寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

隣人のTバック姉妹とH出来る大学生のマンション生活www

2018/05/17 00:00


2年前の大学時代の話です。

ある地方の大学に通っていた俺は、

おいしい家庭教師のバイトのお陰でプチリッチでした。

教えてた中○生は親の希望で俺と同じ学部希望。

だからバイト代も良いし素直に聞くしで、

かなりおいしいバイトでした。

1、2年はボロいアパート暮らしでしたが、

おかげ様で3年からは2LDKのマンションへお引っ越しです。

引っ越してすぐに両隣と上下の部屋に挨拶へ。

右隣以外には挨拶ができたので、

週末にでもと思っていたんです。

そしたら金曜の夜、

驚愕する事が起きました。

ビール呑みながらTVを見つつ課題をチンタラやっていた0時過ぎ、

突然玄関のドアノブをガチャガチャやる音が聞こえてきたんです。

えぇぇーっと冷や汗もんです。

静かに玄関へ向かうと、その動きを見透かされたように今度はドアをゴンゴン叩く音が。

勘弁してくれよぉーとマジで泣きそうになりました。

ガチャガチャガチャ、ゴンゴンゴン、ガチャガチャガチャ、

開けてよ~ノゾミいるんでしょ~~ガチャガチャガチャ

気の抜けたような女の声が聞こえ、ひたすら開けようとしてるんです。

放置するわけにもいかず俺はドアスコープを覗きました。

思わず声が出そうなぐらいビックリしました。

覗いたら目のドアップで、こっちを覗いてたんです。

仰け反ってコケそうになりながらも、恐怖で足はガタガタ震えました。

俺がビビりまくってる間もドアは叩かれるしガチャガチャされまくり。

ノゾミ~と名前を呼んでいるが、もちろん俺はノゾミなんて名前じゃないわけでw

鍵が掛ってるしと勇気を出して言いました。

「ノゾミさんはいませんよーどちらさんですか?」

そしたらちょいキレ気味で

「はぁ?何言ってんのよっっ!!早く開けてよっ!」

と言われました。

さっきより強めにガチャガチャやるもんだから怖くて仕方ありません。

「だからノゾミさんの家じゃないんですってば!」

「もぉー!漏れちゃうから早くっっ!!」

「いい加減にして下さいよ!」

「早くっ!!!早くっっ!!」

ふざけんなよと狼狽していると、突然違う声が聞こえたんです。

「お姉ちゃん?もぉー!何してんのよ!そっちじゃないでしょ!!」

「あぁーノゾミー!」

何が起きてるのか分からなかったけど、2人の喋り声が聞こえていました。

ゴツン!とドアに何か当たる音が聞こえ、いい加減にしなさいよ!と怒る声。

覗いてみるとケバい女をスエット姿の女が抱えている。

チェーンをしたままドアを開けてみた。

そしたらスエット姿の女がヒョイと顔を見せ

「ホントごめんなさい、スミマセン」

と謝ってきた。

全く意味が分からない俺にその子は、隣に住んでると説明してくれた。

姉が酔っ払っちゃって家を間違えたみたいでと。

ホントかウソか分からぬまま、女2人は隣の部屋に入って行ったみたい。

一気に静まり返ったのも束の間、何度か隣からゲラゲラ笑う声と、

壁に何かが当たる音がしばらく続いてた。

もしかして最悪の部屋に引っ越してきちゃったのかと憂鬱になったのは言うまでも無い。

次の日の土曜日、昼過ぎになって隣へ挨拶に行った。

出てきたのは昨日謝ってた子じゃなくて、ちょっとキツい顔立ちの女だった。

半ギレだったけど引っ越してきたと伝え、洗剤を渡しておいた。

新聞とかの勧誘かと勘違いしてみたい。

で戻ろうとしたら凄い勢いで飛び出してきて、昨夜の事を謝ってきた。

何度も何度も深々と頭を下げてくるので、まぁまぁと言って部屋に戻った。

髪は茶色で縦巻き、最後に見せた顔は割と美人に見えた。

ちょっと派手目な顔立ちだったけど、多分同じぐらいの年齢ぐらいに思ってた。

戻って数分後インターフォンが鳴り、出てみるとまたもやお隣さん。

今度は女の子2人で俺にペコペコと頭を下げてきた。

聞いてみると2人は姉妹で、酔ってた方はお姉ちゃんらしい。

妹は姉とは違って優しい顔立ちで、物腰も柔らかくしっかりした印象だった。

何にせよ美人姉妹なのには変わりなく、

もしかして最高な物件だったのかと思いさえした。

最高とは思ったが、それっきり絡む事なんてないわけです。

用事も無いしバッタリ出くわす偶然すらない。

だから時々壁に耳を押し付けたりしてみたけど、アホみたいに騒ぐ姉妹じゃないっぽい。

男を連れ込んでヒーヒー言ってるのさえ聞こえなかったし。

それから確か3ヵ月ほどした頃だったと思う。

6月の末か7月だったかな。

まーいいか。

ネットで見つけたエロ動画を見てシコってた最中に、またもやあの恐怖がやってきました。

いきなりガチャガチャガチャ、ドンドンドンドン、ガチャガチャガチャ。

1回経験しているとはいえ、驚愕して思わず

「ひぃっ」

て言ってたと思うw

ノゾミ―という声を聞いて、またかよとイラッとしたが少し安堵した。

今度は怖がる事も無く、そのまま鍵を開けてドアを開けた。

またしてもお姉ちゃんが酔って間違えてて、ドアを開けた瞬間なだれ込んできやがった。

ちょーっと!と言ったがお姉ちゃんはドサッと崩れ落ち、

バッグの中身を撒き散らしながら倒れ込んでしまった。

タイトなデニムのミニスカートだったから、黒いTバックが丸見え。

うひょー!と思ったが浸ってるわけにもいかず、そのまま放置して隣に行った。

インターフォンを鳴らしても妹は出てこなくて、やっと焦り出した俺。

何度も鳴らしたが出てこないので戻ってみると、お姉ちゃんは玄関にはいない。

ぬあ!と急いで中に入ると、なんとベッドに寝てやがる。

しかも靴を履いたままで、なぜかTシャツは脱いでブラ姿で。

ふざけんなよと思いつつ、その体に釘付けなわけです。

白い肌に黒いレースのエロ過ぎるブラ。

見た目以上に胸は大きいみたいで、たわわな谷間がブラからはみでそうになってました。

デニムスカートは完全に捲れ上がり、Tバックは完全に丸見えです。

俺は靴だけは脱がさないとと思い、サンダルみたいな靴を脱がせました。

その間も目はTバックの股間に釘付け。

細いTバックは思いっ切り食い込み、でもハミ毛もなくただただエロティック。

玄関に散らばった化粧品やら携帯などを拾い集め、バッグにしまってベッドに戻ってみた。

この状態でヤラれても文句は言えないよな、でもお隣さんだしヤバ過ぎる。

そんな葛藤の中実りまくったパイオツをガン見してた。

このままじゃいかんと思い

「妹さんに電話してよ」

と軽く揺すってみた。

そしたらニヤニヤして

「んにゃー」

と意味不明な答え。

携帯を取り出して電話するように促しても、いっこうにラチがあかない。

仕方なく勝手に携帯をイジって、妹の番号を探してみる事にした。

電話帳を開くときちんとフォルダ分けされていたので、すぐに妹は見つかった。

電話してみると10コールぐらいで妹が出た。

事情を説明すると焦りながら謝りまくりの妹は、30分ぐらいで帰れると言ってきた。

そして最後に姉に代わってくれと言われ、耳に当ててやると説教してるっぽかった。

でも姉は

「ほにゃー」

とか

「ふぅー」

とか変な受け答えばかりを連発。

それを見てて割と可愛いなと思ってしまった。

妹が帰ってくるまでの30分間、妙な事をするには短過ぎる。

だからとりあえず下着姿だけをガン見しておく事にした。

部屋の明かりを煌々と付け、じっくり胸から視姦の始まりw

真っ白で産毛さえないように見える綺麗な肌に感動しつつ、ニオイを嗅いだりして随分胸を視姦した。

そして下半身も同じように視姦し、オマンコのニオイも一応嗅いでおいた。

少し酸っぱい様な発酵臭があったが、別に臭マンではないみたい。

ギリギリまでと思った直後、ある事に気が付いたナイッスな俺。

このままブラジャー姿ってのは明らかにマズイ!と。

いくら説明してもヤバ過ぎるので、気が付いて良かったと自分を褒めたくなった。

床に落ちてたTシャツを拾い上げ、お姉さんを起こして後ろに回り込んだ。

腕をまず通させてバンザイさせながら被せていった。

そこで少し悪魔の囁きが聞こえた俺。

このまま偶然を装って胸を触っても大丈夫なんじゃなかろうかと。

首を通したTシャツは、胸の上でつっかえたまま。

このぐらいは良いよなと思い、

「はいはい着るよー」

とワザとらしく喋りながら、Tシャツを掴みつつ胸にタッチ。

ムニッと柔らかい感触に感動した。

こうなるともっと触りたくなるのが人情であります。

そのまま下げないように胸が邪魔してるような感じにして、おもむろに胸を鷲掴みにしてみた。

この感動といったら無いねw

2秒も無かったと思うけど、思いっ切りオッパイをグニュっと揉んでやった。

その後何事も無かったかのように寝かせ、俺はカッコつけて課題をやり始めた。

それから10分もしないうちに妹がやってきて、姉を見るなりビンタ炸裂。

「んたいっ!」

と泣きそうな声を出す姉に、凄い剣幕で怒ってた妹は怖かった。

姉を運ぶ前に荷物などを先に運び、2人して両肩を抱えながら姉を運んだ。

女の子のニオイがプンプンする部屋を行き、綺麗に片付いた姉の部屋へ入った。

ベッドに寝かせた後お茶でもって言われるかと期待したが、何事も無くスルーされたw

妹の怒りがヒシヒシと感じられたから、ある意味当たり前だったんだと思う。

案の定次の日になって2人揃って平謝…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【Hな体験】酔った勢いでバスの運転手と3回も
2018/05/06 06:00
2018/05/06 06:00
私は高校卒業後、東京にある観光バス会社に就職した。勉強は嫌いだがカラオケは好きだ。そしてセックスも・・・。 バスガイド1年生には過酷な講習がある。何とか講習をこなし、実務経験を始める。伊豆修善寺、おばさん達のツアーが初仕事だ。 緊張しながらの1日が何とか終わり、運転手とバスガイド専用の部屋に着いた。 「ふぅー、やっと終わった~、キツかった~」 客達は宴会場、運転手とガイドは専用の部屋で夕食だ。別に豪勢な食事ではなく、普通の食事。先輩達に聞いてはいたが、私はガッカリした。 風呂に入り、そろそろ寝ようかと思った頃、誰かがドアをノックした。運転手だった。 「いや~お疲れ。一杯飲…
彼女が王様ゲームで見せた本性 1【寝取られ体験談】
2016/02/07 20:10
2016/02/07 20:10

こんにちは、幹夫と申します。

僕は顔はジ○ニーズ系で、女の子からはモテる方ですが、男の子からはイジられるタイプです。
そんな性格のせいか、彼女になる人は強気な女の子が多いです。

コンプレックスはチ○コが細い所です。
体つきも細いので、外人さんのチ○コみたいに太くて逞しい物に憧れています。

彼女からも、気を使われて「大きいと逆に痛いだけだよ・・・」なんて慰められる事も有ります。

今からお話するのは、僕が19才の大学生の時のお話です。

僕は「ダーツサークル」に入っていて、当時は今みたいにダーツバー等が余り無く、ハードダーツで練習して、その後は飲みに行くのが定番のサークル活動でした。
【レイプ体験談】アジャとの遭遇編
2015/09/24 17:55
2015/09/24 17:55
前回の撮影会後約1ヶ月ほどBを放置していた。 理由はバイトが忙しく休みがほとんど無かったから。 前回と同様Bに電話で呼び出しをした。 俺「もっしもーし俺だけど覚えてる?」 B「覚えてるよ。何?また呼び出し?」 俺「そうそう。今週の土曜日朝10時くらいなんだけど、また道の駅で待ち合わせね。」 B「えっ?土曜日は先輩と買い物行く予定なんだけど・・・」 俺「んなもんキャンセルしろよ」 B「だって先輩の予定キャンセルしたらボコられるんだもん」 俺「俺の誘い断ったほうが怖いと思わない?」 B「うん・・・そうかもしれないけど・・・」 俺「じゃあ待ってるから必ず来いよ」 …
工事現場の人達にレイプされる妄想でオナニーしてたら 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/26 02:19
2017/08/26 02:19
去年の夏の出来事です。 私の名前は麻衣(仮名)、商社に勤め25才のOLです。 ハイツと呼ばれるアパートに半年前から1人で住んでいます。 ある日の夕方、仕事が終わって自宅に帰る途中、工事を終わった人達が上半身裸で着替えをしていました。 自宅はその工事現場から50メートル先なので、ドキドキしながら横を通ると、男の人の匂いとタオルで拭いてるところに目のやり場に困り、顔を赤くしながら小走りに走り抜けました。 以前、住んで居た時に複数の人に犯されてからイカツイ感じの男性に犯されたい願望が強くなってた私は、帰ってすぐにオナニーを始めてしまいました。 その日以来、出来る限り夕方に通るようにして…
【痴漢・痴女】堕ちていくのは運命だった(4)
2015/12/08 21:33
2015/12/08 21:33
松木氏は広子をまるで恋人のようにエスコートし、部屋中央に連れて行く、後ろ向きに立たせて、彼女の手を取り、両手のひらをそっと壁につかせた。これから何をされるか察した広子は、覚悟を決めたように挑戦的になっていく、自らの美尻をわざと強調するように少し弓なりになり、松木氏を挑発してしまう。女として、顔や体にある程度自信があって、その余裕から普段の装いは、清楚で知的さを演じている広子だが、今は勝手が違う。広子は、自分が出会ってから間もない男の誘惑に負けて、簡単に体を征服されるような女ではないと、壁に向かって耐えようとする。私に尻を無防備に向けさせる男、そして冷めた表情で、私を今見下しているような、こん…
【巨乳な女子高生と中出しエッチ】可愛い妹のおっぱいとパンチラ
2016/06/05 16:00
2016/06/05 16:00
両親が法事で一泊の予定で出掛けた日の夜、当時、三歳下の高校○年の妹と、二人だけで宅配ピザを夕食に食べた後、リビングのソファーでくつろいでいた時だった。 突然、妹が「お兄ちゃん、耳掃除かヘソのゴマ取らさせて!」と、耳かきと綿棒を持ってきた。 俺は「はぁ~?何言ってるの?」「だから!」「だから、じゃなくて、何を突然言い出すん?」今までそんなことした事なかった妹が突然変な事を言い出して正直驚いた。 「いいから!やらせて♪」と、今まで見た事の無い満面な笑顔を振り撒いて言ってきた。 俺もそんなにやりたいならと、ちょっと不安もあったが、「痛くするなよ!」と言うと、「大丈夫!で、どっち?」と聞いて…
【近親相姦体験告白】母と愛し合う日々
2017/11/13 13:28
2017/11/13 13:28
初めて、母と男女の関係をもったのは、昨年の今頃のことです。 私は24歳の会社員。母は47歳です。 その日、ある得意先の訪問を終えて、会社へ帰る途中、たまたま家の近くを通りかかり、コーヒーでも飲もうと思って家に立ち寄りました。 玄関には鍵が掛かっており、チャイムを押しても、返事がないので、自分の鍵を出して中に入りました。 家の中で2、3度呼んでみても、母の返事がありません。 リビングに入ると、テレビがつけっぱなしだったので、トイレにでも入っているのだろうと思っていると、微かにバスルームから音が聞こえました。 「なんだ、バスルームにいたの?」と独り言を言いながら廊下を歩いて行くと、…
友達の彼女に手を出した罪悪感と背徳感が忘れられない
2015/11/19 19:00
2015/11/19 19:00
俺には仲の良い地元の男友達が4人いて、いつもその中の1人の家で遊んでた。 そこは10畳ぐらいのでかい部屋でゲームやエロビ、エロ本、漫画などなんでもあってまさに楽園だった。 ただベットの他に布団がひいてあって万年床だったし部屋がものすごく汚れてたのでパッと見は楽園というより地獄絵図って感じだった。 それぞれ彼女がいる時にはそこに連れてきてみんなで泊まったりもしていた。その時はもちろん雑魚寝だった。 いつものようにその家にたまっていると、友人のAが彼女を連れてきた。もちろん全員面識があるわけだかAの彼女は年下という事もあってみんなあまり親しくはなかった。合わないとかではなく、みんなよそよそしく…
抜けた膣口から噴き出す精液・・・
2018/07/29 06:01
2018/07/29 06:01
俺は、マンションの管理組合の会長に選ばれてしまった。
一人暮らしなので、できないって言っても、順番だからっておばさんたちに押し切られてしまった。

最初の仕事が、マンション敷地近辺の違法駐車に対する警告ビラをワイパーに挟み込むことだった。
これがまた、夜中にやるって言うんだな。
たまんねえよ。
俺、朝早いのにさ。
そこんとこは考えてくれて、休みの前、つまり金曜の晩遅くに副会長の奥さんと回ることになった。

風呂に入って、湯冷めしないように厚着にして待っていた。
ピンポ~ン♪

来た来た。
「はい」
「横山です」
副会長さんの奥さんの声がドア越しにした。
旦那さんは単身赴任中だとかで、今…
夜の繁華街でメンヘラ女を拾ってしまった体験談
2015/09/15 13:10
2015/09/15 13:10

繁華街を歩いていたら、下ろしたシャッターに背にして、女の子が座り込んでいた。

酔い潰れているのかと思って声を掛けると、

「大丈夫だってさぁ・・・」

と呂律の回らない声を出した。

「ほら、立って」

「たかしぃ・・・、サエコ、大事にしてやんなきゃ、ダメだよ・・・」

俺は脇の下に片腕を差し込んで抱えると、女を立たせた。

そのままゆっくりと歩かせて、ホテルに連れ込んだ。

「たかしぃ、サエコに悪いよぉ・・・」

女はそんな事を言いながらも、どんどん服を脱がされていく。

服の上からだと分からなかったが、結構胸はデカい。

俺も素早く裸になって、キスをして股間に指を這わせると、…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【SM・調教】行きつけのスナックで変態プレイ

・【人妻体験談】出張ホストに妻をナンパ痴漢させ、寝取らせて興奮する変態夫

・【熟女体験談】オナニーを邪魔してきたAカップの貧乳叔母に激怒してレイプした男子中学生

・中学生に寝取られた_1

・続1・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・【初体験】北海道行きのフェリーで知り合ったおじさんたちと

・自慢の母(1)

・嫁を寝取っていたのは俺だった?2

・俺の奥さんと尊敬する先輩の満さんが

・【盗撮・覗き】母のセックスの声を聞きながら半泣きでオナった

・むっつりな一人暮らしの女との体験

・「キノコの子」と呼ばれた俺の性の自叙伝~見つけた忘れ物~

・【熟女体験談】見知らぬ男に自宅で侵入レイプされ逝ってしまったバツイチ熟女

・ウロダイナミック

・中学校一年のときでした。

・【人妻体験談】枕営業をしてくる美魔女保険レディに緊縛電マ寸止め責めの調教プレイを行ったら、変態美魔女となって度々遊びにくるようになった

・【初体験】終わった後もしばらくはジンジンして痛かったです

・仕事中にセクハラされて我慢しています

・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた(ブロマガ転載禁止)

・嫁を寝取っていたのは俺だった?

・でも、私は妻を愛しています・・・

・合コンで出会ったJDたちと乱交

・【熟女体験談】主婦二人が掲示板で浮気相手を募集し、年下大学生二人と4p乱交で二本同時挿入

・【乱交】合気道部の美人な先輩を合宿でイカせまくった[後編]

・M紀-その2

・受付嬢とのこと

・女を取り戻してくれた男性

・【乱交】合気道部の美人な先輩を合宿でイカせまくった[中編]

・【人妻体験談】うちの妻が幼馴染にする事以上のエロい事をしてくる負けず嫌いな幼馴染の奥さん

・【熟女体験談】介助中にお爺さんにテクニシャンな舌使いで乳首を舐められ感じるヘルパー主婦