男性を探すことより、手っ取り早い乱交サークルの方を薦めました。

エイズの証明書の提示やプレー上の決まりなどきちっとした管理運営ができているし、それに何よりも妻の中に複数の人のものを入れてほしかったからです。

「乱交パーテイって、みんなの前で複数の人とするんでしょ?あなたは、私のそんな姿を望んでいるのね。

いいわ。

でも、どうなっても知らないよ。」

妻は、私の希望どおりこちらの方を受け入れてくれました。

本当に従順な妻です。

いよいよ、サイトの人から連絡があった集合場所へ向かう日です。

前日には、一緒にお風呂に入り、妻の秘部の周りをきれいに剃ってあげました。

秘貝のピンク色が際立っています。

待ち合わせは、A市の駅前。

数分すると、ワゴンカーがやってきて私たちを目的地まで運んでくれました。

パーテイが開かれたのは某マンション。

しばらくして最初に、プレーのルールについての説明がありました。

私は、このパーテイの責任者の方に、他の女性と交わることを控えて、妻の痴態を眺めてみたい旨を告げ、許可をいただきました。

妻の方に目をやると、さすがに緊張しているのか体を堅くしています。

参加者は、女性が私の妻を含めて3人、男性の方は私を入れて8人でした。

カップルらしき若い2人は見学だけのようです。

別室で、身につけているものをすべて脱ぎ、

「それでは皆さん、ごゆっくり。」

の一声で、長年待ち望んでいたことが始まろうとしています。

妻は、私の方を振り向き、

「本当にいいの?」

うるんだような瞳で見つめてきます。

「うん、他の人のチンポで犯される理香が見たいんだ。」

私は、暗黙の頷きを妻に送ります。

最初に、妻の方に寄り添ってきた方は40台の男性でした。

股間に眼をやると、ほぼ私と同サイズの持ち物でした。

Aさんと呼ぶことにしましょう。

私は、あらかじめAさんに、妻の主人であること、妻とのプレーを側で見させていただきたいこと、中出しまでいってほしいことを頼みました。

Aさんの手が肩に回った時、妻の体がビクッと反応したのが分かりました。

「理香、素敵な方じゃないか。

優しそうな方だからだいじょうぶだよ。」

と妻に声をかけます。

「奇麗な方ですね。

最初にこんな素敵な方とお手合わせできて嬉しいなあ。」

Aさんは妻に優しく語りかけますが、妻は膝を閉じて身を堅くしようとしています。

Aさんの手が妻の乳首に触れたとき、」

あっ・・・」

という妻の小さな震え声が聞こえました。

2人は抱き合った姿勢で、Aさんの手が妻の体中に伸びて愛撫を始めました。

妻の心臓の鼓動が波打っているのがわかります。

夫の前で、他人の愛撫に身を任せなければいけない初めての経験をしているのは自分の妻なのです。

やがて、Aさんの舌が妻の口に入り、キスを始めました。

「あっ、う~んっ」

という妻の喘ぎ声が始めて漏れました。

Aさんの顔が妻の股間に埋まっていきます。

妻は、思わず足を閉じようとします。

「理香、隠さないで。

もっと足を広げて・・・」

「いやぁ・・ああ~ぁっ!」

とクリ攻めを拒否しながらも、体が反応する喘ぎ声が尾を引いていきます。

妻の性感がどんどん高まっていっているようです。

「あっ!ダメっ!」

「あっ、あっ・・・」

Aさんのクンニがお上手なのでしょうか、だんだん顔を仰け反り喘ぎ声が激しくなっていきます。

もう他人に喘ぎ声を聞かれてもかまわないと思うほどに高じてきたのでしょうか。

この上、ペニスまで挿入されたらどうなるのでしょうか、私の心は震えてきました。

そのうち妻が、ちょうど体操のブリッジをするように、腰を、1~2度浮き上がらせました。

妻が快感の深淵に達した時の動きです。

最愛の妻が、とうとう他の男にイカされてしまったのを見て、私のペニスも大きく怒張していました。

いよいよ挿入かと思いましたが、妻を快楽へ導く愛撫は続けられ、妻が腰を浮かせる動きが頻繁になってきました。

背徳の行為と知りつつも快感に身を委ねる姿を夫に見られているせいか、妻は声を押し殺しながら、泣きじゃくるような声になっています。

しばらくするとAさんが体勢を変えました。

右手で亀頭部をもちあげ、妻の秘部へ宛がう寸前、Aさんが小声で何か妻に呟いたようです。

その瞬間、妻が潤んだような切ないまなざしを私の方へ向けました。

それはあたかも、

「あなたっ、ごめんなさい!!今から他の人のおちんちんが入るのよ。

入ってもいいの?!!」

と訴えているようでした。

私は、

「ごめんな。

自分勝手なことをさせて。

奥まで入れてもらって!いっぱいイッていいよ!」

と妻に答えました。

秘口に宛がわれていた肉棒に力が加わり、太い肉塊が秘口に滑り込んでいったのがはっきり見えました。

不意に妻が、

「あぁっ!・・あっぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

と悲鳴が上がりました。

とうとう妻が他人棒を受け入れた瞬間です。

Aさんは、妻の上に覆いかぶさり、優しさの限りをつくしています。

挿入してから暫く動きを止めていたAさんは、やがて妻のお尻を両手で抱え込み律動を始めました。

「あっ!!あああっ~、ゆっくり・・・んっ!あああ~っ・・・」

「Aさんのが入ったよ。

ど~っ?気持ちいい?いっぱい、気持ちよくなって!!」

「ごめんなさい~!感じてもいいのおっ・・・、感じる~う・・・、気持ちよくなるの~うっ・・・」

Aさんのペニスは、妻の性器に快感の波を送り続けます。

Aさんの声が聞こえました。

「ああぁー締まるうっ、奥さんも、我慢しないで声出していいんだよ。」

彼の囁きに安心したのか、妻が解き放たれたように歓喜の声を上げはじめました。

「はぁぁっ!!んっ!!・・はいってるうっ・・いっぱいはいってるう~・・・」

「あなたっ!凄いのお~っ!気持ちいいの~お!」

妻の体は、絶頂へ向かってみるみる高まっているようです。

Aさんは側で見ている私に配慮して、妻の脚を大きく広げさせ、妻の両足を肩に持ち上げ結合部が見やすいようにしてくれました。

そして、一律一動を大きくゆっくり、ズブッ、ズブッと妻の中へ突き入れます。

「ああぁぁぁっ!!」

「いやぁぁぁっ!!奥までとどくうぅっっ!!」

更に交わりは、妻がAさんの上に背面で跨る体位に変わりました。

妻が私に見てくれと言わんばかりに何度も体を弓なりにして腰を突き出します。

Aさんが送る律動の快感を更に吸い取ろうと腰を思いっきり浮き上がらせます。

結合部が丸見えです。

妻の口からは、堪えきれない、切ない喘ぎ声だけが漏れてくるようになりました。

「奥さんのもの、締りがよすぎてそろそろ限界です。

中に出して…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
私のマゾっぷりを書かせて頂きます。。。
2017/04/02 02:02
2017/04/02 02:02
はじめまして

貴子豚と申します。

いままで、別の所で私のマゾっぷりを書かせて頂いていましたが、

エッチなブログを書くには規制が強すぎて微妙だったので、

こちらに引っ越してきました。

すこし検索したら結構エッチなブログもあったからいけそうかな?

って思います。

とりあえず過去の日記をコピペする作業から始めます。

宜しくお願いします。

私はすごいすごいMなんでした。

多分大抵の男性は引きました。

だから彼女になるなんて殆ど無理なお話

でも遊ぶなら最高の女だったと思います。

やりたい放題好きなことなんでも出来ました。

いつ…
【犯す】営業中の女をスーツのまま犯すというシチュエーションに興奮
2016/02/17 01:12
2016/02/17 01:12
11月にマンションへ光ファイバーが通ったから光にしましょうと営業に来た。 その子は21歳ちょいぽちゃで、胸は大きく、顔はまぁ・・・普通程度かな、贔屓目に見て。 上司が下で待ってるからと、それほど長話はその時は出来なかったが、その後すぐに、今日は来てくれてありがとう、と電話を入れて、もう一度パンフレットだけ貰えないかと言ってみる。 それを持ってきたときは上司も居ず、後は4時間ほど一人で訪問して帰るだけだという。 その子自身よりも、営業中の女をスーツのまま犯すっていうシチュエーションに興奮して世間話から恋愛話、そしてそれとなくボディータッチとエスカレートしていき、結局来て1時間位で抱けました。…
千鶴(ちづる)
2017/02/26 09:01
2017/02/26 09:01
あたし(なおぼん)の近所の女子高校生、優希(ゆうき)ちゃんから聞いた話です。優希のクラスメイトの千鶴はその後も、順調にエンコー(売春)の実績を上げていた。 総売上額も五十万円に達しようとしていた。 ほんと、真面目そうなメガネの容姿からは想像もつかないJKぶりである。 ※JKとは女子高校生の2ちゃんねる語彼女特有の戦略なのは言うまでもない。 顧客要望とカモフラージュを兼ね備えた、したたかなやり方なのだ。「ちづるのおまんこは最高だよ」 そう、しきりにほめながら、五十がらみの客、鈴木はクンニを続ける。 「ああっ」 千鶴も、クンニというものがこれほど素晴らしいものだというのを最近になってわかってきた。…
【いとこ】同人描いてる従姉妹に俺のアレを見せてあげたら【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/08/28 03:46
2017/08/28 03:46
俺には1個上の従姉がいて、そこの家は母子家庭なんだけど、従姉(仮にK子)は高校出てからフリーターしながら同人描いてる子で、見た目もスタイルも普通だけど、ちょっと大人しい子だった。 先週K子の母親が再婚して、新婚旅行に行く事になった。その時、空港まで俺が車で送ったんだけど、空港からK子の家に帰った頃が丁度お昼で、ピザを食べながら色々話してたんだ。 K子とまともに話するのは、すごく久しぶりだったので、何話していいか判んなかったから、とりあえず同人の事をよくわからんまま聞いてみたら結構乗り気で色々教えてくれた。 聞いててもさっぱりだったので、飯終わったら見せてよと、お願いしてK子…
巨乳なメンヘラ女で童貞卒業!だけどアヘ顔を目の当たりにして絶望wwww
2016/12/11 12:02
2016/12/11 12:02
◆スペック


現在24歳
180センチ
おなかでてる
地方駅弁卒
IT系会社

メンヘラ
Fカップ
かわいくない
細い
ケバい
いろいろ変わったこ

俺が卒業した高校は学年が上がるごとにクラス替えがあり、

メンヘラとは高2の時に同じクラスになった。

高2になって1年の時の友達はみんな違うクラスだったため、

最初は中〇生の時に塾で知り合った同じクラスのAといることが多かった。

俺は軽度のコミュ障だったが、

Aのコミュ力は非常に高く、

Aのおかげで、友達はすぐに増えた。


高2になって2ケ月がたち、7月に文化祭があるため、

そろそろ準備をはじめる時期…
【妹】妹に犯されたわけで…【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/18 20:41
2017/10/18 20:41
こんにちは。クンニが三度の飯よりも好きな、みらいです。特に好物なのは、若い女の子の新鮮なアソコです。初々しい反応がカワイくって、何時間舐めても飽きが来ないですね。  ついこの間なのですが、19歳の女の子を舐める機会がありました。私が31歳なので、12歳も年下の子です。  その子とは、とあるサイトの掲示板で知り合いました。何度かメールをやり取りする内にクンニの話になり、とにかくいっぱい舐められてみたいという事でしたので、「何時間でも舐めてあげるよ」と言うと、彼女もスゴく乗り気で、会って舐めさせてもらうことになりました。  でも、「キスとアナル舐めはダメ」とのことで、ちょっと残念。  ところが…
【人妻体験談】クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出し射精
2018/01/06 12:02
2018/01/06 12:02
週末の名古屋は熱い。 元々外食文化が盛んな街だけど、金曜日は特に仕事帰りの会社員から学生まで、東海一円から人が集まって、 その中心である栄の熱気は深夜12時を回った頃、ピークに達する。 そんなありふれたいつもと同じようなとある金曜日、僕は久しぶりに会った大学の仲間とすでに3軒はしごして、 広小路から少し南に入ったところにあるバーに行き着いた。 27歳前後になった僕たちはぼちぼち仕事でも責任ある立場を任されたり後輩の指導に当たるなどちょっとずつ大人へのステップを登り始めていて、 こうやって学生時代のノリで飲んではいてもたまに真剣に仕事の話が挟まったり中には結婚しようと考えているやつなんかもいて…
バックで突き上げると淫乱になる女友達とのエッチな一夜【エロ体験】
2015/09/27 10:02
2015/09/27 10:02
その女友達は特に可愛い子じゃなかったんで、
割と気軽に遊びに いってました。

