寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

バイト先の先輩とたくさんエッチしましたwwwwwwwww

2018/03/21 14:02


私もバイト先でのことなのですが書かせていただいていいですか?

高校生のとき、私はド◯ールでアルバイトをしていました。

バイト先で知り合った大学生の田中さん(仮名♂)は、

初日に仕事をいろいろ教えてもらって以来、

唯一の高校生バイトだった私のことをいろいろと気にかけてくれ、

勤務時間の後に宿題を見てくれたり、

ケーキをおごってくれたりと、

よく面倒をみてくれたんです。

私は当初、田中さんを、「優しいお兄ちゃん」と思っていて、

恋愛感情のようなものは特に感じていなかったのですが、

バイト仲間同士の飲み会で遅くなり、

送ってもらった帰りに酔った勢いというか、

ノリで軽いキスをしてから、

だんだん男性として意識するようになりました。

まだ処女だったけど、SEXに興味津々だった私は、

田中さんに抱かれたらどんなだろう・・・

と、いつも想像するようになっていたのです。

そのクセ会うとドキドキしてしまい、必死で平静を保って以前と変わらないように接していたので、しばらくは何も進展しませんでした。

その日のバイトは、田中さんと閉店まで二人きりでした。

最後のお客さんが帰り、店を閉めカウンターを片付けているときに、田中さんは急に背後から私を抱きしめました。

驚きで言葉も出せず、身体を固くする私の耳元で田中さんは小さな声で、私の名前を呼び、耳朶を唇ではさみます。

動けないままの私の胸元に田中さんの手がおりてきて、ブラウスの上から軽くつかまれました。

密着している田中さんに聞こえそうなぐらい動悸が激しくなり、恥ずかしさで顔も身体も熱くなってきました。

「あ・・・あの・・・」

やっとのことで言葉を発することができましたが、田中さんはそれを無視してブラウスのボタンをいくつか外して、ブラの中に手を入れ「けっこう大きいんだね」と囁き、首筋に舌を這わせながら、胸を弄びます。

いつのまにか私は力が抜けてしまい、田中さんに身体を預けていました。

吐息に混じって「あっ・・・ん・・・」という自分でもびっくりするような声が洩れてしまい、さらにお腹の奥の方がじんわりと、熱くなってくるのを感じました。

田中さんの手は徐々に下におりてきました。

スカートをたくし上げ、下着の上から割れ目を上下に擦ります。

下着の中に、熱くとろっとしたものが溢れてしまっていることは、自分でもわかっていたので、恥ずかしくて思わず「いや・・・」とつぶやいてしまったのですが、本心は「もっと、もっと・・・」と先の展開を期待していました。

田中さんも私の「いや」はポーズだとわかっていて、擦る手の力を強めてきました。

とうとう田中さんが下着の脇から指を中に滑り込ませてきました。

「あっ・・・」

思わず大きい声が出てしまいました。

「すっげーぬるぬる。

熱くなっちゃってるね」

からかうように言いながら田中さんの指は、一番敏感なクリを探し当て小刻みに震わせます。

クリを弄りながら、指を入れられると私は「あっ・・・あぁっ・・・ん・・・」喘ぐ声が抑えられなくなり、自然に腰が少し動いてしまいました。

背後からせめていた田中さんは私を自身の正面に向かせ、半開きの口に舌を差し込んできました。

口の周りまで唾液まみれになるぐらい激しく舌を絡ませながら、田中さんは私の手を股間に導きました。

そこはもうズボンの上からでもはっきりわかるぐらい固くなっていました。

私はいつのまにかブラウスとブラを剥ぎ取られ、スカートをたくし上げました。

恥ずかしい格好にされていたのですが、そんなことが全く気にならないほど、初めての感覚に夢中になっていました。

激しいキスがしばらく続いた後、田中さんはまた私に後ろを向かせ、カウンターに身体を軽く押し付けるようにしました。

カチャカチャとベルトを外す音が聞こえます。

田中さんのが入っちゃうんだ・・・。

上半身をカウンターに預け、下着を脱がされお尻を突きだした格好の私は、気持ちよさのためあまり思考が回らなくなっていた頭で、ぼんやり考えていました。

指を1本、2本と入れられて中をかきまぜられた後、いよいよ田中さんが、自身のモノを私の入り口にあてがいました。

すぐ奥まで突かず、何度か入り口付近だけで出し入れされました。

私は、そのままの体勢で彼の動きを待っていました。

何度か入り口でぐりぐりと動かした後、田中さんは、「力抜いて」と優しい声で言いました。

意識はしていませんでしたが、緊張で身体が固まってしまっていたみたいです。

深く息を吐き出したとき、田中さんのモノが一気に奥に入ってきました。

一瞬、メリメリっと裂けるような感覚がありましたが、充分に濡れていたためか思っていたほど痛くありませんでした。

田中さんはすぐに動かず、しばらく私に覆いかぶさったままでした。

田中さんが動きはじめました。

最初は私を気遣うようにゆっくりと小さく、そして徐々に動きは、激しくなっていきました。

私は目を閉じて彼を感じ、初めてなのに小さく声を出してしまっていました。

どのぐらいそのままだったのか・・・私の腰を掴み動いていた田中さんの動きが急に大きく早くなりました。

そして私から離れ、「うっ・・・」というかすかな声とともに、床に射精していました。

その後、二人でもう一度カウンター内を掃除して帰りました(笑)

