寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

彼女は50歳過ぎの男と付き合っていた・・・エッチな体験談

2018/05/17 09:45




5年ほど前のことなんだけど、当時会社の子で付き合って間もない彼女が居たんだ。
藤崎奈々子を清楚な感じにした(本人にちょっと失礼な表現だが)俺には手が届かないような子だったんだが、仕事の関係でちょっと近くの役所まで送って行ったのをきっかけに食事に行く事になり付き合うことになったんだ。
奈々子さん(仮名)は英語ペラペラで、会社入ってそれほど経ってないのに客と電話やメールでやり取りをして皆からも人気、評価ともに高かったんだ。
奈々子さんは、学生時代に年上の彼氏が居たらしいんだけど会社入ってから別れて、だから仕事を頑張ってたって言ってた。
俺たち二人の事は誰にも言ってなくて、俺もこんなきれいな子がフリーなんて・・って思ってたけど、周りの先輩や上司に飲み会とかでいろいろ言われてもうまくあしらっていたからあまり心配しないようにしてた。付き合ってからは、人並みにデートをしてキスをして・・・そこからの奈々子さんのガードは結構堅かったけれど、それでもすごく幸せだったんだ。
週のうち2~3回一緒に食事して買い物したり、夜景を見に行ったり、すごく月並みだけど人を好きになるってことはこういうことなんだ、って思ってた。
今考えたら、いつも夜10時までには家に帰らなきゃって言ってたし、会えない日に電話やメールしても夜の10時から11時はほとんど連絡つかなかったのは不安だったけどまさか「本命の人」がいるなんって思ってもいなかったんだよ・・・。
年末、奈々子さんは家族で両親の実家に帰るって言ってたんだけど、「年が明けたら京都に初詣に一緒に行こう。実家が京都の方だから現地で会おう」って待ち合わせの場所を決めたんだ。。
俺は京都はあまり詳しくないから、年末に一人で待ち合わせの場所から神社までの道のりを下見しに行くことにしたんだ。
まさかそこで「本命の人」と一緒の奈々子さんに会うなんて思わずに。。
下見の日、神社の参道を歩いてたら、お参り終わって参道を戻ってくる奈々子さんと50過ぎの男にばったり会った。
その男はたまに仕事の関係でうちの事務所にもたまに来ている奴だった。。
うろたえる奈々子さんと手を繋いだ奴は、呆然としている俺に向かって言ったんだ。
「“彼女”とのことはやっぱ会社に知れたらまずいので黙っててね”」って。。
俺は頭の中が真っ白になって、どうやってその場から離れたのか覚えてなかった。。
その晩、奈々子さんからメールあって、とにかく初詣の約束の日には来て欲しいとあった。
情けない俺は、それでも再び京都に向かった。
そして奈々子さんと会ったんだ。
気まずい雰囲気の中、足はあの神社に向かってた。
俺が何も言えないでいると奈々子さんが喋り始めた。。
「“彼”とは“リョウくん(俺)”と付き合う前から仕事の関係で良く話をしてたの。すごく仕事が出来て面白くて、こんなお父さんがいればいいなって思ってた。ある時、私が仕事でミスして“彼”の会社に迷惑をかけた時、彼が社内を調整してくれて助けてくれたの。その時、食事に誘われて・・・その時から彼を意識し始めたの」と。。
でも奴には奥さんと子供が居て、奈々子さんにとっては「憧れの人」に過ぎず、その内に俺と付き合うことになったって言った。
でも俺との時間は楽しかったって言うけど、毎晩10時に“彼”と電話するために帰ってて、“彼”がうちの会社に来た時は待合わせて食事行ってからホテルに行ってたらしい。
この年末の京都ももちろん実家に帰るってのは嘘で、奴が奥さんとかに偽って「出張」をでっち上げ、奈々子さんとの旅行を計画してたんだそうだ。
俺と会ったあの晩も、奈々子さんは奴と京都市内のホテルに泊まり奴を受け入れたんだそうだ。
俺にメールをくれたあとに・・・。
絶望の俺の横で、奈々子さんは全てを悟ったように淡々と言った。
「“彼”とは一緒になれないのは分かってるけど、一緒にいるとすごく幸せなんだよ。すごく頼り甲斐あって、いろんなこと知ってて・・・えっちもすごく上手くて。初めてした時から何度もイかされて、そんなこと今まで無かったのに」って。。
奈々子さんはいろいろ考えたけど、家庭を持っている奴とは先が見えないし、でも俺には知られてしまったしで、少し時間が欲しいと言われ、冷却期間をおくことにしたんだ。
(俺も未練があった・・)そして仕事始めになり、しばらくして奴が挨拶回りでうちの事務所に来た時、奴が俺を呼び出した。
複雑な思いですごく迷ったけど、待合わせの居酒屋に行ったら奴は俺が奈々子さんの彼氏(と思ってるのは俺だけか?)とは知らずに、この間の京都で会った事を改めて口止めしながら、酔いに任せていろいろ喋りだした。
