寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

私のチンポでは届かない奥深くを、生まれて初めて突き上げられてそのスイッチは入っ てしまったのか。

2018/03/21 10:04


"結婚4年目の妻は、30歳になり子供が1人います。 1年ほど前から隣町にあるインテリアリフォーム専門の小さな工務店にパートで働き始め
ました。
半月ほど前、私はたまっていた有給休暇をとり、家でのんびりとしている時でした。
爪切りを探そうと妻の鏡台の引き出しを開けると、奥のほうに隠したようにして5枚の
SDメモリーカードと、2本のDVテープがあることに気付きました。
我が家も最近、デジカメを使い始めましたが、こんなにSDカードを買った覚えはありま
せんし、DVカメラは我が家にはありません。少し不思議な感じでしたが、ちょっと悪いと思いつつもSDカードの中の画像を勝手に見
させてもらうことにしました。
1枚目のSDカードのファイルをパソコンに全てコピーし、画像閲覧ソフトで画像を開きま
した。
「近所の奥さん連中と遊びに行ったときの画像が入っているのだろう・・・」程度の
軽い気持ちは、いきなり最初の画像で完全に裏切られました。そこに写っていたのは、見覚えのないマンションのような一室で、体の大きな40代の男
に肩を抱かれながらソファに並んで座っている妻の姿でした。
画像を順番に見ていくと、よく似た画像が数枚続いた後、妻がシャツを脱ぎブラジャー
があらわになった画像が出てきました。
横に座る男はブリーフ一枚で、しかも勃起したチンポがブリーフを押し上げた様を見せ
付けるかのようにふんぞり返っています。
妻の手は男の股間に添えられています。妻に対するつよい怒りと失望を感じつつ、なぜか私のチンポも勃起してきました。
妻は身長が150cmに満たない小柄で髪型も飾り気のない黒髪のショートと、遠目には少女
のような雰囲気があります。
結婚当初はそんな少女的魅力に引かれ、ほとんど毎日のようにsexしていましたがこの
2ヶ月ほどはまったくやってませんでした。
だからといって浮気をするような性格ではないと信じていたのです。男が手持ちで撮影した画像に変わりました。
ソファでふんぞり返って座った男が撮影したのだろうか・・・。
床にひざま付く妻は男の股間に頬を寄せています。
カメラ目線の画像もありました。
いたずらっぽく笑う顔は確かに少女のようですが、誰にも見せない、本能のままに行動
するメスの姿を見ているようで恐ろしくなります。
ここまで来ると2人の間の関係はもはや疑う余地もないのですが、私の妻に限ってそんな
ことしないはずだという思いも心の中に存在します。しかし、無常にも残りの画像は当然のようにして、男と女の本能の行動を映し出してい
ました。
男のチンポが大写しに現れた画像は思わず顔を背けたくなりました。
妻が頬擦りをするように顔を添えているチンポは、確実に私の倍はある大きさでした。
特に長さは軽く20cmを超えており、横に並ぶ妻の顔面がチンポより小さく見える様子は
まさに威容です。
ぬらぬらと濡れ光る亀頭は既に妻の口内の感触を味わった後なのだろうか・・・。
外人巨根にありがちな”太く長いが,亀頭は小さい”チンポではなく、それは血管が
恐ろしくごつごつと浮かび、カリ首はグワッとエラが張っており、すべてがパンパンに
はちきれています。最近、「カリ首のエラは膣の中の他人の精子を掻き出し,自分の精子を勝たせるためにある」
と言う話を聞きました。
まさに、この男のチンポはこの役割を忠実にこなし、たとえ私が妻に中出しして膣内を
私の精液で満たしていたとしても、ほんの一掻きか二掻きでその夫の精子を全て体外へ
掻きだしてしまい、自分の精液で満たすとともに、妻にはこの上ない快感を与え続ける
のだろう。
短小チンポしか持たない男にとって残酷すぎる事実であるが、妻はただオスとメスがも
つ本能にしたがい、巨チンを求め続けているのだろう。
ただ、そこに理性があるとすれば、たぶん浮気が継続している。この数ヶ月の間に子供を宿していない、避妊に多少なりとも気をつけている、という
事実だけなのか。
私の知っている妻は、フェラがあまり好きではありません。
特にチンポを深く突き入れると決まって不機嫌になっていました。
しかし、次から次に出てくる画像に写る妻の姿は、天井を向くほど反り返って威きり
起つチンポを前に、目の焦点も合わず完全にラリってしまった白痴状態です。
よだれなのか男の汁なのか、口の周りはべとべとで顎からはだらーっと汁が垂れ下がっ
ています。まさに巨大チンポの虜になってしまった様子です。