まあ、時間つぶしにちょっと寄ってみるかくらいで、
時々何人かでは泊まったりしてたんだけど。
 
 その日は仕事の帰りで一人

その女友達のアパートの側を通りかかったんで
電話してみるといました。

いつもの調子で一通りの飲み物とかを
買い込んでお邪魔することにしました。

まあ、とりとめのない話をして、
少し彼とうまくいってない、はっきりと好きなのか
わからないっていう話をきいてました。

仕事で疲れてたせいもあり、
泊まってこうかな というと
別段いやがる様子もありません。

以前にも何人かで泊まってましたしね…
バックからガンガン突かれるのが大好きな泥酔女
2016/01/08 16:45
2016/01/08 16:45
いつもの駅で降りると改札の前でふらふらあるく女

会社帰りに飲んで来たんだろうなぁと一瞬で分かるいかにもOLな格好をしてる。
髪はロング…だけど、ちょっと乱れてたかな。

「あぶねっすよ。」といいながら体を支える。むにって感じが伝わる。
『あ…』と一言言って頭を軽く下げて拒否しない。

「どこいくの?」
『ちょっと駅から離れてタクシー…』

「あ~んじゃ途中までご一緒しますよ。」
ということで、がっちり腰に手をまわして反対の手で手を握り歩きはじめる。
舌足らずで『ありがとねぇ~…』とか。いい感じで酔ってるなぁと。
歩いている途中数代タクシーが過ぎたけど勿論無視して歩く。
園児は見た 2【エロ体験談】
2016/03/14 22:10
2016/03/14 22:10

園長には息子が2人いた。どちらも俺の在園当時は中学。
学校があるので園児と顔を合わせる機会は少ないが、試験期間中とか学校が早く終わった日は、たまに園舎に来て遊んでくれる。
イガグリ頭の優しくて面白いお兄ちゃんたちで、園児にも人気だった。

その年の夏、園の運動場の一角に小さなプールが完成した。
今見たら水たまりと大差ないが、当時の餓鬼には画期的アミューズメント設備だ。
落成法要を兼ねたプール開きには、園長や保母さんたちのほか、園長の息子2人と園児の母親も何人か来て、餓鬼どもの遊び相手をしてくれた。

今の俺からすれば、若いママの水着姿なんて目の保養以外の何物でもないが、そのありがたさを理解…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・中学生に寝取られた_終

・男性に綺麗と言われるって嬉しくエロへ

・一度のつもりが・・・

・中学生に寝取られた_10

・中学生に寝取られた_9

・王様ゲーム2

・【Hな体験】風俗嬢になったと噂の美少女同級生を探し出して

・中学生に寝取られた_8

・【熟女体験談】電動バイブが壊れんばかりにオマンコに高速ピストンしてガチイキ絶頂していた変態チビ巨乳熟女

・中学生に寝取られた_7

・中学生に寝取られた_6

・熟女タレントN美E子さんの息子さんとの関係

・【オナニー】急な階段を上がる叔母のムチムチなお尻

・ゴミ出しのワズカナ時間に家に侵入され

・中学生に寝取られた_4

・温泉でマセタ子供に痴漢された2

・夫からの肉体的見返りが少なくて

・【人妻体験談】失神した美人な母を無理やり近親相姦レイプ

・【熟女体験談】銀座で女帝と呼ばれている有名クラブの美人ママとゴルフ場で官能的な青姦SEX

・【不倫】大学生にも見えるバイトの人妻を自宅に連れ込んで

・本社のお局様と 7

・【SM・調教】行きつけのスナックで変態プレイ

・【人妻体験談】出張ホストに妻をナンパ痴漢させ、寝取らせて興奮する変態夫

・中学生に寝取られた_1

・【初体験】北海道行きのフェリーで知り合ったおじさんたちと

・自慢の母(1)

・ビデオテープを偶然に発見してしまった・・・

・【Hな体験】ボール遊びしてたら隣の家のお姉さんにフェラされた

・嫁を寝取っていたのは俺だった?2

・俺の奥さんと尊敬する先輩の満さんが