結構遊んでて、以前、奥さんに浮気がばれて関係が冷え切ってること。
初めて会った時から、落とそうと思っていたこと。
奈々子さんのミスをフォローした時に、「お詫びしたいんだったら食事でも」と誘ってついてきたので「これはいける!」と思ったこと。
あとは、奴が俺に自慢げに話したことを覚えている限り書いてみる。。
初めてホテルに行ったとき、奈々子さんが涙を浮かべながら抱きついてきたんだけど、でも「明かりは消して」っていう奈々子さんの願いを無視して、奴は「経験」を駆使して服を脱がせ焦らせながら身体中を愛撫した。
「もう堪忍して」って喘ぎながら言う奈々子さんに、奴のものを突き出ししゃぶらせた。
奈々子さんは、その清楚な顔と裏腹に拙いながらも一生懸命、言われたとおり袋までしゃぶり、奴は奈々子さんの口に思いっきり射精をした。
「俺も年なんだが、さすがに若いきれいな子を前にしてすぐに臨戦態勢に入れたよ」と、顔をそむけて恥ずかしがる奈々子さんに、正常位で一気に挿入した。
「ううっ」っと声を抑える奈々子さんに対し、ゆっくり前後しながらクリと乳首を愛撫し続けた。
少し小ぶりの胸を揉みしだいて、下半身を突き上げると奈々子さんは下で腰をくねらせて両腕はしっかり奴にしがみついた。
次に明かりの下で恥ずかしがる奈々子さんをホテルの窓際に立たせて、ガラスに手をつかせ奴は背後から突きまくった。
ロングヘアを振り乱しながら、息も絶え絶えに「やめて・・何か出ちゃう・・」「あぁ、もう勘弁して・・」というのを構わずグラインドさせながら腰を打ち付ける。
今までの少なくない女性経験の中でも、初々しく清楚で、でもいやらしく壊れていく彼女を、奴は「今までで最高の女だ」と思い、奈々子さんの願いを無視し、ひたすら突く。
次の瞬間、「い、いやぁー・・」と一瞬固まったかと思うと、アソコから生暖かい白い液体を垂らしながら腰が抜けたようにしゃがみこみんだ。
抱いてベッドに彼女を運ぶと、彼女はトロンとした目で、ゆっくりとした気だるそうな口調で「すごかった。今までこんな気持ちいいことなかった・・」と余韻に浸っていた。
それを見た奴は、彼女をめちゃくちゃにしてしまいたい欲求に駆られ、まだ二回目を放出していないモノをまた突き刺したんだ。
「ちょ・・あ・・やめて・・。待って・・・」っていう奈々子さんの半泣きの願い空しく奴はまた彼女を欲望のままに弄び、奴曰く「あんなに激しい運動はもう出来ないね」、「奈々子も“もうやめて”って言いながら、口だけじゃなくアソコからもよだれ垂らしてしがみついて来るんだよ。会社で見る彼女では想像出来ないだろう」って。。
初めての晩に彼女は6~7回はいき、最後は痙攣して半分失神したそうで、翌朝チェックアウトの時間ギリギリまで起きれなかったそうだ。
奴は、俺と奈々子さんが同じくらいの年齢で、さらにほとんどの男がうらやむようなきれいな子だから、自慢を含めて散々彼女とのエロい話を言い放ってた。
目の前の俺が彼氏(自称)とは知ってか知らずか。。
京都で俺と会った晩も、奴は奈々子さんを攻め立てながら「今日会った会社の男の子は奈々子が俺にこんな風にやられてることを想像してるんだろな。奈々子のカラダをこうやって攻めたらこんな風に声を上げるなんて聞かせてやりたいよな」って。。
俺と会ったあとの奴の京都旅行最後の夜、奴はさすがに正月は家庭に戻らなければならないので翌日帰るため、「ヤリ溜め」しておこうと、部屋に戻ってくるなりシャワーも浴びていくて嫌がる彼女を押し倒し裸に剥いて・・・そして最後は「いつものように」彼女が痙攣するまで堪能したらしい。
他にもいろいろ言ってたけど、「奈々子は俺がいないと生きていけない身体になった」といい、「俺はそのうち離婚して奈々子と一緒になる」と言ってた。
それから奈々子さんと俺は冷却期間を続けたまま、連絡を取らなくなり、周りの女性社員からは「奈々子ちゃんは、あの取引先の人(“奴”のこと)とデキてんじゃないの」っていう噂を耳にし、しばらくしてから彼女は会社を辞めていったんだ。
騙されてはいたんだけど、つかの間の幸せをくれた彼女には感謝をしつつ、いまだに引きずっている俺の昔話だ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
■思っただけでHな気分になるマッサージ
2018/03/02 18:06
2018/03/02 18:06
 先日行きつけのマッサージのお店でとうとう・・前回あそこをさりげなく先生が触ってきたので、今回は短パン、Tシャツで行きました。そしたらもう肩とかのマッサージはすぐに終わって、すぐに足のマッサージをはじめてきたんです。