妻のブラジャーはだらしなくずり上がり、小振りの膨らみがあらわになっています。
地味な妻は普段つけているブラジャーもシンプルなものばかりですが、画像に写ってい
るブラジャーはいつの間に買っていたのか私も知らない可愛らしいデザインです。
たぶん、この男の好みにだけ合わせて買ったのだろう。
汁でべとべとになった頬を見せながら、わざと胸に谷間を作るようなかわいらしい仕草
の画像もありました。多分、相手の男はパート先の工務店の主人です。
それは、舞台になっているマンションのような場所の一角にインテリア関係のパネルと
か製図台が写っていることから推測できます。
画像のプロパティを見ました。
撮影日時は今年の4月。時間は午前10時台でした。
妻は、私を仕事に送り出し、子供を保育園に届け、9時過ぎにパートに出かけ、事務所
について早速、男のチンポにむさぼりついているという、あまりにも非情すぎる事実を
意味します。こういう関係になったきっかけは何だったのだろうか。
普段、私の友人が家に遊びに来ても妻はあまり笑顔も見せず、はしゃぐ姿を見せること
もありません。
そんな妻だから、自分から男を誘うことはありえない(そう信じたい)。
たぶん最初は誰もいない事務所で強引に犯さたのだろう。
妻は泣き叫びながら必死に抵抗したことだろう。
しかし、そのまま何度も何度も延々と犯され続け、あきらめの心境になったころ、
あろうことか男の巨根で本能のスイッチを入れられてしまったのか。私のチンポでは届かない奥深くを、生まれて初めて突き上げられてそのスイッチは入っ
てしまったのか。
さらにデジカメで証拠写真を撮られ、弱みを握られた上で男の浮気専用の奴隷に仕立て
られてしまったのだろうか。
さらに画像が進むと、妻は床の上に仰向けに寝かされ、正常位で入れられようとしてい
ます。
お互いの下半身を写したその画像では、男のチンポは腹に届くほど上を向き反り返って
います。続いてチンポを妻の腹に添えるようにして押し付けています。
それは、あたかも巨大チンポを妻に挿入すると、先端はへその辺りまで届いているんだ
ということを確認するかのように腹に密着させています。
このあとの画像はファイル番号が所々飛んでいます。
このあとに何があってどんな画像が撮られていたかは考えるまでもないのですが、たぶ
ん妻は自分が乱れている姿しか映っていない画像は消してしまったのでしょう。
ここまでの画像は、ほとんどが男のチンポが大写しになったものか、あるいは、sex前の
男女の甘い空気のツーショット画像しかありません。たぶん妻は、この男としばらくsex できない日が続く時などは、この画像を見て、寂し
さを紛らして、体の奥底から疼くような切ない気持ちを静めているのでしょう。
当然のように、この後の画像には、精液を噴出させたあとのチンポが大写しになってい
ました。
信じられないほど大量の、そして粘るような精液が妻の腹から胸元にかけてぶちまけら
れていました。
妻の乳輪は割とつるっとしており乳首も荒れた感じはなく、きれいな形です。
私にとって宝のような妻のおっぱいも、全体が汗と男汁にまみれています。男は妻の上に跨る様にして、射精後でありながらいまだに反りを保ち、硬直している
チンポを胸元に添えています。
妻はいったいどれほどの白濁液をまんこから垂れ流したのだろうか。
男のチンポは妻の汁で覆われています。
わずかに写る妻の様子は、顎を高く突き上げ、大きく反り返るようにして硬直している
ようです。
同じような画像が続く中、妻の様子には変化が見られず、硬直したままです。射精後どれほどの時間が経っているのかわからないが、少なくとも夫のちんぽでは味わ
えない絶頂を迎え、そのあともしばらくはピクピクと痙攣をくりかえしているのだろう
か。
その後は、おそらく妻が撮影したであろう画像がつづきました。
仁王立ちした男の足元に座るようにして撮影したのだろう。
画像の撮影日時は、その日の射精後約4時間経っており、その日の夕方近くになってい
ます。
再び力を取り戻し、天を向くようにそそり立つ男のチンポを見上げるように撮影した
画像が何枚も何枚も続きました。明らかに妻は、このチンポの虜になってしまった様子です。
亀頭だけをアップで撮った画像もあり、その尿道からは先走りの我慢汁がたらたらと
流れています。
パートへ行くと言いながら、実のところ毎日のようにして朝から夕方までこの男と浮気
を繰り返しているのだろう。
たぶんこの日も朝から sexを開始し、男の射精を受け止めたのも一回どころではないだ
ろう。夕方5時前には急いで服を着て、何事もなかったかのようにスーパーで買い物をし、子供
を保育園に迎えに行くのだろう。
もはや私は次から次へと続く妻の淫らな姿を詳しく見る気力もありませんでした。
画像閲覧ソフトの一覧…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【浮気】くっそ生意気なOLに中出ししたら可愛くなった[後編]
2018/01/11 22:00
2018/01/11 22:00
「じゃ2つめのお願いね?しゃぶって?w」「・・・」 「聞こえなかった?ここに座ってしゃぶって?ww」「はぃ・・・」 最高でした。ソファーに座る俺の目の前に正座してきて、ジッパーを下げて半勃起チンコをモゾモゾと触ってきて引っ張り出そうとしてる姿w ポロンと出される頃には、ほぼフル勃起しちゃってた。当然、洗ってもいない汚れたチンコ君です。眉間にシワを寄せながら震える手で握ってきて、何度も何度も躊躇してる姿がエロい。 「早くっ」と促すと、いきなり亀頭を咥えてきた。 うほっ!と思わず声が出そうになった。丁寧に舌を使ったフェラチオなんてするわけもなく、ただジュポジュポしゃぶるだけ。…
【近親相姦体験告白】 酔った威勢で母と
2016/08/10 04:38
2016/08/10 04:38
私は24才の会社員です。今年、思いもかけず母と男女の関係になり、今もその関係が続いています。 母は49才。 母は以前、資○堂の美容部員をやっていたこともあって、メイクが上手くて、センスもいいので、今でも若い男から時々声を掛けられるらしく、私が言うのもなんですが、美人の部類に入ると思っています。 私は京都の実家を出て東京で独り暮らしをしています。ようやく東京の生活にも慣れてきたころ、母が以前勤めていた東京が懐かしいから、遊びに来たいと言ってきました。そこで私のスケジュールが空いている週末にホテルを2泊分予約して、母を 東京に招きました。 一旦、ホテルにチェックインして、赤坂で食事をしたあと…
手術室の夢
2016/05/17 07:27
2016/05/17 07:27
まぶたの上からでも目を焼かれるような、強烈な光を顔に当てられて僕は目を覚ました。 僕は素っ裸でマットの硬いストレッチャーに乗せられ、医者の手元に陰を作らないよう、あらゆる角度から患部を照らす無影灯によって照らされている。 間違いない……ここは手術室だ。 そして、その手術を受ける患者は……僕だ。 体は鉛のように重く、ストレッチャーから起き上がることもできない。 なんとか光から逃れようと、力をふりしぼって首を横にしてみると、白衣を着た女の人がいた。 手術着も着ていないが、ひと目見ただけでなぜか、彼女がこれから僕を手術する女医さんだということがわかった。 切れ長の目と小さめの眼鏡のせいか、知的…
【痴漢・痴女】産婦人科女医と女子中学生(同性・初体験談)
2015/12/08 23:52
2015/12/08 23:52
(長い体験談です。全体を100とすると、話の最初から20くらいは導入部分で、次の40くらいは陰惨な感じの話です。次の20はほのぼのとした感じですが、最後の20はサドっけの強い話です。)この前の週末、彼女が泊まりに来ました。一緒にシャワーを浴びて、そのままベッドへ。肉体的な関係をもってからまだ半年と少しですが、だいぶ彼女の体もほぐれており少し無理をしても平気です。最近は彼女の方から求めてくることも多く、私の方ばっかりイカされて、虐められることもあります。私のほうがかなり年上なのですが、セックスでは向こうのほうが主導権を握ることも時々あります。でもそういうのも私は好きです。私は小さい個人病院の産…
同僚の彼女を 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/24 17:37
2017/08/24 17:37
340名前:sa投稿日:02/02/1622:11ID:RBmtkDZ6 会社の同僚の女を犯しました。 その子は会社で美人で評判の女で、スタイルも良く性格も明るい 人気の子です。 その日は会社の旅行があり現地集合でした。 私は、同僚とその彼女と3人で車で現地に向かいました。 前からチャンスをうかがってた私は睡眠薬とSMグッズを 持って旅行に向かいました。 その旅行は土曜から日曜で金曜に会社が終わって 家に戻って夜に出発しました。 私はまず同僚のKに運転をさせ、途中で交代すると言って 後部座席で睡眠をとりました。 彼女は彼氏が運転なので、一緒に起きてると言って助…
頼りない兄の行動がエスカレートして…勝手に挿れて勝手に出して・・・
2017/02/12 21:00
2017/02/12 21:00
 

 犯されるとこまでいくとは思わなかった…体力ないとかタカくくってたんだけど引きこもりでもそういうときは男なんだね。 兄の行動がエスカレートして夜中に私の部屋に来たの。んで布団まくってパジャマの上からだけど胸触ってた。 そこで気がついて「何やってんだよ変態」つったら「ごめ…お前かわいいからつい…」ってモゴモゴ。 そんでますますイラついて今までの事ぶちまけてがーがー責めてた。 で「結局どうしたい訳?」って聞いてもぐずぐず…でやっと聞こえる位の声で「お前と、その…彼女みたいにしたい」 「私の事好きなの?」「うん…好き」「私…
★やはり不倫は辛いですね
2015/10/22 17:48
2015/10/22 17:48
 わたしは21歳の頃、35歳の人と不倫関係になりました。最初はすっごいラブラブって感じでした。週に2回会ってホテルに行って。彼はがっちりタイプのかっこいい人でした。子供も1人。

 私が彼のものを舐めようとすると、今までそんなことされたことないみたいで、すっごくびっくりして「いいよ。無理しないで。」って逃げるんです。それでもすると、すぐに「うう」って声を出します。
 それ以来、フェラが大好きになったみたいで、すぐにおねだりするんです。感じてくると「うう。あううあぁう」とすっごい声になるんです。私の中に入ってるときは全然声ださないけど、フェラだとすごい。

 布団を握って「おお。あぁううう…
思い出の中で・・・
2016/06/14 00:01
2016/06/14 00:01
専門学校時代に付き合っていた彼女とクラス会で再開した。10年ぶりだった。今はお互い30代、彼女は結婚していた。 なぜかクラス会では、あまり話すことができず、周りとの会話で彼女の現状を知って、少しショックだった。2次会には行かず、帰ろうとしたとき、彼女が追いかけてきてくれた。「幸せそうだね。」二人で駅に向かう途中、僕は言葉をかけた。「そっちは?」僕の近況を心配して聞いてくれた。「最近、転職した。安月給なのに仕事に追われているよ」と、ありのままを話した。別れ際、彼女の手をとった。「もう帰れらないとまずいかな・・」彼女はいった。「ならもう少しだけ一緒にいよう」と、もうずっと会えないかもしれないという…
自転車に乗れないほど酔っ払ってる女子大生との体験【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/11 12:31
2017/11/11 12:31
久しぶりに夜遅くに電車に乗ったときのこと。終電まで1時間ぐらいあったので駅はそんなに混んでいなかった。座って電車を待っていると、一目で酔っ払っていると解る女がホームに下りてきた。明らかに千鳥足、ホームの壁にもたれるように立っていたが崩れるように地面にしゃがみ込み近くの人に手を貸されるほどだった。年は19~22歳ぐらい学生といった感じだった。しばらくして電車が来た。俺とその女は乗り込んだ。電車は終点の駅に到着。俺はその駅で乗り換える予定だったが、女はここで降りるのかフラフラとした足取りで改札口のほうへ向かっていった。後を追いかけようか迷った?後を追いかけれれば確実に終電に乗り遅れる可能性がある…
おまえに中イキを教えたのは俺だ
2017/01/18 15:19
2017/01/18 15:19
今から二年ほど前の話。 その頃の私は、旦那とうまくいかず、だが、経済的理由もありなかなか、離婚に踏み切れないでいました。 もう、修正のきかない関係とわかっていたのに・・・。 パートもわざわざ日曜に入れたりして旦那とも顔をあわせないようにしていた。 毎日、家に帰りたくなかった。 毎日あてもなく、街をぶらついて時間をつぶした。 そんな時、出会った人が彼だった・・・。 当時、家に帰るのが嫌で毎晩のように寄り道していました。 友達を誘ってご飯を食べたり。 でも毎日とはいかず、一人で時間つぶすコトが多くなりました。 私はお酒があまり飲めないので、パチンコ屋に寄ったり、カフェで時間をつ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・完堕ちした美しい人

・あいつのSOS

・君の精液の味が知りたくなった…という感じかな?

・奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ?

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・女が淫乱になる理由について

・義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え

・【レイプ】イケメンにナンパされてついてったらキモオヤジ3人が

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・男の理性を保つのは難しく崩壊すのは簡単

・【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

・【熟女体験談】帰りにグラマーなパートのおばちゃんと出会い、車の中で正面座位の格好でカーセックス

・妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた(オリジナル 転載禁止)

・小学校の挨拶登板に行く途中襲われました

・【乱交】男たちに弄ばれているという恐怖も怒りも忘れて

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・派遣社員の人妻のエッチなお悩み

・人妻もアレの快感が忘れられないのかな

・家庭教師のバイトに行ったつもりが、まさかの展開になり、、、。

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX

・乗り合わせたタクシーの女性運転手