田中さんは途中で私が初めてだと気付いたそうですが、止められなくなってしまったと言っていました。

初めてがこんな形で・・・と優しい田中さんは何度も謝ってくれましたが・・・。

まぁ、あとの祭りですよね。

家に帰ってトイレに入ったときに下着をおろしたら、うっすらと血がついていて、ほとんど痛くなかったから、ちょっとびっくりしたのも懐かしい思い出です。

長々と駄文で失礼しました。

田中さんとは、いっぱいヤリまくったので、そのお話はまた書かせていただきたいと思っています。

オススメエッチ体験談












































































































オススメエロ画像



































  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
愛クリームの激しさ
2016/02/02 23:05
2016/02/02 23:05
更年期に入りセックスにも萌えなくなっていた妻。そんな時、週刊誌の広告「アイクリ?ム」を試してみようと思った。女の五十二歳はまだ成熟した女の躰だった。新しい刺激を開発する事によって、珍しく妻は萌え、妻とは充実した夫婦生活が続いた。愛クリーム購入 二月下旬、暖かい早春の陽を浴びた土曜日の午後、週刊誌で見た愛クリームを手に入れようと、勇気を出して薬局に立ち寄った。その効用について店主に聞くと「女でないので判りません…」と呆気ない返事だった。返事にしようがなかったのだ。それは小さなチューブ入りのクリーム状の粘液だった。夏休み(1回目) アイクリ?ムを手に入れて半年が過ぎていた。七月が終わる月曜日の夜明…
★友達からの誰にも言えない相談
2017/03/07 17:11
2017/03/07 17:11
 数年前の事&聞いた話もあるので、少々アバウトになる事を初めに断っておきます。それからそれぞれの名称や日時なども伏せさせて下さい。数年前、高校の同級生に相談された事が事の始まりでした。

 名前は奈々子、もち仮名です。一応見た目が松嶋奈々子に似てるのでそう命名しました。奈々子とはそこまで特別仲が良かったわけではありません。1度だけ高校を卒業してから合コンをやってもらったけど、用事が無ければ連絡も会う事もない友達でした。

 そんな奈々子が突然電話をしてきました。誰にも言えない相談があるんだけど・・と。もしかしてHIVにでも感染したんじゃないかとか、円光でヤバいとか、そんな風に思いました。他…
早漏が援交女子学生を満足させる為に、膣に媚薬を塗りまくる
2015/11/04 20:09
2015/11/04 20:09
昔から人一倍性に対する欲求が強く、学生時代は女子のパンチラを見ただけで学校のトイレでオナニーするほどだった。早漏なので数回でイクため時間もかからずバレる事もない。社会人になってからも益々性欲が強くなり、大好きな女子◯生と何人も援交するようになった。始めの頃は満足してたが人間とは貪欲な者。「女子◯生に中出ししたい」という感情が芽生え、色々考えた末、経験から女子◯生は媚薬がどんなのかほとんど知らない事を利用しようと思いつきました。いつも通りホテルに入り話をしながらイチャイチャ。俺「さて、一緒にシャワー浴びよっか♪」女「良いよー♪洗いっこしよー笑」女子◯生の全身を丁寧に愛撫して気持ちを昂らせ、絶対に…
妻の会社の保養所で、妻は同僚に・・・
2017/01/01 17:19
2017/01/01 17:19
私と妻は結婚2年目です。 私は27歳、妻は26歳になります。子供はいません。 妻は身長170cmのスレンダー体型で、胸もDカップあり、よく友達からもモデルみたいと言われて羨ましがられています。 妻はよくモテまして、妻の会社の人間からも言い寄られる事が多いみたいでした。 結婚前は私はそんな話を聞いてドキドキしたものです。 先日、妻と二人で妻の会社の保養所に旅行に行きました。 六月の土日と言う事もあり、到着した時、保養所には私達夫婦だけしか居ませんでした。 私達は二人だけと思い、ゆっくり満喫しておりました。 大浴場も一つしか沸かしておらず、私達は二人で入っておりますと、突然風呂のド…
上品で清楚な女子大生を寝取ってやった[中編]
2017/07/16 07:49
2017/07/16 07:49
真帆を犯した次の日、一応気になって連絡してみたけど、やっぱ完全に無視された。 海に一緒に行った仲間経由で真帆の友達に探りを入れたら、今日は一緒に買い物に行ってるらしいって事だった。 ショックで家に引き篭もってる感じじゃないってのが分かったから、しばらく様子を見る事にした。 それから1週間以上毎日連絡をしてたけど、全く無視されててムカついてきたのと、もう一度犯したくなってきたので、真帆の家の前にストーカーみたいに張り込み込みw 真帆の友達経由でその日の行動予定を聞いて、夕方6時ぐらいから待ち伏せをしてた。 そしたら7時ぐらいに真帆が帰って来て、相変わらずのムチムチの体に勃起寸前で声を掛…
友達の中で圧倒的に処女喪失するのが遅かった私の初体験談
2016/09/10 16:02
2016/09/10 16:02
私のファーストキス、ロストバージンは二十歳

友達の中では圧倒的に処女喪失するのが遅かった

その時私は病院で仕事しながら

昼間は学校に通う看護学生でした。

当時、毎週末通ったクラブでSに出会いました。

彼は一つ年下の19で、専門学校生でした。

虫も殺さないような甘いマスクでしたが、

二人で話してると、彼と同じ学校の女友達が、

「I(私)。アイツには気をつけなよ」

といわれる程のいわゆるオンナ好きでした。

二人きりの時、一度キスされ、

アソコを触ろうとしましたがはっきりイヤと断りました。

でも、次の週のクラブで、

「今からIの部屋にいってもいい?」

と言ってきた時はあ…
【寝取られ体験談】セクハラされたコスプレ彼女
2018/02/17 14:32
2018/02/17 14:32
既に何回か会ってちょめちょめした後の話。 その日は友母と会う予定はなく、普通に友の家でゲームして遊んでたわけなんだけど、まあ友の家だから友母はいるわけだ。 当然、友は俺と友母の関係は知るわけもないし、なんか勘付いてる様子もなかった。 ゲームも飽きて寝転がって漫画読みながらだらだらしてたんだけど、その漫画に軽いエロ描写があったんだ。 それでムラムラしてきた俺は考えた。友母に処理させようと。 俺「うんこしてくるわwww」 友「へーい」 友の部屋を出て友母を探す。友母はすぐに見つかった。リビングでアイロンかけてた。 友母「俺君…どうしたの…?」 俺「いや、ちょ…
私の全てをさらけ出したSM体験【エロ体験談】
2016/06/10 14:10
2016/06/10 14:10

この日私(男)はパートナー(女)に自分の全てをさらけ出した。

まだ知り合って1ヶ月

かれこれ3ヶ月前に私の知人から女王様やマゾ女専用の掲示板を紹介してもらったのが始まりだ。

会うのは2回目なのにメールであんな大胆なやり取りをして完全に先走り過ぎたことを後悔した。

つくづく彼女は不思議な女性だなと思う。

見た目は少し派手目な今風の若い女だが、時折母親のような男を安心させるオーラを放っていた。

この人には自分のどんな恥ずかしいところを見られてもいい。

そう思うと自分はまるでパートナーの子供にでもなった感覚に陥った。

そんなことを冷静に考えながら、私は椅子に座らされ、脚をМ字に開…
【熟女体験談】超ブスだけどスタイル抜群の淫乱四十路熟女の本気汁
2017/04/02 12:02
2017/04/02 12:02
2017/04/02 (Sun) 2ヶ月ぐらい前に
エッチした熟女とのエロ話です。

名前はウソだと思うが

「ミユ」

と言います。

45歳の中年人妻。

2ヵ月ぐらい前に
出会い系サイトで仲良くなりました。

メールし始めた頃は会うっていう感じではなく、
悩み相談みたいな感じでした。

ミユさんはここ5年ほど
夫とセックスレスみたいで、
どうやったらレスが解消されるのかを
悩んでいたみたい。

いろいろ聞いているうちに、
実は旦那とエッチがしたいっていうよりは、
むしろ欲求不満が悩みみたいでした。

結婚してからもすぐに旦那さんが
自分勝手なセックスをするようになり、
前…
年下の彼女にリードされまくって、ついHの時に彼女に敬語になってしまう童貞の俺 【SEX話】
2016/10/02 10:47
2016/10/02 10:47
彼女は

「ヒロくんは肩が広いねー。」

「背中が大きくて格好いぃ。」

と言ってれました。

そして肩にチュっとキスをしてくれた時に

背中に当たったタオル越しの胸の感覚が今も忘れられません。