 しかも太ももを両手ではさむようにしながら上下にこするようにしてきて・・。上に来るたびにあそこに触れていくんです。私はすぐに感じてきちゃって・・「うっ」とか「ああん」とか声が出ちゃいました。

★犯された後は妊娠が怖い
2015/09/01 16:56
2015/09/01 16:56
 友達と食事の時に飲みすぎたみたいで、酔っぱらってバス停のベンチで休んでいたら中年の男性に「久しぶり」って声をかけられました。意識が朦朧とした中で、誰だか思い出そうとしてもよく分からない私は「家まで送りますよ」って言われ抱きかかえるように車に乗せられてしまいました。

 私は酔いと車の振動でうかつにも寝込んでしまいました。どれくらいの時間がったのか目が覚めると、見知らぬ部屋で布団に寝かされていました。慌てて起き上がろうとすると知らない男3人が私を見ています。
 しかもすっかり服を脱がされて裸にされていました、まだ酔いがさめずに朦朧としている私は抵抗もできず男達にオモチャにされました。何回も…
清純そうな顔して、同じサークルの奴にSEXしようって誘うなんて、とんでもないヤリマン女だったわ
2016/05/12 00:00
2016/05/12 00:00
俺が大学生の時に、アウトドアサークルに入っていた

それで4年生の時に、2年後輩に映子という彼女がいた。

彼女は、芸能人で言うと、

酒井美紀に似の小柄な可愛らしいタイプのJD。

その日は、サークルの定例会

とは言っても、一通りの活動報告が終わると

飲み会に変貌するという、

サークルの恒例行事だった。

それは、大学の合宿所を借りて

夜を徹して行われるのが通例だった。

「かんぱ~い」

威勢の良い掛け声と共に、

定例会は、飲み会タイムに突入した。

それまで行儀良く整列していたメンバー一同は、

4~5のグループに分かれて、思い思いに酒盛りを始めた。
【近親相姦体験告白】 最愛の姉 2
2016/06/03 09:46
2016/06/03 09:46
「姉貴、すごく濡れてる・・・」思わず、僕がそうつぶやくと、姉は初めて恥ずかしそうに腕で顔を隠した。暗くて見えにくかったが、ほとんど毎日、能面のようだった姉の顔に久しぶりの表情を見た気がして、僕は、嬉しくなった。「姉貴、気持ち良くしてあげるね」僕は、姉にそう告げるとゆっくりと姉の股間に顔を埋めていった。太ももの付け根を舐め、割れ目に沿って舌を這わせ、少しずつ姉の割れ目の合わせ目を開いていった。やがて、僕の舌先がクリトリスに触れると、姉は、小さく、「あっ」と声を漏らして、体を震わせた。「姉貴、気持ちいい?」姉の突起を舌先でつつきながら、訊いてみたが、姉は何も言わなかった。僕は、少し意地になって…
処女だったのに中出しさせてくれた学年トップの先輩
2017/08/09 18:26
2017/08/09 18:26
私が高校2年の時、同じクラブに育美という1年先輩がいました。
メガネをかけていて、背も150センチ少々しかなく、胸も大きくなく、かといって最近の萌え系というわけではないのですが、何か惹きつけるものがあって、いいなぁと思っていました。
ちなみに勉強は学年でトップクラスでした。

2年の秋、部室で告白してから付き合い始め、最初は映画を観に行ったりと、健全な高校生のお付き合いでした。
(キスぐらいはしてましたが)
付き合い始めて3ヶ月が経った頃、両親が夜まで遠出することがありました。
私は2人きりになれると喜び、育美を自宅に誘いました。
育美は1時間もかけて家まで遊びに来てくれました。
2…
【近親相姦体験告白】一年ほど前の事
2016/03/26 02:33
2016/03/26 02:33
高1の娘 綾と してしまいました……妻が亡くなり もう 10年男手1つで 苦労しながらも 大切に育ててきました素直で 明るく 今では 家事の全てをこなしてくれる 良い娘ですその日は 台風で 私は朝から 仕事が休みになり綾も 学校が午前中で終わり 帰ってきました午後からは 2人で 台風情報など見て 過ごしてました夕飯時になり 綾は 食事の支度を始めましたエプロンを着け 台所に立つ姿久しぶりに ゆっくり眺めてましたすっかり 大人の体つきになった綾10年前に亡くなった妻の後ろ姿に そっくり思わず 感慨に耽り 涙ぐんでしまいましたそれに 気付いた 綾が「あれ? パパァ どうしたの?」と 聞いてきま…
【浮気体験談】セフレだった男とセックス
2015/12/27 08:59
2015/12/27 08:59
今の旦那と付き合ってた時にセフレだった男と会ってしまって、激しく後悔してます。まずは私と旦那のことから…。 一昨年に子供が生まれてから、セックスがつまらなくなった。子供が途中で起きてしまう事が多く、手早くパパッとすまされて日々物足りなさを感じていた。 中途半端に昂ぶった自分の体を自分自身で慰める事も、いつの間にか当たり前になっていた。 私は元々ドMで、時間をじっくりかけてたっぷり苛められたい。けど旦那は子供が起きる前にさっさと出したい。この辺からすれ違いがでてきたのかな? 子供が生まれる前まではそんなんじゃなかったのに… 私の体が出産によって変化してしまったのが原因なんだろうか…と…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】あの夏の日【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/16 07:54
2017/03/16 07:54
562:えっちな21禁さん:sage:04/09/1001:33ID:CjMohOYa小6の夏休みに、家でローターを発見した。このローターが、俺を切ない恋へと突き進ませた。今思い出しても・・・鬱596:562◆noH2Bmnn8s:sage:04/09/1103:02:22ID:Y2embbJoローターを見つけたのは、クローゼットの中。うちは共働きで、昼間は誰もいない。夏休み、サッカーの練習から帰ってくると、おやつが見当たらなかった。いつも必ず用意してあるのに・・・激しく腹が減った俺は、非常用袋の中に乾パンが入ってるのを思い出した。親父たちの部屋のクローゼットの中。ローターは、その非常用袋の…
【義家族との体験】叔母との撮影会
2015/11/20 07:34
2015/11/20 07:34
私は今年芸大を卒業してカメラマンになる為アシスタントをしています。 叔母の和子は今年37歳かなりの巨乳で色気がある自慢の叔母です。 街を歩いていると男性の視線がいつも叔母の胸に集まります。 昔から私は叔母のことが好きでよく家にことあることに叔母の家に遊びに行っていました。 私が芸大に入りカメラマンになる夢を叔母に話した時「そうか、きよ君はカメラマンになりたいんだ、どういう写真を撮っているの?」と和子が聞いてきました。 俺が「授業では風景画とかだけど俺は人物画像撮りたいんだ。」と答えると「え?、女性のヌードでも撮りたいのじゃないの」と言われ俺はその時頭の中で叔母のヌードを想像してい…
キモメンと高根の華
2018/06/16 22:01
2018/06/16 22:01
倒産して半年くらいたった頃、再就職がめでたく決まった俺は、自分自身で祝いを兼ねて デリヘルで遊ぶことに。。ろくに顔写真も見ず、無指名で ホテルで待つこと10分、、そこに現れたのは倒産した前の会社の同じ課にいた同僚で、 まさに俺の高根の華だったY美。 勤めていた当時は何度か誘ってみたものの見事に玉砕して、どうにもならないおれは Y美をズリネタしていたものだった。 向こうも俺に気が付いて、明らかに嫌な顔して「ごめんなさい、チェンジしてもらったほうが いいですよね」と早々に帰ろうとする。 Y美の腕を引っ張り、「まあ・・中に入りなよ」と強引に引きずり込んで「大変そうだね、 なかなか再就職は難し…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・週末にクッソエロい体験したから話す

・おまけ

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・無毛割れ目の夏

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・やっぱり違う私を女にしてくれた人

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・俺は聖人君子じゃないからなあ・・・

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【人妻体験談】上司が妻に会いたいと言ったので上がってもらうことにしたら、妻を寝取られ、妻は知らないうちに上司の恋人になっていた